MACWORLD Expo/Tokyo 2000
February 2000 MACお宝鑑定団 
Mac News Link Mac関連雑誌ライターLink Special
Read me Bench mark History
先週のNews バナー広告募集 counter


スリーシーズ・アンド・テクノロジー株式会社

エナックス(株)

株式会社ピクセラ

PDAショップ、Vis-a-Vis(ビザビ)

2000/02/05

MacWIRE Onlineに、MACWORLD Expo/Tokyo 2000関連リンクページが公開されていました。関連記事リンク出展社リンクの2つが掲載されています。

IMAGICA社が、Web サイト等から無償で入手できるVJソフト/メディアミキサー「composite player」の提供を2月10日より開始すると発表していました。QuickTimeルーチンを全面的に採用した新エンジンを搭載し、MP3、WAVE、 AIFF 等のサウンドファイルの再生もサポートし、Macromedia Flash で制作したswf形式のベクターアニメーションの再生も行えるそうです。

MacInTouchにFred Taub氏からの報告として、先月Other World Computing社にMac OS 9 CD-ROMを注文したところ、なかなか商品が届かないので問い合わせたところ、Mac OS 9.0xに切り替えられる為、AppleがMac OS 9 CD-ROMの出荷を中止しているので待っていて下さい。と説明を受けたそうです。

Mac OS Rumorsが匿名からの情報として、Pismoには内部冷却用のファンが装備されていないので、400/450/500MHzという構成ではなく、350/400/450 MHzという構成になるかもしれないと伝えてきたと掲載していました。ただ、これは長期的な問題ではなく、MotorolaとIBMがG3プロセッサーの消費電力を更に抑えた製品を出荷するまでのことらしいです。

MacWIRE Onlineによれば、AppleのiToolsの使用許諾書の内容問題に関してさっそくAppleが修正を行ったと伝えていました。

Macintoshトラブルニュースによれば、Appleが1台のFireWire機器を、2台のコンピュータに接続して共有する可能性を、研究しているようだと伝えていました。

Do-夢で、加賀電子社のストレージファイター採用カードとして知られる、ATA-66 PCI Card for Macintosh ACRAD AEC-6260/Mが、13,800円で予約が開始されていました。

アップルがTechInfoLibrary-Jを更新していました。日本で発売されていないApple Studio Display 21に関する情報などが今回追加されています。

TIL-43021JC:10/100BASE-T Ethernet ネットワークへの接続
TIL-43031JC:iMac: バックアップを取る方法は? (更新)
TIL-60235JN:DVD-RAM ディスクを利用する (更新)
TIL-58414JC:AirMac ワイヤレスコミュニケーション: FAQ - 1/3 (更新)
TIL-58415JC:AirMac ワイヤレスコミュニケーション: FAQ - 2/3 (更新)
TIL-60422JC:AirMac ワイヤレスコミュニケーション: FAQ - 3/3 (更新)
TIL-58500JC:一般的な PC カードスロットで、AirMac カードを使用しないでください
TIL-58501JN:AirMac: サポートするインターネットサービスプロバイダ
TIL-43024JN:Macintosh: Windows を利用することはできますか?
TIL-30119JN:CloseView: クロースビューの使い方
TIL-58384JN:PowerBook と iBook: 電源アダプタをつないでも動作しない場合の対処方法
TIL-31024JN:WebObjects: バンドルと Mac OS X Server のバージョンの違い
TIL-60388JN:QuickTime 4: Web からのインストールに関する問題
TIL-14789JN:大容量ハードディスクを複数のパーティションに分割してブロックを小さくする
TIL-24217JN:Macintosh EIDE ドライブ: ドライブの技術仕様
TIL-24252JN:アップル社の IDE ドライブ: Ultra-DMA には対応していません
TIL-58214JN:Apple Studio Display 21: 複数のディスプレイを同時にデイジーチェーン接続できない
TIL-58217JC:Apple Studio Display 21/Apple Studio Display 17: 三脚スタンド使用上の安全について
TIL-58466JN:iMac (Slot Loading): メモリのアップグレード
TIL-8756JN:ハードディスク: B ツリー構造に問題が生じたボリュームの対処方法
TIL-18275JN:Power Macintosh Computers: 使用できるマイクロフォン
TIL-58016JN:iMac: 電源ランプによる状況の見方
TIL-75016JN:Power Macintosh G3 (Blue and White), G4: メモリエラーと USB 装置について
TIL-60310JN:QuickTime 4 : すでにわかっている問題
TIL-1749JN:Macintosh: システムエラーコードの説明
TIL-24787JN:デジタルビデオ: Mac やテレビで再生すると、ムービーが正しく見えない
TIL-3492JN:Macintosh: 内蔵ハードディスクが定期的にサーマルキャリブレーションを行う

アップルがFireWire周辺機器データベースと、iMovie対応カメラリストを更新していました。

2月3日の東京新聞 夕刊にMACお宝鑑定団が掲載されていたそうです。事前掲載連絡はありませんでした。


株式会社フラッシュバック

アイディ・イーストエンド

MJ SOFT Mac館

パソコン関連書籍宅配便

2000/02/04

MacInTouchが、AppleのiToolsサービスに関しての使用許諾内容の中に、iDiskのパブリックディレクトリー内に置かれた全データをAppleの著作権とすると書かれている事を取り上げ、Jim Burton氏などがおこなっている抗議活動などを掲載していました。これににた事は以前GeoCitiesでも問題になりましたね。

MacWIRE Onlineに、Final Cut Pro 1.2の製品担当をしているアップルマーケティング本部プロダクトマーケティングソフトウェア担当 古村秀幸氏へのインタビューが掲載されていました。

CNET JAPANによれば、フリーマック・コムの「iMac」無料配布計画は、アップルの許可が下りず頓挫したようだと伝えていました。

CNET JAPANによれば、Appleが、西暦2000年バグによって同社の情報技術システムに数件の小さな誤作動が起こったが、業績には大きな影響はなかったと報告したと伝えていました。

infoseekが、iBookなどが当るプレゼントキャンペーン(3/14まで)を行っていました。

インターネットアスキーが、iMacなどが当る第3回プロバイダ・アンケート(2/20まで)を行っていました。

株式会社ミスミ デジタルサプライチームが、株式会社アゴストとの協力で、2000年2月4日にDTP通販カタログ「デジタル素材百科2000」(1,800円)を全国書店にて発売すると発表していました。

コーシングラフィクスシステムズ社が、ジャンボエディター1.6を公開していました。

digitalians.comに謎のメッセージを掲載されていました。う〜んなんだろう?

アップルがUSB周辺機器データベースを更新していました。

AppleがデベロッパーTechnotesに、TN1193: How to structure your handleCheckUpdate callbackを追加し、TN1162: Introduction to MRJ Scripting with AppleScript for Javaを更新していました。また、Technical Q&AsにJava関連を追加していました。

先日伝えたRealtekの8139チップを搭載した10/100 BASE TX Ethernet CARDに関して、名古屋の大須で物色してみたところ、DOS/Vパラダイス 名古屋大須店パソコン工房 名古屋店で売られてるのを確認しました。なお、僕が動作確認したのは、DOS/Vパラダイスで売られていたAcerのDCS-NE55Rで、1,680円で一番安かったです。

PC Watchの後藤弘茂のWEEKLY海外ニュースで、Intelの次世代CPU「Willamette」が第4四半期(10〜12月)に1.4GHzとなり、Pentium III 1GHzは9月から出荷されると伝えていました。

アドビ社から、Acrobat Reader 4.05日本語版が配付されていました。

ソースネクスト社から、鉄壁 VirusScan Ver.5.9.1 for Macintosh用ウィルス定義ファイル2000/2/3更新データが配付されていました。

インタウェア社から、CinemaGear用のQuickTime4.0対応機能拡張ベータ版が配付されていました。動作対応機種に制限があります。

Template Graphics Software社から、Amapi 3D 5.01 Updateが配付されていました。

Keyspan社から、Keyspan USB PDA adapter 1.8が配付されていました。

Griffin Technology社から、iMate Driver 1.8b3が配付されていました。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・デジタル素材百科2000/アゴスト ¥1,800(4-901054-48-1)
・iBookでパソコンデビュー!/角川書店 ¥700(4-04-853163-8)


株式会社ニィス

act2

リンククラブ

2000/02/03

アップルがMACWORLD Expo/Tokyo 2000の展示会場4ホール手前において、50台のiMac DVを使った、「iMovie」の楽しさを実際に体験することが出来る「iMovie スクール」を行うとのことです。また、Macintosh Products Guide CDsを毎日先着2万名(合計8万名)に配付するそうです。

Yahoo! Internet GuideとYahoo! JAPANが共同で、iMacなどが当る第4回 Yahoo! JAPANプロバイダ利用調査 (2/14まで)を行っていました。

情報地図コミュニケーションMapionが、iBookなどが当る3周年記念キャンペーン(2/29まで)を行っていました。

新WWW検索エンジンGotchaが、10週連続プレゼントキャンペーンを行っており、今回第2週目(1/31〜2/6)賞品としてiBookが当るそうです。

エキサイトジャパンが、iMacなどが当るバレンタインスペシャルプレゼント(2/14まで)を行っていました。

Mac OS RumorsがKuodesignによるPismo想像図を紹介していました。またMinuetがMac OS 9.0.2. Build 9.0.2f3となり、ゴールデンマスターとなるのは近そうだと伝えていました。

Apple Insiderによれば、Adobe Flash-Killer in Beta: AdobeのFlashキラーとして開発されている、コードネーム「Ground Zero」は、12月に開発がベーター段階に入ったようだと伝えていました。Flash出力パレットが完成したこのリリースは、動作させるのに40MBのハードディスクの空き容量と最低でも15MBのRAM容量が必要だそうです。(Nanko隊員より)

メルコ社がMACWORLD Expo/Tokyo 2000出展情報を案内していました。FireWire対応スケルトンHDドライブ「DIL-SKL 8.6G」に、Macintosh用ドライバーを付属して79,800円で販売するそうです。

技術系の求人誌「エンジニアType 3月号」に、ガイ・カワサキ氏の記事「エンジニアたちのバイブル」が掲載されていました。大学時代に、HPの計算機に出会い、その後アップル・エバンジェリストとしての変遷を簡潔にまとめていました。(蜂須賀さん情報ありがとね)

Sonnet Technologies社が、MACWORLD Expo/Tokyo 2000において、18日に国際会議場で、Sonnet Technologies社の代表取締役社長であるロバート・ファーンズワース氏による特別講演を行うと発表していました。G3/G4アップグレードのエンジニアリングの現状、将来の展望等のテーマで薦める予定だそうで、社長本人が日本で講演するのは今回が初めてだそうです。なお、聴衆するには招待状が必要となります。

MJ SOFTで、PowerForce G3 400 /200/1Mが39,800円で販売されていました。

モリサワ社が、新書体NewCIDフォント【新丸ゴファミリー7ウェイト】を4〜5月に発売すると発表していました。また、NewCID版のタカハンドファミリーと毎日新聞書体の店頭発売日が、2月9日に決定したと発表していました。

メトロワークス社が、今までB.U.G.に委託してきたCodeWarriorの販売、サポートについて今後は同社が直接行うと発表していました。(たんちゃさん情報ありがとね)

複数読者の報告によれば、パスカルが2/2付けで発信したメール情報のjunk columnで、A5サイズのAppleカラー Palmが4月頃に出るかも?といったニュアンスの内容が掲載されていたと報告してくれました。

情報筋によれば、USB、AirPortを装備したAppleロゴを持ったカラーPalmはあるらしいです。しかし、あくまでAppleブランドとしてのOEM製品であることを主張するという見方が強いようです。しかし、日本での販売戦略もちゃんと考えられているらしいです。

Appleから、Mac OS 9 Audio Update Version:1.3が配付されていました。各国版に対応しているそうです。

Appleがデベロッパー向けツールとして、MRJ SDK 2.2 Installを配付していました。

加賀電子社からStorageFighter Ver.2.2.8アップデートプログラムが配付されていました。(Midgeさん、Globeさん情報ありがとね)

Nikon社から、Nikon View DX Macintosh Ver.1.0.2JPNikon View 2.5 & Macintosh Ver.2.5.2JPが配付されていました。

Macromedia社から、Flash4 Player 4.0r26が配付されていました。

Aladdin Systems社から、Aladdin ShrinkWrap 3.5.1 Updateが配付されていました。


テクノポート・シトラス

株式会社内芝製作所

日本電池株式会社「UooPS(ウープス)」発売

2000/02/02

Apple Insiderによれば、PowerPC G4が500MHz以上の動作保証が得られるチップを、Motorola社が製造するのは設計上の問題や製造上の問題などの点から難しくなっているそうです。この種の警告はMotorolaの情報筋からすでにPowerMac G4の発表された僅か1時間後に伝えられていたらしく、また11月末から12月初めにかけて、MotorolaはAppleに対してPowerPC G4/500MHzプロセッサーを10,000コ供給しましたが、これが8月以降Motoralaが生産できたすべてのG4/500のチップだそうです。現状のMotorolaは、1枚のウェハーあたり300コのチップを製造しているが、500MHzで動作するモノは平均して僅か2コか3コしかないそうです。

IBMがAppleからの要請を受けて(Apple以外にもG4プロセッサーを供給することを、Appleとの契約書に定義していたらしい)PowerPC G4を製造することを手助けすることになったそうです。そこで製造過程に於いては、Motorolaより遥かに成熟していますが、それでもMotorolaが設計した現行のG4では設計問題によって、Appleの需要を満たすだけのプロセッサーを製造することは難しいようだと伝えていました。(この時点でiMac DV SE G4はキャンセルされたようです)このため、両社は500MHzオーバーを実現するために、改定されたPowerPC G4(G5ではない)を完成させるべく、G4の設計を早急に見直しているそうです。

ただ、この新しいチップが早くても6月にリリースされる予定だという情報はあまりにも楽観的すぎて、情報筋はチップの製造過程から考えても極めて懐疑的だとしています。IBMの情報筋も「AppleはG4の生産とそれを自社の製品に組み込む事に対して少し楽観過ぎるのではないか」と指摘しているそうです。

そのため、Appleは「Mystic」というコードネームのマルチプロセッサーPower Mac G4を、当初の予定のG5/500MHzx2ではなく、G4/450MHzx2で発表するだろうと伝えていました。最後に、情報筋の話として、「フェアーな推定」では、PowerMac G4は今後8ヶ月は500Mhzを突破しないのでは、としています。その間にも、MotorolaとIBMはさらに高速なG3プロセッサーを生産するだろう、としています。

アップグレードスタッフによれば、Newer Technology社のiMAXpower G3 466に関して、現在日本での発売は見合わされていると伝え、それが行えるように交渉を進めていると報告していました。現在グレスタでiMAXpowr 購入希望者調査が行われています。

昨日伝えたNewer Technology社が開発した旧iMac用のG3/466MHzアップグレードカード「iMAXpower G3 466」に関して、POWERBOOK NEWSがPowerBook G3 series用も開発しているとNewer Technology社が語ったと伝えていました。どうやら方法は同じみたいです。(それより、Newer Technology社ってMACWORLD Expo/Tokyo 2000出展しないんだよね?)

Insanely Great MacにiMAXpower G3 466のレビューがさっそく掲載されていました。これはどうやらオリジナルプロセッサーカードから、ROMを外して載せ換える方法を取っているようです。

Mac the Knife「消えたKnife」によれば、Appleの次世代PowerBookと噂されるPismoはゴールデンマスターを迎えたが、Minuet (Mac OS 9.0.1)の開発の遅れからリリースが先延ばしされていたが、MACWORLD Expo/Tokyo 2000で発表されることになりそうだと伝えていました。またApple palmに関してPalm OS 3.5を搭載した最初のカラーPalmとして、Apple Demo Daysで発表されるだろうとも伝えていました。また、Mac OS X Serverの次世代版はMac OS X Internet Commerce Solutionと名称が変更されるようだと伝えていました。

情報筋によれば、アップルが現在発売されているPowerBook G3 series(Bronze keyboard)に関して、販促品を新規に差し換える準備をし始めたようだと伝えてきました。なぜ?(笑)

Mac OS Rumorsによれば、Appleがドメイン登録をしたiPhone.orgとは、iToolのような仕組みを持ったQuickTime Streaming技術を利用したヴィデオカンファレンスサービスなのかもしれないと伝えていました。また、IBM社がPowerPC G3の550MHzと600MHzを完成させ、これらを使用したアップグレードカードの出荷が始まるだろうと伝え、Appleが「AirSurf」「AirSurfer」という商標登録を申請していると伝えていました。また、Pismoのプロトタイプには、IBM製のPowerPC G4/400MHzを搭載し、MAX BUS仕様の製品がテストされているようだとも伝えていました。

インフィニシス社が、After Dark・After Dark Games:OS 9での動作状況および対応方法を案内していました。なお、この方法はMac OS 9上での動作保証をするものではないと記されています。

NOVA社が、英⇒日翻訳ソフト、PocketTranser/ej eco for Macintoshシェアウェア版を発表していました。ベクターダウンロード販売が開始されています。

ロジテック社が、USB-SCSI変換ケーブルを付属したUSB対応の外付型MOユニット「LMO-S1300/UP」「LMO-S638HN/UP」「LMO-S245F/UP」を2月上旬から発売すると発表していました。

中古マック価格情報が、2月1日付けの中古マックの相場情報を公開していました。PB1400と2400シリーズの値下がりが目立っており、1400は7〜9万円程度のものも出るようになってきていて、2400でも14万円程度まで下がってきているそうです。

アップルがユーザーズグループページに、「Expoシェルパ」のお知らせを掲載していました。

アップルがTech Info Library-Jを更新していました。

TIL-60434JC:iBook: 付属するソフトウェアについて (更新)
TIL-70106JN:WebObjects 4: SSL Example
TIL-4200JN:TCP/IP パケット: AppleTalk カプセル化のしくみ
TIL-25057JN:Mac OS 9: CD Update 2.0 でバージョンが正しく認識されない
TIL-25066JC:USB マウス: 縦横いずれかに移動したときにとぎれとぎれになる
TIL-25085JN:USB: Apple システム・プロフィールに 2 台目の通信用装置が表示される
TIL-24213JN:Power Macintosh G3: 技術情報
TIL-60159JN:Mac OS X Server: SVGA モニタが VGA としてリストに表示される
TIL-60169JN:Mac OS X Server: ハードウェアと互換性に関する FAQ
TIL-60172JN:Mac OS X Server: SMB と CIFS のサポート
TIL-60175JN:Mac OS X Server: Mac OS 8(以降)のパーティションはどこに作成する必要があるか?
TIL-60179JN:Mac OS X Server: USB キーボードと、再起動やシステム終了のウインドウ
TIL-60185JN:Mac OS X Server: ソフトウェアの削除方法
TIL-60187JN:Mac OS X Server: AppleTalk 専用クライアントの Apple ファイルサービスのゲストアカウント
TIL-60189JN:Mac OS X Server: Mac OS X Server におけるフィールドの操作
TIL-58317JC:iMac 333: 技術仕様
TIL-1752JN:Macintosh SCSI: 説明
TIL-31132JN:USB Adapter Card Support: Read Me
TIL-25065JN:Microsoft Internet Explorer: 起動時にフリーズする
TIL-16473JN:Mac OS: 起動時に起こる問題のトラブルシューティング
TIL-58467JC:iMac (Slot Loading): VGA ポートに外部ディスプレイを接続する方法
TIL-10181JC:SCSI 装置: 一般的な使用のヒント
TIL-7830JN:Macintosh: 内蔵と外付け SCSI ハードディスクドライブの速度の比較
TIL-12228JN:ディレクトリ構造: 損傷があるときの状況とその修復方法
TIL-70101JN:WebObjects 4: WebObjects 4 で SSL を使う
TIL-31153JN:Mac OS 8.x/Mac OS 9: 対角線の幅が広いように見える

ZDNet-Jによれば、3Com社から「Palm Inc.」としてスピンオフを予定しているPalm Computing社が、Palm OS 3.5を搭載したカラーPalmデバイス「Palm IIIc」を、2月に出荷開始するようだと伝えていました。

Appleから、AirPort Version:1.1が配付されていました。

ヤノ電器社が、SCSI Device Pro 2.3.3アップデータを配付していました。

ティアック社から、CD-R55S ファームウェア Rev.1.0Rが配付されていました。

Village Tronic社から、MP7x0、MP8x0、MP9x0用 ROM Updater V1.5VT 2D QuickDraw Accelerator 1.7.1MacPaloma Version: 2.5.4、が配付されていました。

McAfee社から、Virex用ウィルス定義ファイルMac DAT File for Virex February/2000が配付されていました。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・LinuxPPC R5日本語版 入門キット/秀和システム ¥2,800(4-87966-975-X)


(有)アシスト オン

株式会社ミスミ デジタルサプライチーム

PhotoDisc Japan K.K.

株式会社パワーラボ

2000/02/01

今日発売のMacPeople 2・15号に、Newer Technology社が開発した旧iMac用のG3/466MHzアップグレードカード「iMAXpower G3 466」に関する情報が掲載されていました。オリジナルプロセッサーカードのPowerPC 750部分を、466MHz版に取り替える方法を用いた大技な製品のようです。最初に搭載されているプロセッサーカードと交換する場合は、$499で購入可能になるようです。

今日発売の「Mac Fan」と2月8日発売の「Mac Fan internet」、2月15日発売の「Mac Fan」に、MACWORLD Expo/Tokyo 2000の展示会入場料を50%(1,000円分)割引する「特別優待券」が付属しているそうです。また、恒例となったExpoでのMYCOMブースで行われるプレゼント抽選券なども付いているそうです。

MacWIRE Onlineによれば、富士写真フイルム社が世界初ハニカム432万画素「スーパーCCDハニカム」を搭載したデジタルカメラ「FinePix4700Z」およびブラックバージョンの「FinePix4700ZB」を、3月1日より128,000円で発売すると発表したと伝えていました。

Zap2@当然So!さんの情報によれば、Realtek社製RL8139チップ搭載100BASEカードに関して、現在公開されているRL8139ドライバーはMac OS 9上では動作しないそうです。また、RL8139チップを搭載していても、カード上のVendor IDが「10EC」になっていない物も動かないそうです。それらに関する詳しい情報は、新MMASの昨年11月頃の記事で詳しく報告されているそうです。

アップルが公式にMACWORLD Expo/Tokyo 2000に出展すると発表していました。

アップルがUSB周辺機器データベースを更新していました。

フォーカルポイントコンピュータ社から、ProFormance 3 OpenGL対応最新ドライバーGA 5.7.1.1が配付されていました。

AGENDA社から、ぱぱっと家計ノート2000Macintosh用の最新ファイルセット、2000年1月28日版が配付されていました。

アドビ社から、期間限定でAdobe GoLive 4.0xユーザーを対象に、Adobe GoLive 4.01用 Dynamic Link for ASP 日本語版が配付していました。

ATI Technologies Japan社から、ATIユニバーサルインストーラ Ver 4.2 日本語版が配付されていました。

Microsoft社から、IntelliMouse 1.0a日本語版が配付されていました。

Pangea Software社から、NANOSAUR EXTREMEが配付されていました。PowerPC G3/350MHz以上、ATI 128、64MB以上の環境が推奨されています。

Symantec社から、Norton AntiVirus for Macintosh 6.0用ウィルス定義ファイル1/31、 5.0用ウィルス定義ファイル1/31、が配付されていました。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・iBook Guide Book/秀和システム ¥1,900(4-87966-974-1)
・FLASH WEB DESIGN BOOK/翔泳社 ¥3,800(4-88135-828-6)


CValley

株式会社IMAGICA

Digital Origin(デジタルオリジン)

有限会社サイバーグルーヴ

2000/01/31

Realtek社から、RL8139チップ用のMacintosh版ドライバーRTL8139x Driver 1.0(最初はzip形式で圧縮されています。解凍後のEXEフォルダの中にあるRTL8139x.sitを再度解凍して下さい。)が配付されていました。ようやく正式版となったようです。Macintosh用の100BASE-TX Ethernetカードはまだまだ高いですが、このドライバーを使用すれば、DOS/Vショップで売られているRealtek社のRL8139チップを搭載した100BASE-TX Ethernet PCIカード(PRAGMATIC社のUE1211D-TXやAcer Netxus社のALN-325など)を使用することが出来るようになります。実売で2,000円前後ですから、iMac、Power Mac G4などを導入して、そろそろ100 BASE環境に移行しようと考えている方で、旧機種をどうしようか迷っていた方にはベストチョイスだと思います。ちゃんとMacintosh対応製品として販売されているRL8139チップ搭載製品を希望される場合は、Macsense Connectivity社(日本の代理店ってあるの?)のFAST ETHERNET CARD FE551(どこかで見たような)というのがあります。ちなみに、Macsense Connectivity社からはいろんなMacintosh用ドライバーが配付されていたりしてます。

システムソフト社が、iMac DVやPower Macintosh G4シリーズに対応したディスクメンテナンス&ハードウェア診断ツールの最新版「TechTool Pro 2.5.3 日本語版 (17,800円)」を、2月25日から発売すると発表していました。は、「The NORTON Utilities for Macintosh」ユーザーを対象とした12,800円のサイドグレード版も用意されているようです。

日経MAC.COMによれば、メディアヴィジョン社がThursby software System社のネットワーク・ユーティリティ「DAVE version2.5J」を、2月17日に2万4800円で発売すると発表したと伝えていました。

MacWIRE Onlineに、ポチ/Yuko Tanaka氏がiMacWIREで執筆するコラム「ポチのiBook WanWan Diary」がウェブ上で全掲載されていました。

MacWIRE Onlineに、Macweltの編集主任および米国の通信員であるMartin Stein氏による、CorelのMac製品開発マネジャーTim Stringer氏へのインタビューが掲載されていました。夏に発売される予定のCorelDRAW 9 for Macintoshでは、PDF形式ファイルに対応するそうです。

アップルがiBookページにAirMacページを追加していました。

Daily BCNBCN Award2000の受賞内容が掲載されていました。また1月26日に行われた表彰式の様子を伝えていました。アップルの福田尚久 本部長のコメントなどが掲載されています。

オンラインショップMurauchi.co.jpで、富士通パーソナルズ社のUSB対応スキャナー「PLUG-N-SCAN 1200CU/WM (マステック社製)」が、9,980円で販売されていました。なお、Murauchi.co.jpで掲載されているスキャナー本体写真は600CU/WMで、本物はこちらの画像です。

最近ショップでロジテック社のUltra SCSIカードLHA-600Uシリーズが、3,000円台で売られているのを見かけます。でも、オンラインショップではなかなか売ってませんね。

CNET JAPANに20GHzのプロセッサーは実現するかという記事が掲載されていました。特定用途向けのSiGe/10GHz製品というのは、すでに存在しているので、IBMの赤沼氏の言葉を信ずるなら、もっと早い時期に到達してしまうかもしれませんね。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・Webサイト ユーザビリティ入門/トッパン ¥2,000(4-8101-9018-8)
・はじめてのMacintosh MacOS9対応版 最新カラー版/秀和システム ¥1,000(4-87966-900-8)
・はじめてのホームページ HTML入門 Macintosh版 最新カラー版/秀和システム ¥1,000(4-87966-955-5)
・ノンデザイナーズ・ウエッブブック/毎日コミュニケーションズ ¥2,900(4-8399-0332-8)


Macintosh WIRE

日本で入手が出来ないマインドストーム、テクニック関連商品は、WWTショップへ!

バード電子

digitalians.com

2000/01/30

Appleが社員募集ページ「Apple Jobs」を公開していました。オープニングページに出てくる社員達は、リロードする度に変わるようになっています。またThink differentメッセージを、Appleで働く事の意義として改作した「What We Stand For」や、現社員達へのインタビュームービー「1」「2」などが公開されています。どうやらAppleは会社組織を「大学」と見立てて組織化しているようですね。

LoveMac!comが「電脳ガードマン 半蔵」という製品のレビューを掲載していました。これは、Macと専用の赤外線センサーを使った簡易ホームセキュリティーシステムだそうです。

Apple Insiderによれば、Newer Technology社がまもなく旧iMac用のPowerPC G3/500MHzを採用したZIFソケットタイプのアップグレードカードを発表するようだと伝えていました。これには466MHz、433MHz版も用意されており、全て1MBのバックサイドキャッシュを備えているようです。また現在Lombard、WallStreet用のG3/500MHzアップグレードカードも開発中だと伝えていました。(もうまもなく発表されます)

Apple Store USでApple Cinema DisplayとPower Mac G4 (AGP Graphics)モデルとのセットUltimateモデルの注文受け付けが再開されていました。他のPower Mac G4モデルからでも、Apple Cinema Displayを注文することは可能です。(それだけのことか、)

Mac the Fork「Eleven」が更新されていました。ForkはMACWORLD Expo/Tokyo 2000に、New PowerBook G3 seriesが登場すると述べています。

Appleがデベロッパー向けツールとして、QuickTime Java SDKを配付していました。

Smith Micro Software社から、FAXstf 5.1日本語版 Updaterが配付されていました。




.
.dami.gif

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club.
All rights reserved. Site design by BRESTO, Inc.
「Macintosh等の名称は米国アップルコンピュータ社の登録商標です」
GigaHit