.
.
Mac Treasure Tracing Club
March 1998 MACお宝鑑定団 
counter

act2

1998/3/28

今日MacOS Humorを見てきました!う、嘘つき〜!!(あ!というフェイスがなかななかクレイジー)

MacWeek-JによるとPowerBook 2400後継は4月以降に発表され、また300MHz Power Mac G3は5月下旬に投入されるようだと報じています。 その時にはFireWireカード、DVD-ROMドライブの組み込みなどは、日本での発売時の検討課題にされているそうです。(やめとけってそうゆうセットは^^;)

Apple ReconがPowerExpressは無くなったが、DarkHorseは生きていると報じています。それはどうやら現在の9600シリーズにG3カードを搭載した製品なんだそうで、価格は以下のようだと伝えていました。でもこれじゃマザーがGossamerと比べて全体的に遅くないか?なんか嘘くさいぞ、、

・Power Macintosh 9600-300(300MHzG3 CARD搭載) $5,299?
・Power Macintosh 9600-266(266MHzG3 CARD搭載) $4,299?

MacOSRumorsが、あるセミナーで Repが新しいeMateは来年1月に登場するかもしれないと語ったとし、それは現在の製品を元に説明すると、カラータッチスクリーンを備えたMacOS8バージョン(このバージョンてのがミソ)を走らせたような物で、$800未満で売りたいと述べたと掲載していました。

MacinTochが掲載した次期発表されると噂されるAppleShare IP 6.0に関して、HFS+のサポートなどは、AppleShare IP 5.0.3で対応出来ており、マーケットに誤った印象が伝わるので辞めて欲しい、といった内容のメールが届いたと伝えています。

メディアビジョン社がSpeed Doubler 8日本語版をMacOS8.1に対応させるためのアップデータの配付を4月中旬に延期したことを発表していました。

インタウェア社がBOOSTER 750 対応状況にRATOC 社のSCSIカードREX-PCI30P と、dit社のLAN カードNETJOY100BTXの動作確認を追加していました。

Shop IPSさんがバーチャルショッピングモールを始めてました。良くみないとわからないですが、いろいろ工夫がほどこされていて、デザインもグ〜です。一度覗いてみて下さい。

act2社のホームページに、DiskDrive TuneUp 2.0Jにおける「IDEの対応について」と「製品CD-ROMからの起動機能について」の2つの質問に関してFAQが公開されていました。

GOODWILLでApple ColorOneScanner 1200/30(高い方)がで¥45,800(限定5台限)で掲示いていました。う〜んキャノンの方が安いが、ColorSync2.5のこととか考えるとこっちの方が良いかも?

ねえねえVAIO-Mって何?それ中身なに?ようやくMacintosh IIシリーズが完結!いらないマック下さい(笑)


Macintosh WIRE

1998/3/27

日経新聞が「米アップル、日本限定のノート型パソコン発売 」と掲載していました。それがなんだか、もろになんだかわかる書き方になっています。解禁なのか?

MGL's Mac Game Industry News の3/24の記事の中に、Id Software 社のJohn Carmack氏 NeXTとRhapsodyに関する発言に対するコメントが掲載されています。Carmack 氏はその中で 、Rhapsody (DR1)はまだ遅すぎる、Apple の 3D への対応には不満・不安(M$のGLライセンス独占など)ということを述べています。これに対して、MGL は「もうすぐ出るDR2は、3〜4倍速くなる(らしい)」「昨年夏に Apple がM$と結んだクロスライセンス契約により、GLも自由に使える(ハズ)」とコメントしています。なおこの一連の内容のオリジナルはこちらで読むことが出来ます。(津曲さん情報ありがとね)

Micro Conversions社がMac用のVoodoo 2カードを発表していました。リリースは4月の予定で299ドルだそうです。(Mach Oneさん情報ありがとね

SGI社のCOSMO Playerマック版2.1PRには、QuickTime3.0でOEMを受けると噂されているConix OpenGL 1.1.2が含まれており、またaMa'S NEWSさんによるとAppearance Extension関連も含まれているそうで、MacOS7.6.1でもMacOS8と同じデスクトップ表示になるようです。ようやく単独でこれらの配付も認可されてきているようですね。

AOLのMacスクエアにあるメッセージボードで、話題になっているという大変不思議な話を今日教えていただいたので紹介させていただきます。それはAppleの「Apple - G3 Toasts Pentium II」のWEBで使用されているintelの宇宙服の人の画像と、すぐその下にあるベンチマークデータ画像にあります。これを落として、PhotoshopやGraphicConverterで開いて画像の情報とかを見ると「File written by Photoshop 5.0」と表示されます。その他の画像は4.0となっています。非公開ベータ版を使用してWEBの更新してるのか?すばらくクレイジーお話でした。(笑)

Appleが、現在クラリス株式会社の取り扱いであるソフトウェアで、アップルに移管されるソフトウェア製品群を、アップルのソフトウェア正規販売代理店を通じて販売することを発表していました。

CASIO社からQV-LINK 2.5.2アップデータが配付されていました。

FWB社からHard Disk ToolKit 2.5 to 2.5.2 updateが配付されていました。(MediaDebuggerさん情報ありがとね)

システムソフト社が「ラムチャージャー8」Ver8.0.2 アップデータを配付していました。

あそう5月中旬頃ね〜、で最初どこで買えるの?やっぱりVM?

本日発売の書籍
・PHOTOSHOP びっくりアートワーク/インプレス販売 ¥3,800(4-8443-5474-4)
・マルチメディアスタジオ Macromedia Director6/オーム社 ¥3,500(4-274-06246-5)
・プロフェッショナルのためのSTRATA STUDIO Pro2.1 for Macintosh/毎日コミュニケーションズ ¥3,800(4-89563-883-9) ・Macintoshトラブル解決全書/翔泳社 ¥6,800(4-88135-586-4)


Shop IPS

1998/3/26

RealityがAppleが教育市場向けに投入すると噂されていたArtemisのMedia photographとおぼしき画像をスクープしていました。とりあえずデカイので、机が大きなパソコン教室などが準備されているところ向けに販売されるみたいです。日本じゃキーボード前に置けないかもしれません(笑)。なを発表は4/4〜7にかけて行なわれるNational School Boards Association Conferenceだそうで、価格は$1,499くらだろうとのことです。以前T-ALEXが語っていたのはこれのことだったのかな?(Thanks! Josh)

artemis_preview.jpg

Imatec社がAppleのColorSync技術は、Imatec社が持つ3つの特許を侵害しているとして、賠償額11億ドルを求める訴訟を起こしました。ハイデルベルグ・プリプレス社(元ライノタイプヘル社)は?

暫定でありつずけるがゆえに、株式にサインを記入しない立場である以上、重責を取締役員から追求されないことを、もうそろそろはっきりした方が良いんじゃないか?という株主達の意見を反映してか、Appleがまた口説きに入っているみたいで、その噂から株式市場は高騰しちゃってます。僕株主です、コメント欲しい方は受け付けます(ナンチャッテ^^;)

NEWS.COM-Jにもアメリオ氏が執筆した例の暴露本の内容「その1その2」が掲載されていました。書かれている内容がZDNETと違いますので、お好きな方は読まれるとよいでしょう。

アップルがThink differentのTV CMのスケジュールを更新していました。全国エリアでは4月3日(金)のテレビ朝日および 朝日放送系列全国ネットで放送される「驚きももの木20世紀」拡大スペシャル(21:00〜22:18)で放送されるそうです。ナレーションの声が結構気にいってます。

アップルのデベロッパーページにWWDC 98の案内が掲示されています。そこにはこのような文章が加わっています「日本向けのイベント等を予定」もしかして、JDCは開催されないのか、、真実はいずこ?

ユニークな企業運営でなんども経済誌に取り上げられているミスミ社が「Multi-Bits」というDTPマーケットにフォーカスをした通販カタログを発行しているのを先日知りました。いろいろなコンピュータ通販カタログを見てきましたが、これはイメージングフォトライブラリーやフォントカタログとしても、充分な内容で構成されています。おまけにMac対応製品が多いです(WIN用も掲載されています)、値段はショップと比べて安いわけではないようですが、資料的な価値としては市販本よりはるかに上だと思います。

え〜夏のボーナスシーズンまでお預けなの〜;_;って買うつもりなのか?(笑)そのサーバーなんておいらいらないよ〜、、


1998/3/25

Appleがコードネーム:Biscottieと呼んでいたQuickTime for Javaを発表しました。これによってJava APIが拡張され直接QuickTime3.0を直接制御できるようになります。(まさにAppleアドバンテージ!)なをベータ版はAppleと契約を交さなければ入手することは現在できないそうです。

Appleが3/27に「Think Compatibility! Think Learning!」と題したApple Education Virtual Seminarを開催するとアナウンスしていました。ここでKー12 AppleStoreの発表でもするのかな?

OGRADY'S PowerPageがSeybold NY 98におけるジョブス氏が行なった基調講演の様子をたくさんの画像で紹介していました。ここのところパターンとなっている「自分でスライドリモコン持ってスピーチを行なう」というスタイルにおけるスライドの内容が新しくなっていることがよくわかりますね。

MacOSRumorsが1999年までにSonataをYellow Boxに移行させ、加えて現在の32bit PowerPCシリーズから64bit PowerPC G4への移行するつもりだと伝えていました。まあ後は普通かな?

EE TIMESによるとMITSUBISHIがOEM向けに開発を進めているWindows CE3.0製品はPowerPCプロセッサーを使用しているようだと伝えています。たぶん組み込み用途向けのMPC800シリーズでしょう。

RhapNetが伝えるところによれば、Rhapsodyを一般に配付するとしていたRhapsody PR1はそれを辞めるつもりだからCR1と呼んでいるのかもしれないと推測していました。う〜ん正当な意見ですな〜。

え〜と極私的PB2400c頁にPowerBook2400c/240のカタログの梱包画像「その1その2その3」がスクープされてます。製本屋からの投稿だそうです(笑)

Appleが「The Future of Music」をPDFで配付していました。

ATI社からATI XCLAIM 3D 3.1 アップデータATI XCLAIM VR & TV 3.1アップデータが配付されていました。

エルゴ社からEGBRIDGE 9.0R2アップデーターが配付されてました。

BHA社からB'sCrew for Macintosh Ver 2.1.1 アップデータB's CD Ver 1.5.9 アップデーターが配付されていました。

本日発売の書籍 ・オンラインソフト厳選150本 for Macintosh/スパイク ¥2,000(4-89621-205-3)
・MacユーザーのためのWindowsNT活用法/BNN ¥2,500(4-89369-614-9)
・メールソフト一目瞭然 for Macintosh/BNN ¥2,800(4-89369-611-4)
・マッキントッシュ裏ワザ大全/翔泳社 ¥2,400(4-88135-551-1


1998/3/24

ZD Net Newsに前Apple社のCEOであった、Gil Amelio氏が記した在職時代における暴露本「On the Firing Line: My 500 Days at Apple」に関する内容が詳しく伝えられていました。内容はみなさんがきっと読みたくなるようなセールスページ部分が紹介されています。また別に「Amelio氏回顧録からの抜粋」「報道記者もこき下ろしたAmelio氏」などもう「ネガティブを欲する人達に贈る」などといった副おびが付いてきそうな内容ですね。でも全体にジョブス氏を非難していることは事実のようで、「あいつは最初自分でCEOにしてくれと言ってきたんだ。それをようやく実現したってわけさ。」みたいな事も書かれているらしいですからね。まあ日本語版はソフトバンク社から7月に発売されるそうですから期待して待っていましょう。

忘れてましたが日経MAC.COMに先日NYで開催されたSeybold NY 98の会場レポートがいっぱいアップされていました。ここでしっかりApple Studio Displayの液晶部分だけを外して、ドルフィンテールと名付けられた支えを確認することが出来ます。また会場でAppleが「Snail inside」とゆうステッカーを配付していたそうです。(欲しい!) 

Appleが今回で3回目となるApple Design Award contestの募集受け付けをアナウンスしていました。

Adobe社がコードネーム:Mustangと呼ばれていたAdobe Premiere 5.0を発表していました。新たにProject、Timeline、 Monitorと機能が分かれたウィンドウ表示機能などが備わっているそうです。またセールストークの中に「放送分野」といった言葉が出てきます。またこれはQuickTime3.0を基本システムとし、加えてDirectShowのサポートも出来ているでしょうから、これを持って全米放送協会EXPOで、ジョブス氏がApple社の持つテクノロジーの優位制をアピールするのかもしれません。なを発売は5月で$895とのことです。

MacOSRumorsがAllegroの正式リリースとなるはずの、夏に発表予定のMacOS8.5はYellow Box APIを含む最初のリリースバージョンだとし、その次のSonataの正式リリースバージョンとなる予定のMacOS9.0ではRhapsodyテクノロジーの大部分を含んでくるようだと伝えていました。またSunのエンジニアがYellow Boxのサポートを検討し始めたと報告してきたと伝えています。またMac OS enterpriseは今後サーバー用途として提供されてゆくが、プロジェクトそのものは統合されるかもしれないそうです。

RealityがRhapsodyに関してAppleがWWDC98においてRhapsodyCR1、CR2のリリース次期を説明するらしいと伝えていました。またWebObjects4.0は9月に発表されるようだとも伝えていました。

PC Weekが来月4月から5月にかけてマイクロソフト社がInternet Explorer 5.0のβ版の配付を行なう予定のようだと伝えていました。じゃあInternet Explorer 4.1てのはいったいなんなんだ〜?

今日ようやくMacTechJapan Vol.9を買ってきました。でこの号の冒頭に掲載されているApple上級副社長Avadis Tevanian氏へのインタビュー全文を読むことができました。そこには混乱して伝わっているRhapsodyのロードマップをちゃんとSF EXPO 98で伝える必要性があった。(もう伝えちゃったから、日本などの他の場所での案内を辞めたのかな?)またRhapsodyCR1の中身について、市場とテクノロジーの提供時期の要求性の違いなどが述べられています。また昔学生時代にMacintosh128k用にシェアウエアープログラムを書いて配ったそうです。(それちょっと欲しいぞ!)それと、Macworld EXPO 東京 98でデベロッパー限定参加で行なわれたQuickTimeセミナーのことがちょっとだけ掲載されていました。そこではどうやらQuickTime ProのMovie Playerや、新しいQuickDraw3Dなどのデモが行なわれたそうです。(行きたかった;_;)

それと今号で休刊となるMacUser4月号もやっと買ってきました(お金が無いからすぐに買えない;_;)この号のP102に座談会の内容が載っていますが、その中に荻窪先生(混沌の屋形船でおなじみ、昔あった「良いパソコン悪いパソコン」シリーズを毎年買って以来の長いファン人生^^;)と富田先生(NHKの電子立国の元ネタと勝手に思っている「パソコン創世記」の著作者、94年に予約してまで初版を買う歴史物にどうしても弱い僕^^;)がMACお宝鑑定団チェックしてるよっと話したと掲載されていました。いやどうもしゅみませんです。

Qualcom社が買収したNowSoft社の製品だったNow Contactが、Eudora Planner4.0となり、そのベータ版のテスター募集を始めてました。

Insignia社がSoftWindows95 Ver.5.0.3アップデータとRealPC Ver.1.0.3アップデータを配付していました。

ポラロイド社からDeltaGraph Pro 4.0.4 アップデータが配付されていました。

モトローラ社の謎の基板の件に関していっぱいメールありがとうございました。人体輪切り写真とかで使用するような需要があったんですね、そうゆう場合はやっぱりRISCパワーがいるんだ。知りたかったことはそうゆう具体的な用途だったんです。

S愚痴さん、Persuasion買って下さいてのはあんまりじゃない?なんのためにPDF化するの?あなた「a person of ill repute」だよ。


1998/3/23

BusinessWeekが現在Apple社の暫定CEOとなっているジョブス氏が、正式なCEOとなってくれるのか、それともすでに決っている次期CEOに席を譲るのかどうかが、もうすぐ決るようだと報じていました。その留任の条件としてApple側が、同社の発行株式の8%ではどうか?と提示したとも語っています。でもその件に関してジョブス氏は否定したそうです。

EE TIMESが先日ジョブス氏によって紹介された、IBM社の銅を使用したPowerPC750/400MHzのプロトタイプを入手した時まで、ジョブス氏が同様なMPUをモトローラ社が製造できることを知らなっかったようだと冒頭に掲載していました。ふ〜ん(笑)

Salon21STがAppleはeMate300を素晴らしい製品と認めながらも、Newtonテクノロジーの中止に伴って同様に中止されてしまったようだと伝えていました。この製品の問題点として、マーケティング戦略が限定された教育期間のみだけということがそもそもの間違いで、それがいつまでも尾を引いていたとしています。(駒崎さん情報ありがとね)

ある時はMacFanEXPOで大阪UGとしてブースの看板製作をし、またある時はその会場でMACお宝鑑定団に六角大王Tシャツを渡して宣伝してくれ〜!と嘆願するエヴァンジェリスト、またまたある時は エキスポ幕張会場でPlusをくりぬいて頭から被って会場を練り歩くお調子者、しかして実体は…

  Mac替え歌名人!

 ということで、某ベンダー関係者で一番クレイジーと評判の「マックマン」が、なんと!今回のMac'nRollNightの替え歌部門に作品がノミネートされ、某編集長率いるDeep Appleが熱唱してくれたそうです。ちなみに準優勝だったとか(笑)。詳しい報告はこちらのページでどうぞ。

4月8日〜10日にかけて東京で行われる、第12回 Unicode Conferenceプログラム内容が発表されていました。このUnicode Conferenceにはものすごい数のベンダーによるディスカッションが行われる予定で、とても注目されていることが理解できますが、そこにAppleによるプログラムもいくつか含まれていました。(ここで発表するのかな?)
・4/8-5:20 pm - 6:00 pm  「Survey of Character Encodings」Peter K. Edberg, Apple Senior Software Engineer
・4/10-3:10 pm - 3:50 pm  「Handling Complex Unicode Rendering Problems」ohn H. Jenkins, Apple Engineer
・4/10-3:55 pm - 4:35 pm  「Supporting Multiple Character Sets on the Internet」David Goldsmith, Apple Architect

Appleが非常にシンプルなPowerBookのプロダクトページを公開していました。下の価格帯とマシンの位置を表した表には、大きなブランクが確保されており、またコンシュマー、プロシュマーなどのターゲット層に関する記述がありません。後から付け足すためだったりして^^;

Appleが先頃発表したCLARIS社の社名変更および組織再編に伴って、Appleに移管された一連のCLARIS製品のプロダクトページが公開されていました。またこれら製品用のアップデータなどを提供するサポートページもあわせて公開されていました。

Macworld EXPO 東京 98において「AppleDay」と題したパネルディスカッションが行われていましたが、この内容を詳しく伝えているページとしてMacWeek-Jのレポートなどがありますが、たもつさんの「私ならそうします」のページに、より詳しいレポートが掲載されているのを昨日見つけました。そこには

 「我々は今日どの機種が何台売れたのかを知らなければいけない。そのためにも直販は必要な物だと思ってます。 」  「WebTVはピピンと同じことをやろうとしているように見える。」

などの発言があったことを伝えてくれていました。
Radius社からMotoDV/PhotoDVのFireWireをCanon社とPanasonic社のDV端子付きカメラをサポートさせるためのMotoDV/PhotoDV 1.1.1 beta 2アップデータが配付されていました。

以前MacInsiderがジョブスが草履履きで、短パン姿で会議室に現れ、多くのチャネラーと協議をした中で、現在のAppleUGを販促活動の一貫として扱い、広告宣伝費の10%を充てる考えを述べていたと記載されていたことがあったが、先日あるページでそのことが本当かもしれないと思えた項目があることを発見した。もちろんそれは僕の勝手な憶測でしかないが、、、。

本日発売の書籍
・ネットサーフィン ヒント集 for Macintosh/SCC ¥1,980(4-88647-355-5)
・ビデオでわかるPhotoshop4J for Mac ホームページ編/SCC ¥3,800(4-88647-356-3)
・今日から始めるイラストレーター7.0J簡単入門 For Mac/成美堂出版 ¥1,900(4-415-08659-4)


1998/3/22

某MLに、あるショップが展示しているマックの中に、About ComputerがMacOS8.2b8と表示するシステムが入っていたと報告がされていた。その行為はAppleが行っているデベロッパーリレーションを直接的に揺さぶり、大きく影響をおよぼす。また、それを店頭においてベータであるにも関わらず、評価を交えながら紹介など行った場合は、Appleが行っているワールドワードマーケティングに直接的に影響を及ぼす!速その行為を中止して反省してくれ!もし日本においてのJDCの開催が無くなるなどの異常事態がしょうじた場合は、それはあなたの責任だ!

MCP750_1.JPEG

Motorola社のWEBを見ていたら、MCP750 PROCESSOR MODULE FOR COMPACTPCIなるマザーボードが存在するのを見つけました。仕様を良く見てみるとなんかGossamerよりも小さいくせに、スペック値が高そです。でこれって何用なの?

ABCNEWSがスティーブウォズニアック氏を招いて、特別チャットプログラムを行っていました。現在は終了していて、その時の内容が掲載されています。半分くらいウォズ氏に対して質問することが幼稚だな〜と思たりもしますが、それらを含めてもさすがパーソナルコンピュータを創造した神であるだけあって、すばらしい発言をいろいろ話しています。

MacOSRumorsによると、Rhapsody DR2はWWDC 98で配付されることは、ほぼ間違いないようだと複数の情報筋が伝えているそうです。またArtemis用にGossamerIIをベースとして開発されているローエンドマザーには、USBポートが備わっているとも伝えていました。それはまさにCHRPのような〜?

SystemSoft社から「雀道II for Macintosh」Mac OS 8.1 対応 アップデータが配付されていました。

おいおい今年のネオダマフェアーのセミナーにはAppleの名前が無いじゃないか〜!楽しみにしてたのにシクシク、、、今回のバンド名はOS JAZZだってさ。


tcp-school.gif
.
.dami.gif
Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved. Site design by BRESTO, Inc. 「Macintoshは米国アップルコンピュータ社の商標です」