.
.
H氏からの手紙
January 1998 MACお宝鑑定団 
counter

Disinfectant&VirusScan

NIFTYでBerg氏が発言された、ウイルスソフトに関するお話しです。
現在、転載許可申請中です。よって引用はお控え下さい。


●マクロウィルスについて
ちょっと信じられないかもしれませんが、現時点で『マクロウィルス』(トロイの木馬なども含む)として認定されているものは900種類を超えます。このうち、MicrosoftWordをターゲットとして作成されたものが90%以上で、Microsoft Excelをターゲットとしたものを含めると96%を超えてしまいます。

作る側も作る側で、『Wazzu』(Microsoft Wordターゲット)のようなマクロウィルスでは実に70種類以上のバリエーション(類似種)が存在します。ワクチンソフトウェア側もこれらの900種類近くに及ぶマクロを弁別・修復しなければならないわけですから大変です。私はWordを使っていないので(持ってはいる...)気にしたことないけど、通産省なんたらの資料等を見ている限りではあちこち(特にWintel市場)で相当
な猛威を奮っているようですが...。
●今後のワクチンソフトウェアは?
日本ではあまり知られていませんが、McAfeeは世界で最も多くのプラットフォーム向けのワクチンソフトウェアを供給している会社です。先日も日本の(主にDOS/Win系の)某ワクチンソフトウェア会社を買収しましたが(新聞報道より)、Macintosh版ソフトウェアの日本語版を供給してくれるのであれば、現時点で事実上の標準になっている『SAM )Symantec Anti-virus for Macintosh)』の強力なライバルには成り得るでしょう。でも、Macintosh版の日本語版はSpoilされてしまうかな...???
.
.

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.
Site design by BRESTO, Inc.