Mac Treasure Tracing Club
Macworld Conference & Expo/San Francisco 2004

January 2004 MACお宝鑑定団 
Top Read me Mac News Link
EXPO NewYork 2002 EXPO San Francisco 2003 counter




Microsoft Press Conference & Microsoftブースレポート

・"Microsoft Office 2004 for Mac" 及び "Microsoft Virtual PC for Mac Version 7" を発表したMicrosoftによって、新製品の説明会が行なわれました。

説明会は基調講演にも登場した MacBU - GeneralManager の Roz Ho氏による、これまでのMicrosoftとのAppleとの関係についての説明よりスタート。この内容はMacBUのスタッフがMacへの思い入れを語るビデオが上映された以外はSteveJobs CEOによる基調講演と同様でしたので省略します。

macbu.jpg video.jpg

Roz Ho氏(左)とTim McDonough氏(右)

社内メンバーによりビデオ。出演している男性スタッフより
「彼女がPCしか使わないんだ。」というコメントも。



続けてMacBU - Director of Marketing & Business Developerの Tim McDonough氏によるMicrosoft Office 2004 for Macのデモが行なわれました。

デモは "Entourage 2004" のProject Center より開始。

Office v. X for Macでは全データに対して串刺し検索を掛ける "カスタムビュー" という機能が搭載されましたが、Microsoft Office 2004 for Macでは更に一歩進んでプロジェクト毎にMicrosoft Office 2004 for Macに含まれるデータだけに止まらず外部のファイルの管理まで可能な "Project Center (プロジェクト)" となりました。基本的に行なっている処理の概念は変化していないのですが、ProjectCenterではメールやファイル、コンタクトリスト、スケジュールなどの検索されたデータについて、データがEntourageにて表示される際に使われるのと同じインターフェイスにて表示される様になったので非常に使い勝手が良くなっています。

なお、ProjectCenterのプロファイルデータはサーバーにアップロードする事でそのデータを複数人で共有する事も可能となっていますが、Exchange Serverとの統合は実現されていません。

entourage01.jpg entourage02.jpg

新規プロジェクトの作成画面。プロジェクトの
色分けや、シンボル画像の登録なども出来る

プロジェクトのデータOverview画面。検索されたメールやスケジュールが
Entourageのインターフェイスで表示されているのが分かる。



このProjectCenterの共有と共に利用されるのがEntourage 2004データのバックアップ機能。Entourage 2004のデータについては "Export"機能を利用する事によってアーカイブ化されますので、容易にデータのバックアップを取れるようになります。

entourage03.jpg

バックアップはどのデータを行なうのか、何処に保存するかetcを設定可能



最後のアップデートはExchange Server との共有。Office v. X for Macにおいては IMAP によるアクセスのみだったものが、Microsoft Office 2004 for MacによってWebDAVでのアクセスもサポートされた事によって、レスポンスの向上が望めるようになっています。

 続けてWord 2004の"メモレイアウトビュー" について。

これは一言で言ってしまえば "OneNote" のMac版。文字・画像・映像を問わずに入力する事が可能であり、SteveJobs基調講演にてデモされたように音声の簡易録音機能も付いているに止まらず、タブレットMacが無いので実用的では無いもののタブレットからの直接手書き入力もサポートされています。

word01.jpg

OneNoteと同等機能を持つ "メモレイアウト"



もう1点強化されたポイントは "Scrapbook"。パレットとして独立して表示されるようになった事によって、画像や文字のクリッピング登録・利用が非常に容易に出来るようになりました。

word02.jpg

画像等を容易にクリッピングしておけるScrapbook



 続けて、Excel 2004の "レイアウト機能" について。

これもSteveJobs CEOの基調講演にてデモされた通りなのですが、設定パレットの"Page Setup"タブより"Landscape"モードに切り替える事によってページレイアウトが可能となります。なお、このパレット内にて設定出来る項目は、Office v. X for Macにて "ページ設定"ダイアログの"ページ"にて設定出来る項目とほぼ同等となっています。

2ページにまたがってしまったデータも、

設定パレットで容易に1ページに印刷する様にまとめられる



アプリケーションの最後としては、PowerPoint 2004の"Compatibility Report"機能について。

これは再生環境のターゲットとなるPowerPointのバージョンを指定する事によって、そのバージョンとの互換性の無い表現(画像の角度変更や、クリッピング・マスキングなど)をリストアップし、その問題を回避する為にはどのようにしたら良いかをアドバイスしてくれる機能。これによって「出先のマシンでデモをしてみたら自分が期待した通りの動きをしなかった」という、これまで有り勝ちだった問題を解消出来る事となります。

powerpoint.jpg

下位互換性チェック機能を搭載。現在は「傾けた写真はPowerPoint97では表現出来ないから修正するか?
修正するとしたら、このイメージだけか? 全部か?」というウィザードが出ているところ



 なお、Microsoft Office 2004 for Macのアプリケーションに共通した情報として、Unicodeのフルサポートを行なった事によって利用可能字形がこれまでの 9,000字形より一気に16,031字形へ増加しました。

これらの特徴を持つMicrosoft Office 2004 for Macは、既存の日本語・英語・フランス語・ドイツ語・スペイン語・スウェーデン語にイタリア語を追加、Microsoft Virtual PC for Mac Version 7については既存の日本語・英語・フランス語・ドイツ語にスウェーデン語を追加し、共に2004年中には発売されるとも発表されました。

 ちなみに、MicrosoftブースではOffice v. X for Mac・Microsoft Virtual PC 6.1 for MacをMac OS X v10.3 "Panther"で動作させるデモを行なっているだけで、Microsoft Virtual PC for Mac Version 7・Microsoft Office 2004 for Macについては「まだ一般にデモをする時期でない」との事で公開はされていませんでした。

なお Microsoft Virtual PC for Mac Version 7 については、PowerPC G5への対応だけに止まらず、PowerPC G3・G4において動作させた際にもVre.6と比較して高速になるように鋭意開発中だそうです。



.

Copyright (C) 2000 Mac Treasure Tracing Club.
All rights reserved. Site design by BRESTO, Inc.
AppleのColorSyncを使用しています。