Mac Treasure Tracing Club

February 2008 Macお宝鑑定団
Adobe MAX Japan 2007 Photoshop world 2007 The InDesign Conference: 東京
Read me Special counter



2008年2月20日に品川グランドセントラルタワーにて開催された「Adobe Dreamweaver CS3 10 周年記念イベント」に関するページです。



レポート

・使いこなすと 10 倍仕事が楽になる!Dreamweaver 関連機能 + CS4 SneakPeak
アドビ システムズ社 マーケティング本部 西村真里子



Dreamweaver CS3の新しい拡張機能として、アンカーテクノロジー株式会社の植木 友浩 氏によって開発された「iMode拡張機能」と「全角・半角変換機能」を発表した。

・iMode拡張機能

Dreamweaver CS3で、絵文字の表示/挿入が可能、スタイルシート形式を携帯用HTML形式に変換、追加されるプロパティパネルで電話番号リンク、メール送信リンク、フォントタグによるカラー変更、アクセスキー設定、アドレスブック設定などが行えるようになると紹介した。



また、既存のPCサイト用画像データを携帯用に最適化する機能や、Java挿入リンク、Flash挿入リンクの設定なども行え、携帯では不必要なタグを一喝削除することなども出来ると説明した。独自のヘルプ機能も搭載していると説明した。

・全角・半角変換機能

全角カナを半角カナに、半角カナを全角カナに変換することなどが出来るほか、機種依存文字の変換も可能だと説明した。



続いて、西村さんは、Six Apart社と共同開発したDreamweaver CS3 for Movable Type 4.1 拡張機能を紹介した。

リファレンスにMovable Type 4.1リファレンスが追加されるようになり、今回からは、ダラーMTタグも使用可能になっていると説明した。また、コードヒントにも対応しているので、Movable Typeのテンプレートを作成する上で、非常に扱いやすくなっていると紹介した。



また、すでに公開されている、Adobe AIR extension for DreamweaverGL2DW Site Migration Extensionなども紹介した。

今回、新しく発表した3つの拡張機能は、一新された「Adobe Developer Connection」で後日、で配布予定だと説明した。


Adobe Web Marketing Management
Doug Winnie



Doug氏は、Dreamweaver CS4の機能は全て効率性を意味していると説明した。

そして、世界で初めて一般向けに開発中の「Dreamweaver CS4」を公開した。なお、機能については、実際に製品が発売される時には、名前が異なる可能性があると説明した。



インターフェースが一新され、WindowsもMacも共通となると説明した。なお、今回のバージョンは、開発中版のため、名称がDreamweaver CS3のままになっている。

さっそくデモを行い、HTMLファイルを読み込むと、リファレンスという形で表示され、ドキュメント参照から、そのHTMLに関連したJavaScript、CSSスタイルシート、Spry等全てのファイルが参照することが出来ると説明した。



Dreamweaverは、つねにデザイナーの為に、ビジュアルで確認出来るように考えてきたが、近年、WYSIWYGだけでは確認するのが困難になってきたと説明した。

AjaxやSpryといったアプリケーションは、ブラウザ上で確認しなければならないダイナミックなコンテンツだと説明し、Dreamweaverとブラウザを何度も行ったり来たりしなければならい作業を強いられると説明した。

そこで、Dreamweaver CS4には、新しくWebKitのレンダリングエンジンを取り込んだ「ライブプレビュー」機能が加わると説明した。

上の段でコードを記述すると、下の段でライブ表示されることを見せた。この中では、JavaScript、CSS、Flash Videoなどが全て稼働することを紹介した。

開発者側は、バックグラウンドで、いったいどのようなことになっているのか把握しなければならないと思うと述べ、AjaxやJavaScriptの環境の場合、データオブジェクトモデルが、つねに変わってゆくわけですと説明した。

そこで、Dreamweaver CS4には、新しく「ライブコード」という機能を追加すると紹介した。



これは、コードビューの変わりに、実際にHTMLとして変更を加えた場合に、目で確認出来る形で表示されると説明した。

ライブプレビュー、ライブコードを使えば、開発者の目から見ても、また、デザイナーの目から見ても、今、何が起きているかという事を確認することが出来ると説明した。

次に、JavaScript等で、ダイナミックにCSSを変更している場合、ある特定の動きを確認するにはどうすれば良いかを考えた。

まだ、名前ははっきりと決まってはいないが、こうした要望に応えるたために「ポーズジャバスクリプト」というものを開発したと紹介した。



これを使うと、JavaScriptを、キーコマンドを使用することで一時停止することが出来るようになり、その一時停止している部分をライブプレビューやライブコードで部分修正することが出来るよになり、再び再生すれば、それがライブで反映されていることが確認出来ると説明した。

デザイナーにとって開発者にとって、CSSファイルをなんども保存する必要がなくなると説明した。

次に、日本のユーザーからリクエストが多かった機能として、コードビューを分割表示出来る「スプリットコードビュー」という機能を追加すると説明した。



なお、別のセッションで、将来的にはDreamweaverでサイト毎の環境設定を切り替えられることも検討していくと説明した。






Copyright (C) 2000 Mac Treasure Tracing Club.
All rights reserved. Site design by BRESTO, Inc.
AppleのColorSyncを使用しています。