Mac Treasure Tracing Club
PHOTO IMAGING EXPO 2007

March 2007 Macお宝鑑定団
Mac News Link Antena Link Patent Search
Read me Special History
PIE 2006 バナー広告募集 counter

リンクシェア第5回アフィリエイト大見本市

2007年3月22日〜25日の期間中、東京ビッグサイトにて開催された「PHOTO IMAGING EXPO 2007」に関する特集ページです。


セミナーレポート

・Photoshopで実現する「デジタルイメージングの将来」

アドビ システムズ社
デジタルイメージング&Webオーサリング部門 プロダクトマネジメント担当
バイスプレジデント テボラ・ウイットマン氏

アドビシステムズ社
マーケティング本部プリントパブリッシング部フィールドマーケティング担当
マネージャー 栃谷宗央


初めに、テボラ氏は、Photoshopについて、デジタルエクプエリエンスのツールにおいて「エンゲージング」を司るものと説明した。


devola.jpg


イメージをとらえてホワイトバランスなどを変えられるといったことが当たり前の時代となり、また、一般家庭においてもデジタルカメラの普及率は50%を超えた(携帯電話含む)と説明した。

ハードドライブの中に保存されたデジタルイメージの品質も問題となるであろうし、デジタルイメージを使う分野として、建築、医療分野にも広がりをみせ、また、膨大なファイルを管理する方法についての技術提供をしなければならないと同社は考えており、今後10年間は過去10年間よりもよりも、さらにデジタル時代になるのではないかと思うと述べた。

そして、現在、同社が行っている研究について説明した。(内容はPAGE 2007を参照して下さい。)

続いて、栃谷氏が、時期Photoshopとなる2つの「Photoshop CS3 Standard」と「Photoshop CS3 Extended」のうち、パブリックベータ公開されているPhotoshop CS3 Standardではなく、エンジニア、建築、製造、医療などといった、よりハイエンド市場向けの「Photoshop CS3 Extended」の機能を少し紹介すると述べた。

cs3extended.jpg

披露されたのは、アニメーション機能で、次のEXTENDEDには、タイムラインウィンドウがついていることを披露した。栃谷氏は、これが出来る事によって、今まで撮っていた写真、それを動きのある写真に出来るといった事が可能となり、こういった形で動きを表現出来るのが、Photoshop CS3 EXTENDEDの特徴であると説明した。


anime.jpg

実はこういった映像、例えばテレビコマーシャル、映画の中、フィルムに出す、その中ではPhotoshopという製品は、ほぼ必ずといって良いほど使われている存在になっていて、そのPhotoshopの中で、より簡単に出来る事はこちらでやりましょうという機能だと述べた。

また、このデモの中で、塗りつぶしレイヤーを使って背景を変えられる、トーンカーブもPhotoshopの中で使えるといった機能などが合わせて紹介された。

続いて、発売が開始された「Lightroom」について説明し、Adobeが1年以上かけてパブリックベータにより開発された、フォトグラファー向けの製品であると述べ、ライブラリ、現像といったモジュールをよく使う機能だと考えており、その表現方法について説明すると述べた。

lightroom.jpg



そして、サムネイルなどの大きさを自由自在に変えられる機能、アプリケーションを消して、写真だけに集中して見るツール。などをデモを交えて紹介した。

フィルムストリップをつかって写真選択においては、ショートカットを使いこなすのがポイントで、画像の比較が簡単に出来る。と説明した。

何千枚という写真を管理するのは大変な事。選別をしている時に、フラグをたく、これが必要だと言う事も出来る。ラベルをつけていくことも、ライブラリのモジュールで出来る。その中で、面白いものの1つとして、メタデータブラウンというもの。撮影したカメラによって素材を選別していくという機能だと説明した。

また、GPS情報のついた写真を使うと、どこで撮ったのか分かるようになっており、正式版では、Google Earthだけでなく、optionキーを押すと、Yahoo! Mapが出てくることなどが披露された。


yahoo.jpg

RAWデータの現像処理については、RAWだけでなく、TIFF、JPGなども現像処理出来るようになったと説明した。また、現状を確認することがヒストグラムー>ヒストグラムの中で作成出来る。ホワイトバランスを写真上にマウスをあてて確認できる。トーンカーブもマウスポイントを置いて操作が出来る。など、直感的に操作を行っていくのがLightroomの特徴だと説明した。

白黒の写真も全て奇麗に処理出来ることや、オリジナルを残したまま、パラメターをとっていくことが出来る機能などを紹介した。

さらに、スポッティングカメラ→複数の画像を選択して、同期をかけ、写真の修正する事が出来たり、トリミングの作業も出来ることなどを紹介し、角度修正ツールは、同期をかけ、複数の画像を修正する事が可能になったと述べた。

Webへの自動書き出しが出来るだけでなく、書き出しも、フォルダだけでなく、JPG、PSD,TIFF、DNG形式の4種類が選択可能で、HDディスク、DVDに書き出して行く事も出来ると説明した。

最後に、テボラ氏は、何をこの業界に残してくれるのか?デジタル画像を若い人たちにも趣味で持ってもらう。次世代をこの業界に何をもたらしてくれるのかということを期待している。と述べて終了した。



レポート

アドビ システムズ株式会社

adobe01.jpg

メインシアターでは「Adob Photoshop CS3 パブリックベータ版(英語版)」と「Adobe Photoshop Lightroom」のデモ紹介が行われています。また、サブシアターでは、Photoshop CS2のTipsなどが紹介されています。


セイコーエプソン株式会社

NewSoft Technology Corp.を通じて発売される「Imaging WorkShop」を展示していました。特徴としては、マニュアル、サンプル、プリセットの3つの方法から好みに合った補正方法を選択できる画像補整機能や、レイアウト機能として、テンプレート、インデックス、フリーの3種類の方法があり。テンプレートではあらかじめ用意された約400種類のテンプレートから選択することが可能で、インデックスでは縦横の枚数指定で簡単にレイアウトを作成、フリーでは自由に画像を配置しレイアウトを作成することができるそうです。

newsoft.jpg

また、各社のデジタル一眼レフカメラのRAWフォーマットに対応し、内部16bit画像処理、オリジナル画像を保持しながら編集による画像の品質劣化を最小限にする非破壊画像処理など、最新の高画質画像処理技術を採用しているそうです。こういった、高性能プリンターの性能をフルに活かすことに主眼をおかれたワークフローソフトウェアは、今までありそうでなかった製品だと思います。なお、Mac環境における対応機種として、PX-5800以外にPX-5500も加わるそうで、29,800円 で4月からダウンロード販売のみで発売されるそうです。


コーレル株式会社

painter.jpg

今月発表されたばかりの「Corel Painter X」を展示していました。特徴としては、アーティストが使用するブラシの反応を高め、毛先の1本1本までを忠実に再現できる、画期的なデジタル ペインティング システム「リアル ブリスル ペイント システム」、「アーティスト オイル」や「リアル ブリスル」など、ブリスルスプレー型のブラシ使用時のカラー選択でさらにコントロールすることが可能な「ユニバーサル ミキサー パレット」、美しい構図の基本と呼ばれる「黄金分割」を構図の中に取り入れることのできるツールを新たに搭載したことなどを紹介していました。


カシオ計算機株式会社

H.264動画撮影が可能な光学7倍ズームレンズ搭載720万画素デジタルカメラ「EX-V7」と、MacBook、Fifth Generation iPodとを合わせて展示していました。

casio_ipod.jpg



このH.264動画撮影が可能になったのは、デジタル画像プロセッサー「EXILIMエンジン2.0」によるものだそうです。しかし、同じエンジンを搭載している「EX-Z1050」がMotionJPEG形式なのは、沈動式レンズ時のモーター音を制御することが難しいからだそうです。逆に、EX-V7は、屈曲光学系ズームレンズを採用しているため、動画撮影時でも7倍光学ズームが有効になると説明していました。また、マニュアルの感度設定はISO 800までしか設定出来ないそうですが、シーン設定でベストショットの「高感度」を選択するとISO 1600で撮影可能だと説明していました。


三洋電機株式会社

4月下旬から発売される予定の同社初のH.264形式動画撮影が可能なムービーデジカメ「Xacti DMX-CG65」を体験ゾーンを用意して展示していました。また、MacBookを用いた展示も行われていました。

sanyo02.jpg
sanyo01.jpg



また、HDムービー撮影が可能なハイエンド機種としての第2世代モデル「DMX-HD2」も展示されていました。特徴としては、HDMI端子を搭載したことで、デジタル画質を損なうこと無くハイビジョン映像を見ることが出来ることだそうです。なお、動画形式は従来通りのMPEG-4形式だそうです。


オリンパスイメージング株式会社

同社が展開するフォーサーズ規格のデジタル一眼レフカメラのシリーズとして、ボディー内手ぶれ補正機構「IMAGE STABILIZATION」を初搭載した「E-510」を展示していました。発売が7月上旬とまだ先であるにも関わらず、試作機を手に取って試せすことができました。

olympus510.jpg
olympus410.jpg

E-510

E-410



また、ヨーロッパ専用機種として発売された「E-400」の日本版として、4月下旬に発売が開始される「E-410」は、マクロ撮影の実演や、ライブビューを利用したハイアングル撮影の体験ゾーンなどを用意しプッシュしていました。


ソニー株式会社

約2GBの内蔵メモリー、3.5型エクストラファイン液晶、無線LAN(Wi-Fi)などを搭載した「Cyber-shot DSC-G1」を展示していました。92.1万画素液晶モニターを採用したことで、プレビューとしての本体液晶から、メインモニターとしての液晶といった新しい位置づけになってるそうで、アプリケーションライクな「インテリジェントサーチ」機能などが搭載されています。なお、この機能と連動するAlbum Editor」は、Macに未対応だそうです。

sony02.jpg
sony01.jpg




キヤノン株式会社

小型ビデオカメラを思わせる縦型デザインを採用した光学10倍ズームとレンズシフト式手ブレ補正機構搭載デジタルカメラ「PowerShot TX1」を展示していました。HDサイズ (1280 x 720 pixel)動画撮影が可能ながら、フォーマットがMotion JPEG形式のため、4GB SDHCカードを使用して13分程度しか撮影出来ないそうです。ただ、長時間録画をするなら、HDビデオカメラで撮影した方が良いでしょうから、ちょっとした撮影をするのが目的と考えると、録画時間は気にならないかもしれません。

canon01.jpg
canon02.jpg



北京オリンピックを見据えたと思われる同社のフラグシップモデルとなるデジタル一眼レフカメラとして5月下旬に発売される予定の「EOS-1D Mark III」も展示されていました。こちらは、お客が、自由にレンズをマウントして使用することが可能で、初めて搭載されたゴミ対策機構「EOS Integrated Cleaning System」に関する質問をする人が多かった気がします。


株式会社シグマ

デジタル一眼レフカメラSD14に採用されている1406万画素(2652×1768×3層)FOVEON X3ダイレクトイメージセンサーを搭載したコンパクトデジタルカメラ「DP1」を参考出品していました。バッテリーが入っていない状態での展示ながら、手に取って触ることが出来ました。現在は、内部の作り込みを行っている段階で、年内には発表出来そうだとのことでした。なお、価格は、10万円台になるかもしれないが、決まっているわけではないとのことでした。

sigma01.jpg



先日発表された「APO 200-500mm F2.8 EX DG」がショーケース展示されていました。

IMG_2054.jpg


重量や価格、発売時期などは一切未定との事でした。


三菱製紙株式会社

国産の写真印画紙として始めて冷黒調(ブルーブラック)の色調を持った「月光」が、インクジェットプリンター用紙として復活したことをアピールしていました。

gekko.jpg



現在、発売が開始されている微粒面光沢の「ブルーラベル」、画材光沢の「レッドラベル」に加え、発売日程が未定ではあるものの、バライタ調で滑面光沢の「グリーンラベル」、印画紙ベースで滑面無光沢の「ブラックラベル」の紹介も行われていました。

推奨プリンターとしては、日本ヒューレット・パッカードレット社のhotosmart Pro B9180、セイコーエプソン社のMAXART PX-5800/PX-5500/PM-4000PX、キヤノン社のPIXUS Pro9500といったグレーインクのある顔料インク搭載インクジェットプリンターとなっています。なお、現在配布が開始されているPX-5500用のカラープロファイルがWindows xp用しか用意されていない点に関して質問したところ、カラープロファイルの問題ではなく、Mac用のプリンタードライバで、月光が持つ用紙サイズのうち選択出来ないサイズがあるからだそうで、少し時間がかかるみたいでした。


サンディスク株式会社

SDHCに対応した12種類のカード形式対応カードリーダー/ライター「イメージメイト 12 in 1」と「イメージメイト 5 in 1」を展示していました。

sandisk.jpg



Atech Flash Technology

台湾の周辺機器メーカーである同社が日本の展示会に初出展していました。

atechflash.jpg

Mac Pro風の筐体デザインを採用したUSB 2.0接続のマルチリーダー/ライター「PROGear-G5」、ExpressCard対応の7メディア・マルチリーダー/ライター「PROExpress-7」などを展示していました。


株式会社トキナー

開発が発表された、APS-Cサイズ受光素子デジカメ専用の 35mm F2.8マクロレンズ「35mm F2.8 DX MACRO」を参考出展していました。

IMG_2034.jpg


等倍撮影まで可能なレンズということでしたが、ショーケース内での静態展示に留まっているために、その実力はまだ分からないままです。

また、デジタルカメラにおいて広角から中望遠までを 1本でカバーする「16.5-135mm F3.5-5.6 DX ASPHERICAL SP (IF)」レンズも参考出展されていました。このレンズの詳細については不明です。

IMG_2037.jpg


シーアンドシー・サンパック株式会社

ガイドナンバー14 のリングストロボ「D14R」を参考出展していました。

IMG_2050.jpg


単三電池 4本で動作するCanon E-TTL?調光・Nikon i-TTL調光に対応した2モデルを夏前に出荷出来るように開発を進めており、価格は未定ですが出来るだけ安価に出荷出来るように努力しているという事でした。


株式会社ケンコー

国産唯一の写真用3色式デジタルカラーメーター「KCM-3100」(178,500円)を展示していました。この発売が開始されたモデルは、フィルムカメラ用としての位置づけで、デジタルカメラ用のカラーメーターも計画してるそうです。

kenko.jpg





.
.dami.gif

Copyright (C) 2000 Mac Treasure Tracing Club.
All rights reserved. Site design by BRESTO, Inc.
AppleのColorSyncを使用しています。