December 1998 MACお宝鑑定団 

counter



PDAショップ、Vis-a-Vis(ビザビ)


パソコン関連書籍宅配便


ケミカル・リサーチ株式会社


1998/12/05

AppleがMatsushita社(Panasonic)に、AppleからFireWire技術(IEEE 1394)とロゴの商標権をライセンスすることになったと発表していました。これで事実上SONYが提唱している「i.LINK」というDV端子の呼び名に対抗することになりそうです。でも「HAVi」とかは認証するのかな?

VimageStoreVimage Vpower for 55xx、65xx、20th Anniversary Macのアナウンスが掲載されていました。このGazzele用G3アップグレードカードのクロックは325MHzとなるようです。また、54xx、64xxシリーズのAlchemyマザーでは、320MHzで動作するもようです。国内ではインタウェア社からBOOSTER 64・54 G3/240としてAlchemy用に240MHz版が発売されていますので、この上位製品となるもようです。Spartacusユーザーの署名活動がようやく実を結びそうです。(ぱぶろさん、Wakiyamaさん情報ありがとね)

Newer製品専門の通販会社「Upgrade One」で、昨日から最大30%の値下げがされているようです。MAXpowr G3 220/512/105-Jが¥49,800、MAXpowr G3 300/512/150-Jが¥82,800とかなりの値下げとなっているようです。すでにアメリカでは値下げがなされているので、それが日本でも行なわれたと思って良いと思います。(けんたろうさん情報ありがとね)

産經新聞のページに「ジム・カールトンの「アップル」を読む」と題した内容が掲載されていました。この記事を書いている亀村氏は、結構インターネットにはまっている人みたいです。だって「Appleここだけの話」とかも読んでるもん。(佐藤さん情報ありがとね)

昨日付けの毎日新聞夕刊一面に、経済部記者25人が選んだ98年のヒット、ベスト10の中で、i Macが第3位に選ばれてました。「アップルコンピュータ社が今夏発売したデスクトップパソコン。デザイン、高性能、低価格などが受け、同社の救世主に。」と、コメントが付けられてました。(水田さん情報ありがとね)

MacinTouchによると、Appleが日曜日にPowerBook G3 seriesの価格を値下げするようだと伝えていました。PowerBook G3/233で$260(30万くらいになる)、PowerBook G3/300+DVDで$525(53万くらいになる)の値下げとなるもようです。

AppleInsiderに、Mac OS 8.5.1のスニークプレビューが、画像付きで掲載されていました。Sherlock、AppleScript、DriveSetupなどがアップデートされ、それ以外にもバグフィックスがなされるようです。ちなみに容量は1.4MBだそうです。(たんなるバグ解消データというわけですね)

AppleInsiderYosemiteに関する情報をスペックを中心に掲載していました。すでにいろいろ噂されている内容と比べると、この内容が一番現実的のような気がします。ポイントとしては、このYosemiteマザーに搭載されるMotorola社製の300〜400MHzのPowerPCを「Goldfinger」と呼ぶそうです。またクロックバリエーションは300MHz、350MHz、400MHzの3つで、全て100MHz BUSで動作しているらしいです。またグラフィックはATI RAGE LG 128を搭載したカードが、66MHz バスクロックのPCI BUSに搭載されていて、新しいサウンドシステムを装備しているらしいです。

赤いiMacに関してですが、大阪大学生協ではなく、京都大学生協のチラシに記載されていたことが判明しました。そのチラシには「赤いマック12月発売予定、但し限定品で入荷見込みほとんどなし」と記載されています。そのチラシの画像を入手しました。またこの件に関して店員の方の話しでは、「赤いのはiMacである、スペックや値段は不明、今月出るかどうかも実は確実ではない、もうすぐアップルから発表があると思う。情報が入り次第詳しい掲示を出す。」と曖昧に回答されているようです。この情報がどこからもたらされたのかは不明ですが、続報が入り次第お知らせいたします。なお、この赤いiMacの話題は、以前Mac the Knife「akaiMac?」で触れられています。(別府さん、吉田さん情報ありがとね)

カメオインタラクティブ社が、ユーザー向けのメールニュースの中で、iMacなどのUSBポートに対応したインターフェイス「DATport」は、12月末頃の発売を予定しており、Macintosh対応版は99年初めにリリースが予定がされているOS8.6(仮称)から対応予定であるとアナウンスされていました。(prephlexさん情報ありがとね)

3com社から、 Palm MacPac Version 2 Beta が配付されていました。

AppleがApple GameSprockets 1.5を配付していました。内容は1日にデベロッパー向けに新しく配付されたものをパックにした物のようです。

Pangea Software社から、Nanosaur 1.0.9b1 Updateが配付されていました。(iMac版とされているのは、レビジョンAの方が対象ですので注意して下さい。)

Aladdin Systems社から、StuffIt Deluxe 5.0 to 5.0.1 Updaterが配付されていました。

Agenda社から、宛名職人 Ver.6 最新ファイルセット(12/4更新)が配付されていました。

まつもと社から、Jterm3.0用モデムデータとして、 iMac 56K内蔵モデム、SII PHS DATA 32Sが追加されて配付してました。

今日、夜PM7:00から熱く盛り上がりましょう!!



act2


東海インターネット


有限会社サイバーグルーヴ


1998/12/04

フォーカルポイントコンピュータ社が、iMacのロジックボード上にあるMazzanineスロットに差し込み、シリアルポート&モニターポートを追加するGriffinTechnology社製拡張ボード「iPort」を、12/10より出荷開始予定とアナウンスされていました。(現在はその該当内容がありません。)なお、すでに同社ではGriffinTechnology社の「iMate」を取り扱っています。(大野さん情報ありがとね)

Chinese Macintosh News Centralによると、MACSENSE社がiMacに付属するUSBマウスを、Apple Desktop Bus Mouse IIのように使用するための「iCatch」というアジャスターをMacSense社が試作していると伝えていました。

読者からの情報によると、大阪大学の学生生協のチラシで、赤いマックが12月限定発売と書かれていたという情報が寄せられました。しかしかなり懐疑的に思えますので、もしそれらチラシ情報をお知らせいただくと嬉しいです。

Apple Insiderが昔AppleがPowerTalkテクノロジーで提供していた暗号サービスが、MacOS 8.6でKeychain Managerとして復活すると画像ともに独占スニークプレビューしていました。どうやらこれは数週間前にシードデベロッパーに対して、Keychain SDKとして配付された物のようです。設定等はKeychain Accessコントロールパネルから簡単に設定できるようです。またMacWeekが伝えたMacOS 8.5.1Updateに関して、10日以内にはリリースされるかもしれないと予測していました。

DIME(12/17号、No24)に、「’99注目商品・全予想」特集で「アップル、次の一手」という副題で、次期パワーブックの予想図が掲載されていました。2400をiMac風に着色した謎なイラストで、それから「パームパイロット」にアップルマークをつけてスケルトンにした製品が出るかも知れない、と書かれていました。(金子さん情報ありがとね)

ZDNet-Jが伝えるところによると、Appleが今月中にもいくつかのバグを解消するためのMacOS 8.5.1 Updateを配付するようだと伝えていました。元記事によると、Drive Setup 1.6.2で起こるパーティションに関する問題、AppleScriptメモリリークの問題、FileMakerProで拡張フォーマットを使用するとメモリーエラーになる問題、ADBデバイスを使用するサードパーティー製品(ジィスティックやドングル)が使用できない問題、SherlockのFireWall問題、などを解消するためだと記されています。

3com社が、Palm VIIを発表していました。無線接続機能によって、インターネットなどのネットワーキングアクセスが可能だそうです。

AppleがTILに昨日アップしていた、MacOS 8.5はPower Computingをサポートしないとした内容が消されていました。

YAHOO! JAPANで、3人のサンタクロースというクリスマスプレゼント(12/25まで)を行なっていました。Kodak社製デジタルカメラ DC260ZOOMなどが当たるそうです。

iMacが装備しているポート類は、新しいアップルが提唱する事実上の標準仕様と定義されたと見て間違いないらしい。とうぜんその上位に位置するNew Fast G3 Macintoshはそれらポートを全て装備している。さらにハイエンドユーザーのために、いくつかの機能が付加されていると考えるとスッキリするようだ。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・Logicハイパー・リファレンス/ドレミ楽譜出版 ¥2,000(4-8108-9623-4)



Macintosh WIRE


亘香通商(株)


有限会社ブイロジック


1998/12/03

突然ですが、来る12月05日にMACお宝鑑定団の御当地名古屋において、日本のマック情報ページMacTreeさんが運営されているMacTree-MLと、最近MacOS 8.5発売記念イベントで大ブレークしたスタンプラリーを主催したMacお仲間探偵団と、MACお宝鑑定団(義兄弟である新し物好きのダウンロ〜ドも参加予定)との合同交流会を開催いたします。この交流会を御支援、御協力下さった各企業をここで御案内させていただきます。我々は大変感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます!(この会への参加に関しては、すでに締切らせていただいております。御了承下さい。)

株式会社アイ・オー・データ機器 株式会社アジェンダ
America OnLine Japan 株式会社インタウェア
市川ソフトラボラトリー エー・アイ・ソフト株式会社
エクス・ツールス株式会社 株式会社エムエスエイ
株式会社エルゴソフト 株式会社オーディオテクニカ
クォークジャパン株式会社 Good Will
セイコーエプソン株式会社 株式会社ソフトウェア・トゥー
ダイナラブ・ジャパン株式会社 株式会社ディストーム
有限会社電机本舗 Newer Technology Inc.
有限会社 パスカル 株式会社 ヒューリンクス
マイクロソフト株式会社 株式会社 毎日コミュニケーションズ
株式会社まつもと 株式会社メディアヴィジョン
株式会社モリサワ MELCO inc.
UMAX DATA SYSTEMS JAPAN REUDO株式会社


MacTimesが元Mac Home Journal編集長で、現在Apple Worldwide Developer Relations Senior Marketing Programs Manager Ed Prasek氏に対して行なったインタビューを掲載していました。Appleが現在Macworld EXPO SF '99に間に合うように、Macintosh Product GuideをFileMaker Runtimeを使用して閲覧することが出来るCD-ROMを製作中であることが述べられていました。(このことだけしか話していない、セールストークに近い印象を受けます)このCDは10万枚配付されるようです。どうやらこれがデベロッパーページで呼びかけていた「Ads on Macintosh Products Guide Website and CD」のことのようです。

インテリジェンス社が、iMacが当たるキャリア・アンケート(12/13まで)を行なっていました。(林檎中毒さん情報ありがとね)

インターネットで使える電子クレジット「アコシス」が実用化されて2周年になるのを記念して、Apple Studio ディスプレイなどが当たる、プレゼントクイズキャンペーン(12月末まで)を行なっていました。なお、応募するにはご自分のメールアドレスに「acosis Newsletter」が配信されることに同意することが条件となっています。(林檎中毒さん情報ありがとね)

Web Desktopさんが、PowerBook 2400 G3での発熱問題に関して「削り」による対策方法を掲載されていました。

MacOS RumorsがYosemiteに関する内容を詳しく伝えていました。それによるとYosemiteは33MB/sec(264Mbps)のUltraDMAを内蔵ハードディスク用のバスとし、同様にCD/DVDや他のドライバ用にはATA-3の追加バスを備えているようです。しかし、Yosemiteはまた100,200,そして400MbpsのバススピードをサポートしたFireWireのオプション(注意:PCIカードのこと?)もいくつか用意しているだろうとのこと。この中で最も安価なカードは、2基の外部ポートを備えており、また別の可能なモノでは1基の内部ポートと、匡体の前面に2基の外部ポートを備えることができるかもしれないと伝えていました(たぶんPERCHのことだと思います)。情報筋の報告によれば、オンボード上にUltraDMAを採用しているYosemiteが叩き出す性能は、現在のGosammerで採用されているATA-3のドライバと比較して、40%以上も高速であり、それにも関わらずドライブのコストは全く変わっていないそうです。(注意:ユーザーがソフトRAIDを用いれば、総合的な性能がもっと改善される、と書いてます)また、Ultra2 SCSIはオプションとしてPCIカードで用意されるそうで、オンボードにはどうやら搭載されていないらしいです。そのYosemiteのスロット数に関して、4基のスロットを備えており、3基の33MHzで動作する64ビットのPCIスロット(これらは32ビットのモノと互換性があり、さらに7もしくは12インチ両方とも使用可能)さらに4基めのスロットは、66MHzで動作する32ビットのPCIスロットで、ここにYosemite専用のATI RAGE 128/16MBを内蔵したグラフィックカードが搭載されるだろうと伝えています。またYosemiteのオンボード上のバスの大部分は66MHzで動作するようで(Ultra DMAのバスのみ例外で、バス負荷を分散するためにこれのみ33MHzだろう)、このためにGossamerや他のこれまでのシステムと比べて、さらに優れた速度を叩き出すことになるだろうと予測していました。さらにAppleはEl Capotanスタイルの拡張PCIボックスも用意しているらしいです。その名前は「PowerMacintosh G3」の後継と識別される様なモノを期待されているが、未だに決まらず。「PowerMacintosh G3 Pro」も議論に上がっているそうです。なおページには詳細なスペックが掲載されています。(Nankoさん情報ありがとね)

CNETが「iMac still selling well」と題した記事で、8月の発売時のディスクトップ機の市場シェア6%という数字は、9月、10月にはやや下がったものの、まだiMacは売れ続けていると伝えていました。また、iMac以外のG3などもiMac発売以前よりも売れていて、CompUSAでは、8月のデビュー時には販売できなかったが、感謝祭からクリスマスのホリディシーズンにまだまだ強さを発揮しているということです。これらの購入者は、Macのよさを認識しつつも、他のPC機に比べたら高すぎると感じていた人達が、iMacに対しては多少高いものの、そのよさから購入を決めているようだとしています。これらの分析には、ローンプログラムによる結果は含まれていないようです。(駒崎さん情報ありがとね)

MacNNによると、Appleが年末年始期間中に流通システムをSAP Business System(意味不明?)に全て変更するようだと伝えていました。

上の記事のSAPに関する件で多くの方々からお知らせいただきました。このSAP Business Systemとは、SAP 社のクライアントサーバー型 生産流通情報管理システム(R/3会計システム)を導入するということのようです。このシステムは製造業では事実上のスタンダードとなっているそうです。おそらくちょっと前に流行ったBPRとセットで企業に導入されるので、それが導入されるということは、Appleもかなり本気で業務&業務システムの改革を実施しているのではないかと言えるそうです。そのSAP社についてですが、数年前から日本国内でも販売が進んでいて、最近では、ロータス・ノーツ・ドミノ等のシステムとの連携等も促進されているそうです。SAP社自身もマイクロソフト等と積極的に提携を進めているようですが、Appleに関しては、残念ながらWebObjects以外にはほとんど話を聞いたことはないようです。なお、このシステムはトヨタ、パイオニア、東洋ゴム等が導入しているそうです。(みつやすさん、末永さん、だいすけさん、庄子さん、)

MacInTouchによると、Appleが来年1月から発売される新しい製品に備えるために、リセラーからの受注や小売店からの注文を一時休業すると伝えていると掲載していました。また店頭BTOオーダーは、12/7〜1/15まで休業し、AppleStoreは12/21〜1/5まで休業するようだとしています。またEXPO SF 99の基調講演後からオーダー再開ということのようです。

通販ショップ サイベリアン・アウトポストで、POWERBOOK G3などが当たるクリスマスプレゼント(12/31まで)をおこなっていました。

日経BP社のBiztechで、技術者の転職意識を調査するためのプレゼントアンケートキャンペーン(12/31まで)を行なっていました。賞品としてFUJI FILM社のFinePix 600Zなどが当たるそうです。

メディアヴィジョン社が1月31日まで「BHA製品ご購入ありがとうキャンペーン」を行なっていました。BHA社製品を購入したユーザに対し、液晶モニタなどが当たるそうです。

PC Watchに11月16日〜11月29日にかけて調査されたデジタルカメラ・ランキングが掲載されていました。年末どのデジカメを買うか迷っている方は参考にされると良いでしょう。

Mac the Fork「Yosemite」が更新されていました。FireWireを除くと、AlchemyがGazzeleになったようなGossamerみたいな仕様のようです。

AppleがApple Game Sprockets のいくつかをアップデートして配付していました。

キャノン販売から、BJC-430J USBモデル Printer Driver for Mac v1.00と同機種用のIS Scan Driver for Mac v1.00が配付されていました。

STF Technologies社から、FAXstf 5.0.X Home EditionとApple バンドル版用アップデータ、FAXstf 5.0.5 Updater日本語版が配付されていました。

FWB Software社から、HardDisk Toolkit 3.0.1 UpDateが配付されていました。

RATOC Systems社から、REX-CB80シリーズ 用ドライバアップデート(981130)REX-CB81シリーズ 用ドライバアップデート(981130) が配付されていました。

ソニー社が、業務用デジタルプリンタドライバソフト、UP-D9500 Utility Ver.1.20を配付していました。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・macromedia Director Lingo基本集 Macintosh/Windows両対応/ジャパンミックス ¥4,600(4-88321-539-3)



トランソフト




Shop IPS


1998/12/02

各新聞紙面に、国際電信電話会社と日本高速通信社と合併し、新しくKDD株式会社となったことを記念して、iMacとインターネットの接続サービス一年分の料金などをセットにした賞品が、100名に当たるプレゼントキャンペーン(1月31日まで)を行なっていました。なお、応募はハガキのみとなっているようです。(伊藤さん情報ありがとね)

BMW社が今週の土日(5、6日)に全国のBMWショールームで、クリスマス・フェアを開催するという案内状の中で、BMW318tiを12月中に成約の上、登録した方に対して「1.9%特別金利」か、アップル コンピュータの「iMac」を選べる特典がつくと記載されていたそうです。あなたはどちらを選びます?(Yonaiさん、村山さん情報ありがとね)

cocoaさんが、PowerBook 2400用のG3 CARD「NuPowerG3 CARD」に関して、内部接触による故障に関して報告されていました。なをこの件はNCRで取り付けされた方の場合は、最初からこれが施されているそうです。よって御自身で取り付けなどを行なった方などは確認されると良いでしょう。

MacWeek-Jによると、ゲート社がMacintosh用Voodooカード「MacMagic(24,800円)」を12月中旬より発売すると伝えていました。RAMは標準で8Mバイト搭載されているそうですが、肝心のチップがVoodoo1というのがう〜んと唸ってしまいます。

毎日新聞のDaily Mailのページに「マックとウインドウズは仲が悪い?(上)」と題したコラムが掲載されていました。

ひさびさにグルグル目が回わってしまった話し「筺体の開け方が一段とよくなった。」そうゆうことらしい、、、(情報待ってます!)

Cnet-Jによりますと、特許権侵害だとしてアイマテック社がアップルを相手に、総額11億ドルの支払いを求めている訴訟で、アイマテック社が30日(米国時間)、アップルとの和解交渉が決裂したことを明らかにしたと伝えていました。

UselessMacさんが、ある情報筋の話しとして「P1」にはPCMCIAのスロットが着かない可能性があり、未確認ではあるがAppleではこの問題でもめているとの情報が寄せられたと伝えていました。

Mac the Knife「Look out, stomach!」によると、FileMaker社が、ODBCのサポートを強化し、XMLをフューチャーしたFileMaker 5.0を来年の10月にリリースする予定だと伝えていました。またglacial(これはIBMがLoneStarの後継といわれているMPU)を視野に入れて、より高性能なFileMaker 6.0までの開発サイクルを速めるらしいです。

今日発売の光琳社出版のインテリアファッション誌カーサ・ノーヴァ1月号のクレージーオブ美的家電という特集のページに、SonyのBeans、パナソニックのCDラジカセなどと共にiMacが載っているそうです。また今日発売のマガジンハウス社季刊カーサブルータスのFETISH-ComputerLover'sのページにもiMacが掲載されているそうです。(三上さん情報ありがとね)

Yahoo!がニュースランキングのページに、BCNが掲載しているパソコン売れ筋ランキングを、毎日デスクトップノートブックモバイルの3つのジャンルで更新していました。デスクトップランキングでiMacが1位ですが、製品の型番でわざわざ分けられているところが注目されますね。(シリコンバレーさん情報ありがとね)

AppleInsiderが掲載したixMicro社の業務停止の噂に関して、ixMicro社PRのSuzanne Stanco氏が、これらは根も歯もない噂だというプレスを報道関係に流しているそうです。それによると、多少のレイオフはどの会社であることで、現在も従業員は十分におり、通常どうり働いているそうです。またUltimate Rezが「貧弱なパフォーマンス」だったために返品されたという件に関しては、アップルの戦略でIX3Dを搭載する予定であった機種が発売されなかったためだと説明しているようです。(Mackieさん情報ありがとね)

ソフトウェア・トウー社がMac OS8.5の対応状況のデータを公開していました。

NTT Do Co Moが64Kデータ通信のモニターを大募集していました。ただし東京7区と横浜市2区でのみの地区限定だそうです。

Apple InsiderYosemiteに関する内容を掲載していました。その内容から見ると、SF EXPOで発表されることは間違いなさそうです。すでに20社程度でのテスティングは完了しているようだが、El Capitanケースでものってはなかったようです。(つまりマザーのテスティングのためだけなので、K2のケースとかに入っていたということだと思う)またAGPスロットは無くまたFD DriveやSCSIポートも無かったようです。しかしFireWire、USB、などは装備されていたようです。

Adweek Onlineによると、Appleが160万ドル以上の費用をかけて、1984年に行った SuperBowlにおける広告宣伝を再びSuperBowl XXXIIIで行うようだと伝えていました。もし昔と同じであるならば、観客席にはアップルマークの座布団が敷かれているかもしれません。

20世紀フォックス社の「X-ファイル」ページで、X-FILE スクリーンセイバーが配付されているそうです。またここではQuickTimeで予告編ももることが出来るようになっています。(義兄弟より)

アップルがAppleCare価格表アップルソフトアップグレードセンターの連絡先の変更を行っていました。

アップルのデベロッパーページから、言語解析アーキテクチャーSDKが配付されていました。

Connectix社から、Surf Express 1.5.1 Updaterが配付されていました。

Symantec社から、SAM用 ウィルス定義ファイル '98/12 が配付されていました。

Symantec社から、NAV for MAC用 ウィルス定義ファイル '98/12 が配付されていました。

Symantec japan社から、Mac OS 8.5とiMacに対応した、Norton AntiVirus for Macintosh Ver5.0用Version5.0.3 UpDateファイルが配付されていました。(軽井沢通信さん情報ありがとね)

セイコーエプソン社が、PT-100用Macintoshドライバ Ver.5.54Jを配付していました。

コギト社 CML事業部から、オルティナ1.0.5ユーザー様専用 1.0.8PPC アップデートキットが配付されていました。

COMDEX Fall '98の1394TAブースで展示された「IEEE1394のある家」をよく見ていただきたい。これはVAIOを使用して構成されている。これが実現されるには2〜3年かかるらしい。だが、OSとハードが一体となったMacintoshが加わると、それはもっと加速されるかもしれない。もはやSCSIは化石と考え方を変えた方が良いかもしれない。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・FIREWORKS徹底解析 Webグラフィック作成術/オーム社 ¥3,500(4-274-06281-3)
・ファイルメーカーPro ver.4スタンダード ver.4.1対応/スパイク ¥2,800(4-89621-214-2)
・Painter SuperArt Paradise/秀和システム ¥3,400(4-87966-855-9)



パソコンの館 仙台店


インフィニシス社 After Dark 4.5J


株式会社企画室ゆう「PLUS YU iMac Order Desk」


1998/12/01

産經新聞ページに「iMacのこと/MacOS8.5…その後」という記事が掲載されていました。

アップルがTechNote No.0298で「Apple ネットワークアシスタント3.5について」を公開していました。

アップルがデベロッパコーナーの漢字フォント登録ページで、新規日本語フォントの開発に必要なFOND IDの申込書を掲載していました。

転職情報誌「type」のページでiMacなどが当たるプレゼントキャンペーン(1/4まで)を行っていました。簡単なクイズに答えて、はがきで応募する方式です。(たかむらさん情報ありがとね)

帝国データバンクでアップルコンピュータを調べてみたら、6月での評点が58点だったのに対し、今月の評価点は57点1ポイントダウンしていまいた。また取締役が和波紙、田代氏の名が無くなり、新たにピーター・オッ氏、ナンシー・ハイ氏となっていました。監査役には変更はないようです。なお、従業員数が270人から230人へと大幅に削減されているようです。

ソフトウェア・トウー社が、来年1月中に「Extensis QX-Tools 4.0J Macintosh and Windows版」を39.800円で発売すると発表していました。

先日お伝えしたDATPortに関してですが、カメオインタラクティブ社からの案内によると、USBのMIDI/Audioインターフェースは今回のリリースではなく、USBがMacintosh全体でサポートされる頃にDATPortのシリーズ(シリーズ名となるかは未定)として出荷となりそうだと案内を修正されていました。よって来月出荷のDATPortはAudioのみで出荷時はWindows98のみの対応ということだそうです。

日経アーキテクチュア11/30号に連載されている「実践 パソコン活用術」で、MACお宝鑑定団が紹介されていました。(くすのせさん情報ありがとね)

CHANELでeMate似の鞄があるという噂あり、、、

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・リンダ・ワインマンWebワークショップ Webデザイン解析編/インプレス販売 ¥3,800(4-8443-5499-X)



1998/11/30

TechWire JAPANによるとAppleが再びポータブルマーケットに再挑戦するつもりのようだと伝えていました。その市場はNewton Message Groupを投げ出した、コンシュマー携帯型PCマーケットだとしています。TechWebがクパチーノに拠点を置くあるコンピュータメーカーが、コードネーム「P1」と呼ばれるパームトップ・デバイスを開発中だとしています。これはNewton OSではなく、いくつかの機能が削られたダングレードMacOSで動くようだと、これを良く知る情報筋が伝えて来たそうです。またこの製のコミュニケーションデバイスとして、赤外線、携帯電話、モデム、Ethernetなどが搭載されているらしいです。しかしこの件に関してAppleの役員はノーコメントだそうです。この製品は832x624表示の11インチ・フラットパネルディスプレイで価格が$1,000〜1,200であるだろうと予想していました。その開発に近い情報筋は、それらデバイスを動かせるビルドはあるが、最終的にはまだ決定してはいないと伝えてきたと掲載していました。(MacOS Rumorsが掲載していた内容に、良く似ていますネ)

11月28日付けの朝日新聞朝刊に、A4二つ折りのiMac広告が折り込まれていました。両面フルカラーで表面にはiMacの魅力を簡潔な文章とコピーで紹介し、裏面にはスペックと上面の写真とともに関東地方の販売店が記載されていたたそうです。このチラシの「表面」と「裏面」を柿沼さんがホームページに掲載していました。またこのアップル初の新聞折り込みチラシは、全国の朝日新聞でも地区ごとに記載が異なって、同時に行われていました。(お知らせしていただいた多くの方々ありがとうね)

国内での新しいM6709J/Bに関するiMacカタログには、グラフィックコントローラに関して、「64bitグラフィック/マルチメディアアクセラレータ」と記載されているそうです。以前は「グラフィックコントローラ/ATI 3D RAGE IIc」と明記されていましたネ。(cocoaさん情報ありがとね)

G3放熱日記さんのページに、PowerBook 2400でG3/240MHzを7.5倍速設定の300MHzで動かし、SoftWindows上でHDBenchとクロックメーターを計測したデータを掲載されていました。

Welcome to the Allegro Themes Project!という独自にthemeを作成するためのプロジェクトが発足していました。しかしここで配付されているAppearance themeはあぶなくないか?(K.Geeさん情報ありがとね)

昨日放送された発掘あるある大辞典の「インターネット特集」で、初めてパソコンに触れる2つの家庭が、PC機を箱から出してどれくらいでインターネットに接続出来るかを実験した内容が放送されていました。結果はCOMPAQのPRESARIOシリーズ で、パソコンのコード類を接続するのに2時間、インターネットに接続するまでに8時間もかかってギブアップ、もうひとつはNECのVALUESTAR NXシリーズで、パソコンのコード類を接続するのに3時間もかかっていました。これがiMacだったら...

コダック社が、Kodack KiDSのページで、iMacとUSB接続が出来る唯一のデジタルカメラ「DC260Zoom」が10名に当たるプレゼントキャンペーン(12/31まで)を行っていました。

MACお宝鑑定団ページが雑誌等に掲載された履歴などを記載したHistoryページを公開しました。(何の役に立つのかは不明^^;)

今日はクパチーノからのお客を迎えるとするか、、

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・技あり!MacOS8.5/オーム社 ¥1,200(4-274-06282-1)
・Illustrator8.0Jスーパーリファレンス for Macintosh/ソーテック社 ¥2,600(4-88166-051-9)
・CG WORLD Vol.6/ワークスコーポレーション ¥1,219(4-948759-05-8)
・すぐ効くISDNのトラブルシューティング 第2版 for Win&Ma/ 毎日コミュニケーションズ ¥1,800(4-8399-0131-7)
・現場の必須テクニック QuarkXPressの仕事術/毎日コミュニケーションズ ¥2,500(4-8399-0106-6)



1998/11/29

digitalkidsさんが昨日T-Zone渋谷店で、iMacデモ担当員(アップル社員)にiMacに関して質問したところ、iMacには新バージョンの製品といったものは存在せず、8.5がプリインストールされVRAMが6MBへと増設されただけです。と回答したそうで、またグラフィックチップが変更されたことに関しても、そのような事実はありません。と答えていたそうです。(実はすでにアメリカ本社のiMac Specは新しいRev.Bに変更されていて、ATI RAGE PRO TURBOに変更されていることが明記されています。ただ日本のページでは、元々詳しく製品仕様を記載されておらず、仕様を確認するためには新しいパンフレットが必要です。)また新機種の話題に関しては、噂にすぎないと否定されたが(当然のこと)、次機種でも国内で評価が低いZip Driveの搭載はすでに決定していると回答されていたそうです。

MacOS Rumorsによると、AppleがMacOS 8.6でGame Sprocketsをバンドルしてくるかもしれないと伝えていました。ゲームデベロッパーが増えてもらうためのようだと予測されていました。(GXのように入ってるか入ってないかわからないシステムを使用した製品を作ることなど、ベンダーにはかなりのリスクになりますからね。マイナス要因を取り除くといった意味では妥当かもしれません)

TechWebによると、iMacの価格改定とバージョンアップがAppleに近い情報筋から寄せられた内容を掲載していました。それによると2月に現行のiMacを999ドルに値下げするとともに、より高速なプロセッサー(周波数は明らかになってません)と大容量化したHDを搭載したiMacを現在の価格である1299ドルで発売するようです。この値下げはPC系が1000ドル以下のパソコンで攻勢をかけてきたことへの対応と予測されるとのことです。また、CompUSAとBest Buyに次ぐ第三の全国的なチェーンを販売網に加えるとのことです。このことに関して小売り店は、iMacの値下げについて好意的のコメントを寄せています。(阿部さん、駒崎さん情報ありがとね)

先日MacWarehouseがIXMICRO Ultimate Rez 8Mを$79で販売しているとお伝えしましたが、昨日MicroWarehouse社が、「製造先が出荷を中止してきたので、申し訳ないが販売できなくなった」とオーダーを行った方に対して、キャンセルメールを出していました。

MacTimesによれば、Appleがデベロッパー向けのサービスとして、Macworld EXPO SF '99においてiMacをデモンストレーションマシンとして使用する場合$499で提供するというサービスを始めていると伝えていました。これには」2ヶ月間Macintoshプロダクトガイドに無料広告のサービスなどが付加されるようです。(日本ではおそらく68,800円と予想されます)

AppleがデベロッパーページでMacworld EXPO SF '99におけるデベロッパーパビリオンの案内を公開していました。

先日Core Developmentがなぜか配付していた「Drawing Board Theme」が、削除されていました。

DZ3が11/25〜28にかけてロンドンで開催されたApple不在のEXPO「Apple EXPO 98」の会場レポートを掲載していました。なんか規模が小さいですね。

日経netnaviのページで、ホームページ大王'99の投票結果が発表されていました。義兄弟組と懸賞組とで上位を占めていました。ということで、MACお宝鑑定団でも需要があるならば懸賞情報を掲載してゆきますので、どしどし情報を寄せて下さいネ!

インターネットリクルーティングシステム「マイキャリア」が、登録してくれた方の中から、iMac(1名)などが当たるキャンペーン(12/15まで)を行っていました。

ウィニングラン社が、iMac(5名)が当たる「CG冬の陣」というアンケートキャンペーン(99/1/31まで)を行っていました。

日本テレックス社が創業10周年を記念して、アンケート方式のプレゼント・キャンペーン(12/31まで)をおこなっていて、Wチャンス賞としての賞品としてiMac(3名)が含まれていました。

FM OSAKAが、宛名職人 Ver.6(10名)が当たるアンケート(12/04まで)を行っていました。

コミュニケーションサイトP'zPubで、ユーザー登録された方を対象にしたプレゼントキャンペーン(12/25まで)を行っていて、賞品の中に「EudoraPro」Macintosh版(3名)が含まれていました。

まるみえDATAのページで、FinePix500などが当たるプレゼントアンケート(12/15まで)を行っていました。

話題の通信ポートって、すでにNECのモバイルギアIIや日立のペルソナHPW-230JCなどのWindows CEマシンが搭載しているPDC(Personal Digital Cellular)インターフェイスのことなんじゃないか?




.

.


Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club.
All rights reserved. Site design by BRESTO, Inc.
「Macintoshは米国アップルコンピュータ社の商標です」

GigaHit