MACお宝News.gif
皆様へのお願い(MacintoshNews)

このページはMACお宝鑑定団の新着情報や、Appleに関する情報を伝えるページです。
掲載内容は保証されるものではありませんので、御了承下さい。
掲載記事に関する著作権は「MACお宝鑑定団」が所有します。

1997/6/08~6/01バックナンバー


[6/08]
オールナイトニッポンを聞きながら、朝まで机を組み立ててました(笑)で、昨日の番組内容が面白くなかったと不満をおしゃる方もいますが、あれで結構ネタになりますよ。ジョークを真面目に受けて記事を書くパターンだとですね。

・マイクロソフトジャパン会長 古川 氏がApple社が今年20周年記念を迎えたのに対し、WINDOWSがわずか3年たらずの歴史しかなく蓄積された歴史に大きな開きがあるとした、Appleジャパン社長 原田 氏の発言に対して「小さなハードを作ってみたり、違ったOSを開発してみたりと、ふらふらした一貫性のない開発方針と違って、MS社は一つの道を進んでいる」と反論し暗にNewtonプロジェクトを批判しました。(20周年といっても実は会社創立経年であって、Macintoshが20周年ではありません。)

・また、古川 氏は、「最近我社がAppleから学ぶことが無くなってきたような気がする」とすでにMS社がApple社よりテクノロジー分野での先進性をアピールする一幕もありました。

・Rhapsodyに関して、 古川 氏はRhapsody for Intel版に関して触れ、「またわざわざそれようにアプリケーションを書かなければならないが、それが本当に我社にとって良いことかどうか疑問だ。アプリケーションを作るMS社としてみれば、現在のMacOSでいて欲しい。WindowsプラットフォームはWindowsで作業する方が快適であることは事実であり、CPUを複数選択できることよりも、PowerPCに集中すべき」と発言したのに対し、原田 氏は「ユーザーの立場で考えた場合、それはとても良いことであり、ユーザーの立場を重要視するApple社としては、Windowsユーザーにとっても良いことである」と反論していました。また、原田 氏はRhapsodyが「自分のマックは好きだが、あなたのマックは嫌いだ」と思えるほど、パーソナライズされてゆくことを目指しているのだと、方向性に関する具体的な発言をしており、加えて個人的な意見としながらも、EXELやIEなど、アプリケーションを起動させて何かをするのではなく、家計簿、ショッピングなどのより生活行動に具体的に沿った表記の方がより、幅広い年齢層に浸透しやすいだろうと述べていました。これは「現在のGUIが、必ずしも完成されたものだとは思ってはいない。」ということを示しています。

・Apple買収に関する質問に対して原田 氏は「それは事実ではない、加えてAppleはソフトウエアーだけの会社になることも無い」とハードからの撤退の噂をも否定しました。

・古川 氏は、MacOS vs WINDOWSのGUI論争に触れ「良くWINは駄目だと批判するマックユーザーいますが、実際にWINDOWSを触っていない方が発言している場合が見受けられ、両方のOSを熟知してから発言するのが望ましい」と述べ、これに対して、原田 氏はコメントはしていませんでした。

・しかし全体の内容は、穏やかなうちに終了し、両社とも良い関係にあると締めくくられ、加えて第2弾も行われることが決定しました。

このような書き方をすると、とてもセンセーショナルな感じになります。でも、あの番組を聞いていた時には思いませんでしたよね?そう書き手しだいなんですよこうゆうのって。(笑)

どうやらマック互換機市場に、また新たな日本企業が参入しようかどうか検討を始めたらしいです。でも実現する可能性はかなり低いかも?

[6/07]
VERSION TRACKER JAPANが正式に公開されることになりました。公開日などがわかりしだいお知らせします。

原田社長はジャガグアーで、古川会長はBMWを乗っていることが理解できた一日でした(笑)

現在真夜中に新しく購入したマック用に机(デンマーク製^^;)が届いたのでそれの作業に集中しますので、今日はこれまで。

[6/06]
Appleがシンガポール支社の業績悪化を食い止めるため、8月までにAng Mo KioにあるPCB工場を閉鎖し従業員250人を解雇するとSingapore Business Timesが報じています。これによりシンガポールの全従業員は550人に削減されるようです。

Apple Spec Data Seatのアプリケーションと最新の5月分までのデーターがアップされています。これとても便利ですので使って下さいネ。(特にコレクターの方^^;)

Claris Emailer 2.0用のScriptユーティリティーがいっぱいあるホームページを見つけました。ユーザーの方は利用されると良いでしょう。

Apple Tech Info Library - Searchのタイトルサブジェクトが大幅に構成変更されています。ちょっとしたことなんですけどね。

PowerMac7300/200ですが、アメリカでは正式なライナップモデルとなっており、PowerMac7600/200の方が日本仕様で特別だったりします。まあ単に180が無くなるんじゃないんでしょうかネ?また、PowerBook2400の表記が2種類の件は、実際の所りんご屋さんでも知っている人が少なくて逆に「え!ほんと?」といった感じだそうです。どちらも良くわかりませんでした。(あまりページで直接聞かないでネ^^;)

そうそうDrive Setup 1.2.4 は削除されていますね。(これの紹介はしていません)現在使用されてしまっている方が少し心配.....HDが飛ぶ前に即バックアップしましょう!認識しなくなってからでは遅すぎます。もっともこれは純正以外のHDもフォーマット出来るようになっていたので、MacOSが本格的に互換機市場が広まってきていると考えていると思えたんですけどね。1.2.3も問題があたんだろうか?

SpeedDoubler2.0.3を使用する場合で、一部の機種でHDの速度が低下するそうで(半分くらい)サポートのほうでは「一部にスピードの低下する場合があるが、総じてはそういった現象は確認できない。」と答えていうそうです。しかし、サポートのテストマシンが漢字talk7.5.5じゃ機種判定は絶対とはいえないかも?

いよいよAppleVision850に続いて噂のAppleVision750(って誰が出したんだ^^;)が登場するみたです。AppleVision1710シリーズの在庫が無くなればリリースがされるようです。しかし、トラブルが多くて評判が悪い為に、なかなか減らないらしいです。僕も買ったんだけどな〜。

先日行われたNeXTユーザー会の例会で、すごいデモが行われたらしいです。例の中でマック物が動いていたらしいです。青箱がもう実装されたのがあるかな?

[6/05]
明日6月6日金曜深夜1時〜3時放送の「平野友康のオールナイトニッポン」において、マイクロソフト株式会社 代表取締役会長 古川享氏と、アップルコンピュータ株式会社 代表取締役社長 原田永幸氏が生ゲストとして登場し、「Windows vs Macintoshの最終対戦」というタイトルが付けられてオンエアーされることになる予定だそうです。ユーザーからのFAXやE-Mailへの返答なども予定されており、発言内容によっては、パソコン業界を揺るがすかもしれません!!必ず録音しながら聞きましょうね!!

クラリスインパクト2で、プレゼンテーション書類をアウトラインビューで見ているとき、ドラッグで書類(スライド、OHP)の順番を入れ換えると、グラフなどのスライドの内容が消えてしまうという症状が出るそうです、これは文字だけの書類の場合には出ない症状であるとNIFで報告されていました。(海外に住む日本人の方向けの情報です)

シャッキントッシュニュースさんからの連絡で「パイナップルカンパニー」で来月(7月より)からホスティングサービスを開始するそうです。「www.お好きな名前.co.jpやwww.お好きな名前.comを月額なんと3,000円から実現します。」という3000円でドメインが持てるというのが売りだそうです。

またろうさん(ゼネコンの設計部所属)が新たに隊員となられました。

[6/04]
先日Disinfectantの作者John Norstad 氏にインタビューをしました。以下その内容の抜粋です。(ラブな友人^^;TERO 氏の御協力を得ています。)

[Q1]:Disinfectant3.6は1995/4/7以来更新がされていませんが、あれから発生したウイルスに対応してゆく予定は無いのでしょうか?

[A1]:Disinfectantの最新バージョンは、3.6です。1995年4月以降、MacOSに感染するウィルスは出現していません。
Disinfectantの最新バージョンは、次のftpサイトからダウンロードできます。

 <ftp://ftp.nwu.edu/pub/disinfectant/>

Disinfectantは、MacOS上のウィルスを撃退するためのプログラムですが、以下のウィルスには対応していません。
・トロイの木馬
・ジョークプログラム
・DOSやWindowsをターゲットにしたウィルス
・ワーム
・HyperCard、MS Word、Excelなどのマクロビールス
・Macintosh以外のコンピュータをターゲットにしたウィルス

Microsoft Word 6には、クロスプロットフォームで感染するマクロビールスが存在します。有名なものには「Concept」があり、現在、かなりの勢いで感染が広がっています。このビールスに対するワクチンが必要と感じるユーザーがあれば、私は商用アンチビールスの製品(SAM、Virexなど)に要求したいと思います。また、Microsoft社ではマクロビールスのワクチンを無料配布しています。これは以下のURLからダウンロードできます。

 <http://www.microsoft.com/msword/freestuff/mvtool/mvtool2.htm>

[Q2]:最近のMacintoshはHDが昔と比べてとても大きな容量になってきています。それらに対応してゆくために処理速度の改善が必要だと思うのですが、PowerPCネイティブになる予定はないのでしょうか?

[A2]:PowerPCネイティブのDisinfectantを作る計画はありません、DisinfectantはCPUパワーを必要とするプログラムではないからです。DisinfectantをPowerPCネイティブ化したところで、実行速度は上がりません。

[Q3]:Appleは新しいOS計画を発表しました。その中でDisinfectantは、BlueBoxの中だけで動作するソフトなのでしょうか?それともRhapsody全体で動作する予定があるのでしょうか?

[A3]:Disinfectant 3.6は、BlueBoxでそのまま動作します。

(現在の開発レベルの青箱で、動作確認がされたソフト名は上がっていなかったと思います、たぶん氏はWWDC会場で試す場所があったのでしょう。加えて68系ソフトが動くこともこれで理解できます。)

Interware社から、PCI仕様のモニター一体型Performaシリーズの内蔵モニターで、フルカラー表示ができ(832×624ピクセルで1,677万色)また拡張デスクトップ機能が可能な(最大1,600×1,200ピクセル)QuickDraw アクセラレータカード「GrandVimage MM PCI 17/21」が6/16から販売開始されるそうです。ちょっと値段が高いけど、ユーザーには強い味方になりそうな製品ですね。

PowerMacintosh 4400/200のエンドユーザーへの発売開始日は6月14日になったそうです。またPowerMacintosh180MHzプロセッサアップグレードカードに、今ならMacOS7.6が付いているそうです。どうやらこちらはあまり人気がないらしいです。

シマンテック社によると、現在発売されているVisual Cafe1.0.1英語版マニュアルの日本語版を作成中で、第一部が間もなくホームページ上で公開されるそうです。

[6/03]
PowerMac7500においてAvidCinemaで動画を見たとき、画面がフリーズしたり、横線が入ったり、画面がぶれたりすると言う問題が起こっていることが確認され、これに対して、Apple側からなんらかのオファーがされているようです。現在この症状が再現される機種の型番等は不明ですが、「あなたの所有する機種は該当機種です。」との知らせが、日本NCR株式会社から届いたそうです。しかしこれは、AvidCinemaを購入している場合でしか対象になっておりません。よって今後購入を予定されている方も、一度確認される事をお薦めいたします。(Kさん情報ありがとうございます)

Assistive Technology社からFreeStyleという名のマック互換機?が紹介されていて、これになんと!Appleから名前の使用を許可された「ナレッジナビゲーター」というソフトが搭載されているそうです。いったいどうなってるの?(Yoshidaさん情報ありがとうございます。)

The Mac and Mac Clone Performance Comparisonという、ユーザーが知りたいベンチマークデーターというコンセプトで、雑誌とは違う観点で計測値をアップしているページですと、このページの主催者David Engstrom氏から連絡がありました。いや〜Performa64xx系には512kL2キャッシュが使用出来るんですね、さっそくやってみよ〜と。

ここの所毎日お伝えしているMacCentral日本語版に関してですが、URLが正式にはhttp://www.jp.maccentral.com/に決定したそうです。なんども押してみた方どうもすみませんm(_ _)m(なんで僕があやまらきゃいけないんだろう?^^;)

Apple UG Dream CM Contestの結果が発表されました。最優秀UG賞(フランス/カンヌで行われる国際広告祭へご招待)の該当作品はなかったのですが、準優秀UG賞に我氏!みにみにマッキントッシュユーザグループ代表 服部先生(作品名:マックでできるもん)が選ばれました!(先生すご〜い!パチパチパチ)同じく、DAISY 奥山正明さん(作品名「皆さん、ご一緒に」)も選ばれております。この2作品には特別に「アップル賞」としてPerforma6420が贈られるそうです。拍手!!!!

インターネットのオークションページで「Apple 1984 Commercial on Laserdisc!」なる物を見つけました!だれか代りに買ってくれないかな?って言ってもLDCを見ることができないんですけどね僕(笑)

Claris社がClarisWorks for Kidsのページでデモ版の配布を始めてました。そうそう ClarisがWorks4.0でHTMLを吐き出せるようになる、アップデーターを近いうちに配布するようですが、以前にも書きましたが、インターネット対応製品を複数出しているにもかかわらず、以前E-Mailでの問い合わせが出来ないのはおかしいとお伝えしましたが、それは以前のメールルートが特殊だったお家事情があったのですが、昨日 @claris.comのメールサーバーから発信されているのを、あるメーリングリストで確認しました。すでに用意は出来ているようです。あとはユーザー側からの強い要望だけというわけですね。

David Krathwohl氏が、Rhapsody Developer Release to Support Power Mac 9500 and 9600として動作機種に関してのコメントを出していました。

PowerMac9600/233から使用されているPowerPC604eは「HelmWind」と呼ばれていた物で(250MHzまで対応)従来の604eとは多少違っているみたいです。603eの後継CPUである740(コードネームArthur)および750(740を2つまで増設して動作するMPに特化したCPUで、Card上に1/2で動作するL2キャッシュを搭載している)は、次期PowerBookだけでなく、エントリーレベルのPowerMacでも予定より早く搭載されてくるらしいです。(たぶん互換機の方が早いと思う)また770(コードネームMach5)は、単体での速度よりも、4MPでの動作速度を上げる事に力が注がれているみたいで、その目標値は400MHzらしいです。またVMXなる製品として出ると噂されているG4シリーズ(そうこの呼び名はシリーズ名なんです)は、Mach5とPhillips社のTriMediaと合体したような仕様(だから影響ないわけネ^^;)となるようで、目標は1KMHzだそうです。どっちにしろ僕には関係ないや^^;。

先日FirstClassBBSの全国ゲート会議室に該当する場所に、ハッカー系ソフトやウイルス付きのソフトを上げた人がいますので注意して下さい。

黄箱のDSPを改善するために、新しく採用されたクラスアイブラリーは、NSGraphicsStateとNSBezierPathだそうです。

いや〜昨日Appleが新聞に掲載した全面広告はすごいですね〜、またPowerBook2400c/180の新発売を記念して、抽選でペア5組様を97年8月6日〜8月8日まで開催されるMACWORLD Expo Boston'97へご招待とゆうクイズまで載ってましたね、さっそく応募するかな。

[6/02]
NEWS.COMの日本語版であるCNETJAPANにあのスティーブ・キャップスへのインタビューが翻訳されて掲載されていました。(タカハシさん情報ありがとうネ。)

今年の夏からAppledesignsのホームページで、現在のキャラクターグッズに加えて、いくつかのソフトウエアーも購入できるようになるらしいです。

なんだかサーバーの設定で公開が遅れてしまっているMacCentral日本語版ですが、MacCentral側から「Version Tracker」も日本語版を公開してみないか?とオファーが出ているそうです。これが公開されると日本の多くのニュースサイトに影響が出ると思われます。だいたい元はここからが多いですからね。

会長のページにPiPPiN@ATMARKを追加しました。

modoru.gif [NEWSバックナンバー]
「Macintoshは米国アップルコンピュータ社の商標です」