November 1999 MACお宝鑑定団 
Mac News Link Mac関連雑誌ライターLink Special
Read me Bench mark History
先週のNews バナー広告募集 counter


全日本Mac系大忘年会
(12/10まで参加者募集中!)
Mac OS 9 情報更新中!!(11/27更新)

Macintosh WIRE

日本で入手が出来ないマインドストーム、テクニック関連商品は、WWTショップへ!

バード電子

有限会社サイバーグルーヴ

1999/11/27

Macnews.deによれば、AppleがPower Mac G4 (PCI Graphics)/350MHzモデルがPower Mac G4 (AGP Graphics)/350MHzモデルに置き換わるようだと伝えていました。これは新しいモデルとしてではなく、「サイレント・アップデート」という形になり、Appleがこの方針を決めた理由として、同じ価格なら顧客が新しいマザーボードのモデルを要求するだろうと考えているからだと伝えていました。(岩居さん情報ありがとね)

ソフトウェア・トゥー社が「EXTENSIS Portfolio 4.0J」をお使いの方、またはこれから購入を検討されている方を対象に、PortfolioとDVD-RAMドライブを使った活用事例を「EXTENSIS Portfolio & DVD-RAM活用モニター募集」(12/20まで)と題し、モニターを募集すると発表していました。

マーキュリーソフトウェアジャパン社が、クリスマスワゴンセールを行なっていました。

ニョロCLUBが、2000年1月末までに登録された方、またはニョロCLUB登録者を紹介した方の中から抽選で、iBOOKが当るCLUBオープニングイベント!を行なっていました。

MY DIRECTORYで、iBookなどが当るボーナスキャンペーン(12/16まで)を行なわれていました。

先月メディアヴィジョン社が、来年の1月14日より「Painter 6J」を発売すると発表していましたが、どうやらちゃんとアメリカと同じ缶パッケージになるようです。(懐かしいな〜)

マックトピアの連載記事、日本花子の iMac 日記 i Diary 第 8 回と、シリーズ連載されている女はメールをこう使う !わたしたちの E メール活用法を大公開 !!に「プライベートではどうですか ?」がそれぞれ更新されていました。

アップルが、デザイン&グラフィックスに、「パルプ・フィクション」を追加していました。

アップルが、Apple Store-in-Store店舗リストに詳細情報を追加していました。具体的には、各ショップのリンクを押すと、店舗内の様子や地図などが掲載されています。このリストを見て気が付いたのですが、どうやらアップルはこれら店舗のオープン日を「11月19日」に合わせたかったとうですね。

メルコ社がBUFFALOブランドから、PowerPC750 466MHz搭載のG3用CPUアクセラレータ「HG3-G3466(99,800円)」、USB接続対応スケルトンハブ「UHB-Sシリーズ(4,800円〜)」、ポータブル・ハードディスクのFireWire対応「DPN-FW6G/A(49,500円)」とUSB対応「DPN-6GUSB/A(49,500円)」、Windows、Mac両対応のUSB接続MOドライブ「MOU-640(47,800円)」、Mac用CD-RW「CDRW-S8432/A (49,500円)」、V.90/K56flex対応PC CARDモデム「IGM-PCM56KH(9,800円)」を発売すると発表していました。

BOTHTEC社が、MacOS対応一覧にMac OS 9を追加更新していました。

フォントワークス社が、MacOS 9への対応USBフロッピーディスクドライブ 対応状況を更新していました。

キヤノン販売が、MEET THE Wonder BJ-(Q&A)に、Macintosh用プリンタドライバは、MacOS 9へ対応していますかと、Macintosh用スキャナドライバは、MacOS9へ対応していますかを追加更新していました。

日本ポラロイド社が、FilmRecorderFilmScanerKensington製品DeltaGraphCanvas に関するNew G3/G4/Mac OS9に関しての対応状況を公開していました。

日本サイテックス社が、EverSmartスキャナのG4/G3Mac対応についての案内を行なっていました。

アップグレードスタッフ日本語版がThanks Giving セール!として、Newer Technology社製のPCI Macintosh用 G3アップグレードカード、MAXpowr G3 400/1M/200 $425、MAXpowr G3 300/1M/200 $315で期間限定販売していました。

コーシングラフィックシステムズ社が、1999年11月29日(月)〜2000年1月23日(日)までの8週間、「年末年始大トトマック祭」を行なうと告知していました。

学習研究社から発売されている「GetNavi 1月号」で、「今,マッキントッシュが楽しい秘密(わけ)」というMacの特集が11ページに渡って掲載されていました。(Nanko隊員より)

Mac Fan Beginners 1月号に、フォントに関する特集記事「知れば得するフォントの話 」が掲載されていました。そもそもATMコントロールパネルとは何のか?など読んで損は無いと思います。

ASCII DOS/V ISSUE1月号に、iMac の写真に×があり「オレは透けない!」と書かれたシールがおまけで付いてました。(佐藤さん情報ありがとね)

9月17日付け郵政省発表「2.4GHz帯小電力データ通信システムの高度化に関する規定の整備」に係る「2.4GHz帯(2,400〜2,497MHz)の小電力データ通信システムの高度化に係る無線設備規則等の一部を改正する省令」3件は10月8日に公布・施行されていました。(吉田さん情報ありがとね)

ポラロイド社から、Canvas6 ver6.0.1J Updaterが配付されていました。

ExpressionTools社が、Shade Professional R3 for Macintosh REV.11eアップデータShade Personal R3 for Macintosh REV.11eアップデータShade Personal R3 for Macintosh REV.11eアップデータiShade for Macintosh REV.11eアップデータを配付していました。

ロジテック社から、LST-130 LFD-31U Driver Ver 1.2.3が配付されていました。

セイコーエプソン社から、PM-3300C Macintoshドライバ Driver Ver.6.20JPM-760C Macintoshドライバ Driver Ver.6.21JPM-800C Macintoshドライバ Driver Ver.6.20JGT-7600 Macintosh SCSI接続用 EPSONTWAIN Rev.4.0aGT-7600 Macintosh USB接続用 EPSONTWAIN Rev.4.0b、が配付されていました。

新潟キヤノテック社から、NetHawkシリーズMacintosh用LASER SHOTドライバ、NetHawk Network Driver Ver.4.6.1NetHawk SP-LS III Ver.4.6.1NetHawk USB-LS Ver.4.6.1NetHawk SP-Lite III Ver.4.6.1が配付されていました。

キヤノン販売から、Canon QuickDraw LIPS4 Printer Driver for Macintosh Version 2.50NetSpot3.80J for Macintoshが配付されていました。

沖データ社からMac OS 9での動作確認が完了した、MICROLINE PSシリーズ PS3 プリンタドライバ&ユーティリティ Ver.8.5.22MICROLINE 8c PS3プリンタドライバ& ユーティリティ Ver.8.5.2MICROLINE 8cV PS3プリンタドライバ& ユーティリティVer.8.5.22MICROLINE 4wプリンタドライバ Ver.2.10MICROLINE 8wプリンタドライバ Ver.2.10MICROLINE 400CL プリンタドライバ Ver.2.10MICROLINE 600CL プリンタドライバ Ver.2.10MICROLINE 620CL プリンタドライバ Ver.2.10MICROLINE 640CL プリンタドライバ Ver.2.10MICROLINE 12n プリンタドライバ Ver.2.10MICROLINE 24DXn プリンタドライバ Ver.2.10MICROLINE うきうきキット プリンタドライバ Ver.2.10が配付されていました。

ノヴァテック社から、DeBabelizer Ver3.0.2J Tim修正 & JPEG V6 & GIF アップデータコードファイルが配付されていました。

Pole Position Software社から、iDock Installer version 1.1b4が配付されていました。

本日夜、団長が名古屋上陸との噂あり、お相手が出来る方は集合。それと、MDR家はお泊まりで迎える準備を整えておかれたし。


イメーション(株)

PDAショップ、Vis-a-Vis(ビザビ)

企画室ゆう

1999/11/26

MacWIRE Onlineによれば、SunのウェブトップおよびアプリケーションソフトウェアグループマーケティングマネジャーであるLisa Carnochan氏が、StarOfficeの次期バージョンとなる「StarOffice 5.2」に間に合うようMac版の開発を開始したことを明らかにしたと伝えていました。

ASCII 24によれば、TDK社がMacintosh対応の、iBookカラー仕様のポータブルCD-R/RWドライブ「PCD446U」シリーズを、12月3日から59,800円で発売すると発表したと伝えていました。(かずはまさん情報ありがとね)

アライドテレシス社が、複数のLANセグメントをブリッジ接続する2.4GHz帯スペクトラム拡散方式の無線LANシステム「CentreCOM WR11」を、11月29日から98,000円で発売すると発表していました。最大で屋内40m/屋外200mまでの無線通信が可能で、さらにオプションの外部アンテナを使用することで最大1kmまで通信距離を延ばせるそうです。また、NOSに依存しないためWindows、NetWare、AppleTalk、UNIX環境にもスムーズに導入可能だそうです。ちなみにプレスには「カードタイプの無線LANと違い、ドライバーソフトも不要」とわざわざ書かれてありました。

act2社が、Mac OS を強化するユーティリティ集 ACTION Utilitiesを、初回3,000本限定で、キャンペーン特価12,800円(通常価格16,800円)で発売すると発表していました。

プロテックK’S社が、i・chairシリーズにBondi Blueバージョンを追加発表していました。

ハックベリーが、プレイステーション用パチンコ実機シミュレーションゲームソフト「パチってちょんまげ」の発売を記念して、iBookなどが当る「パチってちょんまげ あっぱれAPPAREキャンペーン」(1/31まで)を行なっていました。なお、応募はハガキになります。

Jside.comが、会員登録(無料)された方から抽選で、Power Mac G4などが当るプレゼントキャンペーン(11/30まで)を行なっていました。

GALA Search!が、GALA URL NEWS 通算120号、購読者25,000名突破を記念して、iMac プレゼント(12/31まで)を行なっていました。

ベンチマークページに、Power Mac G4 (PCI Graphics)/350MHzを追加しました。(川口さんデータありがとね)

キープランニング社が、12/2、12/3にファイルメーカーPro5 を使った、中・上級者向きの講習会「Advanced course for ファイルメーカーPro5 」を開催(有料)すると発表していました。

ファクトリー社が、11月1日にオンラインショッピングにて先行発売した「Factory's FileMaker Plug-in(Mac版)」が、本日よりパッケージ版として店頭販売を開始したと発表していました。

NIKON社が、プロフェッショナルユーザー向けのデジタルカメラ 「D1」に関して、製品番号5003534以前の日本国内で販売された製品の一部に不具合が確認され、これに解消するため各サービスセンター、サービスステーションで対応すると案内を出していました。

白夜書房の「パチンコ必勝ガイドCD-ROM」に、QuickTime 4インストーラーが添付されていました。

先日アップルが発表したApple Store-in-Storeに関して、アップルがこれら展示セットの導入をショップに対して行なった後、それを店がパッケージとして買い取る仕組みになっているらしいです。

アップルが、Macintosh GalleryページのTV & Movieを更新していました。

アップルがiMovie対応カメラリストを更新していました。確かSONYのDCR-PC1が以前あったような気もするのですが、今回更新されたリストには入っていないようです。そのかわりDCR-PC3(会長所有機種^^;)が加わっています。なお、アメリカのページには、日本のページでリストに入っていない機種(日本で発売されている同等製品)が含まれています。

Appleがクリスマスシーズン商戦に向けた「プレゼントにいかが?」ページを公開していました。

アップルがTechInfoLibrary-Jを更新していました。

TIL-43032JN:トラブル克服ハンドブック : アップルへのお問い合わせ
TIL-43033JN:トラブル克服ハンドブック : コンピュータに付属のソフトウェアを再インストールする
TIL-43034JN:トラブル克服ハンドブック : 新規インストール
TIL-43035JN:トラブル克服ハンドブック : インストール時のトラブル
TIL-43036JN:トラブル克服ハンドブック : アプリケーションやオリジナルのソフトウェアを個別に再インストールする
TIL-43037JN:トラブル克服ハンドブック : ハードディスクのテストと修復
TIL-43038JN:トラブル克服ハンドブック : CD から起動する
TIL-60493JN:Mac OS 9 : インストール前、またはインストール中のトラブルシューティング
TIL-60662JN:Mac OS 9 : CD から起動すると、ハードディスクが認識できないというメッセージが表示される
TIL-60654JN:Mac OS 9 : USB アダプタカードのサポート
TIL-58449JN:PowerBook G3 Series (Bronze keyboard) : 放電が進んでしまったバッテリを復活させる
TIL-58489JN:iMac : Mac OS ROM をダウングレードすると起動に失敗する
TIL-24627JN:Mac OS 8.5 : タイムサーバ同期機能が動作しない

J&Pで11月3日に行なわれたエプソン、キヤノン、ヒューレット・パッカードによる「三大メーカー対決、プリンターバトル」のレポートが掲載されていました。Macを使用したデモではなかったようですが、結構面白いと思います。(鈴木さん情報ありがとね)

SONY独が、IEEE1394接続に対応したプロ向けデジタルカメラ「DKC-FP3」を発表していました。あまり詳しくはわからないのですが、どうやら日本で発売されている「DSC-D770」のマイナーチェンジモデルみたいです。

CNET JAPANによれば、SGI社がVisualWorkstationシリーズのうち320と540の製造計画を中止したと伝えていました。

マイクロソフト社が、Microsoft Windows 2000日本語版を、2000年2月18日から発売すると発表していました。どうやら日米同時発売となるようです。

ラトックシステム社が、100BASE-TX/10BASE-T LAN CardBus PCカード用として、REX-CB81シリーズ 用ドライバアップデート、(991115)REX-CB80シリーズ 用ドライバアップデート(19991115)を配付していました。

NEC社が、AtermITシリーズ用モデムスクリプトCCLファイル Ver 4.01を配付していました。これは先日発売されたばかりのAtermITX80/ITX70シリーズで発生する不具合を解消するアップデータだそうです。

Microsoft社から、Microsoft Office 98 Macintosh Edition/Mac OS 9 Updaterが配付されていました。Mac OS 9上でExcelとGraphを動作させた時に、フォーマットチャートダイアログがグラフを正確にを表示できない不具合の修正と、USBポートに接続したEpson Stylus 740(日本名Super Colorio PM-770C)で印刷すると「メモリーが足りません」というエラーが出るのを修正したそうです。

FWB Software社から、CD-ROM ToolKit v4.0.1 Updaterが配付されていました。

KENSINGTON社から、MouseWorks 5.31b3 Softwareが配付されていました。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・MacFan PowerMac G4 Special/毎日コミュニケーションズ ¥648(4-8399-0288-7)


フォトディスク・ジャパン株式会社

株式会社ニィス

act2

リンククラブ

1999/11/25

ようやくアップルが、全国34店舗で「Apple Store-in-Store」をオープンしたと発表していました。また、Apple Store-in-Store店舗リストも公開していました。

MacWIRE Onlineによれば、デンノー社がCardBus及び32ビットTYPEIIスロットに対応する「CardBus to USBアダプター」(12,500円)の出荷を開始したと伝えていました。

HOT WIRED JAPANによれば、Mac OS 9のSherlock 2のアルミ風なインターフェイスを取り除く「Sherlock II Winfix」というソフトウェアが、すでに1万5千ものダウンロードを記録しているそうで、Sherlock 2のデザインは結構嫌われていると伝えていました。これちなみに日本語版としたのも配付されています。

読者の羊田さんの報告によると、店頭で予約していたiMac DV SpecialEditionを引き取りにいったところ、Mac OS 9がプリインストールされていたそうです。どうやら今回入荷分から全てMac OS 9版となっているようです。

Symantec社が、Mac製品専門ページを公開していました。

日経エレクトロニクスによれば、QPS社がQue! DriveシリーズにFireWire接続に対応した「QPS Que! Fire Drive」を$399で発売開始したと伝えていました。

バーテックス リンク社が、Sigma Designs社製のPCI DVD/MPEG2再生カード「REALmagic Hollywood Plus for Macintosh」を、11月30日から39,800円で発売すると発表していました。

オリオで、Sonnet Technologies社製のG3/G4アップグレードカードが大幅値下げされていました。CrescendoG3 500MHz/1MB/250 forPCI-Mac ¥79,800といった価格となっており、これらは12月7日から出荷される予定だそうです。

MacInTouchによれば、IBMの音声認識ソフト「ViaVoice for Macintosh」が、クリスマスシーズン頃に$100以下で発売されるようだと伝えていました。(でも英語版だけなんだよね)

Mac OS Rumorsによれば、来年2月7日から開催される半導体関連の国際学会ISSCC 2000において、Motorola社が、プロセッサー内に256kB L2キャシュを内包した780MHzのPowerPC G4プロセッサーの発表を行なうと掲載されていると伝えていました。その下にはIBMが64bitバージョンのPowerPC 1GHzを発表することも記されています。

日経MAC.COMが、バイヤーズガイドとしてカラー・インクジェット・プリンター特集を掲載していました。日経MAC.COMのお薦めはエプソンのPM-800Cと日本ヒューレット・パッカード社のDeskJet970Cxiだそうです。

ディムスドライブで、iMacなどが当るef+DIMSDRIVE 特別企画デジタルアンケート(12/24まで)が行なわれていました。

マガジンハウスの雑誌「Tarzan 317号」の表紙に、スペシャルペイントが施されたiMacが掲載されていました。(こちらiBook情報局さん情報ありがとね)

講談社の女性雑誌「FRaU 12月14日号」(¥480)に今回付録としてCD-ROMが付き、それにQuickTime 4インストーラーが入っていました。(福嶋さん情報ありがとね)

講談社BOOKCLUB-NetBoxで、えほん作家のぶみの「ぼくとなべお」の作品に登場する「なべお」がスクリーンセーバー(350円)になっていました。

Appleがデベロッパー向けTechnotesにTN1191: USB Software Update、TN1190: Power Manager 2.0、TN1189: The Monster Disk Driver Technoteを追加更新していました。ソフトウェア・アップデート機能からUSBドライバーをインストールさせる場合、事前にデベロッパーがUSBEditorページからUSB Vendor IDの登録を行なう必要があるそうです。

Appleがデベロッパー向けのTechnical Q&Asに、fl13-PBLockRange with a zero-length range、ov 02-Are there any OSStatus values I can use in my programs?を追加していました。

シャープ社が、スケルトンバージョンのインターネットビューカム「VN-EZ3」を発表していました。ですが相変わらずMacでは使用出来ないようです。

セイコーエプソン社から、、GT-7600/6600に添付される「Personal Color Copy Ver1.0*LE」を1.12LEにバージョンアップするアップデータ、Personal Color Copy Updateプログラムが配付されていました。(義兄弟@「新し物好き」のダウンロ〜ドより)

Sonnet Technologies社から、Crescendo Installer Version:1.4Metronome Version: v1.4が配付されていました。

Keyspan社が、MAC Keyspan Digital Media Remote MAC software version 1.2を配付していました。

3Dfx社が、Voodoo3、Voodoo2用ドライバーとして、Voodoo3 1.0b9と、Voodoo2 1.0b3を配付していました。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・大人のためのパソコン絵画入門 Vol.1/アゴスト ¥1,900(4-901054-39-2)
・技あり! MacOS9/オーム社 ¥1,200(4-274-06343-7)
・ICQで仲間を探そう!/ソシム ¥1,800(4-88337-098-4)
・インターネットビジネス白書2000/ソフトバンクパブリッシング ¥2,800(4-7973-0976-8)


株式会社 マーベルコンピュータ

デジータダイレクト

Dantz Retrospect Expressバナー(SOFTWARE Too)

1999/11/24

AppleがPC Dataによる10月のハードウェア・レポートにおいて、iBookがコンシュマーポータブルとしてもっとも良く売れた製品だったと報告されたと発表していました。また、アメリカポータブルコンピュータ市場においてAppleは11%のシェアを獲得したことも合わせて報告していました。

Macintoshトラブルニュースが数回に渡って伝えていた USB マウスのファームウェア問題に関して、それに関する内容がTIL-25066で案内されたと伝えていました。このApple USB Mouseの一部製品のファームウェアによるトラブルに関してアメリカでは交換による対応が行なわれているそうです。でも日本ではまだ対応未定だそうです。

メルコ社が、PCI Macintosh用のG3アップグレードカードに、バックサイド・キャッシュ512KBの「HG3-PM366LC」を追加発表していました。なお、最初に発表された「HG3-PM366」は、ユーティリティーの仕様変更によって、バックサイド・キャッシュが1MBに変更されています。(まぎらわしいですね)

Deneva Software社が、Canvas 7の出荷を開始していました。

Mac the Knife「いたずらか契約か」によれば、Steve Jobs氏がソフトウェアなどに開発者クレジット名を今後含まないことに決めたというメモを社員に送ったらしいです。そのメモの内容には「多くのApple製品には、その開発に貢献した人物を称える『クレジット』が含まれている。このようなクレジットのほとんどはソフトウェアアプリケーションに見受けられるが、ドキュメントやハードウェアデザインなどにも書き込まれている。残念なことに、これらのクレジットには、われわれの製品の開発に貢献したすべての人々の名前が含まれているわけではない。たとえば、ある製品のインフラのプロジェクトに携わった従業員は、非常に重要な貢献をしているにもかかわらず、クレジットに名前が出ている従業員と同じレベルの評価を受けることはない。しかも、クレジットにある名前のリストはまちがっていることが多く、重要な貢献をした人物が抜けていたり、現行製品にはほとんど無関係な過去の貢献者の名前が残っていたりする。われわれが毎年リリースする、ひと握りのハードウェアやソフトウェア製品には、数千人の人々が貢献しているというのが事実だ。したがって、個々の製品に正確なクレジットを入れるとすれば、非常に長いものになる。現在の状態は明らかに不公平だ。これを改善するため、われわれは製品に個人名を含むクレジットを入れないという方針を採用することに決めた。したがって、今後は、イースターエッグのような隠されたものも含め、製品に貢献者の名前を書き込むことを禁止する。そのかわりに、製品にはすべて、Appleによって開発されたものであることを適切な方法で表示することとする。この新しい方針により、われわれの製品は、多くの人々の努力の結晶であることが明確になり、Appleでの仕事にわれわれ全員が同じプライドを持てるようになる。」と書かれているらしいです。また、MACROMEDIA社がFlash 5の開発がおおずめをむかえているようだとも伝えていました。

MacInTouchが読者の報告として、Quark社がCD-ROMでQuark Express 4.1 Updataを配付していると伝えていました。

MacSpeedZoneによれば、Cyberian OutpostXL8 G3アップグレードのうち、XLR8 MACh Carrier G3/500/250/1MBが$849、XLR8 MACh Speed G3Z/500/250/1MBが$779へと値下げされ、プライスと性能との比較において、もっともコストパフォーマンスが高い製品となったと伝えていました。

ベンチマークページに、Newer Technology社のMAXpowr G3-L2 300/1M/200を追加しました。(横溝さんデータありがとね)

アクサ生命保険が、iBookなどが当るプレゼントアンケートキャンペーン(12/20まで)を行なっていました。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・PiXELS:3Dオフィシャルガイド/IDGジャパン ¥2,850(4-87280-397-3)
・BeOSファイルシステム/オーム社 ¥3,800(4-274-07887-6)
・イラスト・図解 液晶のしくみがわかる本/技術評論社 ¥1,380(4-7741-0882-0)
・建築・土木ソフト購入ガイド 2000年版/日経BP出版センター ¥2,800(4-8222-2404-X)


CValley

アイディ・イーストエンド

MJ SOFT Mac館

パソコン関連書籍宅配便

1999/11/23

Apple Store Japanで、Power Mac G4 (AGP Graphics)のオプション「AirPort Card」が注文出来るようになっていました。ただiBookやiMac (Slot Loading)では今だ注文出来ません。なぜ?

昨日気がついたのですが、アップルのQuickTime 4のストリーミングチャンネルページから、7月にQuickTime 4日本語版が公開された時にはあったSony Music Online Japanページが、無くなっていました。でもSony Music Onlineでは、アーティストのビデオクリップなどは、今でもQuickTime 4バージョンが使用(RealPlayer G2と併用ですが)されています。

Appleが、同社上級役員のオフィシャルフォトデータを、一部変更していました。変更されたのは、Steve JobsJon Rubinsteinの2名のようです。

大塚商会が、1999年12月3日、4日に、大阪駅前 大阪第一生命ビル19階グリーンフィールズにおいて「Mac Solution Circus'99 in Kansai」を行なうと告知していました。

PowerBook100's World NewsMacFixItの伝えた内容として、、Norton Utilities for Macintosh v5などに新しく追加された「LiveUpdate機能」に関して、ダウンロードしたアップデータは自動的に削除されてしまうが、LiveUpdate開始前にシステムフォルダの初期設定フォルダにある「LiveUpdate Preferences」フォルダを開いておき、ダウンロード終了後に複製を作ることでバックアップを取ることが出来ると掲載していました。

MacWIRE Onlineによれば、メディアヴィジョン社がMetaCreations社のBryce 4、Poser 4、Canomaをセットにした「3D Suite日本語版 version 4」を、12月17日より115,000円で発売すると発表したと伝えていました。

iomega社が、Zip 250USB/PCMCIAドライブ(日本語版)の発売を記念して、iBookなどが当るアンケートプレゼントキャンペーンを行なっていました。

Image & Measurement社が、Life Forms LE V3.5 / Studio V3.5バージョンアップの案内と、Commotion USBドングル交換方法を案内していました。

インタウェア社が、MotionCamMotionCapDigital BluePicPom FM/TVの対応機種を更新していました

AppleがTechInfoLibrary-Jを追加更新していました。

TIL-58145JC:Mac OS : RAM ディスクを使用不可にできない(更新)
TIL-58392JC:PowerBook G3 Series (Bronze keyboard) : S ビデオに関する質問と答え(FAQ)(更新)
TIL-60555JN:Mac OS 9 : マルチユーザ - 所有者の名前またはパスワードの変更
TIL-17997JN:Apple Scanner : よくお問い合わせいただく質問(FAQ)
TIL-6859JN:Mac OS : ファイル共有の使用方法

PC Watchに山田@デジカメ王による、日本未発売COMDEXデジカメレポートが掲載されていました。(アメリカでは、でかくても小型と言うんだろうな〜)

インタウェア社が、VizItUniversal Ver2.0.1(β版)を配付していました。


株式会社パワー

株式会社IMAGICA

有限会社クワッドエレメンツ

Avenue-D

1999/11/22

UselessMacに「全日本Mac系大忘年会」のお知らせが掲載されていました。開催日は12月18日(土)三香園を占拠して行なわれるそうです。参加を希望される方は12月10日 0:00までに事前申込みを行なって下さいとのことです。

Sonnet Technologies社が、G4アプグレードカードの値下げを発表していました。$100〜$200も値下げされています。

・Encore G4 400/1M $799.95
・Crescendo G4/PCI 400/1M $799.95
・Crescendo G4/PCI 350/1M $599.95

TERO氏の報告によると、AirPort BaseStationとiBookとで、ワイアレス接続を使用した場合それぞれの距離が大きくなるほど回線状況が低下し、その影響でデータ転送速度が低くなる「ことがある」そうです(転送がとぎれがちになる)。また回線品質の状態を表すゲージは、どんなにがんばっても最高80%までしか届かないそうです。

Appleがデベロッパーページに「World Wide Developer Conference 2000」の告知を小さく掲載していました。来年、5月15日〜19日にかけてSan Joseで行なわれるそうです。

AppleがQuickTime 4 Movie Trailersページに、トムクルーズ主演のMission Impossible 2を特別公開していました。

AppleがHotNewsページに、来年2月7日〜11日かけて行なわれる「Seybold Seminars Boston 2000」へのリンクが掲載されていました。ですが、現在出展社リストの中にはAppleの名前がなく、当然基調講演者リストにもAppleの名前はありません?

1999 Best of What's Newコンピュータ&ソフトウェア部門でiBookとPower Mac G4が選ばれていました。なお、この部門の大賞はNEC社の「Z1(日本未発表製品)」が受賞していました。

TDK社がMacでも使用することが出来るVJソフト「VJ LiQuid Effect」を、12月2日から6,500円で発売すると発表していました。

オークションサイトON SALEが、アップル関連製品のオークション&クイックバイを開始していました。

MAC LIFE 12月号にDVD特集記事が掲載されていました。その中で松下社へのインタビューが掲載され、iMac DV用などのDVD-ROM Driveは松下寿電子工業社製だと説明されていました。

BRUTUSの特別編集号「Discover design 2」で、アメリカン・デザイン特集が掲載され、iMac (Slot Loading)や、Herman Millerなどが特集されていました。

マガジンハウス社のPOPEYE 11/25号に「パソコンを遊びつくせ!」特集が掲載されていました。ほとんどIntel系しか出てきませんが、その中の「有名人のオススメ最強サイト集」に登場する有名人はほとんどMacユーザーばかりでした(笑)。

北海道帯広のコミュニティーFM局、FM-JAGA(エフエムジャガ)が、今月19日からQuickTime4を使ったLiveStreamingを開始していました。Mac OS X ServerとSorensonBroadcasterを使用した環境で行なっているそうです。

asahi.comのCar & Lifeで、ホスト役に作家の山川健一氏を迎えてMidnight Rock Talkという対談企画が連載開始され、その第1回めのゲストとして、The Alfeeの高見沢俊彦氏が登場していました。その2人の写真には、PowerBook G3 seriesとiMacが登場していました。

富士ゼロックス社から、Jet Wind 600C プリンタドライバ Ver.2.00J、Jet Wind 600C Macintosh用ファームウェアアップデータ Ver.1.0J(Mac USBに対応)、Jet Wind 500C プリンタドライバ Ver.2.00Jが配付されていました。(加藤さん情報ありがとね)

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・実践PC UNIXネットワーク活用術/オーム社 ¥2,900(4-274-07889-2)
・Flash4J アクションスクリプト超活用リファレンス/ソーテック社 ¥2,800(4-88166-082-9)
・iMac&iBookでつくろう! たのしいビジュアルグッズ/ソーテック社 ¥2,000(4-88166-083-7)
・Shadeでつくる3Dモデリングマスター/ソーテック社 ¥2,400(4-88166-081-0)
・365日使える! はがき・カード&イラスト素材集/池田書店 ¥2,000(4-262-16860-3)
・MacFan Special7 MacOS9/毎日コミュニケーションズ ¥933(4-8399-0274-7)


株式会社ピクセラ

株式会社 マックサポート

マーキュリー・ソフトウェア・ジャパン

digitalians.com

1999/11/21

スペインの日刊紙「エル・パイス」の11月18日版に、Steve Wozniakへのインタビューが掲載されていました。現在金銭的に困らない裕福な隠遁生活をおくっているSteve Wozniak氏は、マイクロソフトの独占問題を聞かれ、独占的行動は非難されるべきだとは考えているものの、マイクロソフトに起こっていることには興味がなく、それよりも興味があるのは、インターネットがすべての人のものになること(裕福でも貧しくても)で、そしてASDLがもっとも恵まれない立場の人たちにも使えるようになることだと述べ、「なぜなら、僕たちが生きている現在は、情報がほんの少し遅れて届くだけで不平等がうまれるからなんだ。」と説明したそうです。また、Wozniak氏は4歳若いSteve Jobs氏とAppleを創立した時について触れ「アップルの文化は、背景に非常に高い技術があったから形成されたんだ。安価で、グラフィックやカラー、サウンドやプログラム言語を備えた最初のコンピュータだった。僕たちのビジョンは、個人用のコンピュータであって、けっして企業向けのものじゃなかった。手紙を書くのと同じぐらい簡単なことのために、人々が家でコンピュータを使えるように、っていうのが考えだった」と話し、コンピュータシェアの実に3分の1を占めていた1976年から1981年を思いかえし「機器を在庫している時間はわずか6時間だった。それが成功の基本だった。僕たちはほんとうに、マイクロソフトよりも市場を独占してたんだ。けれど決してそのことを濫用したりはしなかった。というよりは、それを利用することをしらなかったんだ。」と話したそうです。

そしてマイクロソフトの訴訟問題についても触れ「マイクロソフトに対する訴訟がおこされたとき、ニューヨークタイムズが論説を書くように求めてきた。よく考えたあと、マイクロソフトは事実上の独占であり、その支配的地位を濫用してきたと書いた。ところが、そのかわりに、マイクロソフトは革新的だったと置き換えられて発刊されたんだ。たちの悪い冗談に思えたよ。」と話し「僕はだれが罰せられるべきかわからないし、どのように状況を解決できるのか、また、引き起こされた損害をどうすべきかわからない。たとえば、ブラウザーがこういう濫用によって完全に負かされてしまったネットスケープだ。けれどわかっていることは、ほかのビジネスだったら、すでに何人かは監獄行きにになってるだろうってことさ。」と考えを述べています。

そして、Appleが徐々に下降線を辿っていったことに関して聞かれると「コンピュータには問題なかった。問題だったのは戦略だ。Appleは他のハードメーカーにOSをライセンスしたがらなかった。マイクロソフトはこれをした。これでAppleは自社のハードにしかつかえないOSとともに孤立してしまったんだ。僕たちは一番すぐれたOSをもっていた。けれどそれを手に入れるためには、他のハードよりもずっと高価なAppleのハードを買わなければならなかった。これは失敗だったよ。その当時僕たちは、一番優れた技術がかならず勝つと信じるほど無邪気だったのさ。」と自身がAppleを去った1985年当時を振り返ったそうです。そして1991年に、彼の息子のJesseがコンピュータと巡り会い、父親によだれをたらさんばかりに買って欲しいと頼み込んだきたそうで、Woz氏は息子と息子の学校の友達にレッスンをはじめのだそうです。これが後になってだんだん規模が大きくなり、Woz氏が巡回大学を主宰するまでになったのだそうです。「僕はCatsの学校で授業をし、それら以外の子どもたちはここにやってくる。子ども達に授業をする先生達にも教えてるよ」と話し、Appleが創立されたあのガレージは現在、Woz先生による子供向けのコンピュータスクールになっているそうです。

昨日、バイク雑誌「BIG MACHINE 12月号 」にQuickTime4インストーラが収録されている事を伝えましたが、どうやら、アップルはQuickTimeの具体的なソリューションが示されるメディアにはインストーラの収録を許可しているようです。(例えば、太陽とシスコムーンの1stアルバム「Taiyo & Ciscomoon 1」の初回限定CD-EXTRAなど)つまり「コンピュータ系雑誌はインストーラ収録のための付録CD-ROMだから許可されず、バイク雑誌の方は、コンテンツ再生のためのインストーラ収録だから許可された。」と言うことらしいです。(今いちよく理解できないポリシーだな〜?)

アンケートウェブが、ケーブルテレビに関するアンケートを回答された方の名から抽選でiMacが当るアンケートプレゼントキャンペーン(12/12まで)を行なっていました。

MacWIRE Onlineに、英国王立技芸協会学生デザイン賞を受賞した後、British Design and Art Direction (D&AD) の特別講議として行なわれた、AppleのJonathan Ive氏への公開インタビューの内容が掲載されていました。この中で、Ive氏は様々ま開発秘話を披露したようです。

MacWIRE Onlineが、アップルがスタートさせた「SHOP IN SHOP」に関して、実際に導入された店舗の1つ「デオデオ横浜みなとみらい店」のレポートを掲載していました。見てもらえばわかりますが、こういったEXPO風な展示がどんどん増えてゆくことになります。

読者の山本さんの報告によると、Apple Store Japanに注文していたiMac DV SpecialEditionが昨日届き、それにはMac OS 9日本語版がプリンストールされていたそうです。どうやら日本でもMac OS 9バージョンが出荷されはじめたようです。

Newer Technology社が、MAXpowr G4シリーズの価格と、MAXpowr G3シリーズの価格改定を発表していました。また、MAXpowr G3 Carrier Cardに関して、市場がほとんど必要としていなかったとして、生産中止したことも発表していました。

・MAXpowr G4 400/1MB/200 $799
・MAXpowr G4 350/1MB/175 $699

・MAXpowr G3 500/1MB/250 $849
・MAXpowr G3 400/1MB/200 $499
・MAXpowr G3 300/1MB/200 $359
・MAXpowr G3-G3 500/1MB/250 $849
・MAXpowr G3-L2 300/1MB/200 $359
・MAXpowr G3-L2 300/512K/150 $299

ベンチマークページにPower Mac G4 (AGP Graphics)/450MHz計測データと、Power Mac G4 (AGP Graphics)/400MHz計測データを追加しました。(白銀法師さん、阿部さんデータありがとね)なお、MACお宝鑑定団では、Power Mac G4 (PCI Graphics)/350MHzモデルのベンチマークデータを募集しております。

ベンチマークページにインタウェア社製PowerBook2400用G3カード、BOOSTER PB2400 G3 400計測データを追加しました。(川津さんデータありがとね)

FriendTech Computer社が、PCI Macintosh用G3アップグレードカード「PowerLeap PL-G3」とZIFソケット用G3アップグレードカード「PowerLeap PL-G3/Z」を出荷開始すると発表していました。プロセッサーのラインナップは300MHz、333MHz、350MHz、366MHz、400MHz、466MHz、500MHzが用意されており、後にPowerPC G4プロセッサーを採用した製品も登場するようです。なお、この製品はアイ・オー・データ機器から「PK-G3A400/512」として発売されています。

MACWORLD Expo/San Francisco 2000ページで、開催期間中におこなわれるカンファレンススケジュールが発表されていました。

中古マック価格速報が、11月20日付の相場情報を公開していました。

AppleがTIL-31136で、PowerBook G3 series(Bronze keyboard)で確認されていたSCSI Disk ModeでID番号が2番から変更出来ない問題は、Mac OS 9を使用することで解決されると説明されていました。

AppleがTIL-58524で、iBookでMac OS 9 CD-ROMからの起動を行なった場合、メモリーが32MBしかない場合はネットワーク機能を使用することは出来ないと説明されていました。メモリーを64MB以上に増やすか、Mac OS 8.6 CD-ROMを使用するかをすれば、使用可能になるそうです。

Appleから、AppleShare IP Registry Version:6.3.1が配付されていました。

コルグ社から、1212 I/O System & Utility Ver.1.31. for Macが配付されていました。(「新し物好き」のダウンロ〜ドより)

電机本舗社が、Macintosh版 携帯ほいほい Ver4.0.5本体のみアップデータを配付していました。

Castlewood社から、Macintosh ORB Tools v1.26が配付されていました。

MAXON Computer社から、CINEMA 4D GO V5.21、CINEMA 4D SE V5.20、CINEMA 4D XL V5.30、CINEMA 4D NET V5.30 Updaterが配付されていました。

Pole Position Software社から、NewMotions社製iDock、Mini-iDock.用ドライバー、iDock 1.1b3が配付されていました。

電脳インターネットランド開催中!ライブチェック(笑)、来週は名古屋だぎゃ〜。

PowerMacintosh 7500/7600激安情報今だ無し(泣)まだまだ募集中!




.
.dami.gif

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club.
All rights reserved. Site design by BRESTO, Inc.
「Macintosh等の名称は米国アップルコンピュータ社の登録商標です」
GigaHit