.

.

tga99.gif

August 1999 MACお宝鑑定団 

counter




Graphic Accelerater '99 review

99年8月までに発売されたMac用高速グラフィックカードの性能比較を行ってみました。 Formac社のProFormance III、3Dfx社のVoodoo3 2000 PCI (Mac用βDriver)、Number Nine社のREVOLUTION IVfpを用いて、Power Macintosh G3 (Blue and White)の66MHz BUSに搭載されているATI RAGE 128 GL (後期型)カードを基本数値とした比較を行ってみました。なお、現在国内ではまだATI RAGE Orionが出荷されていないため、ATI RAGE 128 GL (100MHz動作の後期型)カードを33MHz BUSで使用した値をRAGE Orionに見立てた計測も合わせて行っています。なお、テスト環境はPower Macintosh G3 (Blue and White)にApple Studio Display 17を使用していますが、REVOLUTION IVfpはSGI 1600SWにデジタルインターフェイス接続(I/Oデータ参照)をした環境をPower Macintosh G3 (Blue and White)で用いた結果を用いています。

VideoBench99.gif



話題のVoodoo3はRAGE Orionと比較して多少良い性能を示しています。ただまだQuickTime アクセラレーション機能をサポートしないため、それらをエンジンに使用するアプリケーションなどは、ハングアップするかすごいコマ落ちがします。しかしバルク品が13,800〜14,800で買えるということは、RAGE Orionの市場予想価格よりも1万円安い事を考えると、旧Macintoshユーザーにはかなり魅力的と思えます。ただ3Dfx社はMacTell社のEvilEyeを正規出荷製品として薦めている(MacCentral参照)ので、今後の対応に不安が出ます。でもきっとEvilEyeのドライバーは使用可能だと思えますので、そうなったらセカンドモニター用などとして流行するかもしれません。ただものすごくカードが熱くなります

ProFormance IIIとREVOLUTION IVfpはほぼ同じ用な速度結果を示していますが、スクロール性能値だけはREVOLUTION IVfpが低いです。ただしこれは画面サイズを1200x1600固定で計測した結果ですので、実際はREVOLUTION IVfpが一番高速なカードかもしれませんが、こちらは単独で購入することが出来ません。またProFormance IIIを66MHz BUSで用いた計測も行ってみました。Power Macintosh G3 (Blue and White)の66MHz BUSに搭載されたATI RAGE 128 GLよりも、約1.7倍速くなっています。実感速度でもかなりの違いが出ますので、3万円台後半の価格を惜しまない方で、さらなるパワーを求められる方には良いかもしれません。


.

.

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.
Site design by BRESTO, Inc.