WWDC2000
April 2000 MACお宝鑑定団 
Mac News Link Mac関連雑誌ライターLink Special
Read me Bench mark History
先週のNews バナー広告募集 counter


日本電池株式会社「UooPS(ウープス)」発売

日本で入手が出来ないマインドストーム、テクニック関連商品は、WWTショップへ!

エナックス(株)

バード電子

2000/04/29

Appleが「iMovie」の無償配付を開始したと発表していました。サポート対象環境として、Power Mac G4、PowerBook (FireWire)で、64MB以上、Mac OS 9.0.4以上、QuickTime 4.1以上が必要です(サポート対象外機種でも動作は可能)。なお、CD-ROM版(有償$$19.95)を希望することも出来ます。おそらく6月頃にリリースされるWindows Meにバンドルされる、ビデオクリップの編集や配布機能を持つ「Microsoft Movie Maker」への対抗措置(QuickTime 4 Proは以前有償)と考えられます。(ようはマーケティング的判断ってこと)

Rikiさんの報告によれば、ボイジャー社が「東京国際ブックフェア 2000」で配布したCD-ROM「新しい読書」内に「T-Time 2.1」、「T-Timeプラグイン」を同梱し、公開していたそうです。T-Time 2.1ではMac、Win版合わせて10以上の新機能の実現と、バグフィックスが行われ、新たにマルチファイル検索ツール「T-Search」が同梱されているそうです。また、T-Timeプラグインはウェブブラウザー上でT-Timeと同等の閲覧環境を提供するプラグインファイルだそうです。

act2社が、DOS Mounter 3.0J(12,800円)と iconFactory(5,800円を発売開始したと発表していました。

INTERPROG社が、「キッドピクススタジオ2001 for Macintosh」を、6月23日に発売すると発表していました。

アップルがホットニュースに「『iWeek 2000 〜Mac Days in GW〜』のお知らせ」を掲載していました。

ZDNet-Jが、Windows Meの起動時間短縮の仕組みを解説していました。Mac OSもこれだけ省けばきっと速く起動するようになることでしょう。

AMD社が、NVIDIA社が発表したグラフィックアクセラレータチップ「GeForce2 GTS」に関して、AMD Athlonプロセッサを含むAMDプロセッサ・プラットフォーム向けに最適化されたと発表していました。シリコン・レベルとソフトウェアドライバ・レベルの双方で最適化が行われ、性能が大幅に向上しているそうです。(ということで、これからは「Athlon + GeForce2 GTS」VS「PowerPC G4 + RADEON 256」ということになりそうです。(あれ、Pentium IIIは?)

Adobe 社から、OpenTypeフォント、Adobe Type Manager 4.6(そんなのまだ無いじゃん)に対応した、 PostScript Printer Driver AdobePS 8.7日本語版が配付されていました。

沖データ社から、ML400、ML400CL、ML600CL、ML620CL、ML640CL、ML12n、ML24DXn、MICROLINE うきうきキット用、 プリンタドライバアップデータ2.11が配付されていました。

ExpressionTools社から、myShade 2 for Macintosh REV.15cアップデータが配付されていました。

ヤマハ社から、RP-U100 Control Software for Macintosh正式版が配付されていました。

インタウェア社から、BOOSTER G3/750ソフトウェア v1.2.2が配付されていました。

日本ネットワークアソシエイツ社から、Macintosh用ウイルスDATファイル Ver.000501が配付されていました。

Connectix社から、Virtual Game Station 1.4 Updaterが配付されていました。

Emagic社から、Logic Audio Platinum version 4.2.2 Updaterが配付されていました。

Vicom Technology社から、Internet Gateway 6.6.2 UpdaterSoftRouter 6.6.2 UpdaterSurfDoubler 6.6.2 Updaterが配付されていました。


CValley

Quad Elements Co.,Ltd.

有限会社サイバーグルーヴ

パワスタ

2000/04/28

Microsoft社が、2000年の後半に「Microsoft Office 2001 Macintosh Edition」をリリースすると発表していました。さっそく新しく採用された「new integrated e-mail & personal information manager」を詳しく紹介していました。

アップルが現在アップルストアでのみ販売を行っている「Apple Cinema Display」に関して、5月12日から店頭販売が開始すると発表していました。(太田さん情報ありがとね)

MacWIRE Onlineによれば、アップルが5月1日から7日にかけて、小樽 (北海道/マイカル小樽内) 、羽田空港 (ガレリア噴水前) 、博多 (福岡/シーホーク) の3カ所で、iMovie体験イベント「iMovie in Golden Week」を行うと発表したと伝えていました。

占いでお花のギフトセットが購入出来る「Dream gift」が、オープンを記念してiMacなどが当る「オープニングキャンペーン」(5/31まで)を行っていました。(号助さん情報ありがとね)

MacWIRE Onlineによれば、リキッドオーディオジャパン社が、音楽再生プレイヤーソフト「Liquid Player 5 日本語版」を発表し、無償ダウンロードを開始したと発表していました。(音質にこだわった技術を追求していて、著作権問題なども重要視された機能が付加されていることなどが、商用音楽配信サービスなどで注目されている。)

今日発売の週刊アスキー5-10/17合併号、連載記事「インターネットテレビ局でいこう!!」に、元AppleのQuikeTimeアーキテクト Peter Hoddie氏が、アップルジャパンの外村氏(あれ?もしかして復職した....)と一緒にちょっこと登場していました。現在彼は「ストリーミングを全ての人が簡単に送受信するためにはどうすればいいのか。」ということを考えているんだそうです。

ミューズテクス社が、MOTU Digital Performer 2.7の出荷を開始したと発表していました。また同社は、MOTU社ハードウェア製品の国内単独ディストリビューションシップを獲得し、MOTU Audio 2408mkII店頭展示を開始することも発表していました。

BUG社が、PerMan Surfer 波乗野郎 Macintosh版Version3.17(ライセンス料金6,800円)をリリースしていました。

AppleがQuickTimeページで「Mya's/The Best Of Me」を紹介していました。

BUG社から、MN128-SOHO Slotin ファームウエアV1.20が配付されていました。

AppleがWindowsデベロッパー向けに、QuickTime 4.1.2 SDK Windowsを配付していました。

ExpressionTools社から、Shade Debut R4 for Macintosh REV.15cアップデータが配付されていました。

ビートニック・プロダクション・ミュージック社から、インターネットブラウザーソフト用Plug-In、Beatnik Player Installer 6.5 日本語版が配付されていました。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・Visual Remix/エーアイ出版 ¥2,500(4-87193-756-9)
・ウェブデザイナーのためのDREAMWEAVER3 & FIREWORKS3/エーアイ出版 ¥3,000(4-87193-758-5)
・現場の必須テクニック PHOTOSHOP5.5の仕事術/毎日コミュニケーションズ ¥2,500(4-8399-0284-4)


Macintosh WIRE

テクノポート・シトラス

株式会社パワーラボ

パソコン関連書籍宅配便

2000/04/27

MacWIRE Onlineによれば、WinHECにおけるBill Gates氏の基調講演(全体内容はZDNet-Jで)において、Windows Millennium OSの起動時間に触れ、その中でiMacよりも起動時間が短かったことを述べたと伝えていました。

id-ee社が、PowerBook&iBookを対象とした静冷台Y2Kモデル「静冷台 Model2K」を発売したと発表していました。

PC WatchがWinHEC 2000で展示された、AMD社とIntel社それぞれの新チップセットレポートが掲載されていました。部品調達の関係上、Appleもこの流れを無視しないと思われ(UMA-2参照)ますので、じっくり読んでおきましょう。またnVIDIA社が発表した「GeForce2 GTS」についてもレポートされていました。ATIが発表したRADEON 256のライバルとなること必須です。

MIDI.CO.JPが更新され、Mac OS XのAquaに関する考察と年頭予想が掲載されていました。

アップルがMacintosh Galleryを更新し「BSデジタルフェア」を紹介していました。

アップルが、Mac OS X Server 1.0 ユーザ (アカデミック版含む)、Macintosh Server G3 with Mac OS X Server ユーザを対象に、Mac OS X Server 1.2 Upgrade Kitを2,500円で提供開始すると発表していました。期間は4月27日〜6月30日だそうです。

Appleから、QuickTime 4.1.2がリリースされていました。

AppleがADCメンバー向けに、Carbon 1.1d8 SDKの配付を開始したと告知していました。

Connectix社から、バグ修正やVelocityEngineに最適化などが施された、Virtual PC 3.0.3 Updaterが配付されていました。

Adobe社から、PressReady PostScript Update for OS 9が配付されていました。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・できるポケットポストペット/インプレス販売 ¥950(4-8443-1366-5)
・図説 インフォメーショングラフィックス/インプレス販売 ¥3,800(4-8443-5554-6)
・はじめよう! パソコンで簡単ビデオ編集/毎日コミュニケーションズ ¥2,000(4-8399-0315-8)


PDAショップ、Vis-a-Vis(ビザビ)

株式会社フラッシュバック

アイディ・イーストエンド

MJ SOFT Mac館

2000/04/26

窓の杜が特集記事で、なんと!iMac DVで、Connectix社のVirtual PC 3.0日本語版と、FWB software社のRealPC 1.1日本語版を使用して、Windows 98エミュレータ環境で、定番ソフトウェア9種類の動作レポートを掲載していました。その結果、動作性能そのものは3〜4年前のPC程度だが、十分使えるとの判断を下したようです。(97年に元運営責任者 樋口隆司氏が「なぜ Mac ユーザーが嫌いかって?」てのを日記形式で掲載して話題なったことが、遠い昔話に感じます。)

PC WatchがWinHEC 2000でATI Technologies社が発表した「RADEON 256」(コードネームRAGE 6)に関する現地レポートを、実装されたグラフィックカードとともに伝えていました。現行のRAGE 128 PROよりも3倍もの高速化を達成し、新たにDDR SDRAMをサポートしたこのカードは、MACにも対応していることがプレスリリースに含まれています。その出荷時期に関しては、リテール版が第2四半期中(4月〜6月)に発表され、夏までには大量出荷されるようだとPC Watchは伝えています。これは今回、AMD社が発表したThunderbirdプロセッサーの発表時期と重なっており、「AMD760」チップセットを持ったマザーボードに搭載されて出荷されるのが、最初となる可能性を臭わせています。現行のPower Mac G4 (AGP Graphics)のAGP 2x環境では、このRADEON 256が吐き出す膨大な3Dテクスチャーをしっかり受け止めることは出来ないでしょうから、やはりAGP 4x化は必須と考えられ、年内にも新型マザーボードが登場する可能性がありそうですね。

アップルが発売開始したApple Works 6日本語版に関して、CDの袋をシュリンクラップしているシールには「(前半略)...本パッケージを開封することにより、印刷物に記載されいるすべての条件に合意し、受け入れたものといたします。」と記載されているが、当然箱に同封されているはずの使用契約書がどこにも見あたらず、また箱にも使用契約書同封の記載が無いと読者が報告してくれました。このため、開封するときに使用契約が確認できず、「インストール時に同意を求めて提示されるすべての条件」はあけてみないと見れないし、困った状態になったとのことです。

AppleがCreativeぺーじに、Appleスーパースターと讃え、Original Macintoshの開発メンバーの1人として知られる、現在写真家として活躍中のBill Atkinson氏が登場していました。珍しく本人へのインタビューをQuckTimeムービーで公開されています。

FWB Software社が、iMac、iBook、PowerMac G4、Mac OS 9、FireWire、ATAPI接続ZIPドライブ、Ultra DMAをサポートした「Hard Disk ToolKit 4.0」が発表されていました。

デジタルオリジン社が、静止画取り込みシステム「PhotoDV1.4.1日本語版」、PowerBook用動画取り込みシステム「MotoDV Mobile日本語版」に関して、実質36%の値下げを行うと発表していました。また、動画取り込みシステム「MotoDV1.4.1日本語版」のパッケージに、入門用ビデオ編集ソフトウェア「EditDVアンプラグド1.6.1日本語版」を追加したことも発表されていました。

フォーディー・ジャパン社が、6月1日、2日に東京・品川プリンスホテルにて開催される4Dデベロッパ・コンファレンス2000の事前申し込み受付を開始したと発表していました。

ミディア社が、USB接続用のコピープロテクション・キーカートリッジ版「Mac Logic Audio Platinum/Gold」を4月27日から発売すると発表していました。

アップルが、アップル正規サービスプロバイダーリストを更新していました。

AppleがデベロッパーTechnical Q&Asを更新していました。

java25 - Specifying Proxy Settings
nw66 - URLDownload Error Codes
qtmtb57 - How do I decompress individual frames into an offscreen?

AppleがWebObjects 4.5ドキュメントに、The eoapplication Package API Referenceと、The eogeneration Package API Referenceを追加していました。

イメーション社が、インターネットカラーマッチング技術「Verifi 」アキュレート・ウェブ・カラーのデモサイトを開設したと発表していました。

センチュリー社が、Formula2.5(SCSI)Rev.2アップデートの案内を行っていました。

ExpressionTools社から、Shade Professional R4 for Macintosh Rev.15cアップデータShade Personal R3 for Macintosh Rev.15cアップデータが配付されていました。

マクロメディア社から、Dreamweaver 3.0.1 日本語版アップデータが配付されていました。

セイコーエプソン社から、LP-8400FX用プリンタドライバ Ver.1.02LP-8600FX用プリンタドライバ Ver.1.02EPSON COLOR IMAGING LABO2 Macintosh用アップデートプログラムが配付されていました。

クワテック社から、MonkeyCom Updater ver.2.2.5bが配付されていました。

Aladdin Systems社から、StuffIt Deluxe 5.5.1 Updateが配付されていました。

CNET JapanのNewsmakersに掲載紹介されました。が、校正を入れてないので数字とか間違ってしまっております。(例:Apple IIの販売台数170万台->500万台が正解)もし気がついた点がありましたら、御連絡下さると助かります。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・デザイナーの味方 vol.2/アゴスト ¥743(4-901054-92-9)
・MkLinux/アスキー ¥3,600(4-7561-3421-1)
・超図解インターネット入門 Macintosh IE5編/エクスメディア ¥1,380(4-87283-119-5)
・CADデータ 長期保存規約/カットシステム ¥7,000(4-87783-018-9)


株式会社ニィス


act2

リンククラブ

2000/04/25

以前お宝でも伝えたようにMacWeekも、ATI Technologies社が新しいグラフィックアクセラレータチップを、4月24日にニューオリンズで開催されるWinHECで発表するようだと伝えていました。

Mac OS Rumorsによれば、Apple以外の複数情報筋が、iMac DVの500MHzと450MHzのシードテストヴァージョンの報告をしてきているが、その存在をApple情報筋は知らないようだと伝えていました。

Go2macによれば、 Appian Graphics社がPower Mac G4 (AGP Graphics)用デュアルディスプレイグラフィックカード「The Jeronimo 2000」を$999で発売すると発表したと伝えていました。

FileMaker社が、FileMaker Developer 5を発表していました。

Chronopixel社が、QuikcTimeムービーをMIDI制御でスイッチングするVJソフト「m7」を発売したと発表していました。(丸山さん情報ありがとね)

Accelerate Your Mac!によれば、6400 Zoneの報告としてAppleが1997年に配付したPCI Timing Update Version:1.0を使用すると、Alchemy、Gazzeleマザーで起きるPCIグラフィックカード増設による問題が解決するかもしれないと伝えていました。

マクロメディア社がMacromedia Dreamweaver 3 日本語版、Macromedia Fireworks 3 日本語版のキャンペーン「ミレニアムキャンペン」を6月30日まで続行することを発表し、また新たにマクロメディア特製のRazor製キックボードが毎週5名(総計50名)に当るプレゼントキャンペーンを行うと発表されていました。(ガ〜ン先週買った私はメチャショック)

アップルが、AppleCare Professional Multimediaプログラム(1件 24,000円(税別))とAppleCare Professional Mac OS X Serverプログラム(1件 30,000円(税別))に関して、質問1件毎にサポート料金を支払う、インシデント(個別)サポートを開始したと発表していました。

アベニューディーが、エアーホッケー感覚マウスパッド「エアーパッドプロ」が入荷したと案内していました。

最新パワーブックを始め、現行マックの標準 JIS キーボード上から、すべてのひらがな表示を取り除く、付け替え用キートップセット「K-chop (ケーチョップ)」の開発製造元であるエレキング社が、4月24日、VST製品等の輸入元として知られるコンピュータ周辺機器の総合卸売り商社ゲート社と卸売り総括販売契約を締結したことを発表していました。

Mac用3Dグラフィックソフト3DJoy(旧名 Presenter 3D)が出荷可能となったと発表されていました。。3DJoyはv3.8となり 14,000 円(税別)で購入申込みが可能になっています。旧Presenter3Dユーザーバージョンからの主なアップグレード内容としては、ドングル不要のアンロックバージョンとなり、iMac、G3等USB機で作動可能になり、全面的なプログラム言語の書き換え変更でOS対応パフォーマンスが向上しているそうです。また、BMRT(Windows NT, Linux上のRenderManライクなレンダーサーバー)にも対応しているそうです。

本国会の衆議院予算委員会質議の中で、自民党の野田聖子氏が森首相に対して、前小渕首相が掲げた2000年初頭に全国の教育機関にインターネット環境を整備し、全ての子供達がインターネットを学習出来るようにするとの事に関連して、溢れる情報をどのようにコントロールするつもりなのかを質問され、それに対して政府は積極的に取り組んでゆかなかければならないと答弁していたのを見て、「MacにはKidSafeがあるじゃないか」と思った今日このごろ。(まだ英語だけだけど、、)

AKIBA PC Hotline!によれば、ツクモパソコン本店IIで、手のひらサイズな超小型ベアボーンPC、台湾SAINTSONG製「Espresso」が販売されていると伝えていました。

メディアヴィジョン社から、MacDrive 98 Ver.3.1 日本語版 Windows 2000対応アップデータパッチが配付されていました。

NEC社から、AtermIW50/D ファームウェア Ver2.03AtermRS20 ファームウェア Ver1.05が配付されていました。

NTT-ME社から、MN128mini-S ファームウェア 1.04が配付されていました。

さきほどお詫びが、トップページ該当ページに掲載されておりました。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・改訂版 DTP最新用語事典 2000-2001/IDGジャパン ¥1,800(4-87280-376-0)
・レイアウトデザイン見本帖 書籍編/ピアソン・エデュケーション ¥2,200(4-89471-179-6)
・美少女CGワークショップ/工学社 ¥2,500(4-87593-833-0)
・DTP成功の秘訣/舵社 ¥800(4-8072-1926-X)
・一週間でマスターするMacromedia Dreamweaver3 for Win&mac/毎日コミュニケーションズ ¥2,400(4-8399-0363-8)


株式会社パワーサポート

SOFTWARE Too

ヤノ電器株式会社

株式会社内芝製作所

2000/04/24

毎日コミュニケーションズ社が、Macintosh総合情報サイト「Mac Fan Net」をオープンしていました。米有力Macintoshサイト「MacNN」と連携し、国内外のMac情報をいち早くお伝えするほか、フリーソフトやアップデータの新着情報コーナーや、ユーザー同士で意見交換できるBBS(電子会議室)を設けるなど、充実したコンテンツが用意されています。また、オープンを記念して、iMac DVなどが当るモニタープレゼント(5/23まで)が行われています。

iWeek2000公式ページが更新され、講演会・セミナーなどの詳細が掲載されていました。

現在MISIAのリミックスアルバム「MISIA REMIX 2000 LITTLE TOKYO」で全国ツアー中のリミキサーDJ GOMI君(OfficialWeb http://www.ggv.net/)にMacintoshに関してインタビューしてきました。

gomi.jpg


D:「ひさしぶりですね。」
G:「何年振り実際に会うのは?3年ぶりくらい?」

D:「Macintoshは何使ってるんですか?」
G:「僕が今使っているのは、Power Macintosh G3/DT、はやくG4欲しいんだけどね。」

D:「メインで使用しているソフトは?」
G:「僕はMOTU社のDigital Performer 2.6を使っている。それと、DigiDesign社のProToolsも結構使ってるよ。」

D:「他には何か?」
G:「Steinberg社のRecycleとかも結構使ってる。そうそう最近DigiDesign社のKoblo Studio 9000とか使ってみたりしてる。結構このソフト可能性が広がるかもね。」

D:「もう最近はほどんどデジタルで仕事することの方が多いんですか?」
G:「ほとんどそうだね。先週終わったばかりの『CHAR/Smoky (plydor)』なんかは全てデジタルでやったよ。」

D:「その曲って、先日ホームページの日記で書いてたMasters AT Workのアドバイスがあったとか書いてた曲のこと?」
G:「そうそうその通り、結構良い曲で、NewYorkのみんは気に入ってくれてるみたい。」

D:「でもその曲、アメリカではリリースされないんですよね?」
G:「そうなのかな〜、ちょっと残念かもね。」

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・iMac&iBookではじめるインターネット Internet Explorer5 Macintosh Edition対応 /ソーテック社 ¥1,800(4-88166-129-9)
・WindowsとMacintoshを一緒に使うための本/秀和システム ¥2,000(4-87966-993-8)


株式会社デジータダイレクト

PhotoDisc Japan K.K.

株式会社マックレット

digitalians.com

2000/04/23

Specialページに「Digital Audio Tool Fair In NAGOYAレポート」を追加しました。

PC Watchによれば、新日エレクトロニクス社がUSBコネクタに直接接続するガム型のストレージデバイス「Thumb Drive」を、5月21日から発売開始すると発表したと伝えていました。実際の製品をテストしたレポートも掲載されています。なお、Mac OSへの対応は、7月〜9月を予定されているそうです。

CNET Japanによれば、MacNNが伝えていた次期Microsoft Office for Macintoshに関して、この内容をMicrosoft社がMacTopiaのページに誤って掲載していた事を認めたと伝えていました。

IDGが公開していたMACWORLD Expo/New York 2000のページが削除されていました。現在上位ディレクトリーで簡単な案内が掲載されているだけとなっています。

マイクロソフト社が、Macintosh版に関するInternet ExplorerとOutlook Expressのニュースグループを開設していました。旧ニュースグループは、5月には削除されるそうです。

Internet Explorer for Macintosh
Outlook Express for Macintosh

MacCentralによれば、New YorkのアップルユーザグループArt Software Groupが、4月29日にAdobe社を迎えてのセミナーでPhotoshop 6.0とAdobe GoLive 5.0のスニークプレビュー&チップストリックが行われるようだと伝えていました。このセミナーで講師を勤めるのは、Adobe's business product managerのRick Borstein氏だそうですが、Appleのページには、Photoshop 5.5、Electric Image 3D for Macintosh、Macromedia Directorのデモと案内がされています。

Mac the Fork「Movie 2」が更新されていました。どうやら次はG3/600のようです。

Appleが、Automatic Update Software Version:1.1.3を配付していました。

Appleがデベロッパー向けツールとして、Cursor Component 1.0 SDKMacsBug 6.6.1を配付していました。

ブレインハウス社から、お給金Pro v1.8アップデートが配付されていました。

Diehi Graphsoft社から、VectorWorks 8.5.2 Updaterが配付されていました。

Casady & Greene社から、SoundJam MP 2.0.2 Updateが配付されていました。




.
.dami.gif

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club.
All rights reserved. Site design by BRESTO, Inc.
「Macintosh等の名称は米国アップルコンピュータ社の登録商標です」
GigaHit