MACWORLD Expo/Tokyo 2000
January 2000 MACお宝鑑定団 
Mac News Link Mac関連雑誌ライターLink Special
Read me Bench mark History
先週のNews バナー広告募集 counter


スリーシーズ・アンド・テクノロジー株式会社

エナックス(株)

株式会社ピクセラ

マーキュリー・ソフトウェア・ジャパン

2000/01/22

日経新聞によれば、アップルが年内をメドに、販売店でMacintoshを購入する際、ハードディスク装置の容量など好みの仕様を注文できる販売方法を導入すると伝えていました。この考えは1998年中頃にAppleがリセラーに対してBTOサービスを行う発表していて、その前後くらいの原田社長のインタビューで構想として何度も述べられていたものです。MacMastersの呪縛から逃れたアップルといったところでしょう。でもまだ「全国販売店リスト」から、MacMasters Shopは検索可能です。(モリゼンさん情報ありがとね)

MacNNが、Appleのスポークスマンが来月開催されるSeybold Seminars Boston 2000に出展しない件に関してのコメントを掲載していました。それによると、「SeyboldはAppleにとって重要な展示会であることは認識しているが、出展するのはBostonではなく、夏に開催されるSeybold Seminars San Francisco 2000の予定。」だと述べたと伝えていました。よって何らかの新しい発表が行われるのであれば、MACWORLD Expo/Tokyo 2000にフォーカスしている可能性が高そうです。(無いとは思うが?)

MacWIRE Onlineによれば、マイクロソフト社がInternet Explorer 5.0 for Macintosh日本語版のスクリーンショットを、報道関係に公開したと伝えていました。

UTTER.COMによれば、 nVIDIA社がAppleからの支援を受けて、GeForce 256を搭載したグラフィックカードのMac用ドライバを開発しているらしいと伝えていました。

アップルがMac OS Xのページを公開していました。

アップルがFireWire周辺機器データベースを更新していました。

ASCII 24によれば、メディアヴィジョン社がFWB Software社の開発したMacintosh対応ディスク管理ユーティリティー「Hard Disk ToolKit 3.0 日本語版」を、2月中旬に2万5800円で発売すると発表したと伝えていました。

アイ・オー・データ機器社が、USB対応230Mバイト・スケルトンMOドライブ「MOA-AX230H/USB」を、2月上旬から¥39,800で発売すると発表していました。

ISIZE MUSICで、iMacなどが当るISIZE ショッピング1周年記念!キャンペーン(2/21まで)が行われていました。

Mac Components Engineeredで、Newer Technology社製のPowerBook 2400用G3アップグレードカード、NUpowr 2400/G3 240MHz w/512KBが$349で販売されていました。

ExpressionTools社が、Shadeのミッドレンジモデル「Shade Personal R4」を、1月28日から 49,800円で発売開始すると発表していました。

Pangea Software社が、「Mighty Mike ($15)」という新作ゲームソフトを発表していました。

PC Watchによれば、日本AMD社が、米AMDの決算発表を受けてプレスミーティングを都内のホテルで行ない、2000年の投資計画やプロセッサのロードマップを公開したと伝えていました。やはり次世代プロセッサーの流れは、1GHz & プロセッサーキャッシュオンが主流となりそうですね。

NEC社が、スロットインDVDドライブ、3ウェイ6スピーカ搭載のノートPC「LaVie S」を発表していました。デスクトップPC「simplem」に続くデザインを意識した製品と思えます。

Nikon社からCOOLPIX800用として、Nikon Firmware Update Software for E800 Ver.1.1が配付されていました。

アドビ社から、Illustrator 8.0.1「詰め」データファイルが配付されていました。

富士ゼロックス社から、DocuPrint/DocuCentre/LaserPress用Macintosh PPDファイルDocuPrint/DocuCentre/LaserPress/Able用Macintosh PSユーティリティ (Ver1.4.2)が配付されていました。


イメーション(株)

PDAショップ、Vis-a-Vis(ビザビ)

株式会社パワーラボ

digitalians.com

2000/01/21

アップルがユーザーグループページで、1月29日にユーザーグループ懇親会を行うと案内していました。今回は「Final Cut Pro 1.2」と「iMovie」のご紹介とデモに加え、2月開催のMACWORLD Expo Tokyo/2000参加予定のユーザグループを対象にした出展についての説明 が行われる予定になっています。出展される各ユーザーグループは、必ず1人は出席した方が好ましいです。

情報筋によれば、Internet Explorer 5 for MacintoshがFinal Candidateを迎えたと報告されてきました。MACWORLD Expo/Tokyo 2000の開催日程に合わせて配付されることになりそうです。

AppleInsiderがMac OS 9 Update (Minuet) に関して伝えていました。それによると、ゴールデ
ンマスターに上がるという最初のスケジュールからもう1け月以上が過ぎようとしているが、このリリースでは、Open TransportやOpen GL、そしてSoftware Updateといった、Appleのシステムソフトウェアのコンポーネントのバグ修正や、Appleの次世代PowerBookやマルチプロセッサーG4やiMacのサポートが追加されるだろうと伝えていました。情報筋によれば、週明けにMinuetはようやく最初のFinal Candidateに移行するらしく、これは評価プロセスの一種で、ベーターテスト段階に先立って、デベロッパに発送されているソフトウェアの一部をファイナル版だと表明する為に結局それをフリーズする事で、Golden Master Candidateと宣言する事を狙っていると伝えています。

このアップデートにはMac OS 9とおよそ9MBのハードディスクの空き容量が必要で、アップグレードインストーラーは極めて簡単で、ユーザーが選択するインストールオプションは何もないそうです。新しいシステムのインストールはG3搭載マシンなら数秒で終了してしまい、新しいシステムコンポーネントがインストールされる前に、ユーザーのハードディスクの確認など行わないようです。Minuetが1週間以内にGolden Masterに到達しても、P7Aこと新しい17インチiMacが完成するまで、このアップデーターはサーバーからダウンロードできないし、自動アップデート機能でもアップデートできないだらしいです。この理由は、アップデーターのファイナル版にはAppleがこれから発売するハードウェアをサポートする為の最新の変更部分が含まれており、それを保証する為のようだと伝えていました。(Nanko隊員より)

Appleが社名の呼称を「Apple Computer, Inc.」から「Apple.」と変更したのは昨年12月20日のプレスリリースからですが、アップルコンピュータ社も、1月14日のプレスリリースから「アップル 」と変更していました。日経MAC.COMでは検討中と報告されていますが、一部ですでに移行している部分もあるようです。(木村さん情報ありがとね)

Click Maiが、iMacなどが当るメンバー登録キャンペーン「大盤振る舞いキャンペーン」(3/31まで)を行っていました。

メルコ社が、Mac用CPUアクセラレータに、G4 400MHz/2MBキャッシュ搭載の最高モデル「HG4-PM400」を、2月上旬から¥99,800で発売すると発表していました。インタウェア社に続くバックサイドキャッシュ2MB製品となりますが、店頭市場価格を考えると、海外製品と比べても最安値となる可能性が高そうです。

加賀電子社がPowerBook G3 series(Bronze keyboard)用、内蔵型CD-RWおよびSuper Diskドライブを、2月〜3月に発売すると発表していました。

フォーカルポイントコンピュータ社が、Micronet Technology社のFireWireストレージエリアネットワーク製品「SAN cube」に関して、取扱及び販売を開始すると発表していました。

恒陽社グラフィック事業部が、三菱商事社、システムソフト社と3社合同で1月26日から「QuarkXPress4.0J効率UPキャンペーン」を開始すると発表していました。1,500本の限定品だそうです。

中古マック価格情報が、オンラインショップ32店を調査対象にした1月20日付けの中古マックの相場情報を公開していました。iBookの中古が多数でまわるようになってきたそうですが、新品との価格差は少ないそうです。

Do-夢でApple 17"StudioDisplay B&Wが 限定30台 \29,800で販売されていました。(Macintosh雑貨 仲屋商店さん情報ありがとね)

リットーミュージック刊「キーボード・マガジン2000年2月号」(2000年1月18日発売)付録のCD-EXTRA(KM-009-0001)に、製造工程上のミスにより、いわゆるウイルスの一種である「AutoStart 9805A」が混入していると注意が掲載されていました。(青木さん情報ありがとね)

AppleのQuickTime TVチャンネルに、新しく「AtomFilms」「The New Venue」「D.FILM」「V2 Records」「brandnewmusic.com」が加わったと発表していました。

アップルがTech Info Library-Jを更新していました。

TIL-30946JN:Mac OS X Server: 同一ユーザ名でローカル NetInfo とネットワーク NetInfo アカウントにログインする
TIL-30960JN:Mac OS X Server: Apple File Services とロング・パスワード
TIL-30998JN:Mac OS X Server: Mac OS X Server に関する情報源について
TIL-31095JN:Mac OS X Server: NetInfo に登録された NetBoot クライアントのエントリをリセットする方法
TIL-31105JN:Mac OS X Server: 共有ポイントの所有者になれないグループ
TIL-60111JN:Mac OS X Server: QuickTime Streaming Server について(プレビューリリース)
TIL-31140JN:Mac OS X Server: ターミナル(Terminal.app)による過剰なメモリ消費(Excess Memory Usage)
TIL-60052JN:Mac OS X Server: NetInfo の起動が遅い
TIL-11173JN:Apple Color Printer: メッセージとインジケータランプの意味について
TIL-22194JN:PowerBook: アクティブマトリクス LCD パネルのピクセルの異常について
TIL-30593JN:PowerBook: ハードディスクのノイズについて
TIL-26056JN:PowerBook 2400 または PowerBook 3400 用の Password Security 1.0.6 について
TIL-22142JN:Mac OS 8.1 の機能拡張ファイルのいくつかが破損していたり、修復不可能に見える場合について
TIL-24711JN:Mac OS:「ファイル・シンクロナイズ」で“メモリ不足”エラーが発生する
TIL-22014JN:PC Compatibility Card と Ethernet への対応について
TIL-36396JN:Connectix: Mac OS 8 へのアップデート後にフロッピードライブへのアクセスができない

AppleがQuickTime 4 APIに関するデベロッパー向けドキュメント.PDFに、What's New in QuickTime 4.1 を追加していました。

デスクトップマニアで、Kaleidoscope用のSchemizeとしてMac OS XのAqua風Schemizeが配付されていました。

Appleから、Mac OS 9 Audio Update Version:1.2が配付されていました。

Appleから、GameSprockets Version:1.7.3が配付されていました。

ヤノ電器社から、FireWire Utility1.0.6 アップデータが配付されていました。

アイ・オー・データ機器社から、PK-G3A400/512シリーズL2キャッシュドライバ Ver.1.10が配付されていました。

ソフトウェア・トゥー社から、FlightCheck 3.7.3J アップデータが配付されていました。

YAMAHA社が、ネットボランチ用ファームウェアRev.03.04.44を配付していました。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・Mac de DTV Macでお手軽ビデオ編集/ソーテック社 ¥2,200(4-88166-088-8)
・らくらくマスター MacOS9/ソーテック社 ¥600(4-88166-089-6)
・今日から始めるIllustrator8.0J簡単入門/成美堂出版 ¥1,900(4-415-00948-4)


フォトディスク・ジャパン株式会社

株式会社ニィス

act2

リンククラブ

2000/01/20

AppleがSteve Jobs氏のCEO就任に関する代償として、Gulfstream V 飛行機と、Apple株1,000万株(約1千億円相当)をストックオプションとすることを、取締役会において満場一致で可決されたと発表していました。

Appleが2000年第一四半期の決算報告に関して、総売り上げ23億4000万ドル、純益1億8300万ドルだったと発表していました。

エイベックス社が昨日発売したmoveの最新シングル「words of the mind 〜brandnew journey〜」に関して、ウィルスAutostart-9805がCD EXTRAに混入していると案内していました。1月21日から修正したCDを出荷するそうですが、すでに購入し再生された方への案内も掲載されています。(篠原さん)

ヤノ電器社が、MacintoshとWindowsマシンで簡単にファイルを共有することを可能にする低価格なユーティリティソフト「WIN MOUNTER Ver.1.0」のファイル転送機能をさらに強化し、操作性を向上した「WIN MOUNTER Ver.2.0」を、1月28日より販売開始しすると発表していました。また、FireWire対応ハードディスク「Cerulea B.B.シリーズ」に18GBモデルを追加発売する事も発表していました。

Morrison SoftDesign社が、フォントに関する問題を解決および修復するソフトFontDoctor For Macintosh 4.0を発売開始すると発表していました。

MJ SOFTで、PowerForce G3 300/1Mが¥29,800、PowerForce G3 ZIF 466が¥49,800で販売されていました。なお、466/ZIFは在庫限りの特価商品だそうです。また、インタウェア社の海外ブランドVimage社のVpower G3 4400シリーズも激安特価で販売されていました。

Apple Store USでMac OS X Server 1.2のアプリケーションパッケージが発売開始されていました。なお、1.0ユーザーに対しては、$20でアップグレードが用意されています。(Nanko隊員より)

Be社が、今年の第一四半期後半にBe OS 5.0を無償ダウンロード形式で配付すると発表していました。今回の対象は個人ユーザーのみで、商用および個人extended package版は有料だそうです。

Intel社がノートブックPC向けのPentium IIIプロセッサーに、最高650MHzモデルを追加したと公式に発表していました。

Appleから、QuickTime 4.1が配付されていました。

Appleから、iTools 1.0.2が配付されていました。

Appleがデベロッパ向けTechnotesTechnical Q&Asをいくつか更新していました。

Appleから、Apple QuickTime Streaming Server Update Version:2.0が配付されていました。

マイクロソフト社から、Microsoft Excel 98 アップデータが配付されていました。

Aplix社から、MacCDR 4.x → 4.1bアップグレードプログラムが配付されていました。

D-Storm社から、MotionDesigner2 Ver 2.1 アップデータSecondFX Ver 1.0.1 アップデータが配付されていました。

Connectix社から、Connectix RAM Doubler 9 Updaterが配付されていました。

Software Architects社から、DOS Mounter 98 SE v3.0.0 Updaterが配付されていました。

Kensington社から、Kensington MouseWorks 5.31が配付されていました。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・Designing with Photographs/ビー・エヌ・エヌ ¥3,800(4-89369-767-6)


テクノポート・シトラス

アダプテックジャパン

株式会社内芝製作所

日本電池株式会社「UooPS(ウープス)」発売

2000/01/19

日経MAC.COMによれば、Appleが社名の呼称を「Apple Computer」から「Apple」へと変更し、またリンゴマークのロゴデザインを変更することを発表したと伝えていました。(Apple Insiderの伝えたとおり)

アップルがユーザーグループページに、イベント「Macミュージアム」のお知らせが掲載されていました。

ロジテック社が、MacintoshとWindowsの両OSに対応したUSB対応FDユニット「LFD-31UI」を発売すると発表していました。

メルコ社が 、Windows&Mac両対応のUSB接続ポータブルCD-Rドライブ「CDR-P46USB」 、PowerMac G4対応の512MBメモリーを含めた「AG4シリーズ」、 iBook用の256MBメモリ「IM-D256M」を発売すると発表していました。

アップルがTech Info Library-Jを更新していました。

TIL-16473JN:Mac OS: 起動時に起こる問題のトラブルシューティング(更新)
TIL-25035JN:Mac OS 9: マルチユーザでアメリカ・オンラインを使う
TIL-58342JN:PowerBook G3 Series (Bronze Keyboard): NewWorld ROM について
TIL-60643JC:Mac OS 9: インストールする前に Firmware をアップデートする
TIL-25082JN:Macintosh: USB CD-R 装置に書き出すときのエラー
TIL-24414JN:10/100 Ethernet Card: 10/100 イーサネットカードに適したケーブル
TIL-24861JN:FireWire: DV カメラからコンピュータへ静止画を転送する
TIL-24993JN:Mac OS X Server: Macintosh マネージャ - デフォルトパスワードのリセット
TIL-25019JN:Mac OS X Server: バージョン情報の確認
TIL-30714JN:Mac OS X Server: 起動モードの変更
TIL-30749JN:Mac OS X Server: root のパスワードがわからなくなってしまったら
TIL-30767JN:Mac OS X Server: “ネットワークへ接続できない”というエラー
TIL-30770JN:Mac OS X Server: Lookupdとは?
TIL-30837JN:Mac OS X Server: シングルユーザモードでの起動
TIL-24988JN:Mac OS X Server: クライアントからの NetBoot プロセスのモニタ

Appleがデベロッパー向けツールとして、OpenTransport 2.6 Debugを配付していました。

NTT-ME社から、MN128-SOHO Slotin ファームウェア Ver.1.03MN128-SOHO SL10 ファームウェアVer.2.30が配付されていました。

NOVA社から、超整理er Ver.2.04 for Macintoshトランサーシリーズ 新語辞書が配付されていました。

カメオインタラクティブ社から、Studio Vision Pro4.2.2英語版(オーソライズ用)、Studio Vision Pro4.2.2英語版(チャレンジ/レスポンスコード用)、Galaxy+2.5.4(チャレンジ/レスポンスコード用)が配付されていました。

Adobe社から、Adobe GoLive Dynamic Link for ASP 1.0が配付されていました。

Griffin Technology社から、iMate Driver 1.78が配付されていました。

iREZ社から、KritterUSB drivers for Mac OS 1.0が配付されていました。

TOSHIBA DynaBook Satellite2520が当った。AMD社とその関係者に感謝!さっそく三香園に日帰りできた団長に講議を受ける(笑)

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・ロボットにつけるクスリ/アスキー ¥1,800(4-7561-3312-6)
・DTPエキスパート認証試験合格ガイド 2000/ビー・エヌ・エヌ ¥2,800(4-89369-772-2)


CValley

アイディ・イーストエンド

MJ SOFT Mac館

パソコン関連書籍宅配便

2000/01/18

話題として取り上げてきた(単独で^^;)最近のAirPort関連に関して、Appleがようやくその理由についての説明を発表していました。それにると、日本で既に「AirPort」という名称がアップルより先に商標登録されていたこちにより、他の名称を選定することになったと理由を説明しています。また、出荷時期に関しては、今四半期(1月〜3月)の後半に発売する予定だと発表されています。

この件に関してアップルが全カタログ製品の回収を行っている理由が判明したわけですが、どうやら自社のカタログだけでなく、店頭における製品機能紹介や、ウェブページ上での名称使用をも削除するよう求めているようです。また現在出荷されているiBookのHDにインストールされているドキュメント関連にも多数使用されているため、その修正作業の為に出荷が一時中止される可能性も出始めているようです。アップルより先に商標登録(単なる商標ではない)した企業とは、おそらく関西電機社(1995年9月に取得済み)のことだと思われます。「他人に厳しく、自分には甘いのか?」といった指摘があったかどうかは定かではありませんが、現在アップルはこれらワイアレス製品に関して、暫定的に「Wireless Network Base Station」「Wireless Network Card」という名称を使用するよう案内を出しているようです。

新しい正式名称に関しては、おそらくMACWORLD Expo/Tokyo 2000における基調講演で、Steve Jobs氏から改めて発表される可能性が高いと予想されます。

MacWIRE Onlineに、アップルサポート体制に関してAppleCare本部本部長 大宮哲夫氏、同本部カスタマーケア部長 半谷高博氏、テクニカルサポート課長 江元敏幸氏へのインタビューが掲載されていました。この中で現在iBookに関しては対面修理ができないようになっている問題に関して大宮氏は「アップルからみた経済合理性がある方法をベースとして進めている。修理部品に関しては現在は円滑に出荷されている」と述べたそうです。同氏によれば、現在のサポート体制は、引き取り修理が前提であり、対面修理・特急修理を前提としていない料金体系ということであり、追加料金を支払えば対面修理も可能といった体制に早くもっていきたいとも語っていたと伝えていました。

情報筋によれば、PCI Macintosh用のG4アップグレード製品に関して、近日中に2MBのバックサイドキャッシュを搭載した400MHzカードがインタウェア社に続いて登場するようです。

OLIOで、Intrex XLR8 Mach Carrier、Formac PRO G3、Newer MAXpowr G3などが特価販売されていました。

今日発売のMacPower 2月号(10周年記念号)に、歴代Macintoshの主要製品などに関する当時の批評などをまとめた特別付録が添付されていました。また特別企画としてiBook専用バッグ「ibag for iBook」「iBag for iBook Limited」 を発売することが掲載されていました。このバックの実物はORTHODOXEE 代官山店に展示されているそうです。なお、先月号から連載されている「WWW HUMAN BROWSER」に、義兄弟が奥さんと一緒に登場してます。

Newer Technologyのフリーのスペルチェックユーティリティー「SpellTools」に関して、今回Newerの社員であるCraig Marciniak氏が権利を譲り受け、個人的に開発を継続してゆくことにしたと発表していました。今後彼は10ドルのシェアウェアとしてリリースを続けることを表明していますが、今回は「オンライン決済の準備に思ったより時間がかかるため、将来$10を払ってくれることを望みつつ」無料で暫定的Mac OS 9対応バージョン1.4へのアップデータをサイトで公開しています。(サイダーさん情報ありがとね)

Panasonic社がMac Solution Circus'99 in Kansaiにて参考出品していた、スーパーディスクドライブを搭載した132万画素デジタル カメラ SUPER D-Cam「LK-RQ132S」を、115,000円で2月1日から発売すると発表していました。

イメーション社が、2月2日〜4日まで池袋サンシャインで開催されるPAGE2000で、新製品・イメーションインクジェトシステムおよびイメーション・カラー・フィデリティー・モジュール(CFM)を発表すると案内していました。

CaravanLabに「Taxan(加賀電子)」コーナーが設置されていました。

アップルがソリューションページに「Bob James」「Suck It Up!」「おお、ナイスショット!」「Dr. Digital」が追加更新していました。

アップルがAppleScriptサイトを更新していました。

アシストオン社が1月28日に「AssistOn原宿」を開店し商品の販売とサービスを開始すると発表していました。AssistOn原宿は、良いデザイン、優れたインターフェイス、使う楽しさを与えてくれるような製品を集めた、提案型の販売店だそうで、テクノロジー・ライター、私設Macintoshエバンジェリストとして高名な大谷和利氏をアドバイザーに迎え、デジタル製品、家庭用雑貨、衣料品、知育玩具、書籍、文具など、国内外のアイテムを集め、従来のカテゴリーに当てはまらない商品を広く取り扱われるそうです。

AGENDA社から、宛名職人Ver.7 最新ファイルセットが配付されていました。

ファクトリー社が、Newton用インターネットメールソフト「i-mail(Factory Mail for Internet)」用として、MailStationery ver.1.06、MailWorks ver.1.02を配付していました。

カードのクロース・アップ・マジック専門ですハイ。


PhotoDisc Japan K.K.

株式会社IMAGICA

Digital Origin(デジタルオリジン)

Avenue-D

2000/01/17

SYMANTEC Japan社が、Norton Utilities for Mac Ver5.02、 Norton AntiVirus for Mac Ver6.01に関して、MacOS9 対応CD-ROMの申込み受付を開始していました。(藤田さん情報ありがとね)

Macnews.deによれば、Appleがシードデベロッパーに対して、Mac OS 9.01 Update fc1(FinalCandidate)を配付するようだと伝えていました。最終的なバージョンナンバーが9.1となるかもしれないとも伝えています。

Mac the Knife「「i」のないガザ」によれば、Appleが数週間の内にiMac/466MHzモデルをMac OS 9.0.1(Minuet)とともに解き放つかもしれないと伝えていました。

iMacInTouchによれば、Mel Beckman氏が、クリスマスにCompuUSAで購入したiBookのクロックをApple システム・プロフィールで確認したところ「400MHz」と表示されたと報告としてきたと伝えていました。(またSilent Update?)

UselessMacによれば、Proformance3 32MBが、最新版ドライバGA5.7.0でV-RAMが8MBしか認識されないと言う問題が起きていると伝えていました。現状ではGA5.6.2b10までが32MBを認識するようです。なお、この件に関してFormac社がExpoで対応準備を進めていると語ったことも報告されています。

フォトディスク・ジャパン社が、フォトディスクの最新イメージを収録したカタログ「Photo Disc リソースブック13」をリリースしたと発表していました。そのリリースを記念してのキャンペーンが行われていました。

伊豆下田囲炉裏のある民宿くちやぶが、iBookが当るアンケートプレゼント(2/29まで)を行っていました。

Pre-Owned Electronics社が教育機関向けに導入されてきたMacintosh製品(Apple ][も含む)の古い製品に関して、パーツ供給を中止しすると発表していました。ということは、ちょっと前まで、これらビンテージ機種のパーツが手に入れられたわけですね。もったいない、、、

アップルのAirPort関連に関して、POWERBOOK ARMYの飯嶋氏によれば「本体がないと動作しないものであれば、本体と一緒に検査をする仕組みになっていますから、検査の方法が煩雑になりますが、法規に違反して、利用できないと言うことはないはずです。ただ、もしAppleがLucent Technologiesが取得した認定で、AirPortもOKと考えていたら、PC Cardではなく本体と一体という扱いだったため、別個に認定を取得する必要が生じてしまい、認定の取得が遅れた、ということは考えられると思います。」との御意見を頂きました。単純に予定より遅れているだけであることを希望してます。

Click & Pressさんで知った「読心術」なるページは面白い。(カードマジック好きの会長にはすぐに理解できました^^;)


Macintosh WIRE

日本で入手が出来ないマインドストーム、テクニック関連商品は、WWTショップへ!

バード電子

有限会社サイバーグルーヴ

2000/01/16

複数の情報筋からの報告によれば、アップルがiMac、iBookの現行カタログおよび店頭デモCD全てを回収しているようです。その理由については一切説明されてはおらず、後日新しいカタログを発送するとだけ説明しているようです。アップル事情に詳しい情報筋によれば、アップルのAirPortが本体と一体でなければ稼動出来ない仕組みから、無線設備規則等の一部改正が必要で、それが先送りになってしまったことにより、アップル社の製品情報全てからAirPortに関する記述を無くすのが目的ではないか?と考察されていました。なお、アップルは昨年AirPortを1999年内に発売出来なかった事をお詫びしていますが、その中には今年中に発売するとは言明されてはいません。また前回伝えたように、アップルのページからは、AirPortに関する製品情報は削除されています。(情報を求めています)

アップルストアーで、iBookアクセリーとして、iBook 電源アダプタ(9,200円)、iBook リチウムイオンバッテリ(16,000円)が販売開始されていました。

Appleが1月19日の午後2時から、2000年度会計の第一四半期決算報告を行うと発表していました。この模様は「QTV - Q1 2000 Financial Results」からQucickTimeでも放送されるそうです(日本時間で20日の午前7時頃からの放送)。なお、報告を行うのは、Apple CFO fred Anderson氏によって行われるようです。

MacWIRE Onlineによれば、ATI Technologies社がプレス向けのデモを行い。Power Mac G4で、Id SoftwareのQuake 3 Arenaの特別なOS Xネイティブバージョンを動作させてみせたと伝えていました。この中でBrian Hentschel氏は、RAGE 128 Proを2つ搭載したATIのRAGE Fury MaxxのMacintoshバージョンを開発する可能性をやんわりと否定し、ATIのRAGE 128 Mobilityチップセッが次世代PowerBookに搭載されることに関しては触れなかったものの、NvidiaのGeForce 256チップセットや3dfx InteractiveのVSA-100技術など、PCの分野でATIの競合他社から出ている新技術をはっきりターゲットに据えることは認めたと伝えていました。

Pierre DesignのExpo会場で聞いた事によれば、同社の「1つのOS」という戦略から、Mac OS X登場以後Mac OS X Serverは姿を消すが、なんらかのMac OS X用サーバーパッケージを出す事を考えていると伝えていました。おそらくMicrosoftのWindows 2000と同じような、クラスパッケージになると考えられます。

マクロメディア社がサポートページに、Dreamweaver3/Fireworks3 のシリアルナンバートラブルを掲載していました。製品梱包時のトラブルと、シリアルナンバーが分かりにくいという2重のトラブルがあり、正確なシリアルナンバーを把握して欲しいと説明されています。

Mac The Fork「Stock」が更新されていました。(たんちゃ@iBookUGさん情報ありがとね)

AppleのQuickTimeページが一新されていました。

アップルが経験者採用ページを更新していました。研究開発・エンジニアリングのテスト・コーディネータ募集が消えています。

CNET JAPANによれば、2月15日〜17日にかけて、MACWORLD Expo/San Francisco 2000が行われたSF Moscone Centerで行われる「Windows 2000 Conference & Expo」で、Microsoft社がWindows 2000を公式発表する前に、COMPAQ社がWindows 2000を搭載した「ipaq (Celeron/500MHz-$499からで、ノートブックArmadaと周辺機器を共有出来る)」を発売すると伝えていました。よく考えたら、MACWORLD Expo/Tokyo 2000とバッティングしてますね。どうりで1日開催日程を延ばしたいわけだ。

Appleが、Mac OS 9 (US)のSoftware Updateから、Apple GameSprockets 1.7.3を配付していました。

Appleからデベロッパー向けに、Carbon Dater 1.3が配付されていました。

Deneba Systems社から、Deneba Canvas 7 for VelocityEngine toolが配付されていました。

Global Village Communication社から、GlobalVillage GlobalFax 2.6.9が配付されていました。

Keyspan社から、Keyspan SX Pro Serial Card software version 1.3Keyspan USB Twin Serial Adapter software version 1.2が配付されていました。

FWB Software社から、SoftWindows 95 5.0.9 patchが配付されていました。

Terminal Reality社から、Fly! patch 1.01.84 availableが配付されていました。

GraphSim社からF/A-18 Korea GL 1.1.b2が配付されていました。




.
.dami.gif

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club.
All rights reserved. Site design by BRESTO, Inc.
「Macintosh等の名称は米国アップルコンピュータ社の登録商標です」
GigaHit