.
.


Apple expo 2000 report

September 2000 MACお宝鑑定団 
counter


各社の広告

9月13日〜17日 に フランスのパリで開催された「Apple expo 2000」に関するレポートページです。


基調講演ムービー

基調講演時のiBookが登場するシーンのムービーです。閲覧するためには、RealPlayer が必要です。



Keynote Speech report


・フランスで開催される2000年度の"Apple Expo"は、今回ヨーロッパ全域を対象としたExpoということで、例年に比べてヨーロッパ各国からの訪問者を意識したものとなっているようです。

まずSteve Jobs氏による基調講演については講演会場の変更があげられます。例年使用していたExpo会場すぐ隣のホールではなく、今年はパリ郊外の"Porte Maillot"にある"Palais des conges"(国際会議場)にその舞台が移されました。より多くの観客を受け入れたいという意向と、ターゲットをヨーロッパ全域に拡大したことによる配慮だと考えられます。例年使用されていたホールは、お世辞にも美しいといえるものではなかったというのも事実かもしれません。(老朽化が激しい)

palais.jpg


ところでその"Palais des congres"ですが、実はこちらも建物の老朽化が激しことから数年に渡り、部分的に改築工事が施され、ほんの数ヶ月前にようやく完成の運びとなったところです。仏人建築家"Cristian de Portzamparc(クリスチャン・ド・ポルザンパルク)"による設計のもと美しくダイナミックな建物に生まれ変わりました。また、彼は建築家磯崎新氏によって日本にも紹介され、その作品は日本においてもいくつか実現されており、日本に馴染み深い外国人建築家のひとりだと言えるでしょう。

amphitheatre.jpg


さて、基調講演ですが.....

9月13日午前10時(日本時間同日午後5時)、予定通り舞台に現れたJobs氏によるスピーチは"Apple Pro Mouse"と"同Keyboad"の紹介から始まりました。続いて先日発表された"New iMac"、同"TVコマーシャル"を経て"iMovie2"のデモンストレーションへと移ります。

Jobs氏の適切で的を得た"iMovieのデモンストレーション"は聴衆に「誰にでも簡単にデジタルムービーが創れる」と訴えかけてきます。事実、私も「iMovie使ってみようかな?」とついついその気にさせられました。

続いて、"PowerMac G4"の紹介。ここでは相変わらず500MHzどまりで新しい発表はありませんでした。おなじみの"Pentium III 1GHz"とのPhotoshopを用いた自動スクリプトによる画像処理対決。結果は108秒対124秒。続いて、お決まりの台詞"Two brains are better than one !"とともに"G4 500MHzデュアルプロセッサ対Pentium III1GHz"対決。結果は61秒対124秒という大差。「う〜ん」と思わずうなってしまいます。

ここで少し新しい発表。ATI "Radeon"がApple Storeで100ドルの追加でオプション選択が出来るというお知らせ。"Twice as fast as Rage 128 Pro !"という台詞とともに"Quake III"によるデモ開始。ほんとに倍速、で、あっという間に終了!ゲーム愛好家の方には嬉しい知らせかもしれませんね。

radeon.jpg


続いて"G4 Cube"の紹介。"わずか20cm四方の筐体にPowerMac G4と同じパワー」と、ここでもTVコマーシャルの放映(開発者語る編)。ここでも少し嬉しいニュース。「CubeにもRadeon搭載!」。だたそのあとに続いたコンフィグレーション紹介では"Rage 128 Pro"の文字が.....いったいどっちなんだー???

さて、本公演、真打その一登場。そうです"New iBook"。ニューカラー"Key Lime(キー・ライム)"(黄緑っぽい色)登場。会場盛り上がります。ただし「"Key Lime"はApple Storeのみの販売」に会場からブーイングが......。コンフィグレーションはG3 366MHz/64MB/10GB/RageMobiliy128/24xCD/FireWire/Ethernetで、価格は1499米ドル、1249イギリスポンド、13490フランスフラン、3999ドイツマルク。日本では178,000円

newibook.jpg


続いて"Special Edition"。カラーは"Graphite"と"Key lime"。コンフィグレーションはG3 466MHz/64MB/10GB/RageMobiliy128/DVD/Firewire/Ethernetで、価格は1799米ドル、1499イギリスポンド、15990フランスフラン、4699ドイツマルク、日本では198,000円。「うーん、正直なところ、ちと高いかな」っという感想です。周りのフランス人も「税込みか?税抜きか?」とブツブツ。フランスを始めヨーロッパ諸国は日本でいう消費税が高く(フランスでは19.6%)、コンシュマーには大きな問題なのです。個人的な意見としてはやはり1万フランスフランをきってくれるノートが出れば大ヒット間違いなしだと思うのですが.....Appleさん、何とかなりませんかねぇ〜。まあEuro暴落のおり、米ドル建ての価格設定では無理があるのでしょうけど。ちjなみに、本日発売開始!!!

office2001.jpg


New iBook発表の興奮冷め遣らぬまま、"Microsoft Mac Office 2001"の登場です。以前に比べると、聴衆から暖かく迎えられています。「アンチ・マイクロソフト」は何処へ???まあそれだけ重要なソフトとなってしまったということなのでしょう、"Microsoft Office"。ルック・アンド・フィールが一段と洗練されMacっぽくなっているとか。Mailer、"Word"、"PowerPoint"のデモへと続きます。11月発売予定だそうです。

macosx.jpg


さて、真打その二。そうです"MacOS X"の登場です。"Public Beta"は本日、"Final"は"Early 2001"との事。英・仏・独ヴァージョン。ここで重大な発表!「がびーん!なんと"Public Beta"は有料」。会場に一瞬、沈黙が....がしかし、すぐ拍手に変わる。29.99米ドル、24.95イギリスポンド、249フランスフラン、79ドイツマルク也。「綺麗なブックレットに装丁され本日発売!」だそうです。

macosx2.jpg


"Java2"の実装と"Symmetric multiprocessing"対応。PowerBookのWakeUpが、MacOS9下で、ネットワークオフ時8秒、ネットワークコネクト時16秒、ネットワークノンコネクト時22秒がMacOS X下だといずれも1秒!!!とか。ただし、デモはありませんでした。その他改良点。

・Dock部分の格納アイコンがアプリケーションとドキュメントが自動的に左右に振り分けられるようになった。
・New look QuickTime(これがQuickTime5かどうかは???)とMP3 Player。
・テキストエディターのデモ(HTMLブラウザーの様にウインドウの大きさにあわせて瞬時にレイアウトが追随)
・新しいFinderのデモ(WindowsのExplorerのような感じ)階層化表示など切り替え可能。画像、MovieやMP3などがFinder上で再生、確認可能。(かなりWindows気にしてるな〜)まあ便利だと思います。
・カーネルのスタビリティのデモ(QuickTime Movieを再生しながら、Bombアプリ?を実行)これが結構インパクトありました。Bombアプリは爆発して異常終了するのですが、QuickTime Movieは何事もなかったかのように再生し続けました。(スゴイ、今までのMacでは考えられない)
・OSレベルでのPDFとOpenGL実装のデモ(標準装備のアプリでの画像処理)これもインパクト大です。ネイティブ画像フォーマットPDFによる透明度の完全サポートおよびOpenGL3Dモデルに画像を貼り付けた状態で、元画像を変更すると3Dモデルがリアルタイムで追随!(すばらしい、ため息が出ました)
・Multi-Languageサポートのデモ(ログインし直すだけでSystem言語が切り替え可能)これも素晴らしい!私の様な外国に暮らす外国人には願ってもない機能です。これはWindows2000を超えている。Jobs氏は実際に英語のシステムをログインし直すだけで、完全なフランス語環境に変更するデモを行いました。

stevejobs.jpg


と、以上が今回の講演の内容です。「おっと、ひとつ忘れていた....」という台詞は残念ながら今回は聞けませんでしたが、改めてJobs氏のプレゼンテーションの巧みさ、魔術師ぶりを確認できたこと、こんなにも多数(数万人レベルでしょう)の聴衆がヨーロッパ各地からやって来ているということ、また、Appleが国境を越えて様々な人たちにこんなにも愛されているということが実感できる基調講演でした。


会場レポート

・Apple Expo 2000 Franceは昨日Steve Jobsの基調講演があったPalais des Congres(ちなみにパレ・デ・コングレと読み、場所はポルト・マイヨ、パリの外れ17区、外環状線ペリフェリックの脇にある)から場所は移って、今年も例年通りParis expo -Porte de Versailles(ポルト・ド・ヴェルサイユ、15区に位置し、これも外環状線ペリフェリックの脇にある)で9/13-17まで開催されています。

00salle0.jpg


このパリ・エクスポはパリ市内にある最大の見本市会場で、広大な敷地に大きなホールが幾つも点在します。四季を通じて様々なイベントが催されていますが、中でもとりわけフランス人に人気が高いのは"Salon de l'Agriculture"(農業見本市)でしょう。これは何かというと、(日本には存在しないかも知れませんが)フランス国内の農家を営む人たちの国内最高峰(!?)の発表の場なのです。「フランス一の牛は誰の手に?」とか様々なコンクールが催され、この期間は牛や馬などの家畜が主役であり、これらの賞に選ばれることはとても名誉なことなのです。その他、各地方の名産物の即売や地方料理の振るまわれるレストランなども設営され、沢山の人たちが集う、とてもグルメで少しクサイ(家畜の糞のせい)なサロンなのです。

本年度のExpo会場は例年使用されていたホールから、より大きな最新のホールへと変更されています。現在、パリ・エクスポ内では老朽化の進んだホールを改装または改築する工事が進められています。また今回の措置は過去最高の出展者と来場者を見込んだExpoとなっている為の結果であるといえるのでしょう。

01apple1.jpg


さて会場内の第一印象ですが、過去のApple Expoと比べて「ものすごくExpoっぽい!」というのが正直な感想です。どういう意味かというと、「スペースが広い」「出展者ブースの数が多い」「来場者が多い」のはあたりまえなのですが、何かこう、過去のApple Expoでは感じられなかった「エネルギッシュな躍動感、人と人とが交錯するダイナミズム」みたいなものが肌で感じられます。これは本当に「Appleがヨーロッパに還ってきた」ということを象徴しているのではないでしょうか?

05ibook2.jpg


もう定番となってしまった感のある、写真を効果的に使用した美しいAppleのブースは会場中央に位置し、かなり広いスペースでプレゼンテーションを行っています。New iBookの注目度も高いですが、フランス人にとっても一番の人気の的はやはりCubeだったりします。"Tu vois ? Il est trop mignon !!!"(見てみて、とっても可愛い!)などとあちらこちらから同様な声が聞こえてきます。フランス人は元来、ケチで保守的な民族だとよく言われていますが、美しいものに対する意識の水準は日本人とくらべてもかなり上を行っているような気がします。

06ibook.jpg


さて、今回新たに発表となったiBookですが.....Systemのヴァージョンを確認してみるとMac OS 9.04、MacOS ROM 5.3.1というやはり特別ヴァージョンとなっているようです。これらNew iBookにインストールされているOSは全て英語Version。このことを現場の係員に尋ねてみると、Jobsの基調講演が終わるまではTop Secretだった為、黒幕に覆われた中での作業だったことや、これらニューモデルの設置にはアメリカ本国からのチームが全てを取り仕切ったという話を聞かせてくれました。また前日に水害があったのではないかと尋ねると、事実、スプリンクラーが噴射して半ば設置した機材が被害を被ったこと、またその修復、再設営の為に徹夜の作業となってしまい、とんでもない一日だったとコメントしてくれました。

07imac1.jpg


その他、New ColorのiMacやPowerBook G3、PowerMac G4などかなりの数のマシンが設置され、操作に夢中になったり、係員に熱心に説明を乞う人たちの姿が見られます。初日は200人の列ができたというMacOS X Public Betaの販売コーナーですが、今日のところは人影もまばらで混乱も無く、素直に購入できそうです。恒例の「無料ポスターいくらでも持ってけ!」コナーもあります。

10poster.jpg


個人的にもとても気になるMacOS Xなのですが、実際に自分の目(手?)で確かめてみようと思いデモコーナーを探したところ、設置されているのはたったの5台でした。しかも人だかりの山で係員がマシンを占拠しているため、説明は聞けるが自由に操作はさせてくれないという状態です。(ショック!やはり買えということか....) 仕方なくとりあえず早速その人だかりにもぐり込み2、3質問をかねて実際のMacOS Xを観察することに....。

11macosx2.jpg


まずは日本語フォントについてですが、これは英仏独語版にも含まれているようです。係員に頼んでみると実際にデモしてくれました。"Susi"メニューというファイルで確認できましたが、とても綺麗なフォントです。こんな綺麗なフォント付けちゃってホントにいいの?というくらいで現在の日本語フォント環境を考えると「モリサワ危うし!」 事実、デザイン的に優れている日本語フォントはプロテクトがかかった高価なものばかりなので、今後の他社の展開に期待したいところです。

つづいてインストールについて。隣りにいたコアなフランス人ユーザーが昨日早速PublicBetaを購入してインストールを試みたが失敗したということで、係員に色々と質問していました。が、結局効果的なソリューションは見つからなかったみたいで、係員曰く「必ず別パーテーションを設けて、そこにインストールすること」とのことでした。Pubic betaを試そうと考えている皆さん注意しましょう。

既存アプリ(カーボン未対応)への対応について質問したところ、実際に色々とデモをしてくれました。OS X上から既存アプリ(OS 8.6以降対応のアプリならOKとのこと)をクリックすることで別パーテーションにインストールしてあるOS 9が自動的に起動します。イメージ的にはVirtual PC見たいな感じです。起動は割合速かったような気がします。

OS 9の起動が終わると、ごく普通にOS XのFinderに既存アプリ(Microsoft Execel)が現れました。ここではユーザーが今、OS X上にいるのかOS 9上にいるのか、ほとんど見分けがつきません。ドックにも格納することができ、ごく普通に操作が出来ます。ただ、OS X独自の機能はここでは当然ですが提供されません。正直言いって、上手く出来てるなという感想を持ちました。

ただ、既存アプリについてこのPublic Betaで気をつけなくてはいけないのは、Public BetaにはOS 9は含まれていないということです。どういうことかというと、OS 9を所持していないユーザーがPublic Betaを購入しインストールしても既存アプリ環境(クラシック)は存在しないということです。Carbonに対応したアプリがほとんど存在しない現在、これでは何にも使えないという状況がやってきます。しかし、この為に、わざわざOS 9を購入するのもねぇ〜「何をいまさら....」という感じが否めないのは事実です。OS Xファイナルではクラシックは同胞されるとの事。「Beta版ケチってるな....」 また、OS Xファイナルに向けてのPublic Betaを購入したユーザーへのアップグレード等の優遇措置について質問しましたが、これも「わからない」とのこと。「う〜ん、何か金取る割にせこいな....」

つづいてパフォーマンスですが、「メモリは絶対128MB以上を推奨」と係員がくどいほど言ってました。既出のコアなフランス人ユーザーに聞いてみたところ、彼は「G4の450シングル、128MBメモリで快適だ、起動が早いのには驚いた。20秒くらいだ。」と言ってました。ちなみにデモ機はデュアルG4でメモリは512MB(う〜ん!!!)。 かなり高解像度のQuickTimeを再生していても、平行して行う作業には微塵もストレスが無いように見えました(すばらしい!)。

私はWindows2000も使用しているのですが、Windows2000は立ち上げただけで100MB以上のメモリを占有しています。一度、64MBのメモリで試したところとてつもなく重く、使い物になりませんでした。きっとMacOS Xも同じだろうと考えられます。マシンパワーをかなり要するのではないかなと正直思いました。

またMacOS XにはOS 9以前に存在した機能拡張や初期設定が存在しないらしいです。ではどうやってコンフィグレーションをするのかと言うと「その必要は無い。MacOSXはすべて自動的に処理してくれる。」というのです。これでコンフリクトともおさらば???本当でしょうか?ではアプリのアンインストールはどうするのでしょう?係員曰く「アンストールしたいアプリのファイルをごみ箱に捨てるだけだ。」と.....???イマイチ理解し切れなかったのですが、簡単に出来るということでしょうか?この辺りにも期待したいところです。

それにしてもOS Xのインターフェースは非常に美しいです。今回、実物を初めて見ましたが断然ほしくなりました。島根(22-inch Apple Cinema Display)の実物を始めて見た時の衝撃に匹敵します。理想は島根とセットですね。「Windows2000なんか目じゃないな....」というのは今日、私が抱いた正直な感想です。商品価値としては非常に高いのではないでしょうか。デザイナーなど、デザインに関する仕事をしている人はじめ、デザインにこだわる人々に大きくアピールすることは間違いないと考えられます。あとはCarbon対応アプリだけでしょう。私が思うになかなか出そろわないCarbon対応アプリに対するAppleの戦略の一つがこのPublic Betaなのではないでしょうか?今回のことで、ますますそう思わずにはいられなくなりました。

12adobe.jpg


さて、他のブースに目を移してみましょう。まずはAdobe。Photoshop 6、Illustrator 9のデモをしていました。つづいてMacromedia。もう完全にWebビジネスに標準をあわせてますね。それからMicosoft。新しいMac Office 2001が自由に操作できるようになってました。デザインがより洗練されていますね。アイコンがファイルメーカーPro 5っぽくなってます。何かPowerPointからQuickTimeに直接出力できるとか出来ないとか....。

19sonnet3s.jpg
クリックで拡大画像


見つけました、Sonnet。ひっそりと地味にブースを構えてます。先日発表されたPM7200、8200用G3アップグレードカード、展示してあります。色々質問してみたところ、これはまだプロトタイプとのこと。製品はもうちょっと後になるらしいです。G3/400MhzでMacOS 7.6から9.04対応。写真は少し見難いかもしれませんが、PCIカードでメモリスロットが3つ付いているということです。2つしか見えないのですけど...??? 完全にマシンを乗っ取るタイプですね。

続いて質問攻撃、「iMac用カードは考えていますか?」との問いに「私にはわからないから、彼に聞いてくれ。アメリカから来ているから...。」と丁寧に逃げられる。その別の彼に尋ねると「考えてはいる。来年になるだろう。問題はコストとパフォーマンスだ。」 彼曰く、「もっと劇的なパフォーマンスの差がないと商品価値が低い。」 つまりiMac G3 233にたいしてG3 400とかではショボイらしい。また「コストを500ドル以下にできないと難しい。」ということです。 続いて「G4の可能性は?」との問いに「G4のチップがもっと小さく、熱が出なくなれば可能性はある。」とのこと。やはりG4では放熱設計やコストの問題が大きいらしいです。その他、アップグレードメーカーへ同じ質問をしてみました。XLR8 「今のところ予定は無い。」 Formac 「私には答えられない」とのことでした。

22sony.jpg


その他、Sonyのブースでは例の世界最小デジカメ。確かに小さい(マウスくらい?)。すこし太っちょな感じもしますね。あと「iMacがApple Displayに変身可能(!?)」なスタンド発見しました。

というわけで、今回のExpoはMacOS Xを実体験できたことが一番の収穫だったことは間違いありません。フランスのユーザーのMacOS Xに対する注目度は高く、Nextと比べて「これが10年間の成果か!」と感慨深く懐かしがっているおじさんもいました。何はともあれ無事開発が進み、素晴らしい製品版が一日も早く我々ユーザーの手に届くことを期待しています。


Apple報道資料&関連リンク

・ Apple Apple expo 2000 Keynote
・ アップルコンピュータ「アップル、Mac OS X Public Betaと新しいiBookラインを発表
・アップルコンピュータ「アップル、新たなiBookラインを発表
・アップルコンピュータ「アップル、Power Mac G4およびPower Mac G4 Cube向けに、最新のRadeonグラフィックスカードを提供
・アップルコンピュータ「アップル、Mac OS X Public Betaをリリース
・ nseki's iBook Laboratory「Apple Expo 2000訪問レポート
・ ASCII 24「基調講演速報!! 新しいiBookラインを発表!!
・ MacWIRE Online「松尾公也の基調講演現地レポート
・ MacWIRE Online「Apple担当者に聞く,iBook秋の新色のすべて
・ MacWIRE Online「Mac OS X Public Betaの謎に迫る:Apple担当者に聞く
・ Mac Fan Net「Apple expo 2000 〜 基調講演フォトレポート
・ 日経MAC.COM「Apple Expo基調講演の詳細
・ 日経MAC.COM「iBookはパフォーマンスが向上
・ 日経MAC.COM「Xベータ日本語版は10月以降
・ PC Watch「Apple expo 2000基調講演速報



.
.
Copyright (C) 2000 Mac Treasure Tracing Club.
All rights reserved. Site design by BRESTO, Inc.
「Macintoshは米国アップルコンピュータ社の商標です」
AppleのColorSyncを使用しています。