MACお宝News.gif
皆様へのお願い(MacintoshNews)

このページはMACお宝鑑定団の新着情報や、Appleに関する情報を伝えるページです。
掲載内容は保証されるものではありませんので、御了承下さい。
掲載記事に関する著作権は「MACお宝鑑定団」が所有します。

1997/10/19~10/13バックナンバー


[10/19]
アメリカアップルのFTPサーバーが増強され、同時接続者数を総計で9,000までに拡大したそうです。また各FTPサーバーの稼動状況を確認できるページ「FTP Server load for RAIC:」を設置し、より快適なダウンロードを行なえるようになっているそうです。

昨日一瞬、一部のインターネットショップにNewton MessagePad2100の詳細データが掲載されてましたね。すぐに削除されてしまったようですが、なんでもそこには480x320-5.9インチELバックライトスクリーンに、160MHzのStrongARM SA-110 RISCを搭載し、ネットワーク機能標準搭載で、4MBのDRAMと4MBのFlashメモリーがセットとかいろいろ書かれていました。それが2000とどう違うのか、専門的に知らない僕にはちょっとわかりませんでした、ゴメンなさい。

ACT2社からAladdinStuffIt Delux 4.0.1Jアップデータが配付されていました。

システムソフト社からTechTool Pro 1.0.5J アップデータ(PPC/FAT/68K)とDNA011Jがそれぞれ配付されていました。

もう謎が謎を呼ぶMacInsiderサイトクローズの話しですが、関係者からの情報として内容の違った解説が、MacCentralMacNNにそれぞれ掲載されています。う〜んよくわからない?

PowerPC750においてバックサイドキャッシュの容量が1MBを搭載されている場合、MacBench4.0のProcessor Testが正しく機能していないそうです。具体的には1MB 以上のメモリ領域にアクセスしておらず、完全にプロセッサクロックと比例しているそうです。(磯部さん情報)


[10/18]
Mainichi Daily Mail Computingに「週末マック再生計画」その1粗大ゴミになってしまったマックを動かす。というコラムが載ってます。いや〜そのままゴミにしておいてもらわないと、僕達の仕事が無くなってしまうので辞めて欲しいな〜。(笑)

NewsByteのパイオニア社のMacOS互換機に関する撤退報道に関して、同社からのスポークスマンコメントというのが、掲載されていました。内容はまだハッキリ決ったわけではないが、今までの販売台数が少なかったので8ライセンスが得られなくてもそれほど影響はないと思う。今後に関しては未定。とういった感じです。

プッッシュメディアとしてアメリカでは有名で、英語版のMacOS8にはバンドルされている。「ポイントキャスト」の日本語サイトが本格的に始動していました。ですが、まだWIN版しかリリースされていないようで、マック版のリリースは英語版2.0をそのままローカライズする予定だそうで、具体的なリリース時期は決まっていないようです。元アップルJのメンバーが多いだけに、しっかりがんばって欲しいです!

アメリカチームが日本にわざわざ出向いてその問題の解決に当たったらしく、やっとDrive7のアップデータ「ヴァージョン4.3」が配付されていました。社長もくるとはなかなかやるぜ!(笑)

インフィニシス社から、AfterDark4.0日本語版をMacOS8に対応させるためのアップデータ「4.03」の配付が開始されていました。

システムソフト社より、ORGAI 2.0をMacOS8に対応させるためのアップデータ「2.0.1」の配付が開始されていました。

[10/17]
国内のPowerBookの価格が、アップルの価格引き下げ宣言後に以下のように下がってくるようです。(予想相場)

PowerBook1400cs/133/1.3G   20万中〜後半
PowerBook1400c/133/1G   30万前半
PowerBook1400c/133/1.3G   30万前〜中
PowerBook3400c/200/2G   40万中〜後半
PowerBook3400c/240/3G   50万中
なを2400はこの前下がったばかりなので、今回は行われないようです。

あら〜MacInsiderが放つこのメッセージはいったい何を意味するのでしょうか?う〜んあまり深読みはしないようにしておこう。このまま辞めちゃうのかな?

今日は決算報告であふれてます。それくらいかな?さあピクニックに行ってこよ〜と。

[10/16]
Norton Utilities3.5JをMacOS8に対応させるためのアップデーターが配付されていました。
351J_ppc_update_package
351J_68k_update_package
351J_ndd_floppy_inst_patch
351J_SpeedDisk_update_fat

アップルは昨日インターナショナルセールス上級副社長:Dave Manovich氏(元富士通PC)とワールドワイドオペレーションズ上級副社長:James McCluney氏(元Digital Equipment's)が辞職したと発表しました。珍しいことにプレスにジョブス氏のコメントが掲載されており、「辞めちゃったからといってスケジュールを弱めるつもりはないよ〜、まあ新しい道でがんばってね〜。」といった感じかな?

Barebones社がBBeditをMacOS8がインストールされた68040系のマシンで仮想メモリーを使用した状態で使用するとクラッシュしてしまう問題を解決するための「VM 8.0 Fix Extension 」を配付していました。

thessaSOURCE!が最初ライアン君が報じたアップルとオラクルの合併の噂に関して、アップルの上級役員を知っている友人から、これらを確かめてもらったとした書き出しで始っているところが真実身をおびていますね。なんでも、ハードとNCとポータブルと周辺機器部門とに独立採算制を伴った分割を行う案をジョブス氏とエリソン氏が10/30の取締役会に提出するとありますね。まあ噂でしかないとしていますが、エクスポネンシャルの裁判がもし負けたら、その時の解決策とするならば案としては面白いですね。(MAQ?MAK?MAC!より)

A&P社から10/22に発売される「筆満タン」for WINは、11/7にマック版が追って発売されるんだそうです。もう年賀状の季節なのね〜。

すごい今日はビックリしてしまったことがあります。それはネットスケープ社が新しく始めた「Netscape Guide by Excite」サービスのコンピュータ部門にぬわんと!お薦めサイトとして紹介されているではありませんか!知らないぞそんなこと(笑)まあリンクフリーなんで別にかまわないんですが、それにしてもちょっと嬉しかったです^^;。また他の紹介ページもなかなか濃いところばかりで、もうここの担当者の趣味が良くわかります。それではその記念にこちらも濃い内容でいろいろネスケ社を逆紹介してゆきましょう!まず最近より上位の開発責任者になった(下じゃないよ)MarcAndreessen氏のコラムが日本語で読めたりします。まあそんは話じゃなくて、まずネスケ4.0が前提で話しを進めてゆきます。NetSiteのURLを入れる所に「read: "in your face"」と入れてリターンをしてみて下さい。なぜか検索画面になってその言葉に当てはまるページがずらずらと出てきますね。これはこのネスケ4.0のインターフェースデザインを手掛けたIrene Auさんの隠し技なんですね。ちなみに彼女は現在ネスケ5.0の開発を手掛けている人です。さあどんどんゆきましょう!ネスケ社では現在「NETSCAPE JAVASCRIPT DEBUGGER 1.0 PREVIEW RELEASE 2」というのが発表されていますが、実はそのスクリーンショットをすでにここで見ることが出来ます。最初の頃は無かったJimClark会長のページだってあったりします。前回の特集の時にはネオンサインを紹介しましたけど、今度のはもっと意味不明なプロジェクトでして、その名も「The Netscape Brige」と呼ばれてます。素材集めに6ヶ月、製作に3週間を要した一大プロジェクトらしいです。(笑)とにかくPEOPLEのページをさがしてみれば思わぬ人に会えるはずですから暇があったらサーフィンしてみましょう!

本日発売の書籍
・図解でかんたん MacOS8入門/ASCII ¥1,600(4-7561-1574-8)

[10/15]
フランスの雑誌「Univers Mac」の中で、新しいGossamerのライナップが掲載されるという情報がMacintouchに投稿されていました。その内容は以下の通りだそうです。

PowerMac7700/200-200Mhz PPC 750/32 MB/2GHD/CDx24 $2,000
PowerMac7700/233-233Mhz PPC 750/32 MB/4GHD/CDx24 $2,700
PowerMac7700/266-266Mhz PPC 750/32 MB/6GHD/CDx24 $3,300

アップルのK-12プロジェクトの一つとして開発されてきたCOCOAが、元アップルの上級副社長:ラリー・テスラー氏を含む同プロジェクトに関わってきた人達と一緒に、Stagecast社という新しい会社から継続して開発を行い、商品化されるそうです。またJavaベースのオーサリングツールなどを開発してゆく予定だそうです。がんばれ!テスラー!。

最近出荷が開始された新しいWorkgroup ServerにAppleShareIP5.0がバンドルされないまま出荷されてきたと報告がありました。その件に関してアップル社は「開発が間にあわず、11月上旬に配付します」と回答したそうです。またこれに関する内容でインラインキャッシュを搭載したkansasモデルでは、AppleShare IP Mail serverが正しく動作しない問題を、OpenTranceport1.2.1にアップデートするパッチで解決するとTech Info Libraryで書かれていたりします。

Gazzeleを使用したマックは日本で発表されたPowerMac5500/225に加えて、PowerMac5500/275、PowerMac6500/250、PowerMac6500/300の3機種を投入されるようだとMacInsiderは伝えています。う〜んやはり机の広さが問題なんだよね〜。

MacOSAppleComにRhapsodyDR1の公式なスクリーンショットが3つ公開されています。Desktop EnviromentProgramming EnviromentTex Enviroment。まあそれだけなんだけどね。一般に買えるわけじゃないからあんまり関係はないか(笑)(駒崎さん情報ありがとう)

う〜んライアン君はどうやらプロバイダー側と少しもめちゃっているらしい。でもとりあえず木曜日には復活するみたい。内容が問題なのか、1日のアクセス数が7万(リロードを含めて20万)にも達しているのが問題なのか、それはちょっと不明?

[10/14]
昨日のCOSに関する件で、この情報を以前詳しく伝えていた「Macintosh News Network 」のMonishさんから「それはもっともらしく出来てはいるが、まったくのデタラメ(fake)で、MacGadgetも数日後にそう発言している。だがこのスクリーンショットは嘘であっても、COSそのものを否定しているわけではない。」とわざわざ知らせてくれはりました。う〜んそうか、、、。

マクロメディアセミナーにおけるジョブス氏の基調講演での発言で、彼が正式なCEOになるのでは?という噂が流れましたが、アップル社のスポークスマン:Katie Cotton氏がこれを「ジョブス氏が自ら正式なCEOになると語ったという事実は無い」と否定する公式発表を行ったそうです。

なんとアップル社がマイクロソフト社のサポート政策と同じ方式に変更になるようです。無料で提供されるのは、サポートWEBサービスと、オートメーティドフォーンサービス(たぶんFAX AIDのことだと思う)と、新規購入日から90日間までの期限付き電話サポートの3つで電話サポートのみが$35で90日間延長できる仕組に変更されるようです。サポートって重要だけど、一番収益を悪化させるのもサポートなんだよね〜。でもこれから「電話がつながらないアップルと言われていますが、これからは電話しなくても大丈夫アップルを目指してます。」と原田氏は以前発言していたので、それが実現できるのならば、そのぶん製品価格も下がるので良いかな?鑑定団は基本的に「マンツーマンのサービスを期待するなら、それなりのサポート代金を支払うべき。」という考えを持っています。

RhapsodyDR1が、本日1万人のシードデベロッパーに対して発送されたとプレスで発表されています。それに対しての多くの開発社からのメッセージも合わせて紹介されていました。そのプレスの中で「サーバーとハイエンドデスクトップアプリケーションをターゲットにしている」と明確に記されれていますね。また、NewsByteのインタビューでAvie Tevanian上級副社長は「RhapsodyがMacOSに統合されるのは4〜5年はかかるだろう」とジョブス氏の最近の発言を肯定する発言をしていました。

先日、日本でも値下げが行われた現行ラインナップの価格に関して、本社アップルも同様の発表の「Add On/Take Off」キャンペーンを発表しています。でもこちらは、どの機種がどれだけ下がるとか、キャッシュバックがされるとか明確に記されています。まあ新機種に向けてと年末商戦に向けての戦略ですね。こうゆうときに2台目は買いです。(笑)

MacFixItが、OpenTranceport1.3が公開されると同時に、AppleShare5.0.2で起こる不具合を解決するために、OpenTrancerport1.2.1が公開されるようだと伝えています。またOT1.3がGlobal Village PC Cardでポートがビジーにとなって使用できないなどの多くのバグフィックスが含まれているそうです。

HP社のプリンター DeskWriter600/660C/680C/694C用、DW600Series_9.4J.image.sea.hqxが配付されていました。また、DeskWriter/C/540/550C/560C用、MacOS8対応日本語表示QuickDrawプリンタドライバ、DWSeries_6.0.4J.image.sea.hqx も同様に配付されています。(シリコンバレーさん情報ありがとうね。)

Apple &the Internetホームページ」が公開されていました。AppleShare IPやJavaに関しての情報を提供してゆくようです。ちなみに今回のページはMoonFactory, Inc. が参加してます。

MacWeekにとても気になる記事が載ってました。それはATI社の新しい3D RAGE PROチップ(ちなみにこれOPEN GL用として最初発表されたんです。)を使用した新しいXclaimVRが$299で出荷されるという記事です。僕はXclaim3Dを愛用しているので、出たらこれ買うかもしれません(本当はNexusGAでもいいけどね)。なんていったってドライバーがMacOS8にも入っている(アクセラレーション機能のみ)のが強みですね。長く使いたいのなら、XCLAIMかTwinTurboかな〜?

Claris社からクラリスメールver2が発表されていました。

前回お知らせした、StuffItDeluxe4.0Jに関してで本日アクト・ツー社からの回答が寄せられた。それは下の2つ。

1)StuffIt の OS8 における問題点は弊社WEBサイトにて公開されております。
2)StuffIt Deluxe 4.0J に「MacOS8対応」というシールを貼るということはしておりません。

1はいつからあったのか定かではないが、2についてはショップ側の作為によって行われた可能性があり、そういった場合はかならずアクト・ツー社に連絡して上げてもらいたい。

本日発売の書籍
・ホームページを作ろう クラリスホームページ対応 Macintosh版/BNN ¥1,800(4-89369-568-1)

[10/13]
話題のMacOS互換システムプロジェクト「COS」に関してデモバージョンと思われる画像がドイツのマックニュースHP「Macgadget」でスクープされてます。Finder回りは確かに違うようですが、ほとんどMacOS8に近いような気もします。Kaleidoscope臭い?(Thanks! Macgadnet)


(新規WINDOWで詳しく見れます。)

PowerBook3400シリーズの内蔵モデムはカタログ値では、33.6kbpsと書かれているが、実際はその速度に達することが出来ず、製品上のスペックを満たしていないので、後日ソフトウエアーなどで早急に対応すると、Appleカスタマーアシスタンスセンターが回答したそうです。リコールじゃなければいいんだが、、、(海外に住む日本人の方へのNIFTYからの情報です。)

PowerBook5300csにMacOS8をカスタムインストールを選択をしてインストールを行うと、OpenTranceportで必要なShared Library ManagerとShared Library ManagerPPCが正常にインストール出来ず、起動時にフリーズしてしまう問題で、かならず最初は簡易インストールで行うようアップルは薦めており、その場合にはそのような現象は起きにくいそうです。

LJSilicon's Treasure ChestというNIBBLE 誌でプログラムを書いていた方がホームページを公開しているそうです。内容はAppleIIGS関係が主ですが、少しだけマックもあるそうです。(FAPPLEより)

NIFTYのコーレルユーザーズフォーラム(FCOREL)の15番会議室「Macなんでも会議室」では、WordPerfectを中心としたMacOS版のCorel社製品の話題を扱っているが、このフォーラムはコーレルのベンダーフォーラムではなく、Corel社製品のユーザーの情報交換の場として活発な発言がなされている。また当然Corel社からの最新情報も掲載されている。そこでのことなのだが、WordPerfectは非常に高機能でかつ動作が軽快な優れたワープロソフトでありながら、開発元が次々と変わっていったため、MacOS対応日本語版のサポートがバージョンアップを含め宙に浮いた状態であるという。しかしながら、現在のWordPerfectの最新の英語版(3.5.4)では日本語が使えるらしく、そこで、FCORELではWordPerfect英語版の製品版を、最新のMacOS 8日本語版上でどこまで使えるか押木さんを中心とするユーザーがテストしてみることになったそうだ。テストに参加してみたい方、あるいはすでにWordPerfect英語版をお持ちの方は、FCORELにぜひアクセスしていただきたい。(押木さん情報ありがとう)

Apple Developer News No.78が公開されていました。

今日はマック系の日本語ニュースページをちょっと御紹介しま〜す。目まぐるしく変化してゆくなか、新たに2つのニュースページが誕生しました。まず「Plus-em」というHTMLエディターに関する内容を得意としたページが誕生しています。ベータ版のレビューならおまかせあれ!と自信満々で頑張ってゆかれるそうです。もうひとつは、海外ニュースを紹介する上で必ず問題になるのが翻訳ですが、「Mac.sit」という今月誕生したばかりのページはかなりレベルが高い正確な訳を載せています。ただ載せるだけじゃなくて、日本的文章にまとまっている所が長所ですかね。ただルーモア系に寄ってしまっているみたいなので、もう少しパブリックな内容も掲載していただくと、英語が苦手な人にもいろいろ正しく伝えられるパワーを持っているのでは?とちょっとした希望を持って注目しています。今日からみなさんのブックマークに加えましょうね。でもMACお宝鑑定団もよろしくね(笑)。

本日発売の書籍
・他人に聞けないマッキントッシュの常識/日本文芸社 ¥1,300(4-537-02581-6)
・ATOK11のすべて/ジャストシステム ¥1,200(4-88309-143-0)
・プロフェッショナルのためのAdobe Photoshop4.0/毎日コミュニケーションズ ¥3,200(4-89563-993-2)

本日発売のMacFanInternet11月号の特集記事「100%ピュアMacintosh!」にMACお宝鑑定団がバ〜ンと特集されているはずです、たぶん?(笑)。ぜひ買って読んで感想を送って下さ〜い。


modoru.gif [NEWSバックナンバー]
「Macintoshは米国アップルコンピュータ社の商標です」