MACお宝News.gif
皆様へのお願い(MacintoshNews)

このページはMACお宝鑑定団の新着情報や、Appleに関する情報を伝えるページです。
掲載内容は保証されるものではありませんので、御了承下さい。
掲載記事に関する著作権は「MACお宝鑑定団」が所有します。

1997/9/21~9/15バックナンバー


[9/21]
ゲリーノ氏の辞任によってWorldPC EXPO 97におけるアップルの基調公演者が不在になっていましたが、同社のプロダクトマーケティング&プロダクトマネージメント上級副社長 フィル・シラー氏に決定したそうです。ちなみに彼はNeXT、キヤノン、マクロメディアを渡り歩いてきた人物とのことです。(にーつさん情報ありがとう)

日経NETのモダンタイムズ2001に「アップル復活かけ再挑戦」と題された記事が掲載されてました。アップルの新しいインターネット部隊を指揮する副社長、ラリー・スロットニック氏への発言を元にしながらいろいろ推測しています。「Allegroはどうしてもアクティブデスクトップが実現したかった」とかいろいろへ〜って思える内容が載っています。日経は海外に常駐するスタッフがいるそうですが、ここの所のこういったインタビュー記事は専門家の中では定評があります。ただポイントとして彼の発言は「」でくくられているということに注意して読みましょう。(林檎の木の下で-News-より)

今回【めのう】さんがカーネルって何だ?と題して絵付きで解説しておられます。これからこの言葉は多く登場してくるでしょうから、この機会に勉強しておかれると良いでしょう。で、RhapsodyがMacOSに比べてどういった所が具体的に良くなるのか、またメリットがあるのか?を簡単に説明できる方法がないか?とRhapsodyエバンジェリストであるステラクラフト社の佐藤 氏に以前聞いて教えて貰ったのですが、MacOSには現在の多様なOSと比べて「プロテクションメモリー、マルチタスク、マルチプロセッサー」などのトレンドとも言うべき技術が欠如しているのは明らかで、それらがYellowBoxさえあれば実現できる。ここからが本題(笑)「30枚の手紙を一気に空中にまいたとしましょう。MacOSはそれをたった2本の手で仕分けしなければならない、NTはもう少し多くて4本で仕分けでき、Rhapsodyはやろうと思えば枚数分の手で仕分けすることができる。結果として掴めとれなかったり、空中から地上に落ちるのを待ってから作業しなくても済むので、作業的に潤滑に済むようになる。ただ言えるのは、枚数が増えれば増えるほど仕分けする手の数を、同じ力で増えなければならないので、結果として遅くなってしまうこともある」つまりRhapsodyはサーバー依存製品としての位置付けの方が自然で、Allegroはそれらの不要な処理を必要としないクライアント型OSと考えるのが普通ではないか?と言っておられました。(実はこれには本当に身ぶり手ぶりがついていてよりわかりやすかったです^^;)

今月発売の月刊アスキー10月号に、特集1「明日のテクノロジー完全ガイド」において、PowerPC750、PowerPC604e、CHRPについて、特集3「Macintosh新世紀」においてはMacWorld Expo/BostonとBeDCのレポートが載っています。同じアスキー社でも雑誌によって内容が違っているのでそれぞれが勢力的に取材しているんだな〜と思いました。(実はさっき買ってきました^^;)

[9/20]
Mac RumorMillMacOS8Alpha2のシードレビューをスクープしています。最初のころに比べて1.6MBほど増えているそうで、かなり詳しく解説されています。といってもマニュアルそのまんま臭いですが(笑)

WorldPC EXPO 97でアップルが9/25に無料のセミナーを行うそうです。
・アップルのインターネット戦略(250名)
・アップルのJavaへの取り組み(250名)
・QuickTimeMediaLayer最新情報(250名)
お薦めは最後のQTセッションで、ピーター・ハディー氏とデイビッド・パレルモ氏の数少ないアップル芸能人が来るからかな?

ユーザーズグループネットワークチャンネルにアップルの新しいUGのプログラムマネージヤー「Brighid Brady-de Lambert」へのインタビューが掲載されています。日本の母もいつかわは掲載されるのであろうか^^;。

MacWeek-Jに元アップルのCEOだったジョンスカリー氏への単独インタビューが掲載されています。やはり経営者から見ると同じ考えを示すものなのでしょうかね。そうそうインタビューの話しの中に、どうみても流れに乗ってない質問がありますね。でも僕は一番これが知りたかったのですよ。これでとっても気持ちがスッキリしました(笑)。

Maicrosoft社のページでいかにMacOfficeが便利かをユーザーによるレポートで紹介したページがあることを発見しました。「Top Firm Stays at the Forefront of Fast-Paced Consulting Business 」がそうなんですが、そういわれてもね〜。

アップルが今まで製品化してきたすぐれたデザインを400枚にもおよぶ貴重な写真で紹介した「Apple Computer : Business Success Through Design」(ISBN: 1888001259 )$44.95という書籍が先月発売されていたそうです。さっそく注文してみよ〜と。

http://pw1.netcom.com/~owenink/appledesign.gif

すでに新たなコラム化しつつある最強のカラクラを創る会の名誉会長であるTak氏による「私に書かせなさいシリーズ」の第3弾(おいおいいいのか〜シリーズ化しちゃって?)今回はTak会長の連載をかけても、なを斬るこの太っ腹な態度は、もうとても僕には出来ません(笑)。ということで今回も行きま〜す。(もうどうなっても知らんぞ^^;)

Takの私に書かせなさいパート3

今日発売のMacPower 10月号の特集「MACWORLD Expo/Boston'97」の互換機関連のキーワード解説「PowerPC750」ですが、

「これまで開発コード名「Arthur」と呼ばれてきたもので、CPU内に2次キャッシュメモリを内蔵している。」

【中略】

「このため、高速なCPUとのやり取りの際にバスクロックがネックになってCPU性能を最大限に引き出すことができないことがあったが、PowerPC750は2次キャッシュを内蔵することでこの問題を解決している」

とあります。

しかし、これは誤りで、PowerPC750が内蔵しているのは2次キャッシュコントローラとタグメモリだけで、2次キャッシュメモリそのものは外部に接続されます。しかし、2次キャッシュアクセス専用のバス(バックサイド・キャッシュ・バス)を設けることで、高速なキャッシュアクセスを実現しているのが特徴です。
仕組み的にはPentiumIIで採用された「デュアル・インディペンデント・バス」と類似したものですが、プロセッサクロックとの組み合わせに柔軟性がある点と、タグメモリをチップ側に内蔵する点が異なります。

なお、これらの詳細についてはwww.mot.comから辿っていけばPowerPC750のスペックシートをPDFファイルで入手することができるので、そちらをご参照下さい。

ということで、書籍としての影響力も考慮の上、新技術の紹介の際には今一度確認した上での掲載をお願いいたします>ASCII


[9/19]
MacInsiderが9/27にアップルがディーラー側と今後のマーケティングに関する会合を行う予定らしいと伝えています。その内容に関する読者からの予想も一緒に掲載しています。本格的にダイレクト販売をするからなのかな?ちなみに最近GlobalSitsとしてリンクされちゃいました、その前に読めるの?(笑)

Mainichi DailyMailにパワコンの日本法人の設立準備責任者、松本吉彦氏のインタビュー「マック互換機のパワーコンピューティングが日本進出を断念 」という記事が載ってます。具体的な内上に触れている部分もありますが、アップル側の動きは見えていないようです。それと下に載ってるプロフィールに注目してるんですが、「パソコン創世記」に載っている人なんですか〜。さっそく明日にでもページ探して読んでみよ〜と。そうそう今パワコンが大セールやってますが、これって在庫一掃セールのような気がします。(MAQ?MAK?MAC!より一周年おめでとう!)

AppleShareIP5.0AppleRemoteAccess3.0がそれぞれAppleJAPANから発表されてましまた。これの感想ですが従来の4.2シリーズより数倍処理速度が上がっていて、ARA3.0にいたっては超簡単設定!といったとこでしょうか。ちなみにWorldPC EXPO 97の会場でもデモされるそうですから、興味のある方はどうぞ。

お知らせした「Happy Birthday Mac OS 8!」イベント参加申し込みは既に定員数を超えたため締め切りになったそうです。きっとそんなに集まるとは思ってなかったのでしょう、1,000はいけたのかもね。

激突Oracle対Microsoft」を読んで、アップルはMS社との争いに終結宣言したんだけど、Oracleとはまだまだ激しく闘っているんですねMS社は、もう蚊屋の外なような気がしてきた今日この頃。

PC WatchにWorldPC EXPO 97に参加する企業の告知リンク集てのがありました。今回は全て会場を使用するので事前にチェックしておかないととても周りきれませんよ。

いつのまにかCountMacのメーリングリストが出来ているではありませんか!ソフトの関係上2,500人までの限定なんだそうです。興味のある方はお早めにどうぞ。(MzDonald'sより)

どうやらネスケはObject-Cに移行してくより、ユーザーインターフェースを含めて、全てJava/C++方向で開発を進めているみたです。

本日発売の書籍
・プロフェッショナルQuarkXPress/ゼスト \2,800(4-916090-63-2)

[9/18]
WorldPC EXPO 97でのアップルの基調公演を行う予定だった、米アップルコンピュータ・マーケティング担当執行副社長ゲリーノ・デ・ルーカ氏が辞職しました。PRが伝えるところによれば「個人的な理由」となっています。これでWorldPC EXPO 97の基調公演予定がアメリオ氏からルーカ氏に変わって、そしてまた変わることになります。よってあらたにExecutiveProfileの中からだれかピンチヒッターになるのでしょう?ジョブス暫定CEOだったら面白いですね。ちなみに昨日発表になったPRの内容を読むと、会長兼CEOではなくて役職を兼任ではなくて会長職は開いたままになっていました。(だからと言われてもな〜)

MacOS8ユーザーズイベント「Happy Birthday Mac OS 8」の案内が出てました。MACお宝鑑定団も賞品ゲットしに参加しよ〜と。

bin.hqx with macさんにRhapsodyのデモを行った中で、PowerPC版BlueBoxに対するRedBoxなるWindows互換部分がIntel版Raphsodyに入ると語ったそうです。これに直接関係はないのですが、このRhapsodyを簡単に説明する方法をステラの佐藤さんに教えてもらいました。これが笑えるんだな結構^^;。

本日発売の書籍
・すぐに使えるクラリスワークス4.0 マッキントッシュ版/秀和システム \2,500(4-87966-738-2)

[9/17]
アップル社の役員会が、人材サーチ会社Heidrick & Strugglesの副社長John Thompson氏よって提示された新しいCEO候補者リスト中から、新たなCEOが確定するまでの期間において、スティーブ・ジョブス氏を暫定でのCEOに指名することを決めたそうです。

Mac OS 互換機POWERtools社の日本での取り扱い元であるダイヤテックは、総合システムベンダ−である市川充商店 AmuletへPOWERtoolsの販売とサポ−トを正式に移管することで合意に達したそうです。これを受けて市川充商店 Amuletは10月1日より新型マザ−ボ−ドTanzania-2を採用したT2モデルの販売、ダイヤテック販売分の旧Infiniti-4200の技術サポ−トを行うことになったそうです。今後の投入機種に関してPOWERtools社は今後UMAX社からTanzania-2の供給を受けて、互換機ビジネスを今後も継続することが明らかにしたと語っており、Tanzania-1を搭載したMac互換機からのTanzania-2へのアップグレ−ドも予定をしているそうです。なをダイアテック社のサポート担当もAmuletで引き続きサポートを受けるとのことです。

一度無くなったはずのNewtonMP2100の話しがまたまた再浮上してきています。初期出荷価格が15万円程度を予定され、噂になっていたヒープの改善や新しいインターネットエナブラーでEthernet接続が可能で、すこし画面が拡大されたものが登場するらしいです。これは現在アメリカで発売されているMP2000ユーザーに対してもアップグレードパスが受けられる見込みのようです。また、切り離される予定だったのにまたまた戻ってきた開発部門は、Pilotに対抗するモデルも将来のビジョンの中に持っていたようです。(Rikiさん我慢できませんでした、Ryanが書いちゃったので^^;)

今発売されているMacFan10/1号に女優の新保あささんと、原田社長の対談が載っています。これがけっこう内容いけてます。もうバシっとここまで言えるならば、なんであのラジオでは、ロボットみたいな話し方だったのか不思議でなりませんね。レイアウトからはほのぼのとした感じですが、画像を取って会話だけ明朝で起こしたら、かなり「俺にも言わせてくれよ〜」な感じになります。あれだけWEBでバックナンバーとしてずっと残しておくと、きっと本人は嫌がるだろうな〜(笑)。

退任してから沈黙していたGilAmelio元CEOがひさしぶりにラジオのトークショーに出演して現在のアップルが進めてる戦略に関してなどへの個人的な考えを語っています。その中で彼は次期CEOには同社の取締役でもあるIntuitのビル・キャンベルCEO を候補に上げたそうです。

前回、特定ショップ名を記したチェーンメールと思しき内容に関して、その記名されていたソフマップの社長のコメントとがDailyBCNに掲載されています。直接怪文章には触れてはいませんが、とりあえずコメントは出ました。

[9/16]
Adobe社がAdobe Illustrator 7.0J購入者に対して、バグを修正したアップデーター版Adobe Illustrator 7.0.1Jの出荷を行っているようです。しかし、これはアメリカで行われているアップデーターとは違って、あらたにフルインストールし直して置き換えるようになっているそうです。

ヒューレットパッカード社が今後マック版のプリンターの供給を行わない方針のようで、現在出荷されているDeskWriter694cとDeskJet850c以後の製品供給のめどは立っていない模様だそうです。(NIFTYから海外にすむ日本人の方に向けての情報です)

Mac OS 8のアップデート版購入に関してですが、このアップグレード版のプライスは予価¥12000でにすぎず、価格は下がる可能性を含んでいることに注意しましょう。また7.5.5以前からのアップグレードは今回からは有りません。その場合はフルパッケージ版予価¥24000(昔は6万円^^;)を購入する必要があります。なお、無償アップグレードキャンペーンに該当される方は購入した店でしか受け取ることが出来ませんので注意して下さい。

またショップによってはMacOS8に対応した多くのサードパーティー製品のプリンタードライバーが収録されたCD-ROMが供給されるといった内容でアナウンスをしているところもあるようですが、これに関しては現在情報を募集中です。

[9/15]
MACお宝鑑定団はWorldPC EXPO 97へ9月26日に大挙して会場入りします。「今回もやるのか〜?」と気が付いた方もいるかもしれませんが(いないって^^;)前回MacWorldEXPO東京97で行ったブース直撃取材を今回も敢行します!しかし今回はちょうど「MacOS8」の発売日ということもあって、この8に集中するつもりです。(単に時間がないという話しもある)よって前回同様みなさんからの質問を今日から9月23日まで募集します!!題して「MACお宝鑑定団よ俺のかわりに聞いてくれ!!アンケート」パチパチパチ(笑)どうなるかはまったく不明ですが、いろいろ聞いてきますね。ただしすでに雑誌などで紹介されてしまっていますので、それらに重複しないような内容にして下さい「ああそれは雑誌に載ってます」なんて返事されたら最悪ですからね。

なんと!Aoki隊員が9月28日に結婚するそうです!!今まで黙っていたのは何故なんだ〜?でもお幸せにね!

前回最強のカラクラを創る会の名誉会長であるTak氏が解説した「わたしにかかせなさい」はその後10月号の編集後記に訂正が記載されているのを御存じだろうか?直接Tak氏の発言によってなされたのかはどうかは不明ですが、今回いろいろ悩んだあげく、やはり発売されてしまった以上、MacOS8に関するFAQという件なのでやはり紹介しておくべきと判断し、今回もTak氏によるその第2弾を掲載いたします。(雑誌社と喧嘩するつもりはないんですう〜)

題して「わたしにかかせなさいパート2

MacPeople No.19 (1997.10.1号) の特集記事「マックOS8のQ&A 36」に以下のような記載があります。(P.138)

Q27 CPUが68030でもOK?

A 残念ながら使えない。CPUが68040以上のマックのみ動く。

とまぁ、ここまでよいとして。(68LC040以上と書いて欲しいですが)

「マックOS8は、32ビットアドレッシングという機能に対応したマックでしか使えない。32ビットアドレッシングは、一度にデータを32ビットずつやりとりする機能のこと。CPUが16ビットの68030では一度に32ビットのデータを扱えないのでマックOS8が使えない。」とあります。

・これには3つの重大な過りが含まれています。

■MacOS8の動作条件は、32ビットアドレッシングとは直接関係ない

32bit Addressing が必須条件となったのは OS 7.6以降です。32ビットアドレッシングに対応している68030搭載モデル(例:IIci,IIsi,IIvi,IIvx,IIfx,LCII,LCIII,LC520,ColorClassic,同II,PowerBook100を除くPowerBook1xxシリーズ,Duo210/230/250/270cなど)や、PMMUを搭載したIIでも、OS8はサポート外です。

■32ビットアドレッシングはデータバス幅とは関係ない

32ビットアドレッシングとは、その名の通り、32ビットのアドレス(データではない)を用いてアドレッシングを行う方法です。68020以前のMMUを搭載しないモデルでは、基本的に24ビットの直接アドレス指定が行われていましたが、68030以降のモデルでは内蔵のMMUを使った32ビットページングアドレスと、これを利用した仮想記憶機能がサポートされました。そう、32ビットアドレッシングの鍵はMMUなのです。

■68030は16ビットCPUではない

68020以降のプロセッサは内部アーキティクチャ、外部データバス共に32bitのれっきとした32ビットプロセッサです。

 最後に...

マックOS8対応機種にはLC575,LC588,パフォーマ6200シリーズも該当します。

FAQで思い出したのですが、MacOS8のよくある質問解説ページに「Mac OS 互換機や周辺機器を購入されているユーザでも、ラプソディーは Mac OS との互換性があるので、安心してMac OS 8 からラプソディーへスムーズに移行できます。」これって?どうなんだろう今は????変更になりましたとでも書くのかな?(笑)

ジャストシステム社が発行しているユーザー誌・月刊ジャストモアイによると、同社は今年第4四半期にATOK11 for Macintoshを発売するが、一部の報道とは異なり、68Kマックでも動作するFATバイナリとなる模様。機能的にはほぼWin版のATOK11に相当し、予価は1万5千円。MacOS8上での動作も確認されているとのことです。(西尾さん情報ありがとう)

modoru.gif [NEWSバックナンバー]
「Macintoshは米国アップルコンピュータ社の商標です」