.
.
MACWORLD Expo/NewYork 2000
July 2000 MACお宝鑑定団 
counter



各社の広告

7月18日(火)から7月21日(金)までの4日間、New Yorkで開催される
MACWORLD Expo/New York 2000に関する特集ページです。


7/20 レポート


・Mac OS Xについて、OSXのブースにいる担当者であるApple, Eric Zelenka氏に「Mac OS 9環境にMac OS X Publicをインストールした場合、USB接続によるISDN TA機器がドライバー非対応により、使用出来なくなっていきなり通信環境が無くなってしまう可能性があるが、そういった場合どのように対処すれば良いのか?」と質問したところ、「動くと思うよ」という回答を得ました。それに加えて「Mac OS X public bata が9月にでるから待て」としきりに繰り返していました。9〜12月までを試験運用期間としているらしいです。

そして、噂されるMac OS 9の次期アップバージョンである「Fortissimo」に関して、「Mac OS 9.1というものがあるらしいが、来年1月からはMac OS Xインストールモデルだけになると今でも確約できますか?」と質問すると、Eric Zelenka氏は「Mac OS X public bata を出した後、ユーザーからの意見を参考にして、プリインストールにするか(OS9をプリインストールして)Mac OS XはCDとして配布、または発売する」との回答を得ました。「新しいハードを購入した場合はMac OS 9とMac OS Xを両方添えて、ユーザーがどちらを使うかは任せたい。」というニュアンスを含んだ言い回しでした。いずれにせよ「Mac OS X public bata で様子を見てから」という感じがしました。

また、Mac OS Xは2001年1月の発表予定になっていますが、Eric Zelenka氏が言うには「early 2001」(基調講演でもそうニュアンスが変更されている)ということで、1〜3月位の正式発表になると思われます。


・Power Mac G4 Cube- for beautiful future

今回のエキスポで唯一の新製品、G4 Cube
iMacが一体型コンピューターのアイコン化しデスクトップコンシューマーモデルの揺るぎない地位を得た。一方、Power Mac G4は上位二機種がMP使用となりますますプロモデルとしての性格を強めている。しかしこんな人もいるはずだ、「iMacでは物足りないがG4では大きすぎる」。その間を埋める物はとして、そしてまた新たな需要を作り出すためにG4 Cubeは生まれた。

いまさらだが G4 Cube は美しい。それは一つのオブジェのようであり、モダンアートでもある。この美しい筐体の横に置けるのはアップルのモニターしかないのではないかと思えるほどである。開発担当者は”テクノロジーとアートの美しい結合”と賞賛していた。

G4 Cubeは熱放出ファンがないため静かである。どのくらい静かであるかというと19dBaの音を発する。図書館、近くで聞こえるささやき声が30dBaである。物静かで美しい人という印象を受ける。

しかしそれだけではない。「supercomputer performance in 8 inches cube」「anything works perfectly」と言われるに十分なスペックをG4 Cubeは持っている。

真に実力が有るものは普段は裏に隠していざという時に真価を発揮する。G4 Cubeは下に隠している。「すべては指先であつかえる」との説明どおり筐体の下部にはfire wire*2, usb*2, Etherport, modem を備えており、中央のレバーを押すとハンドルが持ち上がり、本体を筐体から取り出してメモりやair macカードが簡単に増設できるようになっている。

G4 Cubeにはapple pro keyboardとmouse, crystal clear speakerが標準で装備される。またapple display connectorを接続すればモニターに映像、電源、usbが供給される。他社のモニターを接続することもできるがモニターだけ別物を持ってくるにはもったいないほどの美しさである。

G4 Cubeブースにいた担当者に話を聞いた、「みんなパワフルなマシンを欲しいだろ、でもみんながPCIバスが必要なわけではないだろう?」それに付け加えて「みんな美しいマシンが欲しいだろ?」といたずらっぽく笑ってみせた。(文責:岩永亮)



・ Power Mac G4 Cube
今回発表された新製品群で唯一新構造となったのが Power Mac G4 Cube.その構造について展示品から推測を行った。

目視観察によると構造は以下のようになっている。実物はもっと精密に組み合わさっているような感じであり、これ以上発熱量が多い製品が入った場合にはかなり熱暴走の危険が有るように見える。展示品に触ってみたが、1日動かしっぱなしで展示を行っていたマシンでもほのかに温かい風を感じるレベルの発熱なのでカスタマイズを行わなければそれほど心配はないと思われる。

●メモリ
 見た感じでは片面にのみメモリチップが載っている製品でなければ3枚収容することは難しいのではないかと思われる。その点について係員に聞いてみたが「悪いけど分からないや」との事でした。

●ビデオ出力
 新しく発表されたビデオ端子はDVIを拡張したものだから、現行のCinemaDisplayもちゃんの繋げるよとの事でした。ちなみにCubeにはRGB出力も搭載されているので、新ディスプレイしか使えないと言うことは一切有りません。 PowerMac G4についても、今回出荷分よりRGB・新インターフェイスの両方をサポートするRAGE 128カードが搭載されるとの事でした。

●MacOS X Server のインストール

 「出来るかどうか分からない」との事でしたが、「MacOS Xなら問題ないよ」との事でした。NetBootサーバになるか、NetBootCliantになるかについても質問したのですが...どうも英語が通じないようだったので、AJスタッフを捕まえられたら質問してみます。

●サイズ
 本体のみであれば、25cm角ぐらいでしょうか? Visorと携帯電話(Kenwood製J-Phone端末 J-K02)と並べた写真を撮ったので、そこからサイズを推定してみてください。

●OS
 MacOS 9.0.4がそのまま入っているようで、Enablerなどは特に必要ないとの事でした。

●インターフェイス
 CubeのインターフェイスはDVDスロットを除いて全て底面に揃っており、本体を浮かせているように見せている透明のプラスチックに作られたケーブル逃がし用のすき間からケーブルを出します。

ちなみにインターフェイスは、左上から、10/100Ether - Firewire *2 - USB *2 - モデム - 電源 - 新デジタルビデオ - RGBビデオとなっています。




Appleブースでのセット展示

Power Mac G4 Cubeの底ポート仕様


携帯電話とVisiorとの比較

Power Mac G4 Cubeのトップ部分


Power Mac G4 Cubeのマザーボード正面

側面にはAirPort CARDを装着可能


マザーボードを斜から見る


巨大なG4MPモジュール

Power Mac G4 (Gigabit)のモニターポート


Sawtoothと比べ、USBチップ上にヒートシンクがある

Mac OS ROMは4.9.1


Gigabit Ethernetポート回り

Apple初のフラットディスプレイ管採用モデル


Pro Mouseを使用する上での下素材チェックデモ

マウスをクリックしない状態


側面にUSBポートが用意されている

前面にヘッドフォン端子付きのUSB接続プリアンプユニット


Pro MouseはAppleカナダ製?

クリアなキーボード背面


拡張キーボードのように、切り離されたテンキー部分

Pro keyboard正面


新しくなったiMovie 2

iMovie 2のエフェクト操作画面


iMac (Summer 2000)のSageカラー

iMac (Summer 2000)のRubyカラー


iMac (Summer 2000)のIndigoカラー

iMac (Summer 2000)のSnowカラー


.
.
Copyright (C) 2000 Mac Treasure Tracing Club.
All rights reserved. Site design by BRESTO, Inc.
「Macintoshは米国アップルコンピュータ社の商標です」
AppleのColorSyncを使用しています。
Reporters
・東 三千雄 (Michio Higashi)
・岩永 亮 (Ryo Iwanaga)
・etc.