October 1999 MACお宝鑑定団 
Mac News Link Mac関連雑誌ライターLink Special
Read me Bench mark History
先週のNews バナー広告募集 counter


株式会社パワー

株式会社IMAGICA

有限会社クワッドエレメンツ

日経MAC

1999/10/09

MacWIRE Onlineに、iMac (Slot Loading)に関して、アップルのマーケティング本部プロダクトマーケティングパワーマッキントッシュ担当課長である中丸淳氏へのインタビューが掲載されていました。それによると、スピーカー回りが良くなった事で、新しくなったサウンドコントロールパネルの説明や、おまけでAdditional Alert Soundが付属することなどが説明されています。

MacWIRE OnlineにMac OS 9に関して、互換性がないと指摘された各メーカー側のコメントを掲載していました。どうやら各社とも、Appleと密接に連絡を取り合っているようで、早期に解決するようです。

MacWIRE Onlineに、OracleのCEO兼会長であるLarry Ellison氏が、Internet Worldで行った基調講演に関して、いくつかAppleに関する面白い発言を行っていると伝えていました。

日経MAC.COMによれば、アップルが現在発売されている旧製品となったiMacを、16日から99,800円で発売すると、アップルの事業推進本部本部長である福田尚久氏が発表したと伝えていました。これは10万円以下のパソコンがどれだけ売れるかを調査する目的も含まれているそうです。またiMac (Slot Loading)を10日に発売する事も考えていた事も明らかにしていました。

UselessMacが情報筋からの話として、11月にPowerBook G3 series(Bronze keyboard)が、366MHz、466MHzにスピードバンプするようだと伝えていました。また来年のMACWORLD EXPO/SF 2000で、iBookなどのようなファン無しのカラーモデルが出るようだとも伝えていました。(お宝も情報を求めています)

こちらiBook情報局によれば、14日に大阪で開催されるmACademia主催による「書を携えよ町へ出よう」で、iBookが展示公開されると伝えていました。これは内芝製作所がアメリカで購入したもだそうです。

毎日新聞に原田社長への単独インタビューが掲載され、台湾大地震で生じている全般的な部品供給不足について「社内では(影響が出るという)話は出ておらず、特別な問題はない。グローバルなサプライチェーンで柔軟に製品を提供していく」と述べていました。(シリコンバレーさん情報ありがとね)

WIRED NEWS-Jによれば、AppleがSherlock2にオークションサイトeBayを検索するサービスを提供することに対して、当のeBay側が、そのサービス提供をやめるよう働きかけるようだと伝えていました。

Newer Technology製品を専門に扱うオンラインストアーupgradeStuffが、日本語でのサービスを開始すると発表していました。日本語によるオンラインサポートと意見交換の場、「オンライン広場」の設置や、これまで個人輸入、並行輸入で受けられなかったメーカー保証を有償で提供するサービスなどが提供されるそうです。

エクス・ツールス社が、同社製品である「Shade」に関して、ソフトウエア・プロダクト・オブ・ザ・イヤー99を受賞(ソーシアル/ライフ分野)したと発表していました。

VST Technologies社が、同社のFireWire製品は全てiMac DVモデルに対応していると発表していました。

RATOC Systems社が、動作確認機器リストにデジタルビデオ(DV)を追加していました。どうやら最近買ったDCR-PC3は対応してくれてるようです。

シマンテック社が、MacOS 9の対応状況を案内していました。ノートンユーティリティーズ Ver 5.0とノートン・アンチウィルス Ver 6.0は現在深刻的な問題は確認出来ていないと説明し、完全対応版は来年1月から有償配付すると記されています。これら製品の旧バージョンと、その他製品は対応していないそうです。

phase 5社が、PCI Mac用のG4アップグレードカードMACCELERATE!7400シリーズと、ZIF ソケットMac用のG4アップグレードカードG4 POWER BOOSTERシリーズを、それぞれ400MHz、450MHzの性能製品を発売すると発表していました。

エー・アイ・ソフト社が、Mac OS 9に対応した日本語変換システム「WXG Ver.4 for Macintosh」を、12月3日より9,800円で発売すると発表していました。

MacNNによれば、AppleがMac OSページに、Mac OS 8.5および8.6のユーザーがMac OS 9パッケージを購入した方に対して、20ドルのリベートプログラム(アメリカ国内のみ対象)を行う事が記載されていると紹介していました。

Do-夢つきたさんフェアーが開催され、Apple QuickTake 100 & 150やジャンク品が格安で販売されていました。

アップルが、9月20日から東京の大塚商会ソリューションガーデンで開催される「Mac OS X Serverソリューションの展示」のお知らせを案内していました。

アップルが、Macintosh Gallery、TV & Movieを更新していました。

AppleがiMac (Slot Loading)のハードウェアデベロッパードキュメントを公開していました。

日経エレクトロニクスによれば、 キヤノン社がIEEE1394端子を備えたフロッピー・ディスク装置(FDD)「FR-100」を10月下旬に発売すると発表したと伝えていました。

ナナオ社から、EIZO/NANAO FlexScanディスプレイ用ColorSync2プロファイルが配付されていました。

NEC社から、Clik!-USBドライブキット Apple PowerBook G3対応ドライバ Ver.1.3が配付されていました。

ヤマハ社から、CRW4416Sシリーズ ファームウェア 1.0hCRW4416EVKシリーズ ファームウェア 1.0hが配付されていました。

Novell社が、GroupWise 5 for Macintoshを配付していました。

キヤノン販売から、CanoScan FB1200S+FAU-S10用Photoshop Plug-In、FilmGet FAU Ver1.0.1が配付されていました。

カメオインタラクティブ社から、DUY社のTDMシリーズのアップデータ各種が配付されていました。

ATTO Technology社から、ATTO FibreBridge Ver.1.13が配付されていました。

一つのプロジェクトの挫折にあった。」う〜ん気になる。

いまだプリンターは見つからず、かなり困ってます。LaserWriter 4/600 PSとかってないですか?


Macintosh WIRE

「マックで動く、マインドストーム!  WWTショップ」

バード電子

有限会社サイバーグルーヴ

1999/10/08

日経MAC.COMに、アップル事業推進本部本部長の福田尚久氏へのインタビューが掲載されていました。この中で福田氏は、最初の出荷は全ての製品が同量出荷となるが、その後は需要動向を見ながら調整してゆく考えを明らかにしていました。また旧製品となった現在発売されているiMacについては、アップルとしては16日以降にしか値下げはしないものの、販売店が値段を下げて売る事に関しては容認する発言をしていました。7製品すべてとなると、製品数的には増える事になるわけですが、噂されているBlueberry4に各色1とした「4:1出荷」と比べると、1つ減るので在庫的には楽になるかもしれません。(まあ考え方しだいですが^^;)また現在発売中のiMacに関して、価格引き下げを「やむを得ない」とわざわざ述べたということは、裏を返せば「今まで容認していなかった」ともとれますので、微妙な感じですね。(いろんな意味で、このインタビューは素晴らしいです。)

MacWIRE Onlineに、Harman/Kardonの新規事業開発担当副社長Jesse Lechuga氏による「iSub」についての記事が掲載されていました。それによると、新しいiMacに関しての共同開発に関するミーティングをしたのは、今年1月に開催されたMACWORLD Expo/SF 99だそうです。つまりiMacの5色を発表した段階で、すでにiMac (Slot Loading)モデルのコンセプトが決定されていたということになります。またSpatializer社の技術は、もしかするとHarman Kardon社が3年前から開発していたスピーカーとサブウーハーのためのドライバーかソフトウェアー用だったかもしれません?

PC Watchに、アップルのiMac発表会のレポートが掲載されていました。ここでは、国内出荷モデルにはアメリカと違って、「A Bug's Life」といったDVDタイトルが付属しない事や、原田社長がiMac (Slot Loading)につて、電磁波の解決にAppleチームが苦労したなどの、ちょっとした開発秘話が掲載されています。

MacWIRE OnlineがアップルのiMac (Slot Loading)発表会の模様を伝えていました。この発表の中で、原田社長は現在発売されている旧機種は、10月16日以降にならないと値下げしないことが掲載されています。また別のページでは、iMac (Slot Loading)のインターネット接続アシスタントが新しくなっていることや、一部車のヘッドライト素材を使用していること、iMovieはFinal Cut Pro Liteではなく、むしろAvid Cinemaに近いソフトであることなのが掲載されています。そしてフォトレポートページでは、Harman/Kardon社製の「iSub」は、12月から発売される事が掲載されています。

アップルがiMac (Slot Loading)の価格と発売日を発表していました。iMacは11万8000円、iMac DVは14万8000円、iMac DV Special Editionは同17万8000円だそうです。またこれら製品は10月16日からiMacデモ展示販売店、およびApple Store Japanで発売されるそうです。また同時にiMac (Slot Loading)データシートの配付が開始されていました。

アップルがiMovieソフトウェアーを発表していました。

アップルがiBookを10月16日から、iBook販売店、およびApple Store Japanで発売すると発表していました。ただiMac (Slot Loading)に適用された為替レートと比較すると、約1万円は高いです。

アップルがMac OS 9を10月30日から発売すると発表していました。また同時にMac OS 9データシートの配付が開始されていました。なお、10月7日以降(つまり昨日までに買った人は対象外)にMac OS 9以前のMacintoshおよびMac OSを購入されたユーザーに対して、Mac OS 9を2,500円で提供する「Mac OS Up-to-Date」プログラムも同時に発表されていました。

アップルが、10月16日、17日に有楽町西武と共同で、「iWeek in SEIBU」イベントを行うと発表していました。

アップルがデベロッパーページに、Mac OS 9情報ページを公開していました。またテクニカルノートページに、TN1176: Mac OS 9日本語版TN1186: 善良なるマルチユーザ市民たれを公開していました。この中で気になる点は、CarbonLib 1.0は今後のバージョンでもMac OS 9以前のシステムではロードされない事や、システムエラー119が出るのは、FCB テーブルに直接アクセスしている事が原因で起こることなど、かなり互換性に関する警告が多く記されています。パワーユーザーは熟読された方が良さそうです。

アップルが経験者採用ページを更新し、マーケット・アナリストを募集していました。なお、テットワーク・アドミニストレータは見つかったようです。

Appleのトップページの下にある3つの画像の内iBookの画像が更新され、キャッチフレーズが「iBook.iMac un-plugged」と変更されていました。(喜多さん情報ありがとね)

digitalians.comに、姉歯 康氏による「国内でもQuickTimeストリーミングが本格始動」という特集ページが掲載されていました。

iBook PageにiBookのハードディスク交換の手順を説明するためのバラシ画像が掲載されていました。(somethin' goodより)

Mac OS RumorsがSharky Extreme.comに掲載されたATI社がコードネーム「Aurora」と呼んでいるRAGE 128 Proグラフィックチップを2つ搭載したグラフィックカード(画像)のプレビュー記事を取り上げ、これがMac用にも開発されていると伝えていました。

最近デザインを一新したthe PowerBook ZoneがPowerBook G3 series(Bronze keyboard)の後継機種と噂されているPismoに関して伝えていました。5月に発表されてからの5ヶ月後に433MHz版の追加発表をAppleはそっと行う予定だったようだが、結局それは無くなり、MACWORLD SF/2000まで引き延ばされたようだと伝えていました。またMac OS Rumorsでは433MHzに加えて、466MHzモデルもあるらしい事を伝えていました。

なみはやで、iMacなどが当るアンケートプレゼント(12末まで)がおこなわれていました。

三木証券が、iBookなどが当るキャラクター名募集キャンペーン(11/30まで)を行っていました。

それいけトッキー!!で、iBookがあたるアンケートプレゼントが行われていました。

パソストで、Adobe Photoshop 5.5、Adobe GoLive 4.0などがあたるアンケートプレゼント(11/12まで)が行われていました。

MDS2000社が、Macintosh 対応のポータブルMP3プレーヤー「jazPiper for Mac」を、10月中旬より発売すると発表していました。

BitHardz社が、同社製品のUnity DS-1(Digital Sampler)とRetro AS-1(Software Synthesizer)をPowerPC G4プロセッサーに最適化すると発表していました。

ATI Technologies社が、iMac (Slot Loading)にRAGE 128 VRプロセッサーが採用されたと発表していました。Apple worldwide desktop product marketing担当 副社長であるDavid Moody氏や、AppleのPhil Eisler氏などのコメントが掲載されていました。

WIRED NEWS-Jが先日行われたビンテージ・コンピューター・フェスティバルのレポートを掲載していました。Apple 1も展示されていたようですが、あまり注目されてはいなかったようです。

日経MAC.COMによれば、キヤノン社が「BJ F6100」「BJ F850」「BJ F610」「BJ F300」「BJ M70」「BJ 70PW」の6機種を発表したと伝えていました。

フジフィルム社が、230万画素の性能とプリンター機能を合体させたデジタルカメラ「FinePix PR21」通称プリンカムを11月20日から99,800円で発売すると発表していました。

信頼出来る情報筋によれば、1つ以上のディーラー倉庫に、4桁数程度のYosemite/450残在庫があり、これが原因で日本にSawtooth/450が回ってこない可能性があるらしいです。もっともこれは決算のために押し込みされた物らしく、流通調整の言葉は「閻魔に舌を抜かれる」話しらしいです。

Appleがデベロッパー向けツールとして、Mac OS 9およびAltiVecに対応したMacsBug 6.6f2c1を、またMac OS USB DDK v1.3.5f8Universal Interfases 3.3a1なども配付していました。

ヒューレット・パッカード社から、HP DeskJet 815C用ドライバ Ver 1.1が配付されていました。

インタウェア社から、BOOSTER PB2400 G3 400に対応した、BOOSTER PB G3 Checker v1.1.0が配付されていました。

ソフトウェア・トゥー社から、Strata PetiteVision3D Updateが配付されていました。(「新し物好き」のダウンロ〜ドより)

MAXON Computer社から、CINEMA 4D NET V 5.30が配付されていました。

Kensington社から、MouseWorks Software v 5.30が配付されていました。

OrangeMicro社から、Grappler SCSI 906/930 Ver.1.25が配付されていました。

iMac DV Special Editionって、最初のコンセプトは「G4+DVD-RAM」だったかもね。

祝!ソナタ日本グランドマスター!

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・パソコン・カンタン!年賀状2000 辰年編 for Macintosh/MPC ¥952(4-87197-208-9)
・特選 星降る夜のパソコン情話 Linux狂騒曲/ビレッジセンター ¥1,400(4-89436-131-0)
・CG検定対策講座3級 PART II 実践編 LightWave3D/ボーンデジタル ¥2,000(4-939007-17-0)


マーキュリー・ソフトウェア・ジャパン

イメーション(株)

PDAショップ、Vis-a-Vis(ビザビ)

インフィニシス社

1999/10/07

PC WatchにApple Special Event現地レポートが掲載されていました。今回Jobs氏は、プレスの写真撮影に上機嫌で応えていたようです。またiMac (Slot Loading)のドアップ画像が多数掲載されたページも公開されていました。どうやらメモリースロットは2つあるようで、もしセンチュリー製の1GBMメモリーを使用すれば、最大2GBまで拡張出来そうですね。

昨日掲載したApple Special Event 99 reportSpecialページに移動しました。

日経MAC.COMに、Apple Computer社Worldwide Sales担当Senior Vice PresidentのMitch Mandich氏へのインタビューが掲載されていました。それによるとiBookの発売日は、10月の15,16の出荷を目指しているとのことです。一、,iMac(Slot Loading)は、同じく10/8,9を目指していると述べていました。ただこのインタビューからすると、エグゼクティブであっても、製品発表日を知らされない事が理解出来ます。(たんちゃさん情報ありがとね)

今日放送された、めざましテレビ(フジテレビ系)で「iBook&iMac特集」が放送されていました。iMacカラーの周辺機器として、iRackやコダックのiZoomなどが紹介されていましたが、最後には実物のiBookが登場、それを手にした小島アナは「ちょっと重さがありますね…」と、困った様子でした。iBookに関しては「10月上旬に発売」と言ってましたが、最後に「アメリカの新聞では、一番安いもので$999だって!」と、新iMacと混同していました。(金沢さん、高木さん、情報ありがとね)

CNET JAPANによれば、Motorola社のNaras Iyengar氏がMicroprocessor Forumにおいて、次世代のPowerPC G4プロセッサーは、IntelのCoppermineプロセッサーと同様に、256kの容量を持った2次キャッシュSRAMを内蔵しており、このアーキテクチャーをもったプロセッサーは700MHzを超えるだろうと述べたと伝えていました。ただこのプロセッサーをいつ出荷するかについては、明らかにしなっかったそうです。

CNET NewsにOracle CEOであるLarry Ellison氏へのインタビューが掲載されていました。この中で記者がAppleに関する質問をしており、AppleがPDAを持たないことを質問されると、Ellison氏は「Appleの素晴らしい部分は、新しいアップル・ディスプレイ・テクノロジーとデザインだ」と述べ、「Steveはプレアナウンスがとっても嫌いなんだ」と語り、個人の意見として「Appleはすごい電器製品会社になると思うよ」とだけ述べたと伝えていました。

インタウェア社が製品情報の「BOOSTER PB2400 G3 400」の制限事項に「スリープ時のバッテリー交換について」を追加していました。

PowerLogix社のG3アップグレードカードPowerLogix Power Force ZIF 466 /233/1Mが、59,800円MJ SOFT秋葉館で発売されていました。またPowerLogix Japanによれば、Linux PPC英語版が来週からPowerForce全商品に付属し、また1,000円で日本語版にUP-Gradeできるクーポンも同梱されるとのことです。

Cyberian Outpostで旧iMacが$894に値下がりしていました、また、Mac Warehouseでは早くもiMac (Slot Loading)/350MHzモデルが$999で発売になっていました。

MacGamer's Ledge!によれば、Terminal Reality社のRob Minnis氏が公式FLYフォーラムで、Metrowerks CodeWarrior Professional 5によってPowerPC G4のAltiVecに最適化した、ゲームソフトFLYベータ版のテスティング希望者を募集していると伝えていました。

Mac Observerによれば、Apple Special Event終了後にStve Jobs氏がCNBCテレビに出演し、台湾の地震にる影響で少しだけiBookの出荷に影響が出たことや、1000ドルPCに関する質問を受けると、コンピュータサーブのリベートプログラムが有効的だと交わしたと伝えていました。なお、このインタビューは短い内容だったそうです。

MacNNによれば、Harman International社のマルティメディア事業部が、iMac (Slot Loading)用のUSB接続サブウーハー「iSub」を、11月から$99で発売すると発表したと伝えていました。

MacInTouchによれば、Focus Enhancements社が、iMac DV上でテレビミラーリングを実現するビデオ・コンバージョン・プロダクト「iTView-DV」を$139で発売すると発表したと伝えていました。これはApple Store USでも販売されるそうです。

Orange Micro社が、FireWireポートx2、USBポートx2を増設可能な PCIバス用カード、OrangeLink FireWire/USB PCI Boardを、11月から$159で発売すると発表していました。

アップルがMacintosh GalleryにiBook on TVのお知らせを掲載していました。

アップルが製品&テクノロジーのDisplayページを更新していました。

Appleが先日Flint Centerで開催したApple Special Eventのフォトレポートページを公開していました。

Apple Store JapanのiMac部分がiMac (Slot Loading)に変更され、Coming soonと表示されていました。現在は情報配信用のメール登録画面に飛ぶようになっています。

AppleがMac OS 9を対象としたMac OS Up-To-Date programを案内していました。

アップルがTech Info Library-Jを更新していました。

TIL-16989JC:漢字Talk 7.5 : ファイル検索の特別な検索条件について
TIL-24976JC:Sherlock :「内容で検索」の索引作成に関する問題
TIL-24978JN:Apple プリンタユーティリティ : AppleShare IP のプリントキューにアクセスする方法
TIL-24985JN:PowerBook G3 Series : オーディオ CD 読み込み時にデータが壊れる問題について
TIL-24986JC:Sherlock のファイル検索 : 目に見えないファイルやフォルダを検索する
TIL-24996JN:Mac OS 8.6 : FirstClass Client には Font Update が必要です
TIL-58429JN:Power Mac G4 (PCI Graphics) : CD-ROM、ハードディスク、ATA バスに関する情報
TIL-58432JN:Power Mac G4 (PCI Graphics) : 内蔵モデムの仕様
TIL-58440JN:Power Macintosh G3/G4 : ATA Zip ドライブを設置すると画面が黒くなる

Appleがデベロッパー向けTechnoteを追加更新していました。

TN1176: Mac OS 9
TN1177: Introducing the LaserWriter 8 Driver version 8.7
TN1178: LaserWriter 8.7: Scriptable Printing
TN1179: PostScript Output Filters For LaserWriter 8.7
TN1180: Sherlock’s Find By Content Library
TN1181: Sherlock’s Find by Content Text Extractor Plug-ins
TN1182: NewGWorlds in VRAM and AGP Memory
TN1183: QuickTime 4.0.3
TN1184: FCBs, Now and Forever
TN1185: New ColorSync 3.0 APIs
TN1186: How To Be a Good Multiple Users Citizen
TN1187: Digital CD Audio

INTERNET PRESENTS SITEが、ホームページ開設記念プレゼント企画 第1弾としてiBookプレゼント(10/31まで)を行っていました。

全日空社が、iBookなどが当る「Newサービスリリースキャンペーン」(2000/01/31まで)を行っていました。

三洋信販が、今年で創業40年を迎えることを記念して、iMacなど総額600万円相当が当る「40周年記念フェア」を行っていました。

Motorola社が、PowerPC LibraryXPC750P Hardware Specificationを公開していました。プロセスが0.19μmまで進んだようです。

act2社から、MacMP3 v.1.1アップデータが配付されていました。

Mercury Software Japan社から、iLiner 1.0--> 1.0.1 Updateが配付されていました。

カメオインタラクティブ社から、Waves for Mac Ver2.8が配付されていました。

(財)日本関税協会による為替相場は現在1ドル105.92円が適用されている。


フォトディスク・ジャパン株式会社

株式会社ニィス

act2

リンククラブ

1999/10/06

AppleがSteve Jobs氏によるspecial eventにおいて、新型iMacを発表し、今日から全機種発売すると発表していました。またMac OS 9を10月23日から発売することも発表していました。

iMac/350MHz/64MB SDRAM/6GB Ultra ATAハードディスク/24倍速CD-ROM(自動吸込み式)/Blueberry色のみ. $999

iMac DV/400MHz/64MB SDRAM/10GB Ultra ATAハードディスク/4倍速DVD-ROM(自動吸込み式)/FireWireポートx2/iMovieソフトウェアー/five colors $1,299

iMac DV Special Edition/400MHz/128MB SDRAM/13GB Ultra ATAハードディスク/4倍速DVD-ROM(自動吸込み式)/FireWireポートx2/iMovieソフトウェアー/Graphite enclosure.  $1,499

共通仕様:512Kバックサイドキャッシュ/Rage 128 VR VR with 8MB SDRAM(AGP2X)/V.90 56Kモデム/10/100BASE-T/USBポートx2/Harman Kardon speakers

Appleがコンシュマーおよびクラスルーム向けのデジタルビデオ編集ソフト「iMovie」を発表していました。これはiMac DV、iMac DV Special Editionにバンドルされて出荷されるそうです。

AppleがMac OS 9を10月23日に発売すると発表していました。Steve Jobs氏は「Mac OS 9は最高のインターネットOSだ」と自慢しています。なお、各国語版は11月からの発売だそうです。

Appleが、CompUSA、J & R ComputerWorldでMac製品を購入した人を対象にした、商用ネットCompuServeへの申込みが格安になるリベートプログラムを行なうと発表していました。

AppleがiMacページを更新していまいた。この仕様を見ると、New iMacに搭載されているRAGE 128チップは、VAIOのデスクトップモデルにも採用されている、64ビット幅のRAGE 128 VRチップのようです。またバックサイドキャッシュは全て512kの容量となっており、CD/DVDドライブともに自動吸込み方式が採用されています。また大きく改善されたサウンド関連は、JBLやInfinityなどのオーディオブランドを持つHarman International社のブランドの1つである、Harman/KardonのOdyssey audio systemを採用していて、これはメルセデス‐ベンツ(Jobs氏の愛車)など5万ドル以上の高級乗用車に採用されているシステムだそうです。またiMac DVとiMac DV Special Editionに最適設計されたクリアケース匡体に収められたUSB接続のサブフーハー「iSub」も同時に発表されています。なお、このNew iMacは、すでにApple Store USで発売が開始されていました。

Tech Info Libraryが更新され、さっそくNew iMacに関する情報を掲載していました。ここでAppleは新しいiMacを「iMac (Slot Loading)」と呼んでいます。

tIL-58465:iMac (Slot Loading): How to Eject a CD
tIL-58466:iMac (Slot Loading): Upgrading Memory
tIL-58467:iMac (Slot Loading): How to Connect External Display to VGA Port
tIL-58468:iMac (Slot Loading): Sound Out Volume Lower with 3D Sound Selected
tIL-58469:iMac (Slot Loading): DVD Movie Playback
tIL-58470:iMac (Slot Loading): Different Functionality for Power Button
tIL-58471:iMac (Slot Loading): What's New and Different
tIL-58474:iMac (Slot Loading): Technical Specifications
tIL-58475:iMovie: Read Me

AppleがiMac (Slot Loading)のCMを公開していました。「Bon Voyage.」「Turbocharged.」「A movie about movies.」の3本となっています。

AppleがiMac (Slot Loading)の公式画像と、Mac OS 9の公式画像を配付していました。

Appleが、iMovieページを公開していました。FreeStuffページでは、iMovie用のバックグラウンドデータサウンドエフェクトサウンドなどが無料で配付されていました。Theaterページでは、iMovieで作成したムービーが3つ紹介されていました。また他に現在対応しているDVカメラリストや、iMovieの操作方法を紹介するページも用意されていました。

AppleがMac OSページをMac OS 9に関する製品情報に置き換えていました。Sherlock2ページなどが新しく公開されています。

Appleが、ColorSyncページを更新し、ColorSync 3.0に関する情報を掲載していました。

CNET JAPANによれば、ATI社がグラフィックチップの値段を引き上げる可能性があり、それによって、クリスマスシーズンのパソコンが値上がりするかもしれないと懸念していました。

Mac Fanホームページで、「話題のMP3プレイヤー「Hyper-Hyde」が当たる!Mac Fan internet大アンケート」が行なわれていました。

ニュースステーションのCMで、AirportのCMがオンエアされていました。(金沢さん、こばやしさん、情報ありがとね)

雑誌「FIGARO」11月号にiBook タンジェリン広告が、雑誌「pen」11月号にPower Mac G4 広告が掲載されていました。(Shall we Mac?さん情報ありがとね)

MACROMEDIA社から、Shockwave 7.02d159 & Flash 4r14が配付されていました。

今回は、全講演終了後にPRページは更新されていました。で評価は89%でした。

今日からsignatureを「AMAZING FEATURE !」((驚くべき特長)に変えよ〜と(笑)


Ken Office

企画室ゆう

Avenue-D

digitalians.com

1999/10/05

Apple InsiderがKiheiの白黒の実写画像を掲載(どうみても工場内で撮影された臭い)していました。(現在削除されています)ここでサイドポートの詳しい仕様が確認出来ます。またこのKiheiのシステムを、Appleの役員達は最近Borgシステムから、Mac OS 9に変更した可能性があると伝えていました。

Apple Insiderによれば、Appleが新しいブランドイメージを定着させるため、Think differentに変わるキャッチコピーを発表するようだと伝えていました。これはクリスマスシーズンからの広告から使用されるだると伝えていました。

アベニューディーが、iMac調アクセサリー大特価セールを開始していました。

ASCII 24によれば、エルゴソフト社が、日本語ワープロソフト「EGWORD Ver.10 for Macintosh」、および日本語入力プログラム「EGBRIDGE Ver.11 for Macintosh」を11月19日に発売すると発表したと伝えていました。

フォトディスク・ジャパン社が、Power Mac G4などが当るアンケートプレゼント(11/30まで)をおこなっていました。

信頼出来る情報筋によれば、Borgシステムがターゲットにしている対象機種はKiheiを持って終了となるようです。

MacSoldiers.comが最近AppleがApple Store USのURLの中に、問合せ番号を「1-800-MY-APPLE」と記述していると伝えていました。これアメリカではごく当たり前の宣伝で、電話機のプッシュボタン部分に付けられているアルファベットを指していて、番号を覚えるより、「1の800マイアップル」と覚えれば簡単だからだと思います。ということはテレビのCMでは今後「1の800マイアップルにお電話下さい」とナレーションが入るかもしれませんね。

MacWIRE Onlineに、床心理学者のSteven Berglas博士によるSteve Jobs氏の分析が掲載されていました。

MacWIRE Onlineによれば、今年の2月にAppleのColorSync技術が、我社の特許技術を侵害しているとして訴えたIMATEC社が、Windows版のColorSyncをAppleが配付しないようだと述べたと伝えていました。これは9/28に行なわれたColorSyncユーザーズグループの席上でAppleがそう発言したからだとしています。

矢野経済研究所が発表したパーソナルコンピュータ出荷状況調査 詳細PDF版によれば、アップルのシェアは6.4%となる見込みで、東芝と並ぶと報告されていました。そのほかにも出荷台数などについて記されていました。(たんちゃさん情報ありがとね)

NIKKEI NETによれば、ソニーの盛田昭夫名誉会長の訃報を伝えた記事の中で、1989年頃にAppleとの資本提携交渉を進めていたが、盛田会長の「コロンビアはいい買い物なんだけどなあ」の一言で、吹っ飛んでしまった逸話を掲載していました。(寺村さん情報ありがとね)

インタウェア社が、BOOSTER PB2400 G3 400と、BOOSTER 64・54 G3 400を、11月中旬から出荷すると発表していました。

アップルが、デザイン&パブリッシングページに、「デジタルな芸術家の肖像」を、サウンド&ミュージックぺーじに、「Mo Beta」を、インターネットパブリッシングぺーじに、「マック美術館への移行」を追加掲載していました。

バースト社が、PowerBook G3用バッグ「SmartPad G3 98/99」の予約受付を開始したと発表していました。

加賀電子アップル販売事業部が、本日より、アップル社のMac OS 9 の流通の取り扱いを開始すると発表していました。

SOFTLANDが、Power Mac G4 などが当る「OnlineShopご利用のお客様限定お買得キャンペーン第二弾 」を行なうと告知していました。

店頭でiBookを予約した石井さんが、販売店に入荷時期を確認したところ「10月中旬から下旬になるとAppleから販売店には連絡が入っている。」と回答を受けたそうで、「10月中に出ればいい方」とも言われたそうです。

アップルが経験者採用ページを更新していました。Mac OS X Server テクニカル・サポート担当者が見つかったようです。

iMac2Dayによれば、Kensington社が、Mouse-in-a-Box Scroll(for USB/PS2)とTurboBallを発売したと伝えていました。

Palm Computing社から、Palm Desktop for Macintosh Version 2.5がリリースされていました。

PC Watchによれば、Intel社がコードネーム「Merced」と呼んでいた最初のIA-64プロセッサの正式名を「Itanium」と発表したと伝えていました。

インタウェア社から、BOOSTER PB G3ソフトウェア v2.1.0が配付されていました。

ヘリオス社から、UniMouse専用ドライバーUniMouse Overdrive 1.2Jが配付されていました。

ロジテック社から、LCM-17TSU用USBモニタコントールセットアップ、LST-140 Ver 1.00が配付されていました。

MetoroWerks社から、CodeWarrior5.2 Factory Updateが配付されていました。(李 哲熙さん情報ありがとね)

Griffin Technology社から、iMate Driver 1.63が配付されていました。

だんご3兄弟「あっという間 劇場」始まってました。


CValley

アイディ・イーストエンド

MJ SOFT Mac館

パソコン関連書籍宅配便

1999/10/04

Adobe社がホームページデザインを大幅に変更し、オンライン直販店となるAdobe Storeをオープンしていました。Adobe GoLive 4をメインに作成されており、どうやら全社的にデザインを統一するようです。(李 哲熙さん情報ありがとね)

UselessMacによれば、インタウェア社がPowerBook 2400用のG3/400MHzアップグレードカードを、¥118,000で発売するようだと伝えていました。

MacInTouchがMac OS 9ベータ版では、Adobe関連以外にもAsanteFast network card、StuffIt、RAM Doubler、Speed Doubler、Adaptec Toast、などが動作せず、また純正ソフトウェアーとしては、8.6までのDisk First Aid、Apple Telecom、Color StyleWriter 4000 series、LaserWriter 8fなどが正しく動作しないと伝えていました。(そうか!だから8.6ベースのBorgが必要なのか。)

開発最終段階に来て、多くの不動作レポートが出てくるようになったMac OS 9に関して、実際の正式版発売を待って更新する予定の「Mac OS 9 report」特集ページを用意しました。多くの読者からのレポートを募集しています。なお、必ずMacintoshトラブルニュースの「システムアップデートの一般的注意」を熟読して下さるようお願いいたします。

ベンチマークページに、PowerMacintosh4400用のインタウェア社製G3アップグレードカード、BOOSTER 4400 G3 240のデータを追加しました。(伊勢さんデータありがとね)

アップルがMacintosh Gallery、TV & Movieを更新していました。

アップルがTech Info Library-Jを更新していました。

TIL-22210JN:QuickTime 3 : MIDI 情報をやりとりするには
TIL-30398JN:QuickTime : プラグインからの保存
TIL-30506JN:QuickTime : 必要なコンプレッサが見つからない (Required Compressor Could Not Be Found)
TIL-30544JN:QuickTime 3 for Windows : Netscape 設定の要点(TIPS)
TIL-36506JN:QuickTime Discussion Board : よくお問い合わせいただく質問と解答(FAQ)
TIL-25008JN:Font First Aid : 検証中にエラーが発生する
TIL-60491JC:PowerBook G3 DVD-ROM Update 1.0 : Read Me

IBMがPowerPC 604eに400MHz版を追加していました。

Microsoft社から、Microsoft Outlook Exchange client 8.2.1日本語版が配付されていました。外部からExchangeサーバを経由したテキストのメールが文字化けするなどの問題が解消されているようです。(金子さん情報ありがとね)

後はMessagePad 110さえあれば....(誰か譲って下さい)

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・はじめてのインターネット Macintosh版 最新カラー版/秀和システム ¥1,000(4-87966-901-6)


1999/10/03

日経MAC.COMによれば、来週開催される「Special Apple Event」に関して、アップルの広報担当者のコメントを掲載していました。これはSteve Jobs氏単独で行なわれるそうで、内容に関しては「見てのお楽しみ」だそうです。

CNET JAPANも、来週開催される「Special Apple Event」で、iMac 2が発表されるかもしれないと伝えていました。そういえば、AppleのSpecial Apple Eventページに使用されているSteve Jobs氏の画像が、大きなTangerineカラーのAppleマークを使用したものに変更されてました。

先日伝えたWestern Digital製HDのリコール問題に関して、MacintoshトラブルニュースがAppleの情報筋の話を掲載していました。それによるとリコール該当製品は10.2 GBだけだそうで、対応策を現在検討中だと伝えていました。

PowerLogix社が今月発売予定のPowerForce G4に添付されているAltiVec Enablerは、Photoshop 5.5をフルでAltivecサポートし、またMac OS 9、Mac OS 8.6もサポートしていると発表していました。
Apple Store USでPower Mac G4 (AGP Graphics)/500MHzモデルの出荷予定が、最大60日と大幅に短縮された記述に変更されていました。

アップルがQuickTimeページから、映画「シックス・センス」主演のブルース・ウイリス氏の来日記者会見ページにリンクしていました。なお、記者会見の模様は、10/6放送に変更されています。

アップルがMac OS 9に関する情報を公開していました。

読者のtomoさんによれば、10/2に横浜市都筑区にオープンした大型Mac専門店「ノジマMac駅港北店」で、PowerBook G3 series(Bronze keyboard)/400MHz、333MHzが、ともに数台ずつ、それも10台に近い数が店頭在庫としてディスプレイされていたそうです。また、桟鉢さんからの報告によれば、Power Macintosh G3 (Blue and White)のセール品が大量にあったとの情報も寄せられました。この時期での新店舗は美味しいかもしれませんね。

ZDNet-Jによれば、IBMが7色のカラーバリエーションが用意された、「ThinkPad i-Series 1400」を発表すると伝えていました。黒一色ではなくなってしまうようですね。

簡単な予想してみました、業績発表->Mac OS 9発売->QuickTime TVのアップデート(アップデータ配付開始)->iBookの日本を含めた予約状況と日本での発売発表->Power Mac G4の出荷状況の安定約束と、対応製品リストの更新->iMac (AGP Graphics)の発表->内部アクセスの改善を自ら説明->大幅に向上したサウンド性能の説明->Spatializer Audio Laboratories社とHarman Kardon社の舞台説明->DVDソフトウェアによるデモ->iMovieソフトウェアー発表->USB仕様の更新(対応ドライバー配付開始)->FireWire経由でのネットブートデモ(対応ドライバー配付開始)->既存iMacの値下げ発表->(5色の15TFTの発表?)。で発表されないのは、PowerBook G3 series(Bronze keyboard)高速版、Fortissimo、Mac OS X Server 2.0、Mac OS X Client、ひょっとしてこれらは一言も触れないかもしれない?(皆さんの予想募集中!)

いっせいにFlint Centerに向けて出発!ガンバッテね〜!




.
.dami.gif

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club.
All rights reserved. Site design by BRESTO, Inc.
「Macintoshは米国アップルコンピュータ社の商標です」
GigaHit