.
.
title_expotk99.gif
February 1999 MACお宝鑑定団 
counter



EXPO Tokyo 99

1999/02/19


・加賀電子のブースでATI社の担当者にお話を聞いてみたら、Nexus 128とRAGE ORIONは単純に搭載されているメモリー容量の違いだけで、パフォーマンス
に差があるわけではないそうです。 PowerMacintosh G3に搭載されているRAGE ORIONは、BIOSが66MHz設定になっていて、ATI社が単体発売しているものは33MHzだそうです。 その為さらに表示領域を拡大したい人がNexus 128を買って、標準のグラフィックカードと差し換えて使用することは問題ないが(その逆に標準搭載のカードを他に流用することは出来なさそう)、動作は33MHzということだそうです。でも見た目でその性能差はほとんど変わらないようです。また液晶アクセラレータ機能を搭載したXclaim 3D Plusは最近コンパックの液晶ディスプレイが採用しているデジタルインターフェイスを持ったカードだそうで、Apple Studio Display 15 TFTではそれが無い(アナログだから)ため、そのままでは使用出来ないそうです。ただグラフィックチップが旧世代のものなので、国内で発売することはするがあまり売れるとは思っていないようでした。


・ 内芝製作所のブースで展示されていた、Carbon仕様のiMacです。ただ完全にCarbon成形ではなく、強度を保つために貼りになっているようです。製作費は¥100,000だそうです。



・ヒューレイトパッカードが展示していたDeskJet 895Cxiです。トップカバーが新iMac色を使用したモデルが展示されていました。ただしこのモデルを発売することはまだ未定だそうです。



・JapanCentral.comがPacific Software Publishing,Inc.の爆ヒットゲームソフト、Tomb Raider II for Macをデモしていました。



・DITのブースで、アップルのApple Share IP 6.1Jのデモが行われていました。



・イケショップで展示されていた。Sonnet technology社のG3アップグレードカードです。040系マシン用のPowerPC Upgrade Cardの案内はされていましたが、実展示はされていませんでした。



・加賀電子のブースで展示されていたSpartacus用のG3/400MHzが展示されていました。



・T-ZONEで、AppleのAvid Cinemaカードが¥9,800、MPEGカードが¥1,980で激安販売されていました。



・インフィニシスのブースでは、新iMacカラー仕様のAfterDark 4.5Jが展示されていました。



・今日のアップルブースでは、「Yum.」のポスターが配られていました。



・OKIのブースで展示されていた新iMacカラーが施されたMICROLINE 8wが展示されていました。しかし発売に関しては、まったくの未定だそうです。



・アスクのブースではPowerLogixのG3カードが展示されていました。



・マクロメディアのブースでは、新しく発売されたDREAMWEAVER 2日本語版キャラクターが、大きく飾られていました。このSMライクなお姉さんがなぜキャラクターとなっているのかは、DREAMWEAVER 2のキャッチコピーが「control(支配する)」という言葉からだそうです。



・SoftwareTooのブースで、歩くGO Live CyberStudio 3人形を抽選で配付していました。またオリジナルステッカーも配付されていました。



・act2のブースで、デモを見てくれた方にStuffIt Expander5.03Jが含まれたCD-ROMを配付していました。英語版StuffIt Expander5.0に見られたUnicodeがらみの不具合は、ほとんど解消されているそうです。




MacFan

MacFanInternet

MacFanBeginners

Apple Computer, Inc.


IDG WORLD EXPO

MYCOM
.
.
Copyright (C) 1999 Mac Treasure Tracing Club.
All rights reserved. Site design by BRESTO, Inc.
「Macintoshは米国アップルコンピュータ社の商標です」
GigaHit