June 1999 MACお宝鑑定団 
Mac News Link Mac関連雑誌ライターLink Special
Read me Bench mark History
先週のNews バナー広告募集 counter


イメーション(株)

PDAショップ、Vis-a-Vis(ビザビ)

パソコン関連書籍宅配便

Avenue-D

1999/06/26

アップルが、「iMac お部屋自慢コンテスト」の応募要項を掲載していました。優秀作品に選ばれた10名に「Apple original Tシャツ」がペアでプレゼントされるそうです。

SANYO社が、動画クリップにQuickTimeフォーマットのMOV形式を採用したデジタルカメラ「DSC-X150」を、8月20日から発売すると発表していました。またオプションとして、QuickTime 3 Pro日本語版をバンドルしたパソコン接続キット「PCK-SX150」も同時に発売されるそうです。

ZDNet-Jによれば、あのなんちゃってiMacのデザインに関して、Appleが法律的観点から調査しているらしく、その件に関してFuture Power社のスポークスマン Kim Uberti氏が、Appleと話をしており、共同で声明を発表すると伝えていました。(Yo The Finlandiaさん情報ありがとね)

The PowerBook Zoneによれば、P1の価格はAlpha Top社が語ったとされる20万台で$3億7500万の売り上げを見込んでいるという内容から予想すれば、1台 $1,875ということになるが、Appleはよりアグレッシブな価格設定を予定しているらしく、ベースモデルで$1,299、ハイエンドモデルで$1,599を予定しているようだと伝えていました。(この差がメモリーなのか、ドライブなのかがよくわからん)

ASCII 24によれば、日本IBM社がMac OS 8にも対応した、ウェブブラウザーを利用してパソコンをリモートコントロールするソフト「Desktop On-Call V3.0」を発表したと伝えていました。

ASCII 24によれば、ウエップシステム社がPCカードスロットとスマートメディアスロットを搭載し、USB接続に対応したPCカードリーダー「FilmPort USB」を発表したと伝えていました。

NTTのANGEL LINE(本家本元NTTのサーバーに直接ダイヤルアップで接続して全国の電話番号が調べられるサービス)、をMacで利用する「テレサーチ 104」というソフトが随分前から出ていて、一時はPerformaにもバンドルされたりしてましたが、いつの間にか消えたかと思いきや...なんと「テレサーチ 2.0」として「こそっと」アップグレードされていました。でも内容は「こそっと」どころではなく、Mac OS 8.6対応を含め別モンのように刷新されているみたいです。 (金山さん情報ありがとね)

日経MAC.COMによれば、大塚商会の直営店αランドで、展示用として使用していたiMac/266MHzを¥99,800で処分しているそうです。

CNET JAPANによれば、AppleがMACWORLD Expo NY 99において、今年後半のMacintoshロードマップを発表する可能性があると伝えていました。また噂のコンシュマーノート「P1」や、次世代iMac「Kihei」も発表するかもしれないと伝えていました。

AppleがTIL-60404で、FireWire 2.1インストーラがPowerBook G3 seriesでは「あなたのComputerには対応していない」とエラーダイアログが表示され、インストールすることが出来ない事に関して、About FireWire 2.1にはMac OS 8.6で稼動するPowerBook G3 seriesでも使用可能と掲載されているのは不正確で、FireWire PC CARDを使用する場合には、各メーカーからの指示に従って下さいと掲載していました。(ようは紛らわしい書き方をしてゴメンナサイということみたいです)

AppleがCarbonページで、ADC Member SiteでCarbon 1.0d10 SDKの配付を開始したと掲載していました。

Do-夢の血まみれ市でeMate300が¥39,800で販売されていました。すでに完売してましたが、本日開催のJUNK市でも販売されるようです。(代引しか対応してくれないのに、少しムッとした)

秋葉館でiMac用スタンドDance with iにUSB HUB機能を追加した「Yes i Hub」が、¥9,980で販売されていました。

ヘリオス社が、UniMouseを購入した方を対象に、UnTrayプレゼント・キャンペーンを実施すると発表していました。

アイ・オー・データ機器社が、Power MacG3対応のUltra SCSI I/F「SC- APUN・SC- APUNS」を7月下旬から発売すると発表していました。

Adobe社が、アドビ認定試験制度のAdobe Photoshop 5.0エキスパート試験を7月1日より開始すると告知していました。

Mac the Fork「Jack」が更新していました。

CNET JAPANによれば、Dell社が向こう3ヶ月以内に、インターネット接続サービスを開始するようだと伝えていました。

Appleから、AppleShare IP First Aid Tool 6.21a2c1が配付されていました。

Imation社から、USB SuperDisk Driver 2.0が配付されていました。

本日夜から明日の深夜にかけて、名鉄東宝1とエンゼル東宝において「Star Wars Episode I(日本語公式ページ)」が先行ロードショーされます。一般公開は7月10日ですので、約2週間早く見ることが出来ます。もちろん最新の音響システム「Dolby Digital-Surround EX」(Dolby社とTHXシステム社とが共同開発した映画館用の規格で、サラウンドのLRにマトリクス処理でセンターチャンネル情報を得るというサウンドシステム-約60万円)も設置されているそうです。僕も夜行くつもりです。(誰か一緒に行かない?)


リンククラブ

Ken Office

株式会社企画室ゆう「PLUS YU iMac Order Desk」

SOFTWARE Too

1999/06/25

アップルが東京(お台場パレットタウン中央広場)と神戸(神戸国際会館11階)で、インターネットイベント「iMac Internet Patio」を開催すると発表していました。またさらに、東京と大阪などの駅前で、iMacを使ってインターネットが体験できる「iMac Internet Station」を展開することも発表していました。

アップルが本日からiMacを購入された方に、先着順で、オリジナル「iMac Tシャツ」をペアでプレゼントすると発表していました。(会長も欲しいぞ)

アップルがユーザーサポートを全面刷新 したと発表していました。新しく新設されたのは、カスタマーインフォメーションライン(CIL)、AppleCareサポートライン(ASL)で、これに発見してしまったTech Info Libraryの機能追加を加え、8月からはーザ同士がノウハウや情報を交換しあうフォーラム「Tech Exchange」も開始すると発表していました。(いとうみきさんが主とかになってくれると嬉しい)

アップルがAppleCare延長保証制度ページを更新していました。7月1日から内容が変更されますので注意しましょうね。

アップルがコールセンターのページを更新していました。

AppleがFinal Cut Proページで、QuickTime 4.0正式版をサポートするFinal Cut Pro 1.0.1 Updateを7月に配付すると掲載していました。

MacNNがCorey Peterson氏の報告として、MacHack '99において、協賛社であるAppleがPower Macintosh G3 (beige)のZIFソケット上にAltiVec G4を搭載したマシンを4台動かしていたのを目撃したと掲載していました。これには特別なsystem enablerが含まれていたらしいです。(WWDC 99ではMathematicaで知られるWolfram Research社や、NASAにG4マシンを貸し出していることを明らかにしてます)

MacCentralによれば、最近ZIF用G3/466MHzアップグレードカードを$699に値下げしたPowerLogix社が、MACWORLD Expo NY 99の146ブースに出展することが決まったと伝えていました。いったいどんな製品を新しく見せてくれるのかとても楽しみですね。

Mac Fan 3誌編集部が読者サービスの一環として、Eメールによるお便り「Mac Fan Letter」を発行することになったそうで、7月末までにMac Fan Letter登録して頂いた方から抽選で、1名様に「iMac 333MHz」5名様に「Mac Fan Box(1セット=3箱入り)」をプレゼントするキャンペーンを実施す
るそうです。

エスエス製薬がiMacなどが当るパワフルプレゼント(6/30まで)を行っていました。ただし応募はハガキだそうです。

Formac社のProFormance IIIに関して、ベルリンにある大手MacディーラーPabst Computer社のLorenzJakobs氏によれば、ProFormance III 16MB版は今週中に少量入荷する予定で価格はDM 529だが、32MB版は7月以降の出荷で価格も未定だと回答してくれました。(大津さん情報ありがとね)

PC Watchのやじうま in PC EXPOで、Future Power社のなんちゃってiMac「E-Power」に関するレポートが掲載されていました。また産經新聞でもこのマシンは取り上げられていました。

Adobe社が、Adobe Acrobat 4.0 日本語版に関する最新FAQを掲載していました。Macintosh特有の問題もいくつか掲載されています。(Windows特有の問題の方が遥かに多いです)

ベンチマークページに、XLR8 MACh Speed G3 400MHzを追加しました。なおPower Macintosh G3 (Blue and White)/450MHzモデルのデータを募集中です!(岡本さんデータありがとね)

読者の加瀬さんによれば、Too社がMac OS X Server 1.0日本語版を本日から出荷を開始するので、明日26日にも届くでしょうと案内を出しているそうです。

Apple InsiderMac OS Rumorsが共同してまとめた最新のP1情報によると、最近噂されているP1発表中止か?の件は、Open World (Single Common Hardware Architecture)とASIC(Application Specific Integrated Circuits)にまつわる安定性に関する問題が解決せず、品質管理部門を通過していない事が原因のようだと伝えていました。しかしMACWORLD Expo NY 99における発表を変更するつもりはなく、とりあえずデモ用のマシンだけ完璧に動作するように、奮闘しているらしいです。また次世代iMacと噂されているC2については、Steve Jobs氏が必要不可欠なある1つのデバイス(FireWireでしょう)を新しいマーザボードに搭載するよう指示を出しているが、MACWORLD Expo NY 99で発表されるという予定は無くなったらしいです。

THE REGISTER UKによれば、Alpha Top社がAppleから依頼されているiMacノートは8月頃の出荷と聞いており、今年中に20万台生産する予定になっていると話したと伝えていました。

情報筋によれば、CPUスロット仕様のPCI Macintosh用として、G3/466MHzアップグレードカードが登場すようです。

DiamondSoft社がMac OS 8.6が古いフォントを壊してしまうというバグを解消するために、FONT Fixer for 8.6を配付していました。

Panasonic社が、LK-RM734/934UZをMacOS8.6でご使用になるお客様へを掲載していました。同製品をMac OS 8.6で使用する場合は、製品に同梱されているドライバーを使用せず、デバイスドライバーVer1.5を使用して下さいと記されています。

CNET JAPANによれば、現在New Yorkで開催されているPC EXPOで、大手メーカーが今年はミニノート(B5サイズ)が流行しそうだと述べていると伝えていました。すでに日本ではライフスタイルによる要求によって、かなり前からそういった製品が販売されていますが、それがどうやら世界中でも流行るらしいです。どのメーカーも、VAIO追撃の準備に忙しいみたいです。

AMD社が、最高速600MHzを含めたK7の出荷を開始したと発表していました。128kのL1キャッシュをMPUに抱いて、さらに512kのバックサイドキャッシュも搭載する事が可能なSlot A仕様製品だそうです。(一応遠い将来では、8MBL2まで大丈夫らしい)

最新TIL更新情報
60383JC-Mac OS 8.6 : インストーラによって消去されるフォルダ
60337JC-Mac OS 8.6 : Open Transport 2.0.3 に関する情報
100328JO-iMac : iMac 333MHz にてシステムの動作が間欠的に遅くなる現象について
30257JC-AppleShare IP プリントサーバ 5.0.3 : Read Me ファイル
18744JC-AppleShare 4.2.1 : 質問と回答
58183JN-Power Macintosh G3 (Blue and White) : 電源投入時のセルフテストでのビープ音の意味
58191JN-Power Macintosh G3 (Blue and White) : 本体には、持ち運びに便利なハンドルがついています
58204JN-Power Macintosh G3 (Blue and White) : SCSI に関する FAQ

AppleがFireWire PC CardをサポートしたFireWire 2.1を配付していました。

Appleが、QuickTime 4.0.1を配付していました。すでにインストールしている方はQuickTime Updaterを使用しましょう。

サンワサプライ社が、Mac OS 8.6に対応したUSBCCDカメラCCD-USBV5用の最新ドライバ 、Ver. 1.2を配付していました。

Interex社から、InterView Software 1.0.1が配付されていました。

UMAX社から、VistaScan 3.5.1が配付されていました。

VST Technologies社から、VST SuperDisk Drive Installer 1.0.2が配付されていました。

Qualcom社から、Eudora Pro 4.2 Updateが配付されていました。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・5色のiMacパーフェクトガイド/アスキー ¥1,480(4-7561-3132-8)
・インターネット白書'99/インプレス販売 ¥4,800(4-8443-1269-3)
・3Dテクスチャ・デザイン/ソフトバンクパブリッシング ¥3,800(4-7973-0968-7)
・EPSONカラーイメージングVol.8 1999/ソフトバンクパブリッシング ¥933(4-7973-0922-9)
・図解 ホットライン完全活用マニュアル/同文書院 ¥1,300(4-8103-7609-5)
・MacOS X Server 徹底活用ガイド/日経BP出版センター ¥3,800(4-8222-2859-2)
・iMacで入門するLinuxPPC/毎日コミュニケーションズ ¥2,500(4-8399-0048-5)


有限会社サイバーグルーヴ

有限会社ブイロジック

iDee

バード電子

1999/06/24

アップルが先日ABPS大阪会場で発表した、Tech Info Library日本語版の検索システムを開始する予定という件に関して、実はもう「http://til.info.apple.co.jp/cgi-bin/WebObjects/TechInfo」で稼動していることを発見しました。本社システムはロータスノーツで構築されていますが、こちらはヨーロッパと同じくWebObjectsで構成されています。しっかり「検索」「更新情報」なども本社と同じように動きます。どうやらこのページはヘルプを見る限り、今年の2月からプロジェクトが始まっていたようですね。(発見は、すごい偶然だった)

MacWIREによれば、アップルがQuickTime 4.0日本語版の出荷日を、7月上旬頃を予定(2か5?)しているとくりかえし述べたと伝えていました。Pro版へのレジスト価格は4,200円だそうですが、今回からMac OS 8.6 Update CD-ROM購入の時みたいに、コンビニでも支払いが可能になるそうです。なおFinalCut Pro 1.0日本語版のリリースに関しては「泳げるころになるまでには」と言ってたそうです。(笑)

続々と寄せられる駅のiMacポスター情報ですが、JR新宿駅南口に登場した超巨大なiMacの看板2枚には、ある意図が隠されていると読者の田中さんが報告してくれました。具体的に説明すると、一枚は全てのカラーのiMacが整列し「一列にお並びください」と改札口付近にかかげられ、もう一枚は切符売り場付近に「インターネットはお待たせしません」とかかれ、iMacが流線型に並んでいるものだそうです。(きっと気がついてくれて担当者も泣いていることでしょう^^;)

JR東海道本線新大阪駅2階地下鉄連絡コンコース及び、同東海道線三ノ宮駅中央口の柱それぞれ数本にYum.のポスターが巻かれているそうです。また同様に地下鉄表参道駅の柱にも5色iMacのポスターが多数巻き付けてあるそうです。(桜塚さん、Takさん情報ありがとね)

STARNINE社が、WebSTAR Server Suite 4.0を発売したと発表していました。

秋葉館がPowerBook 1400シリーズ用のBookEndz1400を¥7,400で販売していました。

MacMallで、旧PowerBook G3 series用のDVD Video Kitsが$199で販売されていました。僕が買った金額より$300も安い;_;

XLR8YOURMAC's 3D Gaming News!で最近話題になっている3Dfx社のVooDoo 3搭載のグラフィックカードのマック版について、3Dfx Message Boardに3Dfx社のKenneth C. Dyke氏が、VooDoo3 2000 PCIがそのまま使用出来るドライバーを開発しているといったような、意味深な発言を行っていました。(ドライバーだけ配付しちゃうわけ?)

日経BP社から6月28日に「Mac OS X Server徹底活用ガイド」が発行されるそうです。著者に案浦浩二氏、川村渇真氏、佐藤圭氏、佐藤徹氏、林 伸夫氏などを迎え、インストールにはどんな注意が必要か、Mac OS X Serverでどんなことができるのか、Javaのプログラミングはどうするの?? WebObjectsはどう入門すればいいの??YellowBoxのプログラミングはどうすればいいの?UNIXマシンとして使うには?各種サーバ設定法はどうするの?などという疑問に答えられる本に仕上がっているそうです。また付属するCD-ROMには、オープンソースコードを全部収録するとともに、Darwin OS 0.2、QuickTime Streaming Server、OpenPlayなど実行可能なバイナリーが多数含まれた入門書だそうです。

RIKIBON@従兄弟が、GWオフの内容を掲載していました。全然東スポとは比べものにならないくらい、ちゃんとしたレポートになってます。まあ怪しいポータブル情報もしっかり掲載しててイイ感じっす。(笑)

アニーズクラフトの案浦さんが九州大学の特別講議で行った「インターネット入門」の講議内容の進行表を掲載していました。(みんな大学で紹介されちまったんだから精進するべし!)

アップルがiMac Tech Info Library 日本語版を更新し、現在話題となっている「iMac 333MHz 機種にてシステムの動作が遅くなる現象について」について回答を掲載していました。詳しい原因は調査中であるとしながらも、回避方法としてネットワークに関連する場合とCD に関連する場合の2通り紹介していました。(KAZUEさん情報ありがとね)

アップルが「iMacのTCP/IPコントロールパネルの設定について」を掲載していました。iMacを使用中にシステムの動作が鈍くなる状態がある場合に、TCP/IPコントロールパネル設定の確認をして欲しいと記されています。

CNETのPC EXPO 99スペシャルレポートによれば、Future Power社がiMacにクリソツのパソコン「E-Power」(Celeron/400MHz、64MB RAM、6.4GBHD、FD Drive、3D graphics、CD-ROM、56kmodem)を、8月に$799ドルで売り出すようだと伝えていました。ちなみにカラーは、宝石の名前で呼ばれていて、アメジスト、エメラルド、ルビー、サファイア、トパーズの5色なんだそうです。すばらしくポリシーが無くてグ〜ですね。(駒崎さん情報ありがとね)

アップルが7月3日に48階セミナールームで行われる、大塚商会主催の「Macintosh Education Fair」に関する案内を掲載していました。

Mac the Knife「The other white meat」によれば、昨日伝えたSGI社の1600SW似の液晶ディスプレイの正体は、RADIUS社の「ARTICA DISPLAY」でしたと掲載していました。ちなみにこの製品はDigital Flat Panel Solution Pack for MacのOEM版で、色だけRADIUSが変更したものです。(Mac OS Rumorsのいい加減さにはまいった)

なみはやが、オープンを記念してiMACプレゼント(9末まで)を行っていました。

読者の報告によれば、Appleが無作為に抽出したユーザーを対象に、ColorSync2.6に関するアンケートを行っているそうです。その内容はおもにカラーマネージメント環境のリサーチを目的としているようだとの事です。

情報筋によれば、ATI社のRAGE 128グラフィックカードの出荷は、8月頃にまでズレ込む可能性が高いようです。なんでもPCメーカーにOEM供給する分で無くなってしまっているらしいです。

ピセ社が、アイ・オー・データ機器製ナンバーディスプレイアダプタ「NDA-P1」用サポートソフトウェアのMacintosh版をリリースしたと発表していました。

PC WatchがNewYorkのJavits Convention Centerで開催されている「PC EXPO」で行われたAmerica Online CTO、Marc Andreessen氏による基調講演レポートが掲載されていました。それによると、PalmPilotにAOLソフトウエアをバンドルするという発表を行ったそうです。

Appleがデベロッパー向けツールとして、Mac OS USB DDK v1.3a1を配付していました。

ボイジャー社から、T-Time v2.0 アルファ版バージョン a7が配付されていました。(Rikiさん情報ありがとね)

WACOM社から、intuosシリーズ用ドライバーV4.30J・Macが配付されていました。

Microsoft社が、Microsoft Windows NT 4.0 日本語版 Service Pack 5の提供を開始していました。はっきり言ってNTがまともに動かないから、ビジネス市場が急速にLinuxへと移行していると言っても過言ではないと私は思います。

バンダイ社が、WonderSwanをネットワーク端末にする事が可能な通信アダプタとカセットを独自に開発したと発表していました。(東さん情報ありがとね)

1600SWの液晶ユニットって三菱製って知ってた?でもある検査項目が出来ないので自社販売が出来ていないのであった。

DVD Videoを買いに行ったが、まともなタイトルが無いことにガックし。しかたがないのでJamiroquai/Synkronized UK版(11曲目に隠しゴジラ)、double/Crystal(SACHIKOが死んでこれからどうなる?)、SILVIA/HONEYFLASH(プレリュード、カサブランカレーベル風な感じ、ただbpmがちょと速い)、mimi/JOY LOVE HAPPINESS(元スライのラリー・グラハムのベースはまじカッコいい!)などを買う、、、

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・電子貨幣論/NTT出版 ¥2,200(4-7571-0020-5)
・PowerBook大改造計画 POWERBOOK ARMY VOL.1/ビー・エヌ・エヌ ¥1,980(4-89369-717-X)
・ハッカージャパン VOL.4/白夜書房 ¥1,500(4-89367-597-4)
・HTMLデザイン辞典/翔泳社 ¥1,680(4-88135-761-1)


株式会社パワー

MJ SOFT Mac館

株式会社IMAGICA

有限会社クワッドエレメンツ

1999/06/23

コムテックが、SGI社が発売する液晶ディスプレイ「1600SW」と、NUMBER NINE社のデジタルインターフェイス付き高速グラフィックカード「RevolutionIV-FP 32MB」セットにした「Digital Flat Panel Solution Pack for Mac」を¥428,000で発売すると発表していました。現在納期は約2週間程度でOKだそうです。

ZDNet-Jが先日O'Grady's PowerPageが伝えたP1を発表するか否なかの会議が行われた件について、詳しく分析した記事を掲載していました。SteveJobsの情報統制によって詳しくはわからないとしながらも、P1である特定用途向けに使用されているチップに問題が見つかったことが原因らしいです。とにかくそれが原因でExpo NY 99で発表したとしても、30日以内に出荷出来ない可能性があり、コンシュマー市場が動揺するのをさけるため、発表しないという票を投じた者が少なくとも1人はいると伝えていました。(どうすんだべ、全部廃棄するのか?台湾に拾いに行くか、、)

Apple Insiderによれば、Appleは2000年からDVD-ROMを標準化するらしいと伝えていました。まあ製造が安定して行けば、それも時代の流れかなと思います。

コンビニチェーンのLAWSONに設置されているマルチメディアステーション「Loppi」で、7/9発売のMS-Office2000アップグレード版の予約を受け付けていいるそうで、Loppiだけの予約特典として抽選でSony VAIOノートを1名、iMac&iRacセットを5名にプレゼントするそうです。受付期間は6/10〜6/30だそうですが、隅には小さい字で「Office2000はWindows用です」としっかり書かれているそうです。(何でもありか^^;、もりちかさん情報ありがとね)

AppleがHotNewsでSwatchが展開しているインターネットタイム「Swatch Time」を紹介していました。

ZDNet-Jによれば、エレクトロニック・アーツ・スクウェア社が「シムシティ3000 日本語版」のMacintosh版をリリースすることを明らかにしたと伝えていました。

アイフォー社が、AI将棋2000 for Macintoshを7月23日より12,800円で発売すると発表していました。

Adobe社が、Adobe PageMaker 6.5 Plus日本語版(Photoshop 5.0 LE、Acrobat Distiller 4.0日本語版付属)を発売すると発表していました。しかし日経MAC.COMによれば、Mac OS 8.6上では問題が発生することが確認されているそうで、その問題をAppleが解決するまでは、サポート対象から外されるそうです。

MJ SOFT社が、PowerLogix G3 Power Force 233 /116/512K(商品番号021229)を¥30,800で販売していました。限定8本限りだそうです。

CaravanYUが、Kodak DC-210A Zoom デジタルフォトプリントセット(商品コード67560)を¥49,800で販売していました。

ステラクラフト社が、Mac OS X Server日本語版の販売を開始していました。なお、ステラクラフト社では、他の代理店に先駆けて、Mac OS X Serverソリューションパッケージも開始していました。(信頼出来るお店で買いましょう)

MacWelt誌7月号にFormac社のProFormance IIIについての記事が掲載されていました。それによりますと、オプションのAdd-Onインターフェース・モジュールにより各種デジタル・フラットパネル規格に対応可能しており、標準で3Dメガネ(高速シャッターを使ったもの)用インターフェースを搭載、と記載されていました。また、発売には間に合わないものの、OpenGLドライバーも予定されているとの事です。(大津さん情報ありがとね)

Mac the Knife「魔法の秘薬」に16x9インチサイズの巨大な液晶を持ったApple Studio Displayのプロトタイプを画像とともに紹介していました。でもこれ良く見てみるとSGI社の1600SWのようですね。(MacInTouchはこれがコードネームTahoeと呼ばれていると伝えていました。)どうやらMACWORLD Expo NY 99で、SGI社が1600SWのBlue and Whiteモデルを登場するということでしょう。(てことは16x10サイズが正しいですね)またPowerBookチームとデスクトップチームが統合されたのは、デザインチームがすでに統合されているためだからとか、Sonataなどに関してなどを伝えていました。

日経MAC.COMに先日アップルが再配布を始めたデータ縮小版のMac OS 8.6アップデータに関して、アップルMac OSプロダクトマネージャである櫻場氏のコメントが掲載されていました。インストーラーの技術的な問題によるものだったと説明されています。なお、販売店にもこの件がアップルから出されており、Tell USなどを通じて寄せられたユーザーの意見の中で、特にダウンロードの負荷が大きいことについての改善要求が多く、アップルとしても大きな課題と認識し、様々な対応策を実施した結果、ファイルサイズを47MBに削減することができたと報告しています。(各個撃破戦略)

6月21日付けの読売新聞にG3のカラー広告が掲載されていました。ペンティアムよりG3の優位性を皮肉ったコピーで、金曜日まで5日間の連続広告するそうです。

O'Grady's PowerPageによれば、MACWORLD Expo NY 99でAppleはP1を発表するつもりでいるようだが、その展示するプロトタイプの開発が遅れているため、本当に発表するかどうかを最終的に決定する緊急会議が行われるようだと伝えていました。

Macでお気軽ビデオ編集がNew PM G3 Blue&White (350〜450MHz)に、ライセンスの終了に伴いPremiereプラグインDV Device Cotrol、DV Exportが付属しなくなった件について、PM G3 Blue&WhiteでDV編集を行う際の注意点を解説していました。

MacNNによれば、QuickTime 4のフランス語版、ドイツ語版、日本語版が数日後に配付されるのに伴って、AppleがQuickTime serverのパフォーマンスを強化したと伝えていました。

AppleがApple Storeで、「iMacは人気があり、新規の注文を受けた場合、出荷できるのは7月下旬になり
ます」と小さく注意書きが掲載されていました。

AppleがTIL-31018でFinalCut Pro 1.0に付属するQuickTime 4.0 b16が期限切れになる問題に関して、一旦QuickTime 4.0 b16を削除して、再インストールする事で解決すると説明していました。どうやらどうしても正式版QuickTime 4.0では、なんらかの問題があるのかサポートしないみたいですね。

MacOS Rumorsが次世代PowerBookについて掲載していました。今すぐ出たら凄いと思うかもしれませんが、実際に発売される頃には普通なんでしょうね。

PC Watchによれば、Iomega社が初のCD-RW製品「ZipCD(ジップCD)」を年内に発売すると伝えていました。この記事の中でバンドルされるPhotoshop 5.0LEなどのソフトが付属すると掲載されています。先日Adobe社が$99で単体発売すると発表したPhotoshop LEとはPhotoshop 5.0LEのことみたいですね。

ムラウチが、スターウォーズマウスの販売を開始していました。ただしPS/2接続ですので、Macintoshでは使用出来ません。

おもちゃのTOMYがスターウォーズEpisode 1シリーズのコムテック べーシック フィギュアを発売開始していました。すでにトイザラスなど大手おもちゃ販売店では、でっかいコーナー展開が始まっています。

BUG社から、MN128-SOHO SL11のファームウエアVer.1.20MN128 V21のファームウエアVer.2.41が配付されていました。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・砂漠のりんご/ローカス/角川書店 ¥1,600(4-89814-013-0)
・パソコンでビデオ編集2/玄光社 ¥1,880(4-7683-0105-3)
・After Effectsプラグイン大全/毎日コミュニケーションズ ¥3,800(4-8399-0209-7)


act2

Shop IPS

Macintosh WIRE

「マックで動く、マインドストーム!  WWTショップ」

1999/06/22

MacWIREが、アメリカのケーブルチャンネルTNTがオリジナルスペシャルドラマ「The Pirates of Silicon Valley」の内容を実際に見た現地特派員(TEROっち)からの報告を掲載していました。がしかし、読者の報告によれば「ゲーツがアップルの会議室を出ていこうとして、ジョブスが”俺たち(Mac)の方がベターだ(Windowsに比べて)”というと、ゲーツが部屋を出ていく足を止めて振り返り、”そんなのは問題じゃないさ”とにたっと笑うシーンのほうがこのドラマのすべてだと思います。」との感想が寄せられてきてます。どこか日本で放送しないのかな〜?

MacSingapole NewsME@N - the UPsiteが伝えた内容として、7月23日から開催が予定されていたMACWORLD Expo/Singapore 99がキャンセルとなり、来週行われるPC Showがその変わりの場所となるようだと伝えていました。

本日発売された、雑誌DIAMOND Break!夏号のWebページで、PowerBook G3 series(Bronze keyboard)などが当る、パソコン&iモード/モニター (7/20まで)を行っていました。

PowerBook ZoneがP1はMaACWORLD Expo NY 99で発表され8月から発売開始されるようだと伝えていました。どうやら賭けに出たようです。

Apple Store Japanのスペシャルに、5色iMac/266MHzが¥98,000で売られていました。前回の233MHzモデルは500台があっという間に売れたそうですから、今回も速攻で無くなってしまうかもしれません。と書いたら、もう売り切れになってました。

Do-夢で旧型のStudio Display 15TFTが¥119,800で販売されていました。(大内さん情報ありがとね)

読者のshingo, HIS + SeeNA!, sakiさんが、札幌のススキノにあるクノイサスというゲームセンターで、iMac 333MHzブルーベリーがUFOキャッチャーの景品(引換券)として入れられていたと報告してくれました。

TVC-15で販売されているiMac風ガレージキットiBoxを実際に買って、それが届いたとTakさんが報告してくれました。

フラッシュバック社が、Adobe Illustrator対応バーコード作成プラグインソフト「バーコードROBO3 ver3.1」を6月25日から発売すると発表していました。

キヤノン販売が、PowerPC 603e/100MHzを搭載し、1,200dpiで毎分22枚の「キヤノン レーザショット LBP-910」を6月下旬から発売すると発表していました。

NEC社が、Windows NT搭載のワークステーションとしては世界最高性能を実現した高速3Dグラフィックスアクセラレータを「TE4E」の名称で製品化し、本日から販売活動を開始したと発表していました。OpenGLの標準化団体「OpenGL Performance Characterization(OPC)」が管理しているベンチマークテストViewperf ProCDRS-01で、30という測定値を出したそうです。ちなみにSilicon Graphics 320は23です。

アップルが、Mac OS 8.6 アップデートが48MBのサイズに縮小し、再配付していました。(Tell-USの効果でしょうね)

フォーカルポイントコンピュータ社から、iProTVソフト2.0.4が配付されていました。

シャープ社から、Mac OS 8.5.xに対応した、SHARP Scanner JX Series Utility & Driver、SHARP TWAIN V2.21とSHARP Scanner V3.02が配付されていました。(「新し物好き」のダウンロ〜ドより)

三菱電機社から、Macintosh ColorSync2.5 対応カラープロファイルが配付されていました。(「新し物好き」のダウンロ〜ドより)

Bottom Line Distributionに注文したMacintosh PowerBook DVD-Video Kit($499)が届きました。これで会長もDVDユーザー(笑)

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・お気楽パソコンで3DCGクリエイターになれる/ソフトバンクパブリッシング ¥1,219(4-7973-0991-1)
・電脳都市 東京の歩き方/舵社 ¥950(4-8072-1925-1)


1999/06/21

MacTimesがMac OS 8.7a6c2 (Sonata) のレポートを掲載していました。これとは直接関係ありませんが、WWDC 99の基調講演を見てみると、Mac OS X Clientで実装されるCarbonによって作成されたNew Finderシステムが出てきますが、この説明が始まる直前に、現在のMac OS 8のネットワーク概念が、80年代から進化していないと糾弾してたんですね。また逆にNeXTがいかに素晴らしい概念だったかを、それとなく表現しているのにはビックリしました。さすがプレゼンの魔術師(笑)

日経MAC.COMによれば、シーアールシーシステム社が「Mac OS X Server」に対応した画像データベース・アプリケーション「Cumulus Network J-4.0 for Mac OS X Server」を、99年6月30日に出荷すると伝えていました。

山野木材商会が社名をヤマノと変更することを記念して、iMacが当るプレゼントクイズ(7/10まで)を行っていました。

Apple Store USのSpecial Dealsで、現行17インチモニターが$100安の$349で販売されていました。

マイクロソフト社が、Outlook Express 4.01 および Mail and News をお使いの皆様へを掲載していました。これを使ってメールを送信する場合、プロバイダのメール サーバーの設定条件によっては、初回のメール送信時に、約 1 分程、実際のメール送信が開始されない場合があるそうで、この問題を既に対策済みのOutlook Express 4.5 を使用してほしいそうです。

act2社が、取扱製品対応OS 一覧表にMacOS 8.6を追加していました。StuffItシリーズのほとんどがまだ調査中となっています。

Accelerate Your Mac!によれば、読者の報告としてIBMが先月更新したPPC740/750 Datasheet (300-400MHz - PID8p).pdfファイルに、PowerPC 750のバス設定が10倍までに引き上げられていると記載されていると伝えていました。さっそく見てみると33ページのSystem Design Informationの下にあるNoTe:6に「0110 will change from 2.5x in dd2.x to 10x in dd3.x.(0110の設定は、dd2.xバージョンまでは2.5倍速でしたが、dd3.xバージョンでは10倍速に変更しました)」(pdfページ37/50)と記されていました。これはAccelerate Your Mac!が土曜日にドイツからの情報として掲載した、IBM製の10倍設定が出来るG3チップがテストされていると掲載した記事を裏付ける事になるようです。

日本だと70年代、80年代に多く導入されたであろうコンピュータは、おそらくNEC社製品が多いかと思いますが、そのNEC社が西暦2000年に対応する情報を掲載しています。すでに脱落している製品が出ています。NECでこれだけ出るんですから、他社にも脱落する製品があるんでしょうね。脱落しないAppleは当然セールスポイントですね。

え!社長がWarkPad買ったの?団長それって本当???俺だって絶対c38MB買ってやる!

Interex社から、 InterView Software 1.0.1b2が配付されていました。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・デジタルカメラを始めよう/毎日新聞社 ¥571(4-620-79128-8)
・IPv6入門/翔泳社 ¥4,300(4-88135-728-X)


1999/06/20

MacNNがシンガポールのThe Straits Timesが報じた内容として、RFC Distribution社が開発したコードレス電話「PcPiper」のBondi blueバージョンをAppleが3万台分発注したと伝えた記事を紹介していました。どうやら子機が250mまで離れていも使える電話らしく、しかもドッキングベースを使用すればUSB接続も出来るようです。この製品のMac版はMcPiperと呼ばれMACWORLD Expo SF 99で展示されていたそうで、それがMacWorld Expo PhotoGraphicsさんのページのEXPO SF 99リポートページの1月8日で紹介されていました。

Omni Development社が、Mac OS X用として正式なOmniWeb 3.0をリリースしていました。

インターネットASCIIが、iMacなどが当る第2回インターネットユーザーアンケート(7/11まで)を行なっていました。

東海大学の2000年度入学資料の2ページ目、「時代に挑む卒業生達」というページに、アップルコンピュータの原田社長が、1971年度工学部通信工学科卒業として写真とインタヴュー入りで掲載されていました。文章中では、「iMac」の成功と自分の学生時代の頃の話が語られているそうです。(松尾さん情報ありがとね)

SONY社が自社製品のコンピュータディスプレイをPower Macintosh G3 (Blue and White)に接続する場合に、両者間で通信が正常に行われないため、MacOS上「コントロールバー」や「コントロールパネル」には、ディスプレイ性能に関係のないモードが表示され、まれに復帰しないケースがある問題を解決するための「新G3対応アダプター(実用新案申請中)」を無償で提供するキャンペーンを始めていました。応募条件としてキャンペーン期間中(平成11年6月10日〜9月30日)にソニー製のディスプレイ商品を買った方が対象となっているそうです。なお、PD-G500J/CPD-G200Jにはこのマックアダプターが既にバンドルされているそうです。

住友信託銀行が現在行なっているボーナスキャンペーンの景品として、「しんた君マリンウオッチ」という時計を配っているそうです。ベルトがblueのトランスペアレントで本体がwhite、ベゼルが水色でデジタル表示の時計だそうです。

CNET JAPANがAppleはデスクトップ部門とPowerBook部門を、デスクトップ部門の責任者であるGlen Miranker氏の指揮下にまとめるようだと伝えていました。すでにPowerBook Zoneが伝えた内容と同じですが、この件をPRのトップであるApple Corporate Media Relations Sr. Manager Greg Jones氏が認めたコメントを掲載されています。(デスクトップを液晶化するための布石と見た)

イメージアンドメジャーメント社が、ElectricImageの新バージョン、ElectricImage 3D ver.2.9の出荷を7月10日から開始すると発表していました。9月10日までは、通常価格342,000円が、208,000円で購入出来るキャンペーンも行なわれるそうです。(マルチプロセッサーマックさん情報ありがとね)

MacInTouchによれば、Mac OS X Server、そしてMac OS X WWDC PreviewをPowerBook G3 series(Bronze keyboard)にインストールする事が出来ないと報告していました。旧PowerBook G3 seriesでは、インストール時に「サポート対象外の構成やコンピュータのインストールを許可」のチェックを入れる事で可能でしたが、それでも出来ないということのようです。でもきっとMac OS X ClientがPCMCIAをサポートすれば出来るようになると思われます。なお、Mac OS X Serverの非サポート機種の動作状況に関しては、Stepwiseでまとめられています。

AppleがTIL-60398で、iMacに搭載されているATI RAGE Proチップに関して、RAGE Pro Turboと記されたチップが使用されたものがあるが、それに関してRAGE Pro TurboチップはAGP対応となったバージョンで、現在AppleがAGPをサポートしていないことから、機能的にはなんらかわりがないと説明していました。これはATI社のページを見れば理解出来る事ですが、わざわざ説明するということは問い合わせが多いんでしょうね。

Mac OS Rumorsが来週くらいにATI社がATI Universal Installer 4.0を配付すると伝えていました。

ASCII 24がSun's 1999 Worldwide Java Developer Conferenceのレポートを掲載していました。どうやらJavaも組込み市場をターゲットにし始めたようです。

AppleがデベロッパーむけにNavigation Services 1.1 SDKを配付していました。

Symantec社から、Symantec AntiVirus for Macintosh用ウイルス定義ファイル06/'99が配付されていました。

Digidesign社から、Pro Tools 4.3.2 Software for MacOSが配付されていました。(大塚さん情報ありがとね)

Griffin Technology社から、iMate Driver 1.3が配付されていました。




.
.

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club.
All rights reserved. Site design by BRESTO, Inc.
「Macintoshは米国アップルコンピュータ社の商標です」
GigaHit