January 1998 MACお宝鑑定団 
Mac News Link Mac関連雑誌ライターLink H氏からの手紙
Read me Bench mark History
先週のNews バナー広告募集 counter


1998/01/25

DalilyBCNによれば、AppleがNC機を4月に発売するかもしれないと報じています。かなり確信を得たような書き方をしていますね。やっぱりJavaベースを基本としたマシンのようで、$700〜900で販売することを予定しているんだそうです。

News.COMが伝えるところによると、Intel社が現地時間の26日に、第2世代のペンティアム2(といっても0.25ミクロンプロセスということが言いたいらしい、モトローラはミクロンプロセスでMPUの世代を表したりしません^^;)である「デシュート(Deschutes)/333MHz」を発表するそうです。て言っても秋葉原では既に売られています。(笑)

システムソフト社から Mac OS 8 対応「システムソフトエディタVer.2.1 Special アップデータ」が配付されていました。

日経産業新聞(1/23付け)に、アメリカから取締役2名がAppleJAPANに赴任してきたと掲載されているそうです。この新聞を持ってる方は詳しい内容をお知らせ下さい。

昨日のAmuletの記事ですが「PowerForce G3 250/250/1MB」を300MHzにクロックアップした製品はすでに発売していて、それとは別にPowerPC750/250MHzを使用したショップブランドでのマシンを投入する計画があるということの誤りでした。訂正してお詫びします。


1998/01/24

前回のPhil Schiller氏が辞めた?というのは間違いで、プロダクト・マーケティング上級副社長に昇格したとMacWeekが報じていました。Schiller氏はこれにより、ハードウェアとソフトウェアの両方の責任者となります(事実上のNo.3?)。しかし、プラットフォーム・テクノロジー・マーケティング上級副社長Jim Gable氏はやはり離職されたようです。

phii.gif
WorldPC EXPO 97にて


MacOSRumorsがArtemisに関する新たな情報を掲載していました。以前Macwolrd EXPO Boston 97で、TIME誌がジョブス氏に密着取材を行った特集記事の中で一緒に写っているマシンがそうらしい?と伝えています。このGossamerマザーを使用したPowerPC750/233MHz/32MB/24xCD/2.1IDE HDのを持つオールインワンモデル(RaineLineケース)は、現在のPowerMac55xxシリーズ(Bongoケース)のマシンとPowerMac65xxシリーズ(Infostowerケース)を使用したマシンを置き換える製品だとしています。そしてこれはPowerMacG3HomeとPowerMacG3LCと呼ばれるらしく(正確には未確定?)Macworld EXPO NewYork 98で発表されるだろうとしています。また、Rhapsodyの最新プロジェクトは「Titan」と呼ばれているようだとも伝えており、RhapsodyCR1の最初の出荷予定が4月9日だと掲載していました。

スエーデンのMacPressenがストックホルムで行われた展示会において、AppleのプロダクトチーフPaul Burford氏が「WebObjects for Rhapsodyは、Rhapsodyが一般に出荷されてから販売する方針で、今のところ4月末を予定している。」と語ったと報じています。ということはRhapsodyCR1は4月9日にAppleStoreで発売開始は確実視されてきますね。

PanYa社がFinderを含むメニューなどを英語表示から正確にアジア言語を使用できる「Oriental Express」という機能拡張システムと、「Pan-Asia Language Environment」というWorldScriptの拡張キットを公開していました。これがシェアウエアーだとはすごい画期的すぎないか?

今度からNETSCAPE NAVIGATORとCOMMUNICATOR 4.0は無償で提供することになったとNETSCAPE社が発表していました。またCommunicator 5.0 のソース・コードも公開するそうです。これにより従来からのこれら製品によるライセンスバックに寄った収益が見直され、サーバー関連での事業へとシフトするようです。

アップル社が従来のAppleVision1710の名前を変更した製品「Apple ColorSyncディスプレイ17インチモデル」の発表をしていました。これはジョブス氏が指示した「ColorSync技術を全面に押し出しせよ。」との御命令によるものだと以前報告しましたね。

日経MAC.COMによると、Amuletが「PowerForce G3 250/250/1MB(Storm Surgeマザーだと思う)」を300MHzにクロックアップした製品を現在発売していますが、これに加えてPowerPC750/250MHzを使用したショップブランドを発売する計画を発表したそうです。(この製品のクロックアップ推奨値は292MHzだそうです。)最近のMACお宝鑑定団の調査で、Gossamerは83MHzバス動作設定で300MHz近くまでクロックアップ出来ることがわかってきました。

前回スクリーンショットを紹介した「TechToolPro2」を、システムソフト社が日本語版として発売することを発表していました。また発売後に「ディスク最適化機能」を追加アップデートプログラムして公開する予定だそうです。

日経BPによると、Internet Explorer 4.0 for Macintosh日本語版は、Macworld EXPO 東京 98開催の初日に合わせた2月18日に公開されるそうです。全てSF EXPOの焼き直し(笑)

VST社からMacOS8対応のVST MO Driver2.0が配付されていました。


1998/01/23

やっぱり僕は正しかった!Macworld EXPO 東京 98における基調講演に関して、MACWORLD事務局より正式な回答を得ました。

「MACWORLD Expo/Tokyo98 Apple Day基調講演ですが原田社長ではありません。基調講演後に行われるパネルディスカッションに参加されます。実はまだ基調講演が決定しておりませんので、決まり次第Web上に掲載します。よろしくおねがいします。」

とのことでした。多くの方がジョブスが来ることを期待しているのでしょうが、その後の信頼出来る複数の関係者からの証言によって「まだ交渉続行中!」ということに変わりはないようです。引き続き情報をお待ちしております。

Macworld EXPO 東京 98に、マイクロソフト社、日本アイ・ビー・エム社、日本ヒューレットパッカード社が出展することが決定したようです。マイクロソフト社はこの会場で「Microsoft Office 98 forMacintosh Edition」を紹介するそうです。(たぶんSF EXPOと同じ内容のサンプルCDが配付されるはずです。)また開催期間中に行われる1時間でマスターする実践講座(ワークショップ)の内容が発表されていました。注目するのはメディアヴィジョン社の「G3アップグレードカードのチップコンポーネント及び基本概念」で、NewerTechnology社のRoger Kasten Jr氏の講演が予定されています。そうこの人が日経MAC.COMで「Mach5は失敗作」と言ってのけた方です^^;。

SF EXPO 98で配付された商品カタログ小雑誌「AppleFacts1.98」にPowerBook2400の部分が、Newになっていて180MHzと240MHzの2つ掲載されていると知って調べて見ました。やっぱりそう書いてありました。どうしようかな〜本国に聞いてみようかな〜?(笑)

facts.gif


Appleのデベロッパー向けページに「Developer Central Tokyo'98出展のご案内」が掲載されてました。今年も開催されるようですごくワクワクしてます。もっとも今年は開発ツールに関する出展のみとなっているようで、ハード無しか〜と不満ではありますが、明日のAppleを知りたい人はここでじっくり説明を受けると良いでしょう。(僕はここが一番好きです。)

Apple Computer社ワールドワイド・プロダクトマーケティング上級副社長であるPhilip Schiller氏と、ソフトウエアー・プロダクトマーケティング上級副社長であるJim Gable氏って辞めたのかな? Executive Profilesから名前が消えてるんですけど、、

明日24日に仙台、卸町サンフェスタにて、チラシ用データベースソフトAssetsのプレイベントが行われ(来月のPage98で正式に発表!!!)このイベントにAppleジャパンの関係者によるDTP ,マルチメディアシステムについてのセミナーを行うそうです。入場無料だそうですので、興味のある方がいましたら参加してMACお宝鑑定団にレポートを送って下さい。

アイ・オー・データ社がマック用ウルトラ・キャッシュ搭載MOドライブ「MOF-H230/AP,H640/AP」を発表していました。なんでも世界最速なんだそうですが、「Mach MO」というソフトがあってのことみたいです。う〜ん試してみたい、、

Connectix社がSpeed Doubler8.xに関して、Mac OS 8.1においては動作確認がされておらず、対応するためのアップデータを近日中に配付するという案内を掲示していました。

ソフトフロント社から++Mail2.0a9 for Macintoshを配付していました。アドレス帳の自動登録機能、メールの抽出時のNOT条件指定、返信先設定機能などが追加変更されているそうです。

EIZO社からEIZO/NANAO FlexScanディスプレイ用ColorSync2.0プロファイル最新版が配付されていました。(MediaDebuggerNewsより)

AppleIIGSエミュレータソフトBernie ][ The Rescueが、バージョン1.2へとアップデートされていました。

Microsoft Internet Explorer 4.0 128bit版にある、暗号バグを解消するための パチが、予定より少し遅れて配付されていました。

ひとりごと:新鑑定団WEBのα版見ました。プロの仕事の凄さを感じた今日このごろ、、

1998/01/22

Macworld EXPO 東京 98における基調講演は、原田社長によって行われることに決定したようです。(表現ではそのように感じられます)その後マクロメディア 手嶋 雅夫社長による司会によって、マイクロソフト 古川 享会長とのパネルディスカッションが行われるようです。(このメンバーはオールナイトニッポンの特番メンバーですね。)ということはMacworld EXPO SF 98における基調講演の内容が、全て日本語版によって紹介されるということが予測できますね。またジョブス氏出演か?に関しては信頼出来る筋の話しですと、5ヶ月前から交渉しているが未だ本国側で最終的な決定が下されていないもようです。まだ流動的かもしれず基調講演部分のみ変更されるかもしれません。

昨日のMACお宝鑑定団がテレビで紹介されたらしいという件で、Mac Watcher Japanの山口さん初め複数の方から報告していただきました。その内容とは、ある失業中のプログラマーがクリスマスの夜、ひとりぼっちで過ごしてる話しで、そのひとは1日3回インターネットを使うそうで、インターネットにつなげてる様子を取材したときに、「よく行くサイトはMacやApple関連のサイト」とかなんとかいうナレーション付きでDANBOさんとこのMACお宝鑑定団Newsが5秒くらいうつったそうです。

Macromedia社からShockwave Flash Java PlayerとFlash Aftershockが配付されていました。

Netscape Navigator 4.04.1が配付されていました。

AppleからQuickTime3.0b11c2-Jが配付されていました。

Apple Developer Worldに「Technote 1119 - 死海文書 シリアルポート編」が追加されていました。


1998/01/21

1/20深夜にフジテレビの番組「インターネットに暮らす若者達」に、なんとMACお宝鑑定団が紹介されていたそうです。見てみたいぞ?

MACお宝鑑定団による「Macworld EXPO 東京 98リアルタイムレポート!」を公開しました。(UGのブースにインターネット環境がなんとか設置出来そうです。)

インテレックス社が、もうすぐ発売する予定になっているG3カード「MACh Speed G3」の紹介とベンチデータを公開していました。これには「MVP」と名付けられたクロック変更機能が備わっているのですが、これによって「300MHzのカードは350MHzまで設定出来ます。」と書かれています。大丈夫なのだろうか?(大塚さん情報ありがとね)

MICROMAT社がTechTool PRO 2スクリーンショットを公開していました。もうこのソフトは特定のユーザー向けに特化した内容みたいですね。

Newer社が発表したPDSスロット用のG3アップグレードカードの発売時期に関して、当初は2月出荷予定となっていましたが、それが7100/8100用は4/1、6100用は4/15と延期されたようです。(嶋谷さん情報ありがとね)

モリサワ社が発売を延期したCIDフォントについて、それがいつになったら発売されるのかと問い合せたところ、同社のフォント流通課の担当者は「2月16日発売予定」と回答していたそうです。(中島さん情報ありがとね)

OMRON社から、同社MEシリーズ用の、ARA2.0モデムCCLファイル 8.00が出ていました。(MediaDebuggerNewsより)

インタウェア社がPicPom TV PCI v1.1を配付していました。

Apple Disk Tools for Mac OS 8.1 PowerPC-based computersが配付されていました。

Apple Location Manager 2.0.1が配付されていました。

Apple Personal Web Sharing 1.5が配付されていました。

Apple Password Security 1.0.6が配付されていました。

2月27日、夙川バートンホール(兵庫県西宮市)にて、服部宗弘 氏がTB-303とディジュリドウを使ったテクノ系ライブを行うそうです。(先生がんばってね!)

本日発売の書籍
・パーフェクトマスターPhotoshop4/オーム社 ¥4,700(4-274-06243-0)


1998/01/20

断定するだけの条件が揃っているわけではないが、Macworld EXPO 東京 98における初日の基調講演は、どうやらSteven P. Jobs暫定CEOが来日して行う予定らしいという情報が複数寄せられている。MACお宝鑑定団では、この件に関する情報をお待ちしている。

Jobs.sm.gif


MacOS8.1が正式にAppleから配付されました。ですが基本的に英語版MacOS8でなければインストール出来ません。またTech Info Libraryにこれに関して「HFS+フォーマット起動ディスクを作成する方法」「チップス」が合わせて公開されていました。

日経BPに、アキア社がMacOS互換機からの撤退を事実上を認めたインタビューが掲載されていました。なを日経新聞では2月一杯で互換機から撤退と書かれています。しっかりとはいってないけど「よいお友達でいましょうね」に近い言い方ですね。そしてよ〜く考えてみると、マック雑誌に入っていたアキア社の折り込み広告が無くなってますね。雑誌から自社広告が消えるのを待っていたのかな?ちなみに広告は年間契約するとかなり安いですハイ。

RealityAppleNCの噂(今までのまとめ)やNetscape5.0に関する情報を掲載していました。

NEWS.COMによると、Appleヨーロッパの会計報告によると、Q1は47%アップの大幅な伸びを見せたとロイターが伝えていると掲載していました。そういえばここも大幅なリストラしたっけかな〜?

MacNNによると、RhapsodyデベロッパーとQuickTimeデベロッパー向けに、サンプルコードと複数のツールが公開されているそうです。

Voget Selbach Entertainment 社からKids Animation Maker 1.0($18)が配付されていました。VSE Animation Maker 3.0の子供版です。

インタウェア社が、CinemaGearをG3マックに対応させるためのアップデータを配付していました。

1998/01/19

Apple?Hot NewsでもOther Software Updates Sitesとして紹介されているVersion Trackerが、アンオフィシャルリリースと断わって、MacOS8.1アップデーターがダウンロードできるサイトを紹介していました。21MBほどありますが、英語版以外の方が使用するのは辞めておいた方が良いでしょう。なを詳しい変更点を日本語で読みたい方はこちらへどうぞ。

Macworld Site
ftp://ftp.macworld.com/pub/apple/81hqxnet.hqx
MacNet Site(こちらはしっかりMacOS8.1ダウンロードリンクと記載)
ftp://ftp3.dynamite.com.au/macnet/81hqxnet.hqx

またRyan君Takさんとこの画像を掲載していました。彼はこの画像に隠された重要な問題点に気が付いていません。もし前にキーボードが置いてあったら?ひっかかっる人が本当にいたのか(笑)

MacUser2月号に、幕張メッセで開催されるMacWorld EXPO 東京 98の会場マップが掲載されていたの見ました?昨年と比べて展示場が2つ減って4.5.6の3つだけになってますね。また昨年出展(公式発表では322出展となっている)したメーカーもいくつか減ってしまっています(I/Oデータ、エセルテジャパン、システムソフト、ソニー、NEC、フォーチュンヒル、BNNなど)。数的には約半数になってしまっていますが、互換機メーカー(アキア、パイオニア、UMAX JAPAN、モトローラ(三菱商事)、デイスター(丸紅))などが出展していないようです。それとマイクロソフト社は昨年、大塚商会による出展だったのですが、それがないため今回はコンファレンスプログラムのみの参加となるみたいです。でも来場する人の数はかわらないと思いますから、なるべく会場内は薄着した方が良さそうです。ちなみにApple UGのブース位置は「359」です。

パソコン製品情報検索のWebサイト「COM-PATH」で、現在あのMacOS 8超大型パッケージなどが当たるアンケートを行っているそうです。メンバー制ですが、ゲストでログインしてのご応募もできるそうです。

ソフトフロント社がインターネット電子メールソフト「++Mail2.0」(12,800円(発売記念キャンペーンにつき2ライセンス))を3月に発売するそうです。この製品の特徴は、メールデータベース機能、マルチメディアメール機能、イントラメール機能、ダイヤルアップ機能、間違え送信防止機能などあらゆる機能が搭載されているそうです。この製品のベータ版も公開されています。

B.H.A社からB'sCrew for Macintosh PowerPC版Ver2.0.2 をVer2.0.3最新版にするアップデータが配付されていました。

GraphicWorld誌の増刊号か〜なるほど?

本日発売の書籍
・マック ビジネス活用術/日経BP ¥1,500(4-8222-2853-3)
・一週間でマスターするMacOS8 For Macintosh/毎日コミュニケーションズ ¥1,400(4-89563-391-8)
・一週間でマスターするmacromedia DIRECTOR6J For Macintosh/毎日コミュニケーションズ ¥1,800(4-89563-398-5)




.
.

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club.
All rights reserved. Site design by BRESTO, Inc.
「Macintoshは米国アップルコンピュータ社の商標です」
GigaHit