VIRTUAL MIDI WORLD
July 1999 MACお宝鑑定団 
Mac News Link Mac関連雑誌ライターLink Special
Read me Bench mark History
先週のNews バナー広告募集 counter


Ken Office

株式会社企画室ゆう「PLUS YU iMac Order Desk」

SOFTWARE Too

1999/07/31

謎の情報筋によれば、Appleは9月15日〜19日にかけてパリで開催される予定の「Apple expo 99」で、15日の基調講演を行う人物として、昨年と同様Steve Jobs氏に決まったようだと伝えてきました。どうやらSeybold SFの次は、アジアじゃなくてヨーロッパに行ってしまうようです。

Specialページに、東@iBook User GroupさんによるMIDI WORLD '99レポートを掲載しました。

アップルがMIDI WORLD '99に合わせて、QuickTime 4.0.2日本語版の配付を開始していました。またQuickTimeページも大幅に更新されていました。ただ提供されているコンテンツのほとんどが本社サイトと同じ構成になっていて、唯一QuickTimeショーケースページのストリーミングチャンネルに、Sony Music Onlineがあるだけのようです。Movie TrailersにはSTAR WARS EPISODE 1の日本語吹き替え版があるだけで、こちらも日本での上映スケジュールとは噛み合っていません。でもきっとすごくがんばった結果だと思うので許してあげましょう。でそのアップルが現在QuickTimeを使用したサイト情報を募集しているので、ガンガン挙手して上げて下さい。

アップルがQuickTime Tech Info Library 日本語版を公開していました。

TIL-100329J-QuickTime 4:インストール条件
TIL-100330J-QuickTime 4:Macintosh にインストールする際の注意点
TIL-60297J-QuickTime 4:新機能
TIL-60310J-QuickTime 4:すでにわかっている問題
TIL-60334J-QuickTime 4:QuickTime Player の使い方
TIL-60341J-QuickTime 4:Macintosh での QuickTime 4 のアンインストール手順
TIL-60388J-QuickTime 4:Web からのインストールに関する問題

MacTopia Japanに、「日本花子の iMac 日記 i Diary」が突如連載開始されていました。正体などは現在まったく不明ですが、女性をターゲットにしたコラムであることは間違いなさそうです。

CNET JAPANがノートパソコンメーカー各社が、バッテリーの持続時間の性能向上に関心を寄せていると伝えていました。

日経MAC.COM九州保健福祉大学が導入したMac OS X Serverを使用して、48台のiMacを次々に起動される事に成功したとレポートしていました。

Fontzoneによれば、AppleとAdobeが現在フォント職人を募集中だと伝えていました。

デジタルオリジン社が、Mac用ビデオペインティング&スペシャルエフェクトツール「RotoDV」を出荷したと発表していました。

AppleがHotNewsで、Bloomingdale'sのプロモーション「back-to-school」でiBookが使われていると紹介していました。ひょっとしてこれ新しい抜け殻なの?

MacReviewZoneがAppleがプロジェクトを起こすたびに製作するTシャツ「Mac Cotton」に関して、古い物をいくつか紹介していました。(今でも作られていると思いますが、ほんと表に出ることはない珍しいアイテムです)

MacWIRE Onlineによれば、ソニー・テクトロニクス社がExpo NY '99で発表したトランスルーセントボディーを採用した「Phaser 840 Designer Edition」を、100台限定で8月2日から発売すると伝えていました。

Mac MallMac Zoneで、iBookのOrder Takingが開始されていました。どちらも$1,594で、Apple Store USより$5安いです。(Charaoさん情報ありがとね)

ベンチマークページに、Sonnet Crescendo G3/PCI 466MHzを追加しました。(ほそかわさんデータありがとね)

MacInTouchによれば、Adobe社がPremiere 5.1bを使用した場合ソースファイルが無くなってしまう問題が発見され、ただちに使用を中止するよう告知していると伝えていました。

Steinberg社が、Cubase VST 4.1 for Macintoshを発表していました。

アドビ システムズ社と株式会社モリサワが、モリサワ字母 NewCIDフォントにおける協力体制を発表していました。

マイクロソフト社が、Microsoft Windows 98 SECOND EDITION アップデート CD 日本語版のCD-ROMの申し込み受け付けを開始していました。

Appleがデベロッパー向けツールとして、Mac OS X Server用のSystemDisk2.3.1を配付していました。

フォーカルポイント社から、Metabox LittleJOE 2.5ドライバーMetabox JoeCARD 2.5ドライバーが配付されていました。


有限会社ブイロジック

アイディ・イーストエンド

フォントワークスATM25

1999/07/30

AppleがAmerica Onlineと共同で、AOLが提供している、オンラインユーザーを認識して、インスタント・メッセージ送信し、プライベートチャットが行えるサービスを提供するソフトウェア、AOLインスタントメッセンジャー用の開発を行うことになったと発表していました。AOLバージョンとは別に、Appleがオリジナル版をリリースするようです。(藤川さん情報ありがとね)

MacWIRE Onlineによれば、iBookの裏にある2つの充電用コンタクトに関する内容を伝えていました。この中で「各教室に多数のEthernetポートと電源のコンセントを配置するためのコストと備品の管理が面倒なことがある」とAppleのLinda Frager氏は述べており、これらを改善することが目的の1つだったことが読み取れます。つまりiBookはまぎれもなくeMateの進化型ということです。

VST Technologies社が、iBook用の周辺機器を多数発表していました。TangerineとBlueberryの2色の製品がいくつか発表されています。5色作る場合はiMac、在庫管理が大変だから2色にしようとするならiBookと対象製品を別けてくるメーカーが出てきそうですね。

Griffin Technology社が、iBook用マイク「iMic」を発表していました。(あ〜あ出されちゃった)

フォントワークス社が、USBフロッピーディスクドライブ対応状況を更新していました。

9月7日〜11日にかけて幕張メッセで行われる「WORLD PC EXPO 99」におけるAppleの基調講演は、アップルコンピュータ ワールドワイドプロダクトマーケティング担当副社長Philip W. Schiller氏に確定したようです。(中里さん情報ありがとね)

MacFixItによれば、ATIが発売したRage Orionは、StarMax、6400シリーズ、6500シリーズでは動作しないことをATI社が認めていると伝えていました。ドライバーのバージョンアップを待たなければならないようです。(これでProformance IIIに決定)

で決定した(何がだ?)Proformance IIIですが、秋葉館で36,800円で販売されていました。また1,000円安くなったようです。本当はRevolution IV for Power Macintoshも気になるんですが、こちらは単体じゃないからしかたないですね。(Mac通販生活より)

市川充 商店 Amulet社が、大塚商会様の支援によって、モバイル保険の加入申込がスタートしたと発表していました。

ACI Japan社から、4th Dimension v6.5日本語版がリリースされていました。

Apple Insiderによれば、Appleがシードデベロッパーに対してコードネームSealedと呼ばれるSonata b4c3の配付を開始したと伝えていました。またAdaptec社が秋頃にリリース予定のToast 4.0のスニークプレビューも掲載していました。

PowerLogix社のページに先日MACWORLD Expo NY '99で発表されたPower Force G3 L2シリーズの価格が正式に発表されていました。最高速400MHzモデルはSonnet社の製品よりさらに$100も安いです。またPowerForce G3 ZIF 466/186/1MBも同じ$599に値下がりしていました。

ROBO-TIC-TAC-LUBで、LEGO MINDSTORMをLEGO Dacta社のROBOLAB(WiseWeb Trading Corporationから発売中)を使ってプログラミングしよう講座が掲載されていました。

メルコ社から、PowerMacG3用ATAPI内蔵CD-RWドライブ「CDRW-I4224FB/AG」 を8月中旬から42,000円で発売すると発表していました。

小学館発行の女性ファッション誌Oggi9月号にて、カラー4ページにわたり、iMacカラー特集が掲載されているそうです。(chewingさん情報ありがとね)

日経MAC.COMに今回Appleが三星に投資することによる思惑を考察していました。

明日パイオニアLDC社から、新作DVDタイトルとして「ARMAGEDDON (4,700円)」が発売されます。ようやくビックタイトルの登場ですね。ちなみにこの作品の予告編をQuickTimeムービーで見ることも出来ます。

AlSoft社から、DiskWarrior 1.0.4 Updateが配付されていました。

Bare Bones Software社から、Mailsmith 1.1.4 Updateが配付されていました。

ほ〜ら言った通り、箱に詰まってなっかたでしょ?(笑)

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・はじめてのMP3で聴ける作れる送れる/祥伝社 ¥890(4-396-89015-X)
・マイクロソフトへの挑戦/毎日コミュニケーションズ ¥2600(4-8399-0092-2)


株式会社パワー

MJ SOFT Mac館

株式会社IMAGICA

有限会社クワッドエレメンツ

1999/07/29

Newer Technology社が開発し試作品を公開していたPowerBook 2400用G3アップグレードカードNUpowr 2400/400/1M/200に関して、公式なアナウンスでは「P1発表後、限定販売のため予約にてオーダーを受けつけ、出荷予定は10月頃になる」と述べられていましたが、結局、正規代理店である加賀電子社が、独占でNewer Technology社からNUpowr 2400/400/1M/200の納品を受け、アナウンス通り一定期間予約を受付け、受けた予約分しか販売されないようです。また予約を受け付けられる販売店も限定されるようです。

AppleがTFT-LCDフラットパネル・ディスプレイの安定した供給を確保する為、Samsung社に対して生産設備の拡充を目的として1億ドルの投資を行うと発表していました。Steve Jobs氏は「iBookを初めてとして、Appleがかつてない程の液晶を必要としているのです。」と述べています。

ATI Technologies社が、AppleのiBookで同社のグラフィックチップATI RAGE Mobilityをベースとした製品が採用されたと発表していました。

MacNNによれば、Symantec社がNorton Utilities 5.0 for Macintosh Public BetaNorton AntiVirus 6.0 for Macintosh Public Betaの配付を開始したと伝えていました。

Newsweek.comにSteven levy氏による「Apple's iBook: A Mac to Go」が掲載されていました。この冒頭でlevy氏はiBookを正式発表前にJobs氏に見せてもらったことが掲載されていました。また最後の部分ではJobs氏がPirates of Silicon ValleyをOracle CEO Larry Ellison氏と一緒に見ていたと掲載されており、その感想が述べられていました。なお、この内容は現在発売されているNewWeek日本語版 8・4号の誌面上でも掲載されています。(iBook Stationさん情報ありがとね)

アップルのiBookページが公開されていました。「その名はiBook。あなたのために生まれたノートブックです。」と冒頭に記されていました。その他の内容は本社ページを翻訳した内容のようです。(dadaさん情報ありがとね)

Apple Store JapanでPowerBook G3 series(Bronze keyboard)のBTOが開始されていました。(Nakajimaさん情報ありがとね)

Apple Store USのSpecial DealsにApple Studio Display 21インチモデル($1,199)と17インチモデル($349)が販売されていました。

アップルが、システムエンジニアリングプログラムページに、ソリューション事例レポート No.39を掲載していました。

ヤノ電器社が、USB FDドライブのキーディスク対応に関して、島村楽器の情報を追加掲載していました。

Apple InsiderがINTELEX社がPowerBook G3 series用のアップグレードカードとして、将来的にG4も考慮したG3アップグレードモジュールを計画していると伝えていました。またFireWire周辺機器として、FireWire Hubも計画しているらしいです。またAppleShare IP 6.3がSonataが正式に発売された頃と同時期に発表されるようだとも伝えていました。Mac OS X Serverのアドミンアーキテクチャーを採用し、管理者機能が大幅に向上するらしいです。

Apple Insiderがトップページで、Appleが今週中にもPower Macintosh G3 (Blue and White)のクロックアップバージョンを発表するという噂はまったくのガセネタなので、買い控えしないようにと呼びかけていました。(吉田さん情報ありがとね)

Mac OS Rumorsによれば、Appleが次世代ネットワークサーバーとして、64bitPCI BUSを6機装備したマシンを使用したデモを行ったらしいと伝えていました。

Electronic Arts社が、SIMCITY 3000 for Macintoshを8月3日に発売すると告知していました。

MACLIFE Open Source Projectの第2号作品として、長野県立駒ヶ根工業高校・田中俊生氏のJavaメーラーアプレット「TEGAMI0.10b[ja]」が登録されていました。これにより同アプレットはさっそくオープンソース化され、改造・配付自由となっています。

Apple アメリカ公認のユーザーグループ「JISMUG(Japanese Mac User Gourp)」で、Macworld Expo NewYork '99レポートが掲載されていました。(弓場さん情報ありがとね)

パソコンゲーム雑誌「Play-Online 9月号」の連載記事Play Online Mac館で、Pangea Software社のBugdomとMacSoft社のDark Vengeance 1.2が紹介されていました。(たった1ページ扱い;_;)

Appleが、Font Manager Update 1.0を配付していました。

Appleがデベロッパー向けツールとして、Mac OS USB DDK v1.3b3を配付していました。

アップルが、AppleShare IP Mail 6.2.1 アップデートDisk Copy 6.3.3日本語版を配付していました。

AOL Japanが、AOL4.0 for Macintosh正式版を配付していました。

MACROMEDIA社から、Shockwave 7.0.2d140 & Flash 4r12が配付されていました。

Wacom社から、SD、UD、ArtPad、ArtZ II、PL series tablets、ADB PenPartner tablets用として、MAC 2.6.5 beta 1が配付されていました。

Formac社からProFormance 3用として、GA 5.5.3 & GA12-ROM 1.8.4が配付されていました。

NTT-ME社から、i・ナンバーに対応した、MN128mini-Vファームウェア Ver.1.10が配付されていました。

今日は会長の誕生日、、、

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・明解クリエイターのための印刷ガイドブック DTP実践編/玄光社 ¥2,100(4-7683-0104-5)
・MacOSのトラブルバスター 強制終了・リセットする前に読む本/広文社 ¥2,000(4-87778-010-6)


Macintosh WIRE

「マックで動く、マインドストーム!  WWTショップ」

バード電子

有限会社サイバーグルーヴ

1999/07/28

MacInTouchが情報筋からとして、Appleが木曜日にもPower Macintosh G3 (Blue and White)のクロックアップバージョンを発表するようだと伝えていました。また今回から全ての機種に56Kモデムが標準搭載されるそうです。ひょっとしたらこの高速PowerPCは、2月にISSCCでIBMが発表したSOIを採用した配線幅0.12マイクロメートルの新製品(580MHz)かもしれません。

・Power Mac G3 550MHz/64MB/9GB Ultra2/CD/16/56K $2999
・Power Mac G3 500MHz/64MB/12GB/ZIP/16/56K $2499
・Power Mac G3 500MHz/64MB/6GB/DVD/16/56K $1999
・Power Mac G3 450MHz/64MB/6GB/CD/16/56K $1599

ZDNet-Jに、Apple Product Marketing部門担当副社長Philip W. Schiller 氏へのインタビューが少しだけ掲載されていました。G4はMac OS X Clientが発表された後に発表されるようです。

Mac the Knife「The Beatlesの未発表曲とSteve Jobsの野望」によれば、AppleがQuickTime 4のMP3に関する優位性をアピールするために、今度は「Yellow Submarine」のリバイバルで中心的作品となる予定の、Beatlesのシングルの権利を買い付けたようだと伝えていました。

MACお宝鑑定団の義兄弟サイト「新し物好き」のダウンロ〜ドが、WEBに掲載しているダウンロード情報を毎日配信するメールマガジンを、ニュービジョンサプライ社の提供により8月から開始すると発表していました。

About.comMac OS Tip of the Dayに、アップルメニューのSimpleSoundに関するEaster Eggについて掲載していました。SimpleSoundを起動後、アップルメニューからSimpleSoundについて....を選択し、表示されたスピーカーアイコンをクリックすると作者が表示されるそうです。

Cnet Newsによれば、Microsoft社の会長兼CEOであるBill Gates氏が財務アナリストとの年次会議の席で「アップルは現在、色のバリエーションに関してのみ、他社に先んじているにすぎない」とディスプレイに表示されたインテルチップを組み込んだ、赤いパーソナルコンピュータを指差して述べ「これに追いつくには、さほど時間はかからないだろうと思う」と語り、Wintel陣営に対して激を飛ばしたと伝えていました。(手塚の情報により原文にリンク修正)

パワー社が、Mactell社と販売契約を結び、同社の製造するFirePowerブランドのストレージ製品の販売を開始すると発表していました。販売は当面の間ネット販売のみとなるそうです。

7月27日発売開始
・ FireDrive HDD 25 25GBハードディスク(5400rpm) ¥95,000
・ FireDrive HDD 18 18GBハードディスク(7200rpm) ¥69,000
・FireDrive HDD 8.4 8.4GBハードディスク(5400rpm) ¥48,000

8月上旬以降発売開始
・ Fire DAT DDS/DDVS
・ FireDrive MO 640MB MOドライブ

日経MAC.COMによれば、ハギワラシスコム社が本体にUSBポートを持った世界初のMO Drive「MOドライブ For USB」を、7月30日から発売すると発表したと伝えていました。

富士通社が、FireWire採用のMO装置「640FE/1300FE」をアメリカで発売すると発表していました。
すでに製品はExpo NY '99におけるAppleブースで参考出品されています。

AppleがiBook Hardware Developer Documentを削除していました。TIL-60428「iBook: Video and Graphics FAQ」が更新されていいるので、この当たりの記述内容が違っていたのかもしれません。

情報筋によれば、アップルが店頭展示用の販促品としてiBookのポスターの配付を開始したようです。ただiMac同様、国内正式発表前に事前予約を行わないよう注意しているらしいです。

日経MAC.COMによれば、Internet Explorer5.0 Macintosh Editionの公開が9月頃になりそうだと伝えていました。

読者の倉橋さんによれば、東京都八王子市の「ひまわり堂」と言うドラッグストアで、iMac を使用したレジスタ(POS ?)が使われていたそうです。バーコードリーダ、レシート発行機、ドロワー(お金をいれておく引出し)がそれぞれコードで(USB ?)接続され、iMac はドロワーの上に乗せられていたそうです。画面には、「Macincash」と表示されたウィンドウがあり、商品をバーコードリーダで読み取っていき、リターンキーを押すと、ドロワーが開き、レシートが印刷されて出てきたそうです。その後の情報によると、これはティーブレイクソフトウェア社が開発したレジシステム「MacinCashv3.5.x」だったことがわかりました。

ソフトウェア・トゥー社が、8月13日からExtensis Mask Pro 2.0J for Macintosh & Windowsを対象にした「Mask Pro ラクラク切り抜きキャンペーン」を行うと発表していました。通常価格79,800円が49,800円となって、2,000本限定で発売されるそうです。

コーシングラフィックシステムズ社が、バリアフリー文書編集ソフトウェア「ジャンボエディタ」を、20項目以上機能を強化し、ジャンボエディタ1.5にバージョンアップしたと発表していました。

iMac Stationによれば、内芝製作所がApple Studio Displayの足とそっくりなiMac用スタンドを発表したと伝えていました。

Mac Fanホームページにて「iBookに関するアンケート」が行われていました。当アンケートに答えた方の中から抽選で、30名様にMac Fan特製グッズがもらえるそうです。

Allegro Themes Projectから、テーマファイル「Aerial」「iTheme」「QLike」が配付されていました。(「新し物好き」のダウンロ〜ドより)

毎日新聞によると、インテル社、東芝社、エリクソン社、IBM社、Nokia社が共同で、低出力の無線を使ってモバイル機器間でデータや音声を交換するための規格「Bluetooth1.0」を発表したと伝えていました。来年にも対応製品が出てくるようです。

日本IBM社が、音声認識ソフト「ViaVoice」とインターネット用愛玩電子メールソフト「PostPet ViaVoice対応版」をバンドルしたお得なパッケージ、「ViaVoice 98 日本語版 Friendly Speak With PostPet for Windows ver 2.0jp ViaVoice対応版」を、9月10日から20,001円で発売すると発表していました。これには特別仕様のピンク色のマイクロフォンが付属するそうです。

Appleから、Mac OS Runtime for Java 2.1.3が配付されていました。

Appleがデベロッパー向けツールとして、Mac OS USB DDK v1.3b2を配付していました。

ラトックシステムズ社から、REX-PCI30Pシリーズ 用ドライバアップデートが配付されていました。

act2社から、backpac 1.5.1 アップデータが配付されていました。

ATI Technologies社から、UNIVERSAL INSTALLER 4.0.1が配付されていました。

INTEREX社から、AltiVecをサポートしたMACh Speed G3 Control v1.4.0が配付されていました。

Digital Origin社から、EditDV 1.6.1 Updaterが配付されていました。

日本SGI社がSilicon Graphics 320/540 最新ドライバのダウンロードページを更新していました。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・Adobe Acrobat4.0 アクロバット教室4.0 Macintosh&Windows/インプレス販売 ¥3,800(4-8443-5521-X)
・ゼロからつくるテクスチャデザイン/インプレス販売 ¥1,800(4-8443-5523-6)
・CG WORLD Vol.13 August 1999/ワークスコーポレーション ¥1,219(4-948759-17-1)


イメーション(株)

PDAショップ、Vis-a-Vis(ビザビ)

パソコン関連書籍宅配便

Avenue-D

1999/07/27

毎日新聞のDIGITALクリップに「「アップルの復活宣言」(上)「スティーブ・ジョブズ暫定CEOのMACWORLD基調講演から」」が掲載されていました。

The PowerBook Zoneが101の後継機種102の開発が始まっているようだと伝えていました。ただ今現在は102とは呼ばれておらず、別のコードネームが当てられているそうです。それによると102はP1で搭載されたAirPortがKiheiやSawToothに含まれているのと同じように搭載されているらしいと伝え、ようやくFireWireが搭載されることにより、やっとSCSI端子がなくなようです。またDVD再生時にDolby Digital 5.1 サラウンドサウンドが単純なステレオサウンドにダウンミックスされていたのが、ちゃんとDolby Digital 5.1 サラウンドサウンド再生で聞けるようになるらしいです。そしてマザーボードが100MHzバスになると掲載していました。(Lombardの後継はP1にFireWireとRAGE Mobility-M1で十分じゃない?)

デジタルツールを活用して「創造的な生活」を実践していくすべての人々に向けた、総合Webサイト「digitalians.com」で、メール配信サービスに登録していただいた方の中から抽選で、Appleオリジナル iBook Tシャツが当るプレゼントキャンペーン(7/31まで)が行われていました。

インタウェア社がBOOSTER G3Z 466の出荷を開始したと発表していました。

ASCII 24によれば、ソース社がCD/DVD-ROMドライブ加速ユーティリティー「超速 for Macintosh」を8月13日に8800円で発売すると伝えていました。

ASCII 24で沖データ主催の展示会およびコンファレンス「PRNCOM '99」の2日目に行われた、アドビシステムズ社の奥山千亜紀氏による「Adobe Acrobat 4.0 日本語版」に関するセミナーのレポートが掲載されていました。ここでは明確にWindows版とMacintosh版とでは、どうゆう新機能があり、どの機能がMac版には搭載されていないのかがわかります。またこの日、立野康一氏が司会をつとめ、ゲストに人気漫画家モンキー・パンチ氏、女優の新保あさ氏、Mac Fan Internet編集長の林一郎氏らを迎えた「夏休み特別企画」のレポートも掲載されていました。

HOTWIRED JAPANが、Appleのコンシューマー・モバイル・プロダクト・マーケティング担当プロダクトマネジャーLinda Frager氏へのインタビューなどを掲載していました。それによるとJonathan Ive氏は「壊れる可能性のある扉や掛けがねが全く無い、自己完結型のパソコンを自由に設計する権限」を与えられていたそうです。またFrager氏は「Steveが行なった最高の仕事の1つは、新製品について語らないことの重要性を教えてくれたことだ。そうすれば市場に衝撃を与えることができる」と語ったと掲載されています。これはmiss directionが行われているという話題が出た時に、その前半部分は情報を漏らさないことの重要性を説いたと伝えられていました。つまりiCEOが説いたことは本当だったわけです。

ベンチマークページに、Sonnet Technologies社のCrescendo G3/L2 400/1Mデータを追加しました。(須山さんデータありがとね)

Mac the Fork「Sawtooth」が更新されていました。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・Acrobat4.0でデジタルドキュメンテーション Mac&Win/SCC ¥2,800(4-88647-757-7)


株式会社ニィス

プロコムジャパン

act2

1999/07/26

AppleがHot Newsに「Macworld Expo NewYorkは2人のSteveからはじまった」と題した、基調講演内容をダイジェストに伝えたページを公開していました。

AppleがMacworld NY '99ページに、会場風景を伝える「Macworld Gallery」を公開していました。

DIMSDRIVEでアンケート方式の無料会員登録をすると、抽選でiMacなどが当るプレゼントキャンペーン(8/16まで)が行われていました。

MacWIRE OnlineにiBookのスループモード時の点滅ムービーが掲載されていました。

イケショップから、Palm用J-OS IIIx Updaterが配付されていました。英語版PalmOS 3.0xのみの対応で、J-OS III製品版が必要です。

Pangea Software社から、ゲームソフトBugdom用のアップデータ、Bugdum 1.0.1 Updatesが配付されていました。

MyeSourceから、Apple IIGS 用Web ブラウザSpectrum Internet Suite v1.1 がリリースされていました。

Apple IIGS用のTCP/IP スタックMarinetti がv2.0.1となって配付されていました。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・MacOS強化読本/オーム社 ¥1,500(4-274-06322-4)
・Macintoshで作るLAN入門/ディー・アート ¥1,800(4-88648-552-9)
・CG倶楽部 Vol.2/ビー・エヌ・エヌ ¥2,400(4-89369-730-7)
・Linux for PPCインストール&活用ガイド/ビー・エヌ・エヌ ¥2,500(4-89369-731-5)
・見ればわかる 図解式Acrobat4/ビー・エヌ・エヌ ¥1,800(4-89369-732-3)
・iMacで遊ぼっ!/ローカス/角川書店 ¥1,300(4-89814-018-1)
・ノンリニアビデオ編集ガイドブック/日経BP出版センター ¥2,300(4-8222-1470-2)


1999/07/25

MACWORLD Expo /NewYork '99 reportページを最終更新しました。今回MACお宝鑑定団の派遣隊員として、現地でがんばってくれた、poplife隊員、Nanko隊員お疲れさまでした。また多くの情報を送ってくれた方々にも感謝しております。今回のNewYork ExpoはiBookという目玉が登場し、来場者数も記録更新したようですが、会場全体の雰囲気としては、Appleを初めとする大手出展社のブースが縮小傾向にあったものの、逆にゲームメーカーの多くが最大の大きさで展開されていたことが印象的だったそうです。

MacWIRE OnlineにAppleのコンシューマー・モバイル・プロダクト・マーケティング担当プロダクトマネジャーLinda Frager氏へのインタビューPart2が掲載されていました。今回はAirPortに関する話しが掲載されています。

日経エレクトロニクス7月26日号に、「IEEE1394の明日」という特集記事が3部構成で掲載されていました。それによると、今年中には普及価格帯の機種「iMac」にもFireWireポートを採用する模様で、Apple社は当初、1999年末のクリスマス商戦にIEEE1394を標準装備させたiMacを発売する計画だったらしく、IEEE1394のリンク層回路を内蔵させた周辺チップセットの完成がその頃に予定されていたたらしい。ところが一部の顧客からiMacにもIEEE1394が欲しいとする要望が高まったことから、リンク層回路内蔵のチップセットができるのを待たずに、発売計画を前倒しにする可能性もあるようだ。と伝えています。また「FireWireとi.LINK」の2つの名称に関しても触れ、1993年に「FireWire」の呼称は公表済みであったが、ソニーは呼称が公表される前に呼称の変更をApple社に申し入れしたそうです。理由は「民生業界に於いて、火あるいは水といった危険を連想させる言葉を用いるのは御法度とされている」からだそうです。しかしながら、Apple社は申し入れを断わった。そのため、ソニーは別の呼称を探す道を選ばざるおえなくなったそうです。(衛藤さん情報ありがとね)

7月30日から東京ビックサイトで開催される「MIDI WORLD '99」に関して、セミナーやワークショップの案内が掲載されていました。IEEE1394を使ってオーディオとMIDIを伝送するプロトコルの紹介するセミナーなどが予定されているそうです。なお初日にはAppleによるイベント「i Macって楽しい !!」が予定されています。

AppleがiBookのハードウェアーデベロッパーノートHTML版を公開していました。

SpecialページのH氏の手紙に「iBookアーキテクチャー」を追加しました。

日経MAC.COMが今年のExpo NewYork '99で選ばれた「best of Show」の受賞製品を伝えていました。

東京ビックサイトでひらかれていた「国際ワイヤレス/モバイルソリューション展」では名前のとおり無線技術が中心で、話題のNCRのWaveLANの展示も行われていたそうです。そこで、関西電機のAIRPORT LANという無線LANシステムが展示されていたそうです。名前の発想は以外とオーソドックスなのかもしれません?(いいぬまさん情報ありがとね)

新しくなったApple Store USで、PowerBook G3 series(Bronze keyboard)のBTOが開始されていました。またソフトウェアーページにFileMaker Pro v4.1が加わっていました。それと今回からソフトウェアーページと周辺機器ページに、販売トップ5が表示されるようになっていました。(昌宗さん情報ありがとね)

月刊アスキー8月号のP164とP166に、椎名亜希子の「NANDE?」という連載記事が掲載され、今回は特別編として「アップルコンピュータ原田社長とミュージシャン吉川晃司、音楽を語る」と題する対談が掲載されているそうです。(秋満さん情報ありがとね)

Symantec社がSymantec Norton AntiVirus 6.0b16を配付していました。




.
.

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club.
All rights reserved. Site design by BRESTO, Inc.
「Macintoshは米国アップルコンピュータ社の商標です」
GigaHit