MACお宝News.gif
皆様へのお願い(MacintoshNews)

このページはMACお宝鑑定団の新着情報や、Appleに関する情報を伝えるページです。
掲載内容は保証されるものではありませんので、御了承下さい。
掲載記事に関する著作権は「MACお宝鑑定団」が所有します。

1998/01/04~1997/12/29バックナンバー


[1/04]
News.COMによると、Internet Explorer 4.0マック版は現地時間の1月6日午後6時からダウンロード出来るようになるとマイクロソフト社のスポークスマンが語ったそうです。

Sjmercuryによると、SF EXPOでNewer社だけでなく怪しいアップグレードカードを多く発売しているSonnet Technologies社も、231〜270MHzのG3アップグレードカードを発表するそうです。

さあもうすぐMacworld SF EXPO 98が開催されます。今回のインターネットライブは「CU-SeeMe」を必要とするようですので、当日混む前にダウンロードしてセットアップしておきましょう!(3.1ベータを使用するのであれば、ダウンロードページに示されてたシリアルナンバーをメモしておきましょう。)また当日の番組スケジュールはこちらにあります。毎回ブロードキャストのソフトが変るのはちょっと嫌だ。

[1/03]
The SonkPageに謎のAppleIIGS用の拡張カードが紹介されていました。もったいぶっていて悔しいです(笑)。

InfoWorldによればAppleがSF EXPO 98で発表する予定であるMacOS8.1からInternet Explorerが標準インストール化されるらしいが、それはこの日に同時に発表される4.xではなくて3.xだそうです。

Connectix社がPentium MMXエミュレータを向上させた「Virtual PC 2.0」を発表していました。これは2月に出荷されるそうです。

MacNNによればAppleClubがサービスの停止を行ない、アップルソフトウエアーアップデートサイトとしてその新しい使命をおびることになるらしいです。まあ日本には関係ないけどね。

このお正月休みの間にIntel社が提唱している「AGP」や現在提供されている「チップセット」に関して、知識を蓄えておきましょう。MPUそのものだけを比べてしまう癖がマックユーザーにはありますが、全体のスキルといった部分では後退している所があるということが理解できます。またGossamerで使用されているPowerPC750に関する解説書がモトローラ社から日本語版PDFで配付されていました(Mach5も有ります)。これら資料がCD-ROMになったデータ集ROMを、現在もれなく貰えるアンケートを行っていました。

[1/02]
AppleJAPANのホームページに「Think different」のページが登場していました。予告通り「60秒CM」も紹介していました。

News.COMによれば、IBM社がSF EXPO 98でPowerPC750/275MHz版の発表を行う予定だそうです。(これが先に発表されていないのに、, Newer Technology社が公表してしまったわけね。)

MacOSRumorsによれば、Adobe社がRhapsody用に新しいDisplay PostScriptの基準である「Bravo」と呼ばれる物を開発しているらしいと伝えています。それはマルティメディア環境におけるさらなる速度アップを開発目標に置かれているらしいです。

MacNNがAT&T社がマックに対して行ってきたワードネットサービスを1/31を持って終了する可能性があることを掲載していました。これだとNCRも含まれるのかな?

Tecc.Land高崎Mac館で、あの幻と言われていた青いリンゴマーク時計が売っていました。けっこう珍しいんだよねこれ。

MAXpowrG3 Cardにロープライスな210MHz($500)240MHz($700)が登場するようです。またPDS G3カードは「Crescendo G3」と名付けられているようです。

[1/01]
なんと!Macworld EXPO東京98の2月21日(10:00〜11:00)に「Macintoshおよびインターネットを活用したUSとUKの最先端の教育事例と、理想の教育像」 のプログラムを行うために、あのAppleの創始者である「Steve Wozniak氏」が来日するそうです。現在彼はBreakThrough社の役員などを努めており、あまり知られてはいませんが、いろいろ自らのページの中で世情について語ったりしています。とにかくWOZ氏の来日が決定したことはすごく嬉しいです。今年は最初から出足が幸運だ〜!

wozniak.gif

また、まだ内容が知らされていないにも関わらず、AppleUGPのセッション内容が掲載されていました。どうゆうことだ?


[12/31]
Sophy-Macpolis!でPowerMacintosh G3 DT233(1台)などが当たるプレゼントアンケートを行っているそうです。(TOMOZO's Webより)

MacOSRumorsが信頼出来る情報筋からとして、AppleがSF EXPO 98で紹介する新ラインナップに関する情報を掲載していました。

・PowerMacG3/275MT(バスが現行より速い可能性あり)$3,050
・Apple WorkGroup Server G3/275/128MB/CDx24/Ultra Fast/WIDE SCSI-3 HD/100BASE-T $4,350
・Apple WorkGroup Server G3/233/64MB/CDx24/Ultra Fast/WIDE HD/100BASE-T $2,600
・bMate $749
・Apple Colorsync 20 (AppleVision 850の名前をかえた製品) $1,599
・Apple ColorSync 17 (AppleVision 750の名前をかえた製品) $699
 ただしAVバージョンは無くなっている可能性が高い。
(モニターがColorSyncを強調する名前に変更になることは、以前報告しています。)
また、Adobe社がPhotoshop 5.0を紹介しながら、より強力なパートナーシップを示すかもしれないと伝えています。

Softarc社がFirstClass Intranet Server5.5を、来年の早い時期に発売すると掲載していました。日本語はいつなんだろう?

MacWeek-EがPOWERTools社がUMAXとAppleに対して、マザーボードの供給契約に関して、途中解約が出来ない内容だったはずなのに一方的に解約させられ、供給が滞っていると訴えたそうです。それを裏で支えているAppleも同様だと指摘した内容が提出されているそうです。どうなるんだ?


[12/30]
AmuletにPOWERTool社のX-Force300eが入荷したそうです。このマシンはPowerLogix社の250Mhz版/1MBバックサイドキャッシュ搭載をベ−スにして、300MHzにクロックアップを施したカードが搭載されているそうで、ペルチェ素子で冷却をおこなっている仕様だそうです。かなり体感速度は速いそうですが、ベンチがまともな値を出してくれないので現在追跡調査中です。ものすごく熱いそうで、クロックアップをされる方は参考になるでしょう。

xforce300.jpg
(下がX-Forc300に搭載されているカードです。)

またGossamerは300MHzまでのクロックアップはほぼ可能のようですが、それ以上になると極端に起動率が落ちるようです。

MacOSRumorsが最近1株あたり$12でAppleの株式を200万株購入した人物がいるらしいです。それは来年の見通しが明るくなってきているという理由から市場が買いへと移行しているのではないかと推測しています。またPowerExpressは技術のみが現行のGossamerに使用され、これそのものは無くなってしまっているかもしれないとか、eMateのビジネスモデルbMateがSF EXPO 98で発表されるかもしれないと伝えています。後にカラーLCDとなって実際に発売されるらしいです。

RealityがAllegroやAllegroに搭載されると噂されている「V-Twin」に関する情報を掲載していました。新しいPowerPCコードを取り入れたことによって、かなり速くなっているらしいです。またV-Twinは現在「Apple Information Access Toolkit」として提供が開始されるらしいとも伝えています。

News.COMが最近Newtonチームが3COMに多数移籍した事や、Newtonテクノロジーが解体されるのではといった噂に関して、Appleのスポークスマンは全て否定したと伝えています。

BernieからAppleIIGSエミュレータ「Bernie ][ The Rescue v1.1d4」がリリースされていました。


[12/29]
SanJoseMercuryにAppleがスタンフォード大学に寄贈したAppleの歴史的資料に関するその後の追跡記事を掲載していました。そのコレクションにはリサのモックアップ、Regis McKenna氏のメモ、ジョンスカリー氏のスクラップブック、ジョブス氏によって書かれたApple1マニュアルなどが含まれているそうです。

Austin American-Statesman にパワーコンピューティングがAppleに買収された経緯の中で、当時経営状況が赤字に転落する見通しを受けて、Steve Kahng氏とJoel Kocher氏の間でその打開策を検討してゆくうちに対立関係となってしまったと掲載していました。これかなり詳しいです。


modoru.gif [NEWSバックナンバー]
「Macintoshは米国アップルコンピュータ社の商標です」