June 1999 MACお宝鑑定団 

Mac News Link Mac関連雑誌ライターLink H氏からの手紙
Read me Bench mark History
先週のNews バナー広告募集 counter



リンククラブ

Ken Office

株式会社企画室ゆう「PLUS YU iMac Order Desk」

SOFTWARE Too

1999/06/12

アップルが先日発表したNew Power Macintosh G3の450MHz版に関して、店頭出荷日が6月19日となったと発表していました。

アップルがABPSで、アップルのサポートに関していくつか新しい内容を発表していました。発表されたのは新しく開設される予定のコールセンターについてで、意見や要望を受け付けつけるようになった「カスタマーインフォメーションライン(CTL)」と、有償化することでサービスの充実を計った「アップルケアサポートライン(ASL)」を始めると発表していました。また現在本社Appleのページで展開されているBBS形式のサポートサービス「Tech Exchange」と、検索などが行えるデータベース化された「Tech Info Libray」のサービスも行なう予定である事を明らかにしていました。なお、これらの開始時期に関しては未定だそうです。

アップルがABPSで正式にPowerBook G3 seriesにおいて、RATOC社の「REX-CBFW2」とNewer Technology社の「FireWire 2 Go」などのFireWire CardBus PC Card製品に関して公式なサポート環境を発表していました。その対象となる環境とは「Mac OS 8.6 + FireWire 2.1 + QuickTime 4.0」であるとしています。FireWire 2.1とQuickTime 4.0に関しては、各製品にバンドルされると以前から案内はされていましたが、必要条件であるとは厳密に案内はされていませんでした。

AppleがTIL-58405でPowerBook G3 series(Bronze keyboard)にメモリーを増設した後に、ヒートシンクを付け直す際、ディスプレイ・ケーブルの上のフェライト・ビーズがヒートシンクの下にはさまらないように確認して欲しいと画像とともに紹介していました。これがヒートシンクの下に挟まっていると、キーボードに多少の歪みが出るそうです。

アップルが、Software Tech Info Library 日本語版PowerBook Tech Info Library 日本語版を追加更新していました。いくつか日本語環境での内容が追加されています。

AppleShare サーバソフトウェア(日本語版)の対応 OS について
Apple 製ソフトウェアの Mac OS 8.6 との対応状況について
Apple ネットワークアシスタント 3.5 : Mac OS 8.6 をリモートインストールする方法

アップルがMacintosh Sever G3ページを更新していました。それに関連してアップルが現在公開しているAppleShare IP 6.2 の新機能レポートの中で特にセールスポイントとしているのは、ホームディレクトリー機能スパムメール対策だそうです。(IP 6.2からiMacも動作サポート機種になってます)

アップルがMacintoshについてQ&Aページを更新していました。

アップルがUSB周辺機器データベースを公開していました。

アップルが「NewTek World Tour '99 in Tokyo」のお知らせを掲載していました。

アップルが、6月19日に行なう予定のサードパーティデモ&ユーザグループ懇親会に関しての案内を掲載していました。今回はエクス・ツールス社のデモなどが予定されているそうです。(ガメラを持ってきて欲しい)

Apple Insiderによれば、JCPenney社の販売カタログにiMacが載り、それが秋頃からスタートするようだと伝えていました。またJCPenney社の幹部にAppleが送ったパンフレットの中に、StrawberryカラーのPower Macintosh G3があったようだとも伝えていました。

スウェーデンの家具チェーン店IKEAの香港・沙田店に大量の iMacが出現していたそうです。どれも売り物ではなく、商品の家具のディスプレーを演出するためのインテリア小道具として用いられているそうです。5色全色そろっているそうですが、iMacデモ展示販売店で良く見られるような、中身のない匡体だけだそうですが、これにはキーボードが付属しているそうです。(酒造さん情報ありがとね)

PC Watchによると、松下電器社が、6月10日に発売を予定していたMacintosh用のDVD-RAMドライブ「LF-D102JA」の発売を9月10日に延期したと発表したと伝えていました。何でも、Mac OS 8.6のUDFファイルシステムドライバーの検証遅れだそうです。

Macnutという謎のサイトが、PowerBook G3 Series (Bronze Keyboard)のRAMの増設の仕方とHDの換装方法をWebに載せていました。(Nanko隊員より)

コンピュータ・通信などの専門検索サイト「Find'X」が期間限定の緊急ディレクトリー「Mac OS 8.6」を開設していました。これは7月12日までの期間限定だそうです。

エルゴソフト社が、同社製品のMac OS 8.6対応状況を更新していました。

インタウェア社が、PicPom TV PCI リリース2用のPowerMac G3 B&W専用バージョンドライバーを配付していました。

FileMaker社から、FileMaker Pro 4.1v2 Updaterが配付されていました。

「30分時間潰して来てくれって言われたんだよ〜」て、暇つぶしの相手をさせられた会長、、、「う〜ん報告しておきます」いやそうじゃなくて、直るか見ていただかないことには、、結局Palm Vで盛り上がるのであった。


有限会社サイバーグルーヴ

有限会社ブイロジック

iDee

1999/06/11

複数の情報筋からの情報によれば、アップルが明日発売すると発表しているPowerBook G3 series(Bronze keyboard)に関して、出荷出来る数が市場の要求量に比べて少ないことから、iMacデモ展示販売店を優先して出荷を行なうようです。あるショップでは割り当て台数が0と報告されたショップもあるようで、また次回の入荷も全く未定とアップルは回答しているようです。しばらくは混乱が続きそうですね。

MacNNによれば、Appleが今月予定しているPowerBook G3 series(Bronze keyboard)の出荷台数は35,000台だと伝えていました。

Apple Insiderによれば、AppleがMACWORLD Expo NY 99でC2と呼ばれるiMacの次世代製品を発表する可能性があると伝えていました。それによるとケースデザインが見直され、メモリーの増設等が容易になった新しい物に置き換わるそうです。(ということは下側がカラクラみたいにガッコって抜けるのか?)またディスプレイは15インチとなり、HDがUltra ATA仕様に置き換わるとしています。(これはFireWireの為でしょうね)またクロックは366MHzとなるそうです。

Apple InsiderがMotorola社のG4を搭載したSawtooth出荷の目標時期に関して伝えていました。ある1人の情報筋によれば、8月に行なわれるSeybold San Franciscoだとし、450-550MHz G4を搭載していると伝えていました。(う〜んわからん)

MacWIRE Onlineによると、フォーカルポイントコンピュータ社が、独Formac製PCIビデオカード「Proformance III」を6月下旬より発売すると発表したと伝えていました。

Ken Officeがホームページを更新し、iTerior1のカラーバリエーションを追加していました。

メルコ社が、ライト4倍速・リード20倍速の性能を誇るiMac用内蔵CD-Rドライブ「CDR-I420/IM(¥56,000)」を発売したと発表していました。(iMacerさん情報ありがとね)

AppleがSoftware Updateで異例とも思えるドキュメントを配付していました。その内容はQuickTime 4.0に関する内容で、現在配付されているQT4は北米版Mac OS用なので、それ以外のMac OSユーザーは、それぞれのローカライズバージョンが出るまでインストールしないようにという注意が記されています。

マクロメディア社が6月16日〜18日にかけて東京国際フォーラムで開催される「Macromedia Japan User Conference 99」に関して、アップルによるセミナー内容が一部変更されていました。変更されたのは、17日に行なわれる「アップルインターネットソリューシ ョン」(このセッションは無料です)で、「QuickTime4 最新情報」へと変更されています。なお18日の「Dreamweaver 2 ColdFusion & WebOjects」(このセッションは有料)は変更ありません。

AppleがPowerBookページに、PowerBook G3 series(Bronze keyboard)のQuickTime VRムービーが公開していました。

アップルがApple Scriptページを更新していました。

ミューズテクス社が、DigitalPerfomerと2408HDRSがセットになった「ディジタルパフォーマー2408エクスパートバンドル」の発売を開始したと発表していました。

マックトピアの私達が作ってますページに「Office 98 販売促進 CF No.1(4.6MB)」というQuickTimeムービーがいつのまにか追加されているのを発見!そりゃもう爆笑もんでっせ(笑)

エヌフォー・メディア研究所から、味岡伸太郎かなフォント用の詰めデータ生成ツール、味岡かな詰めメーカーが配付されていました。

ヤノ電器社から、USB MO 1.0.1が配付されていました。

FileMaker社から、FileMakerPro41v2Updateが配付されていました。

今日はApple Business Partners Seminar大阪開催に参加するため出張中。日本橋初体験なるか?

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・CG検定対策講座3級 PART I 理論編/ボーンデジタル ¥2,000(4-939007-12-X)
・CG検定対策講座3級 PART II 実践編 3D Studio MAX/ボーンデジタル ¥2,000(4-939007-15-4)
・CG検定対策講座3級 PART II 実践編 Ray Dream Studio/ボーンデジタル ¥2,000(4-939007-13-8)
・CG検定対策講座3級 PART II 実践編 SOFTIMAGE 3D/ボーンデジタル ¥2,000(4-939007-14-6)


MJ SOFT Mac館

株式会社IMAGICA

有限会社クワッドエレメンツ

1999/06/10

Mac the Knife「I am Iron Man」によれば、AppleがHemingway(たぶんコードネーム)と呼ばれるコンシュマー向けソフトウェアーを準備しているらしいと伝えていました。どうやらこれはFinal Cut Proの廉価バージョンらしいですが、99年後半に登場する予定のFireWire搭載のiMacにバンドルされて登場するらしいと記されているのが気になります。また、QuickTimeチームが大幅にリストラされたようだとも伝えていました。

アップルが、QuickTime 4.0日本語版の発表時期に関して、7月上旬頃を予定していると、英語版Quick Time 4.0正式リリースに関するプレスリリースの中で伝えていました。

Apple Store JapanWebObjects 4.0.1 Developer バンドル¥198,000で販売開始されていました。

Apple Store JapanでPowerBook G3 series(Bronze keyboard)の注文が、裏技を使用しなくても普通に注文出来るようになっていました。(笑)

アップルがMac OS X Serverページを更新していました

イタリアの照明器具メーカーのアルテミデ社が、iMacをターゲットにした小型スタンド 「e-light」 をWeb siteに掲載していました。(Bandoさん情報ありがとね)

コンピュータ書籍の専門店「パソコン関連書籍宅配便」が、6月25日にビー・エヌ・エヌより発売される「PowerBook大改造計画 POWERBOOK ARMY VOL.1」の予約の受付を開始していました。現在キャンペーン中のため、予約した方には送料が無料になるそうです。

最強のSE/30を創る会の竹内氏の報告によると、QuickTime 4.0正式版を使用したところ、以前問題になっていた「SpeedDoubler8.0がインストールされていると、システム終了できない」といった問題が解消されたそうです。ちなみに、Beta版で、終了できなかったのは、QuickTimeに付属している"Sound Manager"が原因だったそうで、日本語版の「サウンドマネージャー」がインストールされている場合には、先の問題は発生しなかったそうです。しかし、「サウンドマネージャー」が無い状態で、QT4.0をインストールすると、"Sound Manger"がインストールされるため、これが原因で起動不能の原因となっていたそうです。

読者の苑田さんがREALbasic日本語版についての発売日をアスキー社に問い合わせたところ、現在のところ6月29日を予定しているとの回答を得たと報告してくれました。

イメーション社が、写真品質を実現し、印刷スピードを大幅に向上したCDRレーベルプリンター「CLP210」の出荷を開始すると発表していました。

MacNNにMicrosoft Macintosh Business Unit Product Manager Irving Kwong氏による、Office 2000とMac Office 98との互換性についてと、Mac版Office 2000についてのコメントが掲載されていました。Windows Office 97とOffice 98 Macintosh Editionとのファイルの互換性が99%という高い数値で実現されており、当然Office 2000とOffice 98 Macintosh Editionとのファイルの互換性に関しても戦略上とても重要であることを認識していると語っています。でも、Mac版Office 2000に関しては今のとろ計画はされていないと述べられています。このMac版Office 2000に関しては、すでにMACWORLD Expo Tokyo 98において、Macintosh Business UnitのGeneral Manager Ben Waldman氏の公式なコメントとして発言されていることで、承知の事実でしかありません。ロードマップ的には夏のNY EXPO 99でMicrosoft Internet Explorer 5.0 for Macintoshをリリースし、来年以降にMac版Office 2001(仮)をリリースする予定だと思われます。

CNET JAPANがMicrosoft社が公開したOffice 2000とMac Office 98との互換性につての内容に関して、MacNNと同様にMicrosoft Macintosh Business Unit Product Manager Irving Kwong氏のコメントを掲載していました。

Connectix社が Virtual Game Station上での動作確認ゲームリストを更新していました。

Pierre Design Newsによれば、アメリカ国内を対象にStudioPro 1.75 Blitzが無料で配付されていると伝えていました。送料$20は自己負担だそうです。

日経MAC.COMによれば、アップルが正式にMac OS X ServerMacintosh Server G3 with Mac OS X Serverの発売開始を発表したと伝えていました。

アップルがAppleShare IP 6.2 アップデートを配付していました。

Adobe社から、Illustrator 8.0.1J アップデートが配付されていました。(義兄弟@「新し物好き」のダウンロ〜ドさん情報ありがとね)

エーアイソフト社が、WXG Ver.4 for Macintosh公開βの配付を開始していました。

MACROMEDIA社から、Macromedia Flash player 4.0r7Shockwave 7.0d205が配付されていました。


act2

Shop IPS

Macintosh WIRE

1999/06/09

地球外生命体は囁きました。Proto 99は秋に飛び立つSonataを待ちません。Veronicaをチューンした専用のコードネームを与えられたSystemを装備しています。それが飛び立つ時期は非常に近いです。(情報を求めます)

アルク社から発売されている雑誌、English Journal 7月号(6/9発売)でSteve Jobs氏の記事が掲載されていました。また別売りのカセットテープ、CD版を購入すると、この前の幕張でのスピーチ(約十分間)が聴けます。(鈴木さん、小牧さん情報ありがとね)

昨日東京で行なわれたApple Business Partners Seminar東京開催にJOE副会長と本沢隊員が参加してきてくれました。具体的な内容の報告を、ここで掲載する予定はありませんが、鯉田氏->櫻場氏の後のスピーチが全然ダメダメだったそうです。

MacNNによるとElectronic Artss社が、SimCity 3000のMac版を夏頃に発売すると発表したと伝えていました。

大阪のソフマップ8号店4階にて、今月中毎日ジャンク系イベント「Macintosh特価連打」が行なわれるそうです。

iMacやPowerBook G3 seriesなどにバンドルされているFAXソフトウェアーFAXstfに関して、アメリカでFAXstf社が買収されたことに伴い、国内代理店がゲート社から、アレクソン社に移管されたそうです。

新しいPower Macintosh G3 (Blue and White)には、将来の増設用にZipドライブ 用のベゼルが、新たに同梱されているそうです。また、内蔵のATAの2台目用のマウンターにはビスまで付いていて、増設の仕方も付属マニュアルに記載されているそうです。(山田さん情報ありがとね)

THE REGISERによれば、Motorola社のPowerPCマーケティング部門担当 Will Swearingen氏が、開発は順調に進んでいて、今年の中旬頃には大量に市場に出ることになるだろうとの見通しを語ったと伝えていました。

イメーション社が、SuperDiskドライブ用の取り替えフロントカバーを発売していました。

GVCAlpha-Top社は主にノートブック製品をOEM製造する会社ですが、GVCにはもうひとつPalmax社という子会社を持っています。ここは主にこんな製品を製造しているそうです。

AppleがTIL-31007でAt Easeを使用するとネットワークコピーなどの速度が遅くなることを認め、現在それらを改善方法が無いことを報告していました。

日本で最初のホームページというページがあるのを知った。結構これが面白いっす。

Appleが、QuickTime 4.0正式版の配付を開始していました。ベータ版等を使用している方はQuickTime Updaterを使用するのが望ましいようです。(藤川さん、かねださん情報ありがとね)

アルプス電気社から、Micro Dry RIP 2.0.2J アップデータが配付されていました。

キヤノン販売から、BJ MacOS8.6対応用モジュール「ColorGear CMM Lite」 For Macドライバ V1.7.2が配付されていました。

Griffin Technology社から、iMate Driver 1.2 iMate Fiddler 1.0が配付されていました。

Global Village社から、GlobalFax 2.6.8GlobalVillage PC Card 2.200が配付されていました。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・Macで文字デザイン/グラフィック社 ¥2,000(4-7661-1107-9)
・イラストレーション リアル・ワールド・イラストレーション・プロジェクト/グラフィック社 ¥3,500(4-7661-1091-9)


イメーション(株)

PDAショップ、Vis-a-Vis(ビザビ)

パソコン関連書籍宅配便

Avenue-D

1999/06/08

Apple Insiderによれば、Appleが今年中に発売を予定しているコンシュマーポータブルP1(Proto 99)はMACWORLD Expo NY '99で発表されるようだと伝えていました。それによると、G3/300MHz/512kバックサイドキャッシュ、USBポート、10/100BASE-T、内蔵モデム、NetBootをサポートし、enablersを含んだMac OS 8.6を搭載しているそうです。またケースは多色の半透明(変えられるのか?)で、リチウムイオンバッテリーに少し小さめなスクリーンを装備しているそうです。また頑丈なLEXANケースには、机からの落下にも耐える耐久性を備え、スペースを取らない革命的なハンドルを持っており、重さは4ポンド(約1.8kg)のようだと伝えていました。またこの製品の登場により、アップルの4つのセグメントに分類されたハードウェア製品は、アキテクチャー、パワーマネージメント、I/O、ペリフェラル、システムソフトウェアーが共通化され、デスクトップパフォーマンスが得られるようになるとしています。(要は全てNewWorld Architectureになるってことね)

Mac OS RumorsもAppleのコンシュマーポータブルに関する情報を掲載していました。内容的にはほとんど同じですが、ATI 64ビットグラフィックチップ/2MBで832x624サイズ表示の11インチパッシブマトリックス液晶ディスプレイを装備し、ワイアレスLANとインターネットアクセスオプションが追加出来る拡張ポートを持っているとこちらでは掲載されています。

MacWIREによれば、アップルがPowerBook G3 series(Bronze keyboard)の発売日に関して、6月12日と決まったと発表していました。製品発表を行なってから、ちょうど1ヶ月遅れで出荷されることになるようです。

Apple Store JapanでiMac用のUS仕様キーボードと英語版のMac OS 8.6をセットにした商品が¥15,000で販売開始されていました。

Pacific Software Publishing社が、iMacにバンドルされているゲームソフトnanosaurを開発しているPangea Software社の新作ゲームソフト「Bugdom」を、JapanCentral.comでオンライン販売すると発表していました。現在は予約の受付けがされています。

アメリカのWisconsin州 Sheboygan というMilwaukee(野茂の所属球団が在る、都市)から、一時間程の田舎町に住んでいる李さんによると、近所のSearsでiMacが展示販売されていたそうです。展示されていたのは、ブルーベリー1色のみだったそうで、周辺機器等はいっさい無く、お客さんもさほど関心を示しているようには感じられなかったそうです。でも、これからはアメリカの、どんな所でも、iMacが買える用になったと言う事は事実だそうです。

アップルのページにあるリンゴマークが、6色から白一色に変更されていました。(三浦さん情報ありがとね)

アップルがWorking at Appleページの経験者採用ページを更新していました。(なぜかアップルについて2000年問題とアップルがアクセス出来ない?)

Macintosh Speed Newsによれば、Publish RGBが「Publishing Powerhouses」と題してPower Macintosh G3 (Blue and White)/400MHz(21モニター)とSGI 320 Visual Workstation/500MHz(17Wide TFT)との性能比較を掲載していると伝えていました。(コメントはちょっと、、)

Microsoft社がMacTopiaのページに、Microsoft Office 98 Macintosh EditionとMicrosoft Office 2000との互換性に関する情報を掲載していました。

デジタルオリジン社が、プロフェッショナルビデオ/オーディオ機器販売の豊富な経験を持つ東和インターナショナル社との国内代理店契約締結をしたと発表していました。

MacWIREによると、エー・アイ・ソフト社が「WXG Ver.4 for Macintosh」を99年7月23日に発売すると発表したと伝えていました。また明日から公開ベータ版の配付も開始されるそうです。英和/和英辞書が標準ってのがいいですね。

日経MAC.COMによると、AOLジャパン社が7月からAOL専用接続ソフトの新版「AOL4.0」のMAC版の配布を開始すると発表したと伝えていました。

The PowerBook Zoneが、イスラエルの新聞にApple design特集が掲載されていたと伝えていました。

Appleからデベロッパー向けツールとして、URL Access 1.0.1 SDKが配付されていました。

ヒューリンクス社から、Mac OS 8.6対応したコンフリクトキャッチャー8バージョン8.0.5アップデータが配付されていました。(PR)

エヌフォー・メディア研究所から、ART2EPS1 v1.0が配付されていました。

ジョルダン社から、空路時刻表データ6月有効分が配付されていました。

VillageTronic社から、VillageTronic 750/850 3D Glide 1.1が配付されていました。

Formac社から、Formac iProRAID 1.4.1が配付されていました。

パブリクエナミーのニューアルバムが、Atomic-PopからMP3データで先行配付(48MB)されていました。

三香園に空巣が侵入、幸いにも警報装置が働き被害はなし。もちろんタップも無事。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・Adobe Premiere & After Effects ノンリニア・マスター/ソフトバンクパブリッシング ¥3,800(4-7973-0732-3)
・ハイパーカード(31) ボタンコレクション/ディー・アート ¥2,500(4-88648-545-6)
・ファイルメーカーPro4.1 入門データベース作成術/ディー・アート ¥2,500(4-88648-546-4)


1999/06/07

MacInTouchの情報筋の話として、6月4日にQuickTime 4がゴールデンマスターを迎えたそうです。おそらくカナダで開催されていたNewMedia 99において行なわれた、Apple Worldwide Director of QuickTime Product Marketing Frank Casanova氏の基調講演に合わせたと考えられます。

マックトピアジャパンが更新され、林 信行氏のコラム「Apple's Eye」が更新されていました。またマッキントッシュ製品担当 プロダクト・マネージャ 鶴淵 現地特派員によるWWDC 99リポートも掲載されていました。それと、特集記事「Sherlock で情報検索の達人になろう」も掲載されていました。(用語に注釈が付けられているのを見て少し勉強させられた。)

AppleがSoftware Updatesページに、サードパーティー製品のドライバーデータを掲載(リンク紹介)し始めていました。現在紹介されているのは、Epson Stylus Color 740/740i ver.5.5IomegaWare ver.1.1.3Imation SuperDisk Driver ver 1.3.1 & ROM Update 1.0です。おそらくMac OS 8.1以降に含まれるようになったデータに関して、サポートをより簡単にする為と思われます。なお、デンマーク版、ノルウェー版、フィンランド版、オランダ版のMac OS 8.6 Updateが配付されていました。

Egghead.ComがMac OS X Serverソフトウェアーを$388.99で販売していました。Apple Store USとの差額は約$110にもなります。

MacCentalによれば、Avid社がMedia Composer Mac XL 8.0を発売したそうです。

MacCentralによれば、5月のホームページアクセスランキングでAplleのページが第49位(219万アクセス)にランクしたとPC Dataがレポートしているそうです。1日あたり約7万人ってことですかね。

コーシングラフィックスシステムズ社が、キューティアルバムで作成されたランタイムアプリケーション、WWDC99のレポートアルバムを配付していました。カンファレンスの雰囲気やサンノゼの空気が伝わるそうですよ。

電机本舗社から、携帯ほいほい Ver3.2.0 本体のみアップデータMacintosh版USBシリアルドライバーアップデータが配付されていました。

SONYってMDデッキやMDシステムコンポなどをVAIOでコントロールする事が出来る「MD-PCリンク」(MDデッキはMacにも対応)てのを自社製品に広めつつあるけど、iLinkじゃないってとこがミソなんだよね〜。つまりHAViじゃないってこと。

ウヒャ〜!PlayStation用の「スケルトンケース」くすぐり過ぎる!

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・ロジック・オーディオ(2) ver.3.5 ロジック・オーディオのやさしい使い方 下巻/龍吟社/リズム・エコーズ ¥2,400(4-8448-2130-X)


1999/06/06

スティーブ・ジョブズ氏とビル・ゲイツ氏の若き日の伝説を描いたドラマ「Pirates of Silicon Valley」が、TNTで6/20米国東部夏時間 20:00〜から放送される予定ですが、その予告編がQuickTimeムービーで放送されていました。(ゲンさん情報ありがとね)

ホンダ社が、ホンダ・オブ・アメリカ・マニュファクチュアリングにあるアンナ・エンジン工場製のV6エンジンを塔載して、ホンダ・カナダの四輪工場に新設された専用ラインで生産し、現在北米市場で先行発売しているフルサイズオデッセイを、国内でも「LAGREAT」として発売されますが、その専用ページが公開され、ラグレイトに関する多くの情報やイメージビデオがQuickTimeムービーで放送されていました。

クラシックのコンサートが多く行なわれる東京文化会館が、先日5/29に改修工事を終えて、リニューアルオープンしたそうで、ここにiMacが置かれていて、チケットや売店情報の案内に使われていたそうです。またDVDの販促デモ用には20th Anniversary Macintoshが使用されてたそうです。(まついさん情報ありがとね)

MacSpeedZoneでOwen W. Linzmayer氏が連載中のコラム「Apple Confidential」で、1991年10月にAppleのジョンスカリーとIBMのジャッククエラーと交わした「婚姻証明書」の話しを掲載していました。

リュウド社が、初代iMacやPowerBookなどのirDAポートを使用して、写真データが送信することが出来る「TranP Album(トランピーアルバム)」を発売していました。(マックナビさん情報ありがとね)

Mac OS RumorsがMACWORLD Expo NY 99でOracle社がMac OS X Server用のアプリケーションとして、 Oracle 8、Oracle 8i databasesなどが発表されるかもしれないと伝えていました。確かJavaベースだったような記憶があるんですが、もしそうならCocoa用ですかね?

CNET JAPANに、先日ドイツのc't誌が指摘したMac OS X ServerでのCGIバグに関して、Apple Products & Technology Media Relations PR Sr. Manager Russell Brady氏のコメントが掲載されていました。これはベンチマークのみで起こる現象で実際に問題になることは無いが、対処は考えていると回答したそうです。

CNET JAPANが台湾で開催されている「COMPUTEX TAIPEI '99」は、AppleのiMacによる影響のためか、とてもカラフルな製品が多かったと伝えていました。

Marc Moini社から、Startup Doubler 2.0が配付されていました。

TEXAS INSTRUMENTS社から、TI-Graph Link 2 for Macintosh ver 2.2b1が配付されていました。

Clarion社とMicrosoft社と共同開発した車用Windows CE 2.0搭載「Auto PC」ですが、これようやく値段が$1,300と決まって販売開始されたそうです。

どなたかPower Macintosh G3 (Blue and White)450MHzのベンチマークデータを送って下さいネ。




.

.


Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club.
All rights reserved. Site design by BRESTO, Inc.
「Macintoshは米国アップルコンピュータ社の商標です」

GigaHit