MACお宝News.gif
皆様へのお願い(MacintoshNews)

このページはMACお宝鑑定団の新着情報や、Appleに関する情報を伝えるページです。
掲載内容は保証されるものではありませんので、御了承下さい。
掲載記事に関する著作権は「MACお宝鑑定団」が所有します。

1997/8/03〜7/28バックナンバー


[8/03]
Softarc社からWEBサーバー機能を持った新しいバージョン「FirstClass Intranet Server」用のクラアントソフトFirstClass Intranet Clientが配布されてました。

会長のページにPerforma275を追加しました。

TechWireによると、Rhapsodyは現在Mach2.5.8のMicroKernelだが、これがMach3.0に変更になるかもしれないことを伝えています。また Yellow Box for the MacOSに関してだが、どうたらOpenStep4.2をMacOS上に展開するために、新しいマックフォーマットによってイメージディスクとして提供され、インストール後にバックグラウンド動作をしてくれるような仕組になっているようです。それと同じようにアプリケーション開発キットなども同様に配布される予定らしいです。

[8/02]
MOTOROLA社から発表になったCHRP仕様のMacOS互換機「StarMax Pro 6000/266」ですが、これのプレスが同社からアナウンスされてます。けっこうデザインが入っていていままでのStarMaxとは印象が違いますね。新しくArthurと呼ばれていた603e後継CPUのうちの一つPowerPC750を使用しています。これはバックサイドL2キャッシュ512Kを持った最高スペックモデルですね。オンボードに64ビットバスのL3-1MBキャッシュも持ち、Ultra SCSI interface (on PCI card) も搭載しています。MacOS8PLUSという専用システムが与えられEXPO Bostonで御披露目となるようです。すでに情報筋からPIONEER社も展示するという情報もあり多くのメーカーからアップルの新型機種よりも遥かに速いマシンが登場してくるようで、これからはCHRP機種の時代なのかもしれません。

BrowserWatchCyberdog3.0スクリーンショットを紹介しています。真偽のほどは不明です。(Macintosh Latest Informationより )

Interactive Pictures社からQuickTimeVRとまた違ったカメラの魚眼レンズを通して見ているような360ラウンド画像を見るためのIPIX Plug-Inが出ていました。

新しく配布されるQuickTimeVR2.0Authoring Toolは1.0とのムービーフォーマットが互換性が無く、パラメーター部分でも違いが出るためにこれたのことから過去のデーターと互換性を保つためにはそのまま1.0を使用することをJoel Cannon氏が薦めているようです。

新しく発表になったアップルのWorkgroupServerシリーズですが、MacWeek-Jの表記の仕方だと少しおかしいので注釈をいれておきますと、WorkgoupServer9650/233には「Ultra Wide SCSIインタフェースを採用」と書かれていますが、これはUltra Wide SCSI CARDがPCI CARDとして提供されているということで、内部FAST SCSIと外部標準SCSIはそのまま残っています。よってSCSIポートが3系統が正しい表現だと思います。ちょっとしたことですが、、、

[8/01]
昨日のいっせいに報じられたジョブス会長の噂は、現地新聞のサンノゼマーキュリーニュースにトップ記事として掲載されたことが発端のようです。あれだけ大騒ぎしたわりにはとうの林檎屋さんはいつものごとく平穏に過ごしていたようです。で結局MacResourcePageにこれらに関してジョブス氏がPixerの従業員宛に「噂の否定メール」を出したその内容が掲載されています。あっというまに終息を迎えたわけです。

すでに発売されているMacOS8に対してコードネーム「Bride Of Buster」と呼ばれていると噂されているMacOS8.0.1アップデーターは、どうやら前に紹介した内容とは違っているみたいで、噂されていた「Theme manager」などの機能は含まれてはいないようです。「MacOS8.0.1updata」と呼ばれる細かなバグを取り除くためのパッチデーターや、アップルが次期モデルでオプション選択で選べるらしいSony製のDVD ROM Driveを使用するための多くのフォーマット認識データーが含まれるようです。またPowerBook用のセキュリティーシステムが追加され、最近正式に決まったFireWireでの音声フォーマットなどの対応なども行われるようです。

コードネーム「Sequoia」と呼ばれていると噂されている新しいフォーマット「HFS+」は上のアップデーターと一緒に内包されている物ではなく、セットアップインストーラーからは統合されているように見えるが、実際にはOpen Tranceportのように単体のインストールシステムで提供されているようです。フォーマット時にその方式が選択できるよになるようですが、マウントそのものやネットワーク間での問題などを解消してゆくためにシステムに統合するのではなく、書類として提供されるようです。これによって最適化されたシステムを使用すれば、それぞれに特化した連続していない7つのアロケーションブロックを持てるようになり、その間にファイルのスペースを自由に提供してゆけるらしいです。

次期AppleRemoteAccess3.0はどうやらOT/PPPと統合された内容になっているらしいです。どうやって繋がろうが、手順は少ない方が良いに決まっていますからね。

次期QuickTime3.0はもうほとんど完成に近いらしく、現在ではその新しい機能を試してみるための多くのサンプルデーターを持ったドキュメントの制作に力を注いでいるようです。でも内容がEXPO東京の時のデモと同じだったらちょっとやだな〜。

次期PowerBookシリーズと噂されているコードネーム「Kanga」(PowerBook3500)と「WallStreet」はすでにカスタムモデルから製品仕様においてのチェックが始まっているらしいです。また次期デスクトップ機種「PowerExpress」と「Gossamer」もやはり同じようで、PowerMac9700と9700AVとに表記が別れ、2:1のL2キャッシュインターフェースなどの検証も行われているようです。

細かな変更点としてはOpenTranceportは1.1.3となり、新しい新型プリンターともに登場する予定のAppleLaserWriter8 8.5は速くも8.5.1となってアップデーターが配布されるらしいです。

アップルジャパンが行った「ボストン御招待」を引率してくれるのは、元オニャン子クラブの新田恵理夫妻だそうです。当たった方5組の方への情報です。(って見てないか^^;)

[7/31]
もうスティーブ・ジョブス氏会長就任の噂が飛び交っていますね。一部ではCEOは別で共同でリーダーシップをとってゆく案も出ていると噂されています。すでにこのニュースはCNNfnでも報道されており信憑性が高いと思っています。実はその文面を見てもらえばわかると思いますが、多くのサイトで一斉に同じ内容で報道されているところがとても疑わしいです。非公式なプレスなのかどうかは知る余地もないですが、(笑)
とさっき書いたんですが、今朝のラジオ放送でジョブス氏がCEOに復活したと報道されたようです。氏真実はいかに?

ジョブス氏がBostonEXPOで基調公演を行うことは正式に決まったことですが、それよりもAppleReconによると、今回マイクロソフト社から(前回と同じBen Waldman氏?)EXPO Bostonにおいて、RhapsodyにおけるMS社の今後と、オフィスシリーズに関する新しいアナウンス、CHRP機種に関するWIN NT5.0および6.0の将来プランなどの発表が行われる予定のようです。またRhapsodyにおける独自の開発環境の提供などについても発表されるかもしれません。日本の企業関係者にはこちらの方が重要だったりして(笑)

MacOSRumorsによると、次期PowerMacシリーズと噂されているPowerExpressの「Olympia」と呼ばれる専用システムが、MacOS8CHRP機とおなじようなBootROMをイメージとして持っているような仕組があることが書かれています。しかし、それよりも注目すべき点はこれらが専用FTPサイトからのダウンロードであると書かれている点だったりします。

7/28に名古屋で行われたモリサワ社のセミナーにおいて、CIDフォントに関する説明が行われたそうで、CIDフォント導入のメリットとしては、

1、フォントのデータがシンプルになり若干軽くなる
2、最新のPSプリンタではCIDがネイティブで動作する。
3、低解像度版は1200dpiまでに拡張
4、人名、約物、記号等のフォントを拡張する計画がある。
5、フォントに詰め組み情報が組み込められている。
6、Windows版と完全互換である。

またCIDは上位互換でありCIDデザインに合わせるパッチは無償で配付されるそうです。CIDには、クォーク用のパッチがあり、これも無償で配付され、バージョンアップは高解像度、低下像度共に3000円。(税別)当面の間、CIDとOCFは並列販売に変更される。(NewOCFはCIDへの無償アップデート付き)

で問題点は
1、同じOCFとCIDのフォントをプリンタのHDに同居させる事は出来ない。
2、バージョン2015以降のPostScriptプリンタではCIDがネイティブで動作するが、2014以前のPostScriptプリンタではスピード的には現状と変わらない。レベル1のプリンタではひじょうに遅くなる。
3、現在販売されているのビブロス等の外字フォントがCID対応になるまで使用不可能になる。
4、クォークは今のところサポートするかどうかは不明。(それは最悪だな〜)
5、Windows版は詰め組み情報を利用できない。

だそうです、(NIFTYより海外在住の日本人向けの情報です)

[7/30]
アップルJapanが配布し始めた「Avid Cinema 1.1.3 アップデート」はそれぞれ機種によってインストールするバージョンが異なっています。問題の画面のリサイズがミラーリング時に正しく行われないという問題はこれでも解決されているようです。そしてAppleVIDEOプレイアー1.6JでTVが表示出来ない問題も解決されているようです。ですがそれらはドキュメントには記載されておらず、機能拡張書類がバージョンが変わっていなにもかかわらず、修正変更日に違いが見られる事でわずかな痕跡を見るに止まっています。

アップルのここ3ヶ月間の株価の動きをちょっと見てみましょう。これを見る限り報道とは少し違った動きを見せていたような気がします。アメリカ市場はとても株価が企業の状態を正確に反映してくれますから、1ヶ月に1度くらいはチェックするようにしましょう。オーナーなら特にネ。(笑)

もうすぐ細かい修正を加えられたQuickTimeVR2.0.1が配布される予定らしいです。それとWIN上で動く2.0はQuickTime3.0がWINとMac版と同時リリースがされる時にQuickTimeVR2.1としてリリースされるようです。


[7/29]
Claris社からClarisWorks5.0のプレスが発表になっていました。WIN NT4.0版も登場するようですね。価格は$100からだそうですが、これって最初に計画されていたOPEN DOCベースとは違うソフトなんでしょうかね?

本日の日本時間午後12:00〜1:00頃、ircleチャットサーバー「chat.talkcity.com:6667 /join #mactalk」にガイ・カワサキ 氏が登場するらしいぞ。オーナーも参加する予定だから社員も暇なら参加してくれたまえ(笑)ってもうさっき終わってしまいました(笑)わかったことは、GUY氏はPowerBook1400とPowerMac8500/180 を使用していることと、常時使用しているソフトが、Text-Edit PLUS,Claris Emailer,TouchBase,DateBook, Microsoft Internet Explorer(信じてくれ〜ホンとだ!と念を押してた)なんだって。あとは別にいつものなんでもない話だな〜(笑)。

CBM社から発売されているポータブルプリンターPN60Jの後継機モデル「PN60ir」はバッテリー駆動可能なポータブルカラープリンターの中で、一速くIrDAに対応してきて発売されているが、実はこれにはマック用の接続キットが存在するそうです。PowerBookユーザーには鞄に入れて持ち歩くにはちょうど良い機種だと思います。

VirtualPC日本語版を使用していて、PIONEER社製の外付けCD-ROM Driveが認識出来ない問題は、現在のPIONEER製のドライバーでは対応しておらず、またApple製のドライバーでも最新版ではなく、Apple CD-ROM5.3.1を使用しなけれ認識できなそうです。また、PCMCIAは未対応だそうです。(海外に住む日本人の方へNIFTYからの紹介です。)

JLK1.2のアップデーターがやっと公開されましたね。当初予定されていた内容より少なくなっているようですが、まあ事前に解消されてるんでしょう。

アップルが各新聞にPowerBookの広告を掲載した時に、MACWORLD Expo/Boston '97ご招待プレゼントを行っていましたが、その当選者が発表になっていました。

アップルマガジン97夏号が公開されていました。やるき満々ですね(笑)PDF版もあります(1.8MB)

AppleのFOCUSページにプロダクトマーケティングマネジャー:Peter Lowe 氏が今度登場してます。めちゃめちゃすごい物理学者なんですね。びっくり(笑)

この前発売したばかりなのに、Workgroup Serverシリーズが$260〜$522ほど値下げがされるようです。(Thanks! Adinsider)

本日をもって会長は満30才になりやした。ふ〜^^;

[7/28]
MacOS8から新しく採用された各種マネージャーソフトウエアーと8に対応したデベロッパーツール類が一斉に公開されました。ほとんどがソースです。
MacsBug 6.5.4a3c1
System Picker 1.1a3
Contextual Menu Manager 1.0
Appearance Manager 1.0
Text Encoding Converter 1.2
Collection Manager 1.1
Mac OS 8 Technote 1.0b3

アップルが平成9年8月1日から平成10年1月31日までにアップルケアを対象機種にて契約されたユーザには期間中の料金を¥9,800円で提供してくれる「アップルケア特別キャンペーン」をおこなうそうです。また対象機種のアップルケアを特別また対象機種を含め他機種でも新規契約/契約更新された方の中から毎月抽選で以下の賞品をプレゼントされるそうです。
・アップルケアオリジナルジャケット(毎月30名)
・アップルケアオリジナルポロシャツ(毎月50名)
対象機種:        通常の早期割引価格
M5649J/A PowerBook3400c/200 34,400円
M5829J/A PowerBook3400c/240 34,400円
M5241J/A PowerBook2400c/180 22,400円
M5807J/A PowerMacintosh4400/200スタンダードモデル 12,800円
M6088J/A PowerMacintosh4400/200グラフィックモデル 12,800円
M5542J/A PowerMacintosh7300/166 20,000円
M4946J/A PowerMacintosh7300/180 20,000円
M5453J/A PowerMacintosh8600/200 33,600円

NIFTYから海外在住の方への転載情報です。

PB2400で標準のJISキーボードがMac-VJE Delta使用時に認識されない件で、Mac-VJE DeltaのKCHRリソースのIDを下記のようにすると問題なく使えるようになるそうです。
カナ 16388 -> 16384
ローマ字 16389 -> 16385
JIS KB カナ 16390 -> 16388
JIS KB ローマ字 16391 -> 16389
ですが、メーカーの保証対象外になるので、緊急非難的な意味でバックアップを取って行って下さい。(はらださん情報ありがとうございます。)

本日発売予定の書籍
・Photoshop4.0J一目瞭然 for Mac BNN社 ¥4,600(4-89369-543-6)
・Shade 3Dフラッグシップ リファレンス篇 スパイク ¥4,000 (4-89621-183-9)

modoru.gif [NEWSバックナンバー]
「Macintoshは米国アップルコンピュータ社の商標です」