March 1999 MACお宝鑑定団 
Mac News Link Mac関連雑誌ライターLink H氏からの手紙
Read me Bench mark History
先週のNews バナー広告募集 counter


act2


Shop IPS


Macintosh WIRE

イメーション(株)

1999/03/06

PowerBook Sourceによれば、AppleがAppleStoreでPowerBook G3 series/233MHz/14TFTの価格を$1,999($300値下げ)に改訂したこを受けて、Outpost.comなどが同様に価格の引き下げを行っていると伝えていました。現在の円相場から考えて、AppleStore Japanでも約4万円ほど下がるかもしれません。(とにかく在庫を早く無くす事が最重用課題なのでしょうね。)

読者の宮本さんが、最近Anarchie Pro 3.5を使用してArchie をしようとすると、「Server not respond」と表示されファイルが検索できないことに関して、作者のPeter N Lewis氏(internet Configの作者として超有名)に問い合わせたところ、多くの archie server が閉鎖されてきているためだという回答を得たそうです。でもまだここここなどいくつかまだ存在することも確かですので、デフォルト以外でいろいろ探されると良いようです。

日経Biztechによれば、アルプス電気が発売する新5色iMacと同じカラーバリエーションのMD-5000iを4月から発売することを伝えていますが、ここにとっても気になる1文が掲載されていました。それは「6000台限定(1色1,200台)」という部分、御存知の通りアルプス電気はiMacやNew PowerMac G3のキーボードなどをOEM生産しているメーカーで、以前Bondi Blue色のMD-5000iを限定販売していましたね。ということは無くなった頃にまた色が変わるのか?とかなり疑った目を向けたくなるのは私だけではないはず?

BCN Market Viewが3月4日分の調査データとして公開したデスクトップ・ランキングによれば、上位を独占していたiMacの中に、Power Macintosh G3 (Blue and White)/300MHzモデルが割ってランクインしていました。

IBM社とDell Computer社が、CuやSOIを含む広範な分野で提携すると発表していました。今後7年間に渡りIBM社は、記憶装置、LSI、ネットワーク部品、ディスプレイなど総額160億ドル規模の製品をDell Computer社に供給することになったそうです。また将来的にIBM社が保有するCu配線技術、SOI(silicon on insulator)技術などを使った製品も供給することになっているそうです。しかし今年度中に生産開始を予定している、Cu配線とSOI技術を使ったPowerPC 750に関する点が触れられてはいないようです。(このグレーがとても気になる)

アイ・オー・データ機器が、パソコン・周辺機器イメージカラー・アンケートを行っていました。Appleの新型「iMac」や「新G3シリーズ」などに関する設問になっているようです。

MJソフトが、iMac向け製品専門ページを公開していました。

Ken OfficeがiTeriorの販売に関して加賀電子株式会社と販売提携を締結し、iTeriorI及びiTerior3を全国に向け販売開始すると発表していました。

Appleが教育期間向けページに、新しいオンラインマガジンとして「Imagine」を公開していました。

アップルがDesktop Tech Info Library 日本語版Software Tech Info Library 日本語版を更新していました。

アップルが3月17日にヒルトン大阪で「WebObjects 4 Seminar in Osaka」を開催すると告知していました。

アップルのソリューション・メディカルページに「PowerBook in Medical」活用ガイドが追加掲載されていました。

アップルが3月13日にアップル・セミナールームで、アップル・ユーザグループを対象にした「サードパーティデモ&ユーザグループ懇親会、及び、MACWORLD Expo 反省会」を開催すると告知していました。

MacOS Rumorsによれば、複数の情報筋からの話しとしてコンシュマーノート「P1」はおそらく4月22日に発表され、その発表イベントが世界中に中継されるだろうと伝えていました。

Sonnet Technologies社が先日Crescendo G3の価格を改訂していましたが、これに関してSonnet Technologies社に問い合わせたところ、日本国内でも今月半ば13日〜15日頃に全面改定される予定であるとの回答を得ました。海外通販を考えていた方はもう少し待った方が良さそうです。

Insigniaから発売されているSoftWindows 98に関して、読者の室井さんがサポートに現在Cドライブの容量設定の制限が510MBとなっている事に関して「今月中旬に配付されるアップデータによって2GB程度まで対応可能となる」との回答を得たと報告してくれました。

MacPowerのページにアップル社クレント・リチャードソン氏へのインタビューと、米ニューワー・テクノロジー社ジェームズ・ウィービー社長兼CEOへのインタビューが掲載されていました。この中でリチャードソン氏はMacOS 8.6が「99年4月前後、おそらく5月のWWDCには発表できる」とその具体的なリリース時期を明らかにしていました。

朝日新聞のページにマイクロソフトのマック用ソフト開発の責任者、ベン・ウォルドマン氏へのインタビューが掲載されていました。

読売新聞のTHEブランドのページに、アップルコンピュータが掲載されていました。これは3月4日の夕刊にも掲載されていたようです。(Tazさん、中村さん情報ありがとね)

ASCII24によれば、米アダプテック社が、Macintosh用CD-Rマスタリングソフト「Toast 3.8」のUSB対応版を発表しそうです。日本では、OEMによってUSB対応版の販売が開始され、リテール版の販売開始は2000年の第1四半期を予定されていると掲載していました。

MacNNによれば、Appleが明日からPowerBookを購入した人を対象にしたリベートプロモーションを行うと伝えていました。64MBメモリーかConnectix Virtual PCのどちらかが貰えるそうです。

Appleが、Mac OS X Serverのページにスクリーンショットを掲載していました。

AppleがTIL-26182でPerformaブランドのサポート情報をまとめたページとして公開していました。

日経ビジネスの今週号に、「アキア、カシオ傘下で再生を図る」と言う記事が掲載され、アキアの業績が傾いたのは、台湾メーカーに製造を任せたため、修理に3ヶ月近くかかり、結果として貸し出し用の代替機を在庫として抱え込まないといけなかったことと、アップルが突然に互換機路線を打ち切ったため、売れ筋商品が一瞬にして3ヶ月分の不良在庫になったことだと掲載されていました。飯塚社長が「今もジョブス氏のことを憎んでいる」と明言しているのが、かなり印象的です。

Mac the Fork 「Cocoa」が更新されていました。

Corel社から、Corel Graphics 8.0.2 Updateが配付されていました。

Voyager社から、T-Time バージョン v1.1.3-r2 アップデートが配付されていました。

エー・アイ・ソフト社から、Distant Suns2用の1999年分のカレンダーファイルが配付されていました。

日経BizTechに掲載されていたシャープが発売した新しいメビウスノートPJですが、これなんとPowerBook 1400シリーズのようにトップカバーが着せかえ仕様になっているようです。(田辺さん情報ありがとね)



PDAショップ、Vis-a-Vis(ビザビ)


パソコン関連書籍宅配便

パソコンの館 仙台店

1999/03/05

日本工業新聞(3/4付け5面)にアップルの原田社長へのインタビューが掲載されていました。この中で原田社長は基調講演の内容がEXPO SFと同じという指摘もあるが、Steve Jobs氏が来日して語るということはそれだけでも意味があると語り、また残念なこととして「アップル復活」と報道されるが、すでに復活していて今年度は成長期だと認識して欲しいと語っていました。また現在の黒字転換は単にiMacに5色追加したことだけではなく、Steve Jobs氏が就任してビジネスプランを変えたからだと強調していました。その新しいマーケティングプランを「5P」と呼んでおり、「product」「price」「people」「place」「promotion」を全て塗り替えたことが成功した理由だと述べていました。最後にNewton部門に関して質問され、現在のAppleがSteve Jobs指揮下の体制に完全移行し、パソコンビジネスだけに集中することになったので、それ以外の事業を全て打ち切ったと述べ、初めてその具体的な内容が明らかにされていました。(TATOOINE COMPUTERさん情報ありがとね)

MacOS Rumorsが、手巻き充電機付きのP1の情報は結局誤解だったと伝えていました。P1は普通のリチウムイオンバッテリーだそうです。ただこの手巻き充電機の話しは、おそらくP1用のBTOオプションとして開発されている可能性はあるかもしれません。実際AppleStoreで販売されているオプションのほとんどが、本体と並行して開発がされていた可能性が高いからです。

Old Macのこよなく愛すページとして、「Junker's PALACE」というページが公開されていました。現在ホームページ公開記念として、「Old Mac超蘇生マニュアル」(日本文芸社刊)を20名にプレゼント(3/15まで)してくれるそうです。(ヤマジさん情報ありがとね)

NIFTY MUSIC WEBで、iMACが当たるプレゼントキャンペーン「春の MUSIC WEB クイズ 100+1」 (3/18まで)が行われていました。

住宅会議コムで、iMACが当たる「アンケート」と「エピソード」が大募集(4/30まで)されていました。

情報地図コミニュケーションMapionで、iMACなどが当たる「マピオン2周年記念キャンペーン」(3/31まで)が行われていました。

アップルがシステムエンジニアリングプログラムページに、SE Technical Noteを追加していました。

No.0308 : ドライブ設定(バージョンJ1-1.7)について
No.0309 : PowerBookシリーズでのフロッピーディスクドライブの使用方法について

Pacific Software Publishing社が、Belkin Components 社のパラレルプリンタ用
USB アダプタケーブルと、iMac デザインのサージプロテクタ、SurgeMaster の日本向け販売をインターネットストアーで販売開始していました。

日本Hewlett-Packard社が、Macintosh(iMac及び最新Power Macintosh G3シリーズ)向けに「HP DeskJet895Cxi」「HP DeskJet 880C」の2機種を3月13日から発売すると発表していました。また発売記念キャンペーンとして、iMac最新モデルの筐体カラー(5色:ブルーベリー、ストロベリー、タンジェリン、ライム、グレープ)に合わせたプリンタ用トップカバーを先着15,000名にプレゼントされるそうです。(キャンペーン実施店のみで対応)つまりあの透明なトップ部分は結局限定発売されることになったわけですね。

日経BizTechによりますと、デルコンピュータ社がPentium III搭載パソコン2モデルを発売してからたった1日で値下げしたと伝えていました。このプライス設定の予測の誤りを直ちに修正出来るのは、ショップに依存しない販売体制と高効率な在庫管理なればこそですね。ちなみに店売りがなくても、パソコン販売シェア世界第2位なのはみなんも御承知の通りです。

ジャストシステムズ社から、ATOK12 for Macintosh カスタマイザ アップデータATOK12 for Macintosh システム アップデータが配付されていました。

PIXELA社から、キヤノン社製カラーバブルジェットプリンタBJ-F100用ドライバー、PixeColorF100Ver.1.0-00と、BJ-F200用ドライバー、PixeColorF200Ver.1.0-00が配付されていました。

BHA社から、B'sCrew Version 3.0.0 → 3.0.1 アップデータが配付されていました。

先日とうとうPowerBook Duo 2300c(56MB+3GHD)をフラ〜と買ってしまった。最近Duoに夢中になりつつあるので、いろいろお買得情報や譲ってあげますメール募集中です。


Ken Office

株式会社企画室ゆう「PLUS YU iMac Order Desk」


インフィニシス

マクロメディア株式会社

1999/03/04

アップルがApple University ArtsApple Media Artsを更新していました。内容自体はすでにUSで公開されているものですが、じっくり日本語で読むだけの価値はあると思います。

アップルがシステムエンジニアリングプログラムページで、Apple Open System Reports No.29 最新版 '99.3 月発行をpdf配付していました。「Adobe Illustrator 8.0 日本語版のご紹介」と「Mac OS 8.5の日本語環境」の2つが含まれています。

Appleがデベロッパー向けにMacworld EXPO NYC 99に関する情報ページを更新していました。

O'Grady's PowerPageによれば、昨日シードデベロッパーにMac OS 8.6b2c4の案内がされているようだと伝えていました。とうとうベータレベルに到達したようです。ということはスケジュールを予測すると、、、

Quark社がMacromedia社のFlashをサポートし、QuarkXPressユーザーに対して、ベクターグラフィックオプションを提供すると発表していました。こちらの方が保守派には受けるかも?

3/2にNHK総合テレビで放送された「スタジオパークからこんにちは」で、ゲストして登場したglobeのメンバーであるマーク・パンサー氏が登場し、「マーク最近のお気に入り」と言うコーナーのトップで、「パソコンは手放せない」と言う項目を挙げ、スタジオにバッグを持ち込み、トップカバー(&パームパッド&底面まで)にステッカーをバリバリ張ったPB2400cを紹介していたそうです。(ちなみにトップカバーのステッカーの手前中央は大きな6色アップルマーク)マーク氏は番組内でそのPBを使用し、PCカード型の携帯電話を差しており、「これでどこでもネットに接続できる」と説明したり、現在作詞中の鈴木あみのアルバム用新曲の歌詞(2曲めのもの。 タイトルはin my diary...(仮))を出したり、デジカメで撮った同グループボーカルのKEIKOの疲れて寝ている写真などを出したりしていたそうです。また持ち込みのバッグにはプリンタとかもすべて入っていると話していたそうです。(山口弘之さん、山下さん情報ありがとね)

iMacの販売方法に関して、iMacは正規認定の販売店でも取り扱えるショップが限られれているのは御存じだと思いますが、今月から学校・企業向けの受注受付が、MacMasterショップでも始まったようです。ただしこれには条件として「色の指定は受け付けない」と記されているそうで、後に出荷出来る色を知らせてくる仕組みのようです。納期が未定なら分かりますが「指定不可」はちょっと問題ありですよね。それではSteve Jobs氏が基調講演等で述べているようなカラーをチョイスするという内容から逸脱しているように思うからです。おそらくBTOラインで、そうせざるおえないなんらかの理由があるように思えてなりませんね。

Kaleidoscope 2.1.2が配付されていました。(Thanks! Greg Landweber)

マイクロソフト社から、Internet Explorer 4.5 Macintosh Edition プラグイン アップデータが配付されていました。Plug-insフォルダに含まれているQuickTime Plugin 1.1.1を2.0.1にするためのものです。

セイコーエプソン社から、PM-770C用ドライバ、Driver Ver.5.59Jが配付されていました。

Dr.Solomon's社から、Virex Virus Update 99/03/01が配付されていました。

そうか〜今年中にはクロスプラットフォームなColorSync 3が登場することになっているのか。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・GoLive CyberStudio3 for Macintosh実践チュートリアル Personal Edition対応/ディー・アート ¥2,500(4-88648-534-0)
・5色のiMac START UP GUIDE/広文社 ¥2,000(4-905999-99-5)


有限会社サイバーグルーヴ

Transoft,Inc.


有限会社ブイロジック

iDee

1999/03/03

PC Watchによれば、ソニー・コンピュータエンタテインメント社が次世代プレイステーションの基本仕様を発表したと伝えていました。メインMPUに東芝と共同開発した128ビットプロセッサ「Emotion Engine」を搭載し、メインメモリとしてDirect RDRAM 32MBが搭載され、グラフィックチップにはメモリバンド幅48GB/秒の「Graphic Synthesizer」を搭載しているそうです。またI/Oプロセッサは、現行「プレイステーション」互換のCPUコアを内蔵したものを搭載し、USB、IEEE-1394ポートを装備しているそうです。ゲーム開発環境はパソコン上のLinuxで動作するものになるそうです。SMEはこのEmotion Engineの開発費だけでも200億を投資しており、その発売価格がとても気になります。

Adobe社が、Seybold Seminars Boston 99において、Adobe InDesign 1.0Adobe PageMaker 6.5 PlusAdobe PressReady、を発表していました。さっそくAdobe社のWEBページがAdobe Go Live 4.0によって作成されたデザインに変更されていました。

O'Grady'sPowerPageによれば、Appleが今週の土曜日にPowerBook G3 seriesに350MHzバージョンを追加発表する可能性があると伝えていました。どうやら大手ショップにはその製品に関するプレオーダーの受付案内が出されているようです。

AppleがSEYBOLDにおいてMacOS X Serverをサポートするデベロッパー各社を発表していました。またAmerica OnlineやDisneyなどのウェブサイトがWebObjects 4を採用することを発表していました。そしてAppleのパブリッシングマーケットにおいて、Power Macintosh G3 (Blue and White)がさらに市場を拡大していることも発表していました。(でも基調講演ではなく声明文だけなので、インパクトに欠けてますが)

MacObserverによれば、Appleが新しいSDKの中で、Windows Color Sync SDKの配付を開始したと伝えていました。

IBM社がPPC750-PID8p のドキュメントに「466MHz、450MHz」を追加していました。

Newwer Technology社がMAXPOWER G3カードに466MHzバージョンを2種類発表していました。

MACWEEKがスウェーデンからの情報として、Claris Emailerは現在開発中と噂されているAppleWorks 6に統合されるかもしれないという情報を掲載していました。

MacCentralによれば、次期MacOS 8.xに含まれるSherlockのインターフェイスが改善されるようだと伝えていました。どうやらフォルダーごとに索引作成が行えるらしいです。

3com/Palm Computing社がMacPac v2 connectivity kit($14.95)の発売を開始していました。既存のユーザーへのサービスとして、Palm Desktop Software v2.1の配付も開始されていました。

3/1発売のMacPeople 3/15号に、Apple WorldWide Developer Relations担当のクレント・リチャードソン氏へのインタビューが掲載されていました。この中でリチャードソン氏はSonataはG3マシン以前のPowerMacintoshにも対応していることを再度強調し、またiMac発表後に発表された対応ソフト1559本の内、901本が日本語版として発売されたと発表したが、これにはローカラズなどのドライバーを数に入れておらず、数をごまかすような行為を行っていないと述べていました。

3/1発売のMacFan 3/15号に「昨日のPowerBook、明日のPowerBook」という特集が掲載されていました。(おそらく開けたページを埋めたんだろうな〜)でもやっぱり一番は「もうひとつのMacintosh物語」ですかね。会長も東レ時代のマニュアル欲しい。

日経MAC.COMに、Apple Worldwide Product Marketing Product Manager Bill McGlasson氏へのインタビューが掲載されていました。McGlasson氏はAppleShare IP 6.1の開発担当者だそうで、この製品に関しての魅力に関していろいろ語っていました。しかしまだOpenDocベースであることや、Mac OS Xが登場すれば、AppleShare IPはMac OS X Serverはいずれ統合されるだろうと語っていました。(やっぱりMac OS X ServerとMac OS Xは並行して存続されるみたいです)

アップルが、MSCサポート対象製品リストを更新していました。

MAXBUGで、Power Macintosh G3 (Blue and White)用の増設内蔵モデムカード「Apple 56K V.90 Internal Modem(M7405J/A)」が¥14,800で販売されていました。(大内さん情報ありがとね)

ASCII 24によれば、Adobe社がIntel社のPentium IIIに対応させたPlug-Inを3月下旬に希望ユーザーへ有償で提供すると発表したと伝えていました。ひょとしてAltiVecもこの方法なのだろうか?

AppleがColor Sync 2.6を配付していました。

Panasonic社が、SuperDisk Drive LK-RM734UZ用ドライバ Ver1.3.1を配付していました。

セイコーエプソン社から、PM-3000C用ドライバ、Driver Ver.5.59Jが配付されていました。

Mactell社から、G3 PowerJOLT Control Utility Ver3.0 日本語版が配付されていました。(「新し物好き」のダウンロ〜ドより)

RATOC社から、REX-PCI34Pシリーズ用ドライバ、PCI34V20とREX-PCI30Pシリーズ 用ドライバ、PCI30V20が配付されていました。


MJ SOFT Mac館

株式会社IMAGICA


有限会社クワッドエレメンツ

1999/03/02

3/1発売のAXISによれば、次号No.79(5/1発売)にはジョナサン・アイブ氏が表紙&巻頭インタビューとして登場するとのことです。また特集タイトルは「Mobility Design(仮)」。と記載されていました。(nyさん情報ありがとね)

九十九電機が、インターネット上にiMac専門ショップをオープンさせていました。

ツアーナビで、iMacなどが当たるアンケートプレゼント(3/31まで)が行われていました。

HONDAのウェブプラモのページに、小室 実成さんの作品として、CITYをiMacカラーに塗ったウェブプラモが3月分としてページにエントリーしていました。ただしナンバープレートに記載されていた「Yum.」と「Whoa.」は消去されているようです。(小室さん情報ありがとね)

ロジテック社が同社製品のMacOS 8.5対応製品一覧表を更新していました。

Apple Store USのSpecial Dealsに現行ラインナップのPowerBook G3 seriesが売られていました。300/DVDモデルで$3,199だそうです。ひょっとして日本ではDVD-Video Kitが発売されないのか?

誠文堂新光社の「子どもの科学」3月号に、「パソコンが家電になる日」というタイトルで、iMacの紹介が載っていました。家電製品を選ぶ場合に自然と色やデザインのチェックを行っているが、それがパソコンでも実現されたことは、生活を豊かにするための道具としてパソコンを使う私たちにとって、とても喜ばしいものであるように思われると遵田道郎氏は紹介していました。(Murataさん情報ありがとね)

現在ヒット中の宇多田ヒカルの新曲「Movin' on without you」のプロモーションビデオの中で、PC-DOSもどきな画面と基盤が出てくるそうですが、どうやらこれはAfter Darkのモジュールとしてinfo-macなどにあったMac-DOSだそうで、また登場する基盤などはどうやらLC 475らしいとのことでした。この新曲「Movin' on without you(Real Audio)」ですけど、どことなくTony Humphries臭いな〜と思っていたら、ガラージュ系DJのNORIさんだったんですね。(Dr.Beretさん情報ありがとね)

MATSUMOTO DESIGN OFFICEが、「iDESK」に新色「iMac」対応の5色プラス1(レモン)を追加したそうです。スタンダードカラーに対しすべて2,000円アップで対応しているとのことでした。

アダプテックジャパン社が、PowerDomain2940UW用、2940UWファームウェア4.1b1日本語版と、PowerDomain2940U2W用、2940U2Wファームウェア1.1b1日本語版を配付していました。

Griffin Technology社から、iMate Driver 1.0b6が配付されていました。

XLR8社から、MACh Speed G3 Cache Control Software 1.3.0が配付されていまいた。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・土日でマスター iMac入門 早わかりガイド/新星出版社 ¥1,500(4-405-05661-7)
・だってポストペットがすきなんだもん。/星雲社 ¥1,200(4-7952-2532-X)


1999/03/01

情報筋によれば、5月の連休期間中に関西で一番元気なお祭りとして「iWeek」というイベントが計画されているそうです。それは関係者に出された企画書から推測して、EXPO Osaka '99 Liteといった内容らしいです。関西パワーに期待大ですね。

3月6日に岐阜県大垣市のソフトピアジャパン・センタービル1Fセミナーホールにおいて、カール・ストーン氏を始めMac使いの音楽家によるライブ演奏を含むシンポジウム「パケットとストリーム」が開催されるそうです。(赤松さん情報ありがとね)

3月10日〜14日にかけて、兵庫県神戸市のジーベックホールで「incubator:コンピュータとネットワーク再考」という50台のiMacを使った展覧/演奏システムによるイベントが開催されるそうです。(赤松さん情報ありがとね)

アップルが協力している大塚商会主催の「実践ソリューションフェア'99」に関して、福岡3/16〜17、広島4/7〜8の開催内容が発表されていました。どちらもアップルによるセミナーは含まれてはいないようです。

テレビ東京で放送されている「たけしの誰でもピカソ」で、3月5日に藤井フミヤ氏のコンピュータグラフィックによるFumiyArtが紹介される予定だそうですが、そこでiMaなどが登場するそうです。(大澤さん情報ありがとね)

AppleがHotNewsで、NewYorkのマンハッタンにあるBloomingdaleデパートのショウウィンドウに新5色のiMacをあしらったディスプレイが登場したことを伝えていました。でもこれってガラじゃない?これだけ使用目的を伝えれば売ってもらえるのかな?

iDee社が企画室Yuのブースで発表した静冷台 for 2400シリーズがまもなく発売されるそうで、それがiDee社のページでPreview公開されていました。またMACお宝鑑定団のブースで展示していて大評判だった革新のキーボード LENDA16も公開されています。

MacTreeの主催者である岸田氏が、MacTreeのつれずれ日記の中で、iCandyのセット販売に関して原田社長への公開メールを掲載していました。

PC-Gaz!がNews配信サービスに登録してくれた方の中から、抽選でiMacなどが当たるキャンペーン(3/08まで)を行っていました。

財界研究所が出版してる経済誌「財界」1999 3/2号の表紙を、アップルの原田社長が飾っていました。

Motorola社が、PowerPC G4に関して「PowerPC Backside L2 Timing Analysis」と「Designing G4 Systems」のドキュメントを公開していました。

ZDnet-Jによれば、PC Dataによる99/01のチップ別シェアーでAMD社がIntel社を抜きトップに立ったという調査結果を伝えていました。スペックとプライスにユーザーも敏感に感じとっているのでしょうね。

LoveMac!comによれば、Peace Japan, inc.という企業が、iMacのモニターを2,000名募集するという触れ込みでプログラムをダウンロードさせ、国際電話をかけさせるという悪質な内容だと警告していました。掲載されている問合せ先番号などはデタラメで、掲載されている新聞記事はPeace Japan, inc.とは関係ないそうです。

HEWLETT PACKARD社から、HP DeskJet 880C、DeskJet 882C、DeskJet 895Cse、DeskJet 895Cxi用のiMac対応ドライバー、DJ 800's (USB/AT) 1.0が配付されていました。なお、このドライバーの日本語版は3月初旬にダウンロード出来るようになると、昨年の11月に案内がされています。またこのドライバーを使用してMacworld EXPO Tokyo 99では展示されていましたが、4月頃にもしかしてDeskJet 895Cxiのトップカーバーのカラーが新5色バージョンとなって参考出品されていたタイプが、正式発売になるかもしれません。

Micro Conversions社から、Game Wizard用ドライバーとして、3Dfx driver 2.53r6Wizard Rave driver 1.0が配付されていました。

センチュリー社から、CSAP-1640UW SCSI コンフィギュレーションユーティリティ、ファームウェア アップデートと、SAP-820UN/MAC, UT/MAC SCSI コンフィギュレーションユーティリティ、ファームウェアアップデートが配付されていました。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・できるiMac/インプレス販売 ¥1,380(4-8443-1243-X)


1999/02/28

フジテレビのホームページで、先日放送された木村太郎氏が行なったSteve Jobs氏へのインタビューがReal Videoで再放送されていました。(三浦さん情報ありがとね)

No.Beige.comに読者から送られてきた「Yum 2.0.」という画像を紹介していました。カラーバリエーションが10色に増えています。どうやら色と果物との合わせ言葉から推測したものみたいです。

MacCentralが得た情報によると、Netscape Navigator 5 for Macの開発が急ピッチで進められていて、2、3ヶ月の内になんらかのアナウンスがあるだろうと掲載していました。ページにはデベロッパーバージョンでの現段階の画像が掲載されています。

MacOS Rumorsによれば、Appleが開発中と噂されている19インチ液晶モニター「Apple Cinema Display」は、1600x1200の表示で、OpenLDIデジタルインターフェイスを装備しており、Macworld EXPO New York 99で発表される可能性があると伝えていました。またYosemiteの後継マザーボードSawtoothには、アナログとデジタルの両方モニター出力ポートが装備される(CARD上で)ようです。SGIの1600SWのマック版といったところでしょう、おそらくスペックは同じだと思います。

Cnet-Jによれば、Be社がパソコンメーカーに無料で基本ソフト(OS)を提供するとBe社のCEO Jean Louis Gassee氏が同社ページのコラムの中で明らかにしたと伝えていました。その条件として電源投入時に最初にBeOSが起動することが条件だそうです。

ASCII24によれば、米国の大学が中心となって進めている次世代超高速インターネットプロジェクト「Internet2」のバックボーン回線が開通し、医療や教育などへの利用が開始されたと伝えていました。そのバックボーン回線は「Abliene」と呼ばれ、伝送速度がなんと毎秒2.4Gbitだそうです。

Symantec社がNorton AntiVirus for Macintosh用ウイルス定義ファイル99/03と、Symantec AntiVirus for Macintosh用ウイルス定義ファイル99/03を配付していました。

Sonnet Technology社から、Crescendo Installer v1.3.3が配付されていました。

KEYSPAN社から、USB Serial Adapterドライバーとして、USB Serial Adapter Installer version 1.5.1が配付されていました。

WACOM社から、ArtPadfanUSB用ドライバー、V4.20J1・Macが配付されていました。(まるわMac倶楽部さん情報ありがとね)

D-Storm社から、LightWave 5.6 -D-アップデータ 日本語版が配付されていました。

iMac400店舗一括導入プランを白紙にされてしまった副会長、まだまだ日本の企業は系列を保護しまくりで全然ダメ〜。




.
.

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club.
All rights reserved. Site design by BRESTO, Inc.
「Macintoshは米国アップルコンピュータ社の商標です」
GigaHit