MACお宝News.gif
皆様へのお願い(MacintoshNews)

このページはMACお宝鑑定団の新着情報や、Appleに関する情報を伝えるページです。
掲載内容は保証されるものではありませんので、御了承下さい。
掲載記事に関する著作権は「MACお宝鑑定団」が所有します。

1997/8/10~8/4バックナンバー


[8/10]
今回の基調講演に関して、アップルジャパン社長 原田 氏が「Macintoshユーザの皆様へ」と題してプレスを出しています。その下の方に「皆様のご質問、ご意見、ご感想を是非お寄せ下さい」と書かれています。これは良い機会ですので、あなたの思いを存分にぶつけてみましょう。また、新しく「Meet the Macintosh」というユーザとアップルとのコミュニケーションを計る場所も新しく設置されています。「ユーザーの事しか考えていない。」と良く発言する言葉の裏には、「もっと直接話を聞かせて欲しい」という願いも加わっていると思います。BBSで見てるだろう的な発言は辞めて、もっと積極的に直接訴えてゆきましょう。最近の流行語は「マック・コミュニティー」です。ちなみにそのページはCyberStudioで作成されてると、さりげなく宣伝してあります。^^;

One Tip At A Timeを読んでその1分1秒を争う、パブリックな日刊WEBの大変さは涙が出ます;_;。ところで、RealPCってなんだろう?

めちゃめちゃ面白くなりそうな様相をていしてきたWORLD PC EXPO 97です。それは今回の大ドンデン返し事件によって、EXPOで用意されていた多くの公式発表が、ぶっとんでしまった可能性が高そうですからね。この開催にはCEOがいなくなってしまっているので、現在、米アップルコンピュータ マーケティング担当執行副社長 ゲリーノ・デ・ルーカ氏が9/26にキーノートスピーチを行うことになっています。でもそれだけじゃなくて、この開催日の初日9/24にはマイクロソフト上級副社長 スティーブ・バルマー氏のキーノートスピーチが予定されています。加えて同日「パソコンの未来と市場展望」という各ハードウエアメーカーの日本法人を代表するメンバーが揃ってパネルディスカッションを行います。どれもこれもわくわくする内容ばかりですね。これは行くしかないかな〜。(ちなみに全て有料でタダではありません)
 
Microsoft社も今回の件に関して公式なプレスを発表しています。ちなみにMicrosft社の御意見ページはこちらです「feedback」。

噂のアップルソフトブースですが、独立してはいないそうで、クラリスブースの中にそれ専用のコーナーとして設置されることに変更になっているようです。

会長のページにSupermac Spectrum/8LCを追加しました。

[8/09]
前回お知らせしたMacworld JAPAN誌のホームページ「MACWORLD JAPAN ONLINE」が正式に公開されています。

MacworldExpo Bostonでの基調講演などのオフィシャルヴィデオテープが速くもVWTAPESに登場しています。

Adobe社が出力セミナーにおいて語ったところによると、Adobe Illustrator5.5Jと7Jとでは、フォントが持つセット幅情報をもたしているが、実際に処理をするエンジンが異なるので詰め組の結果が異なるそうで、5.5Jは5.5Jで7Jは7Jで処理する事を勧めているそうです。(渡部さん情報ありがとうございます)

Ziff-Davis Inc.は新しく「PowerBook User」という雑誌を創刊するそうです。また売れそう、、


[8/08]
AppleIIの祭典KansasFest97が開催されその内容が報告されています。

AppleIIGS上で動作するWEBブラウザー「Spectrum Internet Suite2.1」が発表されています。もうその機能の豊富さには脱帽します。

PARC出身で1980年にAppleに加わり、1993年からAppleのチーフサイエンティストを勤めていたLawrence Tesler技術担当副社長(vice president of advanced technology)が先週の木曜日で退社したそうです。児童向けソフトウェアの開発しているCocoa Softwareが別会社となり、そこの所長になるとのことです。日本のユーザーズグループに対してメッセージをくれた唯一のエクスクルーシブだっただけにとても残念でなりません。

Adobe社からの連絡によると、Adobe PhotoDeluxeの発売1周年&累計出荷が300万本突破記念として8月6日から10月31日まで「デジタルカメラ・プレゼント・キャンペーン」を行うそうです。期間中にAdobePhotoDeluxe1.0Jをご購入いただいた方から抽選で毎月10名様にリコー(株)のデジタルカメラDC-3が当たるそうです。

もう連日のように報道されているビックリニュースですが、「5%」が非常に多く引用されているためしっかり調べることにしました。まず株価が発表と同時に前日比35%高で終えています。金額で¥820ですね。メチャメチャな伸びですね「ビル景気」と呼んでも過言ではありません(笑)。しかしながら、多くの方が誤解している点は「議決権の無い株」という部分を重要視していない点につきます。アメリカの商法でどうなっているかが正確にはわかりませんが、日本ではこの「non-voting right stock:議決権の無い株」というのは「利益配当優先株」のことで、通常流通している本株とは別な物です。一般的に出資を受ける場合、銀行などから受けることが出来ない場合に出資者を募り、そのかわりに本株とは別に新たに発行している株をわたすことを指しています。それは流通している金額とは別に、額面のままで引き渡されるのが一般的です。しかし、アップル株は「無額面株」で最低の額面金額の設定がありません(本当のただの紙です^^;)。よって受け渡す側と受け取る側とで発行株数を取り決めるわけです。金額は王子と同じかもしれませんが、受け渡された株数は多い可能性もあります。しかし、今回は市場の金額での取り引きだそうですので、通常の発行数だと信じています。特典としては通常の株よりは多くの配当を受けることが出来ます、そのかわり株主総会などで発言する権限は有りません。ですから口出しても効力がないことになります(優先配当が実際には受け取れなかった場合などの例外措置を除いて)つまりこれは「お金をくれた」ということです。今回はまたビル氏が3年は株を保有しているという発言は、これが3ヶ年の期限付きなんだと思います。それを過ぎると事実上本株の発行数に加えられるため、議決権などの効力を持つこととなります。ですが、本株の発行数が増えるので全体に占める所有率は低下します。しかし必ずしも良い面ばかりではなく、赤字でも配当を当てる必要性があるので、これが原因で会社が傾くこともあり油断は禁物です。(アメリカの商法には合っていない可能性もあるので正しい記述を御存じの方はお知らせ下さい)

[8/07]
ガイ・カワサキ氏によるお薦めソフトの紹介セッションで、紹介された製品は以下の通りです。(RealAudio音声はこちら)
Connectix Virtual PC
Starry Night Deluxe
WiredWrite
Quake for Macintosh
GoLive CyberStudio
Create
TIFFany III Image Processor
Movioke!
Retrospect
Commotion
Nodester (tm) (rhymes with roadster) made by Panimation, Inc.

ClearWay Technologies社が次期OpenTransport1.3下で動作する「FireSite(TM) Virtual Domain Manager」という複数IPを使用できるツールを発表しています。これのデモ版が公開されています。

UMAX社が発表した「Cashe-Doubler」のアップグレード対象機はアーパス3000/240のみになる可能性があり、もし、それ以外の機種のユーザーの場合、UMAX社は販売店にはアップグレードパーツを提供しないため、事実上アップグレードは不可能になるようです。

Screen Gear 2.0が配布されています。

EXPO Boston97のスティーブ・ジョブス氏による基調講演の中で、Microsoft社のビル・ゲイツ氏(衛星中継)が登場して1億5千万ドルの株(議決権を伴わない)を取得して事実上出資してくれたそうです[公式プレス](RealAudio音声はこちら)。この提携交渉は10ヶ月前から始まっており、アメリオ氏退任後ジョブス氏によって数時間前に口説き落としたそうです。この額ですが、アップル株の5%程度に匹敵し、前回サウジアラビアのAlwaleed Bin Talal王子が取得した額に相当する物と思われます。また、NEXT社買収時の投資額の35%に匹敵します。Q3時の損失額が5600万ドルですから、これで一気に黒字に転換し開発資金の制限もあまり受けずに進められるでしょう。また、新しい新役員としてオラクルCEOのラリー・エリソン氏、IBMとクライスラーのCFOだったジェリー・ヨーク氏、インテュイートのCEOビルキャンベル氏がジョブス氏とともに加わる(存続を合わせて)ことも発表されました[公式プレス]。これら財務関係に長けた人物によって、より資金面での改善が計られることは間違いないでしょう。またインターネットエクスプローラをデフィルトとする件は、すでにMacOS8にバンドルされているのを触ってみるとわかる通り、アップルユーザー用にカスタマイズされているのが理解できます。もう一方のブラウザーは少しの変更も許したりはしません。このことには大きな意味合いが含まれているのですが、ここで説明はできません。とにもかくにもジョブス氏の資金調達の手腕は昔から凄腕ですね。とにかく株を買っておいて良かったというのが僕の感想です(笑)

この異例とも思える発表に、アメリカホワイトハウスが反応し、クリントン大統領が独占禁止法に抵触するかどうか調査を開始するそうです。

MacOS8での不具合を解決するバージョンAvid Cinema 1.1.4が配布されています。

最近Newtronに関するページを増やしたMobileComputer専門誌「Pen Computing」のホームページに以外な人物が出ています。(笑)

[8/06]
Boston EXPO 97開催に合わせて新しいマックが発表になりました。
PowerMac9600/350
PowerMac9600/300
PowerMac8600/300
加えて、ずーと出る出ると伝えていた新型17インチディスプレイ
AppleVision 750
AppleVision 750AV
がとうとう発表されてます。

Adobe社がAdobePagMill 2.0J Special Versionを今月下旬から発売するそうで、これにはAdobe Photoshop LE-JとAdobe SiteMill 2.0Jがバンドルされているそうです。また、既存のユーザーにも3,000円〜10,000円でアップグレードが可能となっているそうです。う〜んLEが3,000円か〜(きつね隊員より)

アメリカでMacWorld誌とMacUser誌が合併して、MacWorld誌として発行されるという件で、日本では今後MacUserJAPAN誌(そう日本語版ということになっている)もなくなってしまうのだろうか?と不安になったので(実は両誌とも創刊号から買っている、MacWorldに至っては英語版創刊号から有ったりする^^;)両関係者に聞いてみました。返事が返ってきたのは、MacUser側の関係者からでして、「この件についてもいち早く報道したのは9月1日から有料化スタートするMacintosh WIREです。Macintoshに強くコミットしているソフトバンクMacintoshチームを引き続きご支援ください」ということでした。まあ名前が「月刊MacintoshWIRE」とかなるのかな〜と僕は考えています。また、MacWorldJAPAN側のコメントは現在ありません。

めちゃくちゃ混んでいるEXPO Bostonのサイトですが、Apple Educationのマーケティング・販売開発部長Jacob Kandathilは教育市場に特化したJavaアプレット、wireless eMateと噂とされてきたNC機(ネットワークコンピュータ)などの新しい教育市場戦略を発表しました。これはアップル創業以来一貫して行われているプログラムに値するとしています。ということで市場が限定されてはいますが、本当にNC機市場に参入をしてくるようです。そのためにはオラクル会長は必要な要素なのかもしれません。

RhapsodyにおけるMS社の今後ですが、IE4.0を速攻で移植してくるようです。またMS-OfficeはWINと同じセットでは提供される予定ではないようで、単体でそれぞれ提供されるように変更がされるらしいです。

UMAX社は新しく発売される機種にVirtualPCをバンドルするようです。

[8/05]
MacOS8にバンドルされている、プッシュ型サービス「PointCast」が最近Ver1.1にアップデートされましたが、これはPowerマック用しかありませんでした。しかし、ベータ版ではありますが68系マック用としてVer1.1b1が配布がされているのでそれを使ってみてほしいとbulletin:Tonny Gentile氏が案内しているそうです。

MacWorld EXPO Bostonでも展示される、Artifice社のQuickDraw3D対応のCADソフト「DesignWorkshop v1.7」が新しくリリースされるのですが、これの機能限定版「DesignWorkshop Lite v1.7」の配布がされてました。

MacWorld EXPO Bostonの初日にガイ・カワサキ氏によって紹介される予定のRhapsody用のHTML画像処理ソフト「Create 4.2」がデモ版が配布されていました。

フライトシュミレーターソフト「X-Plane 3.4」のデモ版が配布されてました。

Radius社が新しく2D/3Dアクセラレーター「Tempestシリーズ」を発表していました。$399という低価格で提供されるすです。

[8/04]
アップルが1993年に協賛した、日本女子ゴルフ選手権「JLPGA 93」を記念したモデルとしてPowerBook170記念モデル[500台限定](通称ベネトンカラー)が存在することは、すでにMACお宝鑑定団がWelcome2Macintosh名古屋のUGブースで展示などして紹介していますが、これにはもう一つPowerBook145Bの革巻の存在が噂されていたのですが、このたび世界的なコレクター湯本 氏よりその秘蔵コレクションの中から紹介していただけることになり、画像をアップさせていただきました。とういことでその存在を確認できました。(湯本さんありがとうござます。)

本当にバックスキン加工がされています。

バックの穴は謎?

パッドも備わっています。

Symantec社によると、現在発売されているNorton Utilities3.5Jは、日本語版MacOS8が発売されたと同時にパッチデーターを公開するとアナウンスしており、現在発売されているMacOS8eでの問題は英語版のパッチデーターは公開されていますが、日本語版に対する動作保証上の問題を解決する対応はされないようです。

Power Express board を使用した「Gossamer」と呼ばれる次期マックは、Trimediaチップセットを加えた、新開発のメモリーコントローラーによる100Mhzメモリーコントローラーバスになることは、ほぼ確定的となっているようです。

modoru.gif [NEWSバックナンバー]
「Macintoshは米国アップルコンピュータ社の商標です」