MACお宝News.gif
皆様へのお願い(MacintoshNews)

このページはMACお宝鑑定団の新着情報や、Appleに関する情報を伝えるページです。
掲載内容は保証されるものではありませんので、御了承下さい。
掲載記事に関する著作権は「MACお宝鑑定団」が所有します。

1997/1/31〜1/21バックナンバー 


[1/31]
MacPowerの編集員「デーブ田中」さんが、MacPowerを辞めて、Adobe社に転職されたんですけど、その最後の日記にローランドの名機303×2+808を、ソフト1本でこれらをシミュレーションしてしまうという優れ物の「ReBirth RB-338」というのが紹介されてました。これデモ版(2.3MB)もありますので、好きな方は試してみてはどうですか?ちなみに僕は、1986年からハウス一筋の人で、レコードバイヤーとして仕事してよくN.Y.やLONDONに行っていました。でも今では持っていた2万枚のレコードを処分して、全てOLD AMCに変化してしまってます(笑)

(お・NEW)さんで紹介されていた、AppleGeoPort & Express Modem 3.1.1 Updater (1of2 1543K,2of2 607K)ですけど、GeoPort Telecom Adapter IIとGeoPort Internal Modemだけが33.6kbpsとなるようで、その他のGeoPort Telecom Adapter類に関しては、バグフィックスとしてのアップデーターとなっているみたいです。よって33.6kbpsとなるのは、Performa 5200、 5300、 6200,、6300 、5400、6400シリーズとPerforma 6360のPowerMac機種で、これら該当するモデムを搭載している機種だけのようです。それと現在デスクトップPowerMacで使用するApple純正のGeoPort Telecom Adapterは国内での販売は終了しており、サービスパーツとしてしか入手する事は出来ません。新しいのが出るらしいですけど。(笑)
また同じディレクトリーに1/29付けでアップされている、QuickTake_for_Power_Mac_1.0はPrintingディレクトリーから移動した物で、新しくませんから注意して下さい。

Adobe社が配布しているIllustrator 6.0.2アップデーターで、GIF89aを使用する際の基準色をCMYKで行う方法が説明されていますが、ここにIllustratorファイルでWEBで扱える216色(マックで設定するカラーパレットと、WINのカラーパレットでは、同じ表示色がGIFで扱える256色の内216色しかないので、それに合わせて配色しないとマック以外では汚くなってしまうためです。)の色データーが載ったinternetcolors.aiというのが公開されてます。これIllustrator使いの人にはめちゃくちゃ便利ですので、ダウンロードしておきましょうね。

名古屋大須の価格情報を、大幅に追加して別ページにまとめました。

[1/30]
Claris社からApple Network Administrator Toolkit1.0のアナウンスが出てました。At Ease for Workgroups 4.0がバンドルされているそうです。前会社で3.0を使用して管理していた経験がありますが、ログインモードをネットワーク上で共有することが出来ないのがめんどうだな〜と感じてましたので、それらが改善されているだけでも便利になると思います。

Softarc's社から FirstClass Client 3.5.1(Update)が出てますね、現在サーバー側でFirstClassィ Personalに対応してもらいましたので、オフラインで読めるようになってとても便利になりましたね、でもエリアスを作成する時に、階層のあるエリアスフォルダーを配置しても反映されないようですそれだけが、不便ですね。

BUG社がベータ版を配布している、インターネットオートパイロットソフト「PerMan Surfer波乗野郎V2.0」でインターネットオートパイロットに挑戦してみました。ササーフィンするサイトが20個以上設定するとアラートが出ます。で、時間設定で、コムニフティーのオートパイロットと調整して、動かしてみた結果、うまく動きました。ただ、その後にオートパイロットの時間設定をそれぞれ設定するときに、20個ずつ動くように指定すれば、いくつでも設定できるようです。でも、その後のデーターをブラウザーで見る操作方法が、繁雑すぎて面倒だと感じました。

今年もUGPが集まってPowerEXPressをインターネット上で公開するそうです。
参加UGP:CITYMAC、NortenJ、山梨マッキントッシュユーザーズグループ、MuON、MacFreak in 神楽坂。

今年のMACWORLD Expo/Tokyo 97に参加するUGPの出し物が暫定ではありますが、決まったようです。

■MuON
MuONの紹介と会報( MuON Newsletter Vol.10 )の発行 、MuON選抜チーム著作の書籍『(通称)子バイブル』の展示販売。
シェアウェアアワード 、ユーザアンケートの実施。

■Bresto、MACお宝鑑定団、NezumiiLand合同ブース。
Apple20周年記念にふさわしく、Apple1のヴィデオによる紹介。
MACお宝鑑定団のホームページの紹介。
会場レポートをインターネット上で発信 。
FirstClassBBSの紹介。
MACお宝鑑定団が独断で選ぶ20年間のマックのランク付き解説パンフ配布。

■GreenWood 、MUG PARC、プレアデス合同ブース。
IBVA等を使った、来場者参加型イベント。

■Japan HyperCard UGP
各種ハイパーツールとそれらを使った会員作品の紹介、相談受付など。

■Japan Macintosh Programing UGP
UG Booth内へのQuickTimeConf.等を使った、コラボレーション。 及びWebCast等による放送。

■LaboFinder
研究者のUG、UG制作CD-ROMの紹介、インターネットを使った活動紹介、入会勧誘、質問受け付けなど。

■Macsalon
障害者や高齢者にMacintosh/Internetを教えている日頃の活動を広く知っていただきたいと考えています。そのためのセミナー風景のパネル展示、広報ツール、セミナー・スケジュールの配布を行います。

■MacFreak in 神楽坂
UG紹介及び、各種ツール/素材類の配布、及び、相談コーナー 。

■Newton Japan
MessagePad ハンズオン ソリューション紹介 News Letter/各種オリジナルパッケージ(Newton用電子ブック)の配布等。

■RINGO
We will demo our BBS, show our HomePage,handout Newsletters and help people with Quetions about Mac etc。

■Talking Space for MacFriends
会員募集、CD-ROM Free/Sharewareの使用方法をムービーで、ポイントを押さえて解説したオリジナルCD-ROMの第2弾!「闇鍋2(仮称)」の実演、販売。

■TMUG
1)「元祖」Macよろず相談
2)スタンプラリー 他のUGのブースなどのポイントにスタンプを置いて貰って全部集めた人には抽選で豪華景品。参加費用は無料。
3)'PLUS'sic Park (PLUSはClassicよりもクラシックです)なつかしのソフトをお楽しみ下さい。

■XDMUG[ナニワ林檎道]
・自費出版CD-ROM「XCD97」の展示販売
・フリーペーパー「eDee」の配布(無料)
・WebCamTooを使ってホームページからのExpo場内放送
・CD-R Writer展示による自費出版CDの制作展示


■アニーズ・スイート・パイ
AppleII、Apple///、 Lisa、 Macの古い物などの展示。

■オニオンクラブ
「オニオンクラブ」のオリジナルCD-ROMのデモンストレーション及び販売。

■クライエットタンヅ
「家族(個人)がMacintoshでつくる」をテーマに小物 及び使用についての相談。

■みにみにマッキントッシュユーザーズグループ
「LOVE LOVE MACHINTOSH」をコンセプトとし、マッキントッシュと人との関わり方について、みにまぐの解釈を元にしたデータの展示を行う。

■松戸Macs
松戸Macsの紹介、活動内容の説明、会員の勧誘、ステッカーの販売など。

■湘南マッキントッシュユーザーズグループ
”中国語圏のWWWを見に行こう”--CLKを使って、台湾、中国大陸のHomePageを見る、また、台湾で購入した漢字KBを用いて、様々な方法で中日混在文章を作成する。

■障害者とコンピュータ利用教育研究会/九州支部東京支部
本ユーザグループの紹介(インターネットホームページ公開を含む) 本ユーザグループの制作したCD-ROMの紹介と実費頒布 障害を持つ方のコンピュータの利用についての相談。

■NeXus
NeXTを使ってインターネット及びマシンのデモ。

■ご近所まっくゆーざぐるーぷ
ご近所まっくゆーざぐるーぷの紹介と、デモ/説明等。

[1/29]
PowerBookを様々な場所で使用する際に、各種設定を今 までより簡単に行えるようにするための「Apple Location ManagerLocation_Manager_1.0が公開されてます。MacOS7.6以上でPowerBook専用になってます。(Macintosh Latest Information より)

BUG社から、MN128用の最新ファームウェアVer2.10が出てました。Ver2.10は、回線の使用状況によって自動的に使用チャンネル数を変更するResourceBOD (Resource Bandwidth on Demand)機能に対応しているのが特徴。これにより、例えば2つのBチャンネルを占有中に、アナログポート接続の電話から発信すると、Bチャンネルを1つだけ解放してアナログに割り当てることや、反対にアナログ回線の呼び出しを検知して、1つのBチャンネルをアナログに割り当てることもできるそうです。(PC Watchより)

Adobe社のホームページで、アンデルセンの「雪の女王」の童話をアニメーション化されて発売されるようで、そのソフトでAfter Effects やPhotoshopが使用されているので、宣伝をかねていろいろ紹介されてますが、ここにQuickTime PLUG-IN(ネスケ用ではなく機能拡張ファイル)のClearVideoというのが紹介されてます。これを使用すると、1.3MBのQuickTime Movieが約1/4のサイズになるようです。ですがこれを入れたままで、 ClearVideoを使用してデコードされていないMovieファイルを、ネスケでインライン表示させると固まりますので注意して下さい。

廣瀬さんの協力によって、念願の「MoZilla人形」と「EvangeLista ポロシャツ」が到着しました。とても感激してます!さっそく紹介ページを作りました。それと「QuickTake Travel Case」もこっそり追加しました。(笑)

ひさびさに、ColorQcamを使用しようと思って、QuickPICTを起動したら、なんと!ボケボケではありませんか!その後、いろいろ調べてわかったのですが、このColorQcamはグレースケールのQcamと違って、電源をシリアルポートから摂取せずに、ADBポートから摂取するのですが、僕はずっとADBポートの端子を接続したままにしていたので、このColorQcamは耐えず、通電されてQuickPICTなどを使用するしないに関係なく、動作状態が延々と続いていた為に、中のCCDのトランジスターがダメになってしまったようです。で、結局修理することになりました。もしこれを持っている方がいましたら、使用しない時は、全てのケーブルを外しておくか、レンズの部分を覆って、光が入らない状態にしておきましょうね。

Akiaが発売したマック互換機の販売は通信販売がメインですけど、現在、秋葉原のLaox Mac館で展示実演がされているそうですので、見たい方は、お出かけされてはいかがかな?

の専用線に関する記事で関係者の方からメールを頂き、所有権となっていたのを占有的私用権に変更しました。見てるんですね〜(笑)

[1/28]
MacFixItTroubleshooting Mac OS 7.6の特集ページが出来てました。これの日本語バージョンが秋山先生の所でも、ユーザーのために新設される事を願っております。

Akiaの互換機が正式に発表されましたね、前に飯塚克美社長自らが「マックはメモリーを積まないと使い物にはならない」と発言していた通り、標準で80MBのメモリーを搭載されているところが泣かせます。価格的にも他の互換機と十分に張り合える内容です。でもデザインがDOS/V臭くてちょっとって感じではあります。(MacWeek-Jより)

MacWeek-Jに載っていた、新型マック発売にともなう旧型機種の価格の値下げの記事は、販売ディーラーおよび、販売店が在庫で持っている機種を、より効率よく売りさばくための救済リベートの事です。すでに製造中止されているマックが、新たに値段を下げて発売され直されるというニュアンスは正しくありません。ちょっと気になったので書きました。(笑)

Extensis社からPhotoshop 4.0のactions paletteに対応したPLUG-IN Tool、Intellihance 2.0.2 DEMOと元Aldus社の製品で、後にAdobe社製品となり同社に売却されて新しくなったFetch 1.5 DEMO(3分割ファイル)が出てました。(Maccentralより)

AppleからGeoPort Telecom Adapter用のGeoport Updater 1.0インターナショナル版が出てますが、これはアメリカ、カナダ、日本は、アップデーターの対象から外れてますので注意して下さい。(Maccentralより)

今日、名古屋のアルファーランドに行ってきました。そこで以外な事がわかったので報告します。
PowerMac8500/150の6万円で604e/180MHzアップグレードクーポンキャンペーン(なんとこの純正アップグレードカードの標準価格は¥13.8万もします)は、実は7600/132も該当機種であることがわかりました。8500/150を180にアップグレードするのは、現状の販売価格を考えると旨みはありませんが、7600/132から180MHzなら十分魅力はあります。ところが、すでに7600/132は、ほとんど市場から消えてしまっており、とても不思議なキャンペーンだな〜と思っていました。ところが!この8500/150と7600/132がキャンペーン対象となるためには、2/1〜3/31までの期間にユーザー登録書を送ってその登録書に、「アップグレードキャンペーン希望」と書くだけのようです。そうこれを見て僕は思いました、先に登録しなければ良かったと嘆く人がきっといるだろうにと(笑)それと、もしこの2機種でまだ登録してない方がいましたら、ダメモトで書いて送ってみましょう。それと、同じく、Performa5440、5420ユーザーもこの期間にユーザー登録すると、Avid Chinemaが3.5万円(これの単体販売価格は¥7万円だそうです)で購入出来るクーポンが送られてくるそうです。なんかユーザー登録をすぐに行うのはいけない事なのだろうか?と世間を疑っている今日この頃です。(笑)

アドテック社のメモリーには、メモリーの基盤に同社の名前が掘込まれているものは、基盤から自社で設計されたもので、メモリーに同社の名前のシールが貼ってあるタイプは、完全外注品だそうです。信頼正は前者の方が高いそうですが、どちらにしろ永久保証をうたっているので、問題はありませんが、中古を買う時の目安に覚えておくと良いと思います。

[1/27]
Linkclubの互換機デザインコンテストのスペシャルアドバイザーなどをなさっている、名古屋市立大学 芸術工学部教授である、川崎和男氏が主催する「MacAID基金」という障害者基金があることをマックサロンのHPで始めてしりました。で、具体的な活動やどのように参加出来るのかなどの、具体的な内容を知りたくて、教授の連絡先や基金に関するHPを探したのですが、発見出来ませんでした。どなたか知っていたらお知らせ下さい。

NIFTYが明日から33.6kbps対応「NIFTY-ROAD7」 の提供を開始するそうです。

にPerforma5xxxシリーズの事を書きましたが、アメリカのパフォーマHPですでにラインナップから外れてしまってますね。

Netscape社CEOのJim Barksdale氏による今後のAppleとのパートナーシップに関するプレスが公開されてました。Appleに自身にとってこれはかなり嬉しく感じているらしくホームページのトップにわざわざ上げられてます。

Apple の発表によると、1996 年 10〜12 月期における互換機の出荷台数(中間報告値)は総計 12 万台に達したそうで、同時期の互換機を含むマックの総出荷台数が 104.3 万台なので,全体の 1 割以上が互換機ということになります。また各社別の売り上げ実績も発表されていて、Power Computing は最初の1年で10万台を達成。Umaxは最初の半年で10万台を達成。Motorola は昨年の11月からの 1 ヶ月半で 4 万台出荷したそうです。(Apple Developer Newsより)

MacInNapNewsさんが更新を停止されました、お疲れさまでした。

[1/26]
MacinTouchによると、新型PowerMacではMacOS7.6.1でしか動かないと書かれています。という事は、やはりMacOS7.6は既存マック製品に対してのアップグレードとしての性格が強い事の現われですね。何故専用なのかは、それぞれが新型のマザーボードを採用しており、エナブラーを追加する必要があるのでしょう。それと、PowerMac4400でも該当機種となっているので、互換機メーカーで、Alkemyマザーボードを使用しているマック全ても同様だと言えると思います。という事で、IBMから供給される予定のMacOS7.6.Lは、MacOS7.6.1以上と同じだと推測出来ますね。

同じくMacinTouchでMacOS7.6がPowerMac9500/120で動かないという報告がされてます。ですが、9500/120には最初期にVC CARDが搭載された物や、まったくなにもないタイプの2つが存在し、その後ATIのCARDが標準搭載されてますが、どれが該当するのかが明確に記されていません。(Macintoshトラブルニュースにも関連情報があります)

AppleShare IP 5.0に関しての日本語プレスが公開されてますね。で、これがどのように便利になるかと言うと、もしあなたが別の友達の会社がインターネット接続を導入していて、何台かのマックでネットワークが構築されていて、そこにプリンターも共有されていたとします。そのプリンターをあなたのマックのセレクターで呼び出して、プリント出来るようになります。従来ではARA2.xを導入してAppleWorkGroupServerを導入する必要があり、その複雑さは並みのレベルではありませんでしたが、それが既存のGUIの操作からかけ離れる事なく行えるよう簡素化することに力をそそがれています。

[1/25]
国内でも新型マックが発売されるために、旧マック在庫処分が出始めてますね。一番目につくのが、PowerMac8500/150(25万円以下)で2月に買うと、180MHzに6万円アップグレードできるキャンペーンが付くみたいです。でも8500/180(33万以下)も処分対象品で、その差は8万円弱、という事はクーポンを手に入れて、2万円安く180MHzを買える事になるわけですが、きっとそのクーポンが交換対象になる頃には、あまりうまみがあるとは考えにくいですね。

MacynCool Loudさんが、なんと和製MacOS Rumorsを目指すんだそうです。でもそれなら紹介されるべきソフトなどは、当然日本語なんでしょうか?英語版では良くわからないですからね。それと、MacOS Rumor(そうか彼は17才だったのか)はかなりきわどい内容ですけど、3/1は間違っています。それを修正すべきなのかどうかは僕には関係ない話です(笑)でもMacWeekはAppleから優遇されてますね。だって名前が書ける!その対法務室の力関係は僕にはとうていできる事ではありません。(しようと思ってないけど^^;)Performa6500か.....。あとレベル1のベンダーに配られるMacOSのバージョンがどれだけまで進んでいるかなどあてにしてはいけませんよ。MacOS7.7-J?そりゃAppleには当然あるにきまってるでしょ?(笑)

今日は専用線のお話をしましょう。専用線とは、文字どおり、繋げた相手同士だけでその回線を使用する2者占有の権利を持った回線なんですけど、これ自体がインターネットだと思っている方がいるみたいで、説明しておきます。これはただのデジタル回線でそこをどんなデーターが流れようと回線会社には関係のない話なんです。え?だから何が言いたいのかって?電話回線やISDN回線は、契約者がその回線の線と占有的使用権を持つ事が出来ますよね。だってこちらが繋げたい相手が1人ではないですから、当然公衆としての権利は保証されるべきものです。でも専用線は、回線会社からしてみれば、契約を申し込んだ相手を借りにA社として繋げたい相手をB社とすると、回線会社からしてみれば、どちらも同じレベルに考えられるので、回線の占有的使用権と回線の占有的使用権に対する請求はどちらでもかまわないわけです。例えば、A社がB社に対して、専用線契約を結びたいと申し込んだとします。そこで出てくるのが回線業者のN社ですけど、ここに対して申し込むのはどちらでも本当はかまわないのですが、その内容をまったく知らない(普通は知るはずがない)A社はB社に依頼したとします。そうするとB社は委任を受けて、、回線の占有的使用権をA社に対してこう言います「どちらの占有的使用権にしましょう?」と、でももしこの回線をどちらか一方が辞めれば、事実上2者占有の条件は満たされなくなるので、これは単なる絵に書いた餅なわけです。そして次に「回線料の請求は当社が代行して請求書を発行させていただきます」普通なら別に不思議には思わないでしょう。でももしここで、最初に出てきた回線業者のN社ではなくて、別の回線業社だったら?そうそこで発生する差額はB社の利益になってしまうんですね。OCNでは発生しない話ですけど、もしあなたがOCN以外で専用線を引こうと思っている場合なら、自分で行って自分宛に回線使用料の請求は送ってもらいましょうね。な〜に難しい事ではありません、A社とB社との間に専用線を引く事を伝える電話をあなたがかけるか、相手がかけるかの違いでしかなく、後はどちらも業者まかせなのはかわりないですからね。(笑)

みなさんからの応援のメールいっぱい頂きました、心から感謝しています。

[1/24]
実家を継ぐ事に決めましたので、会社を辞める事になりました。家族の病気、自分自身の病気などいろいろ重なって悩み決断しました。よってこれからは専用線環境では無くなるため思うように更新出来なくなります。でも、これからも応援して下さいね。

Appleが新しいAlkemyのマザーボードを採用して発売する事になったPowerMac4400ですけど、これを今後も使用していくかどうか、はっきりとは決まっていないようです。また、旧体化しつつあるPerforma5xxxシリーズを大幅に見直し、新しいPerformaシリーズを考えているみたいです。加えて、Performa6420でバンドルされているApple1710AV モニターは、4月の新しいモニターと入れ替わって発売され直すようで、その際それだけでは、ユーザーは納得しないだろうから、クロックアップも検討されているみたいです。でもまだ確定したわけではありません。

MacIslandさんが、MacTechに付属したPowerMac BE OSを入手されて、その動作状況を報告されています。

Hideakiさんが、PC/AT互換機で動くマックエミュレーターの日本語解説のページを公開しています。

[1/23~1/21]
インフルエンザのためまったく更新出来ません、もうしばらくお待ち下さい。

modoru.gif[NEWSバックナンバー]
「Macintoshは米国アップルコンピュータ社の商標です」