October 1999 MACお宝鑑定団 
Mac News Link Mac関連雑誌ライターLink Special
Read me Bench mark History
先週のNews バナー広告募集 counter


アイディ・イーストエンド

MJ SOFT Mac館

パソコン関連書籍宅配便

1999/10/02

Appleが10月5日の午前10:00から、Steve Jobs氏による「Special Apple Event」をQuickTime放送すると告知していました。この内容は最初HotNewsに掲載されておらず、またQuickTimeページからもリンクされていない状態でしたので、急遽きまった感じがしています。なお、日本では10/6の午前2時からの放送となります。

MacWIRE Onlineによれば、Appleが送った「Special Apple Event」の招待状には、開催場所としてFlint Centerと掲載されていると伝えていました。またここで発表される内容を、情報筋からの話を元に伝えていました。

NoBeige.comによれば、Kiheiの価格に関してG3/350モデルは$949、G3/400モデルは$1,099、G3/400 + DVDモデル(G4/400かも?)は$1,499となるようだと伝えていました。

インフィニシス社が、10/1よりパソコンソフト2,000円均一ワゴンセールを開催すると発表していました。ワゴンに入るソフトは、2週ごとに替わるそうで、今回の申し込み期限は10/15までだそうです。

Apple Insiderが再びKiheiについて伝えていました。というか前回伝えた内容をまとめたものみたいです。

名古屋三越が中日ドラゴンズ優勝を記念して、「中日ドラゴンズ優勝おめでとう企画iBookオークション」を店頭でおこなっているそうです。内容は、77,000円以上の入札価格で、ブルーベリー3台、タンジェリン2台ごとの最高入札価格を記入の方に落札され、最高入札価格が複数の場合は抽選となるそうです。

SOHO 起業家研究!で、iMacが当る「インターネット利用調査アンケート」(10/31まで)が行なわれていました。

OLIOで、PowerMacintosh 6100/66AV完全対応バージョンの、Sonnet Technologies社製G3アップグレードカード、SONNET Crescendo NuBus G3 240-260MHz/512k/120-130 英語版 ¥34,800、SONNET Crescendo NuBus G3 240-260MHz/1M/120-130 英語版 ¥39,800が販売されていました。

中古マック価格情報で、10月1日付けの中古マック相場情報が更新されていました。

アイ・オー・データ社から、K56flexとV.90に対応する外付けUSB接続のインターネット・モデム「USB-DM560 (¥13,500)」と、USB接続に対応した640MバイトMOディスク対応のMOドライブ「MOA-AX640S/USB (¥49,800)」を、それぞれ10月中に発売すると発表していました。なお、MOドライブに関しては、将来的にIEEE1394ケーブルに交換することで、IEEE1394デバイスとしても使用可能だそうです。

アップルが、AppleCare延長保証制度のホームページを更新していました。

アップルが、USB周辺機器データベースを更新していました。

デジタルオリジン社が、DVソフトウェアのPhotoDV 1.4とMotoDV 1.4をPowerMac G3とG4のFireWireポートに対応させることができるアップデータとして、G3ビルトインFireWire対応ドライバを配付していました。

Microsoft社から、IntelliMouse用ドライバーとして、IntelliPoint Driver for the Macintosh 1.0日本語版が配付されていました。

エレコム社から、Grast TypeWS 「M−GUWSBB」「M−GUWSBK」「M−GUWSSV」「M−GUWSSVD」、ホイール付きUSBマウス「M−WUY4」用ドライバー Ver 1.2.2と、ホイール付USBマウス 「M−WULT4LG」「M−WULT4BK」用ドライバー Ver 1.2.2LTが配付されていました。

HEWLETT PACKARD社から、HP DeskJet 970Cxi プリンタソフトウェア&ドライバ 2.0が配付されていました。

フォーカルポイントコンピュータ社から、iProTVソフト2.0.5b8が配付されていました。

MetaCreations社から、Infini-D 4.5 to 4.5m Updateが配付されていました。

Symantec社から、Norton AntiVirus 5.0/6.0 for Macintosh用ウイルス定義ファイル 10/'99が配付されていました。(ふかえさん、情報ありがとね)

Dantz Development社から、Retrospect 4.2 Upgradeが配付されていました。

Griffin Technology社から、iMate Driver 1.62が配付されていました。

必要とされる機材から考えて演出に変更はなさそうだが、順番は変わるかもしれないらしい。


株式会社パワー

株式会社IMAGICA

有限会社クワッドエレメンツ

日経MAC

1999/10/01

MacWIRE Onlineによれば、Western Digital社が発表した5,400回転のEIDE HDD「WD Caviarシリーズ」のHDリコールに関して、Western Digital社のPRであるBrenda Bennet氏は、リコール対象のうちApple用に出荷されたのは5,000台分を超えないだろうと述べたと伝えていました。現在Western Digital社は対象となるドライブを検知するMac用テスターを準備中だそうで、現状は該当モデルナンバーをチェックして欲しいと説明していました。Western Digital社はすみやかに交換に応じるとしていますが、窓口となるAppleの回答が得られていないと報告されています。

MacWIRE Onlineが、先日勃発したiMac2画像騒動に関して、Appleの動きを追った記事を掲載していました。で、ここにiMac2/Graphiteの画像が掲載されています。

MacGamer's Ledge!によれば、LucasArts社がゲームソフト「Star Wars Episode 1: Racer」のMac版の発表を、当初予定していた10月から11月に延期したようだと伝えていました。

Comics.comに、Rich Tennant氏によるiMacを題材とした1コマ漫画が掲載されていました。

Junker's PALACEで、Macintosh IIfxプレゼントが行なわれていました。

Netscape社が、Netscape Communicator 4.7 日本語版をリリースしていました。日本語版のバージョンアップとしては、ひさしぶりですね。

AppleがHotNewsでFileMaker Pro 5を紹介し、さっそくApple Store USで販売開始されていました。現在セールランキングは2位となっています。

イメーション社が、8倍速ライトを実現したCDオートレコーダー「CDP-100 8X」の出荷を開始したと発表していました。スタンドアローンタイプでパソコンは不要だそうです。

ヤノ電器社が、Power Mac G4 対応についてを公開していました。近日中に対応する予定の製品が掲載されています。

Mac the Fork「Kihei」が更新されていました。

ASCII 24がApple vs SOTECに関して、デザインおよび知的財産権に造詣が深いデザインジャーナリストの森山明子氏による寄稿を掲載していました。

AppleがTIL-25008で、Font Manager Update 1.0に付属する Font First Aidを使用中に、「ディスク「XX」の検証中に問題が見つかりました。このため、検証を最後まで実行できないかもしれません。詳しい情報については、“Font Manager Updater について”書類をご覧ください。」と表示される事に関して、アピアランスコントロールパルのサウンドにあるプラチナサウンドがオンになっている場合や、サウンドトラックがオンになっている場合に発生すると説明し、それらをオフにしてから機能拡張コントロールパネルで「Mac OS 8.6すべて」を選択して再起動してから行なうように説明がされていました。

Appleから、PowerBook G3 series(Bronze keyboard)に内蔵されているDVD-ROMドライブ用のアップデータ、PowerBook G3 DVD-ROM Update Ver.1.0が配付されていました。日本語を含めた各国語に対応しています。(李さん情報ありがとね)

Voyager Japan社から、T-Time v2.0.X → v2.0.3 updaterが配付されていました。(「新し物好き」のダウンロ〜ドより)

ティアック社から、CD-R58S F/W Updater 1.0CD-R56S-600 F/W Updater 1.0CD-R56S-450/400 F/W Updater 1.0CD-R55S F/W Updater 1.0が配付されていました。

Network Associates社から、Virex用ウィルス定義ファイルMac DAT File for Virex Octoberが配付されていました。

祝!中日ドラゴンズ優勝!!

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・アドビ認定試験ガイドブック 必修 フォトショップ5.0/インプレス販売 ¥4,500(4-8443-5527-9)
・できるIllustrator8.0 Macintosh版/インプレス販売 ¥1,800(4-8443-1294-4)
・MacではじめるLinux/日経BP出版センター ¥3,200(4-8222-2861-4)


Macintosh WIRE

「マックで動く、マインドストーム!  WWTショップ」

バード電子

有限会社サイバーグルーヴ

1999/09/30

Welcome to Machantosh.iBook Photo レポートが掲載されていました。やっと箱が見れます。それとKiheiで噂されたモニタ & サウンドコンパネが分離されているという件に関して、ここでiBookに付属しているサウンドコンパネの画像が詳しく掲載されています。先日予想した通り、Appleがライセンス契約したSpatializer Audio Laboratories社の名前がしっかり入っていますね。それから考えるにKiheiのシステム構成も同じだと思われます。このSpatializer技術(BizIT参照)を使用する事によって、通常5台以上のスピーカが必要な多チャンネル・サラウンド音響効果を2スピーカーで実現したり、2台のスピーカで、臨場感を生み出すステレオ効果などが実現出来ます。(松村さん情報ありがとね)

いよいよ明日から株式売買委託手数料が自由化となり、オンライントレーディングが活発になりそうな気配です。でも手数料に関して話題になっているだけで、肝心の扱い商品に関する情報が出てきません。Apple株が買えるかどうかを調べた結果、東証外国部証券を扱っているのは、ダイワダイレクト(大和証券)、E*トレード証券WEB BROKER(今川三澤屋証券)、東海丸万証券オリックスオンライン(オリックス証券-Tel & Faxのみ)とわかりました。またWEB BROKERはNYSE、AMEX、NASDAQの取扱も可能だそうです。話題のマネックスや日本オンライン証券などは扱っていないそうで、どこでも同じ商品を扱っているわけではないことを、知っておきましょう。

AppleがiBook用のTV CM「The possibility of love.」「Notice the change.」「Watch the skies.」をQuickTime ムービーで公開していました。なお、The possibility of love.で使用されている曲は、マイルス・デイビスの1959年録音による「KIND OF BLUE (SONY-SRGS-4501)」に納められている、 「FLAMENCO SKETCHES」だそうです。(たんちゃさん、aquirakaさん、情報ありがとね)

The Mac Observerによれば、Adobe社がCompuServeのAdobeフォーラムの中で、Mac OS 9上ではATM Light、ATM Deluxe、Adobe Type Reunionなどは動作しない事を認め、その理由としてAdobe社はAppleがこれらが必要としているAPIを、Mac OS 9から削除してしまったからだと説明したと伝えていました。この問題はAdobe社が従属する形で11月頃までに解決するとしながらも、具体的な日程は明らかにしなかったそうです。

Insanely-Great Mac! によれば、現在出荷が開始されているApple Studio Display (Graphite)には、ColorSync 3.0が付属していると伝えていました。

南日本酪農協同社が、20名にiMac/Limeカラーモデルが当る、愛のスコール・リフレッシュキャンペーン(11/30まで)を行なっていました。

PowerBook1400スケルトンキーボードプロジェクトが、実現化に向けて購入者アンケートを行なっていました。

名古屋のMacintosh専門店 テクノポートシトラスが、地元中日ドラゴンズの優勝の際にお祝いとして「中日ドラゴンズ優勝セール」を開催すると告知していました。優勝の翌日から1週間だけの期間限定で、シトラス扱い商品のほとんどを安くするそうです。

Caravan YUで、アップル純正PS 2対応のカラーレーザープリンター「Color LaserWriter 12/600PS-J」が、なんと!¥148,000で販売されていました。(僕のLaserWriter 300が反応しなくなってしまった。安い白黒レーザープリンター情報募集中!)

アダプテックジャパン社が、Macintosh製品ページを更新し、PowerMac G4対応状況ページなどを新設していました。

digitalians.com のコミュニティスペースである「d.forum(ディジタリアンズ・フォーラム)」がオープンしていました!テーマ別の掲示板システムになっており、digitalians.com のメインテーマである「ユーザー参加型のメディアサイト」を具現化したものだそうです。

情報筋によると、iBookに含まれているApple CD/DVD Driver 1.3とUSB Device Extension 1.3.4の組合わせで、CD-DVDメディアの音声情報をUSB経由で転送出来るが、サードパーティー製のドライブを使用している場合、音声が出ないなどの問題が発生するかもしれないと伝えてきました。

MacWIRE OnlineがSOTEC社の「e-one 500」発表記者会見の模様を伝えていました。この中でSOTEC社の代表取締役である大邊創一氏が、AERA10/4号に掲載された「iMacもどきソーテックの活路」で川崎和男氏が「iPC」について述べていることを質問されると、「実際に話はしたが、あの記事にあるような話は一切なかった。デザインに関して先方から見積もりとして天文学的な数字が返ってきたので、こちらから断った」と否定したと伝えていました。それじゃあ川崎氏は嘘を付いてると言うことになわけ?

キヤノン販売から、BJC-455J Printer Driver for Macintosh v2.13BJC-465J Printer Driver for Macintosh v2.13BJC-5500J Printer Driver for Macintosh v1.04BJC-430J USBモデル Printer Driver for Mac V1.01BJC-430J USBモデル IS Scan Driver for Mac v1.02BJ F100 Printer Driver for Mac V3.01BJ F200 Printer Driver for Mac V3.01BJ F200 IS Scan for Macintoh v1.11BJ F600 Printer Driver for Mac V3.01BJ F800 Printer Driver for Mac V3.01BJ F6000 Printer Driver for Mac V3.01BJ F8500 Printer Driver for Mac V3.01、が配付されていました。

先生用のeMate 300はTangerine?マジ.....

最近の噂では、Mac OS 9の出荷日が9日または23日で、業績発表を兼ねたMedia Eventは15日前後というのが主流らしい。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・やさしくわかるiMac/技術評論社 ¥1,980(4-7741-0854-5)
・フォントの常識事典/日本実業出版社 ¥2,000(4-534-02988-8)
・おしえて!!Macromedia FLASH4 Mac&Win対応/毎日コミュニケーションズ ¥2,300(4-8399-0258-5)


マーキュリー・ソフトウェア・ジャパン

イメーション(株)

PDAショップ、Vis-a-Vis(ビザビ)

インフィニシス社

1999/09/29

アメリカのホノルル在住の松村さんが、iBookが届いたと報告してくれて、System Infoのベンチマークデータを送ってくれました。さっそくベンチマークページで配付開始しました。

アメリカのヒューストン在住のほうたろうさんが、7月14日にApple Store USで予約注文したiBookが今日届いたと報告してくれました。さっそく送ってくれたシステムプロフィールレポート(資料配付中)によると、ブートROMバージョン 1.2f4、Mac OS ROM 2.3.1となっており、コトロールパネルにはアピアランス 1.1.4、省エネルギー設定 2.5.1、キーボード 8.3.1、メモリ 8.0.2、モデム 3.4.1、モニタ 8.5.1、マウス 8.0、リモートアクセス 3.4.1、サウンド 8.1.1、起動ディスク 7.7.6が、機能拡張書類では、ATI 3D Accelerator関連、OpenGL関連、Apple CD/DVD Driver 1.3、Font Manager Update 1.0などが新しく、アプリケーションとしては、Apple System Profiler 2.4.2、AppleCD Audio Player 2.3.1、Drive Setup 1.8、などが新しいそうです。

ドイツのMacnews.deKiheiのフルカラー画象を掲載していました。またそのページをMac OS Rumorsがミラー(現在削除されています)していました。めちゃくちゃ透けてますね。この中でGraphiteカラーのiMac DV Special Editionには、Final Cut ProのLiteバージョン「iMovie video cut」(コードネームHarmony)がバンドルされていると掲載されていました。なお、画像に関しては、The Kihei Siteでも掲載されています。

Apple InsiderがKiheiのGraphite画像を掲載していました。ただ現在はAppleの顧問弁護士からの要請で、削除されています。

Mac OS Rumorsによれば、来年開催される予定のMACWORLD Expo NewYork /2000で、コードネーム「Shark」と呼ばれる、2つのプロセッサーソケットかデュアル・プロセッサ・カードを搭載したマシンが発表されるようだと伝えていました。このマルチプロセッサーマシンはおそらくSMPに完全対応したMac OS X用のマシンだろうとし、サードパーティーメーカーがこのマシン用に、クワッド・プロセッサ・カードを提供出来るかもしれないと伝えていました。

iMac LOVERSさんが、iBookが当る「iMac LOVERS 30000HIT記念 iBook持ってけどろば〜キャンペ−ン(泣)」(10/30まで)を行なっていました。

MacGadgetによれば、Appleがシードデベロッパーに対して、Mac OS 9fc6を配付したようだと伝えていました。

XLR8社が、PowerPC 750/500MHzを採用した500 MHz MACh Speed G3z($899)、500 MHz MACh Carrier G3($999)アップグレードカードを10月15日から発売開始すると発表していました。また既存製品の値下げも発表されていました。

Netscape Communications社から、Netscape Communicator 4.7がリリースされていました。

Adobe社がAdobe After Effects 4.1を、$689で発売開始していました。4.0ユーザーへは$49.95、3.xユーザーへは$299でアップグレード提供されるそうです。

Aplix社が、Macintosh用ディスクフォーマッタ「First!」を開発し、メルコ社のUltraSCSIハードディスク「 DSC-UE13GA」「 DSC99.9.28-UE17GA」のバンドルソフトとして出荷開始したと発表していました。

アップルがユーザーグループページに、おいしいBookプロジェクトに関してと、アップルユーザグループ登録更新についてのお知らせを追加掲載していました。また9/25に行なわれた9月ユーザーグループ懇親会のレポートをリンクしていました。(レポートは最後まで読むと良いことが..)

アップルがデザイン&グラフィックスページに、「ジャニーが言うには」を、インターネットパブリッシングページに、「Go Public」を、メディカルページに、「病院経営におけるMacitosh活用事例」と「デスクトップ・ノンリニアビデオ編集」を追加していました。

アップル&本社Appleが、ソーテック社のe-oneコンピュータの新製品について、iMacのデザインの模倣を禁止した仮処分決定に違反しないか、同新製品発表後、慎重に検討する旨を発表していました。

PC Watchによれば、SOTEC社がソリッドカラーの「ミレニアムブルー」(青みがかった銀色)のe-one後継機種を発表したと伝えていました。色を変えるだけで、こうも違ってしまうんですね。

AppleがiBook ハードウェアーデベロッパードキュメントを再公開していました。以前公開されていたドキュメントと比べて、グラフィックチップがATI Rage Mobility-Lと表記が変更されていたり、いくつか修正がされているようです。

アイ・オー・データ社から、USB-CAPサポートソフトウェア for MacOS Ver.1.00USB-CCDサポートソフトウェア for MacOS Ver.1.00が配付されていました。

電机本舗社から、Macintosh版 携帯ほいほい Ver3.6.0本体のみアップデータが配付されていました。

ExpressionTools社から、iShade for Macintosh REV.11cアップデータが配付されていました。

NTT-ME社から、MN128mini用ファームウェア Ver.1.20が配付されていました。

MetaCreations社から、MetaCreations Bryce 4.0.1 Updateが配付されていました。

FileMaker社から、FileMaker Pro Web Companion 5.0v2 Updaterが配付されていました。

Adobe社から、Adobe Photoshop 5.5 Tour & Training updateが配付されていました。

Griffin Technology社から、iMate Driver 1.61が配付されていました。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・TrueTypeフォントパーフェクトコレクション/インプレス販売 ¥2,980(4-8443-1293-6)
・LINUX革命/ソフトバンクパブリッシング ¥1,400(4-7973-0967-9)
・デジタルカメラエキスプレス VOL.2/ソフトバンクパブリッシング ¥781(4-7973-1073-1)
・よしだともこのルート訪問記 書籍版/ソフトバンクパブリッシング ¥2,600(4-7973-0888-5)
・新 ザ・シンセ・ベース・プログラミングス/リットーミュージック ¥1,800(4-8456-0421-3)
・新 ザ・ベスト・ギター・プログラミングス/リットーミュージック ¥1,800(4-8456-0422-1)
・新 ザ・ベスト・ドラムス・プログラミングス/リットーミュージック ¥1,800(4-8456-0421-3)
・新 ザ・ホーン&ストリングス・プログラミングス/リットーミュージック ¥1,800(4-8456-0423-X)
・オフィスで使うPDF+Adobe Acrobat4.0/翔泳社 ¥2,200(4-88135-803-0)


株式会社ニィス

act2

リンククラブ

1999/09/28

Apple Insiderが次世代iMac「kihei」の分解画像(どうみてもServiceSource)とともに詳しい内容を掲載していました。それによると、我々はこれまで新型iMacが複数のモデルでAppleから提供されるのではないか、という噂に対して論争を行ってきが、画像と共に情報を送ってきた情報筋によれば、Appleは1ヶ月以内に新型iMacを1、2、いやつい最近(先週)に3種類のモデルで提供される事が決定したらしいと伝えていました。2番目と3番目のモデルは単色で提供されるかもしれないそうで、情報筋によれば、この3種類のモデルはそれぞれ"Good"、"Better"そして"Best"と呼ばれる予定らしいです。

・モデル1:新型iMacのメインモデル(Better)は、400MHzのG3を搭載し、100MHzのシステムバス、64MBのRAM、4倍速のDVD-ROM(トレイ無し)、10GBのハードディスクを搭載し、2倍速のAGPをサポートしたATI Rage 128のグラフィックチップを8MBのSG-RAMと共に搭載し、大幅に改善された15インチ(可視領域は13.8インチ)のブラウン管の短いCRTディスプレイを搭載して(1024×728の解像度をフルカラーで表示)、2基のFireWireポート、2基のUSBポート(両方とも12Mbpsをサポート)、56Kハードウェアモデム、10/100 Base-T Ethernetポートを搭載して、本体後部にAirPortカードスロットまで用意しているそうです。さらに改良されたライセンス技術を用いたOdyssey サウンドシステム(本体の前面のスピーカーは薄くひろくなり、バススピーカーも搭載されている)を搭載しており、本体前面の左側に音声入力と2系統のヘッドフォンジャックも用意され、さらにRGBビデオ出力まで備わっており、ビデオミラーリングまでもサポートされている。このモデルには現行の5色カラーバリエーションが用意されるそうです。

・モデル2:低価格モデル(Good)は、350MHzのG3と100MHzのシステムバスを搭載しているが、(マザーボード上にはFireWireバスがあるにも関わらず)FireWireポートとビデオ出力とDVDドライブが無いそうです。その代わりにトレイなしのCD-ROMドライブが搭載されるらしく、このモデルにはBlueberry色しか用意されず、"Better"モデルよりもかなり安くなっているらしいです。

・モデル3:最後に、我々の情報筋はハイエンドモデル(Best)については、400MHzのプロセッサー(G3とは書かれていない)を搭載し、128MBのRAM、13GBのハードディスクを搭載し、これら以外の点は全て"Better"モデルと同一らしいです。このモデルのみGraphite(新型PowerMac G4と同色)カラーが用意される予定で、これ以外の2モデルと比べて高価になるらしいです。

これら3モデルは全て同じ匡体で、短めのブラウン管のおかげで現行のiMacと比べてサイズが小さく、そして軽くなっているらしく、Appleは"Best"モデルをApple Store以外で販売するか否かは現在では分からないとしています。

AppleはなぜかiMacに128MBのRAMを搭載して発売するかもしれないし、もしかして全てのモデルがそうなるのでは、という話もあるようです。しかし、情報筋によれば、これはまず信頼できない情報らしいです。先週の水曜日の新型iMacの限定生産が始まるの2日前まで、Appleは何度もモデル構成を検討して変更していたらしく、結局、3モデル計7つの製品が提供される事に決まったと伝えていました(5色の"Better"モデル、1色の"Good"モデル、そして1色の"Best"モデル)

新型iMacのDVD最盛には新しいApple DVD Player(バージョン2.0)が提供される予定で、MPEG2のデコーディングはATIの新しいソフトウェア機能拡張で実現されるらしい、と情報筋は述べているそうです。また「サウンド」コントロールパネルが再び「モニタ&サウンド」コンパネから分割されており、新しいサウンドシステムは現行のiMacと比べて劇的に改良されているようです。以前のレポートにもあったように、これらの新型iMac向けのカスタムソフトウェア全体を「Borg(Mac OS 8.6カスタムバージョン)」というコードネームで呼んでいたようです。

この新型iMacは10月のいつか、もしくは11月の最初の週に催されるAppleMedia Eventで発表されるだろうと予想し、また近々生産試作品のKihei iMacのフルカラーの写真を入手できる予定であると予告していました。(Nanko隊員より)

Bestのプロセッサーは、日経エレクトロニクスにも書いてあったPowerPC 750とピン配置を同じにした、64bitバスの廉価版PowerPC 7400かもしれません。またApple Insiderが伝えたOdysseySound Systemとは、Gallant Computer社が発売しているUSB接続のOdysseySound2のOEM製品なのかもしれません。ちなみにこれはWorld PC Expo 99のUSBパビリオンで出展したいた企業で、日本では新潟キヤノテック社から発売される予定になっています。これに関連して気になるのはSpatializer Audio Laboratories社からのライセンスの事(バックナンバー112参照)です。ひょっとしたら、度迫力3Dサウンド環境を生かすDVDソフトウェアーのクリエートプラットフォームとして、これらテクノロジーを内包したQuickTime 4.3とかを発表するかもしれませんね。そういえばちょうど2年前の11月4日にAppleは「Apple Mdeia Event」を11月10日にFlint Centerで行なうと予告して、ウェブサイトに「クッキー」「ショッピングカート」「スクリュードライバー」だけを残してサイトをクローズし、10日にPower Macintosh G3 (beige)、PowerBook G3、Apple Storeを発表バックナンバー50参照)していました。(今度はiMac2、Mac OS X Client、QuickTime Storeか?)

糸井重里氏のほぼ日刊イトイ新聞で、マイクロソフトの会長である古川氏との対談「Yeah!Yeah!Yeah!マイクロソフトの古川会長がやってきた。」が掲載され、お互い熱くマックを語っていました。現在は第3回がトップリンクされていますが、「なぜマイクロソフトが嫌だったか」を怒濤のごとく語る第1回に対して、それを古川会長が受ける第2回と順に読まれる事をお薦めします。(原田氏ピーンチ^^;)

FileMaker社がFileMaker Pro 5を発表していました。QuickTime、カスケードスタイルシート、ODBC、XML、JDBC、ActiveXをサポートしており、$249で発売されるそうです。なお、アップグレードは$149で提供されそうです。

Apple Insiderによれば、2週間前にNetscape Communicator 4.7がゴールンデンマスターを迎えたと伝え、そのスクリーンショットを掲載していました。ツールバーに新しく「Shop」が追加されているそうです。

Steve Jobs氏も認める超有名ブランド「G-SHOCK」のユーザーが選んだクールサイトをCASIO社が公開し、そのNet-Shopping部門で、MACお宝鑑定団が選ばれました。

アップルがPower Mac G4のホームページを公開 していました。

MYSTIC ROOMに、Power Mac G4 (PCI Graphics)のクロックアップ方法が掲載されていました。Tak氏によれば、アメリカのユーザーから寄せられている多くのレポートでは、500MHzの成功例は皆無で、450MHzの成功率も40%前後に留まっているようです。ということで、挑戦は可能だが辞めた方が良さそうですね。

ファッション雑誌「流行通信」11月号に、iBook紹介記事とともにiBookの広告が掲載されていました。iBook/Blueberry製品パンフレットも綴込みで付いているそうです。(Shall we Mac?さん情報ありがとね)

eBayでNewton MessagePad 2000のプロトタイプ「EVT 2」(コードネームQ)がオークションにかけられていました。

Adobe社が発売したPhotoshop 5.5Jに関して、CDがはいっている使用許諾内容記載の白い袋が正しく収められておらず、中には破れてCDと紙製ケースが飛び出ているケースがあるらしく、かなり多くの報告が寄せられています。またそういった苦情が店頭でも結構あるようです。僕はアップグレードパッケージが届きましたが、そのような状態ではありませんでしたが、梱包方法が特殊であることは感じました。

IPPCによれば、国家科学委員会の黄鎮台主任委員が被災状況を視察し、政府を代表してハイテク産業を支持する方針を再度明らかにしたと伝え、台湾電力と協調した結果、25日以降、新竹サイエンスパークに対する電力供給制限は行わず、全面復旧することを発表したと伝えていました。元々は27日からの不帰復旧を予定していたそうですが、新竹における電力供給制限による損失額が1日あたり50億元に上り、その損失を少しでも回避するため2日早い全面復旧となったそうです。

秋葉館でSGIを買うと、Pentium III/500MHzかPentium II/400MHzDualにするキャンペーンが行なわれていました。

エルゴソフト社から、EGWORD PURE4.0.2 アップデータが配付されていました。

Adaptec社から、Adaptec Toast DVD 3.7.1 Updaterが配付されていました。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・すぐに使えるREALbasic入門/アスキー ¥1,200(4-7561-3223-5)
・Photoshop5.5スーパーリファレンス for Macintosh/ソーテック社 ¥2,600(4-88166-074-8)


Ken Office

企画室ゆう

Avenue-D

digitalians.com

1999/09/27

10月4日から8日にかけてカリフォルニア州サンノゼで開催される「Microprocessor Forum 1999」のカンファレンス内容が公式ページに掲載されていました。Motorola社はNaras Iyengar氏によって新しいPowerPC + AltiVecプロセッサー関して、最適化されたパイプライン処理によって、アプリケーション性能がどれだけ向上するのかを紹介するようです。IBM社はTom Sartorius氏によって、Book Eアーキテクチャーや、組込み向けPowerPC製品の紹介をおこなうようです。

AERA10/4号に「iMacもどきソーテックの活路」が掲載されてました。その内容によるとe-Oneは、当初工業デザイナーの川崎和男氏にデザインの依頼が持ち込まれていたそうですが、結局、ソーテック側の「ものまね」的発想に嫌気のさした川崎氏はこの依頼を断ったことが伝えられています。その一年前の企画書の表題には「iPC」と記載されていたとのことです。また、ソーテックから訴訟の相談を受けた、知的財産権を専門とする大学研究者は「アップルの言い分が、正当であるから」との理由で、協力を断った事も掲載されていました。

マックトピアジャパンのコラムApple's Eyeが更新され「まもなく登場、 マック OS 9」が掲載されていました。また日本花子の iMac 日記i Diaryも更新されていました。

MacInTouchによれば、CompUSAがPower Macintosh G3 (Blue and White)シリーズを大幅に値下げしたと伝えていました。すでに伝えた通り、日本でも大幅に値下がりしていますので、世界規模で在庫一掃を行なっているようです。

Nando MediaがNational Centre for Scientific Research (CNRS) の報告として、AppleのAirPortが使用する2.4GHz帯を使用する事によって、フランス軍が使用する同周波数と重なるため、法律的問題が発生する可能性があると指摘したと伝えていました。この件を指摘したのはフランス海軍少将のJacques Bizard氏だそうですが、Appleのマーケティング担当部長であるHugues Asseman氏は、認可が降りれば問題ないだろう。と述べたそうです。

AppleInsiderによれば、Steve Jobs氏が9月15日に発表したiBookの出荷は、僅か200台にすぎなくて、これらのほとんどは選ばれた販売店に届けられたそうで、この販売店の一つであるCompUSAのとある店鋪には各色1台ずつ届けられたらしいですが、Appleから26日まで店頭に展示するなとの指示があったそうです。つまりJobs氏の発表は嘘ではないが、紛らわしい発言だと指摘していました。さらに先頃起こった台湾中部の地震で、情報筋によればAppleがiBookの生産を依託しているAlpha Top社がやはりHsinchu(新竹?)工業園区にあったらしく、施設にはほとんど被害はなかったようだが、現在でもいまだ続いているこのエリア全体の停電の方が問題だとしています。この停電は最低3〜4週間は続く見込みで、この間は工場は1日あたり1〜2時間しか通電しないらしいです。Alpha Top社は1日あたり20%の電力しか受け取れない事がはっきりしており、停電が続く限りiBookの生産は完全に停止せざるおえないのは明らかであると伝えていました。

またPowerMac G4のデビューは大失敗になりそうだとも断じていました。その理由として、MotorolaがAppleに対して(PowerMac G4の生産が始まる)8月30日までにG4チップを大量に出荷できるとは一言も行っていないらしく、またG4発表時にはSwatoothはまだ完成していなかったとしています。これらの事は多くの情報筋から確認しており、それ故、Motorolaから450MHzもしくは500MHzのG4チップを十分な量を提供された訳でも無いのに、Appleが9月の前半に上位2機種の受注を受けたのは実際的に不可能だったとも厳しく述べています。実際の出荷時期はおそらく450MHzのSwatoothモデルが10月後半以降、そして500MHzのモデルが11月までずれ込むだろうと予想しています。Motorolaではいまだに生産ラインが立ち上がっていないと指摘し、今回の件でAppleは自社の問題をMotorolaをスケープゴートにしたのでは、とも述べられていました。(Nanko隊員より)

アップルがTech Info Library-Jを更新していました。(あいかわらず「コミュニティ」のDEADLinkは直ってませんね)

TIL-100332JO:基本トラブルシューティング : 開いているアプリケーションをすべて終了する
TIL-100334JO:基本トラブルシューティング : コンピュータをシステム終了する
TIL-100335JO:基本トラブルシューティング : 外部装置をはずして起動する
TIL-100336JO:基本トラブルシューティング : コンピュータに電力が供給されていることを確認する
TIL-100337JO:基本トラブルシューティング : モニタが正しく接続・調整されていることを確認する
TIL-100338JO:基本トラブルシューティング : 外部装置の接続と、電源が入っていることを確認する
TIL-100339JO:基本トラブルシューティング : SCSI ID の重複を解消する
TIL-100340JO:基本トラブルシューティング : 機能拡張類の互換性の問題を解消する
TIL-100341JO:基本トラブルシューティング : PRAM をリセットする
TIL-100342JO:基本トラブルシューティング : CD から起動する
TIL-100343JO:基本トラブルシューティング : Disk First Aid でハードディスクを修復する
TIL-100344JO:基本トラブルシューティング : ハードディスクのドライバを更新する
TIL-100345JO:基本トラブルシューティング : ハードディスクを初期化する
TIL-100346JO:基本トラブルシューティング : ハードディスクをテストする
TIL-100347JO:基本トラブルシューティング : システムソフトウェアを再インストールする
TIL-100348JO:基本トラブルシューティング : インストール時のトラブルに対処する
TIL-58423JC:Power Mac G4 : Mac OS X Server 1.0 のサポートについて

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・Acrobat4.0パーフェクトガイド/アスキー ¥2,500(4-7561-3232-4)
・ImageStylerクイックWEBデザイン for Mac & Win/アスキー ¥2,600(4-7561-3225-1)
・Macintosh改造道/アスキー ¥1,714(4-7561-3195-6)
・初歩からはじめるREALbasic/アスキー ¥3,400(4-7561-3224-3)
・一撃必殺! FIREWORKS2/オーム社 ¥3,200(4-274-06323-2)
・ホームページ作成 画像テクニック事典/ナツメ社 ¥2,200(4-8163-2656-1)


1999/09/26

MacUser UKのFeaturesで、iBookについてJonathan Ives氏へのロングインタビューが掲載されていました。内容的にはAppleのLinda Frager氏が話した事と同じなのですが、彼女がプロダクト面から説明しているのに対して、Ive氏の場合は「なぜその結論に達したのか?」についての経緯が述べられているところが面白いです。iBookに付けられたハンドルに関しては、eMate 300に付けられたハンドルは固定されて付いているためデザイン的に好きだったが、スペースを取り過ぎる点が欠点だったそうで、結局iBookで採用された形になったそうですが、デザインの独自性を保つ為にとても苦労したようです。またラバーコーティングや、新しいスリープ機能、ラッチレス構造などについては、ちょっと移動するという行動を、じっくり考えた結果だったことが理解出来ます。またiBookの好きな部分に関して聞かれると「まばたくスリープライト」を上げ「機械なんだけど生きているように感じられるようになった事」だそうです。後半部分でIve氏は「製品を開発する際にAppleが行なってる市場調査や、ユーザーから送られてくる大量の要望を参考にしてはいるが、特定のユーザー層に絞って製品テストを行なうことには断固反対で、もしそれを実行していたらデザイナーとしてとても横柄だと思うし、iBookやiMacなどといった製品は生まれて来なかったことだろう。」と述べていました。そしてSteve Jobs氏はiBookのデザインについても大きく関わっており、iMacの時と同様にとても大変な仕事だったと述べています。最後に好きな色はどちらか?と聞かれ、「どちらも気に入っているが、どちらかと言えばTangerineかな?」と語っていました。

ハワイ在住の松村さんによれば、AppleからApple Store USで注文したiBookの出荷を行なったとの連絡を貰ったそうです。MacWIRE Onlineは台湾の地震の影響を心配する内容を伝えていますが、とりあえず問題は無さそうです。

MacInTouchによれば、複数の読者からPower Mac G4 (AGP Graphics)450モデルが届いたとの報告があったと伝えていました。ただ、SCSI Cardをセットで注文した人には、出荷が11月になるとの案内が出ているそうです。

CNET JAPANによれば、AppleがPower Mac G4の出荷に関して、スーパーコンピュータ輸出規制法によって出荷出来ない該当国(50ヶ国)に対して、輸出を行なわないという対応を決めたと伝えていました。

秋葉館が、Sonnet、XLR8のG4カードの価格を掲示し、予約を受け付けていました。またPowerForce G3 250/512K/125が¥19,800で販売されており、G3カードがとうとう2万円を切って来ました。またMJ SOFTも為替の影響からか、G3カード製品の販売価格を引き下げていました。

New Motion社が日本語ページを公開し、MACWORLD Expo NewYork '99で出品していた、Power Macintosh G3 (Blue and White)のトップ部分にはまる「GDock」の製品紹介を掲載していました。これ白または青の2色あったんですね。また、iDockユーザーに対して、周辺機器接続レポートを送ってくれた方に、iSpeakerをプレゼントする企画が行なわれていました。でも日本語かなり変です。

IPPC台湾921大地震スペシャルレポートを掲載し、台湾の地震による影響で、新竹サイエンスパーク(新竹科学工業地区)に存在する半導体製造企業は、かなりのダメージを負うと伝えていました。近日中に詳細なレポートを行なうそうです。しかし、別に掲載されている台湾に居る日本人の地震レポートは書き方が?ですが、台湾という国がどれほどハングリーであるかを、本音で伝えてくれているような気がしてます。きっと私達が考えている以上に、復興するのは早いかも知れません。

PC Watch後藤弘茂のWeekly海外ニュースによれば、Intel社が5ヶ月も予定を前倒しして、Pentium III/733MHz(Coppermine)を出荷するようだと伝えていました。いよいよIntel社は、0.18μmに以降し始めるようです。




.
.dami.gif

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club.
All rights reserved. Site design by BRESTO, Inc.
「Macintoshは米国アップルコンピュータ社の商標です」
GigaHit