MACお宝NEWS.gif
皆様へのお願い(MacintoshNews)

このページはMACお宝鑑定団の新着情報や、Appleに関する情報を伝えるページです。
掲載内容は保証されるものではありませんので、御了承下さい。

1996/11/05~11/20バックナンバー


[11/20]
Adobeで新しいPDF1.2 の仕様書が公開されてました。でもなかなか普及しませんね、期待してるんですけどね。それとAcrobatェ Distillerェ 2.1でEPSファイルをPDFに変換する時に用紙サイズがそのままで変更出来なかったのですが、これ用のPPDファイルがあったんですね、これで自由に変形出来るようになりました。

Mac OS7.6がSE/30以下をサポートしていないのは承知の事実だが、7.7では68030CPUをサポートしないようだとAOLで噂になっています。でも鑑定団としてはIIvx以下の中古価格が下落するので賛成してます。

今月発売のMAC LIFE創刊100号記念にあのスーパーコレクター「立野康一氏」のコレクションが紹介されています。また記念プレゼントもすごい量です、是非見ましょうね。

OCNに対して、電力系の専用線サービス会社(TTNetなど)もこれに対抗するようです、また超高速150Mbpsも加わっています。それとOCNを再販するのを最初に名乗り出た新日本通信は128kを月額1万円で売り出す予定(日経新聞より)だそうです。これからは家庭に専用線を引く時代になりそうです。

Performa5220などのPDSスロットで使用するSonic社のEthernetCArdが最近改良されたらしく、コミュニケーションスロットモデムやメモリーと接触するなどの問題が解決されてるそうです。

PowerMac6100でDOS CardのPC SetupコントロールパネルとOpenDocコントロールパネルとが、コンフリクトを起こすという情報がNiftyに上がってました。

Apple社の画像製品部では、新しくホームページApple Imagingを公開したそうです。(MacCentral-Jより)

[11/19]
MacOS7.6のリリース予定が1/16である事が判明!漢字alk7.6も同日に公開される予定もしくは1週間ほど遅れるようです。すでにアメリカでランゲージ部分での検証は終了しているもよう、また噂されている配布方法は7.5.3と同じになるようです。ただクラリスの処理能力を考えて調整されるかもしれません。

AppleとCANONのOEM関係が終了して今後はHP製のプリンターがApple製品として出荷されるわけですが、HPのプリンターはCANON製のエンジンを採用しており、外観上の変更レベルにとどまるようです。CANONとしては販売台数に変化はないだろうが、ドライバーなどの互換正は保証できないとしています。それとPHOTOINCってインクを薄めて階層塗する技術ですが、今後は富士フィルムが開発したTA方式が主流となりそうです。

国内でのMacintosh販売価格が8500で7万円くらい下がりましたね。

古川隊員がホームページを公開、新隊員に[MIE隊員][JOE隊員]が加わりました。

[11/17]
PowerMacで動くAppleIIGS Emulatior 「Gus」がありますが、新たにコードネームを「Fast Eddie」と呼ばれるエミュレーターがBrightSoftware(Appleの有志で結成されたプロジェクトチーム)によって開発中であると紹介されています。MacintoshもBeOSと提携されて完全PowerPC OSとなった時に68系エミュレーターとして出てくるかもしれませんね。

「TwoInHand 」という Apple IIc Emulator (Newton 用)の作者がアルファテスターを募集してます、現状 IIc の80%の速度で動くそうです。

名古屋で行われる[Welcome2Macintosh]のイベント出店にGoodWill8号店のDR.辻村氏が全面協力をしてくれる事になりました。貴重なOLD MACやApple2が一同に揃います!期待して下さい。

11/15付けのInformation Alley にAppleIIe CardはLC PDSスロットを持つ全てのMacintoshで使用できるわけではないと、わざわざ書いています。これはきっとサービスセンター向けの回答例なんでしょうね。(秋山先生情報ありがとう。)

以前書いたIBMとAppleの共同開発PowerBookですが、どうやらIBM JAPANで開発されているようで、すでに匡体のデザインも完成していてAppleマークが入っていたとの目撃証言を得ています。MacOSRumorで書かれている通りPowerPC603e 133MHzだそうですが、実際に発売される時には180〜200MHzになりそうです。

漢字Talk7.6の配布はあと1ヶ月半くらいだそうです、英語版とは添付される機能に差が生じるようです。

[11/16]
PlainTalk1.5が公開されて音声認識の技術が話題ですけど、この件で以前EXPOでインドの技術者に聞いた話では、日本語には同音異議語があるため開発が難しいと言っていました。韓国語は全て発音自体で文字をなしており、中国語には126しか同じ読みの文字がないため問題はないのだがと言っていたのを思い出します。この技術は「障害者」に対するAppleの前向きな開発を感じさせる良い物なのですが、日本語にある「はし」は「橋」か「箸」かは前後の文章から読み取るしかないというわけで、かなり困難なようです。

NIFTYに漢字Talk7.5.5がアップされていたので、MacFixItに掲載されたPerforma6115(PowerMac6100/60の事)でフリーズするという記事を実際に検証してみました。PPCIEが入っていても問題なく起動しSound Manager3.2.1が入っていてもなんのトラブルも出ませんでした。しかしシャットダウン時にフリーズするのはNorton FileSeverが入っている時に起こる事を確認しました。

会長のページにQV-100 を追加しました。

[11/15]
genieで話題となっていたAppleIIGSの開発中止になった最後のマザーボードROM4の事ですが、Mark Twin氏がこれについてのVIDEOを作成したようです。30PIN SIMMまで対応していたのに発売されないのは残念ですね。

AppleIIに関する巨大なLinkページを見つけました、それはここです。

IBMでは現在POWER PCが600MHz で動作テスト中という情報が入りましたが確認は取れていません。

一時開発中止されていたAppleScriptをユーザーからの強い要望で、開発が再開された話がNewsで昔取り上げられていましたが、それからなんの情報もなかったのですが、とうとうAppleScriptのサイトが正式にオープンしました。

[11/14]
[PINGによるシステムの破壊方法]というMike Bremford氏の記事について、PC-WeekMacintochが取り上げていますが、これは相手側がTCP/IPで64kを超えるパケット(65536kなど)をPINGで送ると、パケットがメモリー内で再生成される時に飽和してシステムが破壊されるという問題です。Macintoshに限らずWINやUNIX でも起きる事で詳細なデーターとパッチ情報がまとめられています。今の所Macintoshは出ていません。そうこれはこちら側ではまったくわからない事なんです恐いですね。

会長の部屋QuickTimeVR編を作ってみました。てきとうすぎるので怒らないでね。

[11/13]
AdbobeのAcrobatReader3.0Jの実験を兼ねた、隊員へのお知らせページを作りました。やってみると結構めんどくさいです。

[11/12]
Newton Japanの例会でeMate300のデモが行われたそうで詳細なデーターと画像が公開されてます。これはコレクションの一つになる可能性が高いですね。

MacFixItによると、PhotoshopのGIF89a PLUG-INで作成されたイメージファイルがあるWEBをネスケ3.0、3.01で開こうとするとType11エラーになると報告されています。これはGIF89aPLUGのバージョンが古い物だと起こるようで、最新のはヴァージョン1.5.6になっていますから確認しましょう。

MACお宝鑑定団の最初のページなどで使用されているAiffのサウンドファイルでエラーが起きるとメールを複数の方から頂いています。しかし、こちらではネスケ2.02、3.0、WIN2.02、IEP3.0など複数のブラウザーで確認していますが、再現されない為に原因が掴めません。もしそのような方がいましたら、環境などをお知らせ下さい。

[11/11]
WINDOWSの話で申し訳ないですが、WIN NTマガジンでスッパ抜かれた、WINDOWS NTサーバーとWorkGroupとの違いは、レジストリーに書かれたたった2行だけというのが、かなりインターネット上でも盛りがっているそうです。マイクロソフトは「7倍速い」と言っていたその違いはたったそれだけの違いだったわけです、いい商売されてます。

POWERPAGEで盛んに発表されてきたPowerBook1400はやっと正式に発表されたましたが、もう一つ噂のPowerBookがありますよね、IBMが制作するというPowerBookのことです、これが第2次レベルまでの開発が終了したようです。1次レベルではThinkPad560のケースをそのまま使っていたようですが、今度はどこまで完成しているのか期待してます。

[11/10]
今日、MacWorld-Jを読んでいて興味深い記事を見たので報告します。8500には1/4画面をフルスクリーンにするハードウエアズーム機能があるそうで、QuiclTime2.0以降のソフトウエアーズームとは違って専用チップを使用するため画質が劣化しないそうです。またこのMacintoshはキャプチャーのフレームレートが25fpsとアナウンスされているが、実際の仕様のままでは、20fpsが限界で、その性能を出す為には4.5MB/秒以上の書き込み速度を持つ2GB以上のHDががなければならず、しかもそれは内蔵バスに繋げられていなければいけないそうです。そして、モニターとヴィデオデバイスを同時に使用する為には、VRAMを4MBにしておく必要があり、標準の2MBのままでは、ヴィデオ出力端子を使用してテレビに写す場合は、モニターの接続を外さなければならないそうです。これはまったくマニュアルには記されていないとコメントされてます。

POWERtoolsが発売しているPCIMacintosh用の604/150MHzのトレードアップグレードの価格が$399に変更されてます。また同社では604e/200MHzx4CPUのカードを発売する予定だそうです。

RWCLでWebMap2.0b9が紹介されてました。jpgにも対応したようです。

[11/09]
Norizoさんから連絡を頂き、HotSauce PLUG-INを新しいバージョンにするとMCFファイルが正常に開かないという問題を解決しました。それはgenls: ""などのような何も入っていない部分を削除するという事だそうです。

[11/08]
MediaDebagerでスクリーンショットが公開されていたスピードダブラー2speeddoubler.gifはかなり安定しているようです。コントロールパネルでいろいろ機能を選べる見たいで、ファイルのコピーも倍は速くなっているみたい、あ〜はやく正式に出てくれないかな〜。またPhotoshop4.0もスクープされていますが、これにもちゃんと従来通り裏画面があって、「BigElectricCat」と言うプロジェクト名が出てくる仕掛けが存在してるみたいです。

今日は会長の長男の満1才の誕生日です。(それがどした!笑)

昨日、NTTが計画中のOCNに付いて具体的な内容が聞けましたので報告します。先頃発表されたOCNの計画案にある「低速系128kで月額3.7万円程度」というのは、なんと専用線使用料とプロバイダー接続料が込になった金額なのです。現在一般のプロバイダーの接続料金が20万円前後、これに専用線使用料を加算して比べると、OCNは1/7程度になってしまいます。また一般のISDN回線での接続(ISDN同期のみ)は2.300円(15時間まで)その後9円/分になるそうです(電話使用料金は含まれませんがテレホーダイは使用可能だそうです)。このOCNと言うのは、一旦OCNというNTTの交換機を結んだネットワークに対して接続され、そこから別のOCNに対して接続しているコンピューターを結ぶのが最大のポイントで、接続先がOCNになければそのままInternetに出て行きます、つまり巨大な集合型ルーターに直結するというのが最大の売だそうです。例えば、今までA社のアクセスポイントが東京がメインで名古屋が子接続ポイントだとすると、そこまで専用線を引かなければなりませんでしたが、それが不要になり、距離から算定される専用線料金というのが事実上なくなるという事になります。またOCNに接続した物同士のやりとりの場合は、Internetの複雑なルーター間を通らないので、非常に簡素なルートで済み速度が劇的に向上するそうです。また、セキュリティーにおいては、事前に登録された相手側の電話番号以外を拒否する事も出来るようになると言っていました。これはまさに「エクストラネット」をターゲットにしています。しかし、このNTTの計画している案に各プロバイダー(企業複合運営ではない所)が反対しており、現在この事について一切の営業活動は禁止するよう通達が出ているそうです。

[11/07]
Macintoshトラブルニュースに報告した内容について説明しておきます。自宅で使用しているMacintoshはPerforma575PowerPC Up GradeCardを入れて使っているのですが、これに漢字Talk7.5.3をインストールしてOpenTrancePort1.1.1を使用する際、ネットワーク選択でOpenTrancePortを選択すると、MacPPPやFreePPPでプロバイダー接続した際にTCP/IPが認識されないという不具合が出ます(PowerPCと68を切り替えても同じ症状が発生します)。旧互換を選択して、MacTcp-Ipをアクティブにしておくとこのような問題はおきません。また、FreePPPをインストールする際にOpenTrancePortを選択した状態でインストールすると、旧互換に切り替えて使用しようとすると、FreePPPのコネクトがアクティブにはなりません、これはMacPPPでは起こりません。これをどちらでも使用する為には、両方のモードでもってインストール作業をすれば問題は解決するようです。

[11/06]
Logicware社が今年のクリスマスにAppleIIGSで動くWolfenstein3Dをリリースするそうです。
それのデモムービーがここで見られます。たぶんアクセラレーターが入っていないときついかもしれませんが、ファンにはたまらないNewsでしょう。

[11/05]
アメリカのTaubert氏が発表したAppleIIGSでインターネットをする方法を、来年の目標として実際に試してみようと思う。これはMacintoshでインターネットを行うよりもはるかに難かしいそうだ。

KSS社の発売した、AppleIIe(AppleIIe Cardを含む)でGUIな環境を構築する謎のシステムが発売されている。これも来年は実際に試してみるつもりです。

modoru.gif [NEWSバックナンバー]
「Macintoshは米国アップルコンピュータ社の商標です」