August 1999 MACお宝鑑定団 
Mac News Link Mac関連雑誌ライターLink Special
Read me Bench mark History
先週のNews バナー広告募集 counter


株式会社ニィス

プロコムジャパン

act2

1999/08/07

太陽の支配神ラーは疑問に思いました。KihieはSonataであるとあなたが思い続けていることを、SawtoothはSonataが必要です、しかしKihieは必ずしも必要とはしていません。LifeSaversはすでには無く、その意味を悟る必要があるということ。情報を求めます。

アルプス社が電子地図ソフト「プロアトラス for Macintosh」を9月中旬から発売すると発表していました。今回発売されるのは「首都圏」「東海」「近畿」「日本広域」の4タイトルで、それぞれ5,800円で販売されるそうです。

Japanese Scheme Archivesによれば、Kaleidoscope2.1.2日本語版がのCD-ROM版(つまりパッケージ版)として発売されると伝えていました。

フォーカルポイント社が、米国miro社の製品、TFT液晶ディスプレイ「Radius ARTICA」を販売すると発表していました。出荷は8月下旬より開始され、定価は398,000円で販売する予定だそうです。また、ProFormance 3とオプション(デジタル I/Oボード)を一緒にしたセット価格は467,800円で販売されるそうです。

ProFormance 3に関してですが、購入して使った感想としては、Flat Panel Apple Studio Displayで使用した場合、ノイズがひどくて使い物になりませんでした。もちろん最新のコントロールパネルやファームを使用していますが、ユーザーガイドによるとTFTモニターをサポートさせるには、別途TFTアダプターを購入しなければならないと記載されています。ただ上のリリースにあるデジタル I/Oボード(¥29,800)がTFTアダプターを指している場合なら、これはただデジタルインターフェイスに対応するだけのオプションとなり、全然関係無いことになります。なお、この件に関しては、現在サポートからの回答待ちです。

アップルのユーザグループページで、7月ユーザーグループ懇親会レポートがリンクされていました。なお、8月のユーザグループ懇親会は、8月28日に行われる予定だそうです。それとユーザーグループ紹介ページも更新されていました。

MJSOFTでもNUpowr G3 400 for PowerBook 2400(148,000)の予約販売が開始されていました。予約された方には、いくつかの特典が付くそうです。

PowerLogix社が、PowerForce G3 L2 Cache Upgrade Cardsの対応機種に関して、20th Anniversary Macを加えていました。

O'Grady's NoBeige.comによれば、J&R Computer Worldの最新カタログに、「新しくリリースされる予定のiMacに関して、掲載することが間に合わなかった」と記されてあったと読者からの報告を伝えていました。またKiheiの名の由来はハワイ語からではないか?と分析していました。

Mac OS RumorsによればAppleとPalm ComputingがAirPortに関して、何らかの提携を発表するかもしれないと伝えていました。

ASCII 24によれば、Apple ][ をビジネス市場に押し上げた「VisiCalc」や、かつて人気だった開発言語ソフト「Turbo Pascal」などが、インターネット上で無償配付されていると伝えていました。

AppleがMac OS X Server用としてMacintosh Manager 1.0.1を配付していました。

ロジテック社が、USB対応のカードリーダーLPM-CA20USB用として、LST-136-1 ver.1.0を配付していました。


リンククラブ

Ken Office

株式会社企画室ゆう「PLUS YU iMac Order Desk」

SOFTWARE Too

1999/08/06

Apple InsiderがAppleとSamsungとの提携に関して伝えていました。それによるとAppleはこの投資目的を、Appleの製品でもっとも需要が増えているTFT-LCDの供給に十分対応できる様にする為の保険としての戦略の一部であるとしている。もちろん、コンシューマーポータブルiBookの成功を確実にするためでもあるだろう。けれども、この投資の成果は本当に多くの月日をかけて結果が出るとは言えない、と情報筋のアナリストは話していると伝えていました。

「LCDの価格はAppleが望んでいる値段ではない」と、Steve Jobsは過去のテレビのインタビューで明らかにしていたが、情報筋によればAppleのiBookのMAP(最小公示価格)の増加は想定されたモノより$100もオーバーしており、次の製品として控えていた、広いワイド画面で、デジタル端子を搭載した、Apple Cinema Displayの発表も先送りされたらしいです。情報筋によれば、Apple's Industrial Design Studioで製作されている新しいデザインは全てフラットパネルを元に製作されているらしいです。さらに興味深い事に、iMacの後継機種ももちろん液晶ディスプレイを搭載しており、そのデザインは現行のモノと比べて大幅に変更されているようです。

またこれらのデザインの多くは現在ではモックアップやスタイルフォームコンセプトにすぎず、次期iMacと噂されているコードネームKiehiではない。だが、もしAppleのSamsungへの投資が、2000年の暮れから2001年の初めにかけてデビューすると言われている、第3世代iMacの価格を引き下げる為に行われたとしたら、これはTwentieth Anniversary Macintoshの志を継いだ、Appleの初の製品になるかもしれないだろうとし、この様な動きに対しては支持されるには多くの理由があるそうです。それは「バブルシェイプ」と呼ばれるオールインワンデザインを次世代の方向性として捉えているのは言うまでもなく、加えてAppleのIndustrial Design Studioの目標の一つに、所有する事に喜びを感じるパーソナルコンピューターを作る事である。それは使っていない時にも、Webをブラウジングしている時にも感じると伝えていました。(Nanko隊員より)

Apple Insiderによれば、コンシューマーポータブルの発表に繋がるここ数カ月の間に、Appleは自社の社史の中で最高の成功する製品の発売に対して準備しているという噂が飛び交っていたと伝えていました。iMacが発表された時と比べて、iBookが業界の波紋を引き起こす事にもはや疑いは無く。そして再び、昨年の今頃に目を向けると、iMacが発表されたにも関わらず、メディアは相変わらずAppleの終焉を描こうとしていた。それも以前にも増して混乱した状態で終わろうとしていると。このiMacの成功の前触れは、iMacの発表後に150,000台という途方も無いプレオーダーを受けたと大いに宣伝したAppleのプレスリリースから始まったのだと述べています。またiBookのプレオーダーはこれまでには考えられないペースで伸びており、あまり確証は持てないが、Appleは近々(このiBookの発売で)自社の株価が押し上げられるだろう、といった内容の重大な発表をする予定もあるらしいです。Appleの小売り部門に属する幹部クラスからの情報によれば、CompUSAだけで全国に展開している200の店鋪から合計60,000台ものプレオーダーを受けているらしく、この数はiBookが公式に発表される前に、社内で受けていた15,000台以下からここまで増えたのだそうです。つまり、これらの数字(iBookのプレオーダーの数)は昨年の夏に小売店が受けたiMacのプレオーダーの数よりもはるかに多いと伝えていました。(Nanko隊員より)

MacNNによれば、Vimage社が経営方針を変更し、一般客やリセラーに対して販売を行ってゆくことを辞め、OEM向けに製品提供することになったと発表したと伝えていました。

ASCII 24によれば、ロジクール社が、デジタル無線方式を採用したコードレスマウスなどマウス8機種を発表したと伝えていました。これら製品にはWindowsとMacintoshに対応した同社のドライバー&ユーティリティーソフト「MouseWare 8.40J」が付属するそうです。

メルコ社が、FireWireを3ポート装備し、FireWireHubとしても使用可能な640MB MOドライブ「MOFW643/A」を、¥82,000で9月初旬からMac版先行で出荷すると発表していました。また、1万円を切る低価格のUSB接続外付カードリーダ「MCR-U」を8月下旬から¥9,500で発売することも同時に発表していました。

曽根木工所が、iMacユーザをターゲットにしたカラーリングのPCデスク「Serie-i」の受注を開始したと発表していました。(たにしさん情報ありがとね)

Apple Store USのSpecial Dealsで、iMac /333 (Blueberry)が$1,099で販売されていました。

AppleがHotNewsの「Hot for Macintosh」ページで、Macintosh市場に向けて様々なソフトや周辺機器を発表したデベロッパーを紹介していました。

iMac 2 Daysによれば、Farallon社がAppleのAirPortと互換性のあるSkyLINE Wireless PC Cardを、$300(約3.5万円)で8月中に出荷すると発表したと伝えてていました。また同社はFAQのの中で、11Mb/secバージョンの計画があることを明らかにしていました。

Accelerate Your Mac!によれば、3Dfx社製のMac用ドライバーとROMを搭載したVoodoo3 2000 PCI cardは、Power Macintosh G3 (Blue and White)の66MHz PCI BUS上で動作していると伝えていました。MacCentralによる補足では、これは3Dfx社が配付したVoodoo3 for mac 1.0b1を使用して、PC向け製品であるVooDoo3 2000 PCIのフラッシュROMを書き換えたものだそうです。

この3Dfx社製Mac用Voodoo3ドライバーに関して、日本の代理店である日商エレクトロニクス社に問い合わせたところ、「現在、Voodoo3 200 PCIの Macintoshドライバの取り扱い方法については検討中」との回答を得ました。詳細が決まりしだい返事をくれるそうです。なお、国内におけるVooDoo3 2000 PCIの価格を調べてみたところ17,800円前後でした。

O'Grady's PowerPageによれば、eBayにデベロッパーバージョンのPippin(外付けHDからブート可能)が出品されていると伝えていました。

MacInTouchにSGI 1600SW Flat Panel Display for Macintoshを購入した人のレポートが掲載されていました。問題はFormac社製のドライバーを使用したRevolution IV-FP 32MB Graphics Acceleratorなんですが、詳しいベンチデータなどが掲載されておらず良くわかりませんでした。

Palm Computing社からトランスルーセント仕様のPalm IIIe Special Editionが発売開始されていました。

GAMESPOT JAPANによれば、Mattel Media社がHot WheelsBarbieブランドの子供向けPCを、$599で発売すると発表したと伝えていました。

Mac the Fork「Furniture」が更新されていました。

Iomega社がQuik Sync 1.0という ZipやJazで、ダイナミックにバックアップを行うソフトウェアーを配付していました。

Voyager Japan社から、T-Time v2.0 → v2.0.1 updaterが配付されていました。

インフィニシス社が、After Dark スクリーンセーバーモジュール作成ソフト、スクリーンスタジオ Version 2.1アップデータパッチを配付していました。

3Dfx社が、Mac用のVooDoo3ドライバーベータ版の配付を開始していました。

Formac社から、iProRAID 1.4.9が配付されていました。

Symantec社から、Symantec Norton Utilities 5.0b18が配付されていました。

さらに速い速度のMPUが出れば、L2/500なんてのも出るかもしれない。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・DTPスペシャリスト 独習バイブル/グラフィック社 ¥3,200(4-7661-1108-7)
・Macのトラブル解決集/日本実業出版社 ¥1,200(4-534-60119-0)


アイディ・イーストエンド

フォントワークスATM25

MJ SOFT Mac館

1999/08/05

スカイパーフェクトTV!の755ch、コンピュータチャンネルで放送されているExpoTVMacTV-JのMACWORLD Expo/NY特集が放送開始されていました。ExpoTVは、今週から4週間がMACWORLD Expo/NY特集で、最初の2週でスティーブ・ジョブス氏の基調講演ノーカット放送。後の2週でiBook紹介やその他のブース紹介を行うそうです。また、視聴者プレゼントとして、iBookのポスターを毎週10枚パンフレット付きでプレゼントされるそうです。一方、MacTV-Jは、今週から3週連続のMACWORLD Expo/NY特集となっていて、今週がiBook特集で来週と再来週は、石井めぐみさんが展示会場を回って自分の気に入った新製品を紹介するとともに、そのブースで視聴者プレゼントをゲットする、という企画となっているそうです。なお、今回MACWORLD Expo記念として、アップル株式会社より、大量のアップルグッズに加え、iMacが1台プレゼントとして提供されているそうです。

Yahoo!ニュース - ランキングの8月3日集計ウィークリー・デスクトップによれば、ブルーベリーiMacが1位をキープしているが、その下でソーテックのe-oneがランクインしているとの結果を報告していました。

ComputerTownMac OS 9の予約受付が開始されていました。

ASCII 24によればカテナ社が、ロゴヴィスタ社が開発したMacintosh用の英日翻訳ソフト「EtoJ INTERNET Ver.5.0 for Mac」を、1万2800円で9月23日に発売すると発表したと伝えていました。Sherlockのテキスト要約機能を利用した要約機能などを搭載しているそうです。

アップルが経験者採用ページを更新していました。

日経ビジネスによれば、Yankee Groupが、米国の2000以上のパソコン保有世帯にアンケートを行い、
ホーム・ネットワーキングへの関心度を調査した。それによると、ホーム・ネットワーキングのキラー・アプリケーションは、ダイアルアップ・アクセスの共有化や高速インターネット・アクセスであり、どちらも回答者の34%が関心ありとしている。そのほか、プリンタ共有、ビデオやオーディオ・コンテンツの共有、複数ユーザのゲームなどがキラー・アプリケーションとして挙げられた。と伝えていました(吉田さん情報ありがとね)

Gateway 2000社が、IEEE1394端子を装備したPentiumII/366MHz/15TFT仕様のノートブックパソコン「Solo 9300CL」を$2,999で発売開始していました。

日本SGI社がインテルアーキテクチャーに元尽くエンタープライズ・サーバ、SGI 1000サーバ・ファミリーを発表していました。

AOL Japanから、AOLインスタント・メッセンジャー for Macintosh V2.0のベータ版が配付されていました。

Formac社から、Proformance III用としてGA 5.5.7GA12-ROM 1.9.1が、NumberNineブランドカード用としてHalkEye 5.5.7が配付されていました。(「新し物好き」のダウンロ〜ドより)

ATTO Technology社から、ATTO ExpressPCI Firmware (PSC, PSCd, DC, DCd) Version 1.4.0ATTO ExpressPCI (UL2S) Ultra2 Firmware Version 1.3.6ATTO ExpressPCI (UL2D) Ultra2 Firmware Version 1.3.6が配付されていました。

Extensis社から、Photoshop 5.5に対応するためのアップデータ、Collect 2.1.1Preflight Pro 2.1.1Intellihance Pro 4.0.3Mask Pro 2.0.2PhotoGraphics 1.0.1PhotoTools 3.0.3PhotoFrame 2.0Portfolio 4.1が配付されていました。

FileMaker社から、FileMaker Pro 3.0v5 & 3.0v6 English Updatersが配付されていました。

意見が別れるデジビデ論争(笑)PanasonicにはNV-MG3ってのがあったね。でも高いな〜


株式会社パワー

株式会社IMAGICA

有限会社クワッドエレメンツ

1999/08/04

iBook Onlineに情報筋からとして、iBookは60日以内に出荷される予定だが外部マイクのサポートと電源管理機能の強化をするため、Mac OS 9とともに出荷されるかもしれないと伝えていました。またiBookをは発表されてから2週間で、6.5万台のオーダーを受け取ったとも伝えていました。

Aspyr Mediaが、Open GLをサポートし、32bitカラーでのライティング&ファイアーエフェクトを採用した「TOMB RAIDER III」が近日中に発売されると発表していました。(金さん情報ありがとね)

Troll Touch社がiBook用のタッチスクリーンシステム「The TouchStar iBook」を$495で発売すると発表していました。

CNET JAPANが以前伝えていたFreeMac.comのiMac100万台無料提供の内容が、正式に発表されていました。FreeMac.com社が発行するVISAカードが取得可能で、インターネットプロバイダーEarthlinkと3年間契約出来る人が対象だそうです。

MAC日記の日々によれば、秋葉館が最新情報としてMACh Speed G3Z 550MHz(?)が8月下旬入荷予定だと告知していると伝えていました。

インタウェア社が、パソコンビデオ編集入門フルセット「Digital Blue」を8月下旬に発売すると発表していました。またPowerMacintosh G3 用アクセラレータカード「BOOSTER G3 333」が、9月中旬頃に発売することも掲載されていました。なお、インタウェア社のURLが(http://www.interware.co.jp/)に変更されています。

Sonnet Technologies社がCrescendo G3シリーズの価格を引き下げしていました。

・Crescendo G3/PCI 400/1M $699.95->$599.95
・Crescendo G3/PCI 333/1M $549.95->$449.95
・Crescendo G3/PCI 300/1M $499.95->$399.95

・Crescendo G3/NuBus 300/1M $499.95->$449.95
・Crescendo G3/NuBus 300/512K $399.95->$349.95
・Crescendo G3/NuBus 266/1M $399.95->$349.95

・Crescendo G3/L2 400/1M $699.95->$599.95
・Crescendo G3/L2 300/1M $499.95->$399.95
・Crescendo G3/L2 300/512K $399.95->$299.95
・Crescendo G3/L2 250/512K $299.95->$249.95

O'Grady's PowerPagesによると、オークションサイトeBayでDuo 230、Stylewriter 1200、Apple Scannerを一体化させた非常にレアーなプロトタイプ「Apple Paladin」が出品されていると伝えていました。$1,000からスタートだそうです。

Mac the Knife「G4にどっぷり浸って」によれば、最近Power Macintosh G3 (Blue and White)でファームウェアーのアップグレードによってG4アップグレードカードが動かないという噂があるが、その件に関してAppleが答えることを断ったと伝えていました。またSeybold SFでINTELEX社がUSBとFIreWireポートを1枚のPCI CARDに納めた製品を発表するらしいことや、また8月15日でiMacが1周年を迎えるにあたって、FireWireを装備した次世代iMacと噂されるKiheiがFinal Cut Proのコンシュマー・バージョンHemingwayが発表されるかもしれないと伝えていました。

The Classic BoxでデスクトップタイプのMacintoshを、ミニタワー仕様に変身させるためのカバー「CEシリーズ(コードネームCuttingedge)」が発売されていました。

日経MAC.COMでメトロワークス代表取締役社長John H.M. Cheuck氏、メトロワークス開発部 部長植田省司氏へのインタビューが掲載されていました。

エルゴソフト社が、すぐれ筆2000 for Macintoshを10月1日から発売すると発表していました。

ソフトウェア・トゥーWEBサイトがリニューアルオープンしていました。(石崎さん情報ありがとね)

HITACHI社が、i.LINK端子を装備したMPEG2エンコーダ内蔵デジタルVTR「DT−DR5000 (20万円)」を10月15日から発売すると発表していました。

富士通社が、世界初 パソコン内蔵用ATAPIインタフェースを採用した1.3GBのMOドライブ「MCD3130AP」を開発し、8月3日からOEM向けに出荷すると発表していました。これはIEEE1394対応の製品化も可能だそうです。

G.S.M.がデジタルカメラ国内市場調査結果をPDFファイルで配付していました。2001年には300万画素製品が主流となると分析されています。

カメオインタラクティブ社が、Cycling74用としてチャレンジ/レスポンス対応、MSPバージョン6.1アップデータを配付していました。

Formac社から、Proformance III用としてGA 5.5.5GA12-ROM 1.9.0が配付されていました。(「新し物好き」のダウンロ〜ドより)

Wolfram Research社から、Mathematica 4.0 application package updatesが配付されていました。

ACI社から、4th Dimension 6.5.2 Updateが配付されていました。

Novell社から、GroupWise 5.2.7 Mac Clientが配付されていました。

現在デジタルビデオで悩み中、NV-C3NV-C5DCR-PC3DCR-TRV10から絞れない、、


Macintosh WIRE

「マックで動く、マインドストーム!  WWTショップ」

バード電子

有限会社サイバーグルーヴ

1999/08/03

アップルがデザイン&パブリッシングページに「今お使いの SCSI デバイスを新 G3 につなげる方法」を追加掲載していました。

アップルが印刷&プリプレスページに「FET City」と「Vibe の時間」を追加掲載していました。

アップルがインターネットパブリッシングページに「ホンダファンサイト(国内事例)」と「ディスコの魔法」を追加掲載していました。

アップルが映画・ビデオ&アニメーションページに「Mac Attack」、「小さな王国の小さなスタジオ」、「スター・ウォーズのサウンドを支える PowerBook」を追加掲載していました。

アップルがサウンド&ミュージックページに「サトシトミイエ:"MOUT" レセプションパーティ出演のお知らせ」、「Rockin' Z Casbah」、「ウィノナと一緒に」、「Slaughter」を追加掲載していました。

インターネットショップ オリオがG3カード製品の価格を改訂していました。またNewer Technology社製のキャリアZIFタイプのG3アップグレードカード「MAXPower G3-CCシリーズ」の価格が掲載されていました。400MHz版で¥98,800だそうです。

PC Watchによれば、コニカ社がUSB対応のMOドライブ3機種をOEM市場向けに発売すると発表したと伝えていました。当初はMacintosh版のみだそうで、今後はIEEE-1394についても対応を検討するそうです。

アダプテックジャパン社が、既存のSCSI機器をUSBインターフェイスに接続するUSB−SCSI変換コネクタ「USBConnect 2000」を9月10日より発売すると発表していました。

テグレット技術開発社が、質問に答えることにより最適な手紙やスピーチ原稿を作成する代筆ソフト「直子の代筆/MacVer.1」を9月下旬より出荷すると発表していました。Windows市場で有名なメーカーがまた1つMac市場に参入するようですね。

マックトピアジャパンで、MACWORLD Expo NewYork '99特集ページが公開されていました。

ディアイティ社の週刊ディアイティ通信が更新され、8月26日に「Macで快適!ビジネスネットワーキング」を行うと案内されていました。またMACWORLD TOKYO 2000に出展されるそうです。

ガーラジャパンがホームページをリニューアルしたのを記念して、iBookプレゼント(9/30まで)を行っていました。

コーシングラフィックシステムズ社が、弱視や高齢で視力が衰えた方になくてはならないツールとして、長時間Macを利用する方々には見やすく快適なバリアフリーツールとして各方面から注目されている「ジャンボエディタ1.5」の大きな文字のユーザーズガイドとチュートリアルを8月2日にWEB上で公開すると発表していました。

iBook 2 Daysによれば、Salomon Smith Barneyのアナリスト・リチャード・ガードナー氏がAppleは2000年度中にiBookを50万台出荷するつもりのようだと予想していると伝えていました。

MACROMEDIA社がFlash 4 ライブラリ センターを公開していました。

Intel社がPentium III 600MHz、Celeron 500MHzを正式発表していました。

ハギワラシスコム社から、FlashGateシリーズ用デバイスドライバを統一化したUSBポート装備のMacintosh用ドライバー、FlashGate/SD-R デバイスドライバ for Macintoshが配付されていました。

アスク社から、携帯編集王Ver1.2 アップデートが配付されていました。(「新し物好き」のダウンロ〜ドより)

いいですね〜なんでもiと付ければそれ用か?(笑)


イメーション(株)

PDAショップ、Vis-a-Vis(ビザビ)

パソコン関連書籍宅配便

Avenue-D

1999/08/02

MacNNに先日AppleがAOLと共同発表したインスタントメッセンジング製品に関して、AppleのCorporate Media Relations PR Rhona Hamilton女史からの内容説明が掲載されていました。それによると「先日の発表は極めて一般的な事を意味しており、我々はすでにAOLから用意されているメッセージクライアントソフトをより良いモノにしようと思っているのです‥それはメッセージにアクセスする過程を、従来のそれよりもっと単純にする、といった変更がなされるかもしれません‥また私達の顧客に対して新しい製品も開発していく予定です。私達はAppleの顧客に対して、このIM市場は大変人気があるという事を私達も認識しているし、そういった製品が今後登場する予定であるという事をお知らせしようと思たのです。」と述べられています。またHamilton女史はこれらの点から、AppleとAOLの共同の新しい製品の発表には今しかなかった事、それゆえ、お金が絡んだ事では全くない、とも言っています。「それはまさに起ころうとしていた事。今後(どうなるか)はちょうど今からです」と最後に述べていたそうです。(Nanko隊員より)

MIDI WORLD '99レポートページを更新しました。YAMAHAブースで行われていたFireWire関連のデモに関しての内容を追加しています。

WORLD PC EXPO 99のExhibition 展示会情報にある、展示ゾーンマップが大幅に改訂されて再び公開されていました。ビジネスパーク [ホール7、8]では、IEEE1394、USB、HomePNA、IrDAなど、次世代テクノロジーの製品やデモが勢揃いするそうです。でちょっと不思議?なのですが、出展社一覧にはアップルの名前がありますが、出展社情報には掲載されていません。また離れているホール9、10、11がマップから消えています。いったいアップルはどこにブースを出すのでしょう?

MacWIRE OnlineでMIDI WORLD '99のレポートが掲載されていました。

ロジテック社がiMacユーザー向けのページ「Friends of Mac」ページを公開していました。

ロジテック社がヤマハ製ドライブを搭載した6倍速書込CD-RWユニット「LCW-RW8616/M (¥55,800)」、プレクスター製ドライブを搭載した8倍速書込CD-RWユニット「 LCW-RW9820/M (¥75,800)」、ミツミ製ドライブを搭載したMacintosh USB接続対応の4倍速書込CD-RWユニット「LCW-RW2408A/MU (¥44,800)」、PowerBook用USB接続フロッピーディスクユニット「LFD-31U/M(BK) (¥12,800)」を発売すると発表していました。

以前紹介した日経エレクトロニクス 7/26号に掲載されたIEEE1394関連の特集「IEEE1394の明日」が、インターネット上でも一部公開されていました。(閲覧するにはユーザー登録(無料)が必要です。)

米軍(米政府)関連のインターネット入札ページ「Electronic Posting System」が、WebObjectを使用して構築されていました。(田中さん情報ありがとね)

MacInTouchによれば、火曜日にPalm Computing社がクリアケースを採用したPalm IIIe Special Editionを限定発売するようだと伝えていました。たんなるスケルトン仕様なら以前も出ていた気がするのですが、純正仕様でカラーバリエーションがあったら嬉しいですね。

Abvent社から、Art・Lantis Render 3.04 Updateが配付されていました。

現在MACお宝鑑定団では、9月15日からフランスのPorte de Versaillesで開催される「Apple expo 99」をレポートしてくれる方を募集してます。日本に向けてヨーロッパの盛り上がりを伝えて下さい!

4つのカテゴリーのちょうど真ん中に円を配置すれば、おのずと道が開けてくると西団長に語る、、、

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・Old Fashioned Macintosh/ビー・エヌ・エヌ ¥1800(4-89369-737-4)
・DTP検定 公式ガイドブック II種/ワークスコーポレーション ¥4600(4-948759-13-9)
・デジコミPress 99夏コミ直前号/工学社 ¥2500(4-87593-765-2)


1999/08/01

PowerLogix Japanページが公開されていました。PowerForce G3 ZIF 466/233/1Mがなんと!¥79,800になっています。(めちゃめちゃ安い!)

PowerBook Newsによれば、Newer Technology社が開発したPowerBook 2400用のG3アップグレードカード「NUpowr G3 2400 400/1M/200」の予約受付が、企画室ゆうで今日から25日まで行われると伝えていました。価格は148,000円で予約のみでの販売だそうです。

信頼出来る情報筋によれば、ATIは来月にもRAGE 128 GLをデュアルで搭載したワークステーション向けのハイエンドグラフィックカードを参考出品する予定らしいです。それ以上の詳しい事は現在不明。

MacNNによれば、Appleが月曜日から「StartingLine Program」と題して、Yum TシャツやThink differentポスターセット( Frank Sinatra、Cesar Chavez、Jackie Robinson、Richard Feynman)を販売すると伝えていました。

CNET JAPANによれば、FreeMac.com社が来週(8/3)、EarthLink社のインターネット接続サービスと組み合わせたiMacを、同社が選別した人々に100万台、無料で提供する計画を発表すると伝えていました。

MacTRACKによれば、MacOSで様々なインターネットサービスを提供してくれる「Internet Config」に関して、これを使用した場合にメールなどのパスワードを設定すると、初期設定フォルダに作成される「Internet Preferences」書類を、ResEditなどでICRP resourceを開くと、MailPassword、NewsAuthPassword、FTPProxyPasswordに保存されていることが確認でき、それを解読する方法をMacintosh Securityが紹介していると伝えていました。なんらかの方法によって、リソースデータが開けないようにすることが重要だと警告しています。

Accelerate Your Macintosh!に、RAGE 128 cardが603eプロセッサーMacintoshでは動作しないという問題に関して、ATI社のRay Swartz氏のコメントが掲載されていました。それによると、それら問題が発生している製品上での問題を認め、その解決に努力しているそうです。

Mac OS RumorがAppleが次世代Power Macintosh G3と噂されているSawtoothと次世代iMac (C2)でAirPortが内蔵される?という噂に関してAppleの情報筋が否定していたと伝えていました。それによると、Sawtooth用にAirPort PCI cardをBTOオプションで用意する計画があり、iBookのAirPort cardをiMacのATAバス経由で内蔵することは可能かもしれないが、コスト的な問題から現実化には到っていないと伝えていました。またAppleがPower Macintosh G3に採用しているAdaptec社の3940 dual-channel Ultra2 SCSI cardをATTO'社のdual-channel U2 SCSI cardに変更するようだと伝えていました。(これMac the Forkもそんな事伝えていましたね)

ヒューリンクス社がCasady & Greene社が開発し販売している「Speed Startup 1.0.1」のSpeed Startup日本語版(2,500円)を、明日からオンライン販売するのを記念して、コンフリクトキャッチャー8を購入すると、もれなくSpeed Startup日本語版が無料でプレゼントされるキャンペーンを行うと発表していました。これは10月31日まで行われるそうです。

モリダイラ楽器が、Koblo社が開発したソフトウェアーシンセサイザー&サンプラーに関する日本語ページを公開していました。ちなみにKoblo社は最近Tokyo ver 2.0をリリースしています。

Strata社が在庫処分として、MediaPaint 1.1を無料配付していました。送料等は自己負担だそうです。

AppleがTIL-36508で、QuickTime 4のQuickTime Plug-inで行うMIMEタイプ設定の方法を紹介していました。これ以外と知られていないと思いますが、ブラウザー内で表示されたムービーからしか設定出来ない仕組みになっていて、しかもこの設定を開いてチェックを入れないと、DV、Sound Desingner 2、FlashPix、Flashファイルを表示させることは出来ません。

AppleがTIL-60447で、Final Cut Pro 1.0.1はPowerBook G3 series(Bronze keyboard)をサポートしていると案内していました。ただしソフトの動作だけの保証で、ビデオキャプチャーなどの動作保証はしていないそうです。

アップルの経験者採用ページが更新されていました。

FileMaker社から、ファイルメーカー Pro 4.1v2 アップデータが配付されていました。

Network Associates社から、Virex用ウィルス定義ファイルMac DAT File for Virex Augustが配付されていました

Symantec社から、Norton AntiVirus for Macintosh用ウイルス定義ファイル 08/'99が配付されていました。

Keyspan社から、Keyspan USB PDA adapter 1.72b4Keyspan USB Serial adapter 1.72b4が配付されていました。

「iBookポスター」または「iBook パンフレット」プレゼントを締切りました。420名もの御応募がありました。なお当選の発表は発送を持ってかえさせていただきます。(iBookパンフレットには仕様が記載されていないので、Expo限定の貴重品だと思います)




.
.

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club.
All rights reserved. Site design by BRESTO, Inc.
「Macintoshは米国アップルコンピュータ社の商標です」
GigaHit