January 2000 MACお宝鑑定団 
Mac News Link Mac関連雑誌ライターLink Special
Read me Bench mark History
先週のNews バナー広告募集 counter


スリーシーズ・アンド・テクノロジー株式会社

エナックス(株)

株式会社ピクセラ

マーキュリー・ソフトウェア・ジャパン

2000/01/15

日経MAC.COMによれば、アップルがソーテック社に対して、iMacのデザインを模倣したとしてソーテックを訴えていた裁判で、両社が東京地方裁判所の勧告を受け入れ、ソーテック側が、アップルに対して和解金1,000万円を支払い、「e-one 433」の製造と販売および輸出を行わないとし、アップルは「e-one 433」の製造および販売を禁止する仮処分申請を取り下げることになったと伝えていました。まあ、落としどころが見つかってなによりです。(Mackie the Macさん情報ありがとね)

PC Watchによれば、アダプテックジャパン社が、USB-SCSI変換コネクタ「USBConnect2000」に関して、この製品が自社の信頼性、品質、互換性などの基準をクリアできないことを理由として、販売を終了したと発表したと伝えていました。

Connectix社がMac OS 9対応状況を更新し、Speed Doubler 8、Surf Express、Surf Express Deluxeに関して、Mac OS 9への対応を考えていないことを追加記載していました。

MacInTouchによれば、CompUSAがPowerBook G3 series(Bronze keyboard)の生産中止案内を受けて、在庫整理を始めているという情報を確認中だと伝えていました。

MacWIRE Onlineに、Mac OS Xのインタフェース「Aqua」の謎に迫る 其の弐が掲載されていました。

インタウェア社が、PCI Macintosh用のG4アップグレードカード「BOOSTER G4 400」を、2月中旬頃から発売する予定だと発表していました。

フォーカルポイントコンピュータ社が、仏国LaCie社製品「PocketDrive」の取扱を開始すると発表していました。片手で楽に持ち運びができるポケットサイズのドライブであると同時に、USBとFireWireをサポートする 業界初の画期的な製品だそうで、ドライブは6GBと18GBの2種類が用意されるそうです。

アクト・ツー社が、Mac OS をより進化させ、様々なアプリケーションでの作業を飛躍的に効率化するユーティリティ・ソフト・シリーズの総合パッケージ「ACTION Utilities」を、本日から店頭発売すると発表していました。また発売記念キャンペーン版として、初回3,000本に限り、特別価格12,800円(通常価格16,800円)で販売するそうです。

スカイパーフェクトTV!の755ch「コンピュータチャ ンネル」で、1月19日から4週にわたってMACWORLD Expo/San Francisco 2000特集が行われるそうです。Steve Jobs氏による基調講演も、2回(19日の 週と26日の週)に分けて放送されるそうです。

アップルがホットニュースで、「PAGE 2000 コンファレンスセミナー」のお知らせを掲載していました。

FM高松コミュニティー放送が、NTTドコモ四国主催の「ドコモ モバイルマルチメディア・フェスタ2000 in 高松」(1/14〜16サンメッセ香川)において、PowerBookG3エンコーダーとLinux QTSSサーバーを使ったQuickTimeStreamingシステムを出展、LIVE中継を行っていました。(丸岡さん情報ありがとね)

マクロメディア社が、Macromedia Dreamweaver3日本語トライアル版Macromedia Fireworks3日本語トライアル版の配付を開始していました。

メルコ社がBUFFALOブランドより、高速伝送11Mビット/秒 無線LAN「AIRCONNECT 11Mbpsシリーズ」を新発売すると発表していました。新たにルーセント・テクノロジー社の技術を採用し、従来より好評発売中の2Mビット/秒 無線LANとの互換性を実現、さらにアップルコンピュータ社の無線システム「AirPort」との相互通信をも将来実現する予定(Mac OS対応版を後日発売という意味ではない)だそうです。

Microsoft社の発表によれば、Bill Gates氏がCEOを辞任し、現在同社の実質的な責任者であるSteve Ballmer社長がCEOに昇格したと発表していました。Bill Gates氏は今後も会長職に留まり、また「チーフソフトウェアアーキテクト」としての役割を担うことになると述べたそうです。

AppleがiMovieページで、iMovie Plug-in Pack#1を配付していました。

アドビ社から、Premiere 5.1cアップデータFireWire DV Device Control 1.1 Beta Plug-in for OS 9 / iMac DV / G4Adobe After Effects 4.1 Macintosh版 Velocity Engine プラグインが配付されていました。(李 哲熙さん情報ありがとね)

BOTHTEC社から、ハイパー家計簿3 for Macintosh Version1.1アップデータが配付されていました。

セイコーエプソン社から、CP-800/800S用 Macintoshドライバ Disk Rev.1.2aEPSONPhotoファイルアップローダ3 Disk Ver.1.30Jカラリオ・フォトダイレクトプリント Ver.3.01Jが配付されていました。

Bungie Software社から、Myth II 1.x > 1.3.1 日本語版アップデータが配付されていました。(「新し物好き」のダウンロ〜ドより)

Newer Technology社から、MAXpowr softwar 2.0が配付されていました。

Copernicusって名前が似てるの?それとも形が似てるの?どっち(笑)


イメーション(株)

PDAショップ、Vis-a-Vis(ビザビ)

株式会社パワーラボ

digitalians.com

2000/01/14

CNET JAPAN1999年度ハードウェア製品トップ5が発表され、iBookが選ばれていました。(たんちゃ@iBook UGさん情報ありがとね)

MacWIRE OnlineがMac OS Xに関して、AppleのMac OS Xのプロダクトマーケティングマネジャー担当Ken Bereskin氏へのインタビューを掲載していました。それによると、真ん中にあるのはAppleメニューではなくロゴであること、表示については256色ではだめで、約32000色が必須であること(多くのユーザーがこの環境で使っているとも述べられていた)そして最も重要なこととして、AquaはG3の最下位マシンであるiMac(Rev.A=233MHz),DT233(=233MHz)でも快適に使用できるようになっていると述べられていました。(たんちゃ@iBook UGさん情報ありがとね)

読者の報告によれば、今週の月曜日頃からアップルがAirPortページと、iBookのページにあったAirPortに関するページが削除されていると伝えていました。

Macintoshトラブルニュースによれば、山下氏がPower Mac G4 (AGP Graphics)とApple Cinema Displayのセットアップレポートを掲載していると伝えていました。どうやらシンガポールでのテストシステムがそのまんま入っていたようです。ということは、ひょっとして開発リリースノートが含まれていたかもしれませんね。

オースリー社が、ホームページ開設を記念して、iBookプレゼント(2/4まで)を行っていました。(小関さん情報ありがとね)

マックトピアにMACWORLD Expo/San Francisco 2000の基調講演レポートが掲載されていました。

内芝製作所が、ウチシバインサイダーにMACWORLD Expo/San Francisco 2000において「iSub」をゲットしたレポートを掲載していました。(なお、もう1つ別ルートで日本に持ち込まれていることを、お宝は確認しています^^;)

コーシングラフィックシステムズ社が、ソニー製エンターテインメント・ロボット AIBO のコントロールソフトウェア「iコマンダー」を、オンラインストアで発売開始していました。

ジャストシステム社がMacintosh対応、最新日本語変換ソフト「ATOK13 for Macintosh」を2月25日に発売すると発表していました。

デジタルオリジン社が、デジタルオリジンコーデックを採用したEditDV Unplugged1.6.1日本語版を、26,800円で出荷開始したと発表していました。

FileMaker社が、FileMaker Pro 5のUnlimitedバージョンを発表していました。

MacWIRE Onlineによれば、先日紹介したWindowsBlinds用のAqua Skinに関して、WindowsBlindsの供給元であるStardock社のページなどから削除されたようです。どうやら各カスタマイズ系サイトへ「アップロードを受け付けないように」との案内がApple社から出ているようで、そのことに関してOMG! It's SKINtacular!にあらましが掲載されていました。問題とされるのは「アップルマーク」が含まれている事のようで、現在はマークなどを外したSkinがアップされています。(石井さん情報ありがとね)

アップルがTechInfoLibrary-Jを更新していました。

TIL-2466JN:Mac OS 8.5: Apple Telecom はどこにあるのでしょうか?
TIL-24791JN:Mac OS : フォントフォルダに格納できるアイテムの最大数は?
TIL-14449JN:PowerBook: パワーマネージャのリセット
TIL-24914JC:QuickTime Streaming Server: ストリーミング可能なファイルを利用可能にする
TIL-20628JN:Open Transport/PPP 1.0: Open Transport/PPP について
TIL-24493JN:Apple Tech Notes:Tech Noteとはなんですか?どこでみつけられますか?
TIL-24787JN:デジタルビデオ: Mac で再生すると、ムービーが正しく見えない
TIL-20881JN:Iomega Zip ドライブ: トラブル対策 - よくお問い合わせいただく質問と解答(FAQ)
TIL-24815JN:iMac: 起動時のアドレスと,不正なインストラクションエラーについてのトラブルシューティング
TIL-24785JN:Adobe Premiere: DV プラグインを使って書き出すときの同期性の問題
TIL-12312JN:CD-ROM からブートする: 質問と回答
TIL-24554JN:AppleShare IP 6: Print Server に関する FAQ
TIL-24569JN:AppleShare IP 6: FTP Service に関する FAQ
TIL-24556JN:AppleShare IP 6: Web Service に関する FAQ
TIL-24501JN:Mac OS X Server: ファイルシステムをメンテナンスする fsck はいつ、どのように使用されるか?
TIL-24649JN:Mac OS X Server: トラブルシューティングのための Telnet セッションからのアクセス方法
TIL-24652JN:Mac OS X Server: 複数のコピーがインストールされていると起動しない
TIL-24719JN:Mac OS X Server: 新しいドメインでの NetInfo Master の設定
TIL-24933JN:Mac OS X Server: Macintosh マネージャ -- Mac OS 8.6 用のボリュームを追加する
TIL-24929JN:Mac OS X Server: AppleShare IP 利用者の取り込み
TIL-24967JN:Mac OS X Server: Microsoft Word 98 での、Macintosh マネージャのフォントサイズの設定
TIL-24860JN:NetBoot Macintosh Manager: ソフトウェアの互換性
TIL-24913JC:QuickTime Streaming Server: バージョンの確認
TIL-24943JC:QuickTime Streaming Server: 性能とシステム条件
TIL-24482JN:56Kbps モデム: 最高速で接続するには

Mac OS 9日本語版 強化特集

・ことえり辞書を増やそう。
辞書の街 (がんばれことえり辞書など)」「ことえり Tips (郵便番号辞書、地名辞書)」「ことまし辞書」「R117 (ことえり2補完辞書)」「1192 (元素記号名前引き辞書)」「学名辞書」「Vector (英語辞書 Pro)」「ライフサイエンス辞書プロジェクト

・Sherlock 2のPlug-Inを増やそう。
Apple Sherlock Plug-In Directory」「Sherlock src File Archive-J」「Corel Stock Photography plug-in」「Sherlock Plug-in Soft」「CNET JAPAN」「MacWIRE」「まんたやく

Appleがデベロッパー向けツールとして、Mac OS USB DDK v1.4f1を配付していました。

ソフトフロント社から、++Mail for Mac バージョン 3.5 アップデータが配付されていました。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・SETI@homeファンブック/ローカス/角川書店 ¥1,900(4-89814-086-6)
・ロボティクスにチャレンジ MINDSTORMSの世界/ローカス/角川書店 ¥3,500(4-89814-082-3)
・今日からはじめるiBook/技術評論社 ¥1,580(4-7741-0919-3)
・快適iBook術/双葉社 ¥1,600(4-575-29049-1)


フォトディスク・ジャパン株式会社

株式会社ニィス

act2

リンククラブ

2000/01/13

AppleInsiderが、Minuet(Mac OS 9.0.1)に関する内容を伝えていました。それによると、一つの噂として分類されていた大部分の情報がこっそりと変えられている間にも、一般の人々は最終的な情報として絶対耳に入らない噂があった。その中の一つに、AppleのPismoことPowerBook G3と17インチP7A iMacの発表が無かった事に対する最新の大まかな真相が含まれていたそうです。

業界の情報筋によれば、MinuetことMac OS 9.0.1アップデートにはAppleの新型PowerBookと17インチiMac、そしてマルチプロセッサーG4のサポートするという責務があったが、先週にそれらを熱望している多くのMacintoshの狂信者たちから、そのクリスマス(製品の発表)を盗んだシラケさせる役を演じたのかもしれない。すでにMacworld San Franciscoより以前に、Minuetの開発は予定からかなり遅れていた事を証明しており、期待を込めてアップグレードされた様々なROMファイルが、Appleの新しいPowerBookとiMacをきちんと動作しない状態に陥れただけだったそうだ。

どの様に各々のAppleのマシンを起動してMac OSを走らせるか、その詳細が書かれている仮想情報を記憶するROMサポートファイルが、Macworld Expoの寸前までPismoのテスト機とP7Aの試作品を明らかにクラッシュさせていたそうだ。これらのコンフリクトによって、これらの両機種のテスト機はイベントで発表したりデモしたりする事状態ではなかったそうです。

いくつかのシステムソフトウェアはすでにゴールデンマスター(GM)に達していたが、サポートされる予定のどのマシンのソフトウェアもGMに到達できたのは、とある人物の努力の賜物である。Minuetは昨晩にこの過程からさらに一歩進めており、Appleはシードデベロッパに対して、このシステムアップデートのβ7を配付した。開発予定の初期の段階では、このソフトウェアはαバージョンを飛ばしてβバージョンの開発に到達して、β3の後にゴールデンマスターに到達するのでは、と極めて楽観的に考えられていたようです。

「どう見ても、Minuetの開発過程はここ数週間は停滞していた」とAppleInsiderの情報筋は語っているそうで、「このプロジェクトに関わっているソフトウェアのエンジニアたちは、まだ完成していないハードウェアに適合させる事に直面したが、逆に自らの職務をすべてに渡ってより難しくした様だ」さて、半年ごとの展示会は終了したが、Appleは市場に向けて新しいハードウェアの発売を呼び水にして、可能な限り加速されたスケジュールで、新しいアップグレードOSの発売をどんどん作る事を期待されているようだと伝えていました。(Nanko隊員より)

MacWIRE Onlineによれば、MACWORLD Expo/San Francisco 2000においてSteve Jobs氏が、AppleWatches.comのブースをただちに閉じるよう要求するといったハプニングがあったと伝えていました。

MacWIRE Onlineによれば、MicrosoftのMacintosh Business Unitでジェネラルマネジャーを務めるBen Waldman氏が、同社Business Productivity Groupモバイル機器部門の副社長に昇格したことを発表したと伝えていました。

IDG JapanがMACWORLD Expo/Tokyo 2000において、2月16日の午前11時からApple CEO Steve Jobs氏による基調講演が行われる事が決定したと発表していました。また18日にはAdobe社が、Adobe InDesignの日本語版を公開するカンファレンスが行われる事も、同時に発表されていました。

インタウェア社が、BOOSTERサポート情報の「BOOSTER G3/750 対応状況」を更新していました。

iBookデモ展示販売店で昨年の12月28日から、iBookに付属する丸いACアダプター「iBook Power Adapter (M7387ll/A)」の販売が開始されていました。価格は9,800円前後のようです。また、バッテリーなどの消耗品の販売も現在始まっているようです。なお、このACアダプターはiBookだけでなく、PowerBook G3 series、PowerBook 1400、2400、3400、Duoシリーズでも使用出来ます。

エフエム滋賀が3周年を記念して、iMacなどが当るアンケートプレゼント(1/20まで)を行っていました。

ファイルメーカー社が、ファイルメーカーPro 5向けのネットワークサーバソフトウェア「ファイルメーカー Server 5」を、2000年2月中旬を目処に、希望小売価格129,000円(税別)で発売すると発表していました。

AppleStoreで、Apple RAGE 128 Pro Card kit が発売開始されていました。

MacWIRE Onlineによれば、昨年台湾Appleは、Macintosh製品の価格的問題や、主要ディーラーとの取引解消などの問題によってとても苦しい販売を続けていたが、きっと今年はこれらを克服することにチャレンジするだろうと総括を掲載していました。

Appleが、iTools 1.0.1を配付していました。

BUG社から、HVD04/A01フルセットVer2.0 (フォトステージVer5.0を含む)が配付されていました。

Global Village社から、Global Village PC Card Enablers 1.0.7が配付されていました。


テクノポート・シトラス

アダプテックジャパン

株式会社内芝製作所

日本電池株式会社「UooPS(ウープス)」発売

2000/01/12

フォントワークス社が、フォントワークスロダン誕生10周年を記念して発売している、限定5,000本の「ATMフォントクラシック25」(¥39,000)に関して、CIDフォントへの無償アップグレードの対象となっているが、2月に発売される予定のCID製品には、該当する製品がないことに関する質問を行ったところ、なんと!「ロダンCIDファミリーパック6 ATM版」「マティスCIDファミリーパック6 ATM版」「スーラCIDファミリーパック4 ATM版」「セザンヌCIDファミリーパック4 ATM版」「グレコCIDファミリーパック3 ATM版」「ユトリロCIDファミリーパック2 ATM版」(総額¥174,000)が、無償アップグレードとしてユーザーに送られてくるんだそうです。ただ、一部のユーザーに大変好評だった1枚のFDで複数書体がインストールできたATMフォントクラシック25とは違い、1書体1シリアル(1FD)となるので、インストーラFDが書体数分の25枚付くそうです。(今まで知らなかった。これは買いだ!)

匿名の読者の報告によれば、ある会社がPowerBook2400cの内蔵バッテリーリフレッシュ&容量アップ企画を計画しているようです。安全性試験だけクリヤーできればGOだそうで、そのためには試験に使うPowerBook2400cの内蔵バッテリーが5本ほど不足しているようです。そこで内蔵バッテリーを提供してもいいという人を募集したいそうで(hiro-y@wa2.so-net.ne.jp)宛に連絡を欲しいそうです(バレバレ^^;)

MacNNによれば、アメリカの経済誌 Fortuneが、MACWORLD Expo/San Francisco 2000で基調講演を終えたSteve Jobs氏へのインタビューを掲載していると伝えていました。Mr.Appleは使命として「iMacそしてインタネットが使いやすいオペレーテングシステムをフリーなウェブと結合させることは、あなたの写真やホームページのためのサービスです。」と述べています。全体の内容は、基調講演に関する説明とアップルビジョンに付いて語られています。なお、この詳しい内容をRingoAlleyで掲載されています。(またMacPowerで全文掲載して欲しいな〜)

PioneerPlanet誌によれば、Appleがサービスを開始したサービスのうち「kidSafe」に関して、このサービスは1998年からiMac、iBookなどのコンシュマー向け製品にバンドルされているInternet Safety Kitを販売してきたNetSelector社を、Appleが買収したことによるものだと伝えていました。その件に関してAppleのPhilSchiller氏が一部認めたと掲載されています。

WIRED NEWSに、Appleが発表したMac OS XのAquaに関して、アップル社のOS戦略責任者ケン・ベレスキン氏へのインタビューが少しだけ掲載されていました。アップル社は単に「ユーザーが即座になじめるようなインターフェースを作ろうとしているだけだ」などと話したそうです。(Don Norman氏のコメント聞いてみたいな〜)

MacWIRE Online極私的PB2400c頁の水谷氏によるMACWORLD Expo/San Francisco 2000レポートが掲載されていました。PDAファンには必見かも?

MacWIRE Onlineマーキュリー・ソフトウェア・ジャパンの代表取締役であるイアン・ショートリード氏へのインタビューが掲載されていました。「Nisus Writer 6 日本語版」と「Nisus Emailer 日本語版」に関する内容が掲載されています。

Go2Macによれば、Pismoが金曜日から生産が開始されているようだと伝えていました。またMac OS Rumorsでは、MACWORLD Expo/San Francisco 2000で発表されなかったのは液晶パネルの調達が間に合っていなかったからだとし、1月26日に予定されているApple Eventで発表がされるかもしれないと伝えていました。ということは一般向け展示が、Seybold Seminars Boston 2000MACWORLD Expo/Tokyo 2000になりそうですね。(噂のペ−ジさん情報ありがとね)

ACI Japan社が、MACWORLD Expo/Tokyo 2000に向けての特設ページ「4D PAVILION on the web.」を公開していました。

中古マック価格情報が1月11日付けの中古マックの相場情報を更新していました。主催者アジキ氏によれば、年始はセールの方に力を入れるショップが多いせいか、オンラインショップの在庫表は在庫が少な目だそうです。またPB1400シリーズが徐々に値下がり始めているそうです。

Connectix社がMac OS 9に対応した「Ram Doubler 9」を、1月19日から発売開始すると発表していました。また8ユーザーへのアップデータは、1月17日から配付開始されるそうです。

モード社が、米STAZ社のFutureBASIC^3 発売発表に伴い、マッキントッシュ用BASICコンパイラ/エディタ「FutureBASIC^3 日本語版」を発売すると発表していました。

エー・アイ・ソフト社が、誰でも手軽に超高画質プリントを楽しめる「デジカメde!!同時プリントMac」を、2月18日より発売開始すると発表していました。

Adaptec Japan社が、最大20MB/secの性能を持ったPowerBook用CardBusアダプタ「PowerDomain SlimSCSI 1480」を発表していました。この製品はMACWORLD Expo/San Francisco 2000に合わせて発表されているので、もしかしたらPismoにSCSIポートが無くなっているためのパートナー製品なのかもしれません?

アベニューディー社が、タンジェリンボールペン、New iMac Tシャツ、iMacマウスパットなどiMac&iBook系アップルロゴ入りグッズの取扱いを開始していました。

インタウェア社が、製品情報の「MotionCam」の対応機種にPowerMac G4/AGPを追加し、製品情報に「Cinema Gear2」を追加していました。

フォーカルポイントコンピュータ社が、米国PowerLogix社製品PowerForce Dual G4の取扱いを開始すると発表していました。製品の出荷は2月中旬からの予定だそうです。

フラッシュバック社が、37GB FireWire Hard Disk ProMAX「PFWe-37000」の発売開始が、1月10日から1月下旬へ変更されたと発表していました。

アップルが経験者採用ページを更新していました。サポート部門に、コールセンター・マネジメント(沖縄勤務)の募集が新たに追加されています。

日経BizTechによれば、HAVi推進協会が「HAVi v1.0」の最終仕様およびコンプライアンス試験仕様が完成したと発表したと伝えていました。いよいよFireWireの真の力が発揮出来そうです。

FileMaker社から、FileMaker Pro 5 v2 Updateが配付されていました。

Power On Software社から、Now Up-to-Date & Contact Version 3.8.2 for Macintoshが配付されていました。

Pangea Software社から、Bugdom 1.1 beta 6 Updateが配付されていました。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・季刊・本とコンピュータ11 2000冬/トランスアート ¥1,200(4-924956-63-5)


CValley

アイディ・イーストエンド

MJ SOFT Mac館

パソコン関連書籍宅配便

2000/01/11

Windows用のGUIインターフェイスカスタマイズツールWindowBlinds用(Kaleidoscopeみたいなソフト)として、Appleが発表したMac OS XのAquaを真似したSkin「WinAqua B」が公開されていました。

AppleInsiderによれば、Appleがこの春頃にApple認定技術者のプロセスをオンライン上に移行する事で単純にする予定らしいと伝えていました。まず間違いなくAppleは$395のオンラインのトレーニングコースを、Apple認定技術者になりたい人なら誰にでも提供する計画だそうです。このApple.comでのオンラインのコースを修了に成功したら、各々資格を認められるかどうかを決定する為のテストを$150〜190払って受ける必要があるようです。噂では新しいオンライントレーニングサービスは、出費する額によって認定レベルが複数用意されるそうです。しかし、たとえ認定テストをパスしたとしても、すぐにビジネスに結び付けて修理工場を開く事はできないそうで、このプロセスを通じてApple認定技術者になった者は、実務を訓練する為にApple認定技術修理センターで働かなくてはいけないらしく、情報筋によれば、この新しいプロセスの目標は、米国内全てのAppleの修理工場の評判を落とさずに、Apple認定技術者を増やす事にあると伝えていました。(Nanko隊員より)

WIRED NEWSによれば、台湾のある匿名情報筋によるとして、すでに「アップル製パームOSハンドヘルド機」のプロトタイプが試作されていると伝えていました。情報筋によれば、、試作品は「パーム5」と米ハンドスプリング社の「バイザー」を組み合わせたようなもので、パーム5のサイズでカラー画面と拡張スロットを備えているそうです。また、アップル社のワイヤレス・ネットワーク装置「エアポート」と互換性を持ち、マックOSとシームレスに統合できるようです。

MacInTouchによれば、Roland Gustafsson氏がAppleのiDiskを68系Macintosh上で使用可能にする方法を紹介していると伝えていました。詳しい解説はPowerBook 100 Worldで紹介されています。

MacInTouchに寄せられたBarry Brown氏の報告によれば、あるApple社員にADBポート拡張キーボード2のような製品は出ないのか?と尋ねたら「まだ発表されてはいませんが、今より良い新しいキーボードを開発中ですから心配しないで下さい。」と述べたと伝えていました。またMac OS Xのサポート対象機種に関しては「Power Macintosh G3 (beige)以降のG3/G4 Macintosh上では動くが、それ以前のMacintoshは対象とはなっておらず、例えプロセッサーをG3に置き換えたとしても、古いマザーボード自体をサポートしていないため」と回答を貰ったそうです。(Nanko隊員より)

Mac the Fork「Millennium」が更新されていました。

Hewlett-Packard社が、Intel社のモバイルPentium III/500MHz、AMD社のモバイルAMD-K6-2-P475/433MHz搭載を搭載したノートパソコン「Pavilion N3200」シリーズを発表していました。この製品はバスクロックが100MHz仕様になっています。ちなみにヒューレット・パッカード社は昨年12月に、会社ロゴを「HP」に変更しています。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・Adobe After Effects4.0&4.1 アフターエフェクツ教室40.&4.1 Macintosh&Windows/インプレス販売 ¥4,200(4-8443-5542-2)
・iMac DV/DV Special Edition START UP GUIDE/広文社 ¥2,000(4-87778-023-8)


株式会社IMAGICA

有限会社クワッドエレメンツ

Avenue-D

2000/01/10

MacWIRE Onlineによれば、PowerLogix社がMACWORLD Expo/San Francisco 2000で発表したPowerPC G4 MPカード「Power Force Dual G4」に関して、MACWORLD Expo/Tokyo 2000で本格的な展示が行うと述べたと伝えていました。

Harman Multimedia社が「iSub」の製品紹介ページをようやく公開していました。(なかなか開きませんが)なお、MacWIRE Onlineによれば、iSubはApple Storeで2月から発売され、また日本でも3月頃からApple Store Japanで販売されるそうです。

MacNNのMisha Sakellaropoulo 氏による INTELEX社へのインタビューによれば、XLR8 Carrier 2.0には、クロックダブリング技術が採用されていて、最高50MHzバスクロックまでのPCI Macintoshでも、1GHzまで対応する事が出来ると述べたと伝えていました。(MAC日記の日々さん情報ありがとね)

現在発売中の時事英語研究二月号の巻頭カラーで、「<人物ルポ>21世紀の若き実力者たち」にジョナサン・アイヴ(iMacデザイナー)が掲載されていました。(鈴木さん情報ありがとね)

e*netcardがオープンを記念して、iBookなどが当るプレゼントクイズ(2/29まで)を行っていました。

読者の青沼さんがAppleのiDiskに関して、ASPではどう表示されるのだろうか?と疑問に思いASPを起動してデバイスとボリュームのタブをクリックして確認したところ、ちゃんと表示されたと報告してくれました。またフォーマットがAppleShare(Unix AFP)で、場所がTCP/IP経由のidisk.mac.comと表示されたそうです。

FWB Software社がInsignia Solutions社から買収したSoftWindows & RealPCに関して、現在Mac OS 9対応バージョンとしてSoftWindows v.5.0.9、 RealPC v.1.0.9がアップデータ公開されていますが、Microsoft Windows 98 SE版をバンドルした完全対応版製品をSoftWindows v.5.1 with indows 98 SEとして発売する予定だそうです。またMac OS 9に対応していないHard Disk ToolKitに関しては、Hard Disk ToolKit 3.5として発売が開始される予定だそうです。

Connectix社がリリースを予定しているRam Doubler 9に関して、PowerPC G3/G4を搭載したMacで、Mac OS 8以上のシステム環境が必要とされるらしいです。

Bluworld社が、Filemaker Pro 5.0v2、FileMaker Pro 5 Unlimitedに対応したWeb Data Engineソフトウェア「Lasso Web Data Engine 3.6」の出荷を開始したと発表していました。

MACWORLD Expo/San Francisco 2000のAppleブースに参考出品されていたMicroNet社のFireWire対応RAIDシステム「SanCube」の製品ページが公開されていました。といっても画像しかありません。

アプリケーションの文字化け解消とシステムフォント等のカスタマイズを行うソフトウェアFontPatchinが、最終形態となりFontPatchin' 3.0b1 として公開されていました。最終形態となってもベータ版なのは、ドキュメントが含まれていないからとWEBで説明されています。ユーザーインターフィスが新しくなって使いやすくなっているようです。(「新し物好き」のダウンロ〜ドより)

Pangea Software社から、Bugdom 1.1 beta 5 Updateが配付されていました。


Macintosh WIRE

日本で入手が出来ないマインドストーム、テクニック関連商品は、WWTショップへ!

バード電子

有限会社サイバーグルーヴ

2000/01/09

Mac Fanグループが、アメリカのMacintosh系ニュースサイト「The Macintosh News Network」と提携(翻訳権を所有した)することになったと発表していました。この提携により、Mac Fanグループ各誌は、誌面において最新の米国情報をいち早く紹介していくことが可能となり。また、「Mac Fan Letter」やホームページでは、さらに迅速に米国情報の提供を行っていく予定だそうです。

Mac Fanグループが、QuickTimeムービーコンテスト「Mac Fanムービーフェスティバル」を開催すると発表していました。このコンテストは、優秀なムービー作品を表彰するとともに、広く知らしめることで、デジタルムービーの可能性を広げるべく開催するものだそうです。応募作品は、Macで作ったムービーであれば、DTV、2D、3Dなど、作品の形式は問わないそうです。なお、グランプリ受賞者にはPower Mac G4が、準グランプリ受賞者にはiBookが貰えるそうです。

AppleがMedia Artsページをリニューアルし、デジタルビデオプロダクションをテーマにした内容を掲載していました。

MACWORLD Expo/San Francisco 2000レポートページに、iSubを日本に最初に持ち込むのは誰?会場配付物情報を追加しました。

MACお宝鑑定団はMACWORLD Expo/San Francisco 2000にて、iMac用のG3アップグレードカードの存在を確認しました。詳しい詳細は来月以降、明らかにされるようです。

情報筋によれば、Mac OS Xで採用されたAquaは、シードデベロッパー全てにベータ公開されるわけではなく、セレクトデベロッパー(パートナーデベロッパーとも呼ぶ)に対して行われるらしいです。

MJソフトが、現在2店舗に別れている自由ケ丘PC/Game館を自由ケ丘Mac館を統合し、1月21日新自由ケ丘店としてリニューアルオープンすると発表していました。移転、改装の準備のため1月17日〜20日は自由ケ丘店は休業となるそうです。

アップルがデベロッパーテックノートを更新していました。

TN1175 - MRJ と Javakey によるアプレットの署名
TN1180 - Sherlock のコンテンツ検索ライブラリ
TN1181 - Sherlock のコンテンツ検索 Text Extractor プラグイン
TN1190 - Power Manager 2.0

iomega社から、iomegaWare 2.1.1が配付されていました。




.
.dami.gif

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club.
All rights reserved. Site design by BRESTO, Inc.
「Macintosh等の名称は米国アップルコンピュータ社の登録商標です」
GigaHit