macworldny99.gif
July 1999 MACお宝鑑定団 
Mac News Link Mac関連雑誌ライターLink Special
Read me Bench mark History
先週のNews バナー広告募集 counter


有限会社ブイロジック

アイディ・イーストエンド

フォントワークスATM25

1999/07/24

MacWIRE OnlineがiBookについて、Appleのコンシューマー・モバイル・プロダクト・マーケティング担当プロダクトマネジャーであるLinda Frager氏へのインタビューその1を掲載していました。ハイバネーション機能に関してや、Hot Function Keysコントロールパネルなどいろいろ面白い事が明らかにされています。(早く次ぎ読みたいぞ)

MacWIRE Onlineが行っているiBookを買うか買わないかアンケートの結果によると、製品を見てから考える人が一番多く、次に絶対購入する人が多いですね。99秋冬の流行とするならば、まず女性ファッション雑誌の表紙を飾って、藤原紀香さん、神田ウノさんとかがパーティーで持ち歩けば、流行横並び主導型の日本では、爆ヒット間違い無しです。

MacWIRE OnlineにiBookの日本発売などに関してアップルのマーケティング本部部長 福田尚久氏へのインタビューが掲載されていました。まず福田氏は「サブノート」イコール「コンシュマーノート」ではない事をあらためて強調しています。またSteve Jobs氏は日本市場を理解している事、iBookの販売店はゼロから考えている事(販売店が先走って予約を開始しないよう注意^^;)、MIDI WORLDには展示するつもりがないことなどが述べられていました。また日本での発売時期は正確には決まっていないと述べられています。でもASCII 24の記事ではJobs氏自ら9月に世界同時発売を予定していると述べたと報告されています。

Appleが発表したAirPortはLucent Technologies社との共同開発製品ですが、これはどうやらLucent Technologies社が発売しているWaveLANシリーズが元になっているようです。またExpo会場でPowerBook G3 series(Bronze keyboard)に搭載されてデモされているのは、ずっと前に発売されたWaveLAN IEEE 802.11 PC Card (Bronze)のようです。またiBookにオプションとなっているAirPort CardはWaveLAN IEEE 802.11 OEM PC Cardが元のようです。なおこれら製品は日本ルーセント・テクノロジー社を通じて、日本NCRから発売されている製品だそうで、日本NCR社の大金氏によれば「日本ではWaveLAN IEEE TurboカードおよびWaveLAN IEEEカードが、ビジネス向けとして販売されているPB G3シリーズで無線LANとして利用できます。」とのことでした。

日経MAC.COMが、Appleが配付を開始したiBookハードウェアデベロッパードキュメント「iBook.pdf」に関して、解説していました。

Macs Only!によれば、Expo会場で展示されていたiBookには、MacOS 8.6よりコントロールパネルや機能拡張が多く含まれており、それらには「Borg30c7」というバージョンが付いていると伝えていました。つまりMacOS 8.6をiBook用にチューンした専用MacOS 8.6のコードネームが、「Borg」呼ばれるものだということが推測されます。

iBookのメーリングリスト「P1ML」がメンバーを募集されていました。

act2社が、ローンチャソフト「Drag Strip」の販売を開始したと発表していました。

SOFTWAREToo社が、Mac World Expo in NY '99 速報ページを公開していました。

アイ・オー・データ機器のパワーアップコーナーに、iMacのメモリー増設方法が紹介されていました。

RedLightRunnerのAppleGearショップに、新しいAppleロゴTシャツが発売されていました。

MacWIRE OnlineにDaniel Drew Turner氏のポータブルMacの10年が掲載された。Appleが長年に渡って経験したポータブルパソコン製品についての苦悩が語られています。

MacWIRE Onlineによれば、MJSOFTの経営を行っている関東金属鋼業が、PowerlogixR&DとPowerlogix Japanの設立について合意し契約を締結したと発表したと伝えていました。

Wired News-JにExpoで行われたプレスセッションで、Steve Jobs氏が無料パソコンに関しては現在考えていないことや、Appleが恒久的なCEOをもはや探していないが、自身の肩書きから「暫定」を外す予定はないとなどと語ったと伝えていました。でも最後のPRが言ったとされる「出て行ってくれ!」「時間だ!」はもう売れっ子芸能人並みの人気ですね。

CNET JAPANによれば、Appleが発表したiBookにはIBM社製の銅配線PowerPC 750が使用されていると伝えていました。(う〜ん極めて怪しい?)

FWB Software社が、Parallax Capital社に同社が買収されたと発表していました。なお既存製品の開発および販売は継続されるそうです。

読者のありたさんがドメイン名について詳しく調べててくれました。
ドメインメイト登録商標はまったく別の次元の問題で、この2つは切り離す必要があるそうです。ドメイン名は、単にIPアドレスに対して名前をマッピングするためだけにあり商標などは全く関係しません。まず、商標 (TM)は、営業上自分の商品を表すために使う記号などで、基本的に同じ名称を登録することはできます。(つまり、パブリック性が強い)FAMILY SYSTEMS LIMITED社も、Appleもibookという文字は商標として登録「Apple Trademark Listを参照」しています。これに対して、登録商標 (registeredtrademark, (R)と記される)は、特許と同じようなもので独占的に使用でき、また同じ分野で取得しようとした相手に対して使用を停止できるものです。今回のiBookの場合、お互いにただの「商標」なので、文句は言えません。つまり、問題はないと思います。(ちなみに、iMac (TM) はもっと腐るほど商標が存在します。)次に、ドメイン名についてですが、これは完全に先願主義ですので、ibook.comがとられていたのは仕方ないでしょう。comドメインは売買自由ですので、やる気になればアップルが買い取ることもできるはずです。(そこまでこだわっていないと思いますが)日本では、1企業は1つのcoドメイン名しかとれないし、外国企業もとれない(つまり、日本法人しかとれない)、売買もできないルールになっている(JPNICが規定)ので、はじめから問題はありません。(つまり、アップルジャパン社が使えるのは、apple.co.jpだけです。そして、Apple本社はco.jpドメインは取得できません)

Appleが、Mac OS X Server Update 1.0-2 MultiCountryを配付していました。英語版、フランス語版、ドイツ語版、日本語版が対象になっています。

セイコーエプソン社から、LP-800S用Macintosh版ドライバ Ver.1.10が配付されていました。

インタウェア社から、PicPom TV PCI リリース2Power Macintosh G3 (Blue and White)専用版、MotionCam Ver.1.1PowerBook G3 series(Bronze keyboard)対応版が配付されていました。

え?今Blueberry1個しかないの?


株式会社パワー

MJ SOFT Mac館

株式会社IMAGICA

有限会社クワッドエレメンツ

1999/07/23

MacInTouchによれば、Appleが発表したiBookに関して、この名前の商標登録に関する問題を指摘していました。それは現在ibookというMacとは全然関係のないページが存在し、また登録商標データを見てもこの会社が登録申請を出したのは、Appleよりも古いそうです。日本でもibookドメインは、Mac用ソフトウェアーをいくつかリリースしているAXESS社が使用されています。

昨日放送されたテレビ東京系の番組ワールドビジネスサテライトで、約3分間「iBook」の話題が取り上げられていました。ジョブズがステージで「iBook」のどこにも線が繋がっていないのにインターネット出来ることを示すために、空中浮遊の輪くぐりを、かけているパフォーマンスや会場で「iBook」が立体的に展示されている様子が紹介されていました。「とにかく『持ち運べるiMacが欲しい』という声が多かったので、iBookを作った」というAppleの関係者のコメントも有りました。(大塚さん情報ありがとね)

LoveMac!comLove!iBookページが公開されていました。

須山歯研さんによると、SonnetのCressendo G3 L2/400/1MがExpo会場価格として$554.27で販売されているそうです。ここれは安い、、

MDS社が、Advanced Gravis Computer Technology社のUSB対応ゲームパッド「GamePad Pro USB」を発売すると発表していました。またMDS社はSonnet Technologies社と日本国内販売における正規代理店契約を結んだ事を発表していました。

Appleがデベロッパーページのデザインを変更していました。テクニカルノート日本語ページも同様にデザインが変更されていました。

Aladdyn Systems社がGalleon Software社の株価表示ソフト「MacTicker」を買収し、これを$29.95で販売開始すると発表していました。

YAMAHA社が、USBインターフェースを採用してパソコンと接続可能な、世界初の本格的オーディオアンプ「RP-U100」および、スピーカ・システム「NS-U50」を10月1日から発売すると発表していました。ただMacintosh版に関しては対応予定だそうです。

ExpressionTools社が、MACWORLD Expo NewYork '99におけるブースや、iBookなどの画像を掲載していました。

WiredNewsがAppleが発表したQuickTime Streaming Server、QuickTime 4、そしてストリーミングされる放送番組を総称して「QuickTime TV」と呼ぶと発表した内容を詳しく伝えていました。Jobs氏はこの中で、世界中に900以上のストリーミングサーバーを戦略的に設置する予定だと述べたと伝えていました。

ZDNetで、Bungie Software社が基調講演でデモしたApple OpenGLを使用したゲームソフト「Halo」のデモムービーが公開されていました。

CNNSteve Jobs氏が出演し、短いインタビューが放送されていました。なおこの放送は現在ここで再放送が見られます。(茂田さん情報ありがとね)(茂田さん情報ありがとね)

1)価格のこと:「無料パソコンが配られるという時代に、1600ドルのパソコンをコンシューマー向けに売るというのは、時代に逆行しているのでは?」という問いに、「コンシューマー向けのノートパソコンという観点でいうと、一番安いのが1599ドル、IBMなどは1799ドルする。液晶パネルの需要が高まって価格が上がってしまったことも要因だ」と語りました。

2)目標は?:「復帰後7度の四半期を好調で乗り切りましたが、その後の目標は?」との問いに、「世界で一番良いパソコンを作ること」と答えていました。

3)いつまで暫定CEO?:「いつまで暫定CEOなのですか?」という問いに、「そのことはボクだけの問題じゃないから、考えないことにしたんだ」と答え、「Pixarとの関係は?」という問いには、「どちらも50%ずつ力を入れている。PixarはToy Story 2もやるしね。どちらの会社も優れた経営陣がいるのさ」と答えていました。

Apple Tech Info LibraryにiBookに関する内容が多数掲載されていました。

MacWIRE Onlineによれば、オムロン社が現在発売中のUSB接続デジタル携帯電話専用モデム「ME96KTI」のMac版を発売する予定だと伝えていました。なお、サン電子社のUSBインタ−フェイス対応携帯電話デ−タアダプタ「U-Cable」はすでにMac対応となっています。

MacWIRE OnlineエキスポQuickTimeレポート part1で、iBookのCMがQuickTimeムービーで公開されていました。

日経MAC.COMによれば、iBookの日本での発売日に関して原田社長のコメントが掲載されていました。9月発売を目指してがんばっているそうです。

日経MAC.COMにAirPortに関する記事が掲載され、その中で日本での発売時期に関して触れられていました。「日本における価格や販売開始時期は未定。iBookの発売と同時に、AirPort関連機器を売り出すかどうかも決まっていない」とアップルは述べたそうです。

日経MAC.COMにiBook情報が掲載されていました。本体にはスピーカーが1個しかないことや、開閉する際にノッチが無いこと、スリープランプがゆっくり点滅する仕組みになっていることなどが掲載されていました。

CNET JAPANによれば、CASIO社がMACWORLD Expo NewYork '99において新製品を発表し、デジタルカメラ市場で巻き返しを計っていると伝えていました。

CNET JAPANにMicrosoft社のMacintosh事業部門総責任者、BenWaldman氏へのインタビューが掲載されていました。現在マイクロソフト製品が企業とのライセンス契約を通しての販売よりも、一般ユーザー向けの販売実績が伸びていると述べ、マック市場がコンシュマー向けに拡大していることを説明したと伝えられています。

REALbasicなどを使ってマックのプログラムをするための講座「MacプログラムでGo!」が、メールマガジンとして開始されるそうです。これはプロのプログラマ生活が20年近いK仲川氏が無料で提供するもので、実際に雑誌の講座や書籍として書く原稿そのものや前段階のものをどんどん載せ、普通のプログラム講座が無視している大事な情報もガンガン掲載される予定だそうです。

NTTドコモ社が、赤外線データ通信機能を搭載した800MHzデジタル方式の携帯電話機「DoCoMo NOKIA NM207」を、7月30日から発売すると発表していました。ようやく全国発売となるようです。

Appleから、G3 CD Update 2.0が配付されていました。

QUARK社から、Quark MS-Word 6-7 Filter 1.1Quark MS-Word 8 Filter 1.2Quark PDF Filter 1.3b2が配付されていました。

Adobe社から、Adobe Premiere 5.1b Update for Macintoshが配付されていました。

VillageTronic社から、VillageTronic MaPi Modes 1.0が配付されていました。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・I Love LX/ソフトバンクパブリッシング ¥1800(4-7973-0971-7)
・デジタルコミック・ア・ゴーゴー Vol.1/ワークスコーポレーション ¥1,980(4-948759-18-X)
・NetBSD/mac68k徹底活用/翔泳社 ¥2,800(4-88135-782-4)


Macintosh WIRE

「マックで動く、マインドストーム!  WWTショップ」

バード電子

有限会社サイバーグルーヴ

1999/07/22

Appleがコンシュマー向けノートブック「iBook」を発表しました。同時にiBookページも公開されていました。

iBook


・iBook G3/300MHz/512K/3.2G IDE/12.1TFT(800x600)/56k modem/100BASE-TX/24x CD-ROM/USB port x1/32MB(最大160MB)/ATI RAGE Mobility(-M) 4MB(AGP X2)/Mac OS 8.6 $1,599

AirPort Base Station


オプションでAirPort Cardが選択でき、色はBlueberryとTangerineの2色で9月からアメリカで発売開始されるそうです。また家と学校とで簡単に持ち運びが出来るようにキャリングハンドルが装備されているそうで、またバッテリー駆動時間は最大6時間だそうです。なお仕様説明によれば重さは3Kgだそうで、厚さは平均4.6cm(一番薄い場所が3.15cm、一番厚い場所が5.2cm)だそうです。また付属するソフトはAppleWorks、Palm Desktop Organizer、Bugdomなどがバンドルされているそうです。

Apple Store USが大幅にデザインを変更し、さっそくiBookの予約が出来るようになっていました。

AppleがiBookの公式フォトイメージを配付していました。またデータシート.pdfFAQ.pdfも配付していました。

Appleが業界標準IEEE 802.11bに基づいた無線方式のローカル・エリア・ネットワーク「AirPort Wireless Networking」を発表していました。iBookにはAirPort Card($99)を搭載可能で、100BASE-TXとK56モデム機能も合わせ持ったAirPort Base Station($299)を使用することで、設置した場所から最高150フィート離れた場所から、10台までiBookが接続出来るそうで、最大転送速度は11メガビット/秒だそうです。Lucent Technologies社と18ヶ月にも及ぶ共同開発によって完成したそうです。

AppleがAirPortページを公開していました。ここでiBookのキーボード下に、AirPort Cardを増設するアニメーションが掲載されています。またFAQが掲載され、Power Macintosh G3ではAirPort Base StationにEthernet接続をすることが可能で、PowerBook G3 seriesでは、サードパーティー製のワイアレスPC Cardを使用することで可能になるそうです。

AppleはIBMの音声認識システムViaVoiceがMacintosh用にリリースされると発表していました。U.S.とUK Englishとして今年中にリリースされるそうで、その他の各国語版に関しては計画中だそうです。

AppleがQuickTime Streaming Serverはもはや業界標準のストリーミングになったとして、名前をQuickTime TV (QTV) networkと呼ぶと発表していました。

AppleとAkamai Technologies社が、新しいQuickTime TV(QTV)ネットワークのためのバックボーンを構築するために技術協力することになったと発表していました。

Appleは、過去12ヶ月間に発表されたMac用のソフトウェアーとハードウェアーが5,000種類を超えたと発表していました。

Farallon社が、AppleのワイアレスネットワークシステムAirPortに接続出来る、PCMCIAタイプのワイアレスネットワークPCカード「SkyLINE Wireless PC Card」を発表していました。PowerBook製品だけでなく、PCノートブック製品でも使用可能だそうです。

NewerTechnology社がいくつか新製品を発表していました。

BookEndz Docking Station for the 1999 PowerBook G3 $299(9月出荷予定)
MAXpowr G3 466MHz/1MB/233MHz upgrade card $949(8月頃出荷予定)
MAXpowr G3-CC upgrade card 400MHz/1MB/200MHz $699(8月頃出荷予定)
MAXpowr G3-CC upgrade card 366MHz/1MB/183MHz $599(8月頃出荷予定)
MAXpowr G3-CC upgrade card 300MHz/1MB/200MHz $499(8月頃出荷予定)
MAXpowr G3 400MHz/1MB/200MHz upgrade card for PM7100/8100 $7499月出荷予定)

VST Technologies社がExpo NewYork '99でいくつかの新製品を発表していました。

・VST DVD-ROM Upgrade (PowerBook G3 series(Bronze keyboard)用DVD Kit)
・VST FireWire PC Card
・VST FireWire Zip Drive 100
・VST FireWire Zip Drive 250
・VST USB Hard Drive
・VST Smart-Charger for new PowerBook G3 Series
・Ultimate Mobility Bundle (Smart-Charger, Apple AC Adapter and Apple Lithium Ion Battery )

Sonnet Technologies社がPCI PowerMacintosh用のG3/466MHzカードと、NuBus PowerMacintosh用のG3/400MHzカードを発表していました。これらはIBM社製のバス速度10倍設定が可能なプロセッサーを使用しているそうです。

・Crescendo G3 466/1MB for PCI Power Macs $899.95
・Crescendo G3 400/1MB for NuBus Power Macs $699.95

Microsoft社が、Microsoft Word 98 Special Edition for the iMac and iBookMicrosoft Outlook Express 5.0Microsoft Internet Explorer 5.0Microsoft USB IntelliMouse for the Macintoshを発表していました。

松下電器産業社が、デジタルビデオカメラ「NV-C3」ベースにしてBlue and Whiteカラーを採用した「NV-MG3 (29万8000円)」を、8月27日から発売すると発表していました。この製品にはデジタルオリジン社製のMacintosh用ノンリニア動画編集ソフト「EditDVアンプラグド1.1.3日本語版」、およびACアダプター、標準バッテリー、AVワンタッチステーション、ソフトケースをセットにしたアクセサリーキットがバンドルされるそうです。

VWTAPESでMACWORLD Expo / NewYork '99におけるビデオの発売が開始されていました。なおWWDC 99に引き続き、Steve Jobs氏の基調講演ビデオは販売されないようです。

Connectix社が、Virtual PC 3.0を9月から発売すると発表していました。

Symantec社が、Norton Utilities for Macintosh v5.0 ($99.95)とNorton AntiVirus for Macintosh v6.0($69.95)を9月からで発売すると発表していました。

LoveMac!comExpoレポートページで、iBookとPowerBook G3 series(Bronze keyboard)との大きさを比較した記事が掲載されていました。けっこうデカイですね。

MACWORLD Expo/NY'1999基調講演で発表されたP1ことiBookに関する情報交換やユーザー同士の交流をはかるためのメーリングリスト「P1 メーリングリスト」が開始されていました。

Sharky Extremeが3Dfx社のVooDoo3グラフィックアクセラレータカード「VooDoo3 2000 for PCI」を、リリース前のMac用VooDoo3ドライバーを使用したプレビューを、多くのベンチマークテストとともに掲載していました。

MACLIFEページにNY・EXPO 速報ページが公開されていました。

Mac w@rmのMACWORLD Expo NewYork '99レポートページに、極私的PB2400c頁オフ会in ニューヨークが掲載されていました。なおアーモバ師承の特別日記も同時に公開されていました。

CNET JAPANによれば、Appleがインターネットプロバイダーサービスを開始することを発表するかもしれないと伝えていました。でもすでに原田社長はこの件を否定してるんですよね。

松島観光ホテル 岬亭が、iMacが当るプレゼントクイズ(8/20まで)を行っていました。

多くの読者からの報告によると、Appleから下記のようなメールが送られてきているそうです。

Dear xxxxxxx

We've been busy preparing for another Apple Computer, Inc. merchandise
blowout. Next month you'll have the opportunity to purchase some great
items. Stay tuned for details on our next exciting release!

Apple StartingLine Team

東急ハンズ横浜店が、7月19日より2階Aフロアにてアップルグッズの取扱いを開始したそうです。(小早川さん情報ありがとね)

1999年8月8日(日)に東京ビッグサイトにて開催される東京トイフェスティバル会場内において、MindStormsユーザーの集まりであるLEGO-MUG(LEGO MindStorms User Group)の主催により「LEGO MindStorms Festival」が行われるそうです。詳細については、LEGO-MUGのホームページをご覧ください。

Appleから、QuickTime 4.0.2が配付されていました。

Appleから、Apple Ethernet Speed & Duplex Tool Ver 6.2.1a4c1が配付されていました。

Appleから、Apple Mac OS X Server Update 1.0-2が配付されていました。

Roland社から、FreeMIDI対応S-MPU64ドライバ(プレリリース版)が配付されていました。

ヤノ電器社から、FireWire Utility 1.0.3USB MO 1.0.2 アップデータが配付されていました。

メディアドライブ社から、e.Typistバイリンガル2/LE2ドライバアップデータが配付されていました。

Adobe社から、Acrobat Reader+ 4.0が配付されていました。

FileMaker社から、FileMaker Pro 4.1v3 and 4.0v3 English Updatersが配付されていました。

僕は見てしまった。基調講演がまだ途中だというのに、AppleのPRページには全ての発表内容がすでにアップされていて、そして「Steve Jobs said..」がすでに記載されていたという事実を、、、(台本があるんだネ)

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・Macintoshトラブルケースブック/ナツメ社 ¥2,500(4-8163-2562-X)
・誰でもカンタン! WorkPad入門/フォレスト出版  ¥1,400(4-89451-078-2)


イメーション(株)

PDAショップ、Vis-a-Vis(ビザビ)

パソコン関連書籍宅配便

Avenue-D

1999/07/21

MACWORLD Expo NewYork '99のレポートページを公開しました。すでに各隊員は武装して出国した模様です。

AppleがMacworld Expo/NY '99特集ページを公開し、そこになんとAppleによる事前会場レポートがNewYorkの街の様子とともに掲載されていました。このような情報をAppleが掲示するのは初めてだと思います。

Apple Store USがアップグレードのため一時的に営業を中止していました。きっと基調講演後になんらかの新発売がされるかもしれません?(予約かもしれない)

O'Grady's PowerPageのメンバーページに、P1の詳細なスケッチが3点アップデートされていました。本体のウラ面にマウスがホールドできるとか、ポートレプリケータらしきものがうしろにくっついているとか、貝型の厚みのあるの(取っ手つき、ウラ面にマウス収納)がコンシューマータイプP1で、ドラ焼き型の薄いもの(ポートレプリケータor Mini Dock脱着)がExcectiveだとか書かれていました。

ヤノ電器社が、ユーザとヤノ電器を結ぶページ「Village yano」をオープンする前のプレ・イベントとして、KandaNewsNetwork・神田敏晶氏を迎え「MACWORLD TV'99 in N.Y. Live」を行うと発表していました。また同ページにはヤノ電器の出展予定製品に関する情報も掲載されています。

MacCentralがMACWORLD Expo NewYork '99の会場設置風景を画像で紹介「12」していました。もうこれはMacCentralの定番ネタですね。またApple Insider会場事前レポートを掲載していました。

MacNNによれば、MacTell社が3Dfx社のVooDoo3グラフィックチップを採用したMac用グラフィクアクセラレータ「Vision3D EvilEyeシリーズ」を発表したと伝えていました。

Mac the Knife「トライベッカの三連勝単式」によれば、MACWORLD Expo NewYork 99の基調講演では、噂のP1が登場し、Farallon社の家庭無線ネットワークシステムや、Microsoft社のInternet Explorer 5.0やOutlook Express 5.0を紹介し、さらにWebObjectsに関してOracleのデモがあること、さらにPalm PilotやSwatchなどのデモが予定されているよだと伝えていました。しかし次世代iMacと噂されているKnifeは、ここでは発表されない可能性があると予想していました。

Apple InsiderがMicrosoft社のOutlook Express 5.0 for Macintoshのスニークプレビューを掲載していました。

ミスミ社が発行しているパソコン通販カタログ「Multi-Bits」のVer.5の発送が開始されていました。今回からパソコンカタリグ「DTP編」と、デジタルイメージ画像カタログ「IMAGE編」とに分かれていました。総合カタログとしても大変優秀ですので、ぜひ請求してみて下さい。

3Com社がPalm/Pilot IIIの廉価版Palm IIIeを$229で8月に発売すると発表していました。またUSB接続をサポートしたUniversal Serial Bus connection kitを$39.95で発売することも発表していました。

Asante Technologies社がトランスルーセントボディーを採用したUSBハブ「FriendlyNET Home USB」を発表していました。4ポートタイプと7ポートタイプがあるそうです。

GeeThree社が、Stealth Serial Port for iMac、Stealth ADB Adapter、Stealth ThreePortといった新製品を発表していました。

Masa Newtonに、禁断のMessagePad分解講座が掲載されていました。

Appleが AppleShare IP Mail 6.2.1 Update日本語版を配付していました。

AppleがPCI CARDによるUSBポートをサポートするための、USB Adapter Card Support 1.2を配付していました。

BHA社から、B'sRecorder Pro for Macintosh Ver4.0.0〜Ver4.1.0→4.1.1 アップデータが配付されていました。

Global Village社から、GlobalFax Scheduling Updater 1.0が配付されていました。

LaCie社から、LaCie USB extensions v1.1が配付されていました。

AppleはMacworld Expo/NY '99と表記していますが、IDG側によればMACWORLD Expo/New York '99が正しい表記だそうです。Appleの真似はしないように注意しましょう。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・ビル・Gからの手紙2/アスキー ¥1,100(4-7561-3151-4)
・effects Summer 1999/インプレス販売 ¥1,800(4-8443-5522-8)
・BRYCE4 プロフェッショナルテクニック Mac&Windows対応/ソフトバンクパブリッシング ¥3,800(4-7973-1006-5)


株式会社ニィス

プロコムジャパン

act2

1999/07/20

毎日新聞が、アップルの原田社長へのインタビューを掲載していました。先日発表された第3四半期決算に関する内容が前半部分を占めていますが、後半のビジネス市場への展開からサブノートパソコンの将来を疑問視した内容が重要です。ビジネス市場への取り組みは、簡単に言ってMacintosh Server G3 with Mac OS X Serverをガンガン売ってゆくということを表してます。また噂となったプロバイダービジネスには参入するつもりが無いこと、ワールドワイド戦略の中にも各国の利害関係が発生していたこと、コンシュマーノートは日米同時発売にならない可能性があることなどが述べられています。最後にサブノート製品についてAppleの見解が詳しく述べられ、将来的に明るい製品ではないことや、ライバル製品の市場調査を行っている事実などが理解出来ます。(すべて予想した通りだ,,,)

昨日発売された就職専門情報誌「type 8/3号」に、常識を覆したマーケティング戦略の全貌“Appleジャパン”365日の真実〜それは復活ではなく新たなる挑戦の始まりだった!〜 という特集記事が掲載されていました。原田社長、福田、大宮両本部長などが登場しています。なお、この特集の前にパソコン特集が掲載され、ここでコンパック社の樋口氏(元アップル)は日本独自の製品を作ると言ってますが、アップルはそんなものは作らないと語っているのが対象的でした。

Accelerate Your Mac!によれば、ついに3Dfx社からVoodoo2 Macintosh MacOS 8.x Reference Drivers beta 1の配付が開始されたそうです。Voodoo専用のAPIであるGlide 2、Glide 3をサポートし、Voodoo2チップセットを2組使用するSLIモードもサポートしているそうです。しかしすでに時代はVoodoo3、、う〜ん悩む(Mac日記の日々さん情報ありがとね)

ウィーン滞在中の大津さんによれば、ベルリンのディーラーPabstに注文していたFormac社製ProFormance III 16MBが届いたそうです。商品には印刷されたマニュアルなどはついておらず、白黒のコピーが申し訳程度に入っているだけで、登録カードすら入っていなかったそうです。後はCD-ROMが一枚入っているだけで、これもホームページからダウンロードできるものと同じ物で、Bundleソフトの類は一切なかったそうです。なおFormac社は、6月15日付けのプレスリリースの中で、ProFormance IIIのOpenGLドライバーに関して触れており、それらは第3四半期にリリース予定で、2種類のデジタルフラットパネル規格に対応するアップグレードモジュールを用意すると記されていました。以前フォーカルポイントが出したリリースでは、日程までは触れられてはいません。

Boiled Eggs Onlineの林信行氏の連載「Apple ここだけの話」が、約二ヶ月ぶりに更新されていました。今回は前編、後編に分かれていて、ヒューマンインターフェースについて書かれています。しかし冒頭の飛行機の中で執筆したというのが一番驚きました。

日経MAC.COMによれば、フューチャーズがMac対応のMP3プレーヤー「Mplayer3」を、7月30日から2万9800円で出荷すると発表したと伝えていました。これたしか転送するのにすごく時間かかるので、出来ればUSB端子くらいは用意して欲しかったですね。

Powerlogix社がPowerForce G3 ZIFシリーズの333MHzモデルを$229、366MHzモデルを$279に値下げしていました。(吉田さん情報ありがとね)

AIWA社がトランスルーセントデザインを採用したUSB接続のテープバックアップシステム「Travan TR-4」を発表していました。最大8GBまでバックアップ可能で、1分間に40MBのバックアップが出来るそうです。

企画室ゆうが、アップルのスマートローンの支払いパターンをシュミレーションする、アップル1%スマートローン試算システムを公開していました。

act2社が、Stuffit Deluxe v.5.1日本語版を9月3日より発売すると発表していました。StuffIt Deluxe 5.0日本語版ユーザーへは、8月中にアップデータの配付を開始するそうです。

オービット・ミューズテクス事業部が、米Mark of the Unicorn社の「DigitalPerformer 2.6」を7月19日から出荷を開始致したと発表していました。

沖データ社が、MACWORLD Expo Tokyo 99で参考出品していたMICROLINE 8wのカラーモデルを「MICROLINE 8w for iMac」として各色限定500台、10月1日から発売すると発表していました。製品の予約は8月16日から行われるそうです。どうやら当初の予定と違って、トップカバーの色が変わっているようですね。

アダプテックジャパン社が、PowerDomain 2930 Ultra動作確認リストを更新していました。

AppleがTIL-31055で、Final Cut Pro 1.0.1にはFireWire 2.0ドライバーが含まれているが、FireWire 2.1ドライバーにも対応していると案内をしていました。

MACROMEDIA社から、Director 7.0.1J => Director 7.0.2J アップデータが配付されていました。(Macromedia Maniacsさん情報ありがとね)

コギト社から、オルティナ1.1 PowerPC & オルティナ ライトウェイト2.0.1アップデートキットが配付されていました。

スタインバーグジャパン社から、Cubase VST バージョン4.1アップデーターが配付されていました。

ぷっ、なんだよMG3ってネーミングは(笑)


リンククラブ

Ken Office

株式会社企画室ゆう「PLUS YU iMac Order Desk」

SOFTWARE Too

1999/07/19

SOTEC社が、トランスルーセントパーツを使用したiMacとPower Macintosh G3 All-In-Oneを足したようなPCマシン「e-one(¥128,000)」を発売すると発表していました。

CS放送局「スポーツ・アイ-ESPN」で、メーリングマガジンに登録すると抽選でiMacなどが当るプレゼントキャンペーンを行っていました。(高橋さん情報ありがとね)

日経MAC.COMがMACWORLD Expo NewYork 99でP1が発表されるSonataが発表されるといった噂を紹介した記事を掲載していました。(でも日経らしさがありません)

読者の報告によれば、現在Do-夢で販売されているNewer社製G3カード、MAXpowr G3 250/512kB ¥35,800を購入したところ、なんと!MAXpowr G3 333MHz/1MBの上に、上記商品名のシールが貼られたものだったそうです。これはめちゃくちゃお買得?

MACWORLD Expo Taipei99が7月16日〜19日にかけて行われているようですが、全然話題が出てこないのはなぜだろう?

Appleがデベロッパー向けツールとして、Appearance SDK 1.0.4を配付していました。

なななに〜!デザインが気に入ったから家に1個欲しいって言われたって〜!

Apple本社のPR担当も激減してるぞ?

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・Shadeスーパーグラフィックス/アスキー ¥2,500(4-7561-3129-8)
・プロフェッショナルになる! Illustrator8 for Macintosh/きんのくわがた社 ¥2,800(4-87770-024-2)
・MP3ですぐ聴ける!すぐ作れるVol.2/宝島社 ¥900(4-7966-1569-5)


1999/07/18

アップルがPower Macintosh G3購入者を対象にしたアンケート調査を行っていました。何故か最後の方にキーボードのアンケートが、、(Macphistoさん情報ありがとね)

ZDTVが、Steve Jobsの基調講演をストリーミング放送すると告知していました。(RingoAlleyさん情報ありがとね)

本日発売のMacPower 8月号で、Appleが現在発売しているMacintoshに関して、ハードウェアーの徹底検証記事が掲載されています。またMac OS 8.6に関しても新ためて特集が組まれていました。またMotorola社がロードマップ表に記載したPowerPC 745、755は、組込み用途向けの製品であることが掲載されていました。なお、この号にはNanko隊員の人柱によるPowerBook G3 series(Bronze keyboard)クロックアップ記事が掲載されています。

MacWIREによれば、LaCie社がMACWORLD Expo NewYork 99のブースで、USBおよびFireWire周辺機器を多数展示発表すると伝えていました。ABPSでekoシリーズのUSB版が展示されていたのを見ましたが、はっきり言って許し難いほどデカイです。選ぶならDesignで許せるeko cobaltシリーズのFireWire Driveですね。

MacWIREによれば、フォーカルポイント社がFormac社のビデオカード「Proformance III(16MB版)」を今月第3週から出荷すると発表したと伝えていました。なお、年内には8MB版、32MB版も発売する予定だそうです。

CNET JAPANによれば、AppleがWebObjectsに、新たな投資を行なおうとしていると伝えていました。

Keyspan社がUSB接続で、CD、DVDやQuickTimeなどをリモートコントロールすることが可能な「Digital Media Remote」を9月に$80で発売すると発表していました。

MacNNによれば、Appleが今日から9月25日までPower Macintosh G3 (Blue and White)を購入した人に、128MBのメモリーかHP社のプリンターDeskJet 810cのどちらかをもれなく貰えるキャンペーンを始めたと伝えていました。Apple Studio Display 17 CRTと同時購入の場合は$100のキャッシュリベートも得られるそうです。

Appleが、Mac OS X Server用WebObjects 4.0.1で、ネットワーク上のOracleデータベースサーバにアクセスできるようにするOracle Adaptorを配付していました。

Appleが、QuickTime 4.0.1に対応させるためのFinal Cut Pro version 1.0.1 updateを配付していました。

Kernel Productions社が発売しているMac USB対応の様々なゲームコントローラを接続可能にする「JoyPort USB」用のドライバー、JoyPort USB 1.0.0がsoftware.html配付されていました。

Historyを更新しました。

DS96LSから何がわかるのか教えてくれ〜!




.
.

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club.
All rights reserved. Site design by BRESTO, Inc.
「Macintoshは米国アップルコンピュータ社の商標です」
GigaHit