.
.
Mac Treasure Tracing Club
March 1998 MACお宝鑑定団 
counter

Shop IPS

1998/3/14

AppleがCompUSAチェーンの店内に専門ショップが設けて、積極的に店鋪展開を進めてゆく方針を発表して、現在好成績を上げていますが、今度新たに、西海岸の大規模コンピューター販売店チェーン「フライズ(Fry's)」でもアップル製品の販売を始めることになったそうです。

マイクロソフト社がIE4.0 for Macintoshリリース記念として行なっている「Explorer Days for Macintosh」が第3段目に突入してました。IEは嫌いなんだけど、プレゼントは欲しいという勝手な方でも受け付けしてくれるようです。(笑)

もうすごいやインターネット上は(笑)3月16日にIBM社がPowerPC750/300MHzを発表するだけでなく、さらにSeybold NY EXPO 98でスティーブジョブス氏が、IBMの「銅チップ」技術に基づいた400MHzのパワーマッキントッシュ・システムが公開されるといった噂が出始めました。なんでSeyboldで?現実的に見てWWDCじゃないのか?でもし発表されなかったら「噂されていた400MHzチップは披露されなかったが」とか言われるんだろうな〜。PowerPCをこれからもずっと使い続けるってことを示すために、リリースマップを紹介するくらいなんじゃないかな?しかしそれだけでもSeyboldで紹介しなきゃいけないことなんだろうか?ちょっとおかしい話しです。

なんか最近Columbus に収集しちゃってるロイター伝ですが、PiPiNみたいなとか話しが出ちゃってますが、それよりまずMicrosoftのWebTVってのは会社買っただけで、WindowsOSでもって動いているわけじゃありません。そもそもパソコンOSをテレビに表示させると、意外な弱点が現実にあるってことを忘れちゃってます。専用に作るっていうことなら話は別ですが(笑)。そういった変な方向に噂が流れるのを嫌ってなのか、MacinTouchにはApple関係者からの情報として「それは新しいマックですよ」と掲載されていました。でもTV表示機能を今後持つとなるとVチップ組み込まなきゃいけないんで、出来ればQuickTimeStreamingでっと思っているような気がしないでもない。それとWiredNewsにはリチャード・ドーティー氏が「スティーブ・ジョブズが今後120日 以内に、きわめて低価格のシステムを発表してコンピューター業界に揺さ振りをかける兆しがある」と語ったとある。でもそれって$1,000マックのことなんじゃないか?しかも120日といったらちょうどAllegroと重なるぞ?フォーカスやめちゃうのか?(笑)(個人的にアップル社の広報担当者ラッセル・ブレイディー氏のいつものコメントが、ケイト女史じゃないのがちょっと不満^^;)

MacOSRumorsがヨーロッパからの情報として、WallStreetの公式発表は5月6日に予定されており、US $2,290~$5,900という価格設定になるようだと伝えています。出荷日の間違いでは?また次期FileMaker Pro5.0はOpen DataBase ConnectivityとStructured Query Languageを備えているらしいという情報も掲載していました。本当だったらすごい!それとRhapsodyは教育機関向けには30ドルから50ドルで売られる予定だとAppleの人が語ったとも掲載されてます。(その文の最後に、手書き認識MacOSを搭載したカラーeMateと呼べるような携帯端末が1,000ドル以下で来年にも出荷されると書かれています。理由は言えないけどちょっとビックリした^^;)

日経MAC.COMにNewer社が開発中のG3カードシリーズの、初代Power Mac用とPB 2400用の実機テストリポートが掲載されていました。System Infoってところがグ〜っす!僕はSystem Info派だから(笑)

インタウェア社が製品情報の「BOOSTER PB1400 G3」に「BOOSTER PB1400 G3 233 対応状況」を追加していました。また「BOOSTER 750 対応状況」にある ATI社 Nexus GA の動作確認がされたそうで、それに関する情報が更新されていました。

Vintage Apple Newsがひさびさに更新していて、隊員の絶大な支持を得ているGOOD WILL 8号の店内写真が、いっぱいアップされていました。以前を知ってる人にはきっと涎出ていることでしょう(笑)

Cyberdog用のWWWパート「Blake」が今週の土曜日にリリースされるそうです。これでCyberdogがIE3.01レベルまで引き上げられ、今までみられなかったページも見に行くことが出来るようになるそうです。(三沢さん情報ありがとね)

マクロメディア社から。Director 6.0.1Jを6.0.2bJにするアップデーターが配付されていました。

AppleからMacsBug 6.5.4a4Disk Copy 6.2が配付されていました。

Adobe社からいくつかのバグを解消したPostScript Printer Driver 8.5.2Jが配付されていました。

え?それホント!表裏にAppleマークあるの?おおスタイルシート化するんですか、PageMillなのになぜかこのWEBには「P」がないんです。なぜ?(笑)


act2

1998/3/13

AppleがあのかたつむりCMに続く第2段のPentium CMをコケにした「Toasted」という新CMを紹介していました。またそれらを紹介している「Apple - G3 Toasts Pentium II」のページには、現在世界市場占有率のナンバー1であるコンパック社のマシンと比較しています。「コストパフォーマンスも速さもうちが一番!」ってことが伝えたいようです。

日経MAC.COMにメディアヴィジョンがソースコードのライセンス契約によって開発した、日本限定「MacTools Pro Ver.4.0.5」を3月21から発売すると掲載していました。ただこの製品はいろいろ制限事項もあるようですので、ユーザーの方は一読することをお薦めします。

NewYork在住の方でSeybold Seminars New York/Publishing 98に行く予定のある方はぜひ!MACお宝鑑定団宛に会場レポートを送って下さい!協力してもいよ〜という方はぜひメールを下さい、お待ちしております。

昨日配付が開始されたMACROMEDIA社のFireworks使用レポートをTOYOさんが送ってくれました

 触った感じとしては、Photoshop、Illustrator(FreeHand)、Flash、そしてGIF減色やAnimated GIF作成用のソフトなどから、Web用グラフィック作成においしいところだけを集めて一本にまとめた。そんな雰囲気です。

もう少し詳しく書くと、描画はベクトルデータベース(ビットマップも読み込むことができる)で、パスに対してブラシやテクスチャーの指定ができる。そして、パスに対するプッシュ/プル操作(FreeHand 8J/Flash)、レイヤー(Photoshop)、Blur/Sharp効果(Photoshop)、フレーム(Flash??)。ファイル書き出し時にGIF、JPEGのありったけのオプション指定が可能。そして元ファイルはベクターベースなので、後からの変更が楽です。

これは例えば、Photoshopでテキスト(実際にはビットマップ)のあるレイヤーが保存してあっても、それを変更するには、文字自体は完全な描きなおしをすることになってしまいます。Fireworksならば、ビットマップになっていないテキストのままですので、カーソルを合わせて文字を打っていくだけ、またはメニューから書体やサイズを選ぶだけの作業になります。

(Dreamweaver同様かならずクライアント納品製作には「直しが入る」ことをよく知っていると言えますね。これが一番重要なんだよね〜。)

アメリカ・フィラデルフィア在住の五十嵐さんによるCompUSAリポートです。

 ペンシルベニア州の最大のモールであるキングオブプラシアにCompUSAがありまして、先週末に行ってきました。ここのモールには初めて行きました。スキャナー、カラープリンターを兼ねたファックスを買うのが目的でして、職場の備品の購入なので、教育機関向けTAX freeの用紙を持っていきました(^^)

せっかくCompUSAに行ったのでアップル製品の売り場がどうなっていたのか人につれて行ってもらったので、ゆっくり見ることができず大ざっぱですが、レポートします。

アップル製品の売り場は長方形の店舗の角の入り口とは対角線上にある奥の隅でした。天井からアップルマークの垂れ幕が2枚下がっていて、遠くからでもわかるようになってます。デモ機として展示してあったのはデスクトップ機5台、ノート2台で、PM6500、PMG3DT233、PBG3、PB1400c166、eMate(鉛筆が無くなっていた)があったのを覚えています。価格はチェックし忘れましたが、貰ってきた広告にはPM6500/225/Apple15"/EpsonSC600のセットで$1799というのが特売として最初のページに載っていました。そんなに安くないような、、、先々週知り合いが価格の下がった2400cが衝動的に欲しくなって、同店を訪れたそうですが、店にあったデモ機を販売してしまって、在庫はないといわれたそうです。彼はすぐに熱が冷めてしまったそうですが、、、

話を元に戻しまして売り場の様子ですが、アップル販売の専任の店員などはその時はいませんでした。デモ機はそのままの状態で並べているようで、パワーマックはバンドルソフトがないので、デモ機ではファインダーを開け閉めしてみるくらいしかできないので試しに触ってみた人はあまり面白くなかったかもしれません。また、モデムも何も用意されてないのに、AOLに一生懸命繋げようと苦心した形跡が見られたりしました(^^;;インターネットなど通信を試してみたい気持ちはわかります。

以上簡単ですがCompUSAの様子でした。特にアップル製品の販売に注力しているという様子はうかがえませんでしたが、現行のラインアップの製品は一揃えあったように思います。全体に占める売り場面積は大きくありませんが、デモ機の数もそれなりにあってよいです。ただ、ソフトが何も入っていなかったのが残念でした。

え?もうDT233ってラインから消えたの?ってことは上が300で中275、そして下が266になるわけ?それはまるでPC製品と同じだね。


Macintosh WIRE

1998/3/12

AppleがAppleのWorldwide Operations上級副社長に、元コンパック社の副社長であったTim Cook氏を迎えたことを発表していました。どんどん中央集権体制化していってるな〜。


Apple社とMicrosoft社が、Javaテクノロジーをもちいた MacプラットフォームベースのJava virtualマシンを開発してゆくために両社が同意したことを発表しました。またそれらにより新しいMRJは、マイクロソフト社の持つJ/Direct(TM) APIテクノロジーを取り込んでゆくようです。(これがどうやらクロスプラットホームらしい?)

UMAX社が発売しているスキャナーAstra1200S用透過原稿ユニットの件に関して、この問題は昨年暮れに発生し、リコールで対象となる製品は一度店頭在庫品を回収しており、その後UMAX側で付属ACアダプタ(800mA)の電源容量でも正常に動作可能になるよう、改良し再度出荷を行っているそうです。よって、現在出荷中の同製品に関しては、トラブル対策済みで安心して購入できますとのことです。

秋葉原界隈においてインタウエア社が、4月〜5月にかけて初代PowerMac用のG3カードを発売し、また他社との価格設定においてアドバンテージを上げるために、ソフトバンドルがされるのではないか?とNIFTYに掲載された件に関して、それらに関して問い合わせてみたところ、非公式ではあるが、それらのマック用は検討中であることは本当(Macworld EXPO 東京98会場でもそう答えていました。)だが、発売時期などに関してはまったくの未定であり、またソフトバンドルに関してはまったく知らないとのことでした。

O'GRADYS PowerPageがcopper G3(これをIBMはG4と呼びたいらしい?)を使用したWallStreetは「WallStreet Plus」と呼ばれていて、500MHz動作を目指しているらしいと掲載していました。でもそれじゃコードネームというものの意味を成していない気がする?

MacOSRumorsがGossamerII Halo仕様(懐かしい名前^^;)といった次期マザーの新しい話しを掲載していました。でもこれじゃPowerExpressと同じじゃないか?

・PowerPC750-500MHz~580MHz/1MBバックサイドキャッシュ
・Dual 6GB Ultra Fast/Wide SCSI-3 ドライブ
・ハイスピードDVD-ROM
・100Base-T&FireWire両立方パーソナイティーカード
・6個の従来より速いPCI BUSスロット
・6個のSDRAM DIMMスロット
・ixMicro 2D/3Dグラフィックカード
・バス速度 83-89Mhz
・オンボードQTMLアクセラレーションチップ(これが今回の目玉かな?)

MacNNがドイツの情報筋からの話しとして、AppleShare IP 6.0、ColorSync 2.5GM、Disk Copy 6.2GM、 FireWire 1.1 DR2 SDK(Apple Information Access Toolkit 1.1b1)、new navigation services SDKがseeding libraryに配置されたと伝えてきたと掲載していました。そうするとDisk Copy 6.2とColorSync 2.5のバージョンはもうすぐ出るのかな?

DynaWare OnlineShopでMacromedia Director Xtras & DATA(素材集)の販売がされてました。

Macromedia社からWEB作成で必要になる、いろいろなパーツ作成をするための総合グラフィックソフトFireworksの発表がされ、同時にFireworks1.0b1が配付されていました。Dreamweaverとこれがあればクリエイターにとっては最強かもしれない、、、

Connectix社からSpeedDoubler 8.1 updaterSpeed Copy Server 8.1 Updaterが配付されていました。従来コントロールパネルにあった「Faster Disk Performance」の機能が、MacOS 8.1のシステムキャッシュがSpeedDoubler 8.1と同等、もしくはそれ以上のパフォーマンスを発揮するため、MacOS 8.1以降では自動的にオフになり機能しなくなっているようです。(8.0以降では動作します)

Postino 1.1アップデータが配付されていました。(MediaDebuggerNewsより)

キャノン販売からBJC-5500J Printer Driver for Macintosh v1.01が配付されてました。

今日偶然しったんだけど、AppleEuropeWEBってアメリカと同じWebObjectsで丸っと同じ構成で構築されてるんですね。あとはStoreのリンクを生かせばOKなんだ、、

そういや〜「Oracle Application Server 4.0」が紹介されてました。ただそんだけ意味はない、、たぶん、、、


1998/3/11

ふ〜んパソナね〜なんの研修なんだろう?うん?そうかこんな実績があったのか知らなかった、、、

MacNNによるとAppleが3/14に以下の製品をディスコンティニューすると伝えていました。

・PowerMac 6500シリーズ
・PowerBook G3/250
・PowerBook 3400/240
・PowerBook 2400/180
・Color LaserWriter 12/660
・The 20th Anniversary Mac

同じくMacNNによるとAppleが4/11に15.1TFT液晶を搭載した「Apple Studio Display」を発売するようだと伝えています。また現在のMT266-Pro Setの300MHz版が以下の内容で同じく販売されるとも伝えていました。これってNAB98が終わってからってことか?

・ G3/300 tower/128 MB/2x4-G-UW/24CD/6MB SGRAM/8MB VRAM via ixMicro Ultimate Rez $4899

MacOSRumorsによればSeybold NY 98でジョブス氏が語る内容は、FireWire、 PowerMac G3、Macintosh Server G3、Apple Media Player(これはSeyboldの開催主旨にあっていない気がする)などに関してだと伝えていました。またMacromediaとNetscapeともう1つの会社と共同で、Shockwave、Flash、Javaを効率良く融合したコードネーム「FireWorks」と呼ばれているプロジェクトを開発しているらしいとも伝えていました。

Rhapsody Garbage Collectionさんが、イタリア発のRhapsody情報ページ Rhapsody.itを紹介していました。いやもっと凄いのは、ここを探してきた人だと僕は思う、、、(MAQ? MAK? MAC!より)

現在UMAX社が発売しているスキャナーAstra1200S用透過原稿ユニットが、付属ACアダプタ(800mA)の容量不足によって透過原稿読みとり用光源が途中で動かなくなる症状が出ているそうで、該当者に対して1250mAのACアダプタを対策品として配布しているそうです。なをこれは問い合わせがあった場合とのことだそうです。(海外にすむ日本人の方に向けてのNIFTYにおけるNOBさんからの情報です。)

ひ〜んMACお宝鑑定団はPoorだったよ〜;_;それと書いたのは僕じゃないよTreeさん?

本日発売の書籍
・叶's Photoshop スーパーPinup!/アゴスト \3,000(4-901054-00-7)
・3D CG スーパーテクニック WindowsNT,95&Mac/グラフィック社 ¥3,800(4-7661-1028-5)
・PHOTOSHOPマスターズ/グラフィック社 ¥2,800(4-7661-1001-3)


1998/3/10

NEWS.COMによると、Appleが携帯型テレビ機能付きエンターテイメントデバイスを、現在最高機密プロジェクトとしてコードネーム「Columbus(コロンブス)」と呼んでいると報じています。またそれにはDVD-ROMやインターネット機能なども装備されているようです。このプロジェクトは昨年に一旦中止されたが、ジョブス氏によって再び復活したプロジェクトだそうです。ってことはもうあれしかないね(笑)

AppleがSeybold NY 98におけるスティーブジョブス氏の基調講演の様子を、3/17にアメリカの主要な年に向けて衛星中継放送を行なうと発表していました。またWEBブロードキャスティング放送も行なわれるようです。

4月から新しく投入する新製品は、StoreJapanの目玉にするつもりなんだろうという話しがさる情報筋から寄せられてきました。それによると、ちょっと変った窓マックセットなども販売されるよだとのこと?てっことはやっぱり5月、、、真実はいずこ?

本日、MACお宝鑑定団WEBのバナー広告にact2社が加わりました。act2社はStuffIt Deluxe 4.5Jなどの製品を開発販売しているAladdin Systems社の日本総代理販売店でもあり、最近ではSai社のDisk Drive TuneUp 2.0JをMacworld EXPO 東京で世界に先駆けて製品紹介をされるなど、マックコミュニティーにとても深く関わっておられる会社です。

Sane Jose Mercury Newsが噂と断わって、DisneyがAppleを買収するかもしれないと伝えています。ふ〜ん(笑)

RealityがConnectix社のVirtual PC 2.0の話と、Plain Talkの音声の品質が飛躍的に向上(PureVoiceによってか?)しているんだが、お金が無くて困っているという開発者のグチやあと1ヶ月ほどで公開されると噂のSpeedDoubler8.1に関する情報が掲載されています。それぞれベンチマーク付きで紹介されてます。しかしどうもスピダブはイッステムをよりハイリリスク化しているような気がするが気のせいかな〜?

MacOSRumorsも同様にConnectix社製品の記事を掲載していました。

ふ〜んArtemisってTV チューナーカードをPCI Cardで提供するのか〜?

アップルセンター江坂が今日から初代PowerMacintoshシリーズのG3アップグレードの先行予約を開始したそうで、先着100名様には従来内蔵ハードディスクを外付けにしてくれるサービスを行なってくれるそうです。また4/15までに予約の方には5000円割引特典も付くそうです。

yano社からMacOS8.1、MacOS拡張フォーマット、G3マックに対応した「SCSI Device Pro 2.1アップデータ」が配付されていました。

本日発売の書籍
・Macintoshの教科書/アスキー ¥2,800(4-7561-1774-0)
・Flashのつぼ/ソフトバンク ¥2,800(4-7973-0465-0)


1998/3/09

Mighty Catに関してすでに私的PB2400c頁さんが「藤沢の工場から出荷されたらしい」と伝えていました。またMAQ? MAK? MAC!さんがそれはG3かもそれないとも伝えていました。真実はいずこ?

MacinTouchがフロリダで3/5〜7にかけて開催された Educational Technology Conferenceの読者からのレポートを掲載していました。それによるとAppleの Sandy Gehring氏?が「4月からAppleStoreでK-12向けの販売が行なわれる。」またヒントとして「学年がかわる時期にエキサイティングな新しい製品が出るかもしれない」と話したと書かれていました。

MacWeek-J(3/3)においてPower MachTenなどを開発しているTenon Intersystems社の副社長Anita Holmgren氏へのインタビューの中で「MkLinuxはつい最近,Apple社内のスタッフがRhapsodyチームに組み込まれてしまい,Appleではもうサポートしていません。」と書かれています。Rhapsodyは商品開発でもこっちは、、、これに関する内容ではないですがRhapsody Garbage Collectionさんのところに、Macintouchが読者からのメールとしてRhapsodyとMkLinuxについてを掲載していました。

Newton Developer Assosiationの呼びかけによって行われた、Newtonユーザーとデベロパーの声をAppleに届けよういう集会の様子がNewtonJapanクパチーノ支部のメンバーの報告としてNewtonJapanさんが掲載していました。(いいぬまさん情報ありがとね)

Software Too社からGoLive CyberStudio 2.02Jが登録ユーザーに対して配付が開始されていました。

Mac the Fork「Real Store Japan」

DTPの祭典があっという間に林檎屋の祭典と化してしまうほど、あいかわらずこの会議にはかなり力をいれてくるらしい。窓が現在弱っているこのすきに強力なアピールをかますつもりのようだ。(続きはこちら->)


1998/3/08

おお!やっぱり出るのかMighty Cat!早く出荷しないと電池腐ちゃうよ〜(笑)。

MacintoshWIREの無料申し込みが3月28日までに延長されました。毎日情報を速報で読みたい あ・な・た はぜひ登録しましょう!

MOSHIx2 Directが現在アメリカ国内で$1999で売られているApple 20th Anniversary Macintoshを、+WA州税8.6% $172+日本までの送料実費($100見当)= $2,271で購入出来るサービスを始めてました。なを販売数が限定されており先着順となっている模様です。また日本での消費税、関税は自己負担となります。詳しくはMOSHIx2 Directに直接お問い合わせ下さい。

InfiniteOSInfiniteOS build 0.13の配付をしていました。起動時にInfiniteOSのロゴが表示されるようになっています。でもコマンドベースです。

MacOSRumorsがGloval Vilage社をAppleが買収するようなことが掲載されていました。う〜ん今までのパターンから言うと「より強力なパートナーシップ」を世間に訴えるんじゃないのかな?あとアップル・メディア・プレーヤーの話も出ていました。しかしこれに関して、日経MAC.COMが行なったPhilへのインタビューにおける発言が、それを意味していると思います。

先日のオンラインカタログにフライング?で掲載された内容(現在はありません)をネタにした記事を、NEWS.COMが掲載していました。

NEWS.COMによるとAppleがNewtonの開発を中止したことに関して、NewtonデベロッパーがApple本社前で抗議行動をしたことを伝えています。その最後の部分にある記事が今回の騒動の全てではないかと思っています。つまり「NewtonチームはMessagePadを作りたかったのに、eMate300だけにフォーカスされたので辞めた。(Globalな開発目標ではなく、限定されたってことか?)」ということなんでしょう。そういえばSandy Benett氏がAppleに戻ってきて、1ヶ月後に辞職してましたよね?

MacNNがSeybold NY 98で発表されるMac関連の新製品に関して、詳細に報告していました。それによるとGoLive's CyberStudio3.0、 Eye Candy for After Effects 3.1、Painter Classic、 Inspire 3D、CorelDraw 8などがあるそうです。

ヒューマンアカデミーの学生さんの作品を紹介した「ken kitamura--human--students」というページがあるそうです。プロから見た作品に対する批評などよければ送って上げて下さい。きっと励みになると思います。

Rhapsody Garbage Collectionさんによると、AJのRhapsodyエバンジェリストがとうとうPMになったそうです。でも部下何人なんだ?

act2社が StuffIt Deluxe 4.5Jに付属しているSpaceSaver(4.5J)は、MacOS8.1には未対応なので注意して欲しい。といった詳細な内容を掲載していました。ユーザーの方は御一読下さい。

そうそうシンプルにね、加藤隊員がこのデザイン制作のために数種類ものブラウザーチェックとOS違いチェックしてみたら、タグがどこかでコンフリクトを起こすことに気がつき、その解決方法にスタイルシートがもっとも良い選択であることがわかったそうです。まあネスケ3.0を捨てればいいわけですが、それが出来るならウェバーも苦労しないことでしょう(笑)。


tcp-school.gif
.
.
Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.
Site design by BRESTO, Inc.
「Macintoshは米国アップルコンピュータ社の商標です」