MACお宝News.gif
皆様へのお願い(MacintoshNews)

このページはMACお宝鑑定団の新着情報や、Appleに関する情報を伝えるページです。
掲載内容は保証されるものではありませんので、御了承下さい。
掲載記事に関する著作権は「MACお宝鑑定団」が所有します。

1997/11/30〜11/24バックナンバー


[11/30]
AppleJAPANのホームページに「powermac.apple.co.jp」というURLが存在し、そこにはなんとまだ作りかけと思われるホームページが存在し、「G3とは」で始まる文章がそこに掲載されるらしく、また「Power Macintosh G3 Desktop 233/266」「Power Macintosh G3 Minitower 266」の紹介が行われる予定であることが予想できます。そして現在PowerPC750を使用するにあたって問題が出てきているPCI CARDなどを中心とした「G3 周辺機器ガイド」と題された動作確認の案内も一緒に掲載されるようです。そして更新日は正確に記載されてはいないものの、このGossamer機種の国内発表は、PowerBookG3と同時に発表されるらしいことが想像できます。ただ僕が思うに年内出荷が可能な機種はPowerBookG3だけで、これらデスクトップ機種が実際に市場に出回るのは来年年明け以降だと考えています。(Thanks!谷本さん)

POWERBOOK ARMYが PowerBook関連情報の充実度を高めるために、POWERBOOK.ORGを取得したそうです。また新たに PowerBook 関連ページの運営者を募集されています。

11/26発売の小学館のSAPIO誌12/10号に大前 研一氏が〜私が思い描く「アップル&マイクロソフト提携」劇の裏の裏〜という記事を掲載しているそうです。そこにはエリソン氏が(アップルの)役員会のメンバーから追放されていて、アップルはNC連合との決別をはかるのではないか?といった内容だそうです。まあなに書いても自由ですが、、(romancerさん情報ありがとね)

MacinTouchが伝えるところによると、IBMから発表されたJava NCマシン「Network Station Series 1000」はMPUにPowerPC 603e-200MHzがどうやら使われているらしいと伝えています。それで$999ならばAppleNCもこの路線なのだろうか?

MacOSRumorsが、AppleがCHRP技術のいくつかを具体化した新しいGossamer2(仮)の開発を始めるかもしれないと情報筋が伝えてきたと掲載しています。それにはROMレスを実現するための技術Olympiaなどを盛り込んでおり、来年後半からそれは発表されてくるかもしれないと伝えています。う〜んでもb5c2なんでそれじゃ時期が合わないんだよな〜?まさかNCに採用されているんじゃ、、、それにPowerExpressに全力上げていてそんな余裕ないと思うな。

[11/29]
現在マックゲームシェアーで一番売れているソフト「たまごっちCDROM」(マックパワー誌12月号で一位)において、現在4才までしか育たないバグが発生している様で、発売元のBDE社もメールで問い合わせて来た購入者に対してはその事実を認めているそうで、また返品にも応じているとのことだそうです。その原因として生存率が低くプログラムされていることによるものと説明しており、現在、修正プログラムをFDにて配布する予定ではあるが、ホームページ上からの提供は、まだしばらくお時間がかかりそうだと回答しているそうです。(大塚さん情報ありがとね)

Macgadgetに掲載されたFreehand8.0に関する内容は「マクロメディアは目下のところグラフィックソフトFreehandの新しいバージョン8.0に集中的に取り組んでいる。製作者の言葉では最適な描画機能、グラフィック機能を提供すると同時にとりわけウェブデザインの領域で新しい特徴が打ち出されるはずだ。Freehand 8.0がいつ登場するかはいまのところまだわからない。」といった内容なんだそうです。(佐藤さん情報ありがとうね)

MacUserJAPAN&Macintosh WIREがよりよいマック雑誌を目指すことを目的とした「Macintosh雑誌に望む内容」というアンケートページを公開していました。これは11/30まで行われ、また答えてくれた方の中から抽選で5名の方に「お楽しみ袋」が貰えるそうです。「僕が欲しい雑誌はこうだ〜!」といった熱い内容を送ってあげましょう。

現在フォーカルポイント社から発売されているMatrox社製のグラフィックカードMillennium IIに関して、PowerPC750との互換性、UMAX製マザーボートのA及びBスロット以外では使えない、特定の解像度を指定するとQuickDrow3D対応ソフトで画像が乱れるなどの問題を把握しているが、これらを解決した新しいドライバーが存在するが、これによって新たな問題が発見されたため配付を見合わせているとサポートが回答したとNIFTYで報告されていました。(海外に住む日本の方への情報です)

MacintoshBenchmarkにATI社の新しいVIDEO CARD NEXUS GAベンチマークデータを掲載してました。う〜んPowerExpressに搭載される予定らしいIX3Dとどっちが速いのかな?

日本電算機が、インターネット専用端末『iBOX』シリーズの低価格機種「iBOX1(アイボックスワン)」の予約販売を12月1日から開始するそうです。普及数はまだ7万台ですが、これからもっと延びると予測しているみたいです。なぜ紹介したかというとこのマシン「PowerPC403-66MHz、8MBで4万円」なんです。(それだけが言いたかった。)

MacOSRumorsにPowerBook2400/240に関する情報やAllegroに関する情報(これガセだと思う)、そしてPowerExpressに関して、マザーボード上のZIFソケットの左側にL3キャッシュスロットが付いたとか、バス速度が79MHzで動作しているなどといった断片的とも思える情報を掲載していました。ちなみにMacToday誌に彼のAppleNCに関する寄稿記事が読めます。しかしすでに日本でもWIRED誌において、また別のNCに関する内容が掲載されてるんですよ知ってた?(笑)WIRED誌といえば林先生が超一級のネタを登場させた「ジョンスカリー氏へのインタビュー」の裏話が掲載されてます。なるほど^^;

RacMacが値下げされたという掲載記事に関して、それはすでに10/30に下げられた価格ですよと、日本でこのRacMacを扱っていらっしゃるBrainmusic社からお知らせをいただきました。で初めてこのマシンの正体を知ることが出来ました。

前回のMacWorld EXPO 東京97をより良いものにするべく奮闘されていた「Mac EXPO補完計画」が現在MacFan EXPO 関西97に関する情報を更新中です。また、「 MacWorld Expo.and StarTrek the Experience PhotoGraphics Website」もそれらに関する情報提供をされるそうです。

先日配付が開始されたQT3.0のベータ版の持つ新しい機能を試してみたい方に対して「DC QuickTime VR 2」のページを推薦しておきます。またこのQT3.0b2は正式版ではなく、多くのユーザーに対する使用環境による違いによって、潜在的に潜むバグをより多く発見し、その完成度を高める目的が重要と考られるので、少しでも情報を「quicktime@apple.co.jp」にフィードバックしてあげて下さい。

Apple公認のユーザーグループ宛に出された今月の「マンスリーメーリンング 97年11月号」に今年初めからUGの担当だったけんもつさんが休職されて(来年復帰予定)、長らくUGの担当が不在でしたが、やっと新しい担当者が決ったそうです。その方は以前どこかの舞台の上で司会進行をしていたような〜。

[11/28]
MacGadgetにフリーハンド8.0に関しての情報が掲載されています。でもドイツ語なので読めません。;_;

もうすぐstore.apple.caが動き出すかもしれないみたい。でも存在は確認できてません。

QuickTimeェ 3.0 Developer Preview Websiteが公開されています。でも現在は予告だけしかなくて12/1にバ〜ンと正式公開になるそうです。待ち遠しいぞ!

Netscape Communicator 4.03Jが配付されてました。

日刊スポーツのW杯出場記念スクリーンセーバーにMacintosh版が加わって配付されているそうです。AfterDark版も提供されていました。(MacTreeより)

ひさびさにH氏からの手紙を更新しました。今回はPentiumIIとPowerPC750です。

[11/27]
とうとう株券来ました。通常はCEOのサインが入るのですが、現在は暫定のために、フレッドアンダーソン氏のサインが入っている貴重なバージョンです。(笑)

MARATHON社が発売しているラックマウント方式のMacOS互換機「RackMac」が、昨日から大幅に値下げがされているそうで、 RackMac TS 604e/200MHz で$$3,399と値下げされていました。

AppleからQuickTime3.0b2の配付が開始(ドキュメント)されていました。System7.1以降でPowerMacで16MB以上、68系で8MB以上のメモリーが必要だそうです。正式版は来年のSF MACWORLD EXPO 98の開催初日1月6日に配付が開始されるそうです。

CNET BriefsがパワコンがWINTELノートの出荷を辞めたらしく、その存続が危ぶまれていると報じています。またマイクロソフトオフィス98マック版の出荷が来年1月出荷されるだろうと報じていました。

POWERBOOK ARMYにAppleJAPANのPowerBookWEBが12月から大幅に変更されるようだと掲載しています。まあきっとPBG3機種(3400より倍は速いらしい^^;)にあわせてらしいです。それよりも25日の記事中の「出てくるまでは間があるはずなのだが」にはまいった、僕は責任は持てない方です(笑)。

InfoWorldがMacOS8.1はSF Macworld EXPO 98の最終日にあたる1/9に出ると掲載しています。EXPOの途中で解禁になったWorld PC EXPO 97の例もあるので不思議ではありませんが、これきっと新しいCDパッケージのことを指していると思います。

VicScience扱いで商品を買ったユーザーの方へのお知らせとして、ユーザ登録がまだであれば、ATI社への直接登録が現在可能という内容がNIFTYに掲載されていました。
 
それによると添付のカナダ本社宛てレジストレーションカード(若しくはVicScienceの物)に必要事項を明記の上、「VicScienceの物を買ってしまって...」と一筆添えて以下の住所まで郵送して欲しいとのことです。
 
〒102 千代田区麹町4-4-3 ピネックス麹町3F
ATI Technologies Japan (株) ユーザ登録係 宛
TEL 03-5275-2241

あの秋葉原で原田さんに「Newtonをお願いします!」と握手をした神様みたいな人^^;が運営するNewton@AtMarkにAppleのコンタクトページに載っているPB&Newton部門のPR担当Ms.Nathalie Welch氏のメールが掲載されています。マーケティングが『よし!』と考えた時にそれは現実のものとなるそうです。でもAJって部門あったけか?担当呼び戻されることもあるかも、、、ここで1つ伝えておきますが、現在www.apple.comで掲載および発表されている内容に関しての解釈の仕方や意見は、それぞれの担当PRにメールを出すのがベストです。PRコメントとは個人的な発言としてではなく、公式な発言と通常は認識されます。ですので発表されていない内容に関して教えてくれることは200%有りませんし、発表予定として確定しているとわかっていても教えてはくれません。でも日本における製品ラインナップやWEBにおける情報の違いなどを質問するのは、掲載している側に聞くべきという考え方を僕は持っています。それはなぜか?PRは発表されている内容をより理解してもらうために補足をすることはよくあるからです。「彼等は伝えることと聞かれることが仕事です。」僕はユーザーですので聞くのは当然の権利だと思っています。よって発表内容に疑問やよく理解出来なかった時はバンバン質問するべきです。でもサービス&サポートに関してなどは聞く部門が違いますから注意して下さいね。もし日本でもこのコンタクトのページが出来たらメールじゃなくて電話で聞くことにしよ〜と。

MacManiacsにApple StoreでG3を購入した人の話しが掲載されています。初日に注文したのにまだ届かないとか、それはCompUSAでも同じらしいが、それはきっと日経Macが現在テストしているというG3みたいに、こういった評価用として先に回されているのかもね。

本日発売の書籍
・Photoshop4.0J びっくりロゴデザイン/インプレス販売 ¥3,800(4-8443-5463-9)
・FONT GUIDE BOOK for DTP No.4/BNN ¥1,800(4-89369-564-3)
・MacユーザーのためのWindows乗り換え講座/日経BP出版センター ¥1,800(4-8222-0702-1)
・使えるオンラインソフト1000 MAC編/宝島社 ¥762(4-7966-1289-0)

[11/26]
RealityにRhapsody Unified ReleaseとAllegroで採用がされるであろうと言われている、ログインモードによるユーザーインターフェースのカスタム化を実現するために考えだされたTheme Manager(Coplandの売りの機能だった)に関しての情報や、MacOS8.1b4に関する情報などが掲載されていました。

MacOSRumorsに掲載されたUMAX社がApple社にc500/600などの$1,000マックをOEM供給するといった話がどうも間違った情報のようだと伝えています。またNCに関しての情報に関していくつかの情報が寄せられています。(詳しくはmac.sitの翻訳をどうぞ)またアップルストアーに関しても掲載されています。

Newer Technolgy社から MAXpowr G3 Installer v1.3.1が配付されていました。

MJ Soft社が現在独自に行っている様々な旧マックに対してのアップグレードサービスに、 Performa5210/5220などの機種を対象に、603e/250MHzへのアップグレードサービスを¥138,000で来月から行うそうです。内容からしてGazzeleに置き換えちゃうみたいなので、僕の6420も出来るのかも?それだったら300MHz版がいいな〜。

昨日掲載したAppleJAPANのクリスマスキャンペーンはリンク先が変更になっていたようです。(自社のホームページが違っていたら案内くらいだせよな!)

日経MacWEBにRhapsodyに関してApple社のKen Bereskin氏に対するFAQインタビューが掲載されています。98年の早い時期(たぶん1月)には、プレミア・リリースを始める予定(一般も購入可能)なのだそうで、ひょっとしたらSF EXPO 98の時に販売されるかもしれませんね。

本日発売の書籍
・MacOS8ガイド/ソフトバンク ¥2,500(4-7973-0468-5)
・デジタルデザインの学校 Adobe Photoshop4.0J/ソフトバンク ¥2,700(4-7973-0491-X)
・ATOK11を使いこなす本/秀和システム ¥1,200(4-87966-758-7)

[11/25]
Macintosh Latest Informationに Hard Disk Toolkit 2.5J アップグレード版発売時期に関して、システムソフト社は「FWB社の開発・販売が遅れており、それにともなって日本語版の開発・販売も大幅に遅れ、販売は来年2月位になる予定。」と回答してきたとの情報が掲載されています。また、ベータ版の動作状況が思わしくない、MacOS8.1からの新しいファイルシステムHFS Plusとの問題などがFWB社からの現状報告として寄せられたとの記述もなされていました。これってどのメーカーも一緒なのでは?

MacWEEK-Jに新たなPowerExpressの情報が掲載されています。これは前回MacOSRumorsが伝えた内容にすごく酷似しています。こういった情報をMacWEEK-Jが掲載するのは初めてではありませんが、この記事を読み解く(そう解く^^;)ために、MacWEEK-Jの過去の記事の中で、取り上げられてきた内容からGossamerを取り出し、実際に発表されたPowerMacG3シリーズと照らし合わせることで、おぼろげながら理解することが出来ると思います。ロードマップとは実際に発売されるまでは、どんどん変更されてスキルアップすることは別に不思議なことではありません。(笑)

来年登場のPower Macローエンド新シリーズは7300,4400,そしてコードネームGossamer (1996/10/07)
今年,PowerPCチップはさらに高速化するG3初のバージョン「Arthur」は300MHz(1997/01/31)
Apple,Power Macのロジックボードを簡素化パーソナリティカード採用モデルが今秋登場へ(1997/05/20)
PowerBook 3400後継のKangaはArthurチップ搭載で10月発表(1997/06/09)
WWDCで明らかにされたAppleのハードウェアロードマップ(1997/05/16)
PowerPC 750がAppleのミッドレンジモデルに登場(1997/09/29)
スピードアップするG3 Mac(1997/11/04)
Pippin次世代仕様マシンが来年デビューへ機能選択が容易な2.0仕様。(1996/10/01)オマケ^^;

エー・アイ・ソフト社からWX3 for Mac Version 3.0.3 アップデータが配付されていました。

Aladdin Systems社が、StuffIt Deluxe 4.5に含まれているMagic Menu CM Plugin Registrationのバグを修正するための「 Magic Menu CM Plugin Reg Patch」を配付していました。

O'GRADYS POWERPAGEにMighty CatはPowerPC750-240MHz版を搭載したPowerBook2400/G3ではないか?と掲載されています。603eと750じゃ〜開きがありすぎますが、これだとインターウエアー社のアップグレードカードと同じ速度になってしまうな〜?

MacOSRumorsがUMAX社がApple社に対してc500/600をOEM供給し、ローエンド市場のために販売されるかもしれないと掲載しています。またPowerMac8600の製造が中止になっているとも伝えていました。

AppleJAPANが12月1日から12月31までの間「アップルX'masプレゼントキャンペーン」を行うそうです。でも全然サーバーに繋がらないので(落ちたかも^^;)詳細は不明ですが、おなじようなキャンペーンをキャノン販売も11/20から開始していて、こちらはキャンペーン期間中にマックを購入された方に対し、SYMANTEC社特製「Macintoshディスク・ユーティリティ(Mac OS 8 対応版)」をもれなくプレゼントしてくれるそうです。

Brutal Deluxe Software社が、AppleIIGSのSecondSight Cardを使用してGIF,BMP,IFF,PCX,TIFF などの画像データを表示させる「Third View」というソフトを配付しているそうです。ちなみにToolBoxのTextEditをアップデートするデータも公開されています。絶対にマックじゃ考えられないだろうな〜。

Apple IIgs Toolbox ReferenceというAppleIIGSのToolBoxマニュアルを、WEB上で閲覧できるようにしたページが出来ていました。ちなみに僕レザーパックのフルセット版持ってます。

本日発売の書籍
・超図解MacOS8/エクスメディア ¥1,600(4-87283-032-6)
・STRATAリファレンスブック/ディー・アート ¥6,800(4-88648-464-6)
・EGWORDバージョン8公式マニュアル/光栄 ¥1,800(4-87719-516-5)

[11/24]
現在このMACお宝鑑定団WEBが置かれている「東海インターネット」のネットワークオペレーションセンターの設備点検による停電予定日となっており、本日のA.M.(午前)7:00からP.M.(午後)9:00までの予定でアクセス出来なくなります。また、メールサーバーなどもダウンしますので、メールを送られる方は25日以降でお願いいたします。

AppleがBoston Macworld EXPO 97で発表したPostScriptLevel3対応の「Apple LaserWriter 8500」の販売を開始していました。アップルストアーでの販売価格は$2,499だそうです。

O'GRADY'S POWERPAGEがWallStreetをPowerBook9900と以前は呼んでいましたが、それをPowerBookG3 Extremeと修正していました。

DailyMacが各通販ショップのG3シリーズ販売価格情報ページを更新していました。

modoru.gif [NEWSバックナンバー]
「Macintoshは米国アップルコンピュータ社の商標です」