.
.
iweek-mini.gif
May 1999 MACお宝鑑定団 
counter




1999/05/01


・休みは取れませんでしたが、見に行く時間はなんとか調整出来ました。たった3時間半しか会場には居られませんでしたが、なかなかユーザーフレンドリーなイベントだったと思います。


・さっそく基調講演レポートです。まずこのイベントの仕掛人でもある魚井博士のお話があり、会場を午前11時にオープンしてから午後1時までの時点で、来場者数が1千人を超えたことを報告されていました。




・そして原田社長の講演が、まず新製品に付いての発表はありませんと前置きして始まりました。アップルが黒字体制になったのは、97/12でiMacが発売される前の話で、メディアがiMacによってアップルは復活したというのは認識不足だと述べ、ユーザーの方がよっぽど事実を知ってくれていると語りました。また会社の空気を変えるためにトップマネージメントを勤めていた人には辞めてもらったこと、流通のインフラ整備をiMacが発売された98/8までに完了していたこと、Windowsユーザーには受け身なパッシブなユーザーが多いこと、バンド名をウィンドウズブレイカーズからOS JAZZに変えたこと、今のMacは早く買った方が得であること、ジャケットバスにシャーロックホームズの格好で運転しているという噂は嘘であること、アップルの商品は全てインターネットを考えていることなどを述べていました。(全体的にはかなりラフな感じで話していて、要点をぐっと押すスピーチはかなり上手でした)




・最後にFAQが設けられ、子供向けディスアビリティーに関しての質問がされた後(これは明確な回答が出来なかった)、魚井博士の配慮によって、Hollyさんが手紙を渡されていました。そして最後にこの手紙の話しを事前に知ったので、前に公開する予定だった「TELL US」を、今日この講演終了後すぐに公開することに変更してきましたとにくい演出がされていました。




・さっそく会場レポートです。ステージでは、MacFanの滝口編集長、立野氏、くぼけいさんのトークショウが行われていました。立ち見も出るほど盛況でした。




・立野氏のコレクションが並べられたMacintosh博物館はレイアウトが良いせいかかなりインパクトが出てました。




・サービス向けに内部構造を説明するために特別にアップルが制作していたスケルトンモデルなど、一般には表に出る事の無いMacintoshもいくつか展示されていました。




・YANOのブースではFireWire HDとMOが展示されていました。EXPO Tokyo 99の時はクリアケースに入って展示されていましたが、ここでは実際に触ることが出来ます。本体にはAC端子が装備されていますが、基本的にはFireWireケーブルから供給される電力で動きますと説明されていました。




・同じくYANOのブースでUSB周辺機器も展示されていました。YANOの川本さんに、Apple USB 1.2に対応されてますか?と質問したところ、現状ですでに対応出来ていると思いますと回答してくれました。




・コーシングラフィックス・システムズのブースでは、Cutie Mascot ++とType Talkerが実演されていました。




・iMUGさんのブースでは1,000円でスペシャルCD-ROMが販売されてました。また買うと素敵な商品がもれなくもらえるゲーム参加権が得られます。ちなみに僕はアメでした(笑)




・モバイルマックユーザーズグループさんのブースに展示されていた、自動QuickTime VR撮影機、QTVR撮影ロボット壱号機が展示されていました。けっこう怪しいんだこれが。




・MUGNETのブースにMacTreeの岸田さんが居ました。とても大きいので目印には最適な方です。^^;




・一般に解放されていたiMac16台です。内芝製作所制作のカーボンiMacも出品されてました。この他にPower Mac G3も4台も解放されていました。ちなみにこれらは全てNetBootで稼動していて、しかもネットワーク環境は10BASE-Tによって構築されていました。




・NetBootをするためのMacOS X Server英語版は、Power Mac G3 400MHzで稼動しているそうですが、裏のストックヤードに平置きされていて、結構シュールなものを感じてしまいました。(笑)




・ベイビーフェースアートが企画・制作したiFaceというiMac用の台が展示されていました。これはPLUS YUで販売されるそうで、価格は3万円台だそうです。




・ロジテック社のUSB関連機器が展示されていました。




・AMULETが出展してました。高山氏のバラシテクニックを堪能出来ます。またLinux関連も販売されてました。




・Yum.バッチが配られてました。ただし1人1個だそうです。




・最近のMacintoshイベントでは恒例になりつつある、Macよろず相談所が設置されていました。相談すると豪華賞品が当たるクジが引けるそうです。



.
.
Copyright (C) 1999 Mac Treasure Tracing Club.
All rights reserved. Site design by BRESTO, Inc.
「Macintoshは米国アップルコンピュータ社の商標です」
GigaHit