Macintosh Business Expo
September 2000 MACお宝鑑定団 
Mac News Link Mac関連雑誌ライターLink Special
Read me Bench mark History
先週のNews バナー広告募集 counter


Macintosh WIRE

株式会社ニィス

株式会社パワーサポート


2000/09/16

Apple expo 2000 reportページに、会場レポートを掲載しました。Mac OS X Public Betaには、Classic環境の為のMac OS 9は付属しませんが、来年発売予定の正式版には付属するそうです。また、Mac OS X Public Betaをインストールする場合は、必ず別パーテションを用意することなどが、会場の担当者が述べています。また、Sonnet、XLR 8、Formac社などに対して、iMac用のG3アップグレードカードについても質問しています。

ハードディスクサイズがアップしたPowerBook (FireWire)に関して、Mac OS 9.0.4 + Mac OS ROM 3.7であることを、Apple expo 2000のAppleブースにおいて確認しました。ということで、現行モデルと同じシステム構成のようです。

スタンフォード大学が「Making the Macintosh」と題した、Macintosh創世記ドキュメントサイトを公開していました。初公開の資料や、Macintoshプロジェクトの初期メンバーJef Raskin氏などへのインタビューなど、膨大な数のドキュメントが置かれています。なお、このプロジェクトは、現在でも進行中で、最新の追加資料として、9月12日にDavid Kelley氏へのインタビューが追加されたと記されています。(角尾@BMUG-Jさんより)

Newer Technology社のRoger Kasten Jr.氏が、Appleが発表したMac OS X Public Betaに関して、その内容に関しての疑問と論議を発表していました。それによれば、AppleがMac OS X Public Betaの動作機種として上げているのは、単に品質保証とサポート対象となる該当機種と位置付けていだけだと指摘し、また、Mac OS Public Betaにアップグレードするということは、必然的にMac OS 9以上のシステムバージョンにアップデートすることを意味しているなどと述べられています。しかし、これはMac OS Xを批判するものではなく、宣伝に惑わされることなく、冷静に判断することに関心を向けさせることが目的であると述べられています。

Macwelt Onlineによれば、Mac OS X Public Betaを購入したユーザーに対して、正式版の優待価格での販売が予定されていないことを確認したと伝えていました。また、iMovie 2の無料ダウンロードがもうすぐ開始される予定だと、expo会場のAppleスタッフが話したとも伝えていました。

ZDnet NewsのMatthew Rothenberg氏のレポートによれば、Appleと取引を行っている広告代理店Chiat/Day社が、各出版社に対してAppleとそれらに関連する噂を記事にしない媒体であると確認出来なければ、広告を出さないと話していると伝えていました。これがAppleによる支持によるものなのか、TBWA/Chiat/Day社独自の判断なのかは不明だとしながらも、ジャーナルは独立した立場を保持しなければならない(つまり批難している)と述べられています。

Apple Australiaが、シドニー2000のオリンピックとパラリンピックの開催期間中、国内と海外のジャーナリスト向けに、万全のサポート体制を用意したと発表していました。

AppleがQuickTime TVのFOXSPORTS.comで、シドニーオリンピックが見られると案内を出していました。

Macintoshトラブルニュースが、AppleがTech Info Libraryで公開した、Mac OS X Public Betaに関する情報を公開していました。なお、日本語版は来月10月発表と公表されているため、この中の幾つかはFixされている可能性もあるので、注意が必要です。(今回のバージョンより新しい日本語版を待った方が良いと思う...)

日経MAC.COMが、Appleがパリで行ったプレス向けのブリーフィングレポートを掲載していました。iBook版Mac OS X版とに分かれています。このレポートの下に、シリコンバレーにおける人材の引き抜きから、優秀なスタッフを守るため、アップルからの申し入れによって、それぞれの製品担当者の顔写真が掲載出来ないと記されています。

PowerBook DTVによれば、9月15日に発売されたレディースコミック「YOU」の連載マンガ「。co.jp」の表紙に、Key LimeカラーのiBookが登場していたと伝えていました。

Medical Macintoshが、IBM社の新型HDドライブ「TravelstarTM 32GH(DJSA-232000)」に関するベンチマーク結果を掲載していました。なお、使用したHDドライブのファームウェアは、まだβ版だそうです。なお、IBM社の発表によれば、このTravelstarTM 32GHには、映像データの取り扱いにも配慮された機能として、コンピューター・データに対する「エラー補正とエラー回復機能」を、ビデオ・ファイルの転送時において、部分的に解除するための方法が定義されてあると説明されているので、連続したムービーデータを大量に扱う方に良いかもしれません。

須山歯研によれば、iBook (FireWire)で、PowerMac G4 Cubeに付属する外付けスピーカーを使用することが出来たと伝えていました。以前のiBookでは使用出来なかったそうです。

3D.COM社が、STRATA 3D PRO Ver 3.0を$595で発売すると発表していました。

MAXON Computer社が、MacとPCのOpen GL性能を計測するCinebench 2000 v1.0をリリースしていました。マルチプロセッサーにも対応しています。

Griffin Technology社が、PowerMac G4 Cubeのモデムポートを、シリアルポートに変更する「CubePort」を発売すると発表していました。

ペリドットジャパン社が、Mac USB対応MP3Player+デジタル選局FMラジオ内蔵「MPmini」を、オンライン通販のみで販売を開始すると発表していました。価格は¥17,800だそうです。

Sonnet Technologies社が、PowerMacintosh 7200用のG3アップグレードカード「Crescendo G3 7200」の製品情報を公開していました。

Accelerate Your Mac! によれば、Apple Store UK (ヨーロッパ地区)で、ADC to DVI Display Adapterの販売が開始されていると伝えていました。US$換算で約$35だそうです。

iBook (FireWire)に搭載されているFireWire 2.6ドライバに関して、ドキュメントによれば次の3つが解消されているそうです。(FireWire 2.5で解消済みも含む)

・Final Cut Pro が起動している間に接続していたカムコーダを別のカムコーダと取替えたときにクラッシュする問題を解決。
・ひとつの FireWire バスに接続された複数の装置をサポートします。FireWire 2.4 以前のバージョンでは、10 以上の FireWire 装置を制御できない場合があった。(FireWire 2.5でも解消済み)
・コンピュータをシステム終了した時に FireWire 装置が正しく動作しない問題を解決。(FireWire 2.5でも解消済み)

アップルが、Tech Info Library日本語版を更新していました。

TIL-88038JC:iBook (FireWire): 技術仕様について
TIL-88040JC:iBook (FireWire): コンポジットビデオケーブルは交換できません
TIL-88041JN:iBook (FireWire): 互換性のあるコンポジットビデオの解像度を選択する
TIL-88039JC:iBook: iBook のモデルを確認する方法について

Appleから、Mac OS X SCSI Card Updaterが配付されていました。対象となるのは、Apple製のUltra Wide SCSI PCI cardで、名前が「Apple53C875Card」のレビジョン4だそうです。

Appleがデベロッパー向けツールとして、MacsBug 6.6.3が配付されていました。

住友電工システムズ社から、AtlasMate4 for Macintoshの最新モジュールが配付されていました。(mokkosanさん情報ありがとね)

Sonnet Technologies社から、Sonnet Processor Version:1.4.5Metronome Version: v1.4.5が配付されていました。

Emagic社から、Logic Audio Platinum 4.6、Logic Rocket 4.6 Updaterが配付されていました。


有限会社エレキング

ソリッドネットワークス・WEBホスティングサービス

act2

mobile-power.com

2000/09/15

9月15日にワシントン州西部のシアトルにあるワシントンコンベンション&トレードセンターにおいて「Macintosh Business Expo」が行われると発表されていました。 Apple expo 2000で発表された新製品などに関して、アメリカではここで最初に展示されることになるようです。なお、基調講演の講演者は明らかにされていません。

Apple expo 2000 reportページに、基調講演時のiBookが登場するシーンのムービーを掲載しました。閲覧するためには、RealPlayer が必要です。

ベンチマークページに、iBook (FireWire)のデータを追加しました。

今日から発売開始されたiBook (FireWire)は、Mac OS 9.0.4 にPowerMac G4 Cubeよりも新しいMac OS CPU Software J - 2.5 (Mac OS ROM J1 - 5.3.1、Apple DVD Player J1 - 2.3、FireWire J1 - 2.6、Open Transport J1 - 2.6.3などを含む)を追加した専用システム構成となっています。この最新システムでも、今だハいバネーション機能は使用出来ない状態です。また、新しiBook (FireWire)は、旧iBookの半透明部分パーツが、iMac (Summer 2000)のSnowと同様の、透明度を押さえ、艶を加えたパーツに変更されていました。

MacWIRE Onlineが、AppleのMac OS X担当であるKen Bereskin氏へのインタビューを伝えていました。それによると、Mac OS X Public Betaの日本語版は10月にリリースされるようです。また、AirMacへの対応がこのバージョンでは見送られた理由の伝えていました。

MacWIRE Onlineが、AppleのiBook担当であるDave Russell氏へのインタビューを伝えていました。

MacCentralが、ATI社のDeanna Perkins氏に、RADEON for Macのパッケージ版とApple Store BTO版との違いに関するインタビューを行っていました。BTO版にはADC端子があってTV出力が無いそうで、また、パッケージ版をPowerMac G4 Cubeで使用することは出来ないそうです。

PC Watchによれば、Apple expo 2000におけるAppleブースの配り物は、iBook (FireWire)ポスターとPowerMac G4 Cubeポスターだそうです。

GoodWillが、旧Power Mac G4/400 (AGP)を、131,800円へと、さらに値下げをして販売していました。

PowerLogix Japan社が、iMac用CPU Upgrade Board "iForce"の出荷の遅れに関するお詫びを掲載していました。現時点主要部品の供給が止まっており、生産の見通 しが立っていないとのことです。

メルコ社が、グラファイトカラーUSB Hub「UHB-S4GF」を、10月中旬から4,800円で発売すると発表していました。

アップルが、Tech Info Library日本語版を更新していました。

TIL-24669JN:Mac OS X Server: 起動後の HFS ボリューム設定
TIL-60713JN:Mac OS X Server: NetBoot サーバソフトウェアについて
TIL-100400JO:WebObjects: WebObjects 4.5 がサポートするデータベース
TIL-100413JO:WebObjects: Windows NT 4.0 上で Peer Web Server を利用する場合の問題について
TIL-70154JN:WebObjects 4.5: Solaris でのゾンビプロセスの防止
TIL-58580JN:Power Mac G4 (Gigabit Ethernet): SCSI カードの仕様
TIL-58690JN:Power Mac G4 (Gigabit Ethernet): デュアルプロセッサに対応していないアプリケーション
TIL-58695JN:Power Mac G4 (Gigabit Ethernet): AirMac カードの取り付け
TIL-58700JN:Power Mac G4 (Gigabit Ethernet): SCSI カードの交換
TIL-58701JN:Power Mac G4 (Gigabit Ethernet): Zip ディスクドライブの交換
TIL-58702JN:Power Mac G4 (Gigabit Ethernet): SCSI ドライブの交換
TIL-58707JN:Power Mac G4 (Gigabit Ethernet): CD/DVD ディスクがデスクトップに表示されない
TIL-58296JN:Apple Gigabit Ethernet PCI カードについて
TIL-58617JN:Gigabit Ethernet: 概要
TIL-58313JC:FireWire 2.3.3 について
TIL-32053JN:iMac: Mac OS X Server や QuickTime Streaming Server はサポートされていません
TIL-58437JC:Apple Cinema Display: 技術仕様
TIL-58287JC:AppleShare IP Web & File 6.2.1 アップデートについて
TIL-60410JC:AppleShare IP Mail 6.2.1 アップデートについて
TIL-17316JN:AppleShare File Sharing: グレイ表示されたボリュームに接続するときのアクセス権
TIL-60675JC:Macintosh マネージャ 1.3 について (更新)
TIL-26160JC:Apple モデムアップデータ 1.2.2 について
TIL-58255JC:Network Assistant 3.5.2 Updater: Read Me
TIL-24618JN:SNMP: システム起動時に OT をロードする
TIL-60720JN:Apple DVD Video Player: エラー番号“-9845”のため再生できない

AppleがHot NewsのApple expo 2000ページに、iMovieによるビデオレポートを掲載していました。

アイ・オー・データ機器社から、1394-iCNサポートソフト Ver.1.03が配付されていました。

Orange Micro社から、Grappler SCSI 940UW Version UW3.29 Firmware が配付されていました。

BitHeadz社から、Retro AS-1 2.1 Updaterが配付されていました。


株式会社デジータダイレクト

PhotoDisc Japan K.K.

リンククラブ

マックレットドットコム株式会社

2000/09/14

Apple expo 2000のSteve Jobs氏による基調講演現地レポートを、Apple expo 2000 reportページに掲載しました。パリ発レポートは、パリ在住の大西さんが3年連続で行ってくれています。

ASCII 24MacWIRE Onlineに、それぞれMac OS X Public Betaレポートが掲載されていました。Apple expo 2000会場で販売が開始されているMac OS X Public Betaは、3各国語が1つの同じCD-ROMに納められているにも関わらず、わざわざ英語版、フランス語版、ドイツ語版として販売がされているようです。どうやら説明書の言語の違いによる種類分けがなされているようです。なお、会場でのMac OS X Public Beta版販売ブースは、長い列が出来ており、最後尾は現在2時間以上もの待ちとなっているようです。また、日本語に関しては、ヒラギノ書体は含まれているようなのですが、6書体全部含まれているのか、またブート時にランゲージ設定のトップを日本語にしても起動可能なのかどうかなど、細かいことはわかっていません。

AppleがiBookに関して、従来のBlueberryとTangerineカラーを、新たにIndigoとKey Limeカラーに変更し、PowerPC G3/366MHzと466MHzのプロセッサー(256k二次キャッシュを内包したPowerPC 750CXを採用)と、ATI RAGE Mobility 128グラフィックチップ、ATA/66 10GBHD、FireWireポート、DVD-ROMドライブ(CD-ROMモデルも有る)、iMovie 2、を採用したマイナーバージョンアップモデルを発表していました。なおApple Storeでは、20GBのHDを選ぶ事も出来るようになっています。なお、Key Limeカラーは店頭販売が行われず、Apple Storeのみの扱いとなるようです。日本では9月15日から店頭発売が開始される予定です。

・iBook SE/466MHz/64MB/10GBHD/DVD-ROM/FireWire $1,799(198,000円)(Graphite)
・iBook/366MHz/64MB/10GBHD/CD-ROM/FireWire $1,499(178,000円)(Indigo)

新しく発表されたnew iBookコードネーム「P1.5」に関して、Appleは「iBook(FireWire)」「iBook SE (FireWire)」と呼ぶようです。

AppleがMac OS X Public Betaに関して、本日からApple Storeにおいて、$29.95で販売を開始すると発表していました。なお、Mac OS X Public Betaは英語、フランス語、ドイツ語パッケージが1つになっており、動作環境に関しては、PowerPC G3/G4プロセッサーを採用した全てのMacintoshで動作するよう設計されており(オリジナルPowerBook G3、アップグレードカードを除く)、128MB以上のメモリーが必要だそうです。Apple Storeでは別に、Power Mac G4 (Gigabit)、PowerMac G4 Cubeにプリインストールしたモデルも購入出来るようになっています。Mac OS X Public Beta版は、2001年5月15日までの使用期限付きだそうです。

AppleがApple Storeにおいて、Power Mac G4 (Gigabit)、PowerMac G4 Cubeのオーダー時に、ATI社のRadeon グラフィックカードを選べるようになったことを発表していました。購入価格は$100(日本では12,000円)だそうです。

Apple Storeにおいて、PowerBook (FireWire)のに関して、400MHzモデルが10GBHD、500MHzモデルが20GBHDへと変更されていました。30GBHDも選べるようになっています。なお、値段の変更はないようです。日本では9月19日から店頭発売が開始される予定です。

AppleがMac OS Xサイト(日本は一部変更)とiBookサイトを更新していました。Mac OS X Public Betaの日本語対応版に関しては、近日公開と記されています。また、iBookのFireWireポートは、USBポートとAV ポートの間に設置されており、従来のマザーボードに存在していた、使用されていないプリント部分が使用されるように変更されていることが確認出来ます。なお、AV ポートはビデオケーブル(1端子 ->ビデオ+L+R端子)を使用することにより、テレビへのコンポジットビデオ出力が可能です。

Appleが、iBook(FireWire)モデルの公式フォト画像データと、Mac OS X Public Betaスクリーンショット画像を配付していました。

Appleが、iBook (FireWire)に関するハードウェアドキュメントを公開していました。PDF形式もあります。

新製品の発表を受けて、アップルは旧製品の値下げを明日から行うようです。いずれも参考価格で、ショップによっては、もう少し安くなるかもしれません。

・PowerBook (FireWire)/500 366,000円
・PowerBook (FireWire)/400 278,000円
・iBook SE/366 168,000円
・iBook/300 148,000円

マックサポート 福岡&山口店が、「オープン1周年記念準備セール」第2段を発表していました。

セイコーエプソン社から、GT-7700U Macintosh USB接続用 EPSON TWAIN 5 Rev.5.0aが配付されていました。

Smith Micro Software社から、FAXstf 6.0.3 日本語版Updaterが配付されていました。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・ネットトラブル撃退法/エーアイ出版 ¥2,200(4-87193-773-9)


パソコンの館 富山店

バード電子

テクノポート・シトラス

BookMall PC

2000/09/13

Sonnet Technologies社が、バスダブリングテクノロジー「Fortissimo」を発表し、その技術を採用した製品のリリース時期を発表していました。また従来不可能とされてきたPowerMacintosh 7200シリーズ用G3アップグレードカードを発表していました。Fortissimo技術に加え、PCIバスを使用する新しいタイプのカードで、カード場にメインメモリーを増設するソケットも追加されているそうです。

・Crescendo G3/7200 400MHz/1M  $499.95
・Crescendo G3/PB 400/1M $399.95 出荷中
・Crescendo G3/Nubus 400/1M  $399.95 10 月出荷開始予定
・Crescendo G3/Nubus 500/1M  $499.95 10 月出荷開始予定
・Crescendo G4/PCI 500/1M  $799.95 第4 四半期出荷開始予定

MacGeneration.comが、Apple expo 2000の事前会場レポートを掲載していました。設営準備が進むAppleブースにおいて、iBookブースには黒い幕がかけられ、PowerBookブースには、実機の設営が行われていないことが確認出来ます。また、PowerMac G4ブースで、Apple Displaysの下に目隠しテープが貼られたブース写真(RADEONか?)も確認することが出来ます。

be-tvが、Apple expo 2000における、設営準備が進められるAppleブースを、Mac News TVとして、QuickTimeムービーで紹介していました。

MacNNによれば、Apple expo 2000のメイン会場であるPort de Versaillesで火災報知器が鳴り、Appleブースを含む、会場の左半分が床2インチほどの水で溢れ、多数のブースで損害が出ていると伝えていました。

Apple Insiderが、Apple expo 2000の会場にいる情報筋が、会場のAppleブースで、iMac、Power Mac G4 (Gigabit)、PowerMac G4 Cubeの3つは展示されているが、iBookとPowerBookの展示予定ブースには、黒い幕がされており、その中に、SageカラーのiBookらしき物があるのを見たと言う報告を伝えていました。また、他の情報筋は、iBookにFireWireとDVDドライブを搭載した"better"450MHzモデル(13,490 FF /US$1,768)と、従来モデルを400MHzにアップしたモデル( 15,990 FF /US$2,096)の2つが発表されるようだと伝えていました。また、PowerBookに関してはiBookとの共食いを防ぐため、新たな構成を持ったモデルが発表され、21,500 FF (US$2,826) 、29,980 FF ($3,941)といった価格設定がされているようだと伝えていました。

Apple Insiderが、コードネーム「Mercury」と呼ばれているPowerBook G4のプロトタイプを見たという複数の情報筋からの内容を伝えていました。それによると、Pizmoが持つインターフェイス仕様とは異なっておらず、ただプロセッサーがPowerPC G4/500MHzに変更されただけらしく、液晶サイズの変更もないようだと伝えていました。しかし、外観上の変更は確認され、ちょうどApple Pro Mouseを上から見たような概観をしているらしいです。また、拡張ベイの形状が変更され、旧製品との互換性は無いかもしれないが、DVDドライブは従来と同じトレイ式を採用しているようです。なお、トラックパッドが少し大きくなり、キーボードも新たな4つのキーを加えるなどの修正がされているようだと伝えていました。しかし、MACWORLD Expo/San Francisco 2001で発表される可能性の方が高いと情報筋は伝えているそうです。

Mac OS Rumorsが、以前伝えていたMac OS X Public Betaがオンラインでも配付されると伝えていた件に関して、インストールするためにCD-ROMからの起動が必要になるため、Mac OS X Public BetaはCD-ROMだけの配付となるとAppleの情報筋が伝えてきたと伝えていました。(当然の話です)

AppleがUsersGroupページを更新し、「ファイルメーカーPro東京ユーザーズミーティ ング9月度例会」レポートを掲載していました。

ヤノ電器社が、FireWire対応の業界最速 HDドライブ「Cerulea G.B. 45GB」「Cerulea G.B. 75GB」を、9月12日から出荷を開始したと発表していました。

アルファデータ社が、USB to SCSI変換アダプター「AD-USBSC」を、8,800円で発売すると発表していました。

MacAddictによれば、Apple expo 2000で抗議行動を行うと予告していたグループが、Apple UKが対話に望むと申し出たことにより、それは回避されることになったようだと伝えていました。

MacNNが9月6日に伝えた内容として、MARGI Systems社が、AppleのADCインターフェイスをDVIインターフェイスに変換するアダプターの開発を行っており、11月頃を目処に発売する予定だと、MacNNの読者フォーラムに投稿されていました。これは、Appleから仕様に関する情報を得て、開発されている製品だそうです。(吉田さん情報ありがとね)

アップルが、Final Cut Pro対応デバイスリストを更新していました。

フォントワークス社が、新型Macintosh対応状況- CIDフォントに関する技術情報を更新していました。

SONY社が、総画素数334万画素・光学3倍ズーム搭載の、ポケットサイズデジタルカメラ「DSC-P1」を、10月20日から99,800円で発売すると発表していました。

旭光学工業社が、Digita OSを搭載した224万画素一眼レフタイプデジタルカメラ「PENTAX EI-2000」を、9月下旬から115,000円で発売すると発表していました。

Appleから、Final Cut Pro QTM Reader Version:1.2.6が配付されていました。

Appleからデベロッパー向けツールとして、CarbonLib 1.1a5 SDKが配付されていました。

セイコーエプソン社から、LP-8300C Macintoshシリーズ用プリンタドライバ Driver Ver.1.00が配付されていました。

ミュレイディア社から、midiman用のドライバ、MIDISport1X1 ver1.02MIDISport4X4 ver1.02が配付されていました。

電机本舗社から、Macintosh版携帯ほいほいVer5.Xベータ版が配付されていました。

StarNine社から、WebSTAR Server Suite 4.3 updateが配付されていました。

いよいよ、今日の午後4:30から、クリスマス商戦を睨んだ2001年度第一四半期に向けての戦略が発表されます。これらは、1ヶ月後のWorld PC EXPO 2000に凱旋帰国する予定です。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・インターフェースの大冒険/アスキー ¥1,600(4-7561-3567-6)


Annies Craft,Inc.

CValley

Quad Elements Co.,Ltd.

パワスタ

2000/09/12

お宝が7月4日にアップルの製品保証制度にPowerBookも加えられたと伝え、その後アップルが表記を修正し、正規サービスプロバイダーでの受付終了を延期した件に関して、Nanko隊員の調べと、読者のさとうさんからの報告によれば、昨日を持って「PowerBook (FireWire)、PowerBook G3 series(Bronze keyboard)」の持込修理が終了し、ピックアップ&デリバリーやなど(在宅自己交換修理含む)によるアップルサービスセンターでの一括修理受付に切り替わったようです。全てのアップル正規サービスプロバイダーに電話で確認したところ、Appleから部品の供給が完全にストップしたことによると説明され、受付けて貰えなくなっています。なお、この件に関して、以前MacWIRE OnlineによるインタビューでアップルのAppleCare本部長である大宮哲夫氏は、対面修理販売について、「30分の修理に対し、ユーザーがどの程度の価値を見いだすか、どれだけのコストを払っていただけるのか」を考慮した上で、サービスの提供を考えたいと述べ、現行のサービスを見直す考えがあることを明らかにしており、それがどうやら密かに実行に移されたようです。

3dfx社が、VooDoo4 4500 PCI For Macの出荷を開始したと発表していました。

Terran Interactive社が、ウェブデザインツールとビデオエディティング機能を持った「Cleaner 5」を発表していました。Media Cleaner Pro 4ユーザーは$49でアップグレード出来るそうです。

Bare Bones Software社が、ハイパフォーマンスHTMLエディター&テキストエディター「BBEdit 6.0」を発表していました。

Qualcomm社が、Eudora 5.0を正式にリリースしたと発表していました。

フォーカルポイントコンピュータ社が、仏国La Cie 社製のPocket Drive CDRW の取扱いを開始すると発表していました。なお、出荷開始時期は2000 年末で、価格は未定だそうです。

ヤノ電器社が、USB対応のフロッピーディスクドライブ×スマートメディア・リーダ「UFDX-01」を、13,800円でブルベリーカラーを9月から、グラファイトカラーを10月から発売すると発表していました。当初発表されていた価格より2,000円値下げされたようです。

ミマキエンジニアリング社が、Adobe Illustratorに対応した専用プラグインカッティングソフト「FineCut for Illustrator」を、58,000円で9月11日から発売すると発表していました。

イメージワン社が、G4 MacintoshおよびMacOS9への対応状況を更新していました。

おさかなネットが、iMac 350モデルなどが当る オープニング記念プレゼントキャンペーン(9月末まで)を行っていました。

MOBILE SQUAREが、SONY PEG-S300が当たるPDAに関するアンケートを行っていました。

マックレットが、内芝製作所「COZO」ブランド商品のアウトレットセールを行っていました。また激速グラフィックカードとして知られるFormac社のProformance 3 16MB バルク品が19,800円で販売されていました。なお、内芝製作所社自身でもアウトレットセールは行われています。

mobile-power.comが、Palm Vシリーズ、WorkPad C3シリーズ対応小型チャージャー(ACアダプター)の発売を開始したと発表していました。オンライン価格は送料サービスで4,500円で、
現在予約中だそうです。


フォーカルポイントコンピュータ(株)

マックサポート福岡&山口

SOFTWARE Too

アシストオン

2000/09/11

Darwinists' Houseが伝えていた、浜田直樹氏がVirtualPC 3.0.3上でAppleのDarwin OS for Intelをブートさせる事が可能なディスクイメージに関して、Darwinfoによれば、それが公開されたと伝えていました。データ容量は131MBあります。また、実際にブートした状態のスクリーンショットも紹介されていました。(素晴らしい!)

須山歯研が、Arizona Macintosh Users GroupによるG4 Cube Internal Fan Projectで紹介されていた、PowerMac G4 Cubeに内蔵空冷ファンを装着する実験を実際に行ったレポートが掲載されていました。(最初から台座が用意されてたんですね)

CMJapanで、iMacなどが当るシーエムジャパン スタートアップキャンペーン(12/8まで)が行われていました。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・Shade スケルトン・ショーケース/グラフィック社 ¥3,300(4-7661-1189-3)
・EPSONカラーイメージング Vol.12/ソフトバンクパブリッシング ¥1,143(4-7973-1285-8)
・The BeOS BIBLE Volume2/ソフトバンクパブリッシング ¥4,900(4-7973-1163-0)


パワーラボ

コムテック事業部

PDAショップ、Vis-a-Vis(ビザビ)

フラッシュバック

2000/09/10

MacCentralによれば、Apple expo 2000におけるSteve Jobs氏による基調講演は、昨年に引続き今年もインターネット放送が行われない事を、Appleから確認したと伝えていました。(言った通りでしょ、東京と一緒だって^^;)

MacCentralが、Apple expo 2000プレビューを掲載していました。でも内容の半分は予想で占められています。

ユーザーグループ「MuON」有志が放つ非クオリティマガジン「iMuON News Letter」第2号が配付開始されていました。今回のキーワードは、「70年代フォーク」「ディスクツール」「欠陥住宅」等々。主婦の皆さんにも喜んでいただけるトクトク情報も用意されているそうです。

Apple expo 2000サイトのWeb Studioが公開されていました。

Appleがデベロッパー向けTechnical Notesを更新していました。

FL16 - File Manager Performance and Caching

Appleがデベロッパー向けTechnical Q&Aを更新していました。

HW86 - Open Firmware Device Tree Nodes
HW87 - PCI Macintoshes and CardBus Controllers
HW88 - The "Chosen" Node in the Device Tree
HW89 - The "/aliases" Node in the Device Tree
HW90 - The "packages" Node in the Device Tree
HW91 - PCI Class Codes
HW92 - How Many PCI Header Types Exist Today?
HW93 - The "Green" PCI Bus
HW94 - PCI Address/Data Stepping
HW95 - Open Firmware and the "devalias" Node
QTMTB58 - BeginMediaEdits -2050 badDataRefIndex error after calling NewMovie
QTMTB59 - Using MovieExportSetSampleDescription to specify the format of exported data
QTMTB60 - Saving changes to modified movies
QTMTB61 - Creating track references when editing movies
QTMTB62 - Batch Exporting movie sound tracks with ConvertMovieToFile()
QTW98 - Using Windows GDI for all drawing
QTW99 - QuickTime .qtx/.qtr/.qt/.mov files defined
QTW100 - Where do QuickTime extension files reside?

Puffin Designs社から、Commotion 3.1 Updaterが配付されていました。

WACOM社から、Tablet Driver 4.5.5beta1が配付されていました。


アイディ・イーストエンド

有限会社 キットカット

株式会社ピクセラ

MJ SOFT Mac館


.
.dami.gif

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club.
All rights reserved. Site design by BRESTO, Inc.
「Macintosh等の名称は米国アップルコンピュータ社の登録商標です」