MACお宝News.gif
皆様へのお願い(MacintoshNews)

このページはMACお宝鑑定団の新着情報や、Appleに関する情報を伝えるページです。
掲載内容は保証されるものではありませんので、御了承下さい。
掲載記事に関する著作権は「MACお宝鑑定団」が所有します。

1997/5/04~4/28バックナンバー


[5/04]
MacOS7.6.1アップデーターで、PowerBook関連のトラブルが報告されています。

PowerBook 550cがシャットダウンの時にハードディスクが止まらなくなってしう。この症状は蒼騎隊員からも、PowerBook520で同様の症状が報告されています。

PB5300csにサードパーティ製MOドライブ(ラビックス LACIE mo)を拡張ベイにいれたままで起動すると、バスエラー(文字化けしていますが)という爆弾がでて起動できなくなる。なお、MOドライブをフロッピードライブに差し替えると症状は再現されない。

MacOS7.6.1アップデーターによって Apple ビデオプレーヤが新しく J1-1.6 に変わるため、以前のヴァージョンであった J2-1.5 の初期設定ファイルは転用できないらしく、チャンネルを新たに設定し直なおす必要があるそうです。

Sleeperによって、システム終了時に外付HDDが、Spin Downするそうです。(Sleeper FAQで説明が掲載されているそうです。)(TUNEさんの発言より。)

SpeedDoubler2.0.1-JがMacOS7.6.1アップデーターインストール後に、読み込み拒否する件で、Connectix社は、すでに対応版の2.0.3アップデーターを公開しており、日本語版に関してメディアビジョン社も、現在早期配布ができるよう努力されているそうです。現在のクリエイター変更による方法が公開されていますが、サポートの対象外になってしまうので、極力業務関係で使用されている方は、避けられるべきと考えます。結構ヤバかったりして......

MacOS 7.6をインストールすると、QuickDraw3D 1.0.6が一緒にインストールされますが、7.6.1にアップデートする際には、QuickDraw3Dも1.5.1にアップデートすることをアップルは推奨しているそうです。

Starnine社が新しくjavaで制作された「LiveIndex」というアプリケーションを開発中だそうで、このベータ版を使用して意見を述べてくれる方を募集しているそうです。興味のある方はメーリングリスト「liveindex-beta-request@starnine.com」にsubscribeすると、後にダウンロード先のURLが送られてくるそうです。

本日の「Amiga & AppleII コンベンション'97」の展示内容は以下の通りだそうです。
1. AMIGAショップ出張
2. AMIGAとAMIGAエミュレータ
3. 誘惑のエミュレータ(AMIGA)
4. BeBOX
5. C64(仮設)
6. AMIGA-2Dグラフィックス
7. ネット上のコミュニティ紹介(AMIGA-AppleIIGS-BeBOX)
8. AppleII/GS

Apple Japanが「サービス&サポート」のホームページを、新しく開いてました。Apple本社の「Apple Support Information」並みになることを期待してます。

ある地下鉄のフリーペーパーに掲載された、ブラックユーモアたっぷりのマンガです。(笑)

PB2400が連休明け、5/8にプレス公表されるらしいです。

[5/03]
EUDORA PRO for Macintosh Ver3.0-Jr2 パッチが出てました。

EUDORA PRO for Macintosh ver3.0-Jr1 を ver3.0-Jr2 にマイナーバージョンアップします。

改善点 は以下の通りだそうです。

1.インライン変換の処理速度が遅い。
2.Eudora Proが起動しているときに、MS-Wordの印刷機能に不具合が生じる。
3.送信メールのタイムスタンプが発信時刻ではなく、保存された時刻になる。
4.メールヘッダ送信時、サブジェクトに改行が入って送信されてしまう。
5.「引用マーク付きペースト」を行うと、ペースト内容がメールから欠落してしま
う。
6.「選択範囲のアンラップ」を実行すると、ワードラップされていた位置に半角ス
ペースが入る。
7.Eudoraについてを表示させたときに、シリアル番号が表示されない。

今までの設定を有効にするには、みなさんが使用しているEudora設定を新しいバージョンにドラッグ&ドロップして、設定変換してもらうと、現在のメールの保存状態がそのまま使用できますが、サーバー側との更新記録が正常に反映されない場合があるため、少なくとも前日分のメールが、ダブって取り込まれる場合もあるようです。実際に僕がそうですけど^^;、また、インライン変換は速くはなっていますね、それとMAC党の、このソフトに関する特集ページが、トップページから消えてました。

[5/02]
AQUAZONEユーザーにお知らせ!MEKAISIAシリーズの最新作「ジルコドラゴ」の発売日が5月30日に延期されました。このMEKAISIAシリーズ最大の難点であった「赤錆び病」の特効薬「レドキシン25」が、この「ジルコドラゴ」には付属しているので、これを手に入れるために待っていた方もいると思いますが、もう少し待っていなくてはならないようです。

スタートアップサウンドをいろいろ集めたホームページ「Clixsounds」を紹介しておきますね。結構かっこよい作品が揃っていて楽しめますよ。

ことえりの変換ウインドウを入力している側に移動させるユーティリティー「With You」の2.1b1が出てました。詳しいドキュメントが無くなったのが、惜しいです。

MacspectreTEMPOのb2c3に関する詳しい内容が掲載されており、その中にスタートアップ時のHappyMacがウインクすると記されていました。けっこう遊んでますね〜。(笑)

パソコンショップ「DO-夢」で、12倍速CD-ROMだけが搭載されて、メモリーやHDがない、ゆわゆるカスタマイズセレクション仕様の、新型PowerMac9600/200(MPではない)が¥284,800で売ってました。またこのホームページには掲載されていませんが、中古のOLD MacintoshやNeXTStationも取り扱っているようです。

NeXTStation Turbo Color 21"CRT \258,000
NeXTStation Turbo Color 17"CRT \240,000
NeXTStation Color 21"CRT \198,000
NeXTStation Color 17"CRT \178,000
NeXTStation Turbo 17"CRT \150,000
NeXTStation 17"CRT \120,000

イケショップのホームページSPARTACUSご予約受付開始と紹介され金額が¥867,000となっていますが、企画室ゆうでは¥858,000とさらに安く値段設定がされてます。ちなみに我隊員達は続々と予約を入れているようです。好きだな〜(笑)

購入予定のPerforma6420+1710AVのセットが、アメリカと同じように、2万円程値段が下がってきているようで33万円台に下がってきてました。(SOPHYコンプかずみCHAMPで調べた結果です。)

あくまで噂です。(笑)

Apple PowerExpress
今年6月頃
255-280 Mhz 604e, 512KB L2, -- $2500または $5000.
マルチプロセッサーモデルは $8000.
新型PowerMacintoshの匡体を使用して、FireWireポート, 新しいグラフィックアクセラレーターカード( Philips社のTriMedia 3Dプロセッサー搭載),EDO RAM, 内部SCSIバスはFast SCSI 3仕様, 外部SCSIバスはFast SCSI 2仕様, DVD drive搭載でバスクロックが75 Mhz。

Apple Gossamer
今年8月頃
166 Mhz 604e, 16/2000/256/CD -- $1,600
200 Mhz 604e, 32/3000/256/CD -- $2,000
233 Mhz 604e, 32/3000/256/CD -- $2,700
266 Mhz 604e 32/3000/256/CD -- $3,000.
PowerMac6500シリーズの匡体を使用して, IDE HD, CDx8倍速,ZIFソケット形式のCPUアップグレードソケット搭載で バスクロックが75 Mhz。

[5/01]
新しいAppleVisionモニターシリーズである、AppleVision850AVと750AVは、スピーカーレスのタイプとして、AppleVision850と750がラインナップに予定されているらしく、これら新しいAVモニターは、現行の15AVのようなサイドにスピーカーがあるタイプと考えられてきたが、実際には1710AVタイプと同じくモニターの下側にスピーカーが配置された仕様のようです。

今日からMacOS7.6.1(日本語版)アップデーターが配布されます、FTPはかなり混むでしょうから、ミラーサーバーを探すか、NIFTYから落とすかした方が懸命かもしれません。この配布に関しては、各ユーザーグループ代表宛に送られる「マンスリーメーリンング 97年4月号」に関しての中で少し述べられています。

ユーザーグループに対しての連絡方法に関するアンケート結果が出ていました。僕は各MUGの代表者名簿を作成して配布して欲しいです。

Claris社が「Powered by FileMaker Pro」バナーを貼ってDC-50を貰おうキャンペーンやってます、でもアメリカ在住しかだめみたいです

いろいろなニュースでOracle CEOのLarry Ellison氏がApple買収を断念したと報告されてますね。すごいですね〜記者団に向かって話した内容を否定するなんてね、でもこれでNC構想をAppleとそのユーザーは関心を示したわけですから、宣伝効果は期待通りだったでしょうね、やはり超エリートビジネスマンはやることが大きいですハイ(笑)

MRP NewsにAppleが公開した「Mac OS 8 is Beta!」は、バージョンがMac OS 8.0b2c3だと書いてあって、それは知らなかったぞ!ということで細かく見直してみました。確かにDesktop access pointとThe Mac OS Info Center は見たことないな〜。でもどれが新しいAppleScriptで動いてるんだろう?

本日よりStrataユーザーの為のメーリングリストがオープンするそうで、参加資格はStrataユーザーであること以上は特にないそうです。入退会はsuga@j-link.or.jpまで連絡してくれれば、LISTサーバーのアドレスと登録方法を、後日知らせせてもらえるそうです。

倒産して通販部門だけ営業していましたが、譲受先の株式会社 リンケージがSTEPホームページの廃止と社名の変更をアナウンスしてました。

[4/30]
(株)日立情報システムズからのお知らせです。

昨年10月9日から販売を開始しました初心者向けホームページ作成ツール『FixUp-HomePage』の機能を強化したVersion 2.1(Mac、Win95対応ハイブリッドCD-ROM)を来たる5月16日(金)から「ホームページ作成キット」として発売する予定です。また、Version 2.1の主な機能強化は、(1)フレームの作成 (2)クリッカブルマップの作成 (3)画像入力の簡易化 (4)ページ間リンク情報の表示などです。
Version 2.1β版ダウンロードサービス

彼?が送る「アメリカ航空ショー50周年記念」のスナップショットです。

WWDCで Rhapsody用の開発ツールとして、「Prelude to Rhapsody」というタイトルが付いた、OPENSTEP4.2とWebObjectsなどを含んだものが無償配布されるそうです。

しゃべるブックマーク?「SurfTalk」のベータ版が公開されてました。

MACお宝鑑定団のトップページのレイアウトを変更しました。

会長のページに、Apple17マルチスキャンGeoPortTelecomAdapterApple Personal Diagnosticsを追加しました。

[4/29]
LINK CLUBが行っているMacOS搭載機プロダクトデザイン大賞で、ユーザーが選ぶ「夢楽しい賞」の投票が始まっています!参加しましょうね〜。ちなみにこの中には「パワーラッキントッシュ」は入っていません(本選に選ばれたのか?そんなわけないよね^^;)

Performa6420における画像表示の品質(グラフィックがにじむ[特に縦線が2mm程度]という症状)に関して、「弊社の方では、純正モニタ(1710AV)で確認したのですが、確かに横線のボケはでていました。念のため、audio monitor connectionを交換しましたが、このぐらいのボケですと、6420では標準のレベルですので、グラフィックの向上はこれ以上望めません。」とAppleのテクニカルセンターが回答したと報告されていました。このような症状は、ビデオ信号の高周波が著しく劣化している状態だと考えられ、解像度切り替えスイッチの辺りが低品質な物が使用されているのが原因ではないか?と指摘する声も上がっていました。(海外に住む日本人の方に向けてNIFからの紹介です。)

BNNから出版されている「BeBox GuideBook」(買ってます^^;)の著者:柴田 文彦 氏のページでジャン・ルイ・ ガセー氏とのインタビューの続きというのがアップされてました。本人いわく結構良い話だそうです(MAQ?MAK?MAC!より)

昨日のドングルの件で、さっそく高橋和成さんが報告して下さったので紹介させていただきます。

会社に PowerMac8100/80AV があり、主にビデオ編集に使用しているのですが、ドングルの必要なソフトが6〜7本入っています。 最初のうちドングルが2〜3個の時は何もなかったのですが、ドングルが4〜5個を越えたあたりから不具合が目立つようになってきました。 その不具合とは、

 ・起動後、パワーキー以外のキーボードのキー入力を全く受け付けない。
 ・マウスを動かしてもマウスカーソルが動かない。

 です。 シャットダウンも出来ないので困ってしまいます。
ドングルの数を減らすと症状は出なくなります。 また、特定のドングルが悪さをしていると言うわけでも無いようで、つなぎ変えたり色々な接続パターンを試しましたが、どうも数の問題のようです。 ソフトのサポートに連絡しても「繋ぎ変えて使ってもらうしか無いですね。」と、ありがたい返事しかもらえず、言われた通りに必要な時にドングルを繋ぎ変えて使用しています。

ほんとうだったんですね、これは問題だな〜。

昨日のUMAXの内容を修正しました、磯部さん勘違いしてしまってすみませんでした。

[4/28]
AppleIIGSミュレーター「Bernie][」がバージョンアップいてるそうで、内容紹介によれば、PowerPCアセンブリにより速度が2倍、HyperCard GSにも対応となっています。お試し制限は30分です。「Download Bernie ][ The Rescue Warp 4

Fetch 3.0.3J が、予定では本日公開となっています、いや〜楽しみだな〜。

いや〜びっくりした、これOPENSTEP4.0じゃないか!よくこんな物探してくるな〜脱帽します。(笑)

QuarkXpressなどで使用されているハードウエアーコピープロテクト通称「ドングル」(有名な製品はMicroGuard PLUSMacHASP)これをいっぱい繋げると、ADBポートの電力消費が増大して、安定しなくなることがあるようなんですが、本当にそんなことあるんでしょうか?経験ある方メール下さい。しかし、珍しくこのドングルに対して、NIFのあの方がコメントを出されているのにビックリした今日このごろです、確かにじゃまそうですけどね〜。

QuarkXpress用のツールがDTP Script Lib.で3つ紹介されてました。
カラー全般に関するツール「わ〜いMCK」、文字列の色フチ作成ツール「ふーちー君」、 部分切り抜き作成支援ツール「Part Cut!」の3つで、AppleScriptで作成されています。でもこうゆうQuarkXpress関係のツールって買うとなると、なんであんなに高くなってしまうんでしょうかね?

Adaptec社のPowerDomain3940UW(PCI UltraWideSCSI3 Card)がマニュアルには 同期転送を対応しているように書いてあり、また PowerDomainの設定で 同期設定にしているにもかかわらず、実際にはできないという報告がNIFで上げられていました。どうやらファームが原因らしいです。

YARC社から発表されている、一連のPCIバス用Postscript RIP Acceleratorって、発売されたんでしょうか?使っている方(個人じゃないだろうけど^^;)使いごこちを教えて下さい。

UMAX社が発売している製品に使用されているPowerPC604e/255MHzは、UMAXが製造しており、Appleのと仕様は同じですが、 UMAX 系ドーターカードの場合は「 R1 - R4 の抵抗がそれぞれ PLL_CFG[0-3] と接続されており、 チップ抵抗がある状態が "1" を意味する」というのが(意味のある)調査結果だそうです。

20周年Macintosh」の購入に、踏ん切りがどうもつかないことの具体的な理由は、資金的な面ではなく、スーパーコレクター湯本氏と同じ考えで、生産台数が多いので、魅力にかけてしまうのです。これならMacTVの方が少なかったし、ベネトンPB170や革巻PB145Bの方が、生産台数は遥かに少なく稀少です。それを言い出すと、BlackNeXTのDimensionモデルとかBeBox Hardの方も、数的、歴史的にも魅力なんだよな〜。あ!でもこれ抽選かと思ったら、予約は公正に先着順となり、予約数が販売予定を上回る場合は、その時点でキャンセル待ちとなそうです。ちなみにデベロッパ契約している各社に、「1台だけなら特価で提供できます」というFaxが流れまくっていて、金額は後日DMで通知するという情報が流れているそうです。僕の家にはFAXがないんだよね〜。でもイケや秋葉館では予定金額が、もう2万円ほど下がっているみたいです。(きつねさん情報ありがとうございます。)

Mac OS 8 is Betaとして、Apple自信が隠さず、こうやってバンバン紹介してくれれば、な〜んのトラブルも起きなかったような気もします。出来ているものは、どんどん公開しちゃって下さい。(笑)

MacWeek-JのHancock氏が新たなパブリッシングモデルを提案の記事の中の「ColorSync」なんですが、これものすごく前から採用され、少しずつバーッジョンアップしていまますが、実際に使用されている方いるんでしょうか?個人レベルではなくて、商業レベルの話でです。これだけ長い間バンドルされているのに、実際の普及率はどれくらいなんでしょうか?デファクトスタンダートにはもうなりえないと思っていますが、みなさんはどうですか?

Appleのプラットフォーム技術担当副社長:Jim Gable氏が語った内容に、古いハードウェアのサポートという意味において,AppleはPC世界のメーカーよりも優れた作業を行ってきたが,「(バージョン)7.5でMac Plusまでサポートしたのは,やりすぎだったと考えている」の発言は、今までのAppleが行ってきた事を根底から否定するもので、、ジャンルイス・ガゼイ氏もなぜMacOSは駄目なのか?に関して前から上げている項目であり、これがもっと早く表明されていればへんなトラブルもなく、開発スピードも加速したのにと、残念な気持ちになりました。

AppleScriptプロダクトマネジャーのSal Soghoian氏が語った内容で、「AppleScriptバージョン1.1.2には,バグフィックスとMac OS 8が持つ機能を生かした改良が含まれている。」と発言していますね。それってどんな機能なんでしょう?探してくれるのかな?

modoru.gif[NEWSバックナンバー]
「Macintoshは米国アップルコンピュータ社の商標です」