.
.
Special Apple Event
October 1999 MACお宝鑑定団 
counter


flint99promo2.jpg


各社の広告

1999/10/05にFlint Centerで行われたApple Special Event 99の特集ページです。


QuickTime Live!


Steve Jobs Live! (QuickTime 4)

Apple Interim CEO Steve Jobs introduces Mac OS 9, new iMacs, iMovie and much more at a special Apple live event in Cupertino. Come back soon to see a video-on-demand version of the big show.


Script report

まず壇上に上がったSteve Jobs氏は「おはよう」のひとことで始まり、そのあとに物凄い歓声が続きました。先日亡くなったSONYの故盛田会長を功績を讚えて、盛田会長の遺影を"ThinkDifferent"のポスターに採用すると発表しました。Jobs氏は「今日のプレゼンテーションではきっと盛田氏を喜ばせる事の出来る製品を紹介することができると思うよ。」と述べました。


sjobs.gif sony.gif


次に、SEYBOLDの時と同様に、MacOS 9には50種類もの新機能が搭載されているが、その中で代表的な9種類の紹介を始めました。

1番目にSherlock 2.0について、
2番目にSherlock 2.0を使った電子商取り引きについて、
3番目にマルチユーザー機能について、
4番目にKey Chain(鍵束)機能について、
5番目にインターネット経由の自動アップデート機能について、
6番目にファイルの暗号化について、
7番目にインターネット経由のファイル共有について、
8番目にAppleScript のTCP/IP対応について、
9番目にネットワークブラウザについて紹介した。

これらを従来よりも短く、簡単に紹介しています。

Phil.gif


その後、Phil Schiller氏が壇上に上がって、Mac OS 9のデモを行ないました。まず、Sherlock 2.0のデモを行い、まずすっかりお馴染みの「シャーロックホームズって誰?」のフレーズで検索を行ってみせ、「Steave's (笑)Sherlock home web site」等のサイトを探し当てて会場のウケを取ることに成功していました。またさりげなくニュースサイトを日付けで検索出来る事が可能になり、ニュースサイトを便利に使える様になったことを紹介していました。次にLDAPサーバーにアクセスしてオークションサイトに参加します。その検索結果が、納期や価格によってソートできることもデモして見せていました。次にマルチユーザーの声紋認証のデモを行い、「bio metric feedbackはセンシティブな技術なのでこういう(ステージでマイクをつけた)状態でうまくいくかどうかわからないけど。」とか何とか言いながらも「my voice is password」と言うフレーズ今回は1回でログインに成功したので、場内の拍手を浴びていました。

その後、鍵束の機能をデモする為に、クリッピング画像を暗号化して鍵束を使わないと絶対に見れない事や、サーバーのパスワードも保存できる事も実証して見せていました。これはPhil氏がネットワークブラウザを使ってインターネット経由で自分の家のファイルサーバーにアクセスし、インターネット経由のファイル共有が可能である事を見せて、透明な鍵束が機能している事を実証しています。

autoupdate.gif


最後に、Mac OS 9に搭載されているインターネット経由の自動アップデート機能を聴衆に見せていました。Phil氏はまず、ドライバ未インストールのFireWire ハードディスクをマシンに接続し、サポートするドライバが無い旨の表示がマシンのディスプレイに表示された後、自動的にインターネット経由で必要なドライバが検索、ダウンロード、インストールされハードディスクが使える様になってしまう様子は圧巻でした。また3D系ゲームを行うのに不可欠なOpenGLドライバーを、ゲームの起動に先だって自動的にダウンロードするデモも行い、こうしたアップデートはユーザが都度必要なファイルのダウンロードをすることでも出来る他、 スケジュール機能を使って定期的に使用しているソフトウェアのアップデートを自動的に行うことも出来るとの説明がありました。そしてPhil氏は、Open GLの機能を使ったStar Wars: Episode 1 のレースゲームで聴衆の前で遊んでみせていました。

Mac OS 9の一連のデモが終了した後、Jobs氏が再び壇上に上がって、Mac OS 9が米国では10月23日から99ドルで発売する事を発表していました。また同時に「demoday(ボランティアのユーザをショップの店頭に集めて一般の人達に対してApple製品のデモ要員をやってもらうという凶悪(笑)なイベント)」を行う事を発表していました。

スクリーンにAppleの例の製品マトリックスを表示されて、Appleの製品についての話に移り、Jobs氏はまずPowerMac G4から紹介を始めていました。PowerMac G4に搭載されたPowerPC G4の高性能さを説明して、PowerMac G4のTV CMを聴衆に見せました。CMのナレーションは「 米国政府は強力なスーパーコンピュータであるG4を悪の手から守る為、戦車で護衛することにしました。えっ?ペンティアム?あれはそんなにヤバい代物じゃないので大丈夫です。」そしてPower Mac G4の究極の相棒としてApple Cinema Displayについても触れ、「こんな大きな液晶ディスプレイはこれまで存在しなかった」と強調していました。

次にPowerBook G3を紹介し、一連のセールスポイントの紹介の後で、「我々が生産するよりも早く売れている」と製品供給の遅れの言い訳とも聞こえる事を述べていました。iBookについては「持ち運べるiMac」だと述べ、一連のスペックを紹介した後に、台湾の地震でAppleの生産スケジュールが少し遅れたが、現在では元に戻っていると話していました。そして聴衆に2本のTV CMを見せていました。

そして、マトリックスで紹介していない最後の製品、iMacについて語り始めました。iMacはこれまで200万台出荷して、Appleは22億ドルの売上に達したと発表していました。iMacのユーザーの内の1/3はパソコンを初めて購入した人で、米国のiMacのユーザーの内90%はインターネットに接続していると発表し、さらに、コンシューマー市場と教育市場では最も売れているとも言い切っていました。

そしてJobs氏はその発表以来彼等はその改良の準備を続けていたと述べました。そしてその結果誕生した「New iMac」はさらに素晴らしい製品として仕上がっており「我々はどのようにiMacをトップにするだろうか?」と言って新型iMacを発表しました。ほとんどの機能の説明前にJobs氏は「AMAZING FEATURE」と前置きして説明をはじめました。

imac.gif easyAccess.gif


新型iMacはG3/350MHz、512KBのバックサイドキャッシュ、RAM 64MB(最大512MB、Power Macintosh G3 (Blue and White)と同様の標準的なSD-RAMに変更、56Kbpsの内蔵モデム、6GBのHD、独立した2ポートのUSB端子、10/100 Base-TX Ethernet端子、そして次に"Amazing Feature"(驚くべき特長)と書かれたプレートが会場のスクリーンに写し出されると、iCEOはNew iMacにはRAGE 128 グラフィックチップが搭載されると述べ、「ゲームソフトはこの性能の前にひれ伏すだろう」と述べました。「英語では"Game scream on this", "This is huge for game."」また今回のモデルからメモリアップグレードがマシンの底面に設置されたドアから簡単に行え、またそこにセキュリティーケーブルを巻き付けることでメモリの盗難対策にも万全が期されているとのことです。

hifiaudio.gif subwoofer.gif


また今までのパソコンが貧弱なスピーカを搭載するのが当たり前だったのに対し、New iMacはHerman/Kardon社製の高品質スピーカを装備し、さらに同社はUSBによって接続可能で且つ接続と同時に自動的に音の再調整を行う外部ウーハーを99ドルで発売すると伝えました。Jobs氏はこのUSBサブウーハーを追加すれば「発売されたコンピューターの中で最高のオーディオシステムになる」と断言していました。

newslot.gif


さらに「指紋の付く事がない」スロットインCD-ROMドライブ(デモでは直ぐに出てきてしまってた)を紹介し、Jobs氏は「もうこれで間違えてトーストをトレイに乗せてロードしちゃう事もないよ。」と言って会場を沸せました。さらにNew iMacはAirPort Cardを搭載することで、地上の如何なるネットワークとの接続も可能だとの発言があり、下部のドアを通じてAirPort Cardが簡単にインストール出来る事を説明していました。ここで水を口にし一息ついた後、またしても"Amazing Feature"のサインと共にJobs氏から「新モデルにはファンが内蔵されておらず、非常に静かであり、美しい音を楽しむ為にはマシン自体が静寂であることが非常に重要である」とのコメントがあり、HPやDell製のコンピュータの数倍の静寂性を実現させたとしました。そのためNew iMacの動作音は僅か7dBで、学校などには静かでよろしいと説明していました。さらに、一新された筐体デザインによって奥行きが1インチ短くなり、通気用のスリットやハンドルが組み込まれていると紹介していました。

ここでPhilSchiller氏が再度登場し、AirPort を搭載したNew iMacを使ったQuake3 arenaをデモしました。デモは無線による接続であることを意識させないスムーズな動きと迫力有る重低音が印象的でした。シラー氏はこれでお隣同士の家に住んでいる子供達が各々の部屋にいてネットワークゲームをすることも可能だと述べました。そしてここでまた驚きの事実としてNew iMacはたったの999ドルで発売されることが明らかにしていました。Jobs氏はさらにCompuserveと3年契約をしてリベートをうければ、たっtの599ドルでもっとも優れたコンシューマープロダクトを入手できると述べました。

imacdv.gif


そして壇上から帰ろうとして、"Next big thing(もう一つあるんだ!)"というお馴染みの台詞を言って、iMac DVというモデルを紹介していました。これは上記のモデルにG3/400MHz、10GBのHD、FireWire端子2ポート、スロットインDVD-ROMドライブ、iMovieという名前のビデオ編集ソフトを搭載し、このモデルは現行iMacの5色の色が用意されると説明していました。これらの発表をした後、Jobs氏はiMac DVモデルに「Bug's life」のDVD-ROMを読み込ませて、きちんとDVD-Videoが再生できる事を実証して見せていました。

imovie1.gif imovie.gif


またiMac DVには家庭用ビデオ編集ソフト「iMovie」が同梱され、これとFireWire対応のビデオカメラを組み合わせることによりDesktop Video(DTP)を楽しむ事が出来る様になると述べました。そしてJobs氏はこれでビデオレターを作ろうとDVビデオの編集を始めました。Jobs氏は聴衆の前でiMacをDVビデオに繋げて、Jobs氏の実娘や犬が映っているプライベートビデオの編集を始めました。MP3の効果音や音楽を入れたり、テロップを重ねたりして、僅か10分あまりで「ラルフのお風呂」というビデオを編集して見せました。さらに舞台の袖に隠されていた三脚台の付いたDVカメラの前で、「父さん、こんなに一生懸命働いて時間がないから、ビデオを送るね」と話す自分の姿をリモコン撮影していました。そのDVカメラをiMac DVのFireWire端子にさっそく接続し、先ほど作ったビデオと繋げて、ビデオレターを完成させたて見せました(これで場内は拍手喝采になった)そしてこのiMac DVモデルを1299ドルで発売すると発表しました。

imacdvs.gif


さらに、「スペシャルエディションがあるんだ」と言って、PowerMac G4と同色のiMacを発表しました。これはiMac DVモデルに128MBのRAM、13GBのHDを搭載したモデルであり、色もグラファイト1色だそうです。最後に、新型iMacは全モデル日発売を開始すると発表して、聴衆に新型iMacのTV CMを披露しました。またAppleStoreについては、今日から電話番号を"1-800-MY-APPLE"にすると述べました。

そして壇上を去り際に、Jobs氏は「たった5ケ月、148日でラインナップを全て変更したんだ。これからも素晴らしい製品を作るよ」と述べ、New iMacを含む最近の一連の製品をわずか五ヶ月の間に市場に送り出す事に成功したスタッフへの賞賛とその家族達への感謝の言葉で締めくくられました。(Nanko隊員、弓場さんより)


Apple報道資料


Apple Unveils All-New Family of iMacs Featuring Desktop Video
Apple Launches All-New iMac
Apple's iMovie Software Brings Digital Video Editing to Consumers and Classrooms
Apple Announces Mac OS 9: The Best Internet OS Ever
Apple and CompuServe Announce Extension of Rebate Program
Flint Center Photo Report




.
.
Copyright (C) 1999 Mac Treasure Tracing Club.
All rights reserved. Site design by BRESTO, Inc.
Banner desin by Pierre Design
「Macintoshは米国アップルコンピュータ社の商標です」
AppleのColorSyncを使用しています。
GigaHit