WWDC2000
April 2000 MACお宝鑑定団 
Mac News Link Mac関連雑誌ライターLink Special
Read me Bench mark History
先週のNews バナー広告募集 counter


株式会社デジータダイレクト

PhotoDisc Japan K.K.

株式会社マックレット

digitalians.com

2000/04/22

MacWIRE Onlineが、Appleが行った年次株主総会レポートを掲載していました。PowerPC G4プロセッサーに関してMotorola社との間に緊張関係が生じた事、コンシューマー用に「刺激的な新製品」を考えている事などが述べられています。とにかく大変内容が良いので、熟読されることをお薦めします。(注意点として、ここで女性役員がいないという話が出てきますが、これはボードメンバーの事を指しており、エグゼクティブメンバーの事ではありません。英文でもそう記されています。)

MacNNのBrad Gibson氏のレポートによれば、Microsoft社が11月までにMicrosoft Office 98 for Macintoshをバージョンアップし、新機能の1つとしてパーソナル・インフォメーション・マネージャーだと伝えていました。どうやらOutlook 2000相当のソフトが追加されるようです。

Go2macによれば、Post-Op Video社がFinal Cut Pro用キーボード「EZ Keyboard for Final Cut Pro」を、$179.95で発売したと伝えていました。サードパーティー製のUSBキーボードのキートップを、Final Cut Proに付属しているショートカットシールをそのまま印刷し、判別しやすいようにカラーを分けた仕様になっているようです。

ワコム社のタブレット活用特集ページに、MACROMEDIA社のFireworksを使用したテクニック紹介が追加掲載されていました。

山本康仁のホームページで、前川氏が作成したPowerBook (FireWire)に搭載されているハードディスクのAdaptive Battery Life Expanderをコントロールするソフト「ATATest」が紹介されていました。まだIBM製の特定HDでしか検証が行われていませんが、ディスクアクセスの体感速度に大きな変化が出ているそうです。

MJ SOFTで、PowerForce G3 350/175/512Kが、22,800円で販売されていました。

コレクションが、アップルのリンゴマークの形をしたスケルトンコースター「iCoaster」の販売を開始していました。

ヤマダ電機社が、インターネットショッピングモール「HAPPY TOWN」をオープンしていました。

今日から店頭発売が開始されたApple Works 6.0Jに関して、Action UtilitiesのGoMac2.02の操作を全く受け付けなったとの報告が寄せられてきました。フローティングパレットが原因かと思われたそうですが、これらを閉じても症状に違いが見られなかったそうです。ただし、GoMacが死んでしまうのではなく、他のアプリケーションやFinderからの操作は受け付けてくれるとのこと。

ソフトウェア・トゥー社が、Appleによって買収された ASTARTE社製品の取扱いに関して、これまで通り製品供給がおこなわれると発表していました。サポートの変更もないそうです。

フォーカルポイント社が、Mac OS 9環境で、LaCie FireWire Driveを接続した状態でNorton DiskDoctorを起動 するとNorton DiskDoctorがクラッシュすると案内を出していました。

MacWIRE Onlineによれば、メガフュージョン カメオインタラクティブカンパニー社が、パソコンにオーディオカード/サンプラー機能を追加する、独CreamwareのオーディオPCIカード「PowerSampler」を5月1日から、STプラグインソフト「Pluggo 2.0 日本語版」を4月29日から発売すると発表したと伝えていました。

インフィニシス社が、さまざまな種類のファイルとデータの保存・整理・取り出しが超簡単に行えるツールソフト「NetMate」を発表していました。6月16日から3,800円で発売される予定だそうです。

アイ・オー・データ機器社が、トランスルーセントボディーを採用した、USB対応薄型ライト2倍速ポータブルCD-RWドライブ「CDRWP-i44AP/USB」を、5月上旬から¥49,800円で、マイクロドライブ 340MバイトとPCカードアダプタのセット「CFMD-340iS」を4月下旬から\51,800で、Super Multi Drive機能搭載Ultra SCSI対応外付型30GBハードディスクと、B'sCrew for Macintoshをバンドルした「HDVS-UM30G/AP」を、4月末から¥46,000円で発売すると発表していました。

マイクロテック社が、USB接続1,200dpiフラットベッドスキャナ「ScanMaker 4700」を、39,800円で4月26日から発売すると発表していました。このスキャナーはJPEG圧縮エンジンが搭載されていて、高解像度画像の転送速度をアップすることに実現したそうです。

PowerLogix Japan社が、PowerForceシリーズのMac OS 9.04英語版に対して、動作が問題のないことを発表していました。日本語版Mac OS 9.04についての動作確認は只今、検証中だそうです。

アップルが経験者採用ページを更新していました。新たに研究開発・エンジニアリング職種部門にローカリゼーション・QAエンジニア募集が追加されています。

アップルがApple Worksサポートページを公開していました。同時にApple Works Tech Exchangeページも公開されていました。

アップルがTech Info Library-Jを更新していました。

TIL-100361JO:AppleWorks 6: AppleWorks 最新情報
TIL-100362JO:AppleWorks 6: ドロー環境でのキーボードショートカットについて
TIL-100363JO:AppleWorks 6: プリント時に表示されるメモリ不足のメッセージ
TIL-60700JC:AppleWorks 6: CarbonLib が必要です
TIL-60699JC:AppleWorks 6: QuickTime 4 が必要です
TIL-30899JN:AppleWorks/ClarisWorks: 西暦 2000 年以降の日付けを入力する
TIL-30520JN:FireWire: テクノロジー概要
TIL-25069JN:iMac (Slot Loading): 複数の USB 装置を接続した状態で起動するとシステムが操作不能になる
TIL-13611JN:PowerBook: SCSI 装置を使用する
TIL-58323JC:PowerBook (Bronze keyboard and FireWire): PC カードを手動で取り出す装置の使いかた
TIL-58326JC:PowerBook (Bronze keyboard and FireWire): 音量、輝度、消音を調節する
TIL-58327JN:PowerBook (Bronze keyboard and FireWire): マルチファンクションキーボードを使用する
TIL-58480JN:iBook, PowerBook (FireWire): 起動中に“esc”キーを使用するとき
TIL-58588JC:PowerBook (FireWire): 新機能と相違点について
TIL-58612JC:PowerBook (FireWire): パスワード保護機能には対応していません
TIL-60718JN:Apple DVD Player: 音声の同期を改善する方法
TIL-100360JO:Final Cut Pro 1.2.1: アピアランスのサウンドトラックがプチッという音をだす
TIL-58575JC:AirMac 管理ユーティリティ 1.1: ベースステーション設定用のウインドウにアクセスする
TIL-70105JN:WebObjects 4: WOAssociationTiming Framework Example
TIL-70068JN:WebObjects 4.0.1: DirectToWeb Assistant のエラーを回避するための方法
TIL-25110JN:AppleShare Client: iDisk や Mac OS X Server ボリュームにアクセスする際のトラブルについて
TIL-25080JN:Macintosh Manager 1.2: ログイン画面に繰り返し戻ってしまう
TIL-31109JN:Macintosh Manager: デフォルトの初期設定がワークステーションにコピーされない
TIL-60238JN:Mac OS X Server: Mac OS 8 上では Mac OS X Server の OS インストーラディスクしかマウントされない
TIL-24895JN:Mac OS X Server: Local NetInfo データベースを NIS ドメインにバインドする
TIL-60165JN:Mac OS X Server: 一般的な FAQ

AppleがWWDC 2000ページを更新し、カテゴリー別セッション内容として「User Experience」「QuickTime」「Processor Technologies」を新たに追加していました。すでに曜日毎のセッションスケジュールでは案内されていた事を、あらためて案内した形となっているようです。

日経エレクトロニクスによれば、NeoMagic社がS3社に続き、グラフィックチップ事業から撤退することを発表したと伝えていました。

BHA社から、B's Recorder GOLD for Macintosh Ver1.0.0〜1.1.0→1.1.1アップデータが配付されていました。

HP社から、HP DeskWriter 600 Series、HP DeskJet 800 series用Mac OS 9 専用プリンタドライバ、 HP Mac OS 9 プリンタドライバアップデート v1.0.4が配付されていました。

Newer Technology社から、Universal MAXpowr G3/G4 Installer Version 2.0.4が配付されていました。


日本電池株式会社「UooPS(ウープス)」発売

日本で入手が出来ないマインドストーム、テクニック関連商品は、WWTショップへ!

エナックス(株)

バード電子

2000/04/21

Appleが株主総会の前日である19日に、2000年度第2四半期の決算報告を発表していました。売上高は19億4500万ドルで、利益は2億3300万ドルだったと報告していました。総出荷台数は104万3000台で、そのうちPowerBookが10万台、Power Mac G4は35万台以上だそうです。今回は海外での売上高が、全体の51%と報告されていました。また今回Appleは、株式を分割することに関して、取締役員からの承認得た事を加えて発表していました。

ThinkSecretが、決算報告後にCNBCのインタビューを受けたSteve Jobs CEOのコメントを伝えていました。Steve Jobs氏は「プロ向けの製品として独自の強さを発揮できた。」と述べ、プロフェッショナル向け製品と、コンシュマー向け製品を引き続き開発してゆくことを、あらためて述べたそうです。またSteve Jobs氏は、CNBCに最近のインターネット関連企業の株価急落に関して質問されると、「多くの人々はそれらを過大評価しすぎていたと思う。マーケットがようやく私の考えと同じになったのさ。」と意見を述べていたと伝えていました。

Appleが新しいiMac CMを公開していました。旧iMacでも放送されていた「3 Steps.」と、iMac DVを買った人が、部屋の模様替えが必要かな〜?と悩む「Decor.」が公開されていました。

読者のらーかみさんが、ディレクTVで放送された「10ミニッツトーク」の原田社長へのインタビューを報告してくれました。印象に残っていたのは次の内容だったそうです。

Q:アップルの商品構成についての考え方は?
A:拡張性も、性能も最大のモノを要求する、それがプロの人たちの欲しがる商品であり、パワーマックG4がそれにあたります。一方、一般のヒトにとってはインターネットにつなげてホームページを見たりメールのやり取りが出来ることが大事なのです。それで十分なのです。それがiMacなのです。

O-net SPACEPORTが、iMac DVなどが当る、オーネット20周年記念プレゼント(5/31まで)を行っていました。

宝島社が6月20日に創刊する雑誌「週間ウルトラONE」の創刊記念プレゼントとして、iMacやプレステ2などを装備した豪華な自転車「ウルトラ-1号」が公開されていました。(こちらiBook情報局さん情報ありがとね)

ディアイティ社が、AirMac完全互換のFarallon社製ワイアレスPCカード「SkyLINE 11Mb Wireless PC Card」を、5月25日より32,800円で発売開始すると発表していました。

ヤノ電器社が、Power Mac G4用内蔵HDドライブ「InnerDRV 20G-AT TYPEY・InnerDRV 28G-AT TYPEY」の情報を掲載していました。また、FireWire対応の4ポートHUB「FHUB-01」を発売開始したこも発表していました。

アップルが、AirMacワイヤレスコミュニケーションFAQを更新していました。

Appleがデベロッパー向けTechnotesに、TN1196-Cursor Componentsを、Technical Q&Asに、java24 - Defining user properties with MRJAppBuilderを追加していました。

スタインバーグジャパン社から、Cubase VST 4.1r2アップデーターが配付されていました。

act2社から、Mac MP3用のフェイスとして新たに24種類が配付されていました。

ArtWare社から、アニメーションマスター Ver.8.0L日本語版が配付されていました。

セイコーエプソン社から、MJ-6000C Macドライバ Driver Ver.5.69JMJ-8000C Macドライバ Driver Ver.5.69JPM-5000C Macドライバ DriverVer.5.69JPM-9000C Macintoshドライバ Driver Ver.5.69Jが配付されていました。

handspring社から、Mac OS 9.0.4に対応したVisor and Visor Deluxe Updaterが配付されていました。

Casady & Greene社から、SoundJam MP 2.0.1 Updateが配付されていました。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・ソニーの野望/IDGジャパン ¥1,800(4-87280-404-X)
・WindowsとMacintoshのファイル変換がわかる本/広文社 ¥2,000(4-87778-034-3)


CValley

Quad Elements Co.,Ltd.

有限会社サイバーグルーヴ

2000/04/20

スカイパーフェクTVで放送されている「JNNニュースバード (258ch)」の「10ミニッツトーク」に今週アップルの原田社長が出演しているそうです。1日3回放送されているそうですが、見れる環境がないので感想を聞かせて貰えると嬉しいです。

アップルがTech Info Library-Jを更新し、またページデザインを変更していました。本社Apple風になり、詳しい条件で検索項目が追加されています。しかし、更新情報機能が生きているのは良心的ですね。

TIL-14449JN :PowerBook: パワーマネージャのリセット (更新)
TIL-58550JN :AirMac Base Station: チャンネルの選択と重複について (更新)

My・わーくすたいる.comが、iMacなどが当る、第6回ワーキングアンケートプレゼント(5/15まで)を行っていました。

読者の山野辺さんによれば、現在Vertex Link社が販売しているDVD再生カード「REALmagicDVDHollywood+for Macintosh」に関して、ドルビーデジタル5.1Chは対応しているが、DTS(デジタルシアターシステム)に対応していない。しかし、マニアルには端子名としてAC-3/DTSと書かれており、ハード的には対応しているらしいので、Vertex Link社に対して「可能性はあるのか?」という電話での問いに、肯定的な返事がえられたと報告してくれました。

日経BizTechによれば、アップルアドビシステムズマイクロソフトの3社が、法律専門学校の東京リーガルマインドに対して、開発し著作権を有する3社のソフト約30種類を、著作者に無断で違法に複製して利用していたとして、損害賠償を求める民事訴訟を東京地裁に提起したと発表したと伝えていました。損害賠償額は弁護士費用も含め、約1億1500万円だそうです。

Microsoft社が新しいIntelliEye trackball、The Trackball Explorer ($64.95)、The Trackball Optical ($44.95、を秋から発売すると発表していました。Mac版ドライバが付属した製品として発売なるのはこれが最初のようです。(川崎さん情報ありがとね)

MacWIRE Onlineによれば、今週19日にAppleは四半期の財務結果を発表し、20日に年次株主総会を開催するため、その準備でクパチーノの財務担当者は時間外も仕事をしていると伝えていました。

内芝製作所社が、「COZO スタンド」と「OptiMac」の発売を記念して、COZO スタンドまたはOptiMacとCOZO スピーカーをセットで注文すると、COZO スピーカー1セットにつき2,000円のディスカウントが適用される「バリューセットキャンペーン」を行っていました。

最先端の情報筋によれば、4月24日からニューオリンズで開催される、Microsoft主催のハードウェアデベロッパー会議「WinHEC 2000」において、世界最速を誇るRAGE 6が発表されるらしく、そのOEM先リストの中にAppleの名前があるらしいです。

明日から開催されるDigital Art Tokyo 2000に関して、夜23時まで行われるイベントに「リンゴスターズ」なる謎のおやじバンドが登場するらしいです。

デジタルオリジン社が、Power Mac G4 (AGP Graphics)/iMacDV/PowerBook (FireWire)で、アップデータMacOS9.0.4を利用することにより、EditDVアンプラグド1.6.1日本語版、MotoDV1.4日本語版/PhotoDV1.4日本語版(別途ホームページよりG3/G4ビルトインFireWireドライバが必要)が使用可能になったと発表していました。なお、EditDVについては、EditDV2.0にて対応予定だそうです。

アップルがQuickTimeページで、Digital Art Tokyo 2000 (4/20~22)で開催される「Final Cut Proスペシャルセッション」を Live Streaming放送すると告知していました。

ソフトウェア・トゥー社が、「QuarkXPress 4.1 日本語版」を、2000年6月上旬より発売開始すると発表していました。

イメーション社が、iMac,Mac,Win95/98/nt4.0/2000に対応した低価格のCDRレーベルプリンター「CLP-60」を出荷開始したと発表していました。

BHA社から、B'sCrew FW Driver Ver1.0.x →1.0.2 アップデータが配付されていました。

REUDO社から、USB2ADB インストーラ v1.3.2Jが配付されていました。

エルゴソフト社から、EGWORD PURE Ver.5.0.1アップデータEGWORD Ver.10.0.2アップデータが配付されていました。

宣香通商社から、ディスクウォーリア 1.1 アップデータディスクエクスプレス Pro 3.0.2アップデータが配付されていました。

Mark of the Unicornが、Macintosh用MIDIドライバFreeMIDIの最新バージョン、FreeMIDI 1.44を公開していました。(NEXTSOUNDさん情報ありがとね)

週刊アスキーを見てアクセスされた方、はじめましてこんにちは。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・パソコンでビデオ編集4/玄光社 ¥1,880(4-7683-0121-5)


Macintosh WIRE

テクノポート・シトラス

株式会社パワーラボ

パソコン関連書籍宅配便

2000/04/19

MacWeekによれば、Tripp Lite社がInterex社を獲得し、XLR8シリーズの製品の発売を同社が行うと発表したと伝えていました。

アップルが、クリエイティブ・ソリューションに、最新アルバムをMacintoshによるデジタル処理とシーケンシングによって制作する「ハイテクを駆使するギターの神様」、iMacでおしゃれなWebサイトを運営する「『オイシイ』ファッション・デザイナー」、AirMacで実現したワイヤレスな学校生活「教育は学校を飛び出す」、従来の絵道具を投げ捨てMacの電源を入れる「Macintoshで描くこと」、Macintosh のパワーを駆使して独立系レーベルのレコード卸に参入した「個人の興味が国際的になる」を掲載していました。

iWeek 2000公式ページが更新されていました。出展する企業やユーザグループなどが追加されています。またバナーリンクの登録が開始されていました。

Real Software社が、REAL Basic 2.1をリリースしたと発表していました。

アスク社が、メルトダウンシステム社のFireWire PCIカード「RocketFire 2-Port FireWire PCI Card」、FireWire PCカード「RocketFire FireWire PC Card」、FireWire/USB搭載のカード「RocketFire 4-Port FireWire/USB PCI Card」をそれぞれ発売開始すると発表していました。どの製品もAdobe PremireやApple FinalCutProに対応しているそうです。

PowerBookDTVで、アスク社が販売しているFW-HDケースとベアドライブとの相性問題についてまとめられたページが公開されていました。

PowerLogix社が各種G3アップグレードカードの値下げと、RapidFire FireWire/USB Cardの出荷を発表していました。

MacNNによれば、C-Cube Microsystems社がAppleに対してデジタルビデオ圧縮用途向けのチップを供給することを近いうちに発表するようだと伝えていました。しかし、これはMacworldの記事でもすでに取り上げられている内容と同じかもしれません。

Appleから、CarbonLib 1.0.3が配付されていました。サポート環境がMac OS 8.1までと拡大されています。

マイクロソフト社が、Outlook Express 5.02日本語版の配付を開始していました。(弓場さん、二宮の李さん情報ありがとね)

Microsoft社から、Internet Explorer Administration Kit for Internet Explorer 5が配付されていました。

NOVA社が、トランサーシリーズ新語辞書 2000年4月号を配付していました。

ミュレイディア社が、MIDISPort2×2用のOMS 2.3.8を配付していました。

Alsoft社から、MasterJuggler Pro 2.0.4/2.1.1 Updateが配付されていました。

Sonnet Technologies社から、Crescendo/Encore Install Version:1.4.4が配付されていました。

Deneba Systems社から、Canvas 7.0.1se Updaterが配付されていました。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・ファイルメーカーPro5 パーフェクトマニュアル for Macintosh/アスキー ¥3200(4-7561-3410-6)
・MacFan Special8 AdobeIllustrator実践テクニック Ver8.0対応/毎日コミュニケーションズ ¥933(4-8399-0375-1)


PDAショップ、Vis-a-Vis(ビザビ)

株式会社フラッシュバック

アイディ・イーストエンド

MJ SOFT Mac館

2000/04/18

アドビ社がMacintosh版のAdobe ActiveShare 1.0日本語版を発表していました。5月1日よりAdobe ActiveShare専用サイトから無償ダウンロードが可能になるそうです。なお、動作環境としてMac OS 9、MRJ 2.2以上が必要だそうです。

本日発売のMacPower 5月号に掲載されている今井隆氏の連載記事「改造道」で、PowerBook (FireWire)/500->550MHz、600MHz化の記事が掲載されていました。今井氏にこの件に関して尋ねてみたら、600MHz化では常時使用は不可能な状態だと思った方が良いそうです。ちなみに今号の「WWW HUMAN BROWSER」に、PowerBook 100's Worldの金子さんが登場しています。

月刊紙「経済塾」5月号の特集記事で、「外資を率いる日本人 -たくましき在日司令官たち-」と題した記事が掲載され、その中で、アップル・コンピュータの原田永幸社長が取り上げられていました。(Soldierさん情報ありがとね)

MacNNによれば、Appleが教育機関向けの販売を7月1日付けで現在の代理店販売制度を取り止め、直接Appleの従業員による営業を行うと発表したと伝えていました。このためAppleは教育機関向けの営業マンをさらに増やすことを明らかにしているそうです。(日本には関係ない話しですね)

本日発売のMacPower 5月号に、モリテックス社の41万画素CCDカメラを使用した、最大500倍率まで可能なUSB接続顕微鏡「スコープマン inf-500s」の商品広告が掲載されていました。

ナナオ社が17型平面ブラウン管モニタ「EIZO FlexScan T561」を、4月22日より64,800円で発売すると発表していました。PowerMac G3/G4アダプタも標準付属するそうです。(Mac-ingさん情報ありがとね)

ロジテック社が、スマートメディア、コンパクトフラッシュ、FDドライブを組み合わせた「LUB-TR10」を、4月下旬から19,800円で発売すると発表していました。

フォーカルポイントコンピュータ社が、Formac社のProFormance 3 Plusの販売を5月上旬から開始すると発表していました。従来製品であったProFormance 3と比べて、パフォーマンスが15%向上しているそうです。

SONY社が、MDビデオカメラ「MD DISCAM」への新機能を追加する無償ソフトウェアバージョンアップのお知らせの案内を出していました。10 BASE-T接続したパソコンとの間で、ディスク間コピーが実現され、パラッパラッパーなどのスタンプ追加が可能になるそうです。4月20日から、バージョンアップディスクの申し込み受け付けを開始しするそうです。

大塚商会社が、5月16日(火)・17日(水)の2日間、名古屋ヒルトンホテルで開催される実践ソリューションフェア 名古屋会場の案内を行っていました。16日にアップルコンピュータ 営業本部 ビジネス営業による「ビジネスで活かすアップルテクノロジー」と題されたセミナーが予定されているそうです。(アップルが名古屋会場の同イベントでセミナーを行うのは、2年ぶりですね)

マイクロソフト社がサポート技術情報に、Microsoft Word 98 Macintosh Editionで、ATOK13 を推測変換機能が正しく動作しない場合があるを追加していました。

CSN1 ムービーチャンネルが、iMac DV Special Editionなどが当るAFIアメリカ映画ベストスター独占放送記念プレゼント(5/24まで)を行っていました。

アップル社が、AppleCare延長保証制度価格表を更新していました。

アップルがデベロッパー・サンプルコードページを更新していました。VelocityEngine関連など9個追加公開されています。

インテル社が、マイクロプロセッサの歴史ページを公開していました。

サン電子社が、U-Cable type P1(PS64P1)用のファームウェアVer1.05を配付していました。

サンワサプライ社から、「MA-411USB」、「MA-INTUSB」、「MA-MBUSB」、「MA-INTOPUSV」、「MA-MBOPUSV」用マウスドライバー1.2.3が配付されていました。

Quark社から、Quark XPress 4.1.1 Updaterが配付されていました。

Appleの販売戦略の後半を考えると、PowerBook (FireWire)にDVD-RAM DriveのOptionが用意されるのは、流れてきに見て間違いないのではないかと、、、

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・シリコンバレー神話は蘇るか/プレジデント社 ¥1,600(4-8334-9054-4)


株式会社ニィス


act2

リンククラブ

2000/04/17

Macworldのビデオ関連担当者JEFFY MILSTEAD氏による記事によれば、AppleとMatrox社が共同発表した「RTMac」は、Matorx社の技術者2人が6ヶ月前からApple社で開発していた製品で、これはApple Storeでの注文生産となる$999のオプションだと伝えていました。最初はPowerMac G4用としか発売はされないようですが、Matorx社はPower Macintosh G3との互換性の調査を行っているようだと伝えていました。でそのカード自体はRT 2000に限りなく近いものらしいです。(Astarte M.Pack、Astarte ToastDVD、DVD-Rドライブで自家製DVD-ROM製作できるよ〜がセールスポイントなのかな?)

AppleがApple Store (US)で、4月11日〜6月18日までの期間、Final Cut Proと、 Terran Interactive社の「Media Cleaner Compression Suite (Media Cleaner Pro 4.0、Sorenson Video 2.0 Developer Edition、QDesign Music Codec 2.0 Professional Edition、How to Produce High-Quality QuickTime)」をバンドルしたスペシャルパッケージが、通常価格より$766値下げされた$1,848で販売されていました。

Go2Macによれば、Unibrain社がFireWireポート接続環境において、Windows98、98SE、Windows NT 4.0 (FireBoard 400ボードのみ対応)、Windows 2000、Mac OS 9.x(FireWire 2.3.x以上)との間で、TCP/IP、NetBEUI、IPX/SPX、AppleTalkなどのネットワーク接続を可能にする「FireNet」が発表されていたと伝えていました。

フォトディスク社が、4月17日〜30日までの期間で、PhotoDiscボリュームズを29,800円 (ダイレクト価格32,800円)で購入出来るスプリングキャンペーンを行っていました。

セイコーエプソン社から、GT-7600/GT-6600、ES-2000用添付ソフト、Personal Color Copy LE Ver.1.30 Updateが配付されていました。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・Final Cut Pro スーパーリファレンス for Macintosh/ソーテック社 ¥3,200(4-88166-128-0)
・Macintosh G3/G4時代のDTPスーパーテクニック/ソーテック社 ¥2,800(4-88166-130-2)
・Adobe Acrobat4.0 PDFテクニカルマニュアル/技術評論社 ¥2,680(4-7741-0997-5)
・Illustrator ver.8 トレースマスター For Macintosh/技術評論社 ¥2,480(4-7741-0995-9)


株式会社パワーサポート

SOFTWARE Too

ヤノ電器株式会社

株式会社内芝製作所

2000/04/16

信頼出来る情報筋によれば、WWDC 2000以降にもうひとつ新しいiMacアップグレードカードが登場するかもしれないと報告してきました。情報筋によれば、そのカードは自分でも取り付け作業が出来るかもしれないそうです。なお、詳しい性能や価格などは不明だそうです。

現在発売中のDTM MAGAZINE 5月号に、アップル営業本部コンシュマー営業部コンシュマーソリューション担当の小西達矢氏と、ヤマハ電子楽器事業部DE営業部主任の関口宏司氏へのインタビューが掲載されていました。それによれば、現在YAMAHA社が行っている「i meets music 2000」は、両社の共同プロモーションイベントだそうです。またアップルは「XGworks V3.0 for Mac」をコンシュマー向けにプッシュしてゆくようです。

加賀電子社が、Storage FighterシリーズのPCI CARDを単体で「STF 66」として、4月28日から¥19,800円で発売開始すると発表していました。ドライブキット同様にHDD取り付け用のマウンター、ATA66ケーブル、B'sCrewLiteが標準で添付されるそうです。(ベージュG3のお部屋さん情報ありがとね)

米消費者物価指数が強い数字だったことからインフレ懸念と金利先高観が広がり、ハイテク、金融株を中心に、前日終値比$617.78(5.66%)もの全面安となったNY株式市場に関して、Apple株は4/11:$109.25、4/12:$113.8125、4/13:$111.875で推移しており、3月23日に最高株価$150.375を記録してから、ジリジリと下がって来てはいますが、優良株の強さなのか、それほど影響を受けてはいないようです。

ほぼ日刊イトイ新聞が、以前掲載していた原田社長との対談を、雑誌『編集会議』の連載対談まるごと版。テープ起こしによる全文掲載がされていました。

ロジテック社が、FireWireに対応した12GB外付型HDユニット「LHD-P12F」を、5月上旬から\54,800で発売すると発表していました。

Mac OS RumorsがUMA-2アーキテクチャーを採用した次世代iBookに関して伝えていました。それによると、現行モデルよりも2/3軽量化され、DVモデルが加わった500MHz、550MHz、600MHzのラインナップが現在製作されているそうです。ただ液晶は12.1インチのままだが、13.3インチになり得る可能性も捨てきれないとしています。(発想的にはiMac DV to Goになってしまうので、違うんじゃないかと、、?)

Mac OS RumorsがMac OS Xに関して伝えていました。それによると、OS XへのTCP/IPの実装は、かなり順調に進んでいるらしく、また、この夏の最初のコンシューマー向けのリリースに含まれるかどうかハッキリと確認されてはいないが、AppleはMac OSがインターネットコンピューティングの世界で信頼できる中心になるべく、完全なIPセキュリティ (IPSEC) の実装すべく開発を進めている様開発されているそうでうです。また、業界標準であるシステムレベルでMIDIを完全に実装する開発も、密かに順調に行われていると伝えていました。

現在のAppleの計画では、Mac OS Xのサーバー版にはBSD UNIXレイヤーが完全に実装されているが、コンシューマー版には最小限の基本的なコンポーネントのみしか実装されない予定で、Terminal(.app) やコマンドラインからのTelnetアクセスはできないそうです。けれども、ずっと昔からコンシューマー版にもオプションで完全なBSDレイヤーがインストールされるとの噂があったし、たとえAppleがコンシューマー版のインストーラーからBSDレイヤーやTerminalなどを完全に削除したとしても、単にDarwinからインストールすればコンシューマー版でも開発用に動作させる事ができるだろうとし、OS Xでは複数のワークスペース(システムはユーザーに複数のアカウントでログインする事を許可しており、擬似的にそれぞれのワークスペースで同時に作業する事ができるだろう...これはマルチモニターで作業する時の一つのソリューションにもなりうる)を標準でサポートしているそうだが、現段階ではAppleはこの機能を実装しない事を選んだらしい。NeXTの開発者からの情報では、サードパーティがこの信頼できる単純なソリューションを開発する事は、それほど難しい事ではないそうです。

また最小限のサービス(Web、AppleTalk、NetInfo、Telnet、FTPなどのサーバー機能が動作していない)で、OS X DP3はPowerMac G3/450 Blue & Whiteで約21秒で起動し(2次キャッシュは無効)最終版の完全に最適化されたOS Xの出荷時には、新たなミドルレンジモデルとなっているであろうPowerMac G4/500MHzでは、最小限のサービスのみではおよそ10秒以内で起動できるだろうとAppleの情報筋は見積もっていると伝えていました。(Nanko隊員情報ありがとね)

VST Technologies社から、VST FireWire Updater Version 2.1、VST USB Floppy Installer for Mac Version 2.1.5が配付されていました。

3dfx社から、3dfx Voodoo3 v1.0b12が配付されていました。




.
.dami.gif

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club.
All rights reserved. Site design by BRESTO, Inc.
「Macintosh等の名称は米国アップルコンピュータ社の登録商標です」
GigaHit