.
.


March 2001 MACお宝鑑定団 
counter


各社の広告

2001年3月23日〜25日に東京ビッグサイトで開催された、「PHOTO EXPO 2001」に関するレポートページです。

レポート

・SANYO

 デジタルカメラにUSB(DSC-SX560IDC-1000Zなど)やFirewire(IDC-1000Z)のポートを搭載し、PCと直接データを取り扱えるようになっていただけに、Mac OS Xへの対応を尋ねてみましたが現場にいらした方からは「詳細は知らないが、恐らく今後の課題だろう。ただ、撮影データサイズが結構大きいだけにFirewireでの接続というのは重要なので早急に対処することになると思う」という旨の話を聞けただけで、早急に正式リリースをすることは出来ないという感触を持ちました。

 IDC-1000Zから初めて採用された「iD PHOTOディスク」について尋ねたところ、採用は「スマートメディアやCF、更には(SONYだけで流行している)メモリスティックなど記録メディアが数多いこの時期に新たなメディアを投入するのはユーザーからは多少の反発が有るかも知れないが、容量当りのコストや耐久性、使い勝手などについては引けを取っていない自信はある。」とかなりの熟考を経たうえでの事のようで、今後については「まず第一歩は踏み出せたので、今後はメディアリーダーなどの快適に使えるような機器を揃えることと、賛同して下さるメーカーや機器を増やしてコミュニティを作成することが重要になると思う」との事でした。

・キヤノン
 既にリリースされているスキャナCanoScan D2400Uにフィルムスキャンユニットを標準搭載した「CanoScan D2400UF」が4月発売と発表され、動作していました。48bitカラー、2400dpi という高スペックであるだけにUSB接続しかサポートしていないのは残念なのですが、\49,800とリーズナブルなので銀塩写真を多く撮影して気軽にフォトレタッチをしたい人には最適でしょう。

canon.jpg


 新機種としてはもう一つ。キヤノンでは久々のフィルムスキャナ「CanoScan FS4000US」も参考出品という位置付けながらも置かれていました。動作はしていなかったのですがAPS・135フィルムに対応したUSBスキャナとなるようでしたので、正式発表が楽しみな商品でした。

・ ニコン

 デジタルカメラについてはCOOLPIX 880D1H・Xの展示は行われていたものの、COOLPIX 9x0シリーズについてはショーケースの中に置かれているのみにとどまるっというように偏りが有るように感じられる展示となっていました。D1xが5月下旬に590,000円にて発売されるというのが唯一の目新しい情報でした。

nikon.jpg


スキャナについてはCOOLSCAN新型3機種の展示が行われていましたが、こちらも特に目新しい発表は有りませんでした。

・ミノルタ

 デジタルカメラについては334万画素1/1.8 CCDのコンパクトカメラタイプDimage S304、レンズ一体型一眼レフタイプのDimage 5(334万画素1/1.8 CCD)・Dimage 7(524万画素 2/3CCD)の新規3機種をショーケース内部ではあるものの、展示が行われていました。一切触れなかったために使い勝手・重量などは不明、価格や発売時期についても未定との事でした。

minolta_dimage7.jpg

minolta_dimage_s304.jpg



 スキャナのFirewire対応については「開発を続けているものの、搭載時期は未定」。しかし「Firewireの利便性と普及度は分っているので、搭載されるとすれば上位機種から順次行われるだろう」との事でした。Mac OS X対応についても「Photoshopなどの主要グラフィックアプリケーションがネイティブ化され、ドライバ周りがしっかりしてから発表することになるので時期は未定」との事でした。

ミノルタでは取材中に何気なく「一眼レフαシリーズのデジタルカメラ版は出さないのですか?」と聞いてみたところ「それは何とも...」っと中途半端な回答が返ってきたのが気になったところではありました。

・オリンパス

4月21日発売予定の「C-700 Ultra Zoom」の展示を行っていました。このカメラを一言で言ってしまうと「C-2100をコンパクトにして性能を向上させたもの」。しかしながらC-2100で評価の高かった手ブレ補正機構が無くなってしまった為に、望遠域での撮影はちょっと難しいのではないかと思わされました。

olympus_c700.jpg


一つ残念だったのは記録メディアがスマートメディアのままだった事。出来ればCFにしてMicroDriveにも対応して欲しかったものです。

・PENTAX

EI-2000の後継機となる334万画素原色フィルタフレームトランスファー 2/3インチCCDを搭載している「EI-3000(仮称)」を参考出品という位置付けで展示し、更にショーケースの中には300万画素光学3倍ズームを持ったデジタルコンパクトカメラと、600万画素CCDの一眼レフタイプデジタルカメラを展示していました。

pentax01.jpg


 ショーケースに飾られていた製品については質問も出来なかったのですが、一眼レフデジカメについては仕様説明パネルに「35mmフィルムサイズ600万画素CCD」と書かれているのが非常に気になりました。ちなみに、レンズは35mmフィルムの一眼レフ用レンズとコンバータを挟むことで645N・67IIのレンズも使用できるとの事でした。

pentax02.jpg


 デジタルコンパクトカメラについてはショーケースに説明パネルすら貼られていませんでした。


[東@iBook User Group 代表]



.
.
Copyright (C) 2000 Mac Treasure Tracing Club.
All rights reserved. Site design by BRESTO, Inc.
「Macintoshは米国アップルコンピュータ社の商標です」
AppleのColorSyncを使用しています。