July 1999 MACお宝鑑定団 
Mac News Link Mac関連雑誌ライターLink Special
Read me Bench mark History
先週のNews バナー広告募集 counter


株式会社パワー

MJ SOFT Mac館

株式会社IMAGICA

有限会社クワッドエレメンツ

1999/07/03

ASCII 24がAppleが大宇社および米Future Power社を訴えたことを伝えていますが、この記事には、その問題となっているFuture Power社のE-Powerが、兼松コンピューターシステムを総販売代理店として、コードネームが「V」という製品で、日本向けにカスタマイズされた形で今秋に日本でも発売される予定だと伝えていました。またこの他に日本国内でもiMac似のパソコンを発売するメーカーがあると掲載していました。

情報筋によれば、現在疾風ウォルフのごとく成長している、ある国内メーカーが発売を予定しているBodi Blue/Whiteのトランスルーセントボディーを採用したIntel系パソコンは、DVDを搭載して12万円台で販売される予定らしいです。しかしデザインに関しては、人の主観に左右されるものなので、アップルのアメリカ弁護士が勝てると判断するかどうに注目しています。(負ければ確実にPAMされる、、)

インターネットやメールを使って色々な豪華賞品を獲得できるサイト、AtaruWebSiteがオープンを記念して、iMacなどが当るアンケートプレゼント(7/31まで)を行っていました。

MacNNによれば、Logicware社が発売する予定のQuale II for MacのCD-ROMには ATI Driver 4.0が含まれているようだと伝えていました。

パワー社が、iMac用ドッキングステーション「iDock」の「iDock通販、1200台のありがとう!限定特別価格&プレゼントキャンペーン(7/16まで)」を実施すると発表していました。また申し込み方の中から抽選で、20名にスケルトンブルーの流線形スピーカー「iSpeker」をプレゼントするそうです。

SUNSTAR社が、なんと!iMacが50名に当る「オーラツー プレゼント」(8/31まで)を行っていました。(松本さん情報ありがとね)

O'Grady's PowerPageがPowerBook G3 series(Bronze keyboard)のテストモデルに貼られたコンフィグレーションラベル(画像)に433MHz版が記されていることから、近いうちに追加発表がされるのではないか?と推測していました。このラベルを見ると、Motorola製のMPUにPDQと呼ばれているのがあるようです。ですが何を指すのかは不明?

本日発売の「月刊少年マガジン」誌に、iMacによるメールコミュニケーションをテーマにした、読み切り漫画が掲載されているそうです。(碓氷さん情報ありがとね)

読者の報告によると、アドビ社とモリサワ社に対して、Acrobat 4でPDFに埋め込めてアウトラインも抽出できるモリサワ製のATMフォント(New CID)に関して電話したところ「アドビ社は取り扱う予定がない」「アドビブランドのモリサワフォントをアップグレードすることはできない」「発売日は未だに決まっていない」という事が判明したそうで、両社が2月に共同で発表したことは、本当にCIDの仕様を変更したことを発表しただけだった可能性が高いようです。

MacWIREにMacHackでAppleに提出された10の要望が掲載されていました。

3Com/Palm Computing社が、Robin Abrams社長の退任と同社の上級副社長だったAlan Kessler氏の新社長就任を発表していました。元AppleのAbrams氏が社長に就任したのは今年の2月でしたから、わずか5ヶ月間在籍しただけとなるようです。そういえば団長もとうとうWorkPadc3を買ったそうです。


イメーション(株)

PDAショップ、Vis-a-Vis(ビザビ)

パソコン関連書籍宅配便

Avenue-D

1999/07/02

Apple Insiderが、AGP x 4仕様のスロットを搭載したSawtoothと呼ばれるロジックボードを使用したコードネーム「Similarly」と呼ばれるPower Macintosh G4は、この夏にでもシードされるようだと伝えていました。それはコードネーム「P7」と呼ばれる次世代iMacと、コンシュマーポータブルP1などと同じくSingle Common Unified Architectureに基づいて設計されており、プロジェクトコードネームを「P5」とAppleは呼んでいると伝えていました。これはSeybold San Francisco 99におけるSteve Jobs氏の基調講演でプレビューされるかもしれないと予想していました。また3DLabs社やNvidia社がMac版のドライバーを開発しているらしいとも伝えていました。

Apple Insiderが、AppleがSeedデベロッパー向けにβ版へと移行したコードネーム「Spunky」と呼ばれるSonata b2c2を配付していると伝えていました。またPhotoshop 5.5とImage Ready 2.0に関しても掲載していました。

THE Registerによれば、AppleがPowerPC 7400を採用したPower Macintosh G4を出荷するのは、2000年の5月以降となりそうだと伝えていました。どうやら先日Motorola社のマーケティング担当であるWill Swearingen氏のコメントに、Appleがクレームをつけたらしく、発言が正しくなかったと修正を入れたようです。

MacInTouchが情報筋からの話として、Microsoft社がMACWORLD Expo NY 99に合わせて、7月21日からMac Internet Explorer 5 beta programを始めるようだと伝えていました。

AppleがFuturePower社と大宇社に対して、iMacのデザインを真似た製品をコピー商品だとして、アメリカ連邦裁判所に製品の出荷を差し止める訴えを起こしたと発表していました。Steve Jobs氏は「我々の多大な投資と努力によって優れた製品と認められたデザインを保護するのは当然の行為」とかなり怒ってます。

アップルがApple Store JapanでPower Macintosh G3 (Blue and White)のBuild to Orderを開始したと発表していました。

アップルがエデュケーションページに、「Apple University Arts - 変化する教育」、「Imagine No.2」を追加していました。

アップルが建築デザインページに、「Dispadio Design」を追加していました。

アップルがデザイン&パブリッシングページに、「Apple Media Arts - ワークフローの効率化」を追加していました。

アップルがデザイン&グラフィックスページに、「テレビ情報誌の革命」を追加していました。

アップルがサウンド&ミュージックページに、「lovemissile All Japan VJ Live!」を追加していました。

アップルがUsers Groupページで、7月31日に7月ユーザグループ懇親会を行うと告知していました。また6月ユーザグループ懇親会レポートが公開されていました(結構面白かったみたいです)。そしてUser Group 紹介ページが更新されていました。

MacWIREによれば、アスク社がG3キャリアテクノロジーを採用したXLR8製「MACh Carrier G3アップグレードカード」を発売したと伝えていました。

MacWIREによれば、WINDOWS WORLD Expo'99で、アルプス社がWindows用地図ソフトの中でももっとも高い評価を得ている「ProAtlas」シリーズのMacintosh版「ProAtlas for Macintosh」が展示されていたと伝えていました。

ロジテック社が、Macintosh対応 コンパクトタイプUSB外付型Zipドライブ「LZD-P103A/MU(¥29,800)」を7月中旬から発売すると発表していました。スケルトンボディーを採用し、しかも従来品と比べて、体積比が55%と小さくなっているそうです。

メルコ社が、PCパワーアップ宅配便で「iMacパワーアップ特集」を公開していました。

三洋信販が、iMacなどが当るアンケートプレゼント(7/31まで)を行っていました。

川崎市のメディアパーク住宅情報センターで、iMacプレゼントキャンペーンが行われていました。ただし応募するには現地見学が必要なようです。

コーシングラフィックシステムズ社が、大阪で開催されたiWeek期間中、弊社創立10周年を記念して販売していたオリジナルTシャツをホームページ上で発売されていました。

AYNi Mac!さんが、URL Accessを使用したJedit3で編集中のテキストをサーバーにアップロードするAppleScript「URLAS uploader 1.0」を配付していました。使ってみるととってもかっこいい思います。ただ僕はなぜかアップロード出来ませんでした。

アイ・オー・データ社が、7月のそほっとツールとして、メディアビジョン社から発売されている「MacDrive 98」を紹介していました。

アイ・オー・データ社が5月に行った「グラフィックアクセラレータアンケート」の結果を公開していました。この調査結果を見ると、グラフィックカードにTVに出力する機能は要らないが、DVD再生機能は必要と思っている人が多数を占めていることが理解出来ます。

NTTグループISDNの定額通信の試験サービスを導入することを発表ていました。

Appleから、AppleShare IP Mail 6.2.1 Updateが配付されていました。

Appleから、Ultra2 SCSI Card Firmware Update 1.2が配付されていました。

Appleがデベロッパー向けツールとして、Mac OS USB DDK v1.3a3を配付していました。

Microsoft社から、Microsoft Outlook Exchange client 8.2日本語版が配付されていました。(金子さん情報ありがとね)

Aplix社から、MacCDR 4.00→ 4.00aアップデータが配付されていました。

Network Associates社から、Virex用ウィルス定義ファイルMac DAT File for Virex Julyが配付されていました。

Symantec社から、Norton AntiVirus for Macintosh用ウイルス定義ファイル 07/'99とSymantec AntiVirus for Macintosh用ウイルス定義ファイル07/'99が配付されていました。

日本SGI社が、Silicon Graphics 320/540 最新ドライバのダウンロードページを更新 していました。


プロコムジャパン

act2

Macintosh WIRE

「マックで動く、マインドストーム!  WWTショップ」

1999/07/01

9月8日から11日にかけて開催されるアジア最大のパソコン展「WORLD PC EXPO 99」のページが更新され、9月9日にAppleによる基調講演が行われると告知されていました。現在の講演予定者はPhilSchiller氏となっていますが、正確には未定だそうです。また9月7日には恒例の各社長が集まって行われるパネルディスカッションに原田社長が再び登場するそうです。またテクノロジートラックでは、9月10日に日経MAC特別企画として、米Newer Technology 上級副社長兼最高技術責任者 ロジャー・カステン・ジュニア氏と、パソコン局主席編集委員 林伸夫氏によるカンファレンス(有料:1万円)が予定されているそうです。(会場内マップが消えてるぞ?)

アップルがホットニュースで、7月1日〜7日に七夕にちなんで、銀座・有楽町地区の7つのデパートで開催される「第12回ラブ・スターズ・デイ」キャンペーンに協賛すると発表していました。

アップルがホットニュースの「iMac Internet Patio」と「iMac Internet Station」(会場風景追加)を更新していました。

O'Grady's PowerPageによれば、Appleが発表する予定でいるコンシュマー向けノートブックP1には、コンシュマー向けとしたカラーバージョンと、もう1つ会社役員向けのモデルとした色無しのモデルがあると伝えていました。それはP1のプロトタイプの1つと噂されていた、Lombardを4分の3小さくしたモデルかもしれないそうです。またP1に関するページを更新し、搭載されるG3は333MHz、液晶サイズは10.4インチ、CD-ROM等は統べてUSBによる外付けなどと具体的なスペックを掲載していました。

MacTopiaQ&A Centralに、Apple Worldwide Developer Relations担当副社長Clent Richardson氏が登場していました。今度はRichardson氏が様々な質問に回答してくれるそうです。

CNET JAPANによれば、アップルが、カラフルなパームハンドヘルド機に自社独自の名前を付けて発表することを、引き続き考慮中だが、新しいコンシュマー向けノートパソコンの確実な出荷が最優先されているために、中断されていると伝えていました。(これは私の考えなのですが、iCEOはAppleに復帰するとすぐにPalm社と交渉したが断られていますが、それは前の社長との交渉結果であって、新しく就任した元Appleの販売&マーケティング担当だったRobin Abrams社長と、再び交渉していたのならば不思議ではないと思います。)

POWER社が、某ショップでDrive7の不正コピー品が販売されていると注意を呼び掛け、またそれら海賊版はサポートの対象外となると告知していました。この海賊版はパッケージが付いておらず、簡単な包装で売られているそうですので注意しましょう。

ベンチマークページを更新し、Power Macintosh G3 (Blue and White)/450MHz、同BlueBox、550MHz (改)などを追加しました。

Total Impact社が、PowerPC 750を4つ搭載したPower Macintosh用PCI BUS CARD「Total Power MP/G3」に関して、333MHz、366MHz、400MHzと選択可能MPUをアップしていました。価格は$6,500からだそうです。

Streaming Media East'99において行われるパネルセッションにおいて、Apple QuickTime Evangelist Charles Witgen氏、Apple QuickTime Product Line Manager Steve Bannerman氏がクレジットされていました。

Terran Interactive社が、Media Cleaner Pro 4.0 ($499)で発売したと発表していました。

MetaCreations社が、Photoshop用Plug-Inソフトウェアーシリーズ「KPT X」を発表していました。グラフィックアーティストやウェブデザイナー向けの製品だそうです。現在KPT Equalizer($29.95:7月まで無料)とKPT Gel($49.95)がダウンロード可能になっています。

RADIUS社が先日掲載した「Mac OS 8.6とEditDV1.5ソフトウェアバージョン/EditDV Unplugged1.1.3Jの対応」につてのプレスリリースに関して、米国デジタルオリジン社の最終確認無しにプレスリリースを発表しまったとお詫びが掲載されていました。今後はデジタルオリジン社のプロダクトに関する日本国内プレスリリースは、全てディジタルオリジン社日本代表(Quad Elements社)よりリリースされるとのことです。

アップルがデベロッパーページに 「Java Developer Conference 99 Tokyo(7月13日〜15日)」の Industry Session で Mac OS 8、Mac OS X、WebObjects における Java のインプリメンテーションを紹介すると告知していました。またデベロッパ - テクニカルノートも更新され、TechNote1152: Mac OS 8 の JIS キーボードをサポートする仕組みについてが追加されていました。

システムソフト社が、ユーザーのニーズで販売価格が変動する、インターネットを利用したソフトウェア販売「ソフトそうば」の開始を記念して、TechTool Pro 2.5 日本語版(7/23発売)などが当るアンケートプレゼント(7/31まで)を行っていました。またMac OS 8.6対応状況が更新されていました。

ロイター通信によれば、MACWORLD Expo NY 99でAppleがコンシュマーポータブルを発表するという噂によって、Appleの株価が上昇し始めていると伝えていました。この件に関して、Apple Products & Technology Media Relations Hardware担当のスポークスマンNathalie Welch氏は、「1999年度中に発表するつもりで開発しているが、それ以上の事を話すつもりはない」と従来の発言を繰返し述べただけのようです。しかしSteve Jobs氏は昨年の12月にCAUSE 98において、99年第一四半期を予定していると述べていたが、遅れていることは間違いないだろうと伝えていました。

O'Grady's PowerPageによれば、P1の開発中に発見されたとされるApplication Specific Integrated Circuits (ASICs)の問題は、かなり早く解決出来るらしく、Expo NY 99で発表されてから、30日以内で発売される可能性が高くなってきたと伝えていました。

ASCII 24によれば、メディアヴィジョン社が、米MetaCreations社が開発した3D景観作成ツール「Bryce4日本語版」を7月23日に3万9800円で発売すると発表したと伝えていました。

ASCII 24のWINDOWS WORLD Expo/Tokyo 99レポートで、SONYのブースで、音声認識ソフトDragonSystems社の音声認識ソフトに、日本語変換機能を搭載した「DragonSpeech Select」が参考出展されているそうです。ソニ社が日本語化に協力した製品だそうですが、やっぱりAppleは憧れているのでしょうか?また東芝10周年記念モデル「Dyna Top」の、スケルトンモデルとかも展示されているそうです。

樋渡隊員Digital Creator's World Expo'99/WINDOWS WORLD Expo/Tokyo 99レポートです。
作品出展のため2週間徹夜したうえに夜行バスで会場いりしたためほとんど意識不明でした。それに一日Digital Creator's World Expo'99 のほうの「STRATA GRAPHICS」に一日中張り付いていたので周りに何があったのかさえ分かりません。(レポートになっていないなぁ〜。)印象としてはSONYのVIOが注目をあびていました。それに会場でノートパソコンなど合計2000台を100円で販売する(当然抽選)ブースもあったりと一部で狂ったような熱狂の渦も起こっていました。「STRATA GRAPHICS」のほうですがダバカンさんをはじめとしたSTRATA STUDIO Proで制作した大型作品パネルの展示をはじめMacやWindows NT上で動くSTUDIO Pro2.53のデモやムービー等をプラズマディスプレーで上映したりしています。また、インターネット上でデジクリ作品WEBを特別展としてオープンしています。 http://strata-ug.kamekichi.co.jp/ のGALLERYより北ウイング 展示室をご覧下さい。

Qualcomm社から、Eudora Pro for Macintosh 4.0.x to 4.2.1 Updaterが配付されていました。

Adaptec社から、PowerDomain 2940U2W用のファームウェア正式版、2940U2W 1.1 firmwareが配付されていました。

KORG社から、1212 I/O Version 1.3 software for MacOSが配付されていました。

VillageTronic社から、VillageTronic Universal Installer 4.1が配付されていました。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・作ろう!魅せるロゴデザイン 実践テクニックガイド/インプレス販売 ¥2,980(4-8443-1267-7)
・デジタルカメラエキスプレス/ソフトバンクパブリッシング ¥781(4-7973-0993-8)
・デジタルフィギュアメイキング/ラピュータ ¥3,200(4-947752-02-5)


リンククラブ

Ken Office

株式会社企画室ゆう「PLUS YU iMac Order Desk」

SOFTWARE Too

1999/06/30

日経MAC.COMが先週アップルが発表した新しいユーザー・サポート体制に関する報道機関向けの説明会の内容を伝えていました。アップルコンピュータAppleCare本部の大宮哲夫本部長直々に説明をされたようで、冒頭の言葉に「Steve Jobsが帰ってきて....」と話していることからも、現在のApple体制の運営に関して、ユーザーサポートにまで影響力が及んでいることが推測されます。ここで明らかにされた事は、「Tell Us」には1週間で数百通メールが届き、すべて確認して担当部署に回しているという事と、PowerBookについても、近いうちに英語版キーボードを用意するという事に加え、新しいバグを確認したらユーザーに混乱のないように開示して、できる限りのサポートするつもりだと述べたそうです。アメリカではすでに、根本的な解決方法が見つかるまでの暫定的回避方法を、TILでいくつか紹介していますので、ようやく日本でもといった感じです。

アメリカのTV GUIDEが選んだベストコマーシャル50選で、1位に Apple Computer "1984" (1984)が選ばれていました。

Star Wars特集号の映画雑誌PREMIERE日本語版 8月号に、大きくPowerBook G3 series(Bronze keyboard)の広告が掲載されていました。DVDで映画を見るならPowerBookといった内容の広告なのですが、でもStar Warsに関する国内ビデオ販売権って無いんですよね。

MacNNによれば、Newer Technology社が、MAXpowr G3-L2E G3/300MHzアップグレードカードに、Farallon社のFast EtherTX-10/100 Comm Slot II Ethernet Cardをバンドルして、$400で7月5日に発売すると発表したと伝えていました。

アベニューディーで、光るiMacヨーヨーが販売されていました。

MacCentralに、CompuTrade Internationalの編集長Ron Carlson氏がAlpha Top社から得た情報が掲載され、Appleが発売する予定のiMacスタイルノートブック「WebMate」は、8月に発売されるようだと伝えていました。元々これは4月に発売されること予定されていたが、製品開発が遅れたことが原因により、7月に少量のテストユニットを出荷し、それがAppleの製品試験テストに合格してから生産が開始されるため、7月末から生産が開始されるためだということから予測しているようです。

KenOfficeiDeeが、双方の製品、企業ポリシーなどに共感し、デザイン、情報、技術、商品の面で業務提携を行なう事を決定したと発表していました。当面はMacを中心としたコンピュータ業界での共同製品の開発、企業間交流を行ってゆくそうです。

アップルが先日発売していた廉価版のiMac/266MHzに関して、Apple Store Japanには5色のiMacが並び、色が選べるようになっていたが、ブルーベリーを選択してオーダーをした方の話のによれば、「ブルベリーは受注オーダーでデリバリー出来ないので、ストロベリーかタンジェリンのどちらかなら手配出来ます。」という連絡をアップルから貰ったそうです。どうやらアップルは、色毎のオーダーリミット設定をせずに、総枠でオーダーを取っていたみたいです。(なんだそれ!)

ポシブルブック倶楽部によれば、ボイジャー社の T-Time のアルファ版公開テスティングに関して、最後の公開アルファ版として、T-Time v2.0a8 が登録されたそうです。印刷機能の改良、テキスト変換ツールが実装などが今回の目玉だそうです。

アルプス電気社から、Micro Dry Printer for Macintosh ドライバ Ver.6.2 インストーラが配付されていました。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・ユーザビリティエンジニアリング原論/トッパン ¥3,500(4-8101-9009-9)
・デジタルカメラ総百科/学習研究社 ¥1,800(4-05-602111-2)
・これなら使えるCD-R活用大全/建築知識 ¥2,000(4-7678-0064-1)


有限会社サイバーグルーヴ

有限会社ブイロジック

iDee

バード電子

1999/06/29

極私的PB2400c頁で、Newer 2400用400MHzG3カードアンケート!が実施されていました。

MacWIREによれば、AppleがMacwelt誌に対して、QuickTimeのインストール方法の選択肢が少ないという非難の声が高まっていることを受け、インストーラをCD-ROMに収録すると伝えてきたと掲載していました。これは以前、雑誌への添付CD-ROMにはQuickTimeインストーラのみが含まれている必要があり、QuickTimeをCD-ROMに入れるならば2枚以上のCD-ROMを添付しなければならない制限事項が撤廃されると見て間違いなさそうです。(儲けが絡むと動き早いんだから^^;)

MacWIREがMacHackカンファレンスが盛況のうちに終了し、そこで行われたセッションに関して、ハイライト部分をいくつか紹介していました。

アップルが「FireWire対応製品表」を公開していました。

ブックモールジャパンのコンピュータベストセラー情報にて、週間ベストセラーランキングで「PowerBook大改造計画」が第一位となっていました。

アスキー社で「REALbasic Standard 2.0 日本語版ユーザライセンスパック」、「REALbasic Pro 2.0 日本語版ユーザライセンスパック」が発売開始されていました。(野村さん情報ありがとね)

G-1000で、Macintosh専用(iMac対応)ゲームパック「iGames」の発売開始予定が7月末頃となり、予約の受け付けが開始されていました。

MetaCreations社が、Poser 4を発売開始したと発表していました。パッケージ版は$250で、アップグレード版は$130だそうです。

Inside Mac Gamesが、3DFX Voodoo Banshee チップを使用したIXMicro社のゲーム向け2D&3DアクセラレータカードiX3D Game Rocketのレビューを掲載していました。

ASCII 24によれば、ワコム社が、USBインターフェースを搭載した電子ペンタブレット「WACOM intuos」シリーズを発表したと伝えていました。A6対応の「i-400USB」からA3対応の「i-1800USB/CG」までの計7モデルで、発売は7月24日(A6サイズのものだけ9月中旬)だそうです。

OLYMPUS社が、USB対応スマートメディア・リーダ/ライタ「MAUSB-2」を8月上旬から発売すると発表していました。

NTTサテライトコミュニケーションズ社が提供する、下り回線に衛星を使って最高1Mbpsの速度でデータを送信するインターネット接続サービス「Mega Wave」(3,980円定額)に関して「Macintoshには現在対応していないが、1999年秋口夏には対応製品発売の方向で検討中」だとFAQに掲載していました。

先月のWWDC 99でドラゴンシステム社がDragon NaturallySpeakingをベースとしたMacintosh向け製品をApple社と共同開発すると発表していましたが、このプレスリリースの中には来年度以降に日本語版も発売する予定だと記載されていますが、実は昨年のCOMDEX Fall '98において、すでに日本語音声認識のプロトタイプが紹介されていました。ここにはエンジン部分は言語に依存せず、解析部分だけが異なる仕組みになっていることが報告されています。日本ではWindowsプラットフォーム用として、IBM社のViaVoice 98(Mac版の予定無し)とNEC社のSmartVoice ver2がありますが、アメリカではIntel社のPentium IIIの性能比較にも使用されるほどのメジャー製品ですので、ひょっとすると日本ではMac版だけ存在する製品とかになるかもしれません。(もっとも代理店が無いですけど)

日経BizTechによると、東芝社がDynaBook10周年記念として、小型カメラやリモコンを備えたサブノート「Libretto ff」や、液晶と本体を一体化したデスクトップ「DynaTop」などを発表したと伝えていました。このDynaTopはかなり意欲作みたいですね。

Appleから、いくつかのバグを解消するためのアップデータ、Mac OS ROM Update 1.0が配付されていました。対象機種はiMac、Power Macintosh G3 (Blue and White)、PowerBook G3 series(Bronze keyboard)となっており、各国語版OSとなっています。

メディアヴィジョン社から、MacTools Pro日本語版 Version 5.0.1 アップデータが配付されていました。

アレクソン社から、ALEX-TD601用CCLファイルALEX-TD601用電話関連(TELポート)設定プログラム Ver 1.30ALEX-TD601用バージョンアップ用実行プログラムが配付されていました。

富士ゼロックス社から、DocuPrint/DocuCentre/LaserPress/Able用Macintosh PSユーティリティ (Ver1.4.1)DocuPrint/DocuCentre/LaserPress用Macintosh PPDファイルが配付されていました。(「新し物好き」のダウンロ〜ドより)

Griffin Technology社から、iMate Driver 1.4b1が配付されていました。

Lotus社から、Lotus Domino/Notes Release 4.5.7c Quarterly Maintenance Updateが配付されていました。

Wacom社から、古いTabletをMac OS 8.6に対応させるためのドライバー、Wacom Tablet driver 2.64b4が配付されていました。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・ソフトウェア ローカリゼーション実践ハンドブック/ソフトリサーチセンター ¥3,400(4-88373-121-9)
・Adobe Illustrator8.0デザイン技法/毎日コミュニケーションズ ¥2,800(4-8399-0210-0)


1999/06/28

Microsoft社が、Macintosh 版 Office 製品のマクロ ウイルスに関する情報を掲載していました。(Emiさん情報ありがとね)

マクロウィルスの予防と対策
Office 98 のマクロ ウイルス対策
新種マクロ ウイルス「Melissa」に関する情報
マクロ ウイルス「Cap」に関する情報
マクロ ウイルス「Concept」に関する情報
新種マクロ ウイルス「Papa」に関する情報
マクロ ウイルス「Sofa」に関する情報
マクロ ウイルス「Laroux」に関する情報

ほぼ日刊イトイ新聞で、糸井さんの生みの母に突然iMacを送って、メールを送信出来るようになるまでを毎日レポートした「80代からのインターネット入門」が連載されていました。

MacTopia Japanのコラムページ「Apple's Eye」が更新され、QuickTime 4が取り上げられていました。

アップルがホットニュースページで、PowerBookに関する「オンラインアンケート調査」を実施していると掲載していました。ちなみにiMacに関する「オンラインアンケート調査」も継続して行われています。

Feel Like Macさんが、大塚商会で先日行われた「Mac OS X Serverセミナー」のレポートを掲載していました。

PowerBook 100's Worldさんによれば、Apple Store Japanがメンテナンスのためサービスを停止し、6/28以降に再開する予定だと告知していると伝えていました。どうやら各国のApple Storeが同時に停止しているようです。デザインか何かを変更するかな?

UselessMacさんによれば、 Microcode Solutions社が発表した「FUSION-V2」が、今週末よりAmuletで発売開始される予定と伝えていました。

先週Macでお気軽ビデオ編集がNew PM G3 Blue&White (350〜450MHz)には、PremiereプラグインDV Device Cotrol、DV Exportが付属しなくなったと伝えていると掲載しましたが、それに関連してRADIUS社が「EditDV1.5ソフトウェアバージョンとEditDVUnplugged1.1.3Jは、それぞれこの問題に完全対応している」とプレスを出していました。

読者の出廣さんが、Mac用マウスとして珍しい4ボタンマウスのKENSINGTON社のThinkingMouseに関して、USB版の開発及び今後の対応について日本代理店の日本ポラロイド社に問い合わせをしましたところ「USB対応4ボタンマウスは現在ケンジントン社で開発中ですが、発売は今年冬位になる予定です。」との回答を得たと報告してくれました。

先日伝えたJR新宿駅の意味ありiMacポスターに関して、dijoが画像を掲載していました。(はみ出てます)

MzDonald'sさんが、AYNi Mac!さん作成のURL Accessを使用したScriptで、ファイルのアップロードを行えたと伝えていました。

iMacInTouchによれば、情報筋がより速くFireWireを装備したiMacが秋頃登場すると伝えてきているが、それに関するヒントがOrange Micro社が発表したFireWire製品のHotLink FireWire / SCSI Converterに記されていると掲載していました。(これは誤記じゃないかな?)

dit社から、NET-G Driver for MacOS Version 3.2.2が配付されていました。(「新し物好き」のダウンロ〜ドより)

Microsoft社から、Microsoft World 6.0 for Mac用のウィルス対策ツールが配付されていました。

映画女優としても注目され、最近はそのセクシーラインから女性ファッション誌にも怒濤ごとく登場しなくっている、JENNIFER LOPEZが出したアルバム「On The 6/On The 6」からのデビューシングル「If You Had My Love」がインターネット上で少しだけ放送されていました。またCNNではビデオクリップがQuickTimeムービーで放送(PowerBook G3 seriesも登場します)されています。(僕はジャケットにやられました^^;)

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・デジタル素材百科'99/アゴスト 1,400(4-901054-49-X)
・REALbasic2.0 Standard 日本語版 ユーザーライセンスパック for Macintosh/アスキー ¥19,500(4-7561-3105-0)
・インターネットヒストリー オープンソース革命の起源/オライリー・ジャパン/オーム社 ¥2,300(4-900900-92-3)
・MiniCAD VectorWorksインテリアデザインガイド/ビー・エヌ・エヌ ¥4,600(4-89369-722-6)
・これでつくる!CG 水着少女/ビー・エヌ・エヌ ¥2,400(4-89369-723-4)
・CG WORLD Vol.12 June 1999/ワークスコーポレーション ¥1,219(4-948759-16-3)
・何がどうなる? どうする? 2000年危機/日本実業出版社 ¥1,200(4-534-60166-6)


1999/06/27

WIRED NEWSによれば、La Salle GalleryにApple 1などを出品した人物は、初代Macintoshを考え出した人物として知られるJef Raskin氏だったと伝えていました。彼が出品するのはApple 1とシリアルナンバー002のApple ][とマニュアル類(実はこれ彼が製作した物)、100万台製造記念として作られた6台しかない背面に記念プレートが貼られたMacintosh Plus(Regis McKenna氏も所有してます)の3つだそうです。これらはアスキー出版から発売された「マッキントッシュ伝説」にも出てくる物で、とても貴重な資料ばかりですね。

最愛のiMac(えへへ)日記さんが、Mac Internet Patioの神戸会場のレポートを掲載していました。

MacWIREにRaven Zachary氏のコラムとして、Mac OS Xに関するQ&Aが掲載されていました。

Orange Micro社が、FireWire製品ブランドであるHotLink FireWire seriesに、多数の新製品を追加発表していました。

TBSのラジオ番組「デジ虫」が、本日放送の原田社長からのプレゼントとして、iMac、新作のAppleグッズ、アップル社に入る時に貸し出しされるアップル入館章(これ結構凝ったデザインで僕も欲しいレア物)などが紹介されていました。応募の締切りは7月9日までだそうです。

The Apple Set Top Box というページに、最近eBayなどのオークションなどでも売られていたアップルのセットトップボックスマシンが3種類紹介されていました。またその当時Appleが発表したこれら製品に関連するプレスリリースも紹介されてます。

MacWIREによれば、Diamond Multimedia Systemsの完全子会社のRioPort社が、Macintosh対応の初のデジタルオーディオプレイヤー「Rio PMP 500」を発表したと伝えていました。

日立が発売している16TFT一体型パソコン「FLORA Prius 310シリーズ」って、液晶の枠が半透明パーツになっていて、「フロストグリーン」 「フロストホワイト」 「フロストオレンジ」の3色が用意されているんですね。しかもそれを「トランスルーセント素材」と呼ぶあたり、思いっきりiMacに影響されちゃってます。(笑)

Connectix社が、VirtualPC 3.0に関するFAQを公開し、この製品の発売は9月末から10月頃を予定しており、またApple Scriptのサポートやパフォーマンスの向上がされているなど、いろいろ掲載していました。

イデアで、eMate 300用のeMate INTERNAL Expand Memory Moduleや、eMate 300でも使用可能な5V 8MB LINER FLASH Memory Cardが販売されていました。(値段は高いが貴重品には違いない。)

恒陽社社から、LivePicture 2.6.2アップデートパッチが配付されていました。

Adobe社から、Adobe PostScript 3に対応したAdobe PostScript printer driver 8.6が配付されていました。

Westlake Interactive社から、ゲームソフトFalcon 4.0用としてFalcon 1.0.6c updateが、Railroad Tycoon II用として Railroad Tycoon II Mac 1.0.5bが配付されていました。

SATR WARS Episode 1を見てきました。もうこりゃゲームで、ちゃんばらの殺陣が弱いです。でもちゃんと黒沢監督の影響はあるみたいで、「槍と刀」をイメージしていると思うような部分が出てきます。すでに銀河史が完成(TATOOINE COMPUTERさんの資料)しているのでワクワクすることがなかったですが、壮大な物語りにあったイメージを、堅実に表現アニメじゃなくて)したスピード感溢れる娯楽作品(としては面白いと思います。(銀河史小説は、田中芳樹氏の銀河英雄伝説のほうが良いと思う)




.
.

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club.
All rights reserved. Site design by BRESTO, Inc.
「Macintoshは米国アップルコンピュータ社の商標です」
GigaHit