November 1998 MACお宝鑑定団 
counter


株式会社オービット ミューズテクス事業部


act2


東海インターネット

1998/11/28

先日MacInTochなどが伝えていた話題で、アップルが登録した新しい商標登録の話しがありましたが、その3つのうち2つが実際ドメイン名として割り当てられていることがわかりました。どちらも現在はアップルのトップページに飛ぶように出来ていますが、ひょっとするとアップルは独自にポータルサイトを立ち上げようとしているのかもしれません?(RingoAlleyさん情報ありがとね)

http://www.myapple.com/
http://www.macmate.com/

昨日お伝えした現行マシンG3 MT300、333の販売終了に関して、DTは継続されるとお伝えしましたが、こちらもMT同様に販売終了となるようです。

読者の吉田さんからの情報によると、ラオックス仙台店で「MT300ありますか?」と店員に聞いたところ、「MTなんですが、来年はじめに新型が出るんで、おととい(24日)で生産が終了して2台しか入ってないんですよ。」との返事でした。「ヨセミテですか?」と聞いたら、「そうです。」って言われたそうです。

読者からの情報によれば、来年1月中旬頃から、なんらかの新しいキャンペーンが始まるようです。(詳しい情報を待ってます!)

MacWeek-Jによりますと、99年2月18日〜2月20日に幕張メッセにて開催される「MACWORLD Expo/Tokyo 99」の一般向け事前登録、およびウェブ上でのチケット販売が開始されているそうです。ちなみにチケット料金は2,000円 だそうです。(ちなみに今年もMACお宝鑑定団は出店する予定です)

Treasure Waysさんのページに、バード社が開発中のPowerBook G3 series用のインタークーラー台「インタークーラーG3」の開発レポートが画像付きで掲載されていました。またこの製品に関してのアンケートも行われています。会長のPB G3seriesの熱放熱効率(内部の熱移動率ではない)が悪く、通常の仕様ではないので当たり前ですが、333MHz改でMPU温度が80℃を超える当たりで不安定になります。(また再手術予定^^;)、でもファンの騒音によっては静冷台も捨てがたい、悩む会長、、(PBG3/300を使用されている方は、MPU温度を報告して下さいネ)

ジャストシステム社が、MacOS 8.5上でのATOK11 for Macintoshに関する動作確認状況をアナウンスしていました。えんぴつメニューに関してやMac OS 8.5をカスタムインストールされた方への注意事項などが併記されています。

MacOS Rumorsによれば、Christmas頃にPowerBook G3 DVD-Videoキット(倍速DVD-ROM拡張ベイ・ドライブ、DVD-Video PC Card、ビデオ・プレーヤー・ソフトウェアのセット?)が再び入手可能になるようだと伝えていました。ちなみに日本では来年から発売されることは公言されています。

カメオインタラクティブ社に読者の鈴木さんがシーケンスソフトのiMac対応状況を問い合わせたところ、「当社で扱っているシーケンスソフトは、各社コピープロテクトにキーディスクによるオーソライズ方式をとっており、そのあたりを含めiMac対応とはしていません」との回答がされたそうですが、MIDI関係の情報についても質問したら「USB対応のMIDI/AudioインターフェースはOpcodeから来月中旬にDATPortという商品が発売になります。」と回答されたそうです。Mac用の対応OMSがリリースされれば、晴れて保証対象内で、iMacでのDTM環境を構築することができるようです。

ImageXpress社から、ScanPrepPro 3.5.2 updateが配付されていました。

ヒューリンクス社から、コンフリクトキャッチャー8アップデータ 8.0.3が配付されていました。

BHA社から、B'sRecorder Pro for Macintosh Ver4.0.0〜4.0.3→Ver4.0.5が配付されていました。

ゲート社からColoIt!3.6J->3.6.1Jアップデータが配付されていました。



有限会社サイバーグルーヴ


Macintosh WIRE


亘香通商(株)

1998/11/27

COMTECHのページに、「 Apple G3 MT400 100MHz PCI 搭載機/1999/01」と掲載されていました。すでに案内が出ているのかも知れませんが、詳細は不明です。

上の件に関して読者からの情報によると、どうやらMTシリーズは今月末をもって出荷が終了するようです。となると来月12月は現在庫をもって終了となり、新年からは新しい機種へと移行するのではないか?とのことでした。なお、DTシリーズは継続されるようです。

ついにiMacが17万円を切った!パソコンショップ「レーダー」のおすすめ特売品コーナーでiMacが「168,800円」で販売されていました。またPB G3/300も60万を切っていました。(Mac通販生活さんより)

アップルが、ネットワークアプリケーションの開発・運用ツール「WebObjects」の最新版である「WebObjects 4」を11月30日より販売する(開発者版で198,000円から)と発表していました。 プレスには システムの運用条件としてWindows NT 4.0、Solaris 2.6、HP-UX 10.xと記載されており、MacOS X Server 1.0に関しては記載されていません(でも動きます)

ソフトフロント社が、インターネット/イントラネット対応のネットワーク付箋紙ソフトの新バージョン「NetStickies 3.0」(ネットスティッキーズ3.0)を11月26日から発売したと発表していました。

ソフトウェア・トウー社が、米国Extensis社の複雑な画像でも簡単に高品質の切り抜き作業を可能にするAdobe Photoshop用プラグイン「Extensis MaskPro 2.0J Macintosh & Windows 版」の取り扱いを開始したことをアナウンスしていました。12月下旬から79,800円で発売されるそうです。

12月3日(木)〜12月4日(金)にかけて「Mac Solution Circus'98 in関西」が開催されるそうです。ここでは現在未発表の新製品の多数展示が予定されているそうで、また、来場者プレゼントが行われる予定だそうです。なお、両日は特別セミナーも各4つ行われ、アップル社のセミナーを開かれる予定だそうです。

・Apple最新情報/アップルコンピュータ(株)講師名未定(12/3)
・Windowsとの親和性/接続性/アップルコンピュータ(株)飯嶋 睦氏(12/4)
・Ultra Wide SCSIのススメ/アップルコンピュータ(株)吉崎誠多氏(12/4)

iDee社が「The functional object 静冷台 for PowerBook G3 Series」の発売を11/30日から開始すると発表していました。またこの発売を記念して、PowerBook G3 Seriesを使いこなそうページとタイアップし、11月27日正午から11月29日まで「先行優待オンライン販売」を行うそうです。

AppleがHot NewsでPixarAnimation Studios製作のアニメ映画「A Bug's Life(アリの話し)」の予告編をQuickTimeムービーで紹介していました。

アップルがシステムエンジニアリングプログラムページで、「Apple Open System Reports No.27」を公開していました。またTechNoteも3つ新しく掲載されていました。

自動車雑誌 NAVI 1月号で、「エンスーな買物」(文・菊池仁志)に「”もう一回コンピューティングを”と思わせるアイマック」と題した内容が掲載されていているそうです。(シートベルト@WMUGさん、大山さん情報ありがとね)

MacNNによると、ixMicro社がハードウェアー部門の整理のために、大幅なリストラを行ったようだと読者が伝えてきたそうです。なおixMicro社は従業員数が57人の会社だそうです。

MacOS RumorsがP1に関する内容を更新していました。それによると、コンシューマーポータブル(P1)に関する最近のレポートには、そのスペックが少し首を傾げたくなるギャップに満ちていたそうです。300MHzのPowerPC G3(噂ではキャッシュレスの740もしくは750)、標準で32MBのSD-RAM(大容量のSO-DIMMなら最大320MBまで増設可能)、12インチらしい液晶ディスプレイ(解像度はプロトタイプによってまちまちで、1024x768を目標に開発されているが、832x624になりそうだ)、2MBのATI製グラフィックチップで、最大1024x768までの解像度をサポート、4GBのATA-3(注意:Ultra-ATAのこと?)IDEハードディスクを搭載(最大スループットが16.6MB/sec)これが200MBbpsの外付けFireWireハードディスクに置き換わるかもしれないが、FireWireのコントロールチップはAppleにとって高価ではないが、ドライブのコストが高すぎて、P1の目指す価格帯には収まらない可能性が高いそうです。また「Data PCS」と呼ばれている、ワイヤレスネットワーキング通信を装備しており最大到達距離は25マイル、伝送速度も十分に高速で、条件によるが最大10Mbpsに 迫るものだそうです。また100base-T Ethernetを搭載、1もしくは2基のUSBポート、2基の200Mbps FIreWireポート、ビデオ出力はなし。でもP1のFireWireポートからビデオ出力できるソフトが発売後すぐにリリースされるし、そこにS-Videoアダプターを付ければ問題なし、とのこと。CardBusスロットは出荷前に廃止されるかもしれないが、最終的にはまだわからない。20倍速CD-ROMとDVD-ROMはオプションになるだろうとしています。また価格については、C1(iMac)がそろそろ値下げされるようなので、その頃のiMacが$1000くらいだとしたら、P1は$1200程度ではないかと推測していました。(Nankoさん情報ありがとね)

アップルデベロッパーページにある「FireWire」に関する内容を今年中に一読して下さい。来年初頭にはきっと役に立ちます。

MacNNによると、PowerMac用のソフトウェアーDVD再生ソフト、DVD-Player 0.90b1 が配付されているそうです。当然DVD Driveが必要ですが、普通に再生するためにはG3/266MHz以上の環境が必要のようです。フルスクリーンモードとかで快適に見るためには、ハードウェアーエンコーダを使用した方が良いと思います。

アップルが Apple ネットワークアシスタント 3.5 評価版を配布していました。

アップルがAppleShare Client J-3.8.1 日本語版を配付していました。

アップルがG3 CD Update 1.0を配付していました。

先日ノミネートしていた日経ネットナビ企画「ホームページ大王1999」(ノミネート数3,000、投票数6万1000票)において、MACお宝鑑定団が798票を獲得し、第9位となり「パソコン・インターネット部門賞」を受賞しました。投票してくれた方々にこの場を借りてお礼申し上げます。(義兄弟は第3位だったそうです。)

昨日オープンしたLAOX仙台店で、Twentieth Anniversary Macintoshが10台限定で、198,000円で売られていたらしい。スマートローンで購入したかった、、、(吉田さん情報ありがとね)

Appleスマートローンの宣伝はTVだけでは全然浸透してません。このローンの話しをしただけで5人買ってくれました。(わざわざ客を見つけてきてくれる人まで現れています)会長は、TV CMじゃなくて、地方朝刊新聞半面広告を1度行ったほうが良いと思います。(朝日新聞だけでは、認知度が低いです)

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・サルにもわかるMacOS8.5/ジャパンミックス ¥1,700(4-88321-540-7)
・インターネット護身術/毎日コミュニケーションズ ¥2,000(4-8399-0091-4)
・標準DTP出力講座 フォント攻略編/翔泳社 ¥3,000(4-88135-686-0)



Amulet


有限会社ブイロジック


Shop IPS

1998/11/26

ピカード艦長は伝えました。「私は一つの謎を解くための手掛りを欲しています。」それは下の中に隠された番号を探し出すことにより近いです。すでにCAC、PAC、PHLに続く4つ目のセンターは始動するために鼓動を初めています。それはQ1末か少なくともQ2までには解答されるつもりです。この答えを探し出す力を与えて下さい。

http://store2.apple.com/XX-XXXX-XXXX/WebObjects/AppleStoreJapan

Appleが「iMac Buyer Profile Survey」と題して、iMac購入に関するアンケート調査をおこなっていました。日本語によるページもありますが、文字化けがひどくて内容を理解するのにかなり苦労させられます。ちゃんと直しておくように!(林さん情報ありがとね)

Newsweek.comが「The Apples of Their Eyes」という痛快な文章が掲載されていました。会社でMacを使用している人は少ないかもしれないが、AppleのMacやPowerBookは今年34のテレビ番組と120の映画に登場したのに、IBMのマシンはたった20のテレビ番組と22の映画にしか登場していないので、その事実が本当だとは誰もわからないだろうと語っています。そしてまた、それらを町行くウォール街の人が何と言おうとマックが「クール」な存在で、そういったテレビ番組や映画に似合うからだと言い放っています。(SimpleMacさん情報ありがとね)

先日Tak氏によって開腹手術を受け、めでたく333MHz化したPowerBook G3 seriesに関して、Tak氏のページ「MYSTIC ROOM」で詳しく手術内容が解説されていました。(なお、この内容を英訳してくれる方を募集中だそうです)

MacOS RumorsがP1に関しての無線を使用したインターネット技術に関して、ある読者がデータラジオバンドに関する申請をすでに済ませていると教えてくれたことを報告していました。(Panasonicの携帯電話オプションノートって魅力感じる?)また、YosemiteのFireWireは2つあるらしいです。(Ultras SCSIとFireWireとのコピー転送速度のデモを繰り返しているという噂あり)

JUSTSYSTEMS社が、iMacやMacOS 8.5に対応した、ATOK 12 for Macintosh(9,800円)を来年2月5日に発売すると発表していました。文脈解析変換がさらに進化して、指示語にも対応し、慣用句・仮名遣いの誤りもチェックする校正支援「JUST MEDDLER2」を装備、文脈から適切な冠数詞・助数詞を判断し、また入力コストを削減する省入力機能なども装備しているそうです。

ピクセラ社が、USBインターフェースからデジタルカメラなどに使用されているCFカードのファイルを転送できるCFカードリーダ「PX-iM for USB(14,800円)」を12月4日から出荷すると発表していました。デバイスドライバはWindows版も添付されているそうです。

亘香通商が11月22日から来年1月15日までの期間中に、直営店SOFTLANDで1万円以上お買い上げの方の中から抽選で、Panasonic社製DVD-RAMドライブ「LF-D100JA」と、OLYMPUS社製デジタルカメラ「CAMEDIA C-900 ZOOM」をそれぞれ1名にプレゼントするキャンペーンを行っていました。

act2が11月25日と26日の2日間、ラオックス仙台店オープン記念イベントに出店し「Spring Cleanning 2.0J」「StuffIt Deluxe 4.5J」「Action Files 1.1J」「 AladdinFlashBack 1.1J」などのデモに加えて、さらに最新版「StuffIt Deluxe 5.0J」のデモを行なうと発表していました。なお先着50名に、もれなくACTION Files 試用版/act2 Service Pack 2 CDがプレゼントされるそうです。(いいな〜仙台^^;)

MacWarehouseでIXMICRO社製の高速2D/3Dグラフィックカード「IXMICRO Ultimate Rez 8M」が、なんと!79ドルで販売されているそうです(12インチサイズですので、Performaなどの機種には搭載出来ません)。バルクかもしれないけど、この値段なら問題ないっす。(Mac日記の日々さんより)

MacNNによりますと、AppleがMacworld EXPO SF 99で噂のYosemiteマシンが発表されると伝えていました。それによると、未来を感じさせるケース、100MHz BUS、より高速なG3、FireWire、USB、3つのPCIスロット、IDE Drive、新しいグラフィックアクセラレータチップを搭載しているそうです。ただ、この製品は発表されてから、30〜45日以降店頭出荷されるようです。そのためいくつかのリセラーは既存のデスクトップマシンの在庫切れが起きるかもしれないと話しているようです。

Mac the Knife「Pilgrim's progress」によると、Adobe社のQuarkキラーソフトと言われているコードネームK2は、正式名称が「InDesign」と呼ばれるらしいと伝えていました。また冒頭の文で新しいApple Studio MonitorはFinal Cutのためといった内容も伝えていました。

すでにIKESHOPで展示されている「The functional object 静冷台 for PowerBook G3 Series」を企画・製造したideeがページを発足させ、そこに画像が置かれていました。なかなかデザイン的によさそうなので、買ってしまいそうな気がしてます。

ZDNet-Jが、America Online社、Netscape Communications社、Sun Microsystems社の幹部が同席して記者会見を行ったそうで、その内容を伝えていました。「コンピュータがあろうとなかろうと,どこからでもインターネットと電子メールにアクセス可能な高度にネットワーク化が進んだ世界。そこではオンラインでの物の売り買いが,かつてないほど簡単に行える」だそうです。

Core Developmentのページで、MacOS 8.5アピアランステーマに対応したDrawing Board theme が、なぜかダウンロード出来るようになっていました?

AppleがAppleShare IP 6.xで、「Winnuke」というアタックによる問題を解消するためのアップデータ、AppleShare IP 6 Web & File Update 1.0を配付していました。

STF Technology社から、FAXstf Pro 5.0日本語版、FAXstf Home Edition 5.0(Appleバンドル版を含む)日本語版、FAXstf 3.2 (OEM版含む)日本語版用として、それぞれのプロファイルデータ最新版が配付されていました。

Sonnet Technology社から、Crescendo Installer v1.2.7Sonnet Crescendo v1.2.7 Utilityが配付されていました。

インタウェア社が、Mac OS 8.5 日本語版に正式対応したCinemaGear用最新ドライバーv1.5.2DV CinemaGear用最新ドライバーv1.1b1を配付していました。

エルゴソフト社から、すぐれ筆'99 アップデータVer.3.1.0が配付されていました。

ミノルタ販売から、 Dimage Scan Dual Macintosh版 Ver.2.0Jが配付されていました。(Media Debugger Newsより)

今日WARNER MUSIC JAPANから、DJ 木村 コウのノンストップMIX CD「Mix Work Vol.2(\3,400)」が発売されま〜す。買ってあげてネ。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・Word98パーフェクトリファレンス for Macintosh/アスキー ¥2,800(4-7561-2025-3)



パソコンの館 仙台店


インフィニシス社 After Dark 4.5J


株式会社企画室ゆう「PLUS YU iMac Order Desk」

1998/11/25

America Online社がNetscape Communications社を42億ドルで買収したことを正式に発表していました。これでAmerica Online社が行った大手買収はCompuServe、Digital City、ICQ、続いて4つめとなります。また合わせてAmerica Online社はSun Microsystems社と3年間に渡る提携を結び、エレクトロニックコマース関連製品の開発・販売で協力することも発表していました。この買収に関してMicrosoft社のWilliam H. Neukom氏が、ソフトウェア産業の状況が厳しいものであることを示しているとコメントしています。でも「もはや司法省の訴訟は必要ないもの」とかも述べられています。(マーク・アンドリーセンが長期休暇を取ったのはこのためなのか?)

アップルが、MacOS日本語版開発チームのソフトウェアーエンジニア達による情報ページ「Engineer DIRECT」ページを公開していました。ことえり、日本語トークナイザ、日本語解析、日本語フォントなどについて解説しまたQ&Aも掲載されています。こういった情報がオープンになってゆくことは大変素晴らしいと思います。

あの噂情報ページRealityがApple Insiderとして復活していました。Apple Final Cut Pro 1.0と最新版 MacOS X Serverに関して画像付きで掲載していました。Final Cutはまったく新しいインターフェイスを採用しているようです。またMac OS X Serverに関して、Workspace Manager画像が隠しファイルとしてそっと置かれていました。(Nankoさん情報ありがとね)

MacTimesによるとMacTell社がG3アップグレードカード「G3 PowerJolt」と「G3 PowerJolt Pro」に新しく400MHz版を加え、従来製品の値下げを発表したと伝えていました。

MacWeekによりますと、PointCast社がマックユーザーの利用者低下に伴い、マック版の配付と開発を中止するとPointCast社のスポークスマンが語ったことを伝えていました。既存のユーザーに対してはWEB上でのサービス「Entry Point」を勧めるそうです。(会長も使ったことありません^^;)

MacInTouchによると、Appleが「MYAPPLE(my apple)」「MACMATE」「WEBMATE」という名前の商標登録申請を行ったそうです。コンシュマーポータブルの名前はこれなのかもしれませんネ。

AppleのDesign & Publishingページに、ホームページデザインに関する数々の解説書を執筆しているLynda Weinman.女史(ファン多いよね)、Beehive社のJon Vesey氏、Fantagraphics BooksのアートディレクターDan Dean氏などへのインタビューが掲載されていました。

日経エレクトロニクスによれば、アメリカのパソコン市場において低所得者が新規ユーザの半数を占める人気ブランドの1位はIBMで2位がApple だったという結果が、米調査会社MarketMaps社と米CENTRIS社から報告されていると伝えていました。

平和島競艇場のページで、「SG第1回競艇王チャレンジカップ競走」(平成10年11月24日〜29日)が開催される競艇場名を当てるオープン懸賞クイズが行われていました。そこにはiMacが3台賞品と記されています。なお、応募はハガキのみのようです。

日経MAC.COMがMACにおけるOpen GLについて簡単な解説を掲載していました。「Open GLっていったいなんなの?」と思っている方には理解しやすいと思います。

PC WatchCOMDEX/Fall会場レポート8に、SONYがSMAP(Single Media Activated Platform)を提案し、MD dataを使用したコンセプトマシンを展示していたそうです。すでにSONYは未来にJavaを見据えている?

Come On Music社から、Mac用シーケンスソフト「Ortina」の最新バージョン1.07が配布(1.05ユーザー対象)されていました。(西野さん情報ありがとね)

Software Architects社が、DVD-RAM TuneUp 1.0.4 UpdataCD/DVD Drive TuneUp 2.0.2 Updataを配付していました。

PINNACLE SYSTEMS社から、miroMOTION DC30plus Drivers ver 1.1.3が配付されていました。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・3Dフォトリアリズム・ツールキット/ソフトバンク ¥3,800(4-7973-0765-X)



PDAショップ、Vis-a-Vis(ビザビ)


パソコン関連書籍宅配便


ケミカル・リサーチ株式会社

1998/11/24

Mac通販生活さんによると、秋葉原のパソコンショップ「OTTO」が、旧型iMac(M6709J/A)を173,800円、現行機種PowerBook G3 series 300/14TFT(M7112J/A)を599,800円、で販売しているそうです。(旧タイプとはいえ、値下げされているのは初めて見ました。)

Appleが12月8〜11日にかけてシアトルで行われる教育関連のカンファレンス「CAUSE 98」において、12月9日午前8時から基調講演を行うと発表していました。下に書かれているセッションを見る限り、WebObjects、Java、QuickTime、Apple Network Administrators Toolkitなどの紹介を行うと予想されます。(もっとも当日まで内容は誰にもわかりませんが^^;)

MacTimesによりますと、Newer Technology社がG3製品を最大$450値下げしたそうです。またNUpowrG3 upgradeに2つの新しい製品が加わるようです。

MacOS Rumorsが新たにP1に関する内容を伝えていました。それによると、内蔵モデムとEthernetとは別に携帯電話コネクションボードを追加出来るようになっていたようだと伝えていました(価格が見合わないので中止されたらしいです)。またPCMCIAポートと少くとも832x624表示が出来る11インチ液晶、32 MB SDRAM、2 GBHD、USBシリアル、そしてFirewireの仕様だと伝えていました。そしてこの製品の価格目標がおよそ$1000($1200かもしれない)と予想されるとのことです。またEl Capitanケースに関する情報も掲載されています(抽象的すぎてよくわかりませんでした)

朝日新聞が時事通信が伝えた内容として、 23日発売の米誌ニューズウィーク最新号や米紙ウォール・ストリート・ジャーナル電子版に、America On Line社がNetscape社を40億ドルで買収すると発表するようです。またSun microsystems社がNetscape社の技術を使って企業向けソフト開発・販売を手掛ける見返りに、America On Line社に対して手数料を払うことでも合意する見通しだと伝えているそうです。(野田さん情報ありがとね)

ZDNet-Jによると、Netscape社がAmerica Online社と交渉中であることは認めたが、まだ合意には至っていないと述べたと伝えていました。

中部圏のFM局 ZIP-FMで、11/23(Mon)〜11/29(Sun)にかけて「LUCKY 7 DAYS」というプレゼントキャンペーンを行っているそうで、そのプレゼント商品としてiMacが含まれていました。(Kanoh Tさん情報ありがとね)

現在レンタルが開始されている「lain」というアニメビデオに関して、ここに登場するパソコンが、NAVIと呼ばれ、そのOSの名前が「Corpland Enterprise OS」と付けられているそうです。また、主人公の父親のパソコン画面は、間違いなくNEXT風だそうです、更に、第11話では、唐突に「Think Different」の文字が飛び交っているそうです。(Arironさん情報ありがとね)

今秋葉原のIKESHOPで、「The functional object 静冷台 for PowerBook G3 Series」というのが展示されているそうです。ファンがなく、アルミの切削でできており、適度な傾斜もついていて、タイプしやすいそうです。またそのIKESHOPで早くも話題のSHARP Windows CEマシンMobilon Tripad PV-6000が、148,000円で販売されていました。(PowerBook G3 Seriesさん情報ありがとね)

Caere社から、OmniPage Pro 8.0 Scanner Support Updaterが配付されていました。

FUJIFILM社から、ピクトログラフィープラグインPG4000 Ver.2.0.1J for Macintoshが配付されていました。(義兄弟より)

とうとう買ってしまったPowerBook G3 series 292/14TFT(WallStreet)ですが、即Tak氏によって開腹手術が施され、晴れて333MHz化してしましました。(笑)バスクロックを通常の83MHzから66MHzに下げたことにより、熱発生が少し抑制されているようです。しかし長時間使用を考えて、MPUにかぶさっている専用ヒートシンクと放熱プレートの間にあるシリコンラバーを、シリコングリスでサンドイッチにした銅プレート(0.6t)に換えてあります。ということでさっそくSystemInfo4.0Jのベンチデータを用意しました。いろいろ比べて遊んで下さい。詳しい内容は後日MYSTIC ROOMで報告されると思います。(ただ単純に最速PBの名を保ちたかっただけという噂^^;)

PowerBook G3Series 333改/14(TFT)

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・Director6.5Jによるコンテンツ作成テクニック/エーアイ出版 ¥3,500(4-87193-653-8)
・Photoshop5.0ポケットリファレンス for Mac/技術評論社 ¥1,690(4-7741-0672-0)



1998/11/23

Cnet news.comが伝えるところによると、JavaをめぐるSunとの訴訟で、連邦地裁が出した「SunのJava互換テストにパスしない限り、Sunを著作権保有者とするコードを含んだ、あらゆるOS、ブラウザ,ソフトウェア開発ツールの提供を禁止する仮差し止め命令」(ZDNet参照)に従い、Microsoft社がInternet Explorer 4.x for the MacintoshとInternet Explorer 4.x for UNIXからJava Virtual Machineを外して配付すると発表したと伝えていました。この件に関してMicrosoft社のスポークスマン Jim Cullinan氏は、MacOSやUNIX上でInternet Explorer 4.xがJavaをサポートしないわけでなくMacOSやUNIXなどのJavaテクノロジーはサポートされると説明しています。しかし、Java Virtual Machine環境が無い場合には触れなかったそうです。

MacinTouchによれば、AppleStoreのBTOからIXMicro社のvideo card類が外れているそうです。

12月13日(日)に大阪天六の「ten6/d'Box」において、「第7回 デジタルフリーマーケット」が開催されるそうです。MACお宝鑑定団 No.16のIMAGINE隊員も「BATHROOM」として出店するそうです。

MacOS 8.5 reportページを更新しました。

MACOTISHさんが、NewerのNUpowr G3 2400/240を使用して、元のバスクロックを50MHzまで上げて、一瞬275MHzまで達したという実験結果を先月紹介されていましが(安定するのは264MHz(48MHz)だそうです)そのベンチデータをインタウェア社が発表したPB2400 Booster G3/320のベンチマークデータと比較した内容を掲載されていました。(きっとNUpowr G3 2400/320なら400MHz化しそうな気がする。銅はすごいかも、、、)

月刊ASCII 12月号に「Unicodeはこうやって決まっていく」という対談記事が掲載されていました。登場者の中にアップルの木田氏もいます。なかなか勉強になる内容でした。(定期購読切れちゃってたから、知るのが遅くなってしまった^^;)

PowerBook G3 seriesなどをMacOS 8.5で使用しているならば、一度モニタ & サウンドコントロールパネルのカラー設定で、通常表示される同機種名のColorSync特性を選択されていたら、すぐ下のモニター調整アシスタントを行ってみることをお薦めします。その手順の5つ目に表示されるモニター・カラー特性をしっかり該当機種名で設定し、最終段階で特性ファイルを適当な名前で作成保存してみましょう。その後ColorSyncコントロールパネルのシステム特性の設定部分で、先程保存したファイルを選択します。こうすると通常出来ないはずのモニターカラー深度の微調整が行え、かなり白飛びしない状況になると思います。あまり標準で用意されたものを信用しないことがベターなTipsでした(笑)。また近いことはAdobeガンマでも可能です。

マイクロソフト社から、Microsoft PowerPoint Viewer 98日本語版が配付されていました。

セイコーエプソン社から、PM-770C Mac用ドライバDriver Ver.5.55Jが配付されていました。

なんと!Columbusのモジュールには、システムバス100MHz設定がすでに備わっているらしい。後はあれを待つだけか、、、、、



1998/11/22

イスラエルのベンチャー企業バビロン社が現在評価版としてWindowsプラットフォーム向けに無償で配付している翻訳ツール「バビロン」に関して、「バビロン・MACバージョン」に対しての需要がどれほど期待出来るのかを調査するためのアンケートを行っていました。結果によってはMac版が出るかもしれません。(ゲンさん情報ありがとね)

eMediaweeklyが伝えるところによると、AppleがMACROMEDIAから買収したと言われている、マルチメディアエディットソフトウェアー「Final Cut」が、Appleの中で最終段階のβ版にはいってきていると情報筋が伝えてきたと掲載していました。それによれると、Apple Final Cutとして5月に発表され、9月に最終段階としてのApple Final Cut Proとして出荷されるようだとしています。どうやらFireWireをビルトしたマシン向けに出荷されるようです。

MacInTouchに読者からの情報として、来年のMacworld SF EXPO 99で新しいコンピュータと、新しいQuickTime製品が発表されるようだ、と伝えてきたことが掲載されていました。(なぜあえて読者なのか?)

MacOS RumorsがYosemiteマザーには、最大400 Mbps速度を持ったFireWire BUSを採用したかもしれないと伝えていました。これは昔Appleが提唱したFireWire規格の「100 Mbps(98.304 Mbps)」「200 Mbps(196.608 Mbps)」「400 Mbps(393.216 Mbps)」という段階を追った速度向上の最終速度に達します。(現在はもっとロードマップが引かれています)おそらくFireWire 1.2ドライバーの開発が終了したのかもしれません。

O'GradysPowerPage'sによると、LombardとP1はATI RAGE 128を搭載しているかもしれないそうです。またiMacにもRAGE 128が搭載されるのでは?という読者の間で話題になっているそうです。(会長は後にRAGE 128 LTとかが出るような気がしてます)

MacTimesがiMacの今後の仕様変更を予測していました。それによれば、SF EXPOでRev. CのG3/266MHzか64MB増設仕様のどちらかが出て、4月が5月にロジックアナライザーの下側に64MBが増設されたRev. Dが登場し、発売からちょうど1年を迎える8月15日にRev. Eと呼ぶG3/300MHz版が登場するだろうとのことです。どうなんでしょうかね?(仕様変更は売れなくなってきた時のカンフル剤のように考えているようにしか思えません。だいたい2〜3ヶ月ペースということです。)

Mac the Fork「Max」が更新されていました。

InfoWaveが、StyleScriptでプリントすると、MacOS 8.5でType12エラーが起きる問題を修正するパッチデータSS3.8OS8.5fixerを配付していました。

NTT-TE TOKYOから、MN128-mini用ファームウェアVer1.10が配付されていました。(義兄弟より)




.
.

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club.
All rights reserved. Site design by BRESTO, Inc.
「Macintoshは米国アップルコンピュータ社の商標です」
GigaHit