October 1999 MACお宝鑑定団 
Mac News Link Mac関連雑誌ライターLink Special
Read me Bench mark History
先週のNews バナー広告募集 counter


株式会社パワー

株式会社IMAGICA

有限会社クワッドエレメンツ

日経MAC

1999/10/30

MacWIRE Onlineに、Mac OS 9に関してアップルMac OS担当プロダクトマネジャーの櫻場浩氏へのインタビューが掲載されていました。結構アグレッシブな質問がいくつかぶつけられていて、面白い内容となっています。最後にDHCP問題に関して聞かれると、どうやらこの問題解決をすることが一番の目標となっていることが理解出来ます。

このDHCP問題に関して、SonicSystems社が発売している「SonicWALL」(日本では住友金属システム開発などから発売)を、ケーブルモデムとMacintoshとの間に挟んで経由させることで解決出来そうだとの情報がよせられています。なぜ、解決するかという詳しいことは、明らかにされていませんが、おそらくDHCPからのアドレス供給を、MacintoshにかわってSonicWALLが行うDHCPクライアント機能のおかげではないか?とのことです。なお、この製品は一番安い物で140,000円もしますので、コンシュマーユーザーへの導入は難しいと思います。

MacWIRE Onlineに、Mac OS 9への主だったソフトウェア対応状況が掲載されていました。StuffIt Deluxe 5.1J、RAM Doubler8、Speed Doubler8、HARD DISK TOOL KIT Ver.2.5.3 日本語版(主だったFWB社製品)などは現在未対応だそうです。

アップルが本日から発売開始されるMac OS 9に関して、Power Macintosh G3 (Blue and White)とiMac (Original)の一部の機種で、「ファームウェアをアップデートしてください」というメッセージが表示される場合があり、その場合、Mac OS 9に付属する「G3 Firmware Update について」または「iMac Firmware Update について」を参照するよう案内を出していました。

メルコ社に続いて、アイ・オー・データ機器社もG3アップグレードカード「PK-G3A400/512」を発表していました。対応機種はPCI Macintoshで、G3/400MHz/512kバックサイドキャッシュ仕様となっており、11月下旬から¥64,800で発売予定だそうです。これでPCマーケット市場における2台アップグレードメーカーが、Macintoshのアップグレード市場に参入したことになります。現在メルコ社製G3/366カードは、実売価格¥49,800で販売されているショップも確認出来ているので、おそらくアイ・オー・データ機器社製のG3カードも、市場では5万円前後となると予想されます。

情報によれば、アップルが販売店に対して、Power Mac G4 の仕様を変更し、新たに追加したPower Mac G4 350MHz/の発売開始日を、11月3日と案内しているようです。Power Mac G4 (AGP Graphics)モデルに関しては、今現在未定のようです。

SoftWindows 98などを扱っていたエムシーパソコン販売が、10月末をもって営業活動を停止し、12月末をもって解散すると発表していました。(Mac Information in ZAQさん情報ありがとね)

eBayで、NeXTStationのPrototypeが競売に出されていました。

パワー社によれば、MacTell社が販売していたFireWire製品「FIREPOWERシリーズ」が、Rantic社に業務移管され、そのRantic社から引き続きFIREPOWERシリーズ製品を提供すると発表していました。

アドビ社が、同社製品に関してのMac OS 9対応状況を案内していました。現在の製品はマルチユーザー機能には対応していないと説明されており、またAdobe Type Manager関連も動作しないと案内していました。

マイクロソフト社がマックトピアで、マイクロソフト社製品に関してのMac OS 9対応状況を更新していました。通常の使用において致命的な問題が発生することはないが、いくつかの制限事項、および使用に際し注意が必要な点が確認出来たそうです。これらの詳細については、11月2日以降に案内するそうです。なお、Outlook Express 5.0 Macintosh Editionに関しては、Mac OS 9用として開発されているので、特に問題はないそうです。

BHA社が、トピックスに「B'sCrewのMac OS 9J対応について」を公開していました。

昨日の朝日新聞に「Nine new surfing hits. Now available on CD.」と言う見出しで、Mac OS 9の全面広告が掲載されていました。(cocoaさん情報ありがとね)

Sonnet Technologies社が、PCI PowerMac用のG4プロセッサ・アップグレードカード「Crescendo G4 PCI」の350 MHz版および400MHz版を、11月1日(米国現地時間)から出荷すると発表していました。プロセッサの数に限りがあるため、当初は限定数の出荷となるそうです。また、PowerMac G3用の「Encore G4」も近日中に出荷開始されるそうです。

Macintoshプログラマを支援する組織MOSAが、12月11、12日にかけて「第6回Macintosh Software Meeting '99」を開催すると発表していました。

明日からSKY PrefectTV!の755ch、コンピューターチャンネルで、総合コンピュータ情報&ショッピング番組、「アキバTVショップ」が放送開始されるそうです。キャスターは高杢禎彦(元チェッカーズ)と我妻佳代(元おにゃんこクラブ)だそうで、秋葉館&秋葉帝の提供によりマックはもちろんすべてのPCの本体、周辺機器、ソフトウェアの最新情報、そしてショッピングが楽しめるそうです。記念すべき第1回の放送では、Power Mac G4/400+ EditDVUnpluggedセットが¥213.000で販売されるなど、様々なお買得情報がいっぱいだそうです。

Sorenson Vision社が、PowerPC G4のVelocityEngineに対応したSorenson Video 2.1を発表していました。2.0ユーザーに対しては無料で提供され、1.0ユーザーには$99で提供されるそうです。

アップルが、Tech Info Library-Jを追加更新していました。

TIL-100349JO:トラブルシューティング : DHCP サーバ参照に伴う、起動時とネットワーク接続の問題について(更新)
TIL-60571JC:Mac OS 9 : PDF ドキュメントを参照する
TIL-60587JN:Mac OS 9 : StyleWriter プリンタドライバの再インストール
TIL-60590JC:Mac OS 9 : iMac Update 1.0 は必要ありません
TIL-60627JC:Mac OS 9 : TCP/IP 接続でのファイル共有は“AppleTalk を使用する”にします
TIL-60629JN:Mac OS 9 : オーディオ CD を再生する際の、機種による違いについて
TIL-60630JN:Mac OS 9 : “モニタ & サウンド”コントロールパネルはどこにありますか?
TIL-60632JC:Mac OS 9 : マルチユーザ設定 - デスクトップファイルの再構築
TIL-60633JN:Mac OS 9 : ソフトウェア・アップデート - アプリケーションが終了できないときのアラートが出ない
TIL-60637JC:Mac OS 9 : マルチユーザ環境 - 特定のソフトウェアが起動できない
TIL-60638JC:Mac OS 9 : 古いプラグインは新しい Sherlock 2 でも利用できますか?
TIL-60639JN:Mac OS 9 : USB 機器用のソフトウェアをインストール後、起動時にフリーズする

Appleが、Hardware Developer Documentationページに、iMac (Slot Loading)ドキュメントHTML版を公開していました。

PC Watchによれば、日本ゲートウェイ社がディスプレイ一体型パソコン「Gateway Neo (89,800円)」と、15.1インチ液晶一体型パソコン「Gateway PROFILE 2 (199,800円〜)」を11月1日より発売すると発表したと伝えていました。またこれら製品には「ゲートウェイネット」と3年間契約を行なうと、パソコン代とゲートウェイネットの接続料金の合計から50,000円の値引が受けられる「スペシャルネットパック (12/31まで)」も発表されたそうです。このサービスとセットとすることで、パソコン本体を39,800円で買えるといった宣伝を展開するようです。

Appleがデベロッパー向けツールとして、ColorSync 3.0 Mac SDKSecurity SDKを配付していました。

アドビ社から、Mac OS 9専用としたアップデータ、Adobe Type Manager Lite用4.5.2インストーラーが配付されていました。

アドビ社から、Mac OS 9とは非対応とした、Adobe Type Reunion 2.5.1アップデータAdobe Type Manager Deluxe 4.5->4.5.1アップデータAdobe Type Manager Lite 4.5->4.5.1アップデータが配付されていました。

ソースネクスト社から、早録MP3 for Macintosh Ver 1.0.1が配付されていました。

ModE社から、PowerTone2.2 for Macintosh 差分アップデータが配付されていました。

フォーカルポイントコンピュータ社が、HotLinkドライバ1.1をアップロードしていました。

AlSoft社から、MasterJuggler 2.0.3 Updateが配付されていました。

FWB社から、Hard Disk ToolKit v3.0.x用の最新デバイスデータファイル、1999/10/29更新分が配付されていました。

Starnine社から、Mac OS 9に対応させるためのアップデータ、WebSTAR Mail 4.0.1 が配付されていました。


Macintosh WIRE

日本で入手が出来ないマインドストーム、テクニック関連商品は、WWTショップへ!

バード電子

有限会社サイバーグルーヴ

1999/10/29

PowerLogix社によれば、Adobe社がPowerPC G4にPhotoshopを最適化するPlug-Inを、2〜3週間のうちにインターネット上で無償配付する事を同意してくれたと伝えていました。また同社のG4アップグレードカードを、7日〜10日後に出荷を開始することも同時に発表していました。

MacWIRE Onlineによれば、アスク社がXLR8のG4プロセッサアップグレードカード「XLR8 350MHz MACh Carrier G4」を11月8日より発売すると発表したと伝えていました。

アップルがPowerBook G3 series(Bronze keyboard)のキーボードを英語版に交換することが出来るサービス「AppleCare Hardware Upgrade Service:PowerBook G3」を行なうと発表していました。価格はApple Store JapanでiMac/Power Macintosh G3向けに提供しているUS keybord/OS Kitと同じ15,000円(OSが付属するかどうかは不明)で、指定のサービスプロバイダーで受付るそうです。

アップルが、ソリューションに、日本オリジナル記事「G4 があれば、あと必要なのはクリエイターの能力だけだ 〜Power Mac G4 を使用したコメント〜」を追加していました。(Apple Cinema Displayってもう出荷されてるの?)

アップルが、映画・ビデオ&アニメーションに、「ダーク・ホールステッド」と「やったね、MOMA!」を、サウンド&ミュージックに、「音楽小僧の Yakuza Tour」を、デザイン&パブリッシングに、「Apple Media Arts Fall 1999」と「Move Over, Speed of Light」を追加していました。

日経MAC.COMによれば、アップルがiMac/350MHzモデルに関して、11月6日から出荷されると発表したと伝えていました。

UselessMacが、Mac OS 9でAdobe Type Managerを使用する上での注意を掲載されていました。ATM 4.5.2 Installerなどを使用する場合に、一定の手順が必要のようです。

トヨタ自動車が運営するインターネットサービス「Gazoo」が、無料会員登録を行なった方の中から抽選で、iBookが10名などに当るキャンペーン(11/15まで)を行なっていました。

act2社が、11月1日から「MacMP3 プレーヤフェイスデザインコンテスト」を開催すると発表していました。応募締め切りは12月15日までとなっており、入賞されたフェイスの作成者の方には、豪華賞品が贈呈されるほか、受賞フェイスをアクト・ツー WEB サイトのフェイスコーナー等で、配布する予定だそうです。また、色々なツールやアップデータが入った「act2ユーティリティ Service Pack 4 (1,000円)」を発売することも発表していました。

アベニューディーが、Appleロゴ入りiWatchの予約受付けを開始していました。11月初旬から中旬の入荷を予定しているそうです。

読者の報告によれば、Outpostで5月に注文した ATI XCLAIM VR 128 に関して、ようやく発送したというメールが届いたそうです。

複数の情報筋からの報告によれば、iBookの供給に関して来月第1週に大量に入荷するとアップルが説明しているようです。ただBlueberryの数が極端に多くなっているらしいという情報も寄せられています。

PowerBook Newsによれば、iMac (Slot Loading)、iBookで問題となっている「DHCPにまるわる内容」は、実はDHCPの仕様が曖昧なために起こっていると指摘していました。

Mac the Knife「失言」によれば、Motorola社が720MHzで動くPowerPC G4のプロトタイプを完成させたようだと伝えていました。また、Apple expo Ukが無くなってしまうかも?といった内容も伝えていました。

Mac OS Rumorsによれば、来年の第2四半期に発表されると予想したiBook rev.Bに関して伝えていました。それによると、Good、Better、Bestの3種類があり、BestはG3/366MHzで、その他はG3/333MHzだそうで、FireWireポートを1つ装備し、グラフィックチップにRAGE 128 Mobilityを搭載していると伝えていました。(信用度はかなり低そうです)

マステック・システムズ・インク社が、USB接続に対応したスリムスキャナ「PLUG-N-SCAN 600&1200CU」に関して、USBインターフェイス標準装備のPower Macintoshに対応し、「CU/WM」シリーズとして発売すると発表していました。

Andrea Electronics社が、iMac、iBookに対応したマイクロフォン付きヘッドフォン「NC Solution NC71」を$39.95で発売すると発表していました。

Appleがデベロッパーテクニカル Q&Aを追加更新していました。

Mac the Fork「Dilemma」が更新されていました。

ASCII 24によれば、レゴ・ジャパン社が、マイクロコンピューターを搭載したレゴブロック製品の「レゴ マインドストーム日本語版」として、「ドロイド キット」と「ロボティクス セット」の2製品を発売すると発表したと伝えていました。11月中旬から特定のショップで先行発売され、来年1月から本格的に発売されるそうです。

With Heart社から、MAC DE 会計 v2.3.7 Updaterが配付されていました。

フォント・トゥー社から、Creative Alliance v.9.0 Mac&Win(英語版)日本語ユーザーマニュアル.pdfが配付されていました。

キヤノン販売から、NetSpot3.71J for Macintoshが配付されていました。

富士ゼロックス社から、DocuPrint 1250/DocuColor 1250/DocuColor 1250CP用 Macintosh PPDファイルが配付されていました。

Interex社から、XLR8 MACh Speed Control v1.4.1、 PowerPack V1.1.0 Softwareが配付されていました。

CE Software社から、QuicKeys 4.1 Updaterが配付されていました。

Symantec社から、Norton AntiVirus 5.0/6.0 for Macintosh用ウイルス定義ファイル 11/'99が配付されていました。

AlSoft社から、DiskWarrior 1.1 Updateが配付されていました。

Digital Origin社から、EditDV 1.6.xをMac OS 9に対応させるためのパッチ、USB enabler v2.0が配付されていました。

Macally社から、Macally iMousePro/iBAllPro 1.2、Macally iStick 1.1.1が配付されていました。

Keyspan社から、Keyspan USB Card Assistant 1.1が配付されていました。

団長の仲間を増やせ第2弾到着、なんとこんどはKEYBOARD付!

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・音楽CD-Rの正しい焼き方/エーアイ出版 ¥2,800(4-87193-724-0)
・Hello! iBook/宝島社 ¥752(4-7966-1615-2)


株式会社 マックサポート

マーキュリー・ソフトウェア・ジャパン

digitalians.com

1999/10/28

Apple Store Japanに注文したMac OS 9に関してのメールが送られてきて、10月29日頃に届くとの連絡がありました。ただ、「Mac OS 9 については発売日以降のお届けとなります。」との記述があり、実際の出荷は30日以降となるような感じです。

MacWIRE Onlineによれば、Aladdin Systems社が、StuffIt DeluxeをMac OS 9対応にするアップデートに取り組んでいると、AladdinのMarcom Specialist Nicole Rowland氏が語ったと伝えていました。これは、Mac OS 9 CDに付属する「StuffIt Engine」の事ではなく、アプリケーション本体がまだ未対応ということだそうです。

MacWIRE Onlineに、Apple expo Parisの仕掛人Apple FranceのJean Pierre Giannetti氏へのインタビューを行なっていました。そのインタビュアーとして、元アップルのマーケティング本部副本部長だった外村 仁氏が行なっていました。最後にPeter氏を配置するなんて憎い演出ですね。

アップルが、FireWire対応製品表を更新していました。

AppleがSmall Businessページを公開していました。

デジタルオリジン社が、モバイルビデオ編集を可能にするApple PowerBook G3対応「MotoDV Mobile (75,000円)」を、11月から発売開始すると発表していました。このパッケージには、デジタルオリジン製モバイルIEEE1394 PCカードと、動画取り込みシステムのMotoDVソフトウェア、ビデオ編集ソフトウェアのEditDV Unplugged、静止画取り込みシステムのPhotoDVソフトウェアが付属するそうです。

マーキュリーソフトウェア・ジャパン社が、同社が発売するMac OSのSherlockと同じ技術を使っているi Linerが、Mac OS 9に対応していると案内していました。

HyperCard PARKに読者からの報告として、iBookでHyperCardを動作させると極端に遅くなるという報告が寄せられていました。

Mac OS Rumorsによれば、来年の第2四半期(1月〜3月)にMac OS X Consumerをリリースする準備を行なっているが、Mac OS 9用のMac OS 9.1のリリースは、7月にNew Yorkで開催されるMACWORLD Expo/New York 2000(7/18から開催)で発表されるようだと伝えていました。単なるアップデータとしてではなく、いくつか新しい機能も追加されるそうで、ファイルネームが255文字まで付けられる、新しいCarbonLibの追加、ネットワークをかえしてのマルチユーザー機能のサポート、ファイルレベルでのアクセスコントロール、UMA-2チップセットのサポート、USB & FireWireドライバーのインターネット経由による、自動ドライバーインストール機能の追加、New Sherlock、Nanokernelと Thread Managerに関してマルチプロセッサー環境上でのパフォーマンス向上などが予定されているそうです。どうやらFortissimoがデルタ版として動き出しているようです。

MetaCreations社が、KPT Goo、KPT Gel、KPT Equalizerを含んだ「KPT 6」を発表していました。

ソフトウェア・トゥー社が、Adobe Dynamic Media Collection 日本語版と、Adobe After Effects 4.1 日本語版の発売が、来年1月に延期されたと案内していました。

Appleがデベロッパー向けツールとして配付したMacsBug 6.6に関して、MPLibrary 2.0に関しての記載がされていました。ここには「マルチタスキング・MacsBugはMPタスクのデバッグをサポートされるようになりました。これにはバージョンが2.0もしくはそれ以降のMPLibraryが必要です。」と記されています。なお、MPLibrary 2.0はMac OS 8.6からサポートされています。(Nanko隊員より)

マイクロソフト社が、Outlook Express 5 Macintosh Editionに関するサポート技術情報を公開しはじめていました。(プロダクトIDは「M_OE5」です)

J050692:Outlook Express 5 インストールファイル一覧
J050693:テストドライブについて
J050694:アイコンの変更方法について
J050695:ユーザーの変更にパスワードを設定できない

Appleが、AppleWorks Update for Mac OS Version:5.0.4を配付していました。これはMac OS 9 CD-ROMにも含まれているそうです。

MetaCreations社が、Mac OS 9に対応するためのアップデータとして、Ray Dream 3D 1.0.4 Updaterと、Ray Dream Studio 5.5.1 Updater、Ray Dream Studio 5.0.4 Updaterを配付していました。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・NTT DOCOMO iモードで創るコンテンツ制作ガイド For Win&Mac/NECクリエイティブ ¥1,600(4-87269-135-0)
・Apache Webサーバー Black Book/インプレス販売 ¥2,980(4-8443-1298-7)
・フォトショップの達人7/インプレス販売 ¥1,600(4-8443-5530-9)
・あぶないコンピュータ/ピアソン・エデュケーション ¥3,800(4-89471-141-9)
・アドビフォトショップ実践テクニック 5.5対応版/毎日コミュニケーションズ ¥933(4-8399-0273-9)


イメーション(株)

PDAショップ、Vis-a-Vis(ビザビ)

インフィニシス社

1999/10/27

信頼できる情報筋によれば、来月上旬にもNuBus PowerMacintosh用のG4アップグレードカードが発売されるようです。ただPowerPC 7400のバス設定が最大9倍となっているため、PowerPC 750Lの10倍設定で可能だった400MHzには達しない模様です。(まあ、あんまり意味無いけどね)

Apple Insiderが、Appleが秘かに進めていると噂されるコードネーム「Mystic」と呼ばれているマルチプロセッシングPower Macintoshについての続報を伝えていました。このプロジェクトは極めて真実に近く、Appleから明らかにされる「Next Big Thing」ではないかとも言われているそうで、複数の情報筋からMotorola社がかなりの量のマルチプロセッサーPowerPC G4ボードを用意しており、これはAppleが2000年初頭に出荷する予定だと報じていると伝えていました。さらに内部の情報筋によれば、Appleは2基もしくは4基のG4を搭載したPower Mac G4のモデルを出荷する予定であると伝えてきたそうです。さらに先週の初めに、Appleがシードディベロッパに対して自社のマルチプロセッシングソフトウエアの開発者キット(SDK)をバージョン2.0にメジャーアップグレードしており、これも将来Appleがマルチプロセッサーシステムを用意している、というさらなる証拠となりうると指摘していました。

現行のPowerMac G4製品の遅れの為に、Appleが来年明け早々にこれらの新製品の出荷準備を終えるとは期待できないが、むしろ2月のSeybold Seminarsのカンファレンスもしくはその直後には間に合うだろうとし、情報筋によれば、Mysticは現行のマシンよりも凄まじく処理能力が改善されているのは明らかで(ソフトウェアがこの長所を生かす事ができればの話だが)、またMac OS X Clientと共に出荷される予定らしいと伝えていました。(Nanko隊員より)

アップルが、大塚商会主催による無料の「Power Mac G4 ミレニアムセミナー」を、11月2日から19日にかけて、全国8都市(東京、大阪、名古屋、札幌、福岡、京都、広島、宇都宮)行なうと発表していました。1回20名までの少人数制となっており、事前登録が必要だそうです。

アップルが、Power Mac G4 対応メモリーリストを公開していました。

アップルがMac OS 9発売開始日に行なう予定の「10/30サードパーティデモ&ユーザグループ懇親会 」に関して、事前登録を済ませれば、一般の方でも参加出来るようになったそうです。正式発売後に行なわれる「Mac OS 9」のデモはおそらく初と思われるので、興味のある方は是非参加しましょう。

Appleが10月25日に行なわれた「Apple Demo Days」のレポートを掲載していました。(Mac OS 9 Tシャツがあるのか〜。)

Apple Store Singaporeがオープンしていました。ここに、現在アメリカとカナダ向けに発表されている「Apple Care Protection Plan」が、近日中に開始される告知がされています。ということは日本でも近日中に始まるということかな?またこのオープンに関してロイター通信によるれば、Apple's Asia South operations managing directorであるDarke Sani氏がコメントした中で、台湾地震がApple製品の出荷に少し影響を及ぼしていると説明し、それよりも体験したことがない需要を満たす事を解決するほうが重要だと話したそうです。(なんか、むちゃくちゃ忙しそうです。)

Mobile Mac Users Japanが、iWeek in SEIBU (1999) レポートを掲載していました。

東急ケーブルテレビジョンが、新型iMac、iBook及びMac OS9に関して、付属するOpen Transportに不具合があり、当社のインターネットサービス「@catv(かっとび)」をご利用することができないと案内していました。(姫様情報ありがとね)

アナリストの意見によれば、このOpen Transport 2.5.1にまつわるDHCP問題を解消するためには、リカバリーシステムを使用した場合などでも不具合を解消する必要があるため、iMac、iBook用にCD-ROMによるアップデータの供給を行なうか、Appleがこういった問題に対処するために、アップデータを供給する目的で提供する、無料のアクセスポイントを設置する必要があるだろうと指摘していました。このインターネットにアクセス出来なくなってしまうユーザーに対して、アップデータを提供するためにAppleは、結局コストが一番かからない、雑誌等のCD-ROMにバンドルする方法を選択するだろうとも予想するアナリストの意見も寄せられています。

アルプス電気社が、Adobe PostScript 3に対応したMD-5500用ソフトウェアRIP「Micro Dry RIP 2.5J for MD-5500」を59,800円で発売すると発表していました。

インタウェア社が、PCI Macintosh用G3アップグレードカード「BOOSTER G3 400」を11月下旬から発売すると発表していました。また「PicPom FM/TV」の出荷を開始したとも発表していました。

PowerLogix社がサポート情報として、 G3/G4 Cache Profiler 1.1はMac OS 9に対応していると案内していました。

PC Watchによれば、クエスト社がVST Tchnologies社製 FireWire ハードディスクドライブとZipドライブを11月から発売すると発表していました。ZIPドライブはUSB仕様の製品と比べて、値段がかなり高いですね。

CNET JAPANによれば、アイマック社が同社の所有する特許技術を、AppleのColorSync 3.0が技術侵害をしていると訴えている件で、これを含んでいるMac OS 9を新たに訴訟対象に加えたと伝えていました。

ロジテック社が、Power Mac G4に対応したグラファイトカラーシリーズの「内蔵型MOユニット」および「スケルトンボディのCRTモニタ」を発売すると発表していました。

MacWIRE Onlineによれば、Mactell社が業務を停止すると発表したと伝えていました。同社はより多くの運転資金を獲得しようと努力したが失敗し、これらの試みの失敗により同社理事会が10月22日金曜日に、オペレーションの停止を決断したそうです。

MAQ?MAK?MAC!によれば、Mame for Digitaで Kodak社制デジタルカメラDC265のDigita OS専用のパックマンゲームを配付していると伝えていました。現在DC290用の開発中だそうですが、これらはDC220、DC260ではメモリー容量の制限によって動かず、また同じDigita OSで動作するDimage 1500 EXは、プロセッサーが異なるため、コンパイルが必要となるそうです。

Phase 5社が、Motorola社製のコントローラチップ「MPC 107」の出荷時期が不安定なため、(当初は10月だったが、11月10日に変更され、さらにそれも怪しくなってきて、11月中に出荷されないかもしれないらしい)AMIGA用のPowerPC 7400を使用したG4製品「Cyberstorm」「Blizzard G4」の出荷が未定になったと案内していました。

ASCII 24によれば、SONY社がAIBOのSpecial Edition「ERS-111」を日米および欧州に向けて、12月上旬に1万体発売(前回の2倍)し、その受付を「11月1〜8日」に行なうと発表していました。このERS-111には色が2種類用意されており、6月に発売されたERS-110のマイナーチェンジ(尻尾と耳を変更)したモデルだそうです。また、ERS-111のオリジナル動作を、パソコン上で簡単に作成できるモーションエディターとして、AIBOパフォーマーキット「ERF-511 (Windows版のみ)」も同時に発売されるそうです。

MaicroMat社から、Mac OS 9に対応したTechTool Pro 2.5.2 Updaterが配付されていました。

Castlewood Systems社から、Macintosh ORB Tools v1.23が配付されていました。

KEYSPAN社から、Keyspan USB Twin Serial Adapter software version 1.1.3が配付されていました。

WACOM社から、Macintosh driver 4.50-beta 1が配付されていました。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・インターネットが教育を変える/明治図書 ¥2,360(4-18-261923-4)


フォトディスク・ジャパン株式会社

株式会社ニィス

act2

リンククラブ

1999/10/26

ATI Technologies社が、128bit仕様のノートブック向けグラフィックプロセッサー「RAGE Mobility 128」(コードネーム:M3)を発表していました。メモリーを8M搭載(16MBまで追加拡張可能)、最大表示性能は1600 x 1200で、さらにデュアルディスプレイ表示を可能にしています。最初はモバイルPentiumIII搭載製品に採用される可能性が高そうですが、おそらく次期PowerBook G3 にも採用されると考えられます。

Mac OS 9の発売に関して、今回から30日(土)午前10時からの一斉発売と指定が行なわれた模様です。この案内により、深夜0時発売は無くなったようです。

Sonnet Technologies社が、NuBus 系PowerMacintosh 用、および二次キャッシュスロット装着式のG3 プロセッサ・アップグレードカード「CrescendoG3 」シリーズの一部モデルの設計を変更し、Power Macintosh 6100/AV、Performa 5410 、5420 、PowerBase Tower 、UMAX C500 、UMAX C600 でも使用可能になったと発表していました。

BUG社から、波乗野郎 Version 3.15 for Macintoshがリリースされていました。

OLIOで、Newer Technology社製G3カードが格安で販売されていました。特にMAXPOWR G3-L2B/300MHz/512k/150 (E)の¥34,800は安いと思います。

コレガ社のオンラインショップで、10Base-T/100Base-TX自動認識の8ポートハブ「corega Dual HUB8S」が、特別奉仕品コーナーで¥9,000で発売されていました。iMacのEthernet性能をフルに発揮するためにも、これからは100Base対応を買いましょうね。

アップルが、Tech Info Library-Jを追加更新していました。

TIL-58469JN:iMac (Slot Loading) : DVD ムービーの再生
TIL-22230JN:iMac : “PPP”コントロールパネルの場所について
TIL-58143JN:iMac : iMac CD Update で CD のアクセスランプが点灯しなくなる
TIL-58164JN:iMac : CD を認識しない
TIL-58412JC:iMac : 使用中に断続的に停止する問題を解決する
TIL-58438JN:iBook : 底面にあるバッテリ充電端子について
TIL-58465JN:iMac (Slot Loading) : CD を排出させる方法
TIL-58467JC:iMac (Slot Loading) : VGA ポートに外部ディスプレイを接続する方法
TIL-58471JC:iMac (Slot Loading) : 新機能と従来製品との違い

IBM社が、ケースの色を7色から選ぶことができる「Think Pad i」を年末から発売すると発表したと伝えていました。また来年IBMは、デスクトップPC「Aptiva」のケースにもカラーを導入するそうです。

PC Watchによれば、Intel社が、新型Pentium III 15機種を一斉に発表したと伝えていました。「Coppermine」は最高クロック733MHzで登場するそうです。

Griffin Technology社から、iMate Driver 1.72が配付されていました。

Farallon社から、Fast Ether TX-10/100 PCI Plus Card (PN996-TX)用ドライバー、Fast Ethernet Driver for MacOS 2.1 が配付されていました。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・オブジェクト指向スクリプト言語Ruby/アスキー ¥4,000(4-7561-3254-5)
・LightWave 3Dスーパーテクニック/ソフトバンクパブリッシング ¥3,800(4-7973-0983-0)
・日本オラクル(伝) データベース競争の覇者/ソフトバンクパブリッシング ¥2,300(4-7973-1101-0)


Ken Office

企画室ゆう

Avenue-D

1999/10/25

Appleが新しいサポートプログラム「AppleCare Protection Plan」を発表していました。3年間の期限付きで、ハードウェアーとシステムソフトウェアーに関して、それぞれの担当者宛に、フリーダイヤルによる電話サポート(通常は90日)が受けられ、修理が必要と判断された場合、Apple純正パーツによる修理が受けられるそうです。また、個人診断ソフトとして、Micromat社のTechTools Deluxe(日本ではシステムソフト社から発売中)が貰えるそうです。加入料金はiMacが$149、iBookが$229、PowerBook G3が$299、Power Macintosh G3(ディスプレイを含む)が$249となっており、またAirPort製品はどれでも対象範囲内となっているそうです。

auto-ASCII24で、東京モーターショー1999における、すべての自動車メーカー分、30ブース以上がQuickTime VR画像で掲載されていました。

Micro Connectors社が、Apple USBに対応したフルサイズキーボード「USB MACINTOSH FLAVORED KEYBOARDS」を発売開始していました。

Apple Store USで、AirPort base stationとAirPort cardがオーダー可能になっていました。またSpecial Dealsページで、iMac/333MHzやPower Macintosh G3 (Blue and White)シリーズの修理再生品が販売されていました。

MYSTIC ROOMの「Macintosh TuneUp」が更新されていました。iMac DV、iBookにはプロセッサーダイレクトスロットと思われる痕跡があるそうです。

Macintosh Medicalが、今まで圧縮されていたMac OS ROMファイルが、圧縮されなくなった事で、iMac、PowerBook G3 series用のG3アップグレードカードが動き出しているのでは?と分析されていました。

スター・ビーチコムが、iBookが当るスター・ビーチ開設一周年記念プレゼント!(11/22まで)を行なっていました。

三菱自動車の「MITSUBISHI MOTORS SHOWROOM」で、iBookなどが当るモーターショーアンケート(12/10まで)が行なわれていました。

YAHOO!オークションで、店頭販促用のPower Macintosh G3 (Blue and White)フラグが競売にかけられていました。(おいおい大丈夫?)

マーベルコンピュータ社が、・技術情報「MacOS 8.6での問題点」掲載していました。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・COLOR IMAGE CHART/グラフィック社 ¥1,500(4-7661-1116-8)
・Shade 3Dグラフィック入門/池田書店 ¥2,800(4-262-14161-6)


CValley

アイディ・イーストエンド

MJ SOFT Mac館

パソコン関連書籍宅配便

1999/10/24

信頼出来る情報筋によれば、MACWORLD Expo/San Francisco 2000において、PowerPC G4を複数使用した製品が発表されるようです。また、アップグレードメーカー各社からも、Mac OS Xを睨んだMPプロセッサーカードが発表されるらいしいです。また、すでにインタウェア社が開発していることを公式に認めているiMac用、PowerBook G3 用などのG3アップグレードカードも、いくつかのメーカーから発表されそうです。なお、これら製品の出荷は来年5月以降になりそうです。

Appleが、Mac OS 9を発売開始していました。これに合わせてVersionTrackerMacInTouchなどがMac OS 9 の互換ソフトウェアアップデータ情報を公開していました。

Macintoshトラブルニュースが、Appleが現在公開しているMac OS 9に関するTech Info Library情報を多数紹介していました。

MacWIRE OnlineがMac OS 9日本語版の(GMc版)を使用したレビューを掲載「(1)(2)」していました。

ZD Shopping Newsによれば、日本でMac OS 9が10/30から発売開始されるのを受けて、様々なショップが深夜発売を決行し、またいろいろなイベントが予定されていると伝えていました。ただ、この件に関しては、「中止」するという告知を行なっているショップもあるようですが、現在詳しいことはわかっていません。

シンガポールのComputerTimesが、Power Macintosh G3で、サードパーティー製G4アップグレードカードが動作しない事に関して、Appleユs worldwide product marketing senior directorであるDavid Moody,氏が、これをAppleが故意におこなったことだと認めたと伝えていました。その理由について、Moody氏は「 Macintosh G3に、並外れた性能のプロセッサーカードを使用した場合においての安定性の問題を心配した結果。」だと説明したそうです。また「ユーザーの中には、アップグレードを可能にした製品を使用する場合があるかもしれないが、それらについてのサポートを行なうつもりはない。」とも述べたと伝えていました。これは、暗にサードパーティー製のROMパスによるG4カードを認めていると推測出来ます。

BotomLineが、iMac DVとCanon製DVビデオカメラ「Canon Ultra」をセットにして、$1,999で販売していました。(こうじゃなきゃ意味ないでしょ?)

トヨタ自動車社が、QuickTime VRをふんだんに使用した「IT'S MOTORSHOW TIME!」を公開していました。またブースでiBookを使用しているSaturn Japanも、QuickTimeを使用した「Tokyo Motor Show Special Contents」を公開していました。(Mac's Cafeさん情報ありがとね)

アップルが、Macintosh Gallery、TV & Movieを更新していました。

MacGameNews.comによれば、Westlake Interactive社とAspyr Media社が、Tomb Raider IIIデモ版を公開していると伝えていました。

CNET JAPANによれば、Intel社製New Pentium IIIプロセッサー400、450、500MHzの「Coppermine」(256kキャッシュをプロセッサーと統合し、133MHzフロントサイドバスを採用している。またこれは0.18μm製造される。ただし、Geyservilleの見送りや、820チップセットが遅れているなどの問題が指摘されている)を搭載し、100MHzバスマザーを採用した、ノートパソコンが来週各社から発売開始されると伝えていました。(Appleはこれに追撃するわけね)

Adobe社からMac OS 9に対応させるためのアップデータとして、Adobe Type Reunion Deluxe 2.5.2Adobe Type Manager Deluxe 4.5.2Adobe Type Manager 4.5.2を配付していました。なお、これらは各国語版対応だそうです。

Dantz Development社から、日本語版を含めたRetrospect Express 4.1E (Mac) Updaterが配付されていました。

11月第1週、暫定的に開始。




.
.dami.gif

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club.
All rights reserved. Site design by BRESTO, Inc.
「Macintoshは米国アップルコンピュータ社の商標です」
GigaHit