Mac Treasure Tracing Club

January 2008 Macお宝鑑定団
EXPO San Francisco 2007 EXPO San Francisco 2006 EXPO San Francisco 2005
Read me Special counter


自動更新バナー


2008年1月15日から18日までの4日間、San Franciscoで開催される
Macworld Conference & Expo 2008に関する特集ページです。



会場レポート

サン電子

 今後のアメリカ市場での展開を目指し、自動車にシガーソケットに挿入可能な FMトランスミッタなどを参考出展していました。

ポップな色遣いの高性能FMトランスミッタが非常に人気



展示に利用していたモデルは日本用モデルであるために、アメリカでは周波数が違う関係で利用出来ませんが、Popな色遣いのFMトランスミッタは意外なほど存在せず、またFMでの電送にも関わらず非常に高音質であるために購入を希望する人が引っ切り無しにブースに訪れていました。


パワーサポート

各種製品の販売と共に、ブースで製品を購入した人に対しては貼付け作業 のサービスなどを実施していました。

実演販売で人気が高い パワーサポート



特にフィルム製品は作業難易度が高いために、貼付けサービスは非常に好評でした。


Vintage Computer (Susteen)

 CPU・GPU・HDD・メモリなどのすべてのパーツをアップグレードしたフルチューンナップ PowerMac G4 Cube の展示協力を行っていました。

フルチューンによって現在でも利用に耐えるマシンとすることが出来る



ここでアップグレードに利用していたパーツは全て日本からでもオンライン発注が可能ということでした。


miShare

ブース出展はしていないものの、iPod の音楽・映像・画像を PCレスに iPod to iPod でコピー出来る「miShare」をプレスセンターでデモンストレーションしていました。

ボタン1押しでミュージックテープ感覚で iPod を利用出来る miShare



これは US$99- のマシンであり、miShare の両端にコピー元・コピー先の iPod をセットした後にスイッチで音楽・映像・画像の何れかを同期させるか選択し、その後にボタンを 1クリックするだけで自動的にシンクロナイズされるというモノになっています。

同期速度が非常に高速なのがウリであり、平均1曲10秒で転送して行きます。

「昔、自分の演奏のミュージックテープを配布したのと同じ感覚で iPod を使えるよ」という手軽さが好感を持てるマシンです。


ADS Technologies

 PCI Express に装着するハードウェア・エンコード・アクセラレータ「Pyro Kompressor HD」を展示していました。

HDコンテンツを 最大8倍速で圧縮する ハードウェアエンコードカード



マシンにエンコードカードをインストールすると共に ドライバソフトウェアをインストールすることで Adobe Premiere Pro CS3 やFinal Cut Pro にプラグインが設定され、このプラグインによって書き出したい映像が 自動的に Pyro Kompressor HD エンコードカードを利用して圧縮されるようになります。

速度については、3GHz Dual Core Xeonマシンにてソフトウェアで処理した場合と比較して、MainProfile HD MPEG-2 で8倍速、HP-L4 H.264 で4倍速となっており「実時間以下で圧縮が出来る」というのがウリということでした。

なお、価格は US$3,495.00- で春に出荷予定となっています。




 iTunes Store(Japan)



Copyright (C) 2000 Mac Treasure Tracing Club.
All rights reserved. Site design by BRESTO, Inc.
AppleのColorSyncを使用しています。