May 1999 MACお宝鑑定団 
Mac News Link Mac関連雑誌ライターLink H氏からの手紙
Read me Bench mark History
先週のNews バナー広告募集 counter


act2


Shop IPS


Macintosh WIRE

1999/05/08

Apple InsiderがWallStreet 1.5と位置付けられたコードネーム101に関して、最終的な予想とした内容を詳しい解説画像とともに掲載していました。それによるとラッチ部分の形状が変更され、背面ポートの実装部分が大幅に修正されているようです。この101の最大の特徴はRAGE 128 LTが搭載される事のようです。(G3銅も忘れないで)ただFireWireポートはやはりないようです。(ていうかVAIOのiLinkは電力供給しないんだよね、バッテリー消耗しちゃうじゃん)

ZDTVが5月10日に行われるWWDC 99の基調講演を生放送すると発表していました。

MacCentralによると、Casady & Greene社がMacintoshの起動時間を短縮するソフトウェア「Speed Startup 1.0($19.95)」を発表したと伝えていました。

No Wires Needed社が、11Mbpsの性能を持つMacintosh&iMac対応の無線ネットワークハブ、Pelican 1100 Wireless Hubを発表していました。5月11日からラスベガスで開催されるNetworld + Interop showで展示されるそうです。(3Comも無線ネットワーキングを、視野に入れてるんだよね)

StrataUSERGROUPのホームページが公開されていました。ソフトのFAQやMLの紹介などがあり、また、ユーザーのギャラリーも用意されていました。(松澤さん情報ありがとね)

東京の上野駅に巨大なYum.のポスターが貼られているそうです。5色iMacが扇状に配置されたデザインがされているようで、これは明日9日まで掲載されているそうです。(lynmockさん情報ありがとね)

MacWeek-Jによると、ドイツのFormac Elektronik社がOpenGLアクセラレーション機能を組み込んだPermedia-3グラフィックプロセッサ(これ自体は3Dlabs社製品)を搭載したグラフィックカードを出荷すると伝えていました。どうやらこれはProMedia 3D Proの上位製品みたいです。

MacWeek-Jによると、フォーカルポイントコンピュータ社がFormac Elektronik社c製iMac Rev.A/B用のSCSIカードにテレビチューナー、デジタイザー、画像入出力とTeletext機能を追加したニューモデル「iProTV」を5月中旬より発売すると発表したと伝えていました。販売価格は5万円前後のようです。

MacWeek-Jによると、Live Picture社がLive Picture 2.6.2を最後にこの製品の開発を中止し、コンシューマー向け製品ラインであるフォトエディタLivePixなどに主力を移すと発表したと伝えていました。

ディアイティ社がUSB Port for DesktopがMacintoshの出荷を開始したと発表していました。またグッドウィルAppleParkにFarallon製品が豊富に在庫されていると紹介していました。

ロジテック社が、USB対応のスケルトンボディのPCカードリーダー「LPM-CA20USB(¥13,800)」と、4ポートUSBハブ「LUB-HUB4S(¥8,800)」をそれぞれ5月中に発売すると発表していました。

マクロメディア社が、同社の製品であるFireworks 2Macworld onlineのグラフィックソフトの特集記事 「FOCUS ON:Getting the Picture」 にて、競合製品との比較の結果、 Fireworks 2 が最も優れた製品であると絶賛されたことを喜ぶ内容を掲載していました。

アップルがSE Technical Noteに、No.0319 : インターネット接続アシスタント、Appleインターネットスタータキットのオンラインサインアップサービスについてを追加していました。

アップルがサウンド&ミュージックページに、GAROのメンバーである大野真澄 マック奮闘記 総集編を追加していました。

Sonnet Technologies社がAlchemy&Gazzele用のG3アップグレードカード、Crescendo G3/L2シリーズを値下げしていました。(Thanks! Joy J.I. Hsu)

・Crescendo G3/L2 400/1M $799.95
・Crescendo G3/L2 300/1M $499.95
・Crescendo G3/L2 300/512K $399.95
・Crescendo G3/L2 250/512K $299.95

日本ビクター社が、コードレス留守番電話機「アイスパレットシリーズ」の発売を記念して、iMacなどが当たるプレゼントキャンペーン(6/10まで)を行っていました。

AppleがWWDC 99におけるSteve Jobs氏とAvie Tevanian氏の基調講演が、当初の予定と異なり統合して行われる事になったため、衛星放送による放送時間が変更になったと案内を出していました。

Mac the Knife「O Canada!」によれば、Corel社がWordPerfectをMac OS Xネイティブアプリケーションにする計画を立てているらしいと伝えていました。またWWDC 99においてはMacOS 8.6は発表されるだろうが、次世代PowerBook G3 seriesと噂されているコードナンバー「101」が発表されるかどうかは確信が持てていないようです。

先日配付が開始されたRealPlayer G2 for Macintoshですが、ASCII24によればRealNetworks Conference '99において、同社のCEO Rob Glaser氏の基調講演で発表されたんだそうです。ちゃんとAppleのiMac CMを再生して見せていたようです。

Appleが、Disk Copy 6.3.3日本語版を配付していました。Mac OS X サーバのマッキントッシュ互換アプリケーションでディスクイメージをアクセスする機能や、USB フロッピーディスクドライブからのフロッピーを作成するためのサポートなどが追加されています。

act2社がOn Guard 3.2Jアップグレードキット(要シリアルナンバー)を配布していました。(Weekly Macintosh NEWSさん情報ありがとね)

TOTOKU社が、CV-Xシリーズ CV921X、CV821X、CV721X用のICCプロファイル作成ソフトウェア、Colorific version 2.4.3を配付していました。

SoftRAID社から、SoftRAID 2.1.6日本語版 Updaterが配付されていました。

Casady & Greene社から、Conflict Catcher 8.0.5 Updateが配付されていました。MacOS 8.6に対応するためだそうです。

Griffin Technology社から、iMate Driver 1.0.4が配付されていました。

FWB社から、FWB Hard Disk ToolKit 3.0.2 Updaterが再配布されていました。

ASCII24のiWeekレポートに、西団長のシルエットが写ってるみたい?

KenOfficeさん主催のi teriorを囲む会に参加するため静岡に行ってました。でも集まった人達はいつもの人達、目的の為にはやはり人選が必要かも?(笑)

ずっとダミーケースだとばっかり思ってた。あれそのまんまだったのか、、、期待し過ぎは良くないね。ちなみに目標とされる性能にはまだ届いていないらしい、、


イメーション(株)

PDAショップ、Vis-a-Vis(ビザビ)


パソコン関連書籍宅配便

1999/05/07

macchatによれば、D&AD:British Design & Art Directionn賞1999年度の金賞として選んだのはiMacただ1つだけだったと伝えていました。

PowerBook ZoneがiMacとPowerBook G3 seriesが発表されて1年を迎えたと伝えていました。それによるとiMacは120万台、PowerBook G3 seriesは20万台販売されたと掲載していました。PowerBook ZoneでもLombardに関しては、WallStreetからそれほど変化していないようなことを臭わせています。

共立電子のホームページ「シリコンハウス」で、近日中にiMac用ボディカバーパーツ「カニの抜け殻」が入荷し、予価¥24,800で販売すると掲載していました。(山中さん情報ありがとね)

MacInTouchによれば、MacTell社がFireWire対応外付けHD Drive「FirePower FireDrive」を発売したと伝えていました。価格は8.4 GHDが$499、10.1 GHDが$699、14.4 GHDが$899だそうです。でもこれかなり大きそうですね。

iMac Stationによれば、アップルが「iMacパワーアップCD-ROM」を、アップルのユーザー登録をした人を対象に送付していると伝えていました。

Lucas Learning社が、Star Wars : Episode Iにちなんだゲームソフト「The Gungan Frontier」のデモ版を配付していました。環境シュミレーションソフトみたいですが、なんと!30MBもあります。

Panasonic社が、iMac用スーパーディスクドライブLK-RM934UZに関して、デバイスドライバV1.4の制限事項についての注意事項を掲載していました。これらの問題を解決するための修正版デバイスドライバ・バージョン1.5は5月中旬頃に配付される予定だそうです。

マクロメディア社が現在、Director Macintosh版のハードウェアキーを、Macintosh USBに対応させるための交換サービスを行っていますが、そのUSBキーを画像で紹介していました。

東@Sugamo Macintosh User's GroupさんがiWeekの会場で得た情報によると、ヤノ電器がFireWire対応外付けHD Drive「Cerulea B.B. 4GB/10GB」の出荷を近日中に開始するようです。ただFireWire対応外付けMO Drive「CeruleaR.B. 640MB」は、MacOSのFireWireがロングパケットに対応できていない(注:確か、こう言われていたと思いますが...間違っているかもしれません)」ので「下手すりゃ USB接続タイプのMOより遅いかもしれない」程度の転送スピードしか出せず「出荷できるレベルの物に仕上がっていない」という状況である為に、「もうしばらく待っていただきたい」とiWeekで担当者が話していたそうです。またUSB接続トランスルーセントMOとして発売を開始した「U640MO-01」に関してですが、FireWire接続ユニット(現在のUSBユニットと付け替えるだけで使用可能)の開発が順調に進んでおり、 8月には発売を開始できる予定となっているようです。

Pacific Software Publishing社が、米国 GT Interactive 社 MacSoft ブランド「Duke Nukem 3D」 を、オンラインストアーで予約販売の開始を行っていました。

ソフトウェア・トゥー社が、5月20日から「GoLive CyberStudio 3日本語版」を、通常価格56,800円から大幅に引き下げ、特別価格29,800円の限定プライス版を販売開始すると発表していまいた。

AppleがDesign & PublishingにスケボーのスターTony Hawk氏が登場していました。また5月1日〜9日の期間限定で、母の日キャンペーンとして、iMacとEPSON Stylus Color 740を$1,379で販売しています。

Motorola社がPowerPC 750/233MHzか350MHzを搭載した「PPMC750 Processor PCI Mezzanine Card」を発表していました。画像はこちらに掲載されています。

KryoTech社が、AMD-K7を1GHzで稼動させたパソコン「Super-G」をAMD株主総会でデモンストレーションし、このマシンを年内に発売すると発表していました。AMD社と共同開発した独自の冷却システムを使用しているようで、オーバークロックではないと説明されています。(なんと!1GHzオーバーにK7が一番乗りしちゃうみたいですね)

Appleが、Mac OS Runtime for Java 2.1.2を配付していました。

Sony Communication Network社から、PostPet ver2.01アップデート(修正版)が配付されていました。

ネットワークアソシエイツ社から、ウイルススキャン for Mac v5.9.1用ウイルスDATファイル、バージョン:990501が配付されていました。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・インターネットSOHO実践ガイド/NECクリエイティブ ¥1,429(4-87269-119-9)


Ken Office

株式会社企画室ゆう「PLUS YU iMac Order Desk」

SOFTWARE Too

1999/05/06

太古の使者は伝えてきました。我々は次世代ノートブックを見つめています。それはとてもWallStreetに似たデザインの中に納められていて、いくつかのパーツ部分は配色がされていない物が含まれています。背面ポートは明らかにWallStreetに似た穴が開けられていますが、それを正確に使用するものが備わっていません。しかし300MHzでは付属する性能表と同じ値が出せないでいます。おそらくもっと高い性能値を彼等は目標としているように思えて成りません。我々はそれがいつ完成に至るのか、知ることが出来ないということ。(もっと情報を求めます。)

MacWeek-Jによれば、月曜日の証券取引市場で、株価が$50の値を記録したとつたえていました。すぐに反落したようですが、その動きは小さなものだったようです。この$50という値段は、企業がコンピュータを納入する場合に、指定業者として名前が必ず上げられるようになるようなので、Appleとしては1つの目標だったと予測されます。(謎のアナリストが1年前に語ったことが、現実になってしまった。)

AppleがWWDC 99におけるセッションに関して、「AltiVec Workshop」を追加していました。それと以前伝えた「Labs & Workshops」のページですが、無くなってました。どうやらApple自らフライングしてしまったようで、見れた人はとてもラッキーだったということみたいです。(笑)

Ken OfficeiTeriorページを更新していました。

MacFixItによれば、Appleが月曜日に全シード・デベロッパーに対してMacOS 8.6 GMを配付したようだと伝えていました。

MacInTouchによれば、Newer Technology社がFireStorm AVの出荷が7月移行に遅れそうだと発表していると伝えていました。なんらかの理由で再設計されているとのことです。

MacOS Rumorsが「FontSync」という技術をAppleが開発しているらしいと伝えていました。またサブページの次世代iMac「C2」と次世代Power Macintosh G3 「Sawtooth」のページを更新していました。C2はG3/350MHzか366MHzでサウンド機能が大幅にアップされるらしく、少しデザインも手直しされるようです。Sawtoothに関しては、G3/450-650MHz搭載機種はビジネス向けで 、G4/450-600MHzがクリエイティブ向けだとしています。(ハードの細かい仕様は、カタログ的にはすでに可能な部分もあるんだよね。ただ高いからやらないだけと思う)

Nestle Japan社が、iMacなどが当たるミロCAN インターネットキャンペーン(6/30まで)を行っていました。

murauchi.co.jp社が、WINDOWS WORLD Expo 99への出店を記念して、iMacなどが当たるプレゼントキャンペーン(6/01まで)を行っていました。

Mac関連雑誌ライターLinkを大幅に更新しました。(かなり減ってしまってます)

ZDNet-Jによると、Embedded Processor ForumでIBM社とMotorola社が設計にあたっている組み込みPowerPCプロセッサ「Book E(コードネーム)」について説明したと伝えていました。

日本からWorldWide Developer Conference 99に参加される方がいましたら連絡していただけると嬉しいです。(いくつか買って来て貰いたい物があるんです^^;)

AppleがQuickTime 4.0b22を配付していました。QuickTime Updaterが有効的に働く瞬間が見られます。(軽井沢通信さん情報ありがとね)

Network Associate社から、Mac DAT File for Virex1999-05-01が配付されていました。

RealNetworks社から、RealPlayer G2 for Macintoshが配付されていました。

VST Technologies社から、VST SuperDisk Drive Installer 1.0.1が配付されていました。(「新し物好き」のダウンロ〜ドより)

電机本舗社から、Macintosh版 携帯ほいほい Ver2.5.0本体のみアップデータが配付されていました。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・デジタルイメージギャラリー 1999/インプレス販売 ¥4,800(4-8443-1260-X)


有限会社サイバーグルーヴ


有限会社ブイロジック

iDee

Mac Fan internet

1999/05/05

昨日の23時頃にとうとう1千万アクセスを達成できました。これも支援して下さるスポンサーの皆様や情報を提供してくれる読者の方々、そしてMACお宝隊員のみんなによる努力によるものと思っております。今後ともMACお宝鑑定団をよろしくお願いいたします。

Apple Insiderによれば、AppleがMacOS 8.6をWWDC 99におけるSteve Jobs氏の基調講演に合わせて発表し、直ちにダウンロード出来るようするようだと伝えていました。(最低でも8ヶ国語以上だよね?)またLombard/101も発表されるかもしれず、これはUSBポートを持ちFireWireポートは装備されていないいないようだと伝えていました。400MHzを超えるCPUが搭載され、またグラフィックチップはRAGE 128のカスタムバージョンATI RAGE 128 LTを搭載しているらしいと伝えていました。またケースは新設計ではなく、WallStreetのケースを手直した物が採用され、FDドライブ、ADB、シリアルポートなどは装備されていないようです。(ひょっとしてジェントルなグレイ?)そしてPower Macintosh G3 (Blue and White)に450MHz版が、WWDC 99近辺で追加発表されそうだとも伝えていました。(スライドすると思います)、しかし、コンシュマーポータブルに関しては確信出来る情報が得られていないようで、あやふやになっています。(Lombardのパっと見は、そう違わないという噂は事実だったのだろうか?)

Apple Insiderによれば、IBMのVivaVoice開発チームにMacintosh用を開発する部署が出来たらしく、iMac向けとして$49.95で販売することを目標に作業を進めているらしいと伝えていました。

アップルがApple Developer ConnectionのFAXによる問い合せ先を、とうとう本社に変更しちゃってました。FAX:001-800-277-53248(国際フリーダイヤル)だそうです。

AppleのStar Wars: Episode Iのページで、Star Warsの新しい4つのテレビ用コマーシャルムービー「QUEEN AMIDALA ONE WILL」「QUI-GON JINN ONE DESTINY」「ANAKIN SKYWALKER ONE DREAM」「SHMI SKYWALKER ONE LOVE」が公開されていました。

5月3日付の信濃毎日新聞で、長野市の北方、上水内郡三水村にリンゴに関する、図書、作品、映画その他色々な情報を集めた総合施設「アップルミュージアム」で、同施設で昨年iMacを導入し、このほど、同施設オリジナルのゲーム「りんご3兄弟」を制作したという記事が掲載されていたそうです。(伊藤さん情報ありがとね)

AppleがTIL-24896で、Apple Network Assistant International English Z-versionにANA 3.5.2 Updaterを使用することをAppleが認め現在調査中だと告知していました。これはフランス語版やドイツ語版では発生しない問題だそうです。

AppleがTIL-58321でPower Macintosh G3 (Blue and White)にZipドライブを搭載するには、どのようなメーカーの製品でもATAPI仕様のZipドライブなら搭載可能だと説明していました。フロントベゼルについては、販売店でAppleサービスパーツとして取り寄せが出来るとしています。(しらなかった、サービスパーツの単体売りは止めたと思っていたのに。)

FWB社から、Hard Disk ToolKit 3.0.2 Updaterが配付されていました。

すごいこの2コマ・マンガ(笑)でも吹出しは「There isn't it fast at all」の方が正しいかも?

昨日、旦那がギャル連れで名古屋途中下車してきて暴れまくり、今日はRIKIBON一族がやってきて「従兄弟」を自己襲名してました。しかしMacintosh Portableでモバイルするとは感動しました。(PineAppleさんの「PowerBook 祭り」行きたかった;_;)

B'zの511万枚を抜いて、史上最高の524万枚を記録したらしい。


MJ SOFT Mac館

株式会社IMAGICA


有限会社クワッドエレメンツ

1999/05/04

AppleがSteve Jobs暫定CEOによる基調講演に関してのプレスを発表していました。ここに初めてだと思うのですが、衛星放送のチャンネルが掲載されていました。KU-BandとC Bandが用意されているようです。日本でも見れるかどうかは私にはちょっとわかりません。(わかる方詳しく教えて下さい。)

AppleのWWDC 99ページにある「Labs & Workshops」をよく見てみると、Sonataのテスティングラボが会場に設置され予定になっているようです。またMac OS XのDeveloper Previewバージョンが配付される予定らしきことが掲載されています。

6月1日からカナダのトロントで開催される「NewMedia 99」において、6月3日の基調講演をApple QuickTime Product Marketing Director Frank Casanova氏が行うと告知されていました。Casanova氏はCD-ROM制作やDVD ROM制作において、いかにQuickTimeテクノロジーが主要な位置をしめているが説明し、また新しいアプリケーションも紹介する予定らしいです。

Global Village社がApple USB対応の56k/FAXモデム「TELEPORT USB 56K」を発表していました。Macユーザーにはお馴染みのケースですが、ちゃんとトランスルーセントしています。

AppleScript Users Groupが5/1から行っているネットワークゲーム「e-mailバトラー」(電子メールアドレスで行うビンゴゲーム)は、3日までに66人の参加者を集め、立野コレクションを今回出展した立野さんや魚井先生が参加しているそうです。さらに、本人でないながらも各種有名人のメールアドレスが参戦。このシステムはQuadra 840AV上でファイルメーカーProとAppleScriptにより稼働しているとか。5/4いっぱいまで参加受け付けを行っているそうです。

MacNNによるとMetrowerks社が、6月に$450で出荷を予定しているCodeWarrior Release 5に関して、このリリースバージョンからMacintoshとWindowsはそれぞれの別の製品となり、それぞれのプラットフォームに特化したモノになるそうです。さらに、これまで1年に2回バージョンアップしていたのを1回に変更されて、アップデーターなどのサポートはMetrowerksのWEBからダウンロードしてもらう方式に変更されるそうです。加えて、Mac OSに関してはRelease 5以降はついに68kとPascalのサポートを中止するそうです。(Nanko隊員より)

MGLによると、AppleのOpenGLソフトウェアに対応したゲームソフトとして、Dirt Bike 3D 1.6 betaが配付されているそうです。

Mr.GROOVE光るiMacマウスを製造し、その手法を公開されていました。

MacNNにあるリセラーから寄せられた情報によると、The AppleStore USでFlat Panel Apple Studio Displayの値段が先週と比べて$200も上乗せされて$1,299で販売されていると伝えてきたと掲載していました。販売店もこの価格に困惑しており、仕切り値(MAP?)がディスプレイのコスト上昇のために上がったためではないか、との憶測があるそうです。(Nanko隊員より)

AppleがHot Newsで、Star Wars Episode 1のムービーが1千万ダウンロードを記録したと伝えていました。また、QuickTime 4バージョンは100万ダウンロードを超えたそうです。

Mac the Fork「Ruby」が更新されていました。

Strategic Simulations社から、ゲームソフトImperialism II: Age of Exploration用としてImperialism II v1.02 Updaterが配付されていました。


1999/05/03

日経NeTによれば、Appleが元フォルクスワーゲン社のマーケティング担当幹部だったスティーブ・ウィルハイト氏を、Appleのマーケティング担当副社長としてスカウトしたそうです。VWではニュービートルの広告宣伝を担当していたそうで、今後Appleが家庭向けノート型パソコンなどを投入する予定のため、同氏の指揮の元、積極的な広告宣伝、マーケティング戦略がされるそうです。(この人ってVWで更迭された人とは違うのかな?)

先週MacWeek-Jが報じた、Avid社がNTへの移行を認め、MediaComposer8.0以降はMac版の開発をしないという内容に関して、Avid社が「Macintoshプラットフォームを見捨てるというmacweek.comの間違った引用を元にした記事がe-mail、オンライン業界紙、ニュースグループを駆け回ってしまいました。ここで少々お時間を拝借して、この誤解を晴らしておきたいとおもいます。Macintoshプラットフォームは我々の戦略の中で引き続き重要な一部であることを皆様に保証いたします。」とコメントしたプレスを発表していました。(MASABOYさん情報ありがとね)

まるかいによれば、5月20日から23日に開催される第38回 静岡ホビーショーにて、ガレージキットメーカーWORKよりi-Macのミニチュアモデル「i-BOX」が発表されると伝えていました。7月10日からの発売で、価格は12,000円だそうです。(MacTreeより)

iWeek関連のレポートページを紹介しておきます。後今日を含めて残り2日ですが、スタッフの皆さんガンバッテ下さい。

・MacWeek-J「大阪で開催中のiWeekを速攻レポート
・日経MAC.COM「iWeek,にぎやかに開幕盛況だった原田社長の基調講演
・iMac Station「iWeek'99レポートページ
・iMac User Group「iWeek実況レポート
・アイマックファン「iWeekファン
・AppleScriptユーザーズグループ「iWeek REPORT

5/2 18:30 からの日本テレビ系列(私は神戸なので読売テレビ)のスポーツ番組「独占!(スポーツ情報かな?)」でデトロイトタイガースの木田優夫投手がホテルでPowerBookを立ち上げて使うシーンが放送されていたそうです。(こうじろうさん情報ありがとね)

MacInTouchによれば、FWB社がHard Disk Toolkit-Personal Edition 3.0を5月に発売すると発表したと伝えていました。価格は$79でアップグレードは$29だそうです。

MacSpeedZoneで、PowerPC G4に関してのリンク集が公開されていました。オフィシャルから噂まで網羅されています。

Appleが開発ツールMPWのページを更新していました。

今月のFineによれば、彼女、学校、その他ではMacも使っている様子。「Macのほうが色んな事できる」、なんて発言も載っているそうです。(sinozakiさん情報ありがとね)


1999/05/02

3時間半だけ「MacDays in GW -iWeek-」を見に行って来ました。さっそくレポートページを御覧下さい。

アップルが「Tell Us −ご意見・ご要望に関して−」のページを公開していました。Click&Pressさんの手紙によって、Holly'sさんがiWeekで当日手紙を原田社長に渡す事を事前に知って、このページの公開日を合わせたというにくい演出がされてます。

iWeekにちなんで、iMacUserGroup最愛のiMacを創る会の合同OFF会が5/3に大阪で行われるそうです。まだ定員に少し空きがあるそうですので、今日の午前中までに、こちらからお申し込みくださいとのことです。

PowerLogix社がTOYOTA CHAMPIONSHIPの開催を記念して、PowerForce G3 ZIFのSpecial Saleをしていました。(実質的な値下げかも?)特にPowerForce G3 ZIF 466/233/1MBは定価$1499が半額の$799という破格の値段になっていますね。この値付けを見ますと、G3 400MHzと466MHzの単価はわずか$50しか違わないみたいですね。一番高いのは2次キャッシュか?(Nanko隊員より)

・PowerForce G3 ZIF 333/222/1MB $529
・PowerForce G3 ZIF 366/183/1MB $579
・PowerForce G3 ZIF 400/200/1MB $639
・PowerForce G3 ZIF 400/266/1MB $749
・PowerForce G3 ZIF 466/186/1MB $649
・PowerForce G3 ZIF 466/233/1MB $799

Mac OS RumorsがUnicodeのファイルネームとHFS+ファイルシステムのさらなるサポートは、Sonataで完全にサポートされる予定だ、という内容を掲載していました。ただ、URLの上に「Mac OS 8.7、Apple社内では現在8.7d4が開発中である」と書かれてありました。もう社内ではDevelopeバージョンがあるのですね。




.
.

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club.
All rights reserved. Site design by BRESTO, Inc.
「Macintoshは米国アップルコンピュータ社の商標です」
GigaHit