WWDC2000
April 2000 MACお宝鑑定団 
Mac News Link Mac関連雑誌ライターLink Special
Read me Bench mark History
先週のNews バナー広告募集 counter


株式会社デジータダイレクト


株式会社マックレット

digitalians.com

2000/04/15

NBA 2000からの読者情報によれば、Pinacle Systems社が発表した「TARGA 3000」 (Adobe Premiere 5.1バンドル)の出荷は、6月〜7月頃とブースで回答していると報告してくれました。(TARGA Cineに関しても報告待ち)また、AppleとMatrox社との共同開発製品である「The RTMac」に関して、Matrox社のブースでは、カード自体はMatrox社製で完成しているが(元々はRC 2000 For Macとして発売予定だった可能性があり、今回の発表によってMac版としてのリリースは不明になっているらしい)、BOXがAppleによる製作となるため出荷が秋に予定されていると述べていたそうです。その為現在のデモは、RT 2000 (PC版)のBOXを仮に使用しているため、撮影を禁止しているとのことです。

MJ SOFTが、PowerForce G3 ZIF 466 ¥39,800、PowerForce G3 ZIF 500 ¥64,800、PowerForce G3 500 ¥64,800と値下げを行っていました。

バード電子社が、パワーサポートの共同開発製品「インカマスPB」「インカマスDV」の予約を開始したと発表していました。

現在Appleが「ftp://ftp.apple.com/」のデータを全て消去してしまっている。一時的な事なら良いのだけど?

PowerBook DTVによれば、IKESHOPがDMの中で、激安FW-HDD発売の予告が載っていたと伝えていました。IKE-FireHD/15G FireWire HDD 15GB ¥29,800、IKE-FireHD/40G FireWire HDD 40GB ¥43,800などとなっているそうです。(安い〜!)

Go2Macによれば、Appleが配付したFireWire Version:2.3.3を、PowerBook G3 series(1998)とNewerTechnology社のFireWire2Go PC cardと一緒にMac OS 9環境で、FireWire Target Disk Modeが可能になったと伝えていました。(噂のページさん情報ありがとね)

MacGadgetによれば、フランクフルトで開催中の「musikmesse 2000」においてEmagic Soft社が「WaveBurner Pro」「Logic Audio 4.5」を発表したと伝えていました。なおSteinberg社は展示会場で「Cubase VST Version 5.0」をメインにいくつかの新しいデモを行っていたそうです。

Macnews.deによれば、NOKIA社がNokia 9110/9110i Communicatorに対応したモデムスクリプトの配付を開始したと伝えていました。

MacInTouchによれば、AppleがTIL-31205(Apple内部とAppleサポートプロバイダー向けの機密情報で、一般公開情報ではないと記されている?)によれば、Power Mac G4/500MHzに搭載されているPowerPC G4プロセッサーの中で、プロセッサーの製品番号が「XPC7400 RX450PK」とミスプリントされているものがあり、Apple System Profilerで確認することによって、それが間違いなく500MHz製品であることが確認出来ると案内していました。(ひょっとしてこれIBM製?)

マックトピアの連載コラム、Apple's Eye「iTools」が更新されていました。

メガフュージョン・カメオインタラクティブカンパニー社が、422/23の2日間、名古屋JRセントラルタワーズ12階タワーズプラザホールにおいて行われる「クリエイターのためのデジタル・オーディオツール・フェア IN NAGOYA」に出展すると告知していました。この展示会には、オービット・ミューズテクス事業部スタインバーグ・ジャパン社なども出展するそうです。

マクロメディア社が、4月15日(土) 〜 5月9日(火)にかけて、東京(秋葉原)、大阪、名古屋にて、 Dreamweaver 3 / Firewokrs 3 Studio日本語版の店頭デモ(大阪(4/29,30)、名古屋(5/6,7)においては、セミナー形式)を開催すると告知していました。

NEC社が、デザイン重視のTAとして「AtermIT21L」を発表し、同時に専用情報サイト「StageL」を公開していました。

AppleがNBA 2000レポートページ「Apple at NAB 2000」を公開していました。7ページにも渡る充実した内容になっています。

Appleが4月19日午後2時から、2000年度第2四半期の決算報告電話会議を行い。その模様をQuickTime Streaming放送すると発表していました。

アップルが、「第100回日本外科学会総会」に出展のお知らせぺーじに、4月11日に行われた、向井千明氏による記念講演「宇宙が仕事場」を、QuickTimeムービーで公開していました。

アップルがiMovie対応カメラリストを更新していました。

Appleが、Dawin 1.0.2を配付していました。前回の容量221MBから139MBへと大幅に縮小されていました。(小山さん情報ありがとね)

Appleから、Macintosh Manager 1.3 Security Bypass Extension Version:1.3が配付されていました。

DDI POCKET社から、サン電子のUSBケーブルを使用して、Macintoshとハイブリッド携帯端末H゛とのデータのやり取りを可能にする、H゛向けアプリケーションソフトVer0.9 (β版)が配付されていました。環境設定で使用ポートをPHS DATA 64カードに指定し、SIIのPHS DATA 64カード(ファームウエアバージョン2.11)、九州松下のKX-PH923Fという構成でも動作したとの報告が寄せられています。(mokkosanさん情報ありがとね)

キヤノン販売社から、BJ F200 IS Scan for Macintoh V2.41が配付されていました。

ヤノ電器社から、U640MO-01専用ドライバソフト「USB MO 1.0.2」、USB FD用ドライバーソフト「USB FD 1.0.1/1.2.4」、UPCRW-01, UPCRW-02用ドライバソフト「USB PCRW 1.1.2」が配付されていました。

アイ・オー・データ機器社から、USB接続の携帯電話ケーブル「USB-PDC」をMac USBに対応させるためのドライバUSB-PDC Ver.2.00、メモリースティックを直接読み書きできる、USB接続のメモリースティック用カードリーダー・ライター「USB-PCMS」をMac USBに対応させるためのドライバUSB-PCMS Ver.1.10が配付されていました。

エヌフォー・メディア研究所社が、ETC TB01インストーラー v2.1を配付していました。

With Heart社から、MAC DE 会計(個人編) v2.3.11アップデータが配付されていました。

インフィニシス社から、一軒楽着の追加部品集その3 Macintosh版が配付されていました。

富士ゼロックス社から、DocuPrint C412用 Macintoshプリンタドライバ Ver.3.0.3が配付されていました。


CValley

Quad Elements Co.,Ltd.

有限会社サイバーグルーヴ

2000/04/14

日経MAC.COMが、NBA 2000におけるAppleブース現地レポートを伝えていました。それによると、Final Cut Pro 1.2.5の日本語版も同時発売が予定されているそうです。また、「RTMac」と「TARGO Cine」の製品シリーズに関する情報が掲載されています。なお、Astarte社のDVD部門を買収に関して、実際はAstarte社そのものを買収したとAppleが述べたと伝えていました。

IBM社が、ノートPC向けのハード・ディスク・ドライブとして最大32GBの容量を持った「Travelstar 32GH (5,411rpm)」を発表していました。この他に30GBの「Travelstar 30GT (4,200rpm)」、20GB/10GB/5 GBの3種類がラインナップされた「Travelstar 20GN (4,200rpm)」なども発表されています。5月から量産出荷されるそうです。なお、Travelstar 32GHの限定出荷は6月からで、量産出荷は8月の予定だそうです。これでPowerBook (FireWire)のHDの容量アップが計られそうですね。

Mac OS Rumorsによれば、Motorola社が現在のPowerPC 7400を製造プロセスを、0.18 micronによって製造されたMax's .22となる、コードネーム「NITRO」と呼ばれる500MHz~600MHzプロセッサーを6月から出荷するらしく、それに合わせてAppleのPowerMac G4ラインもスピードバンプするかもしれないと伝えていました。新の次世代バージョン「V'Ger (G4e)」は、この次ぎとなるらしいです。

イメージ&メジャーメント社が、Artel Software社が発表した、Final Cut Proに対応した初の2D/3Dタイトル作成用プラグイン「Boris Graffiti」を、5月から90,000円で出荷開始すると発表していました。

メルコ社が、UltraSCSI対応でキャッシュミレニアム搭載の1.3GB MOGIGAMO「MOS-U1300シリーズ」を、4月中旬から発売開始すると発表していました。

MacNNによれば、MetaCreations社が同社製品であるPoserを、独egi.sys AG社に売却したことを発表していました。

アップルがTech Info Library-Jを更新していました。

TIL-58392JC:PowerBook (Bronze keyboard and FireWire): S-Video に関する質問と答え(FAQ)(更新)
TIL-58342JN:PowerBook (Bronze Keyboard and FireWire): ROM-in-RAM について (更新)
TIL-58369JN:PowerBook G3 Series: スリープ解除しても何も表示されない
TIL-58593JC:PowerBook (FireWire): 技術仕様について
TIL-60556JC:Mac OS 9: 最新情報 (更新)
TIL-60495JC:Mac OS 9: インストール後のソフトウェアの互換性の問題を解決する
TIL-60514JN:Mac OS 9: NSL とは何ですか?
TIL-58516JN:iBook: 未使用時のワイヤレスアンテナの配置
TIL-58187JN:Power Macintosh: DVD-ROM、DVD-RAM、および DVD + RW の違い
TIL-58420JN:Power Mac G4: ビデオカードを識別するために Apple システム・プロフィールを使う
TIL-25091JN:DV: フレームの精度
TIL-58571JN:AirMac 1.1: アクセス制御を利用する
TIL-70062JN:WebObjects 4: WebObjects 4 のタイムゾーン情報の変更点
TIL-32083JC:Final Cut Pro 1.2.1 and Mac OS 9: Mac OS 9.0.4 へアップデート

Appleから、FireWire Version : 2.3.3Macintosh Manager Version: 1.3が配付されていました。

Appleがデベロッパー向けツールとして、Mac OS USB DDK v1.4.1が配付されていました。

PLANEX社から、USB接続2.5インチポータブルディスクケースRX-25H/25HB用ドライバ、RX-25H MACが配付されていました。

ロジテック社から、LPM-SCSI3E/M用ドライバLST-135 Ver 2.00、LPM-FM560A ARA用CCLファイルLST-66-5 Ver 1.00が配付されていました。

セイコーエプソン販売社から、PM-3300C Macintoshドライバ Driver Ver.6.26JPM-800C Macintoshドライバ Driver Ver.6.26JPM-800DC Macintoshドライバ Driver Ver.6.26Jが配付されていました。

Sonnet Technologies社から、Crescendo/Encore Install Version:1.4.3が配付されていました。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・一週間でマスターするMacromedia Fireworks3 for Win&Mac/毎日コミュニケーションズ ¥2,400(4-8399-0365-4)


日本電池株式会社「UooPS(ウープス)」発売

日本で入手が出来ないマインドストーム、テクニック関連商品は、WWTショップへ!

エナックス(株)

バード電子

2000/04/13

以前MACお宝鑑定団が伝えたアップルがユーザ登録者に対して「アメリカン・エキスプレス・カード」の入会申込書を送付していることに関して、MacWIRE Onlineにアップルからの回答が掲載されていました。しかし、その内容はDMに同封されている書面の記載内容と同じとなっています。こういったDMを受取りたくない場合は、ユーザ登録時に「アップル,もしくは協力会社からの情報提供は不要」をチェックすれば良いとだけ説明されています。この問題はユーザ登録情報が漏れているといったことが問題ではなく、購入したコンピュータとなんら関係のない「クレジットカード会社の申込み書」や「ユニセフ募金」などを送付する事が問題であると考えています。ユーザにとってそれらがどのように有益な情報となり得るのか知りたいものです。ましてやこういったDM発送によって、マージンが得られているのではないのか?と疑心暗鬼を抱かずにはいられません。ユーザがそれらを選択する権利として、「究極の2択」しかないのは問題ではないのでしょうか?

秋葉館が、メルコのPCI Macintosh用G4アップグレードカード「HG4-PM350LC(512k)」を、37,800円で予約受付を開始していました。これは秋葉館オリジナル製品だそうです。(Macintosh雑貨 仲屋商店さん情報ありがとね)

3dfx社が、初のMacintosh製品として「Voodd4 4500 PCI」、「Voodoo5 5500 PCI」を第2四半期から発売開始すると発表していました。すでにMACWORLD Expo/Tokyo 2000において参考出品はされていましたが、ようやく公式にリリース発表がなされたようです。

Digital Voodoo社が、Final Cut Proなどのビデオ編集ソフトに最適化された、無圧縮10bit QuickTime PCI-video cards「D1 Desktop 64 series」と、これら製品用のビデオコントロールソフト「Media Transfar 1.1」を発表していました。

ヤノ電器社が、同社製品のCerulea R.B.シリーズをiMac DV、PowerBook G3(FireWire)で使用する場合の注意とした「Cerulea R.B.シリーズをiMac DV・PowerBook G3(FireWire)でお使いの方へ」を公開していました。iMac DV、PowerBook G3(FireWire)のFireWireポートからは6Wしか供給されないので、Power Mac G4/G3と異なり、ACアダプターなしで使用しないようにとの説明がされています。

PC Watchによれば、アドテック社が6色のボディカバーが付属するUSB接続スマートメディアリーダ「AD-SMR」を4月下旬に発売すると発表したと伝えていました。

アップルが、「新卒者採用のご案内」、「経験者採用のご案内」を更新していました。リーガルスペシャリストは見つかったようです。また営業企画がなくなり、セールス・マネージャが新たに募集されていました。

アップルが「iMac Bus」運行のお知らせを更新していました。

PC Watchによれば、Microsoft社が公開を予定しているInternet Explorer5.5(現在ベータ版が配付されている)のWindows版に関して、ソフトウェア開発者団体の米Web Standards Projectが、W3C標準のDOM Level 1のコアとCSS1仕様の一部を実装しておらず、標準仕様に則ったドキュメントを作成することがほとんど不可能になると非難していると伝えていました。これはMac版 IE 5.0、Netscape 6 PR1では実装されているそうです。しかし、Windows MeではデフォルトでIE 5.5がインストールされるため、ウェブクリエイターには頭痛の種になりかねないでしょう。

エルゴソフト社から、EGBRIDGE Ver.11.0.2 アップデータが配付されていました。

NEC社から、ITX80/ITX70シリーズ用ファームウェアVer1.20、らくらくユーティリティVer1.03が配付されていました。

CastleWood社から、ORB Tools 1.3.2日本語版が配付されていました。

ATTO Technology社から、ATTO ExpressPCI firmware 1.5が配付されていました。

燃えたLombardは、密かにAppleのX-Mensが持ち去ったという噂、、、

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・テクスチャ制作技法/ラピュータ ¥2,000(4-947752-12-2)


Macintosh WIRE

テクノポート・シトラス

株式会社パワーラボ

パソコン関連書籍宅配便

2000/04/12

アップルが、AppleWorks 6を、4月22日より、メーカー希望小売価格8,800円で販売開始すると発表していました。さっそく予約がThe Apple Store、正規販売代理店で開始されるそうです。

Appleが、アメリカニューヨーク州で41店舗を持つ大型家電ショップ「THE WIZ」と販売契約を結び、店舗内においてiMac DVとiMovieを用いたDVカメラ編集を体験出来るスペースを設置することになったと発表していました。

MacDTV.comが、Appleが今回NAB 2000で発表した内容に関して、今後の戦略を含めた詳しい考察を掲載されていました。

Mac OS Rumorsによれば、Appleが7月にiMac/600MHz(G3)とPowerMac G4/550MHz、600MHzを発表するかもしれず、遅れて8月にはPowerMac G4/650MHzが発表されるかもしれないと伝えていました。

SGI社が17.3インチワイド液晶を採用した液晶ディスプレイ「1600 SW Flat Panel Display」とFormac社のグラフィックアクセラレータカード「ProFormance 3」をセットにして、 $2,995で販売すると発表していました。

アップルがホットニュースで、4月12日〜14日に、東京国際フォーラムにて開催される「第100回日本外科学会総会」に出展すると発表していました。参加希望者にはAirMacカードを装着したiBookまたはPowerBookG3が貸出され、会場内に数十台設置されるiMacによる演題検索や演題質問の受付け、Final Cut Proによるビデオ編集セミナー、ハンズオンなどが実施されるそうです。

アップルがホットニュースのMacintosh Galleryを更新していました。

フォーカルポイントコンピュータ社が「Digital Art 2000 Tokyo」において「Final Cut ProとSFXムービー実践テクニック」と題する特別セミナーを行うと発表していました。また、NAB 2000レポートや会期中に発表された新製品、また、一流アーティストによる実践講座など、盛り沢山の内容を予定しているそうです。

フラッシュバック社が、ATA-66/ATA-100対応のUltra ATA Host Adapter Card「TurboMAX66」を、4月28日に発売すると発表していました。市場予想価格は20,000円前後だそうです。 

モバイルな日々ページが、もうすぐ100万アクセスを達成するのを記念して、4月22日にラーメン博物館内にて「1,000,000Hit記念イベント 」を行うと告知していました。現在参加者の申込みを受付されています。

Appleが買収したAstarte社のDVD部門に関して、以前のMacWIRE Onlineを見ると、ソフトウェアベースのMPEG-2エンコーダ「A.Pack」というのがあるのがわかった。ということは、もしかするとQuickTimeがようやくMPEG-2に対応するということかも?

シマンテック社が開始した、Mac OS 9.0.2 対応CD-ROMの有償提供に関して、以前Mac OS 9.0版を有償購入したユーザからの問合せに対して、無償交換(無償提供ではない)すると回答していると伝えていましたが、現在シマンテック社はこの回答を撤回しているとの報告が寄せられており、前回同様、2,500円で有償による提供となっていると回答を行っているようです。なお、前回サポートが回答した内容は次のような内容だと報告されています。「商品につきましては交換ではなく一旦商品を御返品頂きまして、再度商品のお申込を承らせて頂きます。なお、商品につきましては恐縮でございますが、御返送時の郵送料はユーザー様御負担となります旨ご了承頂けますようお願い申し上げます。(3/31付け)」しかし、別の読者からの報告によれば、昨日上記の通りの対応を受け、返品に関しては、足立区の(株)ムーブというところへ送るよう指示されたとの報告も寄せられています。

アップルが、Tech Info Library - Jを更新していました。

TIL-100358JO:AppleShare IP 6.3.1 について
TIL-100359JO:Apple DVD Player 2.2 について

Appleが、Darwin OS 1.0.1を配付していました。

Steinberg Japan社から、Cubase VST バージョン4.1r1アップデーターが配付されていました。

TDK社から、MediaReader SA URW01SA Ver.2.00が配付されていました。

ヤマハ社から、ネットボランチ用のファームウェアー、Rev.2.02系用Rev.2.02.45Rev.3.00系用Rev.3.00.45が配付されていました。


PDAショップ、Vis-a-Vis(ビザビ)

株式会社フラッシュバック

アイディ・イーストエンド

MJ SOFT Mac館

2000/04/11

AppleがNAB 2000において、Pinnacle Systems社との共同開発した標準解像度 (SD)、高解像度 (HD)無圧縮ビデオボード「TARGA Cine 」を発表していました。入出力性能はリアルタイム3:2で24fps、30fpsの性能を持っており、Digital Tetherポートを2つ搭載しており、ほとんどのビデオフォーマットに対応することが出来るそうです。PowerMac G4とFinal Cut Proとの組合わせによるSDシステムで、$10,000~から夏に発売されるそうです。

AppleがNAB 2000において、Matrox社との共同開発によるReal-Time DV Editing PCI CARD「The RTMac」を発表していました。リアルタイムDV編集、S-Videoアナログ・ビデオ・キャプチャー、デュアルディスプレイをサポートしており、メインモニターとNTSC/PALモニターでの同時再生が可能だそうです。PowerMac G4とFinal Cut Proとセットで、夏から$5,000~で秋に発売されるそうです。

AppleがNAB 2000において、Final Cut Pro 1.2.5発表していました。 16:9ワイドスクリーンに対応したほか、YUV カラースペースのサポートなどが大きな特徴として説明されています。なお、従来のユーザー向けに、来月アップデータが配付される予定だそうです。

AppleがNAB 2000において、Astarte社のDVD開発部門を買収したと発表していました。これによってApple社はAstarte社が販売してきたDVD Authoring Solutions関連のソフトウェアーを、自社で展開出来ることになるようです。

MetaCreations社が、同社のソフトウェアKPT、KPT Vector Effects、Bryce、Painter などをCorel社に売却したことを発表していました。この売却にあたってそれぞれの開発エンジニアもCorel社に移籍するそうです。また同社の子会社であるMetastream社の社長兼CEOだったBob Rice氏が、同社の社長兼CEOに昇格したことも発表していました。

フラッシュバック社が、プロマックス社より32MB SGRAMグラフィックカードが間もなくリリースされると告知を開始していました。AGP1枚のカードでDual Monitorが可能と記載されていますので、これはおそらくMac OS ROMが搭載されたMatrox社のMillennium G400 Max/AGP版のことだと思われます。(PC用のバルクは17,000前後で売られているようです)

MacWeekによれば、先日Alias|WaveFront社が発表したAdobe After Effects 4.1用ソフト、Maya Paint Efects Plug-Inに関して、Maya Paint Effects Screen SaverのMac版を夏に提供することを約束していると伝えていました。

アップル社が、「Mac OS X Serverシステム管理ベーシック」コースの5月のコーススケジュールを追加していました。

アダプテックジャパン社が、4月10日から6月9日までの2ヶ月間、全国主要店舗において、同社の人気SCSI カード、SCSI Card 2930Uを購入した全ユーザを対象に、5,000円のキャッシュバックキャンペーンを行うことを発表していました。

MacWIRE Onlineによれば、ネクストロ社がPower Macintosh対応の「Ultra ATA66 IDE for PCIカード」を発売したと伝えていました。価格は14,000前後だそうです。

ディアイティ社が、Macintosh - Windows間のネットワークユーティリティソフトウェア、PC MACLANのWindows 2000/NT対応版、「PC MACLAN for Windows 2000/NT」を4月25日より出荷開始すると発表していました。なお、PC MACLAN for Windows NT 4.0、4.1登録ユーザ向けの、PC MACLAN for Windows 2000アップグレードキットの配付も開始されています。

Pilot Technologies社が、PowerBook (FireWire)用BookEndz「BookEndz for the 2000 PowerBook ($229)」の出荷を開始したと発表していました。

アジェンダ社が「宛名職人 Ver.7 Summerキャンペーン版」を、6,800円で5月26日から発売すると発表したと伝えていました。このキャンペーン製品には、暑中見舞いや残暑見舞い用のテンプレート、イラスト素材、文例集など合計350点以上を収録した「夏のボーナスCD-ROM」がプレゼントされるそうです。

フォーカルポイントコンピュータ社が、米国Newer technology社と日本国内における販売契約を締結したことを発表していました。今後、Newer社の製品は、加賀電子株式会社経由で販売を行うそうです。また、iMaxpowrに関しては、マックレットで販売し、アミュレットが取り付け作業のサービスを行う(マックレットから購入したユーザーを対象)予定だそうです。

マックレットが、マーキュリー・ソフトウェア社全製品の取り扱いを開始したと発表していました。

AppleがQuickTimeのHot Picksで、4月13日にCOSMO & bloomingdalesが行う水着ファッションショーがStreaming放送されると紹介していまいた。またMusic関連ではThe Whoのライブが13日に、Pink Floydのライブが14日にそれぞれStreaming放送されるそうです。

日経エレクトロニクスが、現在ラスベガスで開催中のNBA 2000に関する特集ページを公開していました。

アップルから、AppleShare IP 6.3.1 アップデート日本語版が配付されていました。

BHA社から、B's Recorder GOLD for Macintosh Ver1.0.0〜1.0.9→1.1.0アップデータが配付されていました。

MetaCreations社から、Painter 6.0.3 patchが配付されていました。

GeeThree社が、Mac OS 9.0.4に対応した Stealth Serial Port extension 1.0.3を配付していました。


株式会社ニィス

PhotoDisc Japan K.K.

act2

リンククラブ

2000/04/10

operation Mac Z, R&D Sectionに、「3月度ユーザグループ懇親会レポート」が掲載されていました。なお、今回からウェブのデザインが大幅に変更されています。

マックレットが、Newer iMac用G3アップグレードカード の取り扱い開始すると発表していました。詳細は近日中に発表だそうですが、価格は取り付け費込みで¥69,800となる予定だそうです。

七陽商事社が、Kensington製品と、Gravis製品のオンライン販売を開始していました。これは、Kensington Technology Group社の正規代理店が、日本ポラデジタル社から七陽商事社に変わった為のようです。

PalmFanが、アップデートMac OS 9.0.4で、HotSyncが出来なくなるトラブルについて、専用ページ「MacOS9.0.4でのHotSync異常終了トラブル」を公開されていました。なお、この問題はPalm社でも確認している問題であることがアナウンスされています。

Aurora Video Systems社が、Final Cut Proに対応した、キャプチャーレート13.3Mbpsの性能を持ったデジタルヴィデオキャプチャーカード「Igniter」シリーズを発表していました。価格は$1,149〜だそうです。

Green Oak社が、Cubase VST用Plug-Inとして、PowerPC G4のVelocityEngineに対応したChorusifier 1.0.7をリリースしていました。

昨日、三香園に義兄弟が家族でやってきた。少し秘密のミーティングをする(笑)

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・スーパーロゴデザイン/グラフィック社 ¥3,500(4-7661-1135-4)
・MacOSトラブル解決マニュアル MacOS9対応版/秀和システム ¥2,000(4-87966-992-X)
・MacFan DTP [基本編] 2000年版/毎日コミュニケーションズ ¥1,400(4-8399-0376-X)


株式会社パワーサポート

SOFTWARE Too

ヤノ電器株式会社

2000/04/09

Architoshによれば、AppleのApple Industrial Design Groupも使用しているAlias/WaveFront社の3Dソフトウェア「Maya」と「Studio Tools」が、将来Mac OS Xをサポートするかもしれないと伝えていました。

AppleがリリースしたQuickTime 4.1.1(E)に関して、WaveMetrics社のIGOR Proが正常に起動できなくなるそうです。この件はWaveMetrics社のウェブでも報告されています。その報告内容によれば、この問題はすべてのマック版IGORで発生し、クラッシュはMac OS CloseCPort routineで起こっているので、QuickTime 4.1.1のバグである可能性が高いこと指摘されていました。(中島さん情報ありがとね)

アップデートMac OS 9.0.4をPowerBook G3 series(Bronze keyboard)で使用した場合、「ROMのバージョンが古すぎてこのシステムでは使えません」とアラートが出て起動することが出来なくなってしまったという報告が2件寄せられています。

GoodWillのVintage Apple Fan'sが発信するVintage Apple Newsで、Appleが創立10周年を記念して作成した「SoFar」が紹介されていました。

CNET Japanによれば、Microsoft社がMicrosoft Extremeにおいて、Windows 98 Second Editionの次バージョン、Windows Meなどを正式に発表すると告知したと伝えていました。この最後のWindos 95ベースOSの特徴としては、Internet Explorer 5.5、デジタルムービー編集ソフトをバンドル、DVD再生コントロールソフトウェアの標準搭載、Homeネットワーキングシステムの支援機能、などで、ハードウェアー的には、Universal Plug and Play (UPnP) のサポートなどが予定されているようです。なお、Microsoft社とAdobe社との共同開発によるTrueTypeベースのOpenTypeは、サポートされないようです。

NewMotion社から、GDock Installer 1.1.1iDock/mini-iDock Installer 1.1.1QDock Installer 1.1が配付されていました。

CastleWood社から、Castlewood SCSI Firmware Update V2.9が配付されていました。SCSI版USB版の2種類が用意されています。




.
.dami.gif

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club.
All rights reserved. Site design by BRESTO, Inc.
「Macintosh等の名称は米国アップルコンピュータ社の登録商標です」
GigaHit