Mac Treasure Tracing Club
Macworld Conference & Expo/San Francisco 2004

January 2004 MACお宝鑑定団 
Top Read me Mac News Link
EXPO NewYork 2002 EXPO San Francisco 2003 counter






基調講演レポート

・ありがとう!ようこそマックワールドエキスポ2004へ。



今回の基調講演には来場した皆さんの他に100カ国に配信されて60,000人がオンラインで接続中だ。オンラインの皆さんこんにちは!



マッキントッシュが誕生して今年で20年。今日のこの席には1984年以降に生まれた人もいるかもしれないし、(場内笑)今日はこの20年間の僕たちの足跡をたどってみたいと思う。



まず僕たちはGUIを導入することでPCを訳の分からないテキストベースのインタフェースから解放して一般の人も使える事ができるものにした。それからマウスを最初に低価格で導入することをやった。カットアンドペーストの機能を実装したのも僕たちが最初だった。ハードウェアに関しても33ビットプロセッサを最初に導入したのは僕たちだった。そして64ビットへの対応も最初だ。

そしてこれが最初のMacチーム。(開発チームの写真が映し出される。場内拍手)そしてこれが僕のアルバムから取ってきた写真(若き日のジョブスとMac、場内歓声。)



次に最高の評価を得たテレビコマーシャルを紹介しよう。当時これは有料放送で一回しか放送されなかったんだけど。その後広く紹介されて高い評価を受けた物なんだ。


(ここで「1984」の上映(場内大歓声))

僕らは(CMに登場した未来都市の市民達とは違って)自分でくびきをぶち破っていけるけどね。そしてここに「1984」を作成した当時のクリエータをここにお招きしている。(客席の初老の紳士が紹介され、場内拍手)

そう、20年だ。私達は今年がオリジナルのMac誕生20周年であることを記念して特別なものを用意したい。その最初は20周年記念品の「1984」ポスターだ。ご来場の皆さんにお持ち帰り頂きたい。(場内拍手)

次にMac OS Xだ。世界で最も進んだOSでマイクロソフトもその機能をコピーしてくれてる。(場内苦笑)いろんな機能があるけれどもたとえばExpose、iChat AV、使い勝手の良いファインダーがその特長だ。930万人のユーザーが既に移行を果たし、1千万人のユーザーを来四半期に確保する予定だ。84年のApple2からMacへの移行以来のOS移行をこの3年で行った訳だがそれはもう完了したことになる。またこの間10,000点に上るネイティブアプリも登場している。Bionycle、新しいMacromedia Director、Knowledgebox、Accountagent、Netvaultといった使い勝手の良い魅力的な新製品もリリースが発表されている。



そしてFinal Cut Express 2も今日リリースする。リアルタイムでの5つまでのDVストリームの編集、リアルタイムカラー調整機能、オーディオ・ツールの改良、Pantherへのネイティブ対応が行われている。



(ここでデモを実施。リアルタイムカラー調整のデモ、200種類のプラグインを搭載していることの紹介、各カットのタイムラインの自動調整、複数のキーフレームにモーションを加えて編集したり、サウンドトラックを簡単に付加できる点が紹介される。)

Final Cut Express 2は当社の3つのビデオアプリ(後の2つはFinal CutとiMovie)の一つで299ドルで提供する。また旧バージョンのユーザは99ドルでアップグレード可能だ。

続いてMicrosoftのMac プロダクト・ビジネスユニットのロズ・ホーに新しいOffice2004を紹介してもらおう。



ロズ:Microsoftは1984年に最初のMac対応ソフトをWindows対応版に先駆けて発表しました。それから20年、AppleのOSの発達に会わせて私達は商品をリリースしてきました。そして今日Office 2004を皆さんにお目にかけることが出来てとてもうれしく思います。ここで私の同僚のクリス・バートンにその特長を紹介してもらいましょう。



クリス:まずノートをとる時の新しい方法として全く新しいノートパッドクリップを使う方法をおみせします。(ノートパッドを模したインターフェースが表示される。)これにはテキスト検索機能、フラッグの付加機能があり、アントラージュタスクボタンを付加することも可能です。またQUARTZを利用することで設定パネルを半透明にすることも可能です。またQuicktime CODECを用いたMP4規格の音声メモをオーディオ・ノート・ツールボックスで作成し、例えばミーティング内容を音声メモとして付加する事も可能です。(ノートパッド上のアイコンをクリックするとプレゼンテーションの内容が再生される。)



またスプレッドシートを印刷するためのページレイアウトビュー機能を追加しました。(画面にレイアウトビューが表示される。)これでデータのソートや図表の挿入の具合を確認できます。ページセットアップパネルでレイアウトを直接変更する事も可能になりました。(複数のページにまたがっていたグラフを調整し、1ページ納めてみせる。)



続いてプロジェクトのマネージを行うプロジェクトセンター機能を紹介します。ここではEntourageを例に使ってお見せしましょう。このようにオーバービューで全体のタスクを表示したり、関係するコンタクトリスト、ファイルを別々に一覧にして表示できます。またこれらの情報はサーバーやIDISKを用いて共有することも可能です。

ロズ:クリスはシャイなのでエクセル等の新しい機能については触れませんでしたが、そちらの方にもいろいろ新しい機能があります。Microsoftではテクノロジー・ギャランティー・プログラムとしてOfficeを購入された方にはOffice 2004へのアップグレードを無料で提供致します。では次の20年間のAppleとの恊働にも期待したいと思っています。

ジョブス:ということで、今年の春に登場するOffice 2004を紹介して頂いた。そしてOSXへの移行はもう終わったということだ。

次はG5の話だ。私達はこの2年間IBMとバージニア工科大と続けてきたことの話をしよう。スーパークラスター最初の1100台のサーバと2200台のデスクトップCPUを高速I/Oで接続し、35テラフロップスを実現した。3億ドルといった巨費を投じたロスアラモス研究所のコンピュータ等に次ぐ性能をわずか520万ドルで達成できたことは特筆すべきことだ。これはスーパーコンピュターの革命だ。そのビデオを見せたい。



バージニア工科大のクラスター・コンピューティングの設置、開風景、プロジェクト担当者より、「64ビットのキャパシティを持つ全く新しい1100台のサーバー、2200台のデスクトップを用いたクラスターの構築に3週間かからなかったこと、広域バンドワイズとレイテンシの速さ、価格、システムのマネージの容易さを考量すれば他の高価なスーパーコンピュータに次ぐ第三位の計算速度を達成したことに誇りを持っている。」とのコメントが寄せられる。(場内大拍手)

彼らはあらゆる可能性を見た後でG5に恋に落ちたんだI/Oの高速性とMacOSXの使いやすさだ。科学計算をしながらメールもできる



そしてXserve G5を今日リリースする。PowerPC G5/2GHzのシングルとデュアルモデルで、DDR400 SDRAM、ホットプラグ対応シリアルATAを3基搭載して、最大で750GBのストレージを実現し、Mac OS X Server v10.3アンリミテッドがバンドルされている。このXserve G5は、2月には出荷の予定だ。



また、Xserve RAIDもアップグレードされ、3.5テラバイトのオンラインストレージを実装する。Xserve RAIDを発表してから実にいろいろな人々からいろいろな用途に使いたいと要請を受けた。だからWIN2000と二種類でのUNIXでの動作環境を用意した。他の競合商品よりも安い。

さあ新しい領域に移行するぞ。まずはiTunesだ。このジュークボックスソフトを通じてWIN MAC合わせて30,000,000曲がダウンロード購入された。これは我々の競合先の10倍だ。



いまやiTunesのマーケットシェアは実に70%だ。ミュージックストアで一番の大得意のお客さんは29,500ドルを支払っている。Audio Bookも5,000タイトル追加したので是非使って欲しい。これまでにも50,000冊を売り上げている。次に商品券も100,000枚を売り上げた。またAOLのメンバーがAOLのアカウントを使って購入が出来るようになった。AOLサイト内にストアへのリンクが設けられている。ここで10月以降のトピックをまとめてあるので見て欲しい。まずビルボードチャートを
追加した。これで時系列で当時のヒット曲をみることが出来る。これまでオンラインで提供された事はなかった機能だ。また12,000のクラシック歌曲が追加された。これで500,000曲がダウンロード可能になった。



もっとおもしろいことがある。2月1日からペプシとタイアップキャンペーンを始める。ボトルの黄色いキャップに3本に1本の割合で裏にシークレットナンバーを刻印してある。これを使って無料で曲がダウンロードできる。スーパーボウルに合わせてキャンペーンを開始するのでみんなでペプシを飲んでね。

ということでiTunesは収益でも曲数でも一位になったっていうお知らせでした。みなさんが喜んでくれることは僕たちにとってもとてもうれしいことでそれが僕らの活力にもなっている。

つぎはiLifeについて。これは一年前に発表したスイートだ。仕事以外の日常におけるMS Officeだと思ってもらえればいい。(笑)今日は新バージョンのiLife 04を紹介しよう。



まずはiPhotoだけど、今までにも皆さんは数千点の写真をiPhotoを使って管理していたと思うけど、新しいiPhotoは25,000点の写真を管理できる。さらに時系列での管理とスマートアルバム機能、ランデブー共有機能を追加した。これでどのパソコンに写真をしまったか探さなくてもいいし、著作権の問題も解消されるよ。(笑)



ここでデモをみせよう。 (25,000枚の写真を高速スクロール。「これがあなたの人生〜。」とか言いながら。拡大縮小も自由自在であること、セピア効果も簡単にできること、フォト・ライブラリで写真を月ごとに表示できる機能をアピール。)プレファレンスで表示設定を代える事も可能だ。スマートアルバムではレーティングを設定して表示したりできる。(続いてスライドショー機能を使いながらレーティング、廃棄、編集、が出来ることをアピール。またスライドショーのBGMにも反復ではなくプレイリストを作って複数の曲を使い、曲のタイミングに会わせて写真をトランジションさせる機能も追加。(場内拍手)

続いてピーター・ローにランデブー共有のデモをやってもらおう。

(ピーターが開いたiBookからジョブスのデスクトップに写真が共有されていく。)ジョブス(やや悪乗り気味に)ここで曲を買って付け加えてみよう。(ストアから曲を選定してアルバムにトランジションを付け加えようとするが出来ない。「チェックボックスを付けるのを忘れてるよ。」とピーターからツッコミ。無事クラシックモーターカーショーのスライドが出来上がり。)

今のがiPhoto 4だ。時系列の写真管理、ランデブー共有、高速スクロールが新しい機能だ。それからアルバム発注機能が今月末から日本、続いてヨーロッパでも提供できる事になったことをお知らせする。



次はiMovieだ。トリムクリップ、タイトル機能、iSightへの対応などなどの新機能を早速おみせしよう。まずプロジェクトを立ち上げる。(子犬と少年のクリップが流れる。少年が犬にでんぐり返りをさせようとするシーンを使ってオーディオスクラビング機能、タイトル効果をデモ。スターウォーズオープニング風の効果も!(場内大受け)続いてISIGHTからのインポート、ジョブス「これがムービーの最後よ!」と話す自身の顔のアップをその場で撮影し、簡単に取り込める事をアピール。続いて映像を自動的に最適に圧縮し、.MACを通じて公開できる機能をアピール。)

以上がiMovie 4からのハイライト、次はiDVD4だ。20のテーマ・シーンの追加し、メニュの強化、スライドショー機能を強化した。



じゃデモをしよう。(結婚式の様子を移したデモ。)インターフェーズは前のバージョンと一緒なんだけど”Map”というボタンが追加されている。これを押すとメニューとサブメニューの構成が表示されるようになっているんだ。(画面にリンクの様子が表示される。)新しいトランジション効果も紹介しよう。(各種のトランジション、レイアウトを紹介。)ここに写真やビデオクリップをダウンロードすれば後はMacが勝手にやってくれるよ。



これらのアプリはシームレスに使える。そして今回5番目の新しいiアプリが加わる。その名もGarageBandって言うんだ。これはプロフェッショナル・クラスの演奏、ミックスが出来るソフトなんだけど誰にでも使えるっていうのがポイントなんだ。64トラックをミックスし、50種類の楽器、1000のオーディオループを使用可能でライブ録音も可能だ。200種類のエフェクトも使える、USBで楽器を接続して使える。



全米の家庭の半数が何らかの楽器を使ったことがあるという統計データもあるからこのアプリはそうした家庭にアピールすると思う。Macにキーボードを接続すればすぐに演奏ができる。これがインターフェースだ。(画面にインターフェースが表示される。)

僕はミュージシャンじゃないのでデモをギタリストのジョン・メイヤーに手伝ってもらおう。


(ジョン登場して「おれはギタリストなのに一体何をやってるんだ。」とか何とかボケながら、キーボードの前に座る。)



ジョブス:キーボードまずシンセサイザーが合成する音色を聞いてもらおう。(ジョンがキーボードでクラシックピアノを演奏。続いて各種のベース、輪唱などを演奏、ジョン、「おれは本当はギター引きなのよ。」と引き続きアピール。パーカッションも可能。ジャズ風。「いいね。」とコメント。続いてオルガン荘厳な調べ。

ジョン:キーボードで弦楽器を演奏するのは難しいんだけど、ギターのベロシティーをここまで再現してるソフトを見たのは初めてだよ。

ジョブス:じゃ、録音したセットアップをきいてみよう。(デモの過程で使用する楽器の組み合わせを自由に代えてみせる。)とってもクールでしょ(場内拍手)テンポを変更することもできる。次に一番難しかったループを使った演奏をデモしてみよう。インターフェースの一番下のメニューからプロのミュージシャンの演奏をループにしたものが選択できるのでそこから選んでいこう。(ループからいろいろ選んでいく。)これはあんまりよくないな。(気に入らないループを削除したりする。)ちょっとボリュームをあげて見よう。ループが完成。場内拍手。じゃここでジョンに演奏してもらおう。シンセじゃない生演奏ね。(ブリティッシュ・ロック系等手始めにいろいろと演奏してみせるジョン。片端からフレーズが録音されていく。)

ジョブス:じゃライブと合成楽器とループを同時に演奏してみよう。(今しがたの演奏がミックスされて再生されていく。)

ジョン:このソフトが僕が13、4のガキだった頃にあればループを使って死ぬほど練習できたのに!。

ジョブス:そういう感じで販売キャンペーンをやらないといけないね。(実際にガレージバンドのシンセ音声に合わせてライブ演奏するジョン非常にクール。場内大歓声)さあ再生してみよう。もう録音されてるからね。(先ほどのご機嫌な演奏が再生される。ノリノリのジョブス)ねっ。こういうことが出来るってわかってもらえたでしょ。今録音した演奏はミックスしてiTunesに書き出す事ができる。(場内からそれ買うぞ!との声。今度はiTunesからさっきの演奏を再生してみせるジョブス。)分かってもらえたと思うけど50種類の楽器を使いこなすのに必要なのはMIDIキーボードだけなんだ。

ジョブス:さてこれらのソフトのスイートは一体いくらで提供されるのかな?ウィンドウズでは、、、、(各分野代表的ソフトを挙げて値段を合計するととても高くなってしまう事、あるいは比肩するソフト自体がないことを強調。)



新しいiLife 04はたったの49ドルだ。我々はこれを全てのデジタルビデオ、デジタル写真、そしてデジタル音楽を愛する人たちに使って欲しい。iLifeは僕らの仕事以外でのMSオフィスなんだ。あとGaragebandの拡張セットとしてJAMパックを99ドルで提供する。それからキーボードも99ドルで提供する予定だ。

じゃここでiLifeのプロモビデオを作ったのでみてもらおう。(GaragebandやiPodとの連携、iTunes Music Store、iPhotoの新機能、iMovieのタイムライン調整機能、iDVDの2時間DVD作成機能等が紹介された後、ロード オブ ザ リングのイライジャ・ウッド、ミュージシャンのシェリルクロウ!等が登場、iアプリを絶賛する。)

ジョブス:ということでiLife 04は1月16日から発売開始だ。最後にiPodを持ってる人は手を上げて!私達は730,000台のipodを前の四半期に出荷した。この二年の売上推移をみてみよう。(急激に売上をのばしている。)現在収益面でもシェアの面でもiPodはこの市場のトップになっている。



今回10GBモデルを15GBに代替する。そして39ドルで新しいインナー・イヤー型ヘッドフォンを用意した。そして新しいコマーシャルだ。(新バージョンのテレビコマーシャル流れる。)うちのかみさん曰く「ダンサーの踊りがアクロバティックなのであなたはもう真似できないわね。」だそうだ。(場内笑)

シェアの話に戻ろう。低価格でフラッシュメモリータイプで15曲を収録できるプレーヤーと高価格でフラッシュメモリータイプで60曲収容できるタイプ、そしてiPodこれらの3つは偶然だけど何れも31%のシェアを持ってる。後の7%はハードディスクとかを使ったポータブル・プレーヤだけどこっちの方はほっといてもiPodが押さえちゃうと思うけどね(場内笑)

この内、ハイエンドのフラッシュメモリータイプはあとほんのちょっと追加するだけでiPodが手に入る価格帯だ。この価格帯の競合商品ではたとえばRioは256MB、60曲収容で199ドルだけどインターフェースの使い勝手はあまり良くない。



そこでこのマーケットに参入するために開発したiPod miniを紹介しよう。4GB(高価格フラッシュメモリプレーヤの16倍)のストレージサイズで1000曲を収容可能だ。厚みは0.5インチで他社製品の半分、価格は249ドルで50ドル高いだけだ。そしてこれがiPod miniだ。(写真登場)名刺サイズ、厚みも0.5インチでインターフェースはipodと全く同じ、ただボタンはない。そこでスクローラにボタンを配置した。パテント申請中ね。USBもFireWireも実装、どちらでも充電できる。またアームバンドもつけた。



そしてこれが本物。すごくきれいでしょ。iPodminiはハイエンド点フラッシュ型プレーヤーの市場を席巻する。そのためにカラーバリエーションも揃えた。出荷は米国で来月。全世界では4月からを予定している。

という訳でまとめると20周年の今年Mac OS Xへの移行は完了し、Final Cut Express 2、Office 2004等の新ソフトの発表、そしてG5、Xserve、 Xserve RAIDの発表、iTunes Music Storeが市場シェアの70%を取った事、ペプシとのキャンペーン。iLife の新バージョンがGarageBanndを加えて発表になったこと。iPod miniを5色バージョンで発表といったところが今回の大事なところでだ。

最後にこれらの商品を世に出すためにがんばってくれた社員や関係者の諸氏に拍手をお願いしたい。(場内大拍手)じゃブースにいってこれらの製品を確かめて下さい。どうもありがとう!

講演終了後iPod miniのコマーシャルが流れる。



.

Copyright (C) 2000 Mac Treasure Tracing Club.
All rights reserved. Site design by BRESTO, Inc.
AppleのColorSyncを使用しています。