.
.
Mac in Kyushu 2000
August 2000  MACお宝鑑定団 
counter



各社の広告

8月18日、19日 に 福岡市 Z-SIDEで開催された「Mac in Kyusyu 2000」に関するレポートページです。


レ ポート

●やってきました九州路。羽田から 飛行機でたった1時間40分。幕張と大差ないですね(笑)機内アナウンスでは福岡 は雨ということでしたが、スタッフの祈りが通じたのか晴れ上がりました。



●会場となった場所は、福岡の繁華街・天神にあるZ-SIDEというファッション ビルの7階。エスカレーターを降りるとそこには本屋があるのみ。会場側の意向でポ スターや案内図が全くないため迷った方が多いようですね。これは次回の課題の一つ となるでしょう。時々、会場周辺でサンドイッチマン状態のスタッフを見かけたら声 を掛けてみましょう。



◆では、はるばる九州まで来れなかった方のために、まずは、今回参加されたベンダーさん、そして後半に販売ブースの御紹介を。

iomegaでは、250MB Zipドライブに ついてFirewire接続を可能にするコネクタアダプタ、2GB jazのトランスルーセントドライブ、Clik専用のUSBリーダなどの多くの新製品 が発表・展示されていました。ZipのFirewireコネクタは使用中にアクセスランプが チカチカ点滅して格好良いのですが、Firewire単独での電力供給が出来ないのが残 念。2GB jazドライブについては発表以降永らく発売が待たれていましたが、あと少し の辛抱です。今までの弱点であった埃への対策を施した新設計となっています。今回 は動作している様子は見られず、また接続ケーブルがUSBとなっていましたが「これ がそのまま発売されるかは未定」との事です。Firewire対応にならないかな〜。 Clik!リーダはNEC製品のように直接メディアを挿入するのではなく、PCカードアダプ タを介して読み取るタイプであるので人によって好みが分かれると思いますが、この 製品がリリーされれば、Macでは使用できなかったATAPIインターフェイスである ClikのPCカードアダプタを問題なく使用できるようになります。

Iomegaブース全景

clik! USB Reader
2GB jaz
250MB Zip-Firewireアダプタ


●マック音楽業界で知らない人はいない会社ORBIT-MUSETEXでは、代表ソフトのPerformer等の展示と 供に、Master Works およびMAGMAをメインに展示されています。DV映像の世界でも屋外にて Powerbookだけで編集ができる世界が実現されつつありますが、MIDI・サウンドの世 界でも同じことが起きることになるかも。

Musetexブース全景

Master Works
MAGMA


●Mac MP3の発売元として有名なact2。今回はNOW UP TO DATE、NOW CONTACTに加え、Netbrrieの展示もしていました。次回の MP3は一味違うそうです(内容はNDAか〜)。


左:マックケア 右:アクトツー


マックケアは、博多駅のそばにあるマック専門店。地元に根ざしたお店だそうです。会場には商品をあまり並べてはいませんでしたが、是非お店に遊びに来て下さいとのことです。

(株)マックサポートでは、お店の雰囲気をそのまま会場にというコンセプ トで、ジャンクものからiForceまで(笑)。ちょっと探ってみると面白いかも。


●(株)マックレットドットコムは 在庫豊富!WEB取り扱い商品をそのまま持ってきています。あのス○イラ○ンがこの 値段!?CPUカードも安いですヨ〜。



アミュレットでは、おなじみのメモリー・ハ ードディスクの販売をしています。もちろん、その場での換装もやっています。会場 でマシンをバラす、これもこういうイベントの醍醐味です(笑)



●大阪からやって来たSouth Station GEMAで は、6色リンゴの各種Tシャツなどのアップルグッズを豊富に持ち込んでいました。 キーボードが豊富で、GSキーボードからアジャスタブルキーボードまで。マニアは走 れ!



●地元から参加のフォー・ユーでは、旧機種を積み上げての販売をしていまし た。LC匡体、ミニタワーが安い!Nubus PPCを購入してとなりのマックレットでG4化 するなんてのはいかが?メモリーも各種あります。ついついPPC6100を2台も買ってしまった i笑)

3連タワー(笑)
地面に袋入りで・・・


●ユーザーグループでは、日本NCRの大々的な協力の下、マックよろず相談を 開催。九州のマックユーザーのみなさん、わからないことがあったら迷わず駆け込み ましょう。周りにはパワーユーザーもいます。積年の謎が解明されるかも知れません よ。


今回もNCR大活躍


ユーザーグループでは、アップルコンピュータの協賛の下、各種体験 コーナーを開催。iMovie2などを体験できます。話題のCubeやProMouseにも触れるこ とができます。

●今回のレポートには間に合いませんでしたが、初日の夕方にステージで行わ れたMacFan3誌の編集長が語る編集部の裏側、マッキンパーティ、夜の中洲、二日目 の様子等は日曜日の夜あたりにこちらにアップします。




.
.
Copyright (C) 2000 Mac Treasure Tracing Club.
All rights reserved. Site design by BRESTO, Inc.