.
.
Mac Treasure Tracing Club
July 1998 MACお宝鑑定団 
counter

ケミカル・リサーチ株式会社

1998/7/04

遠い国の情報筋は伝えてきました。クパチーノで、あのNewYorkを破壊しつくした怪物コードネーム「Godzilla」を彼らの考え方で復活させるつもりです。時速480kmで疾走するその怪物はもはや「Intelに打つ手はない。」のキャッチコピー通り、止める事は不可能かもしれません。(より詳しい情報を求めます)

Computer Reseller Newsが伝えるMacworld EXPO 98 NYの予想記事の中でも、6スロットPCI G3 PowerPCデスクトップマシンが、お披露目されるかもしれないと伝えていました。ただアップルに近い情報筋と説明しながらも「カルフォルニアに拠点を置くコンピュータ・メーカーが」という部分が、以前のMacCentralの記述とは違っています。(う〜んなんか現物出てもパっとしなさそうだぞ?)

CMP netのTech Webがアップルのコンシューマー市場が、順調に成長していると掲載していました。Apple's senior vice president of worldwide salesのMitch Mandich氏の言葉として、以前は、CompUSAのコンピュータ売上の3%にしか過ぎなかったが、ストアインストアや新しいキャンペーンによって、今や、15%がアップルの製品だと述べています。また、ストアインストアもCompUSAだけではなく、Fry's Electronicsなどにもひろげていくようです。(駒崎さん情報ありがとね)

アップルが協賛、協力しているイベント、テレビ番組などを紹介する、Macintosh Gallery が更新されてました。WINDOWS World Expo Tokyo '98の日産自動車ブース「V Palette」に最新のPowerBook G3、Apple Studio ディスプレイを展示しているそうです。(やるじゃないか^^;)また、7月24日(水)〜7月26日(土)東京国際展示場(東京ビッグサイト)西ホールで開催される、家族ではじめるパーソナル・マルチメディア「ぱそまる`98」に協力(アップルのページはリンクがミスってます)してるそうで、併催される「MIDI WORLD`98」には出展してるそうです。(誰か取材してきてね!) あと8/5(水)〜8/16(日)名鉄百貨店(名古屋)秘境・アマゾンの怪魚展の告知もされてます。 

Connectix社がRAMDoubler 8 に関するプレスリリースを発表していました。Macworld EXPO 98 NYでの同社のブースの新製品とはこれのことだったようです。

Appleが製品一覧表を公開していました。(アクセス数制限があるのか、現在こちらでは未チェックとなっています)

アイ・オー・データ社がWINDOWS WORLD Expo/Tokyo 98 で行なわれたマイクロソフト株式会社代表取締役会長 古川 享氏による基調講演内容を掲載していました。「すべての情報機器が操作の違いを意識することなくシームレスにつながれば、新しいライフスタイルが創造されると提案」というのがマイクロソフト社の描く未来像で、アップル社のknowledge navigater思想「直感的なインターフェースとパフォーマンスの改善を施し、人とコンピュータとの繋がりをシームレスな物にすることで、ライフスタイルを変える」という理想を具体的な案で説明出来ているとこがマイクロソフトパワーなんでしょうね。

当然So!の記述に関して説明すると、System InfoのHDベンチが載ってないのは当然です。G3/MT300は標準出荷状態でHFS+フォーマットされています。つまり計測出来ないというわけです。アップル初期出荷状態を崩すと正当性が薄くなりがちです。(計測するために、HFSフォーマットにすると出荷製品の評価とはならないから)WWDC 98においてアップルは実機の並列で、アプリケーション実行速度のリアルタイム比較を行なっていて、ベンチデータだけで、納得させられるとマーケティングも考えてはいないと思います。が266/MTが現在店頭出荷されているマシンとしてベストという考え方には賛同します。


パソコン関連書籍宅配便

パソコンの館 仙台店

WindowsWorld Expo/Tokyo'98 for MacReport

東@Sugamo MUGさんがWWE98レポート第2弾と、YUKIさんがWWE98ローランドレポートを送ってくれました。Windows関連のページと見比べたわけではありませんが、はきりいって並の取材じゃありませんです。()はDANBOの記述部分です。

●IEEE 1394
 IEEE 1394についての出展を行っていたのはSONYとYAMAHAぐらいでした。ちなみに、展示パネルに書かれた名称はSONYでは「iLink」に、YAMAHAでは「m-Lan」になっていました。

SONYへのインタビューの内容です。
Q:VAIO Note 505に搭載された端子については
A:「IEEE1394端子だが、DVキャプチャについては静止画専用なので動画キャプチャは出来ない。これはハードウェア的にそうなっているので、変更は不可能だ。但し30コマ/秒での連続静止画取り込みは可能なので、GIFアニメーションみたいな動画は作れる。動画キャプチャについてはVAIO Towerが対応しているので、そちらを検討して欲しい」

との事でした。VAIO TowerコーナでDV再生について質問したところ

「DVデータをそのまま取り込むが、コンピュータ内での再生時にはMPEG-1にコンバートしている。DVをそのまま再生しようとしたら、とてもじゃないがメモリが足りない。一時的にMPEG-1にコンバートするだけなので、加工したDVデータをちゃんとDVカメラに戻すことは出来る。」

との解答を得られました。DV再生ソフトが「DV -> AVI」変換しかサポートしていない事については

「VAIOに搭載しているDV再生ソフトはSONYで開発した。QuickTimeのサポート? DVフォーマットを搭載したのは知っているが、サポートするかは分からない。確かにSorensonなどは魅力的だとは思うが....」

との事です。ソフトウェア事業への進出・Beへの出資については

「ソフトウェア事業についてははっきりとは知らないが、SONYにはビデオハードの資産があるので、それとPCを連携させるソフトになると思う。 Beへ出資したからと言って、すぐにBeを搭載するとは考えにくい。はっきり言って、現在Windowsが主流なので、これを切り捨てるのは辛い。だが、歴史的に見れば混沌とした過渡期だ。先の事については、上層部も決めかねているだろう。Beも有力な選択肢の一つという事だろう。」(普通言わんぞ^^;)

YAMAHAブースでは参考出品として「mLan(IEEE1394)」を搭載したシンセサイザー・アンプ・DVDデッキの実働デモを行っていました。私の目から見ると、直ぐにも出荷できそうでしたが、「まだまだ参考出品状態。2、3ヵ月以内に発売しろ、っと言われても辛いかもしれない。クリスマスに間に合えるかどうかだろう。下手すれば1年待ちかも...」とのことでした。

 USBについては「我々は『USB-Audio・MIDIコンバータ』で取り合えずは対応する。これもまだ発売のメドが立っていない。将来的にはスピーカなどにもきちんと搭載していく。実は今回の我々の出展の目玉は128パートのMIDI機器。RolandさんはUSB搭載システムを結構大々的にやっていたが、我々の方はそれほど大々的やる予定が無かった」

Roladさんに場所を移してインタビューしたところ

「USB搭載システムとして、MIDIインターフェイス2機種(UA-100/S-MPU64)と、スピーカ1機種(MA-150U)の3機種をリリースした。Macへもちゃんと対応するが、ドライバについては今は分からない。Appleさんからの情報待ちのようだ。実は我が社ではWindows 95用には独自にUSBドライバを開発した。もしかしたら、Macもそうなるかも知れない」

追加:YUKIさんのローランドブース報告によれば、同社が展示していたUSB機器「デジタルオーディオプロセッシングユニットのUA-100」(AD/DAコンバーター、MIDIインターフェイス、デジタルマルチエフェクターをハーフラックにまとめたという感じでUSBで接続することによってノート・パソコンででもHard Disk Recordingをできるというのが売り)に関してMacへの対応を聞いたところ、私が話した方はiMacの事は知っていましたが実際にAppleがUSB付きの物を出してこない事には。。。というような感じで話していました。 話しているうちに、PowerMacG3にPCIカードのUSBをつけた人の話を思い出したのでG3にすでにUSBを付けた人がいるらしいと話したところがんばってMac版作りますと言ってくれました。

●キヤノン販売
 「今回、USB搭載のプリンタは出展していないです。ここには全く情報が無いので、申し訳ないが詳細についてはコールセンターに聞いて頂きたい。」っと、素っ気なかったです。

●日本ヒューレット・パッカード
 「開発は行っていると思うが、現在のところUSB搭載プリンタの発売の予定は無いです。USBプリンタは現在のところキヤノンさんしか出して無いし、Epsonさんですらまだだからねぇ... 今年の年末には間に合わせると思いますよ。 スキャナについては、今回は出展はしてないし、担当者が来ていないので申し訳ないがちょっと分からないです。 ドライバのローカライズ?最近は7ヶ国語版を一枚のCD-ROMに収録して提供させて頂いていますよ。前とは違いますので、安心してください」との事でした。この会社は、ブースを探すのが一苦労でした...

●ナナオ・三菱電機
 解答がほとんど同じでしたので、まとめてしまいます。「ディスプレイに搭載しているのは単なる「USBハブ」。USBは転送能力が低いし、規格も曖昧なのでビデオケーブルとしては使えない。ビデオケーブルでビデオデータは送って、(マシンについている)2ポートでは絶対に足りないUSBポートを増設する為のUSB端子だと思ってください。 iMacについては聞いていますが、そのような理由からディスプレイ増設は出来ませんねぇ...」との事でした。 

●Panasonic
DVDについては
 「DVD-RAMのMac版は現在ドライバを開発中です。秋には間に合わせるので、もう少し待って下さい。ウチのドライブでは、表裏を切り替える場合には一度取り出して、手動でひっくり返して頂きます。 2光学ユニット? 検討はしましたが、製造コストがちょっと高すぎますね。 DVD-RAMについては、せっかく規格が成立して勢いに乗れそうだったのに、SONYさんが右か、左か知りませんが、暴走して行ってしまった為に、「規格が統一されていない」っという誤解を受けて困っているですよね。」  USBスピーカも展示していたので、それのMac対応を質問したところ「ドライバの問題がまだ不明瞭です。Appleさんが提供して下さるとしたら、そのままで動くのか、それともこちらで作らないといけらないのかが、全く分かっていません。」との事でした。

ここでは私がプレスカードを付けていた為か、「iMacって予約が始まっていますが、発売日や価格が決まったんですか? どのくらい売れそうですか? 初期ロットはどの位の数が出るのか御存じですか?」っと、逆に質問攻めにあってしまいました。(向うも出荷台数見込みを読み切れていないみたい、必死にリサーチしてるかも?)

●番外編(DoCoMo)です。ちなみにこれは関東地方についてですが...

NTT DoCoMo 埼玉支社とNTTパーソナルは共同でモバイルブースを出していました。

まずNTTパーソナルの社員に「今後の事業展開は?」と質問したところ「申し訳ないが、総務課に問い合わせて欲しい」と言われてしまったので、NTT DoCoMoの社員に狙いを定めてインタビューを実行しました。

Q.今後の事業展開は?
A.携帯・ポケベルを中心とし、10月からはPHSが加わる予定です。

Q.ポケベル部門は赤字を計上しているようですが?
A.その通りです。

Q.ポケベル部門の切り捨ては?
A.それはあり得ません。現在のまま、事業を続行するつもりです。

Q.ポケベルの時代は過ぎたのでは?
A.個人的な意見としては、私もそのように感じています。今は転換期に当たるだろうということです。しかし、企業としてはユーザさんがいる限り、切り捨てを行なうことはありません。

Q.最近の携帯はPHSを意識しすぎて、デザインが蔑ろにされていませんか?
A.私個人としては、その点は気にしています。堅牢性という点については、CASIOのGショックのようなモデルが今後出る可能性もあります。

Q.操作性の悪さも問題だと思うのですが?
A.私個人の見解ですが、今後の携帯電話は初期のデザインに戻って行くと思います。つまり、本体は小型ですが、大型の操作パネルを使用したモデルという事です。2つ折り型で、開くと大きなキーが現われるというような。(モトローラ製品みたいな案を気が付かせてます)

Q.10円メールのMac版は出ないのですか?
A.10円メールのサービスについて忘れてました、しかしサービスを終わらせるつもりはありません。

Q.モバイルユーザは、Macユーザの方が多いと認識していますが?
A.私もそのような事を聞いたこともあるし、そう思っています。しかし、会社にそれを説明するのは難しいです。

Q.具体的な使用者数を上げなければ、会社としては動かないということなのでしょうか?
A.我が社はどちらかと言えば、エンタープライズに力を入れています。昔、「Macはセキュリティーが甘い」という誤解(現在はハイレベルなセキュリティー環境と認識されている)があった時がありました。その影響が今でも企業には残っていて、Mac導入を鈍らせているのではないでしょうか?Macを導入した企業さんが増えない限り、Mac専門サービスは出てきそうにありません。

Q.プログラム的にはそれほど難しくないのでは?
A.PPPを少し操作するだけだったと記憶しています。DoCoMoのWebの掲示板に書き込んでくれて、反響が大きければ我社もなんらかのリアクションを起す可能性は否定しません。

Q.PHS事業はどうなる?
A.事業を引き継ぐだけになると思います。

Q.イメージ戦略の甘さも問題だと思います。成功したのはポケベルの広末ぐらいではないのでしょうか?
A.広末さんは今(決算)期限りで終わりです。次(決算)期から新しいCMキャラを投入する予定です。


The Palace

act2

1998/7/03

インタウェア社がPowerMacintosh 4400(StarMax 3000、4000シリーズ)用のG3 アップグレードカード「BOOSTER 4400 G3」を発表していました。 PowerPC 750/240MHz/512kバックサイドキャッシュの仕様となっているそうで、8月20日から出荷開始されるそうです。参考ベンチマークデータも合わせて公開されていました。



BOOSTER 4400 G3 基板外観


PowerLogix社がPowerMac G3 用アップグレードカード「PowerForce G3 ZIF」を発表していました。300MHz、333MHz、366MHz版の3種類で全て1MB バックサイドキャッシュを搭載しているそうです。詳しい内容はMacworld EXPO 98 NYにおけるPowerLogix社のブース(No.1014)で公開されるようです。

Kaleidoscope 2.0が配付されていました。

Iomega社がIomega Tools Software for Zip, ZipPlus, and Jazとして、役割が異なる6.0a(ドライバー関連)と6.0b(ユーティリティー関連)を配付していました。PowerMac G3に搭載されているZip DriveがATA仕様に変更されたことなどに対応したバージョンのようです。

Symantec社からSymantec Antivirus for mac virus defs 7月更新データと、Norton antivirus for mac virus defs 7月更新データが配付されていました。AutoStart 9805シリーズのウィルスに対応しているそうです。

InterneTVぱそてれで、WIN EXPO 98で発表されたVAIO MINI試作機に関する緊急番組が放送されてました。OSはWIN CE 2.0ではなくて、Win 98でもって動作しているそうで、増設ポート類が背面ポートに配置せず、全面および側面側に設置されているようです。これのMPUはPentium MMXが搭載されていると説明されてます。う〜ん売れそう、、、東芝Libretto SS 1000、CASIOのNEW CASSIOPEIA、NECのmobio NXなど他にもいろいろ出てますが、本家マグネシウム VAIOにはまったく歯がたたない状況のようです。(もどきじゃぜんぜんダメ、それだけSONYのマーケット戦略が凄いってことさ。見習えよApple!)

MacFan 7.15号にアップルサポート本部 本部長 大宮哲夫 氏へのインタビューが少しだけ掲載されてました。1988年から1994年半ばまでにイントロしたすべてのMac 50機種以上を担当(責任者含む)され、原田社長が「アップルの全ての製品を知る男」(だからサポート担当に抜擢したと述べてます)とUGのイベントでチラっと紹介され顔出ししてましたが、それ以外で最近ほとんど写真が出ることはなかったんですが、いや〜変ってなさそうでなによりです。(製品品質を向上させれば、サポートの負担が軽くなり、結果として商品の価格が下がります。この事はIntel社が「Total Cost of Ownership」と呼んで最近流行になりつつあります。)

Xeonって一番の売りは1MBバックサイドキャッシュが1:1クロックで動作することと、最大8個のMP環境に対応してることなんだね。750だってちょっといじれば1:1になっちゃう^^;。IBMが目指すサーバーPowerPCはきっとMPなんだろうな〜。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・クリエイターのためのPhotoshop5.0/アスキー ¥2,400(4-7561-1841-0)


Macintosh WIRE

Shop IPS

1998/7/02

WindowsWorld Expo/Tokyo'98からのレポートを東@SMUGさんが送ってくれました。

 思ったほどUSBについての出展が無かったそうで、USB専門のコーナを設けて展示していたのはNEC社だけで、プリンター・ジィスティック・ディスプレイテーブル・ハブなどが展示されていたそうです。Mac用のドライバ開発について聞いてみましたが、「この分野ではNECとAppleはライバル企業。ドライバを提供する可能性は極めて低いだろう。もし出したとしてもNECブランドではなく、他社ブランドだろう。」とコメントしたそうです。 またNEC社はUSBコーナとは別にAtermコーナを設けており、そこでは「将来的にはMac用ドライバを用意する。しかしiMacに間に合うかはまだ不明だ。もう少し期日が迫ったら必ず発表する」とのコメントを得たそうです。 WindowsではUSB経由でファームウェアのアップデートが出来ない事について触れ、「iMacでも不可能なのか?」と尋ねたところ、「今後、研究・検討する」との事でした。 あと、Epson社は「USB対応プリンタは、年末商戦の為のモデルチェンジの際に投入されるだろう。その際にはMac用ドライバも必ず用意する」とコメントしていたそうです。(HP社とEpson社からiMac用プリンター製品が発売される事は、ほぼ確実となってきましたね)

日経MAC.COMが掲載したiMac担当者へのインタビューQT3担当者へのインタビューはすごい!はっきり言って世界配信レベルの内容で構成されてます。(すごいな〜山田さんって^^;)で、よくわからないという方に、ポイントを書き出しておきます。

米Apple Computer社 Product Manager for iMac:Tom Bodger氏インタビュー

・1,000ドルパソコンとして製作した。(モニターなければ999ドルで売れる)
・BTOを考えてはいない、これ1種類だけの販売。
・白い部分は「Ice」と呼ぶ。
・33.6kbpsモデムだが、まだ発売前での話。今後の動きに注目して。
 (GeoPortモデムでしょうから、他の機種を含めたモデム・アップデートのタイミングを計っているのでしょう)
・USBキーボードにはパワー・オン・キーが有ります。
・iMac出荷と同時に一通りの周辺機器がそろうのが目標。
・iMacはやっぱり発表が前倒しされた。
 (Quicken の撤退報道がなけりゃ、やはり出さなかったと思う。マーケのミスなわけ)

米Apple Computer社 Senior QuickTime Product Manager:Mitchell Weinstock氏インタビュー

・ハイブリッドバンドルであっても、QT3は1コピー1ライセンスと数える。
・2カ月以内に無料のQT3SDKを配付する。
・最終的にはボードやチップの開発者にまでアクセスしたい。
・Adobeが将来,QT3プラグインをサポートしてくれると信じている。

もうとにかくすごいのなんのって、さっそくエジシンルームで会議だ(笑)。

MacinTouchによれば、Sonnett Technologies社が68系 LCスロットタイプのアップグレードカードを出すようだと掲載していました。68040 MPU搭載で、そのカード上には、オンボードメモリ−、メモリー拡張スロット、10 BASE-Tなどが搭載されているそうです。

ロイター伝が伝えるところによれば、Natsteel Electronics社が、アップルのアイルランドCork工場から、2000万シンガポールドルでPCBA製造・試験装置、および補助の部品類を買い取る覚書にサインしたそうです。これでシンガポール工場を含めて純粋なアップル工場というものは無くなったと言えるでしょう。(いいださん情報ありがとね)

WindowsWorld Expo/Tokyo'98で、SONYが次世代VAIOのコンセプトモデルを発表してました。サイズは約26x約16x約3センチ。「VAIO505」の奥行きを短くした横長のボディとなっているそうです。そしてこれが年内発売を目指して開発してるってのも凄い話しです。やっぱパスポートサイズのデジタルムービー作ってる会社は違うね〜。ミニノートPCにCCDカメラを埋めてきちゃたよ。試作機を出すということは「他が出来るのか!」といった自身をアピールしてるんだろうな〜。(Appleじゃ出来んだろうな;_;)

日刊工業新聞(7月1日付8面)によると、アップルコンピュータがパソコンユーザー向けのカウンセル・サービス、インターネットでのユーザー登録を9月からスタートすると伝えていました。いずれもユーザーサポート強化の一環だそうで、カウンセル・サービスはデザイナーなどのプロのユーザーに提供する一方、インターネットでのユーザー登録は、コンシューマ向けに発売するデスクトップパソコン「iMac」から簡単操作で実現されるそうです。これにより同社では、プロ、コンシューマの両市場で回復傾向にあるパソコンのシェア拡大に弾みをつける考えのようです。既にアップルコミュニティーとして、プロの漫画家など自発的に組織された数千のユーザーグループがあり、グループによっては毎月定期的に会合を開いていると報告。これまでも同社では、ミーティングルームの提供などで各グループ活動を支援してきたが、新サービスでプロのユーザーへのサポートを充実、これらプロのユーザーニーズをつかんだ戦略展開を一段と強化すると語ったそうです。「ユーザーズグループは生きた広報と成り得る」昨年10月に非公式ジョブスの会話としてMacInsiderが報告したた「宣伝広告の10%を割り当てる」と言ったとされるのは本当だったかも?(TATOOINE COMPUTERさん情報ありがとね)

Annies Craft社がBGCD8を発売し、先着30名様には、BGCD7+BGCD8+消費税+送料で、5,000円で発売するそうです。BGCD7を持っている人は、友人に配るなどして、MacOS X YellowBoxユーザを増やして下さいとのことです。

MACお宝鑑定団発祥の地として有名な「Techno Port シトラス」が、アメリカでPDAとしてデファクトスタンダードの地位に達した(Newton撤退はおそらくこれが原因)3Com製のPalmPilot Proのメモリを最大3MBまでに増設するサービスを始めてました。

MacOSRumorsがMacworld EXPO 98 NYで行なわれるという内容を予想してました。それによると、333MHz、366MHz、400MHzのG3マックが登場し、G3アップグレードカードも発表され、iMacが中心で紹介されることは変りないが、最終Q4の売り上げ上昇の見込みやディズニーランドとの提携CMなどの発表があると掲載していました。(でもこの中には明らかな嘘が1つ含まれているんだそうです。)

POWERBOOK ARMYさんがNewer Technology社の開発しているPowerBook2400用G3アップグレードカード、NUpower G3 2400の評価用サンプルを入手したそうで、そのテストレポートを報告されていました。また今月31日にソフトバンク社からPowerBook 2400パーフェクトガイド(予価2,400円)を発売するそうで、そのホームページを先行公開していました。(この戦略は前代未聞^^;)

Appleが MacOS Runtime for Java 2.0.1開発者キットを配付していました。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・Performer ver.6 for Mac(4) パフォーマーver.6のやさしい使い方/龍吟社_リズム・エコーズ ¥3,600(4-8448-2119-9)


1998/7/01

本日から、グラフィカルチャット「The Palace」の日本総代理店である「みゆきコミュニケーションプラザ社」がMACお宝鑑定団WEB広告に加わりました。

 グラフィカルチャットソフト「The Palace

 Macintosh,Windows両用のグラフィカルチャットソフトです。ユーザーはキャラクターとなり、おしゃべりはふきだしに表示されます。ダウンロードフリー(無料)ですが、全ての機能を使用するにはレジスト(ユーザー登録)3500円(税別)が必要となります。 レジストをすると、キャラクターを自作したり、サウンドの他カスタマイズも自由自在です。またユーザーがパレスサーバーを持って、オリジナルの背景画像を使うなど、オーナーになることも可能です。 Mac/WinどちらのOSでも動く数少ないグラフィカルチャットで、1ユーザーとしても楽しいソフトだと思いますので、ぜひ御利用下さいとのことです。バナーはその「The Palace日本語版」にリンクしています。

Appleがサービスプロバイダー4社などを相手どり、架空の修理代金の請求などによって600,000ドルもの損害を受けたとして、それらサービスプロバイダーが詐欺を働いたとして訴えを起していました。その訴えられた会社は、IRASYS社、IRA Systems社、Integrated Concepts Solutions社、PC Systems Design社と2人の個人だそうです。おそらくこれは「Searchlight Program」による最初の成果だと思われます。

アメリカン・エキスプレス・インターナショナル社が、アップルとの共同企画により、アップルコンピュータのユーザーに対してアメリカン・エキスプレス・カードの入会案内キャンペーンを始めたもようです。既にアップルコンピュータのユーザーから無作為に抽出しダイレクトメールの発送が開始しされているそうで、入会の特典としてApple特製ワールドクロックがプレゼントされるそうです。(シリコンバレーさん情報ありがとね)

アップルが7月16日(木)、17日(金)の2日間に、東京国際フォーラムで開催される株式会社沖データ主催「プリンコム'98」に出展すると告知してました。(PS3プリンターにフォーカスするためでしょうね)ブースでは最近の新製品が並ぶようです。(iMacは99.9%実機の展示はされないと思う)また、16日の午後12時30分から1時30分、17日の午後3時15分から4時15分に、「アップルの製品戦略」と題したセミナーが開催されるそうですので、もしゆかれる方が今したらレポートして下さい。(おそらく完全なスクリプトにそって話されると思いますが^^;)

今日から始まるWindows. World EXPO Tokyo 98ですが行けなくなりました;_;。どなたか行かれた方がいましたら、いろいろ報告していただけると幸いです。USB、FireWire関連を中心にお願いいたします。

MacCentralで以前Don Crabb氏のコラムとして掲載された「6スロットPCI Mac」の話について、情報筋が混乱しちゃってるみたいで、6 PCIスロットの話を撤回し、新たに「4 PCI BUSで、1つがAGP」というような内容に変更してました。

Mac the Fork「Suggestion」 が更新されてました。PowerPC-333MHz、366MHzが登場するようです。マスター認定改善の話は僕も賛成です。

Appleがデベロッパー向けMPW用のツールとして、AltiVec関連のツールを配付していますが、そこに「AltiVec Emulator v1.0d4」というのが追加されていました。(ここまでホワイトペーパが出てれば、具体的にどのようなメリットが出るかわかりそうですね)

最近VAIOが気になっていますが、これに関してちょっとした話を聞いたので掲載しておきます。(真面目に読まないでね!)

・VAIOはデジタルビデオの製品化技術が生かされている。
・WallStreetチームは、研究用に29台予約した。
・Gossamerチームは、COMPOシリーズのレイアウトの巧みさに驚嘆した。
・DUOは内壁にマグネシウムを使用した、でも外壁に使用した事はない。
・BODY剛製向上には、PBG3のノウハウを生かしたい。
・SONYのFireWire展開はトータル性があが、Appleは口しかない。
・ほんとCHRPじゃなくて良かった。
・Whoa!の樹脂パーツは日本の化学会社との共同開発。
・Whoa!のブラウン管とその回りは韓国製。

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・HTML4.0ビジュアルクイックリファレンス/アスキー ¥1,800(4-7561-1836-4)
・ファイルメーカーProでつくるWebデータベース Windows&Macintosh/インプレス販売 ¥2,980(4-8443-4889-2)
・Macintosh改造テクニック/ナツメ社 ¥2,000(4-8163-2454-2)
・PostPetとっておきテクニック/ナツメ社 ¥1,200(4-8163-2439-9)
・AppleScript図鑑/秀和システム ¥2,400(4-87966-811-7)


1998/6/30

先日勝手な予測を掲載しましたが、海外ではMacinTouchがiMacの発売日を8月19日だと先陣をきって予言していました。(8.5じゃないとか、33.6kbps MODEMとかはすでに公言されてます)

本日を持ってクローズすることが以前から表示されていたRhapsody Garbage Collectionさんによれば、Rhapsody 1.0正式出荷版には、DR1と同じように「Rhapsody Third-Party Solutions CD」というデモCDが付属するそうです。サードパーティーソフトの掲載については、いくつかの制約はあるものの基本的には無料だそうです。詳しくは上のWEBで確認して下さい。またWWDR/MOSAセミナーの話も掲載されています、BlueBox上でもCarbon API上でも速度的には、あまりかわらないらしいです。(小林さんJava屋に行っても仲良くしてね^^;)

ProcessorManiaさんがTanzaniaマザー用のG3アップグレードカードとおぼしき画像を掲載していました。300MHzと240MHzが用意されているらしいです。以前Mac the Fork「Mead」(4/28)に掲載されていた「Aurora IIに搭載されていたOptimaと呼ばれる製品の手法を現代に呼び覚ましてArthurを載せる」ってこのことか?(ちなみにAurora IIてのはMacIIciのコード名で、Optimaてのはキャッシュスロットアプグレードカードのコード名だったそう、、)

MacCentralによれば、最近Appleが「Rhapsody Frequently Asked Questions」を更新していたそうで、その部分をMacCentralがYellow Boxを中心にピックアップして紹介していました。

Realityが更新され、99コンシュマーポータブルに関して、Apple PR Russell Brady:氏の発言からの大胆予測(暴挙に近い^^;)やiMacは後にV.90(56kbps)モデムに変更されることがすでに予定されている?といった記事が掲載されていました。(5/02にWebintosh!がV.90化アップデータを夏に配付と伝えていたから、それが間に合わないだけなのかも?)

MacOSRumorsが伝えるところによれば、先日開催された「1998 National Educational Computing Conference(Appleが毎日1台iMacが当たるキャンペーンやってたところ)」でIomega社のBuzが、G3上で動いていたのを見たという報告があったそうで、きっとそれはiMac用のUSB機器として登場させるつもりなんじゃないか?と予想してました。あとMacOS 8.5で搭載されるWeb Findのスクリーンショット「12」も掲載してました。(これはVIDEOを買えば詳しく理解できます)

QuickTimeに関してのデベロッパー情報新聞「流氷通信」に、以下の3項目が追加されていました。

16. Quickdraw と Win32 による描画の混合
17. 接続速度の設定を知るには
18. マルチプラットフォーム対応ムービーの作成法

WWDC 98のビデオで昨日気が付いた事「MacOS X」はバージョンアップを重ねてゆくことの示す表示方法が、従来と同じに設定されている臭いです。「MacOS 10.0」ってコンマ入った状態で、ロードマップ表に掲載されていたから(笑)

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・現場の必須テクニック ILLUSTRATORの仕事術/毎日コミュニケーションズ ¥2,200(4-8399-0036-1)


1998/6/29

アメリカにThe Vimage StoreというInterware社のBOOSTORG3seriesを専門に扱うページが出来てました。でもまだ作りかけみたいで、値段とかが付いていないようです。(いったいなんなんだここは?)

昨日、山口県山口市で開催された「第3回中国地区マックユーザカンファレンス」が無事終了したそうで、その報告を入野さんが送って下さいました。

・MS-Office98 Macintosh Editionは、8月の盆あけくらいにリリース。
・オフィスのデモに用いた8500/150MHz/144MB/2GBでも、68040マシンでオフィス4.2を使っている感じと思えるほど重い。
・iMacの日本語版のビデオが国内で始めて上映された。(字幕なしの英語版はすでに上映済)
・展示用のPBG3 292/14のメモリは、試験的に256MBが搭載されていた。

アメリカMacworld誌 8月号の掲載内容が、一部WEBでも掲載されていました。でもWWDC 98関連(MacOS 8.5を含む)が主のようで、なんら目新しさはありませんです。

だからリアルタイム一言アップは辞めてくれて言ったのに、でも最近異常に口が固い俺(笑)

本日発売の書籍 (提供:ブックモールジャパン)
・いきなりファイルメーカーPro4.0/主婦の友社 ¥3,000(4-07-390544-9)
・笑え!まっきんとっしゅ/毎日コミュニケーションズ ¥1,500(4-8399-0041-8)


1998/6/28

MAGMA社がPowerBook G3 seriesで使用出来る、3つまたは7つのPCI拡張スロット増設装置「Portable PowerBook PCI Expansion System」($975〜1,450)を発売してました。(う〜んますますPBに傾いてゆきそう)

GUI JunkyによるとKaleidoscope 2.0のスキームを、Akamai DesignによるGUIで編集可能なDesign Studio 1.5がベータ・テストの最終段階にあり、現地時間の月曜にはお目見えしそうだと伝えていました。(joshさん情報ありがとね)

iMacのクリアボディーの色はBondi Blueと呼び名が付けられていますが、その元となったのはオーストラリアの東海岸に広がる天国のような海岸に由来しています。そのBondi Beachをインターネットを利用して旅するページ「The Bondi Beach Home Page.」というのがありました。次期iMacユーザーはブックマークされると良いでしょう。

Appleのサポートページに設置されていた掲示版方式のディスカッションボードが「Tech Exchange」となってリファインされて登場していました。

今日もずっとAppleParkの3Fで多くの仲間とだらだらと過ごしながら、WWDC 98の基調講演のビデオを見てながら、そこでハッ!と思ったんだけど、iMacはeMateがオールクリアボディーで形成された事がAppleユーザーに受けたので、クリアパーツを大幅に使用したと述べています。ということは、現在噂されている「eMac」というのは、まんまeMateのデザインをアイブ氏が出すはずがない(つまり2番煎じは行なわない)ので、「99コンシュマーノートブック」はそれとはまったく異質のデザインが採用されているのだろうな〜とちょっと思ってしまいました。そしてそれはきっとVAIOに対抗するはずなんだろうって^^;

異常だよ、ただダラダラするだけの為に東京からやって来るなんて、、、



.
.
Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.
Site design by BRESTO, Inc.
「Macintoshは米国アップルコンピュータ社の商標です」
GigaHit