MACお宝NEWS.gif
皆様へのお願い(MacintoshNews)

このページはMACお宝鑑定団の新着情報や、Appleに関する情報を伝えるページです。
掲載内容は保証されるものではありませんので、御了承下さい。
掲載記事に関する著作権は「MACお宝鑑定団」が所有します。
転載、引用に関しては事前に連絡が必要となります。

1996/12/09~12/01バックナンバー


[12/08~09]
w2m.gifwebcam.gif

12/08から09までWelcome2Macintosh名古屋開催に出店する為更新できません。御了承下さい。

[12/07]
メディアビジョン社が店頭在庫の製品のサポート( 12月4日の記事参照)だけでなく,誠和システムズが販売したConnectix製品の登録ユーザーへのサポートを,誠和から引き継ぐことになったそうです。また、「RAM Doubler 2」のアップグレードに関して、すでに誠和に代金を振り込んだ人に対しても同社から送付されるそうです。また、CONNECTIX社製品をシステムソフト社も取り扱う事になったそうです。(MacWeek-J)(PC Watch)
「メディアヴィジョン「誠和システムズ版Connectixユーザーへのお知らせ」
すでに登録されてしまっている方は、登録の際に控えの半紙があるはずですから、それを以下の所にFAXで送れば大丈夫だそうです。

誠和版Connectix製品の移行期間中のユーザーサポート
名前、住所、電話番号、登録製品名、誠和システムズでのユーザー登録が証明
できる内容をFAXで送付し、サポート用の電話番号が通知されるのを待つ。
Fax.03-3263-0389、Tel.03-3263-0630

すでに沈静化してきたかのように思えますが、誠和ではNowSoft社製品のアップグレードの申込受け付けを同時期に行っていますので、これを風化させないように引き続き情報をお伝えしてゆきます。

香港政庁が130種類以上の申請用紙をPDF化(英文)してWWW上で入手できるようにしたそうです。そーいえば日本でも来年の8月から、債務データーを紙ではなくて記録媒体での提出してもよいそうですが、それっていつガイドラインが出るんでしょうね。(服務市民

またまた、HotSauce Pluginが新しくなっていました。WEBでは日付けは11/25になってますが、物は12/03になっています。(Tanaka'sより)

MacWeeK-JにSpeed Doubler2.0の記事が載っていましたが、ここで「Speed Doublerがインストールされたマシン同士でTCP/IPを使って転送を行う場合に、通常のFinderコピーの最高3倍の速度が実現で きるとのこと」と書かれていました。これがもし本当だとすると、MacでWEBサーバーを立ち上げている所が採用すれば、FTPの転送レートが上がるってことですよね。という事はWEB STARが特徴としているパケットの分散処理能力をNetPresenzでも実現出来るって事かな?ちなみにAppleのFTPサーバーは昔これで構築されてました。

Kenrick氏AppleIIGS用のソフトをなんと!6本も発表してました。なかでもSAPというアニメーションプログラムはすばらしい出来です。

CPUメーカーM社のH氏が、キャッシュについてある例を元に回答されています。「この内容はとても勉強になりますから是非転載許可して下さい。」とお願いして許可を頂いたので、ここに公開します。HARDの持つ問題を理解するのに役立と思います、また続編も執筆していただいていますので期待して下さい。

Appleとは関係ない話ですが、第二次大戦中に開発された弾道計算で有名な、かのENIACを8mm角のワンチップにして、PCの制御用ソフト付きでキット化する計画がPennsylvania大学のDepartment of Electrical Engineeringであるそうです。(PopularScience誌より)

[12/06]
メディアヴィジョン社が、現在店頭在庫の誠和出荷Connectix製品のサポートを発表したと、MacWeek-Jに書かれていましたね。後はNowSoftだけですが、これは誠和以外でリリースされていませんから、この情報は引き続きなにか分かりしだいお伝えしてゆきます。

AppleからQuickTime Plug-in1.1のプレスが出ていますね。QuickTime VRのパノラマ画像の中にリンクを埋め込めるようになる見たいです。それと、QuickTime2.5でPNGフォーマットに対応するpng-importer-1.0b3が出ています。これを機能拡張に入れて再起動すると、PNGファイルがSimpleTextで開けるようになります。またPNGはすでに会長のページで実験的に採用しています。

TechInfo-19714Macintosh 630、 6200、 6300シリーズAppleVision 1710AV Displayを使用した時に、ディスプレイのマイクが使用出来ない事を認めています。現状での解決方法は、PlainTalk microphoneを使用する事だそうですが、これらのMacintoshには付属していませんから、別に購入しなければなりませんので覚えておきましょう。

Welcome2Macintosh名古屋にMACお宝鑑定団は目玉品として、Bell&Howell社がAppleに特注で作らせた限定モデルを展示します。それはどうゆう物かは当日のお楽しみ^^;

Adobe Photoshop 4.0Jデビューイベント」名古屋地区(12/11)に参加申込をしたら、整理券が無くなったので、当日、葉書を持ってきて下さいと言われてしまいました。そんなに人気があるとは思いませんでした。

役に立たないMacのコーナーでPerforma588にDayStarのPowerCard100が使えると載っていました。何故メーカーが使用できると書かないのかと言うと、588は非常に安価なパーツで作られており、電源の容量が基準を満たしていないというだけの事です。よって電源部分が経たってくれば、DayStarのPowerCard100が通常より早く使えなくなります。このようになんらかの問題が発生する前にメーカーが呼びかけるのを「ワーストケース」と呼びます(つまりメーカーの逃げ対策)覚えておきましょう。

Apple VideoPhone Light v1.5QuickTime TV v1.04b13にEasterEggが入っているを見つけました。それは[ここ]と[ここ]です。

今日始めて、アクセスのホームページを見ました。その中にあるページは幾つか見た事はあったのですが、大本を見た事はありませんでした。なんでこんな事わざわざ書くかって言うと、Appleのホームページの一番下に小さくリンクされていたのを見つけたからです。それだけの事(笑)

[12/05]
「MACお宝鑑定団 鑑定済ステッカー」とはこんなような物です。欲しい人いるといいな〜(笑)。

米アップルコンピュータ社のハワード・F・リー上席副社長が明らかにした 話によると,WindowsNTとMacOS,AIXを搭載できるサーバー製品群を97年第1四半期から出荷するそうで、米IBMや米モトローラと策定したCHRP仕様には準拠しないが、RS/6000サーバーと互換性のある製品を低価格で提供するそうです。(日系BP )投入されるのはNetwork Server700の後継機だそうですが、これはたぶんすでにIBMから発売されている、RS/6000モデルJ40とほとんど同じ物ではないか?と考えています。今頃になって何故発表したかと言うと、ただ単にIBMが自社以外からのAIXにあった輸出規制をやめたので、Appleも日本での販売が出来るようになったと言う事なんです。

MacIslandの小林さんから、秋葉原のSOFMAPでパワーブックのジャンクセールやってました、280を3万で買った人がいるそうです。との情報がありました。名古屋に住んでいる自分はとてもくやしいです(涙)。このような情報がありましたら、どんどん下さいまってま〜す。

加藤隊員の会社で使用しているPowerMac8100/100が、パーンと言う音ともに、お亡くなりになってしまったそうです。その後焦げ臭い匂がしたそうです。電源部の中の電解コンデンサが原因のようですが、このショックでマザーボードが影響を受けていないか心配です。

古川隊員がホームページを更新しました。

SunTecで64MB 168Pin DIMM が¥40.000円で売ってます、また下がってきましたね。

[12/04]
Norten JapanMP2000eMate300のレポートが載ってますね。某場所と書かれていますが、各Welcome2Macintoshのユーザーグループ懇親会で紹介されてるんです。という事は名古屋でも見られる可能性はあるってことですね。ちなみに一般の方は参加出来ませんのであしからず。
PowerComputingが来年1月に発売するマルチプロセッサーはどうやら$1.500からになりそうだそうです。

PowerLogix社が、250MHzのUpGrade Cardを発表してました。PowerBoostと併用すれば268MHzまで出るらしいです。また、PoweBook5300用の135MHz CPU UpGrade Cardも発表してました。

NewerTechがPowerBook1400用の200MHz CPU UpGrade Card+Cacheを発表してました。

TechInfo-20696にApple Printer UtilityでFATバージョンをインストールする方法と、PCI Power MacのDrive Setupに付いて書かれていました。8.0.4と8.0.5というSCSI Driverが存在するみたいです。

[12/03]
機能拡張やコントロールパネルなどの詳しい説明がされているInformInitのV1.3が今月末には配布されるようです。だれかこれを日本語化してくれれば、みんな助かるのにな〜と思っています。(MRP Newsより)

Conix Graphics社がMacintosh用のOPEN GLを公開していますね。SGIWIN NTで採用されている、CADソフトを中心とした規格ですが、はっきり言ってものすごいマシンパワーを必要とします。精度はQuickDraw3Dよりはるかに上ですが、パソコンには向きません。ちなみにデモはマウスでは動きません。キーボードで操作しましょう。

昨日お知らせした、Performa6410のメモリーの問題ですが、これは以前PC Compatibility Cardの7インチの説明書に書かれている事と同じ問題で、メモリーのリフレッシュレートが1kまたは2kは大丈夫ですが、4kでは認識されません。この事はほとんどのメモリーには書かれていないので、店頭で実際にチェックしてみる必要があります。

MacintoshNewsでDrive Setupのバージョンの問題が紹介されています。それに加えての説明ですが、漢字Talk7.5.3でApple SCSI Driverは2TBまでのボリュームを認識できるように改良されていますが、MAC OS側では4GBまでのボリュームまでしか認識されません。この辺が、なんらかの問題を持っているのではないかと僕は考えています。

セイコー電子工業から発売されている、マルチアクセスサーバーNS2480はすごい!なんとセットアップをする為に、中にWEBサーバーを持っています。それを呼び出して、セットアップするだけでOKというとても画期的な方法を採用しています。そのセットアップを疑似的に体験するホームページが公開されています。これでMacintoshからはネットワークを還してインターネットが簡単に出来ちゃいますね。しかも¥98.000円!う〜ん考えてしまいます。

公開されたはずのCyberdog1.2が取り消されてますね、また近くにアップされるみたいです。でもタナカさんがホームページに書かれた「偽物」には笑いました。

誠和の倒産を受けて問題になっているのが、CONNECTIX社の製品とNowSoft社の製品のサポート問題です、すでにRamDoubler2などはCONNECTIX社でもいくつかのトラブルを報告しており、日本のユーザーは知る権利があると思います。多くのMacintoshNewsの方は積極的に公開して上げて下さい。

SEYBOLDセミナーで1x1ピクセルを使用したHTMLの技が紹介されてます(実例として、The High Five Award PageDigital Momentsが紹介されてます)。僕もテーブルがない頃にこれを使ってました、懐かしい話です。今でもサウンドファイルの埋め込みに使用していますけどね。

[12/02]
古川隊員から連絡が入り、なんと「MACお宝鑑定団」がINTERNET MAGAZINE 1月号の400ページに大きく紹介されていると報告が入り、さっそくチェックしてみた所、本当に載ってました。いやだなー前もって連絡してくれないなんて..こちらにも心の準備ってもんが必要ですからね。(笑)

会社にあるMacintosh7500/100x6台を漢字Talk7.5.5にアップデートして、ネスケ3.01Jをインストールしたら、そのうちの2台で、「ことえりの初期化に失敗しました-108エラー」のダイアログが出ました。どうやら、「ことえり個人設定ファイル」が壊れてしまったようです。これを削除して、システムを入れ直したら直りました。

Rob Art氏のホームページに、$1.000以下$2.500以下で現在購入できるMacintoshのリストがあるそうです。ちなみにこの人ハワイ在住で、ピザボックスマックのイラストのセンスが良いと思います。僕もなんでもマウスとリンゴマーク付けて、なんとかMacintoshと呼んでみよ〜と。(MacinTouchより)

Macintosh Latest InformationARA-J2.1UpDataの中にモデムとTAの最新CCLファイルが入っていると紹介されていました。OT/PPP1.0で該当するCCLファイルが無い方は、これを利用すると便利です。

ジャスコPerforma6420の価格を¥360.700円と店頭広告で宣伝しているようです。ジャスコグループとして販売強化機種として一押しで売り出すことに決まって、大量購入でこのような価格が実現できたと説明していたとNIFTYで読みました、でもこれはどうもおかしいようですから、ちゃんと確認した方が良いかもしれません。しかし、アメリカではAppleが先頃価格の引き下げを表明した事により、Cyberianでも同じ組み合わせで、$3728です。ですから今までの予定価格記事より実際には下がったのかもしれません。MAC価格にフリージア3/5号店\349,800 円とも紹介されていますから、これは正式に発売されるまで待って確認した方が良いと思います。

すでに発売されているPerforma6410で、メモリー増設に関するトラブルが発生しているようです。メモリーのリフレッシュに関する問題が原因のようで、メーカーによっては、使用できないメモリーもあるみたいですから注意して下さい。

[12/01]
Apple社から「アップルボタン/トレードマーク使用許諾契約」が公開されてますね。僕の意見としては、バナーの大きさが気に入りません。CyberDogのバナーの形の方が使い安いですよね。

11/28日に公開されたNIfty Manager 2.10に、オンラインショッピングで商品のオーダーを行った際、「購入確認」の直前に表示される「その他要望入力」で入力したメッセージ、および「フリーオーダー」の「商品説明」で入力したメッセージがホスト側に送信されないと言うバグが発見されて、バグフィックス版が、12/02に公開されるそうです。

Apple Support Informationが「Get Info」と改名され、より解りやすくなっています。また、Tech Info Libraryにある「Apple FAQ」も対象機種が探しやすく改善されています。また、Apple Software Updatesも従来のNet Finderに加えて、Apple e.gによって検索機能が付加されより使いやすくなっています。(MacintoTouchに加筆)

DayStar社から、同社のマルチプロセッサーPower PC用に、Apple PowerPC Interrupt Extension互換のDayStar Quad Processor HAL v.1.4.8が公開されています。これでMac OS7.6まで対応出来るそうです。(MediaDebuggerより)

Appleが来年4月に、Warrior EZと言うApple Vision 1710の後継機モニターと、 Whalerと言うApple マルチスキャン 20ディスプレイの後継機(これにはAV機能を持った物が出るようです。)を発売するそうで、価格がそれぞれ、$1.000と$2.000前後のようです。と言う事はこれが発売されてから、現在価格が20万円以下まで下がってきている20インチ純正モニターがより値崩れを起こしそうです。(MacSenseより)

Welcome2Macintosh名古屋開催の為に「MACお宝鑑定団 鑑定済」ステッカーというのを用意しました。でも数が足りないと思いますから、早めにゲットして下さい。これをあなたのMacintoshに貼れば価値が上がります(嘘)

いろいろな憶測が飛んでいる誠和倒産問題、今回の出来事は、MacWeek-Jで取り上げている通り、誠和システムズの創業者:山田健氏が起こしたマーケットクリエーターズが原因なのは事実のようだが、決定的になった理由は、このマーケットクリエーターズが割り込んでいる事に反発した、Connectix社の契約破棄通告が理由のようです。また発表にある通り山田氏は元社長、では現社長は?それは奥さんのお父さんである、永野誠和氏つまり会長だった人です。全社員解雇通告がでた時には、すでに周辺機器などなくなっていたそうです。あ〜なんと悲しい結末なんでしょう。

今日、会社のホールで「ウエディングピーチ」「同級生2」のアニメのイベントが開催されて、それに借り出されました。とっても危ない雰囲気が漂っていました。(笑)

modoru.gif [NEWSバックナンバー]
「Macintoshは米国アップルコンピュータ社の商標です」